24時間テレビ2019 アイスショーへのTLの反応

結弦くんの「春よ、来い」、世間の反応は「美しい」「綺麗」「天女」「傾国」「天に帰ってしまう」「妖精」などなどの言葉で埋まっています。羽生ファンにとっては日常的な誉め言葉ですが、普段フィギュアに関心ない人たちの反応だから、100%欲目なしの反応です。

ということで、TLの反応を拾ってみました。ごくごく一部ですが。

としさんファンのツィート。



普段は24時間テレビにもフィギュアにも興味がないおじさんのツィート。






















上のツイ見て、昔見たこのツイを思いだした。けっこう有名なツイだよね。


なにが奇跡って、その「驚異的な透明感」が、普通なら20歳を過ぎれば劣化していくところを、それどころか年を追うごとに研ぎ澄まされ、今年25歳にもなろうかというのに、妖精味がさらに増していってること。「村焼く」どころか、ギリシャ神話の時代なら、ヘレネーがトロイア戦争の原因になったように、結弦くんを巡ってマジで戦争がおこりそうだわ。まあ、結弦くんは、美の女神のヴィーナスであると同時に、戦いの神のマーズでもあるので、そんなに簡単にはさらわれないだろうけど。それより、最近はそのうち天界に帰ってしまうのではないかと心配されている。

家に帰って、羽生結弦が「おかえり~」と家にいたら、私なら軽くショック死できるな。
あるいは、緊張のあまり「は・・・は・・・は・・・」と一言も発せず、そのまま化石になると思う。
正気を保てた娘さん、えらい(笑)


24時間TV2019-2


参加してます。よろしければ、ポチっと応援お願いします♪

フィギュアスケートランキング

関連記事

テーマ : フィギュアスケート - ジャンル : スポーツ

2019/08/25 14:25 | テレビ番組・チャリティーCOMMENT(2)TRACKBACK(0)  TOP

24時間テレビ2019 アイスショー関連の情報まとめ

うちを訪問される皆さんは、昨日の24時間テレビはすでに御覧になってると思いますが、一応まとめときます。



羽生結弦、松任谷由実の「春よ、来い」に乗せて華麗なスケーティング (20190824 オリコン)

 フィギュアスケートの羽生結弦選手、シンガー・ソングライターの松任谷由実が24日、日本テレビ系毎夏恒例『24時間テレビ42』(後6:30~翌後8:54)内で放送された企画「羽生結弦と松任谷由実が共演 被災地・北海道に 春よ、来い」に出演した。

 6月下旬、羽生は北海道・厚真町へ向かい、町の名産・ハスカップを栽培している山口善紀さんと対面。厚真町は昨年のハスカップの生産量日本一。一方で、畑の一角には土嚢(どのう)が積み上げられていた。地震で裏山が崩れ、元に戻るには約10年かかるという。羽生選手は作業場を見学し、ハスカップのスムージーも味わった。

 一方、松任谷が訪ねたのは町民吹奏楽団の練習場。今回のアイスショーで、厚真町民吹奏楽団が冒頭に演奏したが、指揮者としてメンバーをまとめてきた松下一彦さんが地震で土砂崩れに遭い、息子さんとともに帰らぬ人となった。大黒柱でムードメーカーだった松下さんを失い楽団は活動を休止。一時は、解散も考えたが「地震で被害を受けた時こそ頑張るのが町の楽団の使命」、松下さんならきっとそう言ったはずとの思いから震災から約3ヶ月後、地元の保育施設のクリスマス会で活動を再開した。

 アイスショーは、山口さんをはじめ被災地・厚真町の住民約400人を招待。楽団による演奏で開幕し、さらに、ピアニスト・清塚信也のアレンジと演奏による「春よ、来い」を松任谷が歌う中、羽生選手が華麗な滑りを披露した。被災地の住民たちの笑顔と涙、そしてあたたかな拍手が会場を包む中、羽生選手は「春が来るようにと思って滑ることができました。ありがとうございます」と締めくくっていた。




羽生結弦と松任谷由実が夢の共演!「被災地の皆さんの心に春を届けたい」<24時間テレビ>(20190824 ザテレビジョン)

夏の名物チャリティー特番「24時間テレビ42 愛は地球を救う」(8月24日夜6:30-25日夜8:54、日本テレビ系)では、24日夜9:00ごろに北海道胆振東部地震への復興の願いを込めたスペシャルアイスショー「羽生結弦と松任谷由実が共演 被災地・北海道に春よ、来い」を放送した。

今年の24時間テレビはメインパーソナリティーを6年ぶり5回目となる嵐が、チャリティーパーソナリティーを浅田真央が務める。また、会場は番組初となる東京・両国の国技館を使用。

テーマは「人と人 ~ともに新たな時代へ~」。令和初の「24時間テレビ」は、人と人のつながりを通じて「手を取り合って新しい時代を作っていこう」「様々な人が手を取り合う時代にしていこう」というメッセージを発信する。

6月下旬、羽生選手が会いに行ったのは北海道・厚真町で町の名産・ハスカップを栽培している山口善紀さん。厚真町は2018年のハスカップの生産量日本一である一方、畑の一角には土嚢(どのう)が積み上げられていた。地震で裏山が崩れ、元に戻るには約10年かかるという。

そして、羽生選手は作業場を見学、ハスカップのスムージーを味わった。
一方、松任谷が訪ねたのは町民吹奏楽団の練習場。今回のアイスショーで冒頭演奏をする厚真町民吹奏楽団の皆さんだが、指揮者をしていた松下一彦さんが地震で土砂崩れに遭い、息子と共に帰らぬ人となった。

大黒柱であり、ムードメーカーだった松下さんを失った楽団は活動を休止。一時は、解散も考えたという。

しかし、「松下さんならきっと地震で被害を受けたが、そんな時こそ頑張るのが町の楽団の使命と言ったはず…」という思いで、震災から約3カ月後に地元の保育施設のクリスマス会で活動を再開。子どもたちの笑顔を糧に活動を継続することを決めた。

夢の共演が実現

アイスショーには、山口さんをはじめ被災地・厚真町の皆さん約400人が招待された。

楽団による演奏から始まり、ピアニスト・清塚信也のアレンジと演奏による「春よ、来い」で松任谷が歌う中、羽生選手が華麗な滑りを披露した。

「この曲で被災地の皆さんの心に、春を届けたい」と語っていた羽生選手は、ショーの後に「春が来るようにと思って滑ることができました。ありがとうございます」と話した。



24時間テレビのインスタ(アイスショー関連)
https://www.instagram.com/p/B1jB6jfF7VP/?igshid=e8mkzm29ikuo

https://www.instagram.com/p/B1i2OhflaGx/?utm_source=ig_web_copy_link

ハスカップファーム山口農園さんのHPはこちら
https://hasukappu.com/index.html




youtubeの動画は見れませんね。削除されていってるようです。
weiboの動画はこちら
https://m.weibo.cn/status/4409042962942521?


照明担当のスタッフさんのツイ。


上のツイの続き。
また、照明以外にも美術や進行、音響など数えきれないくらいのスタッフ、会社がおります。縁の下の力持ち的な我々の仕事をアーティストを観る1/10000くらいだけ気にかけて観ていただけたら、裏方冥利につきます。

普段仕事をしていてこんなに反応や、感謝の言葉を頂くことって無いので本当に嬉しいです。皆様の心を震わすお手伝いが少しでもできていたのかと思うと、この仕事をやっていてよかったなあと感じます。



晴明御大のお言葉。


おおおおっ・・・!!!
ゆづファンのみならず、昨日の夜、確実に、一般人の心にも「羽生結弦の美の呪」が生じたに違いありません。なにせ、24歳成人男子のヒラヒラピンク衣装が何の違和感もなく世間に受け入れられ、一般人のツイにも「天女」「妖精」という言葉が当たり前のように飛び交っているのですから。

というわけで・・・TLの反応も次の更新で少し触れます。


24時間TV2019


参加してます。よろしければ、ポチっと応援お願いします♪

フィギュアスケートランキング

関連記事

テーマ : フィギュアスケート - ジャンル : スポーツ

2019/08/25 11:15 | テレビ番組・チャリティーCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

ゆづと山田真実コーチとの絆 その1 ~every動画と「羽生結弦-SPIN THE DREAM」より

昨日のeveryも”神番組”だったようです。
この番組は地域の壁があるので、関西では見ることができません。
女神様が動画をUPしてくださっています。ありがとうございます。





「周りと一緒に流されちゃダメ。周りの1.2倍やる。それか2倍やる。俺は3倍やる」
日本人って、けっこう(というか、かなり)周囲に合わせて流されてしまう傾向ありますよね。周囲と同じくらいやってれば安心しちゃうというか。結弦くんは、氷上練習が短いことで有名なので、この「3倍」は必ずしも氷上練習の時間の長さをいってるのではないと思う。結弦くんは、自身のことを「スケート特化」といってたけど、彼の生活はオフリンクでも、スケートを中心に回っている。




ちょっと、待ちなさい!

「まずい。ちょっと、待ちなさい!」。4歳の羽生結弦が初めてリンクに乗った時の焦りを、コーチの山田真実は覚えている。助走をつけて氷に飛び乗り、勢いよく転んでヘルメットごと頭を打ち、またムクッと起き上がって走った。山田は思わず声を上げていた。
フィギュアを習う姉と一緒に来ると、リンク外を走り回る。山田が「そんなにうるさいのならやってみる?」と言うと、羽生はスケート靴を履いた。初めての子はそーっと氷に乗り、座位から転んで氷に慣れる。しかし、羽生は違った。「こんなに怖がらない子は見たことがなかった」

自分見つめる研究ノート

10分で練習に飽きてどこかに行く。頭や手足を思い切り振る表現も独特。「真剣になっていますという表情が得意で、少年漫画の主人公ではなく少女漫画の王子様といった感じ」。自己流をやめさせて基礎を身につけさせたいのに、話を聞かないので困っていた。
あまりにも言ったことを覚えていないので、山田は「日記をつけなさい。注意されてできなかったことを記しなさい」と助言した。それが、羽生が「研究ノート」と呼び、要所で書き続けてきたメモだ。羽生はこう話す。「小学校2年生くらいですかね。毎日の練習の記録をつけなさい、と言われたところから始まっています。適当に、何を考えたかをわーっと書いている」
練習後、夜寝る前、ひらめいた時にジャンプの跳び方やその際の手の動きを記す。練習リンクに持ち込んで試し、自分に合う跳び方を見つけていった。

原石は託された

小学2年生の終わりまで教えた後、山田は実家の北海道へと引っ越した。その際、名コーチの都築章一郎に電話をかけた。「先生、お願いだから仙台に来て。ぜったいダメにしないでね。すごい子だから」



なにかでチラッと目にしたのですが(ソースは忘れました)、恐怖心がないアスリートの方が上達すると。恐怖心が強い人は、ポテンシャルがあっても、上達に上限ができてしまうのだとか。結弦くんは稀有な才能にプラス「こんなに怖がらない子は見たことがなかった」とコーチが驚くほど怖いもの知らずだった(笑) そしてその上に人の3倍努力するのだから、そりゃ無敵ですよね。

結弦くんは、強力な後ろ盾はないけど、本当に人の縁に恵まれていると思います。

山田コーチが「やってみる?」と声をかけなければ、今の羽生結弦はなかったかもしれない。そして、山田コーチは、現在のオタク気質が信じられないくらい飽き性だった結弦くんを根気よく育ててくれた。だから、「始めた時に真実先生がいなければこうならなかった」と結弦くんは山田コーチにとても感謝している。山田コーチから才能を見出され、「先生、お願いだから仙台に来て。ぜったいダメにしないでね。すごい子だから」と、名コーチの都築さんにタスキが渡された。その都築コーチから教わった基礎が今の結弦くんを形造っています。特に都築コーチから「王様のジャンプ」と叩きこまれたアクセルジャンプ。ななみコーチは「羽生結弦の美しさ」を際立たせる手腕に優れ、それがあのニースワールドの伝説の演技につながっていきます。

オーサーは「結弦がうちにきたとき、ジャンプに変なクセがまったくなかった。これまで結弦を育ててくれたコーチたちに感謝している」と言っていました。才能の塊だけれど当時はまだまだ粗削りだった17歳を、オーサーは将来のチャンピオンに相応しくブラッシュアップさえすればよかった。結弦くんがクリケットに移籍して、秒速の速さで五輪金へと駆け上がっていけたのは、矯正に時間をとられなかったことも大きかったと思います。

優れたコーチにも向き不向きがあります。子供を一から教えるのが向いているコーチもいれば、才能があり技術もある選手をブラッシュアップしてチャンピオンに導くのが得意なコーチもいる。どちらが優れているとはいえません。結弦くんは、成長過程のそのときどきで最適なコーチに出会えたとても幸運なスケーターですが、そういった運も、結弦くんのスケートへの真摯な姿勢が手繰り寄せているのだろうと思います。

野口さんも本当はわかってると思うんだけどね。無理矢理力技でウルトラ擁護しようとするから、フィギュアライターとしての資質を疑われるような記事書いて墓穴を掘るんだよ。


このテーマの記事はまだ続きますが、長くなるので、いったんここまで。
あと2~3回あるかと思います。


羽生結弦人脈図

「夢をつむぐ 羽生結弦-SPIN THE DREAM 2018平昌オリンピック(冬季五輪):朝日新聞デジタル」より。結弦くんの成長の過程に存在した人々。スクショでは全部入りきれませんでした。とりあえず山田コーチ優先で(笑)


参加してます。よろしければ、ポチっと応援お願いします♪

フィギュアスケートランキング

関連記事

テーマ : フィギュアスケート - ジャンル : スポーツ

2019/08/24 12:00 | その他(2018-2019)COMMENT(7)TRACKBACK(0)  TOP

シチズンはあなたの傍でリンクを支配する ~羽生結弦シチズン祭 続報



羽生結弦(24)が時計ブランドCITIZENの中国小売会社である西鉄城有限公司のアンバサダーに就任したと発表された。8月22日から羽生は中国、香港、マカオで販売されるシチズン製品のプロモーションを務める。今回の発表に伴い、シチズン中国の公式weiboでは直筆サインプレゼント企画を行うことも告知され、海外ファンも大盛り上がりだ。

羽生を起用した理由にシチズンは「腕時計の本質と新たな可能性を追求し続けるシチズンの姿勢」と羽生の「今の自分に慢心することなく常にベストを尽くす姿勢」に共通する信念があると考えたと説明。また中国でのフィギュアスケート人気の高まりや、羽生の持つ大きな影響力についても言及した。

それに対して羽生も「シチズンは百年の歴史を持つ尊敬できるブランドです。シチズン中国のアンバサダーになることを光栄に思います」とコメント。大役に意欲をのぞかせている。

今回の発表に伴い、シチズン製品を身につけた羽生の写真も公開された。革の腕時計にスーツ姿、オールバックの髪型という一味違った写真。SNS上では国内外のファンから絶賛の声が上がっている。

《時計もスーツも超似合う、さすが》
《美しすぎていつまでも見ていられる。時計欲しくなってきた》
《ヘアメイクがちょっと中国寄りになってる気がする!これもいい!》

羽生の今シーズン初戦は9月開始のオータムクラシック。開幕直前に見られた新たな羽生の姿は、ファンにとって嬉しいサプライズとなったようだ。





 時計メーカーのシチズンは22日、フィギュアスケート男子・五輪2連覇王者の羽生結弦(23)=ANA=が海外販売子会社である中国の西鉄城有限公司とアンバサダー契約を結んだことを発表した。羽生はシチズンの中国および香港、マカオにおける広告に起用される。羽生は同社を通じて「シチズンは百年の歴史を持つ尊敬できるブランドです。シチズン中国のアンバサダーになることを光栄に思います」と、コメントした。

 シチズンは国際スケート連盟(ISU)の公式スポンサーでもある。シチズンのホームページでは「近年、フィギュアスケート競技の人気が高まる中国においては、2022年の北京五輪を見据えて、更なるフィギュアスケートへの注目が高まっています。シチズンは、アジア初の冬季五輪フィギュアスケート男子シングルにおける『オリンピック金メダリスト』であり、数々のタイトルを獲得し、中国でも大きな影響力と人気を誇る羽生選手を、中国、及び香港、マカオにおけるアンバサダーとして起用し、羽生選手の新たな挑戦を応援していきます」と、起用に至った経緯が説明されている。




20190822中国シチズン公式6





以下、ルカさんの3枚目の訳です。ありがとうございます。

冰上人如玉,公子世無雙
初めて羽生選手の試合を見て
技術と美しさの融和はちょうど良い
毎回精確なカーブで氷上に滑ると
針は時間を刻んでいくように
素晴らしい時間は心の中にしまっておく
小仙男、下界に降りてお疲れ様

これからCITIZENはあなたの傍で
このリンクを征服します
今を大切にする
Better Starts Now








ユルフワ天使とドS風味の貴公子。
「天使の微笑みをもつ野獣」という別名はリンクの外でも健在。


本当だ上品な男の色香が増している・・・!!!




こちらとの振り幅がすごすぎて頭がついていきません(汗)
23歳の美青年と9歳の美少女が一人の青年に同居してる!!!


確かに、これでもか!ってくらい妄想かけめぐる図かもしれない。
しかし腐女子の私でも、さすがにこの図でBL展開妄想はないな(笑)


しかし、中国シチズンさんてあれね。某女性アナウンサーもそうだけど、結弦くんを表現する言葉が詩的で素晴らしいわね。このあたりは、さすが中国三千年の歴史をもつ国というか、どこかの国と違って素直に真っすぐに羽生結弦を評価するとこうなる見本というか。中国って、政治的にはいろいろアレだけど、ことスポーツに関してはわりとフェアだよね。アメリカとかと違ってね。




国内需要が頭打ちになる今、中国進出に社運をかけている企業が多い。そんな大事なプロジェクトに結弦くんを起用してくれたシチズンさん。それにも関わらず、あくまでも選手生活を優先してくださるシチズンさん。ありがとうございます。


参加してます。よろしければ、ポチっと応援お願いします♪

フィギュアスケートランキング

関連記事

テーマ : フィギュアスケート - ジャンル : スポーツ

2019/08/23 11:00 | スポンサーCOMMENT(2)TRACKBACK(0)  TOP

日本のシチズンHPにもアンバサダー就任発表きてます!

日本のシチズンのHPにも発表きてます。



フィギュアスケーター羽生結弦選手
シチズン中国のアンバサダーに就任 (20190822)


<strong>シチズン時計株式会社(本社:東京都西東京市/社長:佐藤 敏彦、以下 シチズン)は、海外販売子会社である西鉄城(中国)有限公司が、フィギュアスケーター羽生結弦選手(所属:ANA)を中国、及び香港、マカオにおけるアンバサダーとして起用することを発表します。

シチズンは、1982年よりフィギュアスケート選手権に協賛し、国際スケート連盟(ISU)公式スポンサーとして37年目を迎え、ISU公式スポンサーとして最も長くフィギュアスケートを応援しています。

"Better Starts Now"「どんな時であろうと『今』をスタートだと考えて行動する限り、私たちは絶えず何かをより良くしていけるのだ」をブランドステートメントとして掲げ、革新的なテクノロジーと、マニュファクチュールとして培ってきた熟練の技能とともに、腕時計の本質と新たな可能性を追求し続けるシチズンの姿勢は、世界のトップフィギュアスケーターとして活躍する羽生選手の、難易度の高い技術とアーティスティックな演技の美しさを高めるべく、今の自分に慢心することなく常にベストを尽くす姿勢に共通する信念があると考え、中国、及び香港、マカオにおけるアンバサダーとして起用することになりました。

西鉄城(中国)有限公司の住川龍夫総経理のコメント:“優れた技と自己への挑戦を続けるスピリットを持つ羽生選手は観客を魅了し、皆さんに本当の美しさと感動をもたらしています。彼の姿勢はシチズンの信念であるBetter Starts Nowと重なります。”

近年、フィギュアスケート競技の人気が高まる中国においては、2022年の北京オリンピックを見据えて、更なるフィギュアスケートへの注目が高まっています。シチズンは、アジア初の冬季五輪フィギュアスケート男子シングルにおける「オリンピック金メダリスト」であり、数々のタイトルを獲得し、中国でも大きな影響力と人気を誇る羽生選手を、中国、及び香港、マカオにおけるアンバサダーとして起用し、羽生選手の新たな挑戦を応援していきます。

羽生選手のコメント:“シチズンは百年の歴史を持つ尊敬できるブランドです。シチズン中国のアンバサダーになることを光栄に思います。”

羽生選手プロフィール

羽生 結弦 (ハニュウ ユヅル)
所属ANA
生年月日1994年12月7日
出身宮城県
身長171cm
コーチ ブライアン・オーサー、トレイシー・ウィルソン
過去の主な成績
18年平昌五輪優勝、14年ソチ五輪優勝
17年・14年世界選手権優勝
15年・14年・13年・12年全日本選手権優勝
16年・15年・14年・13年GPファイナル優勝
10年世界ジュニア選手権優勝
09年・08年全日本ジュニア選手権優勝
09年ジュニアGPファイナル優勝







マーケティング会社の副社長様が、結弦くんのファンってことでOKかしら?

6万ならまだ・・・と思ったら、お高い仕様のもあるのね・・・。


20190822中国シチズン公式5
び・・・美女と野獣???(副社長様、すみません)


昨日は弱虫ペダル祭で、今日はシチズン祭。明後日は24時間だし、毎日祭ですね(汗)


参加してます。よろしければ、ポチっと応援お願いします♪

フィギュアスケートランキング

関連記事

テーマ : フィギュアスケート - ジャンル : スポーツ

2019/08/22 17:00 | スポンサーCOMMENT(5)TRACKBACK(0)  TOP

 | BLOG TOP |  NEXT»»