「Let's Go Crazy」のコンセプト ~振付師J・バトル、羽生結弦の新SPを語る~

昨日、夜、USJのハロウィンイベントを見にいっていました。
その帰り、夕食を食べに、ユニバーサルウォークの「Hard Rock Cafe」に入ったのですが、店員さんに案内されて、着席したタイミングで、プリンスの『Let's Go Crazy』が流れてくるではありませんか! モニターにはプリンスのミュージックビデオも流れていました。あまりのタイミングの良さに、ソワソワしだした私。メチャクチャ挙動不審になってしまって、ツレに変な目で見られてしまいました(笑) 

さて、朝日新聞の「Web Ronza」に、バトルを取材した田村明子さんの記事が掲載されています。
こちらは有料記事なので、全文は会員しか読むことができません。
部分的には、無料で読むことができるので、無料部分だけ転記しておきます。

振付師J・バトル、羽生結弦の新SPを語る 「世界最高得点の更新はできると思う」
(田村明子取材 2016.9.27 Web Ronza)


 振付師ジェフリー・バトルが9月13日、トロントのクリケット・クラブで会見を行い、羽生結弦の新しいSP(ショート・プログラム)について、様々な思いを語った。

 2008年男子シングル世界選手権チャンピオンであるバトルは、頂点に立った半年後に競技からの引退を宣言。アイスショーに出演する傍ら、本格的に振付師として活動をはじめた。

 現役時代から特に表現力を高く評価されていたバトルだが、羽生結弦のプログラムを手がけたのは2012年に公開したゲイリー・ムーアの「パリの散歩道」が最初だった。当時の歴代SP最高スコアを何度も更新させ、羽生のソチ五輪金メダルへの鍵ともなった作品である。

「新しいものに挑戦したい」と希望した羽生

 今シーズンの羽生の新SP、プリンスの「レッツ・ゴー・クレイジー」について、バトルはこう語り始めた。

 「今シーズンは、オリンピック前の最後のシーズンということで、何か新しいことを試したり、タブーに挑戦したりするのに良いタイミングだと思いました」とバトル。

 昨(2015-16)シーズンとその前の2年、羽生が滑ったSP、ショパンのバラード第1番もバトルによる作品だった。羽生は昨シーズンのNHK杯とGP(グランプリ)ファイナルの二度、この作品を滑って世界歴代スコアを更新させている。

 だが今年はまた違ったイメージのものを本人が希望した。

 「曲を選ぶ前に、ユヅと話し合いをして、どういった方向に行きたいのか、クラシック系に留まりたいのか、という話をしました。『何かこれまでのものとは違うものに挑戦してみたい』」という彼に、ぼくは同意したんです」

プリンスの音楽に決めた理由

 この間、さまざまな音楽を聴いてみたが、4月に亡くなったアーティスト、プリンスの音楽を聴いたとき、テンポも気に入り、羽生の滑りに合っているのではないかと思ったのだという。

 「クレイジーなことをやってみようというコンセプトだったので、タイトルもぴったりだった。ユヅもブライアン(オーサー・コーチ)も、このアイディアをすぐに気に入ってくれました」

 この振付のコンセプトは、 ・・・続きを読む


(残り:約1844文字/本文:約2828文字)とあるので、無料で読める部分が1000文字程度。
残りの1800文字程度は、会員でないと読めません。
私も、以前は会員だったのですが、青嶋氏のコラムがあまりにもひどいので、脱会しました。
実際、抗議の意味で、脱会したゆづファンはけっこう多かったのではないかと思います。

で、「続きを読む」の部分、ちょっぴりでも情報はないかと探してみたところ・・・
こちらで、少しだけ書いてくださってました。英語訳でですが・・・。ソースは、こちら → 
https://ja-jp.facebook.com/groups/1610393525875114/permalink/1779669285614203/

続きは以下の部分になります。

Buttle said the concept for the choreography is 'Celebration'.

"This song originally has a bit of religious connotations in the lyrics but I did not go in that direction. I just wanted to express the feelings of overcoming obstacles in life and to celebrate living. I would like people who are watching to really enjoy it and forget it's a competition. Because Yuzu has the qualities of a rock star, I think it is possible."


バトルは、振り付けのコンセプトは「祝い」だと言った。

「この曲はもともと歌詞に少し宗教的な意味合いがあるんだ。
でも、僕はそっちの方向にもっていかなかった。
僕は人生の障害を克服する感情を表現したかった。人生をお祝いしたかったんだ。
見てる人が本当に楽しんで、試合なんだということを忘れてほしい。
ゆづはロックスターの資質を持っているからね、それが可能だと思うよ」


テキトーに訳してみましたが、英語難民なので、間違っていましたらご指摘ください(汗)

「歌詞に宗教的な意味合いがある」・・・youtuberの山本まどかさんも同じような解釈をしてました。

まず、曲の冒頭(教会の)パイプオルガンが流れ、牧師が人生についてお説教するところから始まる。

人生は長いけど、ちゃんと死後の世界はある。そこは永遠の幸せの世界さ。
この世は、あの世よりずっと大変だけど、人生色々あるけど、クレイジーで行こう!
どうせみな死ぬんだから、どれだけ生きるかより、どう生きるかが大切なんだ。
死神がドアをノックするまで、みんな頑張れ! やつがやってくる、やってくる・・・。


「生きてることを祝う」・・・明石家さんまさんが娘さん(いまる)に命名したときの、名前の由来「生きてるだけで丸儲け」を思いだしました。まあ、要はそういうことですよね(笑)
そして、バトルの「ゆづはロックスターの資質がある」・・・これは、結弦くんにドアーズの「ハロー・アイ・ラブ・ユー」を振り付けたとき、カート・ブラウニングも同じことを言ってました。CBCの放送で、カートが興奮しながら、結弦くんのショートの解説をする姿が目に浮かぶようです(笑)


web ronza20160927


よろしければポチっとお願いします♪

人気ブログランキングへ

関連記事

テーマ : フィギュアスケート - ジャンル : スポーツ

2016/09/28 17:45 | フィギュアスケート(2016-2017)COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

羽生結弦選手 東京西川CM&メイキング&インタビュー動画

東京西川&FreeのCM動画が来ました!

羽生結弦「眠りを大切に」世界に1つだけの枕に笑顔(2016.9.27 日刊スポーツ)

フィギュアスケート羽生結弦(21=ANA)が出演する「東京西川」のCMが10月28日から全国放送される。

 CMは、羽生が眠りの専門家とともに世界で1つだけのオーダー枕を作るストーリー。硬めの「ミニ備長炭パイプ」を選び、後頭部から首にかけてのカーブを測定。実際の寝心地を確認しながら、満足のいく枕を作っていく過程が描かれており、リラックスした表情をみせている。

 CM制作に際し、眠りに関するこだわりについてにも語っており「眠りは食べることと一緒で、自分の体のメンテナンスをする上でとても大切なこと。小さい頃から遠足や試合前にすごくドキドキして眠れなかった時は不調の原因になることが分かっていたので、眠りを大切にしようと思っている」。インタビューやメイキング動画は、西川の枕ブランド「&Free」で28日から随時見ることができる。



&Free『オーダー枕』篇  


&Free メイキング映像


インタビュー映像 羽生結弦 × 眠りに対するこだわり 篇



twitterや掲示板、さらには中国の掲示板でも、ゆづファンが萌え転がっております(笑)

枕でこの破壊力だったら・・・入浴したらどうなるの?

・・・と心配になる凶悪な可愛さ。罪な男ね。入浴の前にはプリンスもあるしな・・・。

で、東京西川さん、今回はクリアファイルではなく、クオカードです。

東京西川「VERRY GOOD MORNONG!キャンペーン」
2016年10月1日(土)~10月23日(日)
&Free枕購入者、各店舗先着20名様に羽生結弦選手オリジナルQUOカードプレゼント!
※なくなり次第終了


東京西川クオカード


東京西川CM2016
結弦くん、絶対自分が可愛いって自覚してるでしょ! もう~、あざと可愛すぎ~(笑)


なお、東京西川のCMは3本あるそうです。
残りの2本の公開予定はこちら♪

10月5日(水)公開「羽生結弦 × 寝具」編
10月12日(水)公開「羽生結弦選手 × 就寝前と起床」編



よろしければポチっとお願いします♪

人気ブログランキングへ

関連記事

テーマ : フィギュアスケート - ジャンル : スポーツ

2016/09/27 07:56 | フィギュアスケート(2016-2017)COMMENT(8)TRACKBACK(0)  TOP

オータムクラシック2016スケジュール & ゆづ近影

いよいよ結弦くんの初戦オータムクラシックが近づいてきました。
すでに、9月7日に、エントリーやタイムスケジュールを記事にしていますが・・・。
→ 羽生結弦選手 オータムクラシック エントリー情報
なんといっても、新プロお披露目! とても大事な試合なので(笑)、再度確認しておきます。
わかりやすく整理してくださってるツィートがありましたので、貼っておきます。



時差がありますから、特に日本時間は要チェック♪
男子シングルは、日本人にとってはわりと楽な時間帯ではないでしょうか。
もしかして、結弦くんが目玉だから、配慮してくれたんだろうか?(笑)

オータムクラシック2016日本時間予定表

ライブストリーミングはこちら
Live Streaming: 2016 Autumn Classic
http://www.dailymotion.com/video/x4ug50w_live-streaming-2016-autumn-classic-international_sport


結弦くんの近影です。シンガポールのジュニアの選手と。帽子かぶっても何しても可愛い♪
ツィートのリンクはこちら → https://twitter.com/chloexling/status/779863569886244864

20160925 yuzu


よろしければポチっとお願いします♪

人気ブログランキングへ

関連記事

テーマ : フィギュアスケート - ジャンル : スポーツ

2016/09/26 07:56 | フィギュアスケート(2016-2017)COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

羽生結弦選手 中日スポーツのオーサーインタ&小ネタ

中日スポーツにオーサーコーチのインタが掲載されていたようです。

「羽生進歩のシーズンに」 オーサーコーチに聞く(2016.9.24 中日スポーツ)

【トロント=共同】ソチ冬季五輪金メダルの羽生結弦(ANA)を 指導するブライアン・オーサー・コーチ(カナダ)=写真、共同=が、当地で共同通信のインタビューに応じ、左足甲を痛めてオフに約2カ月静養した羽生の現状や、課題について語った。

-けが明けの今季、彼に期待することは。

「2018年平昌五輪が迫ってきている。それは頭の中に入れておかないといけない。このシーズンはまだ技術面やスタイルの進歩のために使いたい。依然として、われわれは新しい方向性を探っている。来季への肥やしとするために今季を過ごしたい」

-現在の左足の状態は。

「かなり良くなってきている。4月閉幕の世界選手権後は、全面的に治療に当たった。賢明な処置で、アイスショーを全てキャンセルしたのも賢かった。(今後は、けがに苦しんだ)ああいう状況に戻らないようにしないといけない」

-今季は大技の4回転ループを跳ぶ。

「跳ぶと決めたのは、おおかた結弦の判断。ジャンプの出来はなかなか良い。これまでも練習で4回転ループをやっていたし、彼は継続して技術レベルの限界を超えていきたいんだ」

-構成はどのように。

「ショートプログラム(SP)で一つ、フリーで一つやる。どうやりきれるか見てみたい。五輪イヤーではない今季から導入するのは良いタイミング」

-今後の課題は。

「賢く練習し、健康体を保つこと。彼は毎日全て(の要素)をやりたがる。4回転ジャンプを一日オフにする日がたまにあってもいい。体に負担がかかるからね。それを理解することが、これまでとの違いとなる」

-五輪連覇のために必要なものは。

「新たな『トリック』はもういらない。ただ力を発揮するための完璧な方策があればいい。完璧なSP、フリーのプログラム。そして18年2月にぴったりとタイミングを合わせて試合を迎えること」



オーサーのインタビューでも、怪我がまだ完治まではしていないことが窺えます。
本来なら1年間休養して完全に治すという選択肢もあるのでしょうけど、プレ五輪シーズンなのでそうもいっておれませんよね。ただ、完全に健康体のアスリートは少ないと思います。毎日、極限まで身体を苛め抜いているのですから。何かしら身体にバクダンを抱えている選手は少なくありません。ソチシーズン以外は、多かれ少なかれ故障を抱えながら、これだけの成績をあげてきた結弦くんです。ある意味、怪我慣れしているので、平昌シーズンまでうまく付き合っていってくれるものと信じています。


さて、10月に、「フィギュアスケートファン通信15 (メディアックスMOOK)」は発売されます。

9月に「通信14」がでたばかり。ネタ切れのオフシーズンにも毎月発行し続け、ダイアプレスの「応援ブック」から、すっかり「月刊羽生」の地位を奪ってしまいました。
なんとなく、発行日を振り返ってみたら、マジで「月刊羽生」でした(笑)

フィギュアスケートファン通信1 → 2015/7/28
フィギュアスケートファン通信2 → 2015/9/28
フィギュアスケートファン通信3 → 2015/10/26
フィギュアスケートファン通信4 → 2015/11/26
フィギュアスケートファン通信5 → 2015/12/24
フィギュアスケートファン通信6 → 2016/1/26
フィギュアスケートファン通信7 → 2016/2/19
フィギュアスケートファン通信8 → 2016/3/17
フィギュアスケートファン通信9 → 2016/4/12
フィギュアスケートファン通信10 → 2016/5/19
フィギュアスケートファン通信11 → 2016/6/20
フィギュアスケートファン通信12 → 2016/7/21
フィギュアスケートファン通信13 → 2016/8/19
フィギュアスケートファン通信14 → 2016/9/20
フィギュアスケートファン通信15 → 2016/10/8
 NEW♪

創刊号と2号との間に2ヶ月空いてますが、2号以降は、完全に毎月刊行です。
文字通り、「通信」は「月刊羽生」でした。ここまで徹底しきれなかったダイアプレスの「応援ブック」が「通信」にゆづファンの支持を奪われたのがわかるような気がします。なお、お値段は10号までは980円、11号からは値上げされて1080円になっています。 
最近さらにゆづ比率もますます高くなってるようですし、これからも頑張っていただきたいですね♪


次に、いつも素敵な動画をあげてくださるゆづ小町(yuzu honey)さんのゆづ入浴シーンの想像画像。
可愛い~~~  そして、クオリティ高っっ!!




よろしければポチっとお願いします♪

人気ブログランキングへ

関連記事

テーマ : フィギュアスケート - ジャンル : スポーツ

2016/09/25 12:16 | フィギュアスケート(2016-2017)COMMENT(2)TRACKBACK(0)  TOP

宮原知子選手 2016-2017シーズンの新SP & FS演技動画

宮原知子選手、今シーズンの初戦を順当に優勝で飾りました。おめでとうございます。

レイア姫宮原V メリハリ白衣装、手の動きで魅了(2016.9.19 日刊スポーツ)

<フィギュアスケート:USインターナショナルクラシック>◇最終日◇17日◇ソルトレークシティー

 女子はショートプログラム(SP)首位の宮原知子(18=関大)がフリーもトップの136・66点をマークし、合計206・75点で優勝した。今季のフリーは映画「スター・ウォーズ」など数曲を使い、宇宙をテーマにした挑戦作。初戦から高い演技点をマークし、表現の手応えをつかんだ。

 「スター・ウォーズ」のヒロイン、レイア姫をほうふつとさせる白い衣装に身を包み、150センチの宮原が体いっぱいに「宇宙」を表現した。何度も曲調が変わる音楽に合わせ、めりはりの利いた動きで滑りきると、大きな喝采を浴びた。「なんとか大きなミスなく終えることが出来て良かった」とほっとしたように笑みを浮かべた。

 昨季はショートプログラム(SP)でフラメンコダンサーを妖艶に演じ、表現力をぐっと高めた。さらに幅を広げるためフリーで選んだテーマが「宇宙」。「今までにないような表現で難しい」と話していたが、バレエの練習に加え、米国で3日間、モダンダンスの特訓を敢行。手をどう動かせば魅了できるか「前より分かるようになった」と成長を感じていた。

 この日表現面を示す演技点は66・64点。自己ベストをマークした昨季4大陸選手権とほぼ同じ評価をシーズン序盤から得た。浜田コーチも「(ジャッジの評価が)上がっている」と満足げだった。

 ジャンプの出来が悪く、全体の得点はふるわなかったが、それだけ伸びしろがあるということ。「まだまだ伸ばしていける部分があるのが分かった」とうれしそうに、次戦を見据えた。



<USインターナショナルクラッシック 結果>

SP: 70.09(1位)
FS: 136.66(1位)
合計: 206.75(1位)



ジャンプの出来が悪く、全体の得点はふるわなかったが」・・・ここのところ読んで思ったこと。
初戦で206.75点とって、「得点がふるわなかった」と言われちゃうのか。
ジャンプも見た目ノーミスでも、少し回転不足があっただけで、「出来が悪く」と書かれるのか。
すげー、宮原さんも、マジで一流になったんだなあと(笑)

まあ、でも初戦で206点は上出来だと思います。ミスパーフェクトぶりも健在でした。
宮原さんは、シーズン通してプログラムをブラッシュアップしてくるので、シーズン序盤に比べ、終盤になると格段にプログラムの完成度があがってくるのです。ちなみに、2014-2015シーズン、2015-2016シーズンをみると・・・。

<2014-2015シーズン>
初戦(ロンバルディアトロフィー)  SP:58.12  FS:125.78  合計:183.90
終盤(世界選手権)  SP:67.02  FS:126.58  合計:193.60

<2015-2016シーズン>
初戦(USクラシック)  SP:63.48  FS:120.16  合計:183.64
終盤(四大陸選手権)  SP:72.48  FS:142.43  合計:214.91


2014-2015シーズンは、初戦の点数から終盤には10点プラス、2015-2016シーズンは、なんと30点プラスされました。それが今シーズンは、206点超えからのスタートなので、シーズン終盤にはどれくらい得点が上乗せされるのか期待が膨らみます。

フリーは、スターウォーズ、木星(『惑星』より)を編集したもので、 「宇宙のイメージ」で平和と愛がテーマだそうです。オフホワイトの衣装も素敵です。さしずめ、ヴィーナス(金星)のイメージなのかもしれませんね。あるいはレイア姫か(笑)

では、USクラシックの、宮原さんのショートとフリーの動画を貼っておきます。

5 Satoko MIYAHARA, JPN SP 2016 US Int'l Classic


Satoko MIYAHARA FS 2016 U.S. International Figure Skating Classic



次は、ジャパンオープンですね。女子は豪華ですよね~。楽しみです。


よろしければポチっとお願いします♪

人気ブログランキングへ

関連記事

テーマ : フィギュアスケート - ジャンル : スポーツ

2016/09/24 14:50 | フィギュアスケート(2016-2017)COMMENT(2)TRACKBACK(0)  TOP

スケーターたちの記憶 羽生結弦編 内容と感想 その2

結弦くんのタイムリーな話題が多くて、それを優先していたので、すごく日が空いてしまいましたが、「スケーターたちの記憶 羽生結弦編 内容と感想 その1」の続きです。

一回目はこちら → スケーターたちの記憶 羽生結弦編 内容と感想 その1

二回目は、2013年のグランプリシリーズの3試合について、簡単に記録しておきます。


● 2013年GPシリーズ カナダ大会(18歳)  2位
SP: 80.40(3位)  FS: 154.40(2位) 合計: 234.80(2位)

ショートは、3Lz-3Tが抜けて、1Lz-3Tになり、4Tの着氷乱れもあり出遅れました。
フリーは4S転倒、3A-3Tが抜けて1A-1Tに。チャンを意識しすぎて自爆も地力の強さで2位に。
表彰式映像あり(1位:チャン 2位:羽生 3位:織田)

gp2013canadafree

<SP後インタビュー>
悔しいです。全体的に本当に悔しい。
<FS後インタビュー>
とりあえず、やっちゃったって思いました。


● 2013年GPシリーズ フランス大会(18歳)  2位
SP: 95.37(2位)  FS: 168.22(2位) 合計: 263.59(2位) 

ショートは完璧な演技でパーソナルベスト更新。フリーは4Sが抜け、4Tも転倒。
チャンがSP、FSとも神演技で世界最高得点を樹立。またしてもチャンを意識しすぎた結弦くん。
表彰式映像あり(1位:チャン 2位:羽生 3位:ブラウン)

gps2013francefree

<SP後インタビュー>
0.02ポイントくらいですけど、去年のスコアをまず上回ることができてよかったなと思います。
<FS後インタビュー>
まあ、しょうがないですね。


● 2013年グランプリファイナル(19歳)  優勝
SP: 99.84(1位)  FS: 193.41(1位) 合計: 293.25(1位)

SPは100点にあと一歩の高得点。FSも、4S転倒と最後のスピンのふらつき以外は完璧。
遂に宿敵・チャンに勝利・・・日本開催ということもあり、会場中がおおいに盛り上がる。
結果的に、この優勝が、ソチ五輪の金メダルに繋がっていく。
表彰式映像あり(1位:羽生 2位:チャン 3位織田)

2013 yuzu

<SP後インタビュー>
(世界最高得点に)びっくりです。もうびっくりしか言えないです、はい。
<FS後インタビュー> 
悔しいのが本音です。ただ、点数の方で少し評価がいただけたかなという感覚はあるので、またこれをきっかけに、もっともっと強くなれるように頑張ります。


2013年のGPシリーズは、リアルタイムで見ていましたが、総集編という形で見直すと懐かしい。
フランス大会のチャンの演技は、文字通りの神演技で、王者の強さをみせつけました。
「チャン、五輪金メダル確実」という空気が流れていたことを思い出します。
結弦くんのフリー後の「まあ、しょうがないですね」という言葉の裏には、「チャンにあんな演技されたら(負けても)しょうがない」という意味も含まれていたのじゃないかしら?(笑)
でも、「この神演技チケット、五輪にとっておいた方がいいのでは?」とちょっぴり思ったのも事実。

ファイナルでの結弦くんの優勝は、本当に嬉しかった。ついにチャンを捕えた瞬間でした。
結弦くんの「真の王者への道」は、この2013年のグランプリファイナルからスタートしたのです。

すみません、まだ続きます(汗) 3回目はできるだけ早くUPしたいです(希望)


よろしければポチっとお願いします♪

人気ブログランキングへ

関連記事

テーマ : フィギュアスケート - ジャンル : スポーツ

2016/09/23 12:00 | フィギュアスケート(2016-2017)COMMENT(4)TRACKBACK(0)  TOP

2016年10月新刊BLチェックリスト

もう10月ですか。スケートシーズンは、1年の後半なので、本格的に始まると、あっという間に年末になってしまいますね。

では、10月発売の気になる新刊BLをあげます。相変わらず少ないですが・・・。

◇ コミック ◇
15日  おいたが過ぎるわ子猫ちゃん (緒川千世/大洋図書)  
24日  【新装版】リスタート  (日高ショーコ/幻冬舎)     

◇ 文 庫 ◇
08日  武家の初恋 (小林典雅/新書館)   

 印は購入決定
無印は様子見又はフェア用に温存
※印は特記事項


10月発売の本とは関係ないですが、今月27日発売の英田さんの「すべてはこの夜に」について。
これは新作ではなく、新装版で、旧装版は既読です。
でも、旧装版はイラストがあまり好きではなかったので、笠井あゆみさんのイラストで新装版になったのは嬉しい。旧装版では、コミコミスタジオ特典小冊子でしか読めなかった番外編や、あらたな書き下ろしも収録されているようです。

英田さんがCM動画をあげておられます。カッコいいですね。




10月発売の日高さんの「リスタート」も、以前リブレ出版からでていたコミックスの新装版です。
旧装版は今から10年も前に発売されたものですね。デビューコミックスかな?
今や大御所になった日高さんですが、昔のを今読み返すとやはり初々しい感じがします。
こちらも未収録作品が入ってるそう。旧装版をおもちでも、お気に入りの作品なら要チェックですね。
私も旧装版はもっているので、未収録作品がどの程度入っているかが気になるところです。


よろしければポチっとお願いします♪

人気ブログランキングへ

関連記事

テーマ : ボーイズラブ - ジャンル : 本・雑誌

2016/09/23 08:20 | 新刊チェックリストCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

羽生結弦選手の新プロ 織田信成の熱血解説(すべスポ)&MAD動画

結弦くんの今シーズンのプログラムについての、織田信成さんの熱血解説動画を貼っておきます。
9月20日放送の、関西ローカルの「ワンダー」より、すべスポコーナーです。
私は、関西住みなのにうっかり見落としていました。動画主様、ありがとうございます。

9/20 WD



おなじみyuzu honey様の新作MAD動画です。
16-17シーズンの新プロ公開練習をカッコイイ曲に合わせてMADにしてくださいました。

羽生結弦 image写真館(26) yuzuru hanyu image photos 26



もうひとつ。ゆづマミ様のMAD動画です。
結弦くんが2016-17シーズンのフリー使用曲・久石譲さんの「Asian Dream Song」に寄せて。

【MAD】羽生結弦 満月と美ゆづ~Asian Dream Song~



よろしければポチっとお願いします♪

人気ブログランキングへ

関連記事

テーマ : フィギュアスケート - ジャンル : スポーツ

2016/09/22 15:40 | フィギュアスケート(2016-2017)COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

 | BLOG TOP |  NEXT»»