羽生展福岡開催中止、ワールドは無観客開催、ほか & 2021年1月の読書メーター

残念です。福岡方面の羽生ファンの皆さん、さぞ落胆されてるでしょう。
東京会場も延期開催が予定されているので、福岡も延期という形になるのではないでしょうか。



フォロワーが4000人超えたので、今月末までやってくれそう。


ワールドは無観客開催とのこと。


昨日は、これで家族と豆まきごっこやってました(笑)



1月の読書メーターをUPします。
マガジン、Number、通信、どれも私的には大満足でした。

1月の読書メーター
読んだ本の数:9
読んだページ数:353
ナイス数:45

Number(ナンバー)1019号「Figure Skating Climax 2020-2021 銀盤の誓い。」 (Sports Graphic Number (スポーツ・グラフィック ナンバー))Number(ナンバー)1019号「Figure Skating Climax 2020-2021 銀盤の誓い。」 (Sports Graphic Number (スポーツ・グラフィック ナンバー))感想
★★★★★ フィギュア特集のみ読了。羽生選手の特集の中身が濃い。フジの解説だと少々歯切れの悪い本田さん、Numberでの解説はよかった。音楽担当の矢野さんの編集に関する話やシェイの話が興味深かった。ジェフの話はちょっと物足りなかったが(特にノーカンスピンについては?だった)聞き手が田村氏なので信憑性は微妙。ブックインブックはインタも写真も充実。あまり同じ書籍で同時に採用されることがない田中さんと能登さんの写真が同時に掲載されているのも新鮮。ネイサン(田村氏)のインタ、彼はピークアウトしてるのか?という印象
読了日:01月21日 著者:
週刊女性 2021年 2/2号週刊女性 2021年 2/2号感想
★★★☆☆ dマガジン。全日本選手権の羽生選手のカラーグラビアページが3ページ。特にバックヤードの大きな絵画をバックの練習着の写真がよかった。あとはSP、FS、MOI、キスクラの写真など。女性週刊誌は変な妄想記事より、カラーグラビアだけ載せていればいいと思う。その方が売れるぞ
読了日:01月21日 著者:
週刊女性自身 2021年 2/2 号 [雑誌]週刊女性自身 2021年 2/2 号 [雑誌]感想
★★☆☆☆ dマガジンで。「羽生選手巫女の舞で宿敵妥当へ」が1ページ。あまり内容はないけど、早稲田の西村教授の「羽生選手は巫女舞に興味があり、大学入学前後に詳しく見学したことがある」という話だけは収穫だった。しかし自身によく登場される西村教授である(1度の取材での情報を、自身側が小出しにしてるのかもしれないが)
読了日:01月21日 著者:
フィギュアスケート通信DX 全日本選手権2020 最速特集号 (メディアックスMOOK)フィギュアスケート通信DX 全日本選手権2020 最速特集号 (メディアックスMOOK)感想
★★★★★ 表紙裏表紙あわせて100ページ。羽生成分100%の安心の通信。公式練習①→開会式→公式練習②→SP→公式練習③→FS→表彰式→代表会見→MOIと時系列に並べられているのもよい構成。写真はフォートキシモトとアフロ。写真のセレクト・画質については100%満足しているわけではないけど、この価格で100ページ羽生成分で文句はいったらバチがあたる(笑) 通信はこれからも応援させていただくので、この路線を堅持してほしい
読了日:01月23日 著者:
月刊スカパー! 2021年2月号月刊スカパー! 2021年2月号感想
スパドラの2月からの新番組はインスティンクトシーズン2とエカチュリーナ、テレ朝2は羽生結弦フォトムービーの再放送ともう一度見たいあの演技10~16まで。16は新作。それ以外にフィギペディアの再放送。チャンネルNECOは東京喰種、ヒストリーチャンネルに歴史列伝伊達政宗、ザ・シネマとフジテレビ2とホームドラマチャンネルにBLドラマ&映画、チャンネル銀河の新番組「エリザベスオブヨーク」、FOXとスパドラの1月からの連ドラも引き続き視聴。2月は珍しくセレクト5で使えるギリギリ枠(10CH)使いそう
読了日:01月28日 著者:
フィギュアスケートマガジン2020-2021 Vol.2 全日本選手権特集号 (B.B.MOOK1515)フィギュアスケートマガジン2020-2021 Vol.2 全日本選手権特集号 (B.B.MOOK1515)感想
★★★★★ 全100ページのうち、他選手は14頁(全日本6頁、GPS8頁)。それ以外は羽生成分で、別に折込両面ポスター2枚(レミエン、天地、お春、会見)。記者座談会、裏で羽生選手を支える人達の取材記事(吉田、矢野、伊藤、栗原)や仙台の縁の人々への取材記事などが充実していた。山口さんGJである。毛受さんが代表カメラマンになれなかったため(雑誌系カメラマンは田中さんと能登さんのみ)、この号の写真はアフロ。インタ全文を読み返すことでと記憶が整理できるのでファンとしては大変助かる
読了日:01月31日 著者:
素敵なあの人 2021年 3月号素敵なあの人 2021年 3月号感想
★★★☆☆ dマガジンで。「『羽生結弦の言葉』から読み解く強さの秘密」という記事が載ってる。同じ宝島社ということで「羽生結弦の言葉」の宣伝記事。写真も言葉もすべて「言葉」からの抜粋を載せているだけなので、「羽生結弦の言葉」をもってる人にとっては意味ないが、まだ未購入の人には参考になるかも
読了日:01月31日 著者:
SPUR(シュプール) 2021年 03 月号 [雑誌]SPUR(シュプール) 2021年 03 月号 [雑誌]感想
★★★☆☆ dマガジンで。「フモフモ編集長のフィギュ活」のみ読了。テーマは「奇跡の全日本」。今回が最終回なのか。少し寂しいが、フモさんも神演技の全日本で締めくくれたのはよかったのではないかな
読了日:01月31日 著者:
せんだいタウン情報 S-style 2020年12月号せんだいタウン情報 S-style 2020年12月号感想
★★★☆☆ 「羽生結弦選手聖地巡り」が2頁。五色沼、モニュメントのある国際センター駅、アイスリンク仙台、観光情報センター、吉岡宿本陣案内所、などすべて行った場所ではあるが、何度も行きたいところでもある。また仙台を訪問できる日が待ち遠しい
読了日:01月31日 著者:

読書メーター



 ← アマゾンサイトへ(キスクラ最新号)

 ← アマゾンサイトへ(マッシさん降臨・氷上の創造者)

 ←アマゾンサイトへ(売れてます、Number)

 ← アマゾンサイトへ(100%羽生成分の通信)

 ← アマゾンサイトへ(アイスジュエルズ最新号)

 ← アマゾンサイトへ(真壁氏の著書。真壁×羽生対談あり)

 ← アマゾンサイトへ(婦人画報3月号 羽生記事2頁あり)


参加してます。よろしければ、ポチっと応援お願いします♪

フィギュアスケートランキング

テーマ : フィギュアスケート - ジャンル : スポーツ

タグ : 2020-2021_season

2021/02/03 10:25 | 読書メーターCOMMENT(2)TRACKBACK(0)  TOP

秋保神社さんから愛あるメッセージ!& 2020年10~12月の読書メーター

結弦くんの全日本優勝に、故郷からのほっこり温かい話題を。

東京の渋谷愛ビジョンに、秋保神社さんからメッセージが!!



秋保神社さん、ありがとうございます!!



では、10月から12月の読書メーターです。

10月は1冊だけ。11月はゼロ。12月が10冊。

12月の読書メーターは、結弦くんを掲載した女性週刊誌をまとめました。

10月の読書メーター

Oggi (オッジ) 2020年 9月号 [雑誌]
★★★☆☆ 図書館本。カラー6ページの報知・矢口さんの「羽生結弦写真集」に関するインタ目あて。インタの内容はよかった。写真は悪くはないのだけど、小さいサイズのものが多かった。「羽生選手のように、勝てなかった試合でも何かを残せる選手はいません」とは至言。表紙の見返り美人は「フィギュアを撮り始めて1年の僕に羽生選手が初めて目線を合わせてくれた宝物」だと。反対にいえば1年で写真集を出せた矢口さんはものすごく幸運なカメラマンだと思う。第二弾、第三弾の写真集がでますように
読了日:10月11日


以下は、12月の読書メーターです。

12月の読書メーター
読んだ本の数:10
読んだページ数:127
ナイス数:12

月刊スカパー! 2020年12月号月刊スカパー! 2020年12月号感想
テレ朝2は6日「もう1度観たいあの演技10」7日「羽生結弦フォトムービー」。FOXは「L&O性犯罪特捜班S21」、ムービープラスはサメ映画を中心に映画をチョイス。先月からの続きでスパドラ「マニュフェストS2」
読了日:12月05日 著者:
フィギュア・スケーターズ20【表紙:羽生結弦選手】フィギュア・スケーターズ20【表紙:羽生結弦選手】感想
★★★★☆ 羽生結弦シニアデビュー10周年特集。シニア1年目からのSP・FS・EXの大き目の写真が並ぶ。文章は最小限。既視感のある写真が多く、画質も特別に良いわけではあいが、たまにドアップの写真があり、それは珍しく新鮮に感じた。羽生選手は表紙からノンストップで57ページまで。真凛さんが6ページ。その後は紀平さんが18ページ。抱き合わせが女子なのは無難で正解だが、ロシア女子も入れてほしい
読了日:12月13日 著者:
フィギュアスケートLife Vol.22 (扶桑社ムック)フィギュアスケートLife Vol.22 (扶桑社ムック)感想
★★☆☆☆ 図書館本。オンライントーク特集と浅田真央独占インタビュー。Life主催のオンライントークは1組あたり3000円前後してたので、10組のオンライントークをまとめて読めるという意味では全員応援タイプのスケオタにはお得かもしれない。興味ある部分のみ1時間ほど早送り拾い読み。プライベートな話が多い印象。友野選手はトークに2度参加。他のインタ取材もよく受けているのを見ると使い勝手がいいんだろうな(トーク2回組は友野・無良・島田)。当たり前だが羽生成分はゼロ(2~3度選手の話の中で出てくる程度)
読了日:12月17日 著者:
月刊スカパー! 2021年1月号月刊スカパー! 2021年1月号感想
FOXは先月から引き続き「L&O 性犯罪特捜班」、スパドラは「エレメンタリー」のファイナルが始まる。チャンネル銀河は「ホワイトクィーン」(薔薇戦争ドラマ)、時代劇チャンネルは「天と地と」の映画版(上杉謙信役は榎木孝明)
読了日:12月31日 著者:
週刊女性自身 2021年 1/12 号 [雑誌]週刊女性自身 2021年 1/12 号 [雑誌]感想
★★☆☆☆ dマガジン。「羽生結弦 不屈の魂完全復活。コーチから独立 自力で頂点へ!」という2ページの妄想記事と、カラーの全日本特集(ほとんど羽生成分)。リモートでコーチングは受けていたと本人もいってるので、「まったく連絡がきてない」というのは嘘。コーチは全日本にくるつもりだったら、結弦くんが感染防止の観点から断った。佐藤くんを絡めている部分は完全な創作作文。★は1でいいところだが、カラー2Pに免じて★2
読了日:12月31日 著者:
週刊女性自身 2020年 12/1・8合併号[雑誌]週刊女性自身 2020年 12/1・8合併号[雑誌]感想
★★★★☆ dマガジン。「羽生結弦『ずるジャンプは許せない!』」が3ページ。早稲田の担当教授に直接取材してる部分は評価できる。卒論についての記事。「ずるジャンプ」は記者が勝手に書いていることで、羽生選手が言ったわけでない。タイトルにインパクトのある言葉をもってくるのはわかるが…まあとりあえず今回は許そう。私たちファンの方がたぶん「ずるジャンプは許せない!」といつも憤慨してることだから。ただ教授ももう少し雑誌を選んでほしかった(笑)
読了日:12月31日 著者:
週刊女性 2020年 12/15 号 [雑誌]週刊女性 2020年 12/15 号 [雑誌]感想
★★★☆☆ dマガジン。「羽生結弦 ”誰にも見られたくない”連夜の3時間極秘練習」が2ぺージ。許すまじきストーカー記事ではあるが、この記事で練習時間が3時間以上になっていることを知り「全日本に出るかも」と思ったのは確か。以前は1時間だったのが3倍以上に増えているからだ。内容的にはそれほど的外れじゃないが、パパラッチ行為は本当にやめてほしい
読了日:12月31日 著者:
週刊女性自身 2020年 12/22 号 [雑誌]週刊女性自身 2020年 12/22 号 [雑誌]感想
★★★☆☆ dマガジン。「26歳誕生日に誓い 絶対王者奪回で描く『ゆづアカデミー』」。西村教授と佐野さん登場。「ゆづアカデミー」設立を佐野さんが勝手に期待。スポンサーはつくだろうが、今の日本のドロドロの派閥主義の中で可能なのか?と疑問。エリート養成校とお稽古事塾が完全に分かれることになる。色々モメそう。いずれにしても、周囲から勝手にいろんなものを背負わされるのが大変だなとつくづく。一応まだ現役バリバリなのに。はじめに結論ありきでお二人からそれに沿った発言を引き出している可能性もあるが
読了日:12月31日 著者:
週刊女性セブン 2020年 12/17 号 [雑誌]週刊女性セブン 2020年 12/17 号 [雑誌]感想
★☆☆☆☆ dマガジン。「羽生結弦『自分で枠獲る!』命懸けエントリーのプライド」が1/2ページ。世界選手権に出場する希望をつなぎたかったからであり、他の仲間がとった枠に「横入りしたくない」からではない(そういう気持ちがあったとしても、本人はそうは言ってない)。ガセブンお得意の「ズル」という言葉をまたしても使っており、本当にこの雑誌は悪質
読了日:12月31日 著者:
婦人画報 2021年 01月号 増刊 羽生結弦特別版婦人画報 2021年 01月号 増刊 羽生結弦特別版感想
★★★★★ 「羽生結弦10年の軌跡」がフルカラー10ページ。写真も文章もよくて満足でした。本も買ったが、これだけの豪華な特集をdマガジンでもそのまま掲載されているところが太っ腹(羽生選手の特集は紙媒体しか載せない雑誌もある。アエラとかアエラとかアエラとか!!)
読了日:12月31日 著者:

読書メーター



フィギュアスケート通信DX 全日本選手権2020 最速特集号(2021/1/16発売) ※100%羽生本

フィギュアスケート通信 ← アマゾンサイトへ(一覧から飛んでください)


ワールド・フィギュアスケート91(2021/1/26発売) ※原則平等本(たぶん表紙は結弦くん)

ワールドフィギュアスケート ← アマゾンサイトへ(一覧から飛んでください)


フィギュアスケートマガジン(2020/1/8発売) ※ほぼ100%羽生本

フィギュアスケートマガジン ← アマゾンサイトへ(一覧から飛んでください)


参加してます。よろしければ、ポチっと応援お願いします♪

フィギュアスケートランキング

テーマ : フィギュアスケート - ジャンル : スポーツ

タグ : 2020-2021_season

2021/01/02 16:50 | 読書メーターCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

「女性自身」がストーカー? 4号連続で羽生絡みの記事を掲載 & 2020年9月の読書メーター

また楽しみが増えましたね~。



結弦くんの回は41回目だったんですね。



9月の読書メーターをUPします。

最近収納家具を買い、それに合わせて断捨離をやり始めている(そこに収納できない分は捨てる)のと、ブログの更新で時間をとられ、なかなか本が読めません。今が一番積読消化に最適なときなのですが…。なんとか時間をみつけて消化したい。

ところで、最近の「女性自身」の羽生ストーカーっぷり、気持ち悪いですね。4号連続で「羽生結弦絡みの記事」を掲載しています。最新のひとつ前の記事が、あのアイスリンク仙台で隠し撮りしたパパラッチ記事です。

最新号は、高橋成美さんのインタ記事ですが、内容は「ゆづと私の友情物語」。小学生のときに半年ほど都築先生のところに下宿して結弦くんとリンクメイトだったそうです。そのたった半年、仲が良かったというだけで親友気どり。勝手に「ゆづなる」呼び…。結弦くんは指田さんを「生まれて初めてできた親友」だと言ってました。彼女は勝手に親友のつもりだようですが、結弦くんは違ったということでしょう。

この記事は彼女に好意的かどうかで印象が変わると思います。ツイを見ると「微笑ましい」という感想の人もいるようです。記事にも書かれていますが「スケートよりアイドルになりたかった」彼女は、今は女優を目指しているとか。彼女もスポットライト症候群で迷走してる一人です。

高橋さんが前会長の選挙応援に行っているのを見てから、私は彼女を信用していません。権力者に阿る人。そういう人は分不相応の野心を抱くものです。今回の気持ちの悪い記事も、私には彼女の売名行為、またはU〇Mあたりから頼まれた珍バイト?としか思えませんでした。この記事は、彼女にはメリットがあっても、結弦くんには何のメリットもない記事だからです。

彼女が取材に応じているのは、あのパパラッチ記事が羽生ファンから非難の嵐だった女性自身。その問題の記事が掲載された次の号です。どういう経緯で、どこからの売り込みで、この彼女の記事が載ることになったのかわかりませんが、前号とまったく無関係とは思えない。無関係と思える人は、よほどのお花畑ファンだと思います。

「親友」認定されている指田さんは、結弦くんとの付き合いについてほとんど公に話しません。本当に彼との友情を大切にしている人はベラベラよけいなことは話さない。彼の名前を「利用」したりしないものです。

もし、彼女が「女優として売り込み中だし、ちょっとくらい名前を利用させてもらってもいいよね」と思っているのだとしたら…それはもうその時点で「親友」どころか「友人」ですらないのですよ。ただ、悲しいことに…フィギュア界、現役・OBOGともにそういう人が多いのは確か。彼はもう「利用」されることには慣れているかもしれませんが。


9月の読書メーター
読んだ本の数:6
読んだページ数:80
ナイス数:19

別冊フィギュアスケート通信DX 羽生結弦~シニアデビューから10シーズンの軌跡~ (メディアックスMOOK)別冊フィギュアスケート通信DX 羽生結弦~シニアデビューから10シーズンの軌跡~ (メディアックスMOOK)感想
★★★★★ 羽生選手のシニア10年間(2010-2011~2019-2020)の軌跡を写真で追って1冊にまとめたもの。写真はフォートキシモト。初々しいシニアデビューから王者の貫禄を身につけた最新の羽生選手が時系列で配置されているので、振り返りに最適。また競技会写真だけでなく、仙台のモニュメント除幕式やCwW、パレード、国民栄誉賞授与式、最新ではISUアワードなど、メモリアルな出来事の写真も入っているのがうれしい。ファン歴の長い人は懐かしく見れるし、ファン歴の浅い人にとっても彼の偉業の歴史を知るには最適かと
読了日:09月11日 著者:
In These Words (4) 初回限定版 (ビーボーイコミックスデラックス)In These Words (4) 初回限定版 (ビーボーイコミックスデラックス)感想
★★★★☆ ようやく4巻目の19話にして1巻目の1話につながった。飼い主に尽く忠犬ハチ公のような篠原の健気で一途なワンコぶりが切ない。篠原を最初は殺すつもりだったという衝撃の告白(笑)やはり作者はドSだったのね。よかった翻意してくれて。アメリカのクライムサスペンスを見てるような面白さと絵の上手さは抜群。続きがとても気になるが、8年で4冊というペースは待つ身には辛い。できるだけ早くお願いします! 限定小冊子は赤ん坊事件?
読了日:09月11日 著者:Guilt|Pleasure
週刊女性自身 2020年 9/22 号 [雑誌]週刊女性自身 2020年 9/22 号 [雑誌]感想
★★☆☆☆ dマガジンで。「羽生結弦 あの勇姿をまた見たい!」カラー2ページ。これはなんだ? 「通信」の宣伝か?(笑) 意味不明な特集記事だった
読了日:09月30日 著者:
週刊女性自身 2020年 9/15 号 [雑誌]週刊女性自身 2020年 9/15 号 [雑誌]感想
★☆☆☆☆ dマガジンで。「羽生結弦 『もう滑れないかも…』吐露した不安肉声」。GPS欠場の書面でのコメントについての記事で「不安肉声」など全くなく大ウソ。また野口氏がしゃしゃりでてきてコメントをしている(たいしたことは言ってない)。ファンが知ってること以上の情報は何もなく、いったい誰に向かって書いてる記事なんだろうか
読了日:09月30日 著者:
週刊女性自身 2020年 9/29・10/6合併号 [雑誌]週刊女性自身 2020年 9/29・10/6合併号 [雑誌]感想
★☆☆☆☆ dマガジンで。「羽生結弦 王者復活へ 深夜0時の極秘特訓」。どこのリンクで、何時にどれくらい練習しているか世間に晒し、本人のみならず家族まで隠し撮りした最低最悪の記事。珍バイトはガセブンから自身に移ったのか?
読了日:09月30日 著者:
週刊女性自身 2020年 10/13 号 [雑誌]週刊女性自身 2020年 10/13 号 [雑誌]感想
★☆☆☆☆ dマガジンで。自身は4号連続で羽生選手の記事をだしてきている。ストーカー? 練習場所と時間を晒すパパラッチ記事の次は自称「親友」の元選手の羽生語り。小学生のときの半年同じ拠点だっただけで「ゆづなる」呼びの「親友」気どり。彼女については前スケ連会長の選挙応援に行っているのを知ったときから信用していない。売名行為なのかU〇Mに頼まれたのか知らないが、隠し撮り記事をだした次の号に掲載されたインタでは好意的にとりようがない。フィギュア界の迷走組の一人だが、スポットライト症候群を患いやすい環境ゆえか
読了日:09月30日 著者:

読書メーター




オフィシャル本。能登さんからもお墨付き。

 ← アマゾンサイトへ


参加してます。よろしければ、ポチっと応援お願いします♪

フィギュアスケートランキング

テーマ : フィギュアスケート - ジャンル : スポーツ

タグ : 2020-2021_season

2020/10/01 17:00 | 読書メーターCOMMENT(2)TRACKBACK(0)  TOP

羽生結弦写真集が「BOOK OF THE YEAR 2019」にランクイン & 2020年8月の読書メーター

ダヴィンチの「BOOK OF THE YEAR 2019」の結果が載っています。
フェルメールやムンクと名前が並ぶ結弦くん、すごくないですか?(笑)




BOOK OF THE YEAR 2019
●アート・写真集部門

 1位『フェルメール』(※)、2位『ムンクへの招待』と、2018年から19年の大規模展覧会が話題となった巨匠をテーマにした2冊が並んだ。続くのは2018年も同じく3位にランクインした羽生結弦選手の写真集『羽生結弦 魂のプログラム』。4位『大人のぬりえ ベルサイユのばら なぞり描き編』は言わずとしれた少女マンガの金字塔で、塗り絵という新しい楽しみ方に根強いファンから高支持を得た。



報知コンビのお二人のオンライン講座あります。
この講座だと、第二波・第三波きても、中止・延期の心配はなさそう(笑)



では、8月の読書メーターをUPします。

8月の読書メーター
読んだ本の数:8
読んだページ数:904
ナイス数:35

TVガイド特別編集 KISS & CRY 氷上の美しき勇者たち 2019‐2020シーズン総括&2020‐2021シーズン展望号~Road to GOLD!!! (表紙・巻頭特集/羽生結弦選手) (KISS & CRYシリーズVol.34) (TOKYO NEWS MOOK 862号 KISS&CRYシリーズ V)TVガイド特別編集 KISS & CRY 氷上の美しき勇者たち 2019‐2020シーズン総括&2020‐2021シーズン展望号~Road to GOLD!!! (表紙・巻頭特集/羽生結弦選手) (KISS & CRYシリーズVol.34) (TOKYO NEWS MOOK 862号 KISS&CRYシリーズ V)感想
★★★★☆ 2019-2020シーズンプレイバック号。付録付きで1980円。通常は1320円なのでいつもより660円高い価格設定だが、今回の付録に660円の価値があるかというと微妙。どちらかひとつランダムについてくるPOPスタンド。複数買いさせようという意図が露骨で冷める。幸いPOPスタンドは欲しかったSEIMEIの方でラッキーだった。しかし紙製で飾るにはちゃちいのでコーティングして栞かな。ポスターや中の写真は綺麗です。これがこの雑誌の唯一の売り。他の記事は山本選手、佐藤&鍵山選手、木下アカデミー
読了日:08月10日 著者:
フィギュアスケート男子ファンブック Quadruple Axel 2020シーズン総集編 希望の銀盤 (別冊山と溪谷)フィギュアスケート男子ファンブック Quadruple Axel 2020シーズン総集編 希望の銀盤 (別冊山と溪谷)感想
★★★☆☆ 図書館本。2020シーズン総集編。羽生選手24頁(表紙目次のぞく)、宇野選手14頁、高橋選手14頁。このあたりが多く、他は日本の中堅若手選手をとりあげてる。羽生選手の部分の本田武史解説、杉田一男「羽生結弦に託す夢」を読了。ほかに吉岡伸彦ルール解説、安藤美姫×中野友加里対談「日本男子シングルを語る」など。羽生選手の印象を語ってた若手は島田選手と鍵山選手(インタの質問に答える形で)。羽生選手の写真は田口有史さんとJK氏が担当。いいと思う写真はほとんど田口さん。これは羽生愛の有無の差かな(笑)
読了日:08月13日 著者:
フィギュアスケート通信DX 2019-2020シーズン総括号 (メディアックスMOOK)フィギュアスケート通信DX 2019-2020シーズン総括号 (メディアックスMOOK)感想
★★★★★ 2019-2020のオータムから4CCまで6大会振り返り号。フォートキシモトで写真家は2人。AC、GPF、全日本、4CCが長瀬友哉氏、スケカナ、NHK杯が大内翔太氏。他選手の排除は徹底していて、ジスランとオーサーとハビ、スケカナドローでの田中選手が写りこんでいる以外はオール羽生成分。オンリーにとっては実にストレスフリー。全部チェックしたわけじゃないが過去の6冊の通信の写真の被りも最小限だし、1100円と安価なのは魅力。6月の写真集3冊とは写真家が異なるシーズンフォトブックといった感じですね
読了日:08月16日 著者:
「羽生結弦展2019-2020」写真集「羽生結弦展2019-2020」写真集感想
★★★★★ 「羽生結弦展2019-2020」の写真集。紙質がとても良く、永久保存版にしてほしいという読売さんの気概を感じる。プログラムごとに分けられ、最初はオトナル、次にオリジン、バラード一番、SEIMEI、3つのエキシビションナンバー、最後にオフショットの順に並べられている。そして…最後の最後に西川さんの広告。枕抱えた結弦くんの萌え写真に心射抜かれる(笑) オタ活できて、その上に寄付もできる。読売新聞さん、最高です!

読了日:08月16日 著者:羽生結弦(読売新聞社)
家庭画報 2020年8月号 [雑誌]家庭画報 2020年8月号 [雑誌]感想
★★★★★ 羽生選手のメモリアルフォト特集。過去に家庭画報や系列本で掲載された羽生選手の写真の再録集。たぶんほぼ全部もっているが、こうやって冊子でまとめられたのはありがたい。篠山紀信氏撮影の高校生の学生服写真が特に好き。男子高校生にして異次元の透明感。今年の「美しい顔100」の写真に採用された紋付き袴姿も。この冊子で十分元は取った感じ。「昭和・平成遺産」特集の「国民栄誉賞を授与した五輪金メダリスト」の頁に写真あり。付録の占い冊子に秘数33のところにも名前が。カレーのレシピと市薬品のナビが役にたちそう
読了日:08月17日 著者:
騎士の祈り (SHYノベルス)騎士の祈り (SHYノベルス)感想
小説★★★★☆ 挿絵★★★★☆ 図書館本。『少年は神』シリーズのパラレルワールド・ランスロット編3巻目(最終巻)。アーサーではなくランスロットとくっついた場合のパラレル編で、モルガン退治のためにかなり強引な裏技を使っていたけど、これはこれで綺麗にまとまっていたと思う。やんちゃなルーサーの子育てに手をやく樹里の番外編とかも読んでみたい気がする
読了日:08月18日 著者:夜光 花
BUDDY【初回限定ペーパー付き】 DEADLOCK season2 (キャラ文庫)BUDDY【初回限定ペーパー付き】 DEADLOCK season2 (キャラ文庫)感想
小説★★★★☆ 挿絵★★★★☆ 新キャラ登場。ユウトの新しい相棒のキース。生意気で反抗的な年下のキースに手を焼いていたユウトだが、危険な仕事を一緒にするうちに二人の間に少しずつ信頼感が生まれてくる。そしてそんな二人の姿にヤキモチをやくディック。ディックのほとんどストーカーに近いユウトを「好きすぎる病」は不治の病だが、どんどん重症化している。相思相愛とはいえかなり”重い”恋人だ(笑)。後味は良くない結末だったけどそれも人生。ペーパーは「秘密が増えていく病」。キースへの嫉妬でモヤモヤのディックの独り言
読了日:08月20日 著者:英田サキ
月刊スカパー! 2020年 09 月号 [雑誌]月刊スカパー! 2020年 09 月号 [雑誌]感想
テレ朝2はCwWとMwWの再放送とフィギュア特番。AXNミステリーは松本清張シリーズ。衛星劇場はタイBL。チャンネルNECOは「深夜食堂」と「きのう何食べた?」。チャンネル銀河は「孤独のグルメ」シリーズ。スパドラはクリマイS14とボディガード。FoXは9-1-1のS3。9月は興味のある番組が多いけどハードの残量が厳しいのでどうしたものか
読了日:08月25日 著者:

読書メーター



9月8日発売の通信です。

 ← アマゾンサイトへ


参加してます。よろしければ、ポチっと応援お願いします♪

フィギュアスケートランキング

テーマ : フィギュアスケート - ジャンル : スポーツ

タグ : 2020-2021_season

2020/09/04 17:00 | 読書メーターCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

マガジン最新号の表紙きました!& 2020年7月の読書メーター

マガジンの表紙がUPされました。

FSマガジン2020-2021-1

フィギュアスケートマガジン2020-2021 Vol.1 プレシーズン (B.B.MOOK1501) ← アマゾンサイトへ

価格:1320円
出版社:ベースボール・マガジン社
発売日: 2020年8月18日



愛する気持ちは止められない! 今こそ羽生結弦を語ろう

山口さん、マガジンが実は羽生結弦ファンクラブの会報だということ隠さなくなってきてる(笑)


イラストレーターさんの個展に結弦くんのイラストが…。






7月の読書メーターです。少なかったな…。

7月の読書メーター
読んだ本の数:4
読んだページ数:128
ナイス数:24

フィギュアスケート男子ファンブック Quadruple Axel 2020 シーズンクライマックス (別冊山と溪谷)フィギュアスケート男子ファンブック Quadruple Axel 2020 シーズンクライマックス (別冊山と溪谷)感想
★★★☆☆ 図書館本。臨海出身の4人の男子選手(友野一希・須本光希・山本草太・山隅太一朗)の対談目当て。和気藹々と楽しそうでほほえましいが、なかなかトップGに食いこめない理由は和やかすぎるからかと思ってしまった(笑) 全日本での羽生選手の神対応についても語っている。西山選手も言っているが、羽生選手はオンモード入ったときの集中力がすごいと。これは誰しもが口をそろえて言うこと。あと気になったのは写真。表紙もだけど、中の写真ももう少し良いのはないのかな。テキストがウリの雑誌だけど、フィギュア誌は写真も大事なので
読了日:07月02日 著者:
抱かれたい男1位に脅されています。 7【電子限定かきおろし付】 (ビーボーイコミックスDX)抱かれたい男1位に脅されています。 7【電子限定かきおろし付】 (ビーボーイコミックスDX)感想
★★★☆☆ 抱かれたい男1位×2位。人気シリーズだけどそろそろ中だるみ感が…。准太は少し腹黒入った執着ヤンデレ攻でこそ面白いんであって、良い人ポジションになるとダメだな(笑) 准太に横恋慕してるデブの新キャラがウザかった。卯坂と在須も今後の展開がドキドキするほどの期待感がない。どっちも陰キャラだからか。セックスレスが絡んでいるので、このシリーズにしてはエロは少なめ。このシリーズは濃厚エロと濃ゆ~い准太の執着がないとやはり物足りないな。今後も長く続けていくのなら、どうマンネリを克服するかだな
読了日:07月04日 著者:桜日梯子
月刊スカパー! 2020年8月号月刊スカパー! 2020年8月号感想
ムービープラスは007シリーズとクロコダイル。スパドラはクリマイのシーズン14が始まる。FOXは引き続き9.1.1。Jスポは過去の試合のアーカイブ。テレ朝2はFaOI。WOWOWシネマはホラー特集。
読了日:07月31日 著者:
Oggi(オッジ) 2020年 09 月号 [雑誌]Oggi(オッジ) 2020年 09 月号 [雑誌]感想
★★★☆☆ 図書館本。羽生選手の特集のみ。矢口さんのインタはよかったけど、写真集に未収録の写真はサイズの小さいものが多いのが残念だった。特集はフルカラーで6ページ。付録付きで900円を切る価格なので普通なら買ってもよかったが、小学館なので見送った
読了日:07月31日 著者:

読書メーター



8月9月発売のフィギュアスケート通信です。

 ← アマゾンサイトへ

 ← アマゾンサイトへ


参加してます。よろしければ、ポチっと応援お願いします♪

フィギュアスケートランキング

テーマ : フィギュアスケート - ジャンル : スポーツ

タグ : 2020-2021_season

2020/08/01 18:10 | 読書メーターCOMMENT(2)TRACKBACK(0)  TOP

 | BLOG TOP |  NEXT»»