公正な採点を求める署名運動サイト & 2019年9月の読書メーター

数日前に紹介した公平な採点を求める署名運動のサイトです。
日本語の訳がついたようです。日本人にもわかりやすくなっています。
私も署名しました。



採点システム署名サイト

運動の主旨に賛同するかどうかは、ご自身の判断でお願いいたします。
コメントや名前を公表したくない方は上2つにチェックを入れてください。


体操の世界では、採点の公平性のために、AIの導入を進めていますね。


では、9月の読書メーターをUPします。

9月の読書メーター
読んだ本の数:8
読んだページ数:917
ナイス数:39

ラブネスト(上) (ディアプラス・コミックス)ラブネスト(上) (ディアプラス・コミックス)感想
★★★★☆ 「チェンジワールド」スピンオフ。アラフォーのバツイチ建築士×昔の失恋をひきずるアラサーのSE。マンションの騒音に悩まされた匡人は実業家の知人・ナルの所有するマンションに居候させてもらうことに。しかしそこにはむさくるしいオッサンの先客がいて…。ノンケとの恋愛の失敗が原因で恋愛を避けてきた匡人だったが、旭との共同生活に心地よさを感じるうちに、タイプではなかったはずの旭に恋してしまう。傷ついた過去があるがゆえの、一歩踏み出すことに臆病な二人の男の恋物語。絵はうまい。話もまあまあかな。下巻に続く
読了日:09月08日 著者:南月 ゆう
ラブネスト(下) (ディアプラス・コミックス)ラブネスト(下) (ディアプラス・コミックス)感想
★★★★☆ 「チェンジワールド」スピンオフ・下巻。アラフォーのバツイチ建築士×昔の失恋をひきずるアラサーのSE。旭の弟の恒生がアメリカから里帰り。恒生は過去に匡人がわざと傷つけたことがある青年だった。恒生は、兄と匡人の仲を反対するが、何よりもそのことを同居前から旭も知っていたことに、匡人は衝撃を受け…・雨降って地固まる感じでハッピーエンド。ナルの存在は必要だったのかな? 狂言回し的な位置づけかもしれないけど、いなくてもよかった。面白くないわけじゃないけど、メインカップルの方が好き。読み返すほどじゃないかな
読了日:09月09日 著者:南月 ゆう
アイスショーの世界(6) (ワールド・フィギュアスケート別冊)アイスショーの世界(6) (ワールド・フィギュアスケート別冊)感想
★★★★☆ 図書館本。FaOI関連が42ページあり、魔夜峰央氏のコラムもよかった。ジョニーやランビのインタも読みごたえあり。写真のセレクトや画質もいいのはさすがに老舗。全部で100ページちょっとなので、4割くらいはFaOI成分ではあるが、やはり買うまではいかないのは、他にFaOI&羽生成分の多い書籍がたくさんあるから。ただ、こと写真だけでいうとかなりクオリティ高い。マスカレイドの両面ピンナップあり。クリメモの写真も1ページあり。裏表紙はランビ。ネイサンとエテリジュニア3人娘のピンナップは需要あるのかな?
読了日:09月10日 著者:
ファンタジー・オン・アイス2019 オフィシャルフォトブックファンタジー・オン・アイス2019 オフィシャルフォトブック感想
★★★★★ 単独ページは、羽生28P、ランビ&ジョニー8P、ハビ&プル&テサモエ&カペラノ&織田6P、ロシア3人娘4P、バトル&荒川4P、紀平&宮原&安藤&鈴木&バルデ&ボロトラ&アンサンブル2P、ロロ&ラトデニ&坂本&三原&曲芸&エアリアル1P。フォトギャラリー19P、スケーター紹介フォト5P、真壁氏コラム2P。羽生成分は昨年版より微増。写真のクオリティは昨年よりよくなってると思う。2018年版も思ったが、意外と田口さんの写真がいいのだ。クリメモ8Pや前髪下ろしたマスカレイド写真は貴重だと思う
読了日:09月17日 著者:
サイメシスの迷宮 忘却の咎 (講談社タイガ)サイメシスの迷宮 忘却の咎 (講談社タイガ)感想
★★★★★ 図書館本。シリーズ3冊目。羽吹&神尾コンビが板についてきた感じ。BLなら「世話好きの年下ワンコ攻とトラウマ持ちのツンデレクールビューティー」でありそうなコンビだが、二人に恋愛要素がない分、話の尺を全部事件に割けてるので、サスペンスものとして充実した内容になってる。羽吹の過去の記憶の霧が薄くなっていく過程が興味深い。やはり英田さんの刑事ものは面白いわ。続きが楽しみ
読了日:09月21日 著者:アイダ サキ
浅田真央は何と戦ってきたのか - フィギュアの闇は光を畏れた - (ワニブックスPLUS新書)浅田真央は何と戦ってきたのか - フィギュアの闇は光を畏れた - (ワニブックスPLUS新書)感想
★★☆☆☆ 図書館本。悪質マオタの陰謀本という曰く付きの本だが、敵情視察(笑)と怖いものみたさで借りてみた。時間がなかったので、キム・ヨナと真央さんの部分は飛ばし、羽生選手に関する部分と、ルール一般論についての部分、それに小塚氏の寄稿を読了。GOEが高かったキム・ヨナへの恨みからか、基礎点重視でGOE軽視のところや、羽生選手への敵視がダダもれのところは賛同できないが、それ以外のルール一般について書かれたところは、小塚氏のコラムよりはまだマシかもしれない。小塚氏のコラムはお粗末だった。彼への印象がさらに下降
読了日:09月24日 著者:真嶋 夏歩
月刊スカパー!  19年10月号月刊スカパー! 19年10月号感想
10月はナショナルジオグラフィックのウィルス特集が面白そう。テレ朝2はオータム拡大版。AXN海外ドラマはCSIシリーズ一挙放送とクリマイ国際捜査班が完結。スパドラのクリマイ12やFOXのL&O性犯罪特捜班も完結。次々終わっていくので寂しい。新ドラマのスタートが待たれる。普段は見ないチャンエルだけどMONDOTVでハロウィンのゾンビ特集してるのでチェック
読了日:09月28日 著者:
Ice Jewels(アイスジュエルズ)Vol.08~フィギュアスケート・氷上の宝石~羽生結弦インタビュー「栄冠を超えて」(KAZIムック)Ice Jewels(アイスジュエルズ)Vol.08~フィギュアスケート・氷上の宝石~羽生結弦インタビュー「栄冠を超えて」(KAZIムック)感想
★★★★★ 積読消化。平昌五輪特集。112ページほどの内70ページ以上羽生成分で折込ポスター付き。羽生選手公認の雑誌ならではの独占インタは貴重だし、巻末には平昌五輪の17日間の発言集も。積読ですっかり時間がたった今読んでも、あの感動が蘇る。田中さんのお写真がとても素敵です! メドベの母上とお祖母様のインタあり。平昌五輪以外では、GPF、ワールド、4CC、全日本、ユーロなどの振り返りがあった(その部分は未読)
読了日:09月30日 著者:

読書メーター



参加してます。よろしければ、ポチっと応援お願いします♪

フィギュアスケートランキング

テーマ : フィギュアスケート - ジャンル : スポーツ

2019/10/03 19:30 | 読書メーターCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

ハゴロモ表紙画像UP!& 2019年8月の読書メーター

アマゾンでハゴロモカレンダーの受付が始まっています。表紙画像もUPされてます。


ハゴロモ2020壁掛

羽生結弦 2020年 カレンダー 壁掛け CL-561 ← アマゾンサイトへ


ハゴロモ2020卓上

卓上 羽生結弦 2020年 カレンダー 卓上 CL-562 ← アマゾンサイトへ


では、2019年8月の読書メーターです。

8月の読書メーター
読んだ本の数:10
読んだページ数:982
ナイス数:39

フィギュア・スケーターズ15 FIGURE SKATERS Vol.15フィギュア・スケーターズ15 FIGURE SKATERS Vol.15感想
★★★★★ 表紙裏表紙全部合わせて84ページ。そのうち見開き目次ページの1ページ分とドリームオンアイス特集の22ページが羽生成分以外。84ページの内訳は、60ページが羽生成分、23ページが他選手、裏表紙はバックナンバーの広告ページ。B4サイズなので迫力あり。旧ファントム(青ファントム)と新ファントム(マスカレイドの赤ファントム)との対比も面白い特集。静と動、静謐と情熱・・・という感じ。DOI特集は22ページ中、田中選手・友野選手で10ページあったけど個人的には羽生選手メインの本の抱き合わせは女子だけでいい
読了日:08月03日 著者:
右手にメス、左手に花束 (二見シャレード文庫)右手にメス、左手に花束 (二見シャレード文庫)感想
小説★★★★☆ 挿絵★★★☆☆ 積読消化。メス花シリーズ1作目。外科医×法医学者。江南と篤臣の医科大学時代の出会いから親友を経て恋人同士になるまでが描かれている。約20年前のBLなのでくっつく展開(親友への片思い拗らせてゴーカンとか)に古臭さを感じるが、親友から恋人へというのは今でも健在なBLの王道路線である。主人公二人に著者の身近なモデル(外科医カップル)がいるとは驚き。また著者自身が法医学者なので、なんちゃって医療ものBLではない本物路線に期待。なんだかんだ受の方がオトコマエなとこがいいね
読了日:08月06日 著者:椹野 道流
君の体温、僕の心音―右手にメス、左手に花束〈2〉 (二見シャレード文庫)君の体温、僕の心音―右手にメス、左手に花束〈2〉 (二見シャレード文庫)感想
小説★★★☆☆ 挿絵★★★☆☆ メス花シリーズ2巻目。1巻目で親友から恋人になった江南と篤臣は半同棲中。外科医の江南の多忙によるすれ違いが生んだ誤解(実は江南のライバル医師の罠)が原因で一時は破局の危機に。誤解が解け雨降って地固まった二人。アメリカに研修に派遣される江南とともに篤臣も一緒に渡米。二人は結婚式を上げるが・・・。江南がタキシード。篤臣が紋付き袴の結婚式。アメリカだと目立つだろうな(笑) 篤臣の袴がサラッと「仙台平」と書かれていたのに驚き。篤臣が美形設定なので誰かさんの画像がオーバーラップ(笑)
読了日:08月15日 著者:椹野 道流
チーム・ブライアン 新たな旅チーム・ブライアン 新たな旅感想
★★★★★ 積読消化。シリーズ3冊目。ピーキングの大切さ。結弦くんが今年公開練習をしなかった理由がなんとなくわかる。今年はACが早いのもあるけど、公開練習があることで微妙にピーキングが狂ってしまうんだな。オーサーは「五輪に向けた治療、回復、戦略のプランは、すべてユヅルが作成した」とあらためて強調してる。結弦くんの五輪金を「チーム力の勝利」と言った解説者がいたが、どれだけ的外れな言葉だったかよくわかる。以前結弦くんは「放し飼いにされてる」と言ってたけど、愛ある放し飼いなのだと理解できた
読了日:08月23日 著者:ブライアン・オーサー,野口 美惠
Ice Jewels(アイスジュエルズ)Vol.10~フィギュアスケート・氷上の宝石~羽生結弦スペシャルインタビュー(KAZIムック)Ice Jewels(アイスジュエルズ)Vol.10~フィギュアスケート・氷上の宝石~羽生結弦スペシャルインタビュー(KAZIムック)感想
★★★★★ 唯一の羽生結弦公認のスケート誌だけあり、独占インタではかなり本音を語ってくれている。ソチ前、ソチ後から平昌まで、平昌後で、それぞれモチベーションの持ち方が変わっていると。彼は今一番「自分のために強くなりたい」という気持ちが強いかもしれない。45ページまでノンストップで羽生成分だし、その後もハビ特集やオーサー、トレイシーのインタがあり、折込ピンナップがありと、羽生ファンには濃厚な1冊。すべての栄光を手にしてなお「毎日をスケートのために捧げ、強くなっていきます」…本当にすごい人だ
読了日:08月26日 著者:
月刊スカパー! 19年9月号月刊スカパー! 19年9月号感想
引き続きAXN海外ドラマのCSI科学捜査班シリーズ一挙放送。クリマイのシーズン12(スパドラ)、クリマイ国際のシーズン2(AXN)、9-1-1救命最前線のシーズン2(FOX)、L&O性犯罪のシーズン20(FOX)。ドキュメンタリーのヒストリーチャンネルとジオグラフィックで9.11特集あり。ホームドラマチャンネルで「火災調査官」シリーズ。アニマルプラネットでダイナソー一挙放送。それ以外はフィギュア関連など
読了日:08月26日 著者:
羽生結弦 カレンダー 2013年羽生結弦 カレンダー 2013年感想
★★★★★ 登録漏れ。遅ればせながら登録。羽生結弦初のカレンダー。表紙:チゴイネルワイゼン(FS)、1・2月:練習着(黒い子)、3・4月:ヴァーティゴ(EX)、5・6月:チゴイネルワイゼン(FS)、7・8月:ホワイトレジェンド(EX版)、9・10月:悲愴(SP)、11・12月:ヴァーティゴ(EX)、ボーナスページ。2010-2011シーズンの写真中心で少し2011-2012シーズンが混在。表紙と5・6月のチゴイネの写真が好き
読了日:08月27日 著者:
羽生結弦 カレンダー 2014年羽生結弦 カレンダー 2014年感想
★★★★★ 登録漏れ。遅ればせながら登録。表紙:ノートルダムドパリ(FS)、1・2月:黒パリ散(SP)、3・4月:ノートルダムドパリ(FS)、5・6月:story(EX)、7・8月:顔アップ(白ジャス)、9・10月:黒パリ散(SP)、11・12月:花になれ(EX)、ボーナスページ。2012-2013シーズンの写真がメイン。1・2月の黒パリ散と7・8月の顔アップの写真が好き。
読了日:08月27日 著者:
羽生結弦 カレンダー 2015年羽生結弦 カレンダー 2015年感想
★★★★★ 登録漏れ。遅ればせながら登録。表紙:青パリ散(WC2014SP)、1・2月:旧ロミジュリ(WC2014EX)、3・4月:青パリ散(FaOI2014)、5・6月:ダムパリ(NHK杯2012FS)、7・8月:新ロミジュリ(EC2014FS)、9・10月:黒パリ散(GPF2012SP)、11・12月:新ロミジュリ(WC2014表彰式)、ボーナスページ。好きなのは9・10月の黒パリ散とボーナスぺージ(ジュニア写真詰め合わせ)
読了日:08月28日 著者:-
Ice Jewels(アイスジュエルズ)Vol.07~フィギュアスケート・氷上の宝石~羽生結弦インタビュー「歴史への第一歩」(KAZIムック)Ice Jewels(アイスジュエルズ)Vol.07~フィギュアスケート・氷上の宝石~羽生結弦インタビュー「歴史への第一歩」(KAZIムック)感想
★★★★★ 積読消化。表紙裏は西川だし、裏表紙はファイテンだし、両面折込ポスターありだし、45ページまでノンストップゆづだし、P81に横浜アイスショー、P98~111までがクリケットファミリーなどでこれまた羽生成分。五輪シーズンだからか、いつもよりゆづゆづしくなってる。エテリ、Pチャン、メドベ、ジェイソン、ボーヤン、ネイサン、コストナーなどインタも充実。城田さんのコラムもあり。スピンのルール解説などもあり。濃い内容でした。お写真がとても綺麗です
読了日:08月30日 著者:

読書メーター



参加してます。よろしければ、ポチっと応援お願いします♪

フィギュアスケートランキング

テーマ : フィギュアスケート - ジャンル : スポーツ

2019/09/03 08:35 | 読書メーターCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

「S-park」と「ノーサイドゲーム」でゆづが話題に!& 2019年7月の読書メーター

私、基本的にテレビはスカパー以外はほとんど見ない人なので、テレビ情報はtwitterで教えてもらっています(笑) 昨日、二つの番組で、結弦くんの名前が出たようなので、メモとしてあげときます。



まあ、結弦くんが教えてくれるのなら、誰でも始めますよね。
クリケのサマースクール、将来的にもしかしたらありえるかしら(笑)



もうひとつは、昨日(8/4)のS-PARKで瀬戸くん。花の94年組の話題で。

20190805-Spark_seto


瀬戸選手の羽生リスペクトについては、先日ブログで紹介しました。
「羽生選手は僕の遺伝子」 ~水泳・瀬戸選手の言葉より (2019/07/26)
http://bltraveler.blog63.fc2.com/blog-entry-3118.html

ずっとブレずに尊敬してくれて嬉しいですね。
発言がコロコロ変わる男はダメ。「ブレない」は大成する人の必須条件です(笑)


では、7月の読書メーターをUPします。19冊中3冊以外はすべてゆづ関連です。

7月の読書メーター
読んだ本の数:19
読んだページ数:1232
ナイス数:59

FANTASY ON ICE TOUR 2019 in MAKUHARI プログラムFANTASY ON ICE TOUR 2019 in MAKUHARI プログラム感想
★★★★★ FaOIの最初の会場は毎年幕張なので、幕張のプログラムの写真はいつも昨年のものを使っている。今年も同じで、羽生選手の部分は「春よこい」。羽生選手のスペシャルインタビューが写真含め3ページあり。リスペクトしているスケーターへのオマージュとしての二つのプログラムへの想いや今シーズンへの意気込み、昨年の幕張公演のことや、今年のFaOIへの抱負など。特にイヤホンの質問になると羽生選手がいきいきとしてるのが手にとるようにわかる(笑) ジョニーへのインタもあり。2022年で引退する理由など語っている
読了日:07月04日 著者:新書館、CIC
FANTASY ON ICE TOUR 2019 in SENDAI プログラムFANTASY ON ICE TOUR 2019 in SENDAI プログラム感想
★★★★★ 幕張から仙台へ。FaOIのプログラムは2都市目から写真が今年の衣装にかわる。羽生選手の紹介ページはマスカレイド。スペシャルインタビューが2ページあるが幕張公演のインタと重なる部分が多い。重ならないのは幕張公演についてのインタ部分が仙台でFaOIを開催するにあたってのインタに変わっているところ。荒川さんのインタあり。「今出させていただいてるショーの1回1回がこれだ最後かもしれないという気持ちで臨んでいる」という言葉。やはり荒川さんもプロスケーターとしての引退時期を意識しはじめているのだな
読了日:07月04日 著者:新書館、CIC
FANTASY ON ICE TOUR 2019 in KOBE プログラムFANTASY ON ICE TOUR 2019 in KOBE プログラム感想
★★★★★ 3都市目の神戸公演プログラム。羽生選手のページはクリメモ。大注目は6ぺージにわたる「ジェフ×羽生」対談。昨年はステファンとの対談があったが、こちらも読みごたえ抜群。「秋によせて」が出来上がっていくときのプロセスや、長年タッグを組んできた二人の関係性や、バレエやダンスについての二人の考え方など、興味深い話が読める。スケオタの間ではやたらバレエをありがたがる勢力があるけど、二人はバレエやダンスとフィギュアスケートは違うという考え方で、私も大賛成(笑)
読了日:07月04日 著者:CIC、㈱テンプリント、㈱フェイス、長谷川仁美
FANTASY ON ICE TOUR 2019 in TOYAMA プログラムFANTASY ON ICE TOUR 2019 in TOYAMA プログラム感想
★★★★★ 楽公演の富山会場のプログラム。羽生選手の紹介ページはマスカレイド(もちろん仙台公演のとは違う写真)。こちらも神戸公演に続く「ジェフ×羽生」対談の後編部分が見逃せない。FaOIの良さなどについて二人で語っている。あと、神戸公演と富山公演のプログラムにはFaOI10周年記念の特設ページが10ページもあって、この10年間のの出演者などが各公演ごとに写真つきでまとめられているのがありがたい。神戸公演と富山公演ではこの10周年特集も掲載写真を変えているので重なってもOKと思う
読了日:07月04日 著者:CIC、㈱テンプリント、㈱フェイス、長谷川仁美
YUZU'LL BE BACK -羽生結弦写真集2018~2019- (Dancin'on The Edge2)YUZU'LL BE BACK -羽生結弦写真集2018~2019- (Dancin'on The Edge2)感想
★★★★★ ★を10付けたいほどの出色の出来。さすが「神」の羽生結弦写真集である。2018-2019シーズンをGPSシリーズから世界選手権、さらには国民栄誉賞授与式にモニュメントデザイン発表会、凱旋パレードにFaOI幕張公演まで網羅している。羽生選手の美しさが一杯詰まった宝箱のような1冊。羽生ファンなら絶対買い!
読了日:07月04日 著者:スポーツニッポン新聞社
羽生結弦 2019年 カレンダー 卓上 A5 CL-522羽生結弦 2019年 カレンダー 卓上 A5 CL-522感想
★★★★★ 登録漏れ。ハゴロモの卓上カレンダー。お気に入りは表紙と2月の笑顔の練習着と5月の笑顔の白いジャパンジャージとボーナスページの凱旋パレード(メッセージ入り)
読了日:07月04日 著者:
羽生結弦 2018-2019 フィギュアスケートシーズンカレンダー 卓上版羽生結弦 2018-2019 フィギュアスケートシーズンカレンダー 卓上版感想
★★★★★ 登録漏れ。集英社の卓上シーズンカレンダー。写真は能登さん。カラーとモノクロの写真が裏表であるのでお得感あり。もっとも、カレンダーとして飾るときはカラーの方になってしまうけど。カラーのお気に入りは表紙、黒の練習着、クリケットの赤黒ジャージ、長野のホプレガ、FaOIのフィナーレの衣装
読了日:07月04日 著者:
羽生結弦 2018-2019 フィギュアスケートシーズンカレンダー 壁掛け版羽生結弦 2018-2019 フィギュアスケートシーズンカレンダー 壁掛け版感想
★★★★☆ 登録漏れ。お気に入りは、表紙、10月の青黒ジャージ、4月の青黒ジャージ、6月のFaOIオープニング、8月の白Tシャツ。ただ「なぜこの写真?」なのもちょっとあったような気がします(汗)
読了日:07月04日 著者:
【Amazon.co.jp 限定】フィギュアスケート男子ファンブック Quadruple Axel 2019 激闘のシーズン総集編 (特典PDF:本誌未掲載コメント&フォト集)  (別冊山と溪谷)【Amazon.co.jp 限定】フィギュアスケート男子ファンブック Quadruple Axel 2019 激闘のシーズン総集編 (特典PDF:本誌未掲載コメント&フォト集) (別冊山と溪谷)感想
★★★★☆ 普段買わない雑誌だけど羽生選手の単独インタがあり、オフショット写真があり、PDF特典があり、この雑誌比では羽生成分が多めだったので購入。まあ買ってよかったと思う。杉田秀男氏や真壁さんのインタも面白かったし。単独インタは実質2頁半。オフショットも多め。図書館で借りたときは羽生成分以外はあまり読まないけど、今回は購入したのでほぼ全部ザッと目を通した。たまアリワールドの結弦くんとネイサンの死闘は若手男子にはかなり衝撃だったようだ。あと現役引退後もフィギュア界に残りたい男子がけっこういたのは意外だった
読了日:07月12日 著者:
世界フィギュアスケート選手権2019 公式プログラム世界フィギュアスケート選手権2019 公式プログラム感想
★★★☆☆ 世界選手権2019の公式プログラム。日本の大会なので選手紹介が日本人優先なのは仕方ないけど、一応公式プログラムなので参加選手全員の顔写真くらい載せたらよかったのでは? プログラムで完全にスルーしてるジョウやツルシンが表彰台に乗るというカッコつかないことになってる。フィギュアの技の名前の由来や歴代ワールドメダリストのリストはよかった。日本スケ連の組織委員会や実行委員会の役員リストが巻末にあるが、ズラ~~~っと某テレビ局の面々が(笑) 某テレビ局の社長はスケ連副会長だったのか。なるほどね~(笑)
読了日:07月12日 著者:
羽生結弦  SEASON PHOTOBOOK  2018-2019 (Ice Jewels特別編集)羽生結弦 SEASON PHOTOBOOK 2018-2019 (Ice Jewels特別編集)感想
★★★★★ 著者である田中さんの講座に13日に参加し、そこで発売日より早くゲット。昨年のファンタジーオンアイス、公開練習、オータム、フィンランド大会、ロステレ、ワールド、モニュメントデザイン発表会など、他では未出の素敵な写真がいっぱい。カッコいい羽生結弦、可愛い羽生結弦、おどけた羽生結弦。羽生選手と親しい田中さんならではのいろんな表情とシーンが満載。昨年より16ページ増えてるけどお値段据え置きも嬉しい。最後には羽生選手本人からのファンへのメッセージとサインも。ファンなら買って損はないと思います!
読了日:07月14日 著者:田中宣明(著/撮影)
銀盤の王子たち(5) (双葉社スーパームック)銀盤の王子たち(5) (双葉社スーパームック)感想
★★★★☆ 中古品。いわくつきの双葉社だが、中古なら売上貢献にならないのと、定価の半額以下だったので購入。羽生表紙本刊行ラッシュ時代のドサクサで生まれた「銀盤の王子たち」シリーズ。最初の2冊ほど買ったがイマイチだったのでその後買わなくなっていた。これは第5弾だが、このシリーズの中ではマシな作りです。都築先生や佐野さんのインタもあり(一応取材してるのか!)。2015年のスケカナとNHK杯が中心。巻末の「ゆづのドキドキ練習ショット」は可愛い黒い子がたくさん。折込ポスターあり。84P中、他選手は25Pほど
読了日:07月19日 著者:『銀盤の王子たち』編集部
月刊スカパー!  19年8月号月刊スカパー! 19年8月号感想
テレ朝2はFaOI神戸公演ともう一度見たいあの演技。夏のホラー関係でムービープラスとホームドラマチャンネル。AXN海外ドラマとスパドラはFOXは引き続き見ているアメドラが楽しみ
読了日:07月26日 著者:
8人の戦士 (1) (ビーボーイコミックスデラックス)8人の戦士 (1) (ビーボーイコミックスデラックス)感想
★★★★☆ 奇想天外な発想のトンデモ設定本。8人の戦士が「先に射精した方が負け」という至極平和的な?戦いに挑む。最後に残った戦士の部族が8部族の中の王になれる。戦いがテーマだがコメディエロ路線。でも陳腐にならないのは、池さんの絵の上手さと、同時並行で純愛物語があるから。「1」とナンバリングしてるが、一応キリのよい終わり方をしてる。「王蛇合戦編」とのことだが、「2」はどんな内容になるのか予想がつかない。バカバカしいけどそれなりに楽しめた。白抜きはまあ仕方がないんだろうな
読了日:07月27日 著者:池 玲文
SPUR (シュプール) 2019年 9月号SPUR (シュプール) 2019年 9月号感想
★★★★☆ フモさんの雪肌精トークショーレポ目当て。ガチな羽生オタ目線はまさに私達と同じで、自分がフモさんと同じ場所にいるような気持ちになった。結弦くんとそこまで至近距離で会ってなんとか正気を保てたフモさんを誉めてあげたい(笑) フモさん人形とセツコさんと結弦くんの貴重なスリーショット写真もあり、2ページだけど内容は濃く買ってよかった。織田さんの「今月のスタオベ!」も面白かった。アイスショー(特にファンタジーオンアイス)についての興味深いお話がいろいろ。フモさんだけだと思ってたので、意外な収穫
読了日:07月28日 著者:
騎士の涙 (SHYノベルス)騎士の涙 (SHYノベルス)感想
小説★★★★★ 挿絵★★★★☆ 図書館本。パラレルワールド・ランスロット編2作目。一時は妖精王の剣も抜けないほど、元々ランスロット派の私でもドン引きするほどとち狂っていたランスロットだったが、本来の彼に戻ってくれてよかった。話の流れ的には最後はアーサーは復活しそうだけど、現実問題としたら、私も復活するかどうかわからないアーサーの石像を守るために、今生きてる人間が犠牲になるのはおかしいと思う(ここは突然リアリストになった樹里に賛成)。気になるのは新キャラ・トリスタン。今後の彼がどう展開に絡むのか楽しみ
読了日:07月31日 著者:夜光 花
フィギュアスケートLife Vol.18 (扶桑社ムック)フィギュアスケートLife Vol.18 (扶桑社ムック)感想
★☆☆☆☆ 図書館本。世界選手権と国別対抗戦特集。羽生成分は薄い。ページ数だけでなく内容も薄い。単独ページは4ページでインタもすでに他誌で既出の共同インタのみ。実況の西岡アナのコラムがあるがただの感想って感じだし・・・他の選手のページも全体的に薄味。これでは同じ平等路線のクワドラプルアクセルに負けそう(笑) 裏表紙はネイサン
読了日:07月31日 著者:
フィギュアスケート通信DX 羽生結弦 2018-2019特別編集号 (メディアックスMOOK)フィギュアスケート通信DX 羽生結弦 2018-2019特別編集号 (メディアックスMOOK)感想
★★★★★ 2018-2019シーズンの総集編。オータム→フィンランド大会→ロステレ→ワールド→モニュメントデザイン発表会→FaOI2019幕張・・・という構成。各試合については、公式練習、SP、FS、EXまで時系列に網羅。2018-2019シーズンのおさらいによいと思う。写真の画質等だけならもっと良いものが他にもあるかもしれないが、理不尽な圧力に忖度する出版社が多い中、おそらくある程度の犠牲を払って、安価な価格で100%羽生本を出し続けてくれる通信さんの心意気が素晴らしい。これからも応援してます!
読了日:07月31日 著者:
婦人公論 2019年 5/28 号 [雑誌]婦人公論 2019年 5/28 号 [雑誌]感想
★★★☆☆ 図書館本。羽生選手の記事目当てで。4ぺージだけどカラー写真は綺麗。テキストは永井順子さんなので安心して読める。メダリスト会見での羽生選手の笑みの意味など、長く羽生選手を取材して理解してる記者だということがよくわかる
読了日:07月31日 著者:

読書メーター



参加してます。よろしければ、ポチっと応援お願いします♪

フィギュアスケートランキング

テーマ : フィギュアスケート - ジャンル : スポーツ

2019/08/05 10:15 | 読書メーターCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

2019年6月の読書メーター

6月の読書メーターをUPします。

6月の読書メーター
読んだ本の数:9
読んだページ数:522
ナイス数:27

Number PLUS 「FIGURE SKATING TRACE OF STARS 2018-2019 フィギュアスケート 銀盤の不死鳥。」 (Sports Graphic Number PLUS(スポーツ・グラフィック ナンバープラス)【カバー表紙・カバー裏ポスター:羽生結弦選手】)Number PLUS 「FIGURE SKATING TRACE OF STARS 2018-2019 フィギュアスケート 銀盤の不死鳥。」 (Sports Graphic Number PLUS(スポーツ・グラフィック ナンバープラス)【カバー表紙・カバー裏ポスター:羽生結弦選手】)感想
★★★☆☆ 図書館本。世界選手権。羽生選手の部分だけ読了。このシリーズの特徴として、羽生選手の表紙に全精力を注ぎこんで読者を表紙買いさせるのだが、中身はたいしたことないのがデフォ。今回もそんな感じ。ジャンプやスピンの顔が歪んだ写真が入っているのがいただけない。収穫は都築先生のインタのみ。その他の羽生選手関連の記事は他の雑誌で既出の内容。ところで世界選手権メインなのになんで男子シングル3位の選手は無視なのかな?(笑)
読了日:06月05日 著者:
月刊スカパー! 6月号月刊スカパー! 6月号感想
FOXは「POSE」「AHS黙示録」、AXN海外ドラマは「CSI一挙放送」、スパドラは「エレメンタリー」「クリマイ」、テレ朝チャンネル2は「もう一度見たいあの演技9」と「FaOI幕張公演初日」
読了日:06月06日 著者:
ワールド・フィギュアスケート 85ワールド・フィギュアスケート 85感想
★★★☆☆ 図書館本。あまり時間がないので写真をザッとみて、2~3記事を拾い読みしたのみ。羽生選手の単独のページは10ぺージ程度。プラス折込ピンナップ(裏面は紀平さん)。裏表紙はネイサン。写真はWFSはやはり綺麗でクオリティが高い。無粋なジャンプ写真なんて載せない。そこはさすがである。ただ羽生選手の記事は既出のものばかりだったのでパス。「歴代メダリストが見たさいたま2019の戦い」とメドベのインタ(タチアナ・フレイド)などに目を通す。メドベがSPを変更した理由や野菜中心の食事に変えたことなどが書かれていた
読了日:06月10日 著者:
文藝春秋2019年5月号文藝春秋2019年5月号感想
★★★☆☆ 図書館本。ハビの「羽生結弦から僕は学んだ」のみ読了。ライターは田村氏。「ユヅがこの先いつまで試合に出場するのか、僕にはわかりません。でも、彼はおそらく、身体が動く限り現役を続けていくのだろうと思います。フィギュアスケートは、彼にとって生きていくことそのもの、人生そのものだと思いますから」という言葉が重い。長年ライバルでリンクメイトだったハビにしか言えない言葉。ファンもこのハビの予想が当たっているだろうことを最近は薄々感じている。ステイヘルシーを願いながら
読了日:06月19日 著者:
スケートは人生だ!スケートは人生だ!感想
★★★★☆ 図書館本。SPURで連載中もたまに図書館で借りて読んでいたシリーズの3年間の総集編。まだフィギュアが日本でさほど人気がなかった頃から見続けてきた作者のフィギュア愛が溢れている。SPUR編集側の方針によりほぼ男子本。一番多いのが羽生選手で、その次に宇野選手、高橋選手といったところ。羽生選手については都築先生などにも取材している。エッセイなので作者の主観的な部分も多いが、取材もきっちりされてるようなので、参考になるところも多々ある。ボストンワールドの記述はSPURで既読だけど何度読んでも心が痛む
読了日:06月22日 著者:宇都宮直子
ワールド・フィギュアスケート 84ワールド・フィギュアスケート 84感想
★★★☆☆ 図書館本。メイン特集が全日本とファイナルなので、当然羽生成分は薄目。羽生成分はロステレだけだが、マートンさんのインタあり。それ以外では、ザギトワ、ネイサン、ドミトリエフ(4A挑戦中)、トランコフのインタに羽生選手に言及してる部分あり。トランコフさんは羽生選手のことを「違う惑星から降臨したみたい」「日本の神様」「ユヅに感謝」と絶賛。トランコフさんはFaOI2019で羽生選手と共演。トランコフさんも嬉しかったのではなかろうか
読了日:06月29日 著者:
SPUR(シュプール) 2019年 04 月号 [雑誌]SPUR(シュプール) 2019年 04 月号 [雑誌]感想
★★★☆☆ 図書館本。フモさんのコラム目当て。dマガジンで既読だけどコピーしたかったので。他にもフィギュア記事はあったけど、たいしたことはなかった(笑) 
読了日:06月30日 著者:
月刊スカパー!  19年7月号月刊スカパー! 19年7月号感想
AXN海外ドラマは引き続きCSI科学捜査班、あらたにクリマイ国際捜査班シーズン2がスタート。FOXは9-1-1シーズン2の後半が始まる。スパドラは引き続きクリマイシーズン12。テレ朝2はFaOI幕張公演2日目と最終日とプルさんの「BOI ON ICE」。シネフィルwowowはアナコンダシリーズ1~4
読了日:06月30日 著者:
TVガイド特別編集 KISS & CRY 氷上の美しき勇者たち 2018-2019シーズン総括&2019-2020シーズン展望号~Road to GOLD!!! (表紙/巻頭特集:羽生結弦選手) (KISS & CRYシリーズVol.28)TVガイド特別編集 KISS & CRY 氷上の美しき勇者たち 2018-2019シーズン総括&2019-2020シーズン展望号~Road to GOLD!!! (表紙/巻頭特集:羽生結弦選手) (KISS & CRYシリーズVol.28)感想
★★★★★ 全80ページほど。13ページ以外は全部羽生成分。折込ピンナップは4面。3面はマスカレイドで1面は幕張OP衣装。ひとつ疑問。マスカレイドもオープニングもフィナーレもあるのに、なぜクリメモの写真がないのだろう? 公式フォトブックに配慮したのかな? あとは2018-2019シーズン振り返りとモニュメントデザイン発表会など。FaOIの衣装は誰がデザインしてるのか気になってたので、デザイナーのインタがあったのがよかった。他にインタは山本選手とジュンファン。写真は綺麗だし羽生成分多めなので概ね満足です
読了日:06月30日 著者:

読書メーター



参加してます。よろしければ、ポチっと応援お願いします♪

フィギュアスケートランキング

テーマ : フィギュアスケート - ジャンル : スポーツ

2019/07/03 14:41 | 読書メーターCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

キスクラ最新号詳細 & 2019年5月の読書メーター

キスクラ最新号、アマゾンでも予約始まってますね。

 ← アマゾンサイトへ

TVガイド特別編集 KISS & CRY 氷上の美しき勇者たち 2018-2019シーズン総括&2019-2020シーズン展望号~Road to GOLD!!! (表紙/巻頭特集:羽生結弦選手) (KISS & CRYシリーズVol.28)

価格:1296円
出版社:東京ニュース通信社
発売日: 2019年6月20日



●表紙/羽生結弦選手
●巻頭総力特集/羽生結弦選手
・羽生結弦選手「ファンタジー・オン・アイス2019幕張公演」スペシャルフォトグラビア
・こころのふるさと・宮城県仙台市からメッセージ
・2018-2019シーズン・全プレーバック美麗グラビアetc.
●プリンスアイスワールド2019、スターズ・オン・アイス2019フォトリポート
・宇野昌磨選手、田中刑事選手、友野一希選手etc.
・山本草太選手SPインタビュー
・チャ・ジュンファン選手SPインタビュー
●TVオンエアスケジュール~地上波・BS・CS各局関連番組
●きらめく、羽生結弦選手W表紙&Wワイドポスターグラビア!
…and more!!!



キスクラのサイトにお写真たくさんきてます♪





5月の読書メーターをUPしておきます。

婦人画報よかった。城田さんの「金メダルへの挑戦」もとても興味深い内容でした。

冬の時代、注目度が低くお金を生み出さない時代の方が、真にその競技を愛する人達が集まってくる。今ほどの人気競技になってしまうと、利権に集り、甘い汁を吸おうとする人達ばかりの組織になってしまう。一度落ちるところまで落ちた方が、日本のフィギュア界も少しは自浄作用が働くようになるのかもしれない・・・そんなことを思いました。

5月の読書メーター
読んだ本の数:9
読んだページ数:427
ナイス数:38

抱かれたい男1位に脅されています。(6) (ビーボーイコミックスデラックス)抱かれたい男1位に脅されています。(6) (ビーボーイコミックスデラックス)感想
★★★★★ スペイン編。スペインにいくと団体観光客向けの劇場でのフラメンコショーがあるが、一度だけタブラオのショーもみた。綺麗なのは劇場だけど、土着の荒々しさや匂いが感じられるのはだんぜんタブラオ。ただフラメンコ初心者の高人がそんな付け焼刃でそこまで到達できるの?という突っ込みどころはあるけど、准太の祖父母や幼馴染みなど、濃い新キャラもいっぱいでてきて楽しかったです。「全部好き」ってどれも同じって意味に近い気がしないかい?・・・セレスの言葉、オンリーを批判する全員応援型のスケオタに捧げたい(笑) P付
読了日:05月03日 著者:桜日 梯子
花恋つらね(4) (ディアプラス・コミックス)花恋つらね(4) (ディアプラス・コミックス)感想
★★★☆☆ 歌舞伎のタチ役×女形。同級生で幼馴染み。今更なんだけどイサクさんのキャラのワンパターン化が気になった。出版社、おもちゃ業界、大学生、歌舞伎。舞台は違っても攻受のキャラが同じなんだよなあ。予定調和の安心感がある反面マンネリは否めない。2巻程度で終わるシリーズだとさほど感じないが長くなるととたんに気になってくる。あとよくも悪くもキャラが薄いのもあるかな。もう少しキャラの引き出しを・・・と思わなくもない。可愛いけど巻が進むにつれて萌えなくなってきてるので、次巻を読むかどうかわからないな。P付
読了日:05月03日 著者:夏目 イサク
愚か者ワンゲルナイト (H&C Comics CRAFTシリーズ)愚か者ワンゲルナイト (H&C Comics CRAFTシリーズ)感想
★★★☆☆ 山男の警察官×純情ビッチなフリーター。最初の出会いから即エッチの流れが安直な感じがしてしまった。綺來はゲイだけど、藤もたまたまゲイだったということなのだろうか(あの流れからするとそうなんだろうけど)。積極的な綺來に藤がほだされた感じかな(助けたときから多少の好意はあったのだろうけど)。絵は抜群にうまいのだけど、ストーリーはあまり好みではなかったようで萌えはなかった。藤は特定の相手は初めてなのね。田舎なので周囲の目があり大変だろうけど穏やかで幸せな生活を送ってほしい。P付
読了日:05月03日 著者:町屋 はとこ
婦人画報 2019年 06月号増刊 羽生結弦特別版婦人画報 2019年 06月号増刊 羽生結弦特別版感想
★★★★★ 「羽生結弦特別版」だけあってフィギュア特集11ページはすべて羽生成分です。プラス、ポストカード4枚(すべて練習着!)とポスカの倍サイズのカード2枚も綴じ込まれてます。中谷ひろみさんのテキスト文(世界選手権レポート)が愛があってよかった。また写真がすべて美しい。素晴らしい。「羽生結弦を進化させる5つのキーワード」もよかった。羽生ファン必携です!
読了日:05月03日 著者:
婦人画報 2019年 06 月号婦人画報 2019年 06 月号感想
★★★★★ 「羽生結弦特別版」との違いのみメモしときます。特別版は11ページすべて羽生成分だったが、通常版は2ページ他選手です。羽生成分9ページのうち3ページは特別版と同じです。残りの羽生成分(6ページ)はすべて記事もグラビアも違います。特別版と同じくポスカ4枚と大判カード2枚は綴じ込まれてますが、すべて写真が違います。戸村さんの写真は公式フォトグラファーでないと撮れないアングルの写真も多く貴重ですね。婦人画報の本気度が怖いくらいです(笑)
読了日:05月03日 著者:
日本フィギュアスケート 金メダルへの挑戦日本フィギュアスケート 金メダルへの挑戦感想
★★★★★ 積読消化。羽生選手のことを書いているだろうと思ったのと、城田さんは羽生選手を支えてくれてる人なので、そのお礼の意味もかねて購入。城田さんは羽生選手と少し似ている。スケートを愛する気持ちと勝利(金メダル)への妥協のない執念があるという意味で。城田さんの強化部長時代の話は興味深かった。冬の時代を支えた中心スタッフは今はもうスケ連にいないが、人気コンテンツになった今と違い、純粋にフィギュアを愛する人達がいた。彼女の強化部長時代の経験が今、羽生選手に対して生かされているとしたらありがたいことだと思う
読了日:05月11日 著者:城田 憲子
フィギュアスケートLife Vol.16 (扶桑社ムック)フィギュアスケートLife Vol.16 (扶桑社ムック)感想
★★★☆☆ 図書館本。羽生成分:表紙、表紙裏、ヘルシンキ大会8+1/3ページ、EX5ページ。写真は浅倉さん。テキストは山本夢子さん。羽生成分は15ページくらいあるが、記事内容はヘルシンキのみ。これで表紙を羽生選手にする意味あるのかな。写真は綺麗。オトナルや春来いのお写真は特に。本田さんの記事読了(コーチの肖像)。自身が天才肌だと「なんでこれができないのか?」とイライラすることもあると。長光氏定年で今年から「本田チーム」になったそうだが、練習メニューがないこと等考えるとやはりあまり理論派ではなさそう(笑)
読了日:05月14日 著者:
週刊文春 2019年 3/28 号 [雑誌]週刊文春 2019年 3/28 号 [雑誌]感想
★★★★☆ 積読消化。世界選手権遠征中に購入。羽生選手の記事とグラビア目当て。グラビアは9ページで初見のものもあり綺麗。記事はタイトルだけみると不穏な感じだったが内容はマトモ。証言もちゃんと実名がだされていて「某スケート関係者」という証言はなくはないが少ない。「歴代よかった個々の要素の映像を組み合わせて編集した完璧なプログラム映像」を何度も見てイメトレしてるという証言に震撼する。そりゃ二連覇しますわ。週刊文春創刊60周年企画の60年間の「決定的瞬間」を撮ったグラビア集もモノクロだがなかなかよかった
読了日:05月15日 著者:
ワールド・フィギュアスケート 72ワールド・フィギュアスケート 72感想
★★★★☆ 積読消化。WFSは滅多に買わないが、2015年のNHK杯・GPFと世界最高得点更新記念に購入したもの。WFSにしては羽生成分多め。両面ピンナップあり。今読むとなにげに懐かしい感じ。NHK杯でジャッジしてた加藤さんの話が興味深かった。ジャッジにとっても羽生選手の演技は衝撃だったのね。羽生選手の話が長すぎて他の二人の話が省略されたあのNHK杯のプレカンの書き起こし。今読みかえすと確かに長い(笑) 真壁氏のトークショー、「私は安藤さんの娘さんの父親ではありません」宣言に笑った(笑)
読了日:05月15日 著者:

読書メーター



参加してます。よろしければ、ポチっと応援お願いします♪

フィギュアスケートランキング

テーマ : フィギュアスケート - ジャンル : スポーツ

2019/06/07 08:30 | 読書メーターCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

 | BLOG TOP |  NEXT»»