愛しのニコール (凪良ゆう)

2か月ぶりにBL小説の感想です。忘れそうになりますが、うちはBLブログでもあるんです(笑)
現在、うちにきてくださってる来訪者様は、たぶん腐女子さんより、ゆづファンが多いと思います。
なので、BL感想に需要はあまりないと思いますが、たまには書かないと書き方忘れるので(笑)
考えれば、BLの感想は、2月12日に書いた「ファーストエッグ」以来だったりする・・・。

実際、最近、BL小説の読書量はかなり減っています。もちろん買う量も減ってる。
ではなぜか?っていうと、自分の問題、BL業界の問題、両方あると思います。

自分の問題としては、ご存知のとおり「羽生結弦」に、心のかなりの部分をもっていかれてるから。

次に、業界の問題。BL漫画はまだしも、BL小説業界は、以前より、確実に活気をなくしてます。
BL小説専門書店の中央書店が、かなり軸足をTLに移しているのを見てもわかります。
以前は中央にあったBL小説コーナーが片隅に追いやられているコミック書店もよくみかけます。
BL小説がマンネリ化して、読者に飽きられてきてるのと、本が売れない時代と重なったのが痛い。

作家買いしていたベテラン作家さんの中に、作家としてのピークを過ぎた・・と感じる作家さんも多くなりました。引き出しが枯渇したのか、BLは恋愛小説なので、恋愛を描く瑞々しい感性が年齢とともに衰えたのか。となると、作家買いもできなくなり、新人さんに目を向ける気にもなれず・・・で買う量は減る一方。

そんな中・・・私的に、ピークアウトしてないと感じる作家さんが、凪良ゆうさんと一穂ミチさん。
BLでは、攻の魅力が最重要なのですが、このお二人の描く攻はわりとふつうの人です。
スーパーヤクザでもないし、自家用ジェットをもってるような大富豪でも超エリートでもない。
等身大の人達の、「あるある」な感性が魅力かなと思います。駄作が少ないので安心ですし(笑)

前置きが長くなってしまいました。そんなお気に入りの作家である凪良さんの新作の感想です。
最近、BL小説読むのに時間がかかっていましたが、これは面白くて、一気読みでした。



小説 ★★★★★  挿絵 ★★★☆☆

【あらすじ】
ド田舎の中学生・久美浜二胡はゲイゆえに病気扱いされ、十四歳にして自殺を決意した。けれどその夜、遠い街からきていた少年・榮の屈託のない態度と言葉に救われ、いじめ回避のためオネエキャラ「ニコール」を演じはじめる。数年後、榮は転校生として再び田舎町に現れた。イロモノに成りはてたニコにも榮は優しかったが、淡い初恋を詰め込んだニコの告白は本気にされず、逆に恋愛相談をされる始末で…。長い片恋のクロニクル。


よろしければポチっとお願いします♪

人気ブログランキングへ


続きを読む »

テーマ : ボーイズラブ - ジャンル : 本・雑誌

2016/04/17 11:35 | 凪良ゆうCOMMENT(2)TRACKBACK(0)  TOP

ここで待ってる (凪良ゆう)



重い秘密を抱えながらも、全体的には心温まるファミリーBLに仕上がっていました。
私は、こんな祭りをしたくらい凪良さんのファンですが、この作品はあまり好みではありませんでした。
ハッピーエンドなのに、なぜか残るモヤモヤ感。それがなんなのか・・・自分なりに考えてみました。
感想はネタバレしています。未読の方はご注意ください。

小説 ★★★☆☆  挿絵 ★★★☆☆

【あらすじ】
小悪魔ビッチ好きという嗜好のせいで、なかなか恋人に恵まれない成田。ある夜、ゲイバーで一目ボレした美人の飴屋といい雰囲気になるけれど、すんでのところで逃げられてしまう。ところが数日後、成田が師範代を務める空手道場に、飴屋が子連れで現れた!? 小学一年生の論が空手を習いたいと言うのだ。好みど真ん中だけど妻子持ち──以来、飴屋と子供を挟んでの微妙な付き合いが始まって……!?


よろしければポチっとお願いします♪

人気ブログランキングへ


続きを読む »

テーマ : ボーイズラブ - ジャンル : 本・雑誌

2015/08/27 10:10 | 凪良ゆうCOMMENT(2)TRACKBACK(0)  TOP

おやすみなさい、また明日 (凪良ゆう)

おやすみなさい、また明日 (キャラ文庫)おやすみなさい、また明日 (キャラ文庫)
(2014/01/25)
凪良 ゆう

商品詳細を見る


「求愛前夜 ~恋愛前夜2~」とリンクしています。ヤコ先生がコラボした作家・つぐみがこの作品の主人公。「求愛前夜」とはテイストの違う”泣かせる”作品でした。感想はネタバレしてますので、未読の方はご注意を。

小説 ★★★★☆  挿絵 ★★★★☆

【あらすじ】
「俺はもう誰とも恋愛はしない」。仄かに恋情を抱いた男から、衝撃の告白をされた小説家のつぐみ。十年来の恋人に振られ傷ついたつぐみを下宿に置いてくれた朔太郎は、つぐみの作品を大好きだという一番の理解者。なのにどうして…?戸惑うつぐみだが、そこには朔太郎が抱える大きな闇があって!?今日の大切な想い出も、明日覚えているとは限らない…記憶障害の青年と臆病な作家の純愛!!


続きを読む »

テーマ : ボーイズラブ - ジャンル : 本・雑誌

2014/06/26 08:00 | 凪良ゆうCOMMENT(2)TRACKBACK(0)  TOP

求愛前夜 ~ 恋愛前夜2~ (凪良ゆう)

求愛前夜: 恋愛前夜2 (キャラ文庫)求愛前夜: 恋愛前夜2 (キャラ文庫)
(2014/04/26)
凪良 ゆう

商品詳細を見る


恋愛前夜」で、トキオに失恋したヤコ先生の救済編スピンオフです。もしかしたら・・・と思ってはいましたが、やはりこうきたか!でした。表紙から、大方の人が想像するであろう展開とは真逆をいっておりました(笑)

小説 ★★★★★  挿絵 ★★★★☆

【あらすじ】
女子より女子な中高生の恋のカリスマ。けれど賞とは無縁の大人気少女漫画家・小嶺ヤコ―。そんな貞行の前に現れたのは新担当の貢藤。眼光鋭いヤクザ顔で、貞行の密かな憧れのサブカル誌出身。ラブリーな少女漫画を理解できるはずもない!?けれど貢藤は、貞行の作品を熟知するばかりか、意外にもウブな恋愛初心者だった!!恋より仕事優先の貞行も、貢藤のギャップに好奇心を煽られて!?


続きを読む »

テーマ : ボーイズラブ - ジャンル : 本・雑誌

2014/05/06 12:00 | 凪良ゆうCOMMENT(2)TRACKBACK(0)  TOP

雨降りvega (凪良ゆう)

雨降りvega (幻冬舎ルチル文庫)雨降りvega (幻冬舎ルチル文庫)
(2013/12/17)
凪良 ゆう

商品詳細を見る


明らかに両想いなのに、手を取り合えない切なさ・もどかしさをたっぷり味わえる1冊です。

小説 ★★★★☆  挿絵 ★★★★☆

【あらすじ】
高校生の文人が唯一心を開くのはネットで知り合った年上の男性「アルタイル」。趣味の天体観測を通じて穏やかにメールを交わすつきあいだ。卒業式の後、友人の言葉に酷く傷ついた文人は駆けつけたアルタイルと初めて会いその人柄に更に惹かれるが、本名すらわからないまま交流は途絶える。数ヶ月後、姉が連れて来た婚約者はアルタイルその人で?


続きを読む »

テーマ : ボーイズラブ - ジャンル : 本・雑誌

2014/01/14 08:10 | 凪良ゆうCOMMENT(3)TRACKBACK(0)  TOP

 | BLOG TOP |  NEXT»»