うち巫女 ~「うち巫女」シリーズ番外編同人誌~ (神奈木智)

「うちの巫女が言うことには」シリーズの番外編同人誌「うち巫女」です。
今年の夏コミ新刊になります。それより1ヶ月遅れでコミコミスタジオで通販が始まりました。

うち巫女   A5サイズ、24ページ。

短編とSSの構成で、短編の方が、脇役の、ヒラ刑事の矢吹と、キャリアの島の出会い編。
SSの方は、葵や双子や冬真が出演してます。一応、オールキャストが登場ですね。

★★★★☆

本編の感想はこちら ↓
うちの巫女が言うことには
うちの巫女、知りませんか?
うちの巫女にはきっと勝てない


うち巫女 : 矢吹(29)、島(24)
一課に配属されたキャリアの島と、万年ヒラ刑事の矢吹が、初めて出会った頃のお話です。
さえないオッサンにしか見えない矢吹と組むことに、最初は抵抗があった島でしたが、共に捜査に携わるうちに、矢吹の中に、自分が理想とする刑事像を見つけます。
数ヶ月後には、自分は異動になる。けれども、いずれ必ず一課に戻り、今度は自分が上司として、矢吹と一緒に仕事がしたい。だから、それまで待っていてほしい・・・。
当時の、島の矢吹への思い入れがどれだけ強かったか、よくわかるエピソードです。なのに、その後、矢吹が『つまんない結婚』なんてしちゃったもんだから、島は裏切られた気持ちになったんでしょうね~(笑)

ところで、この二人、本編では、まだ上司と部下の域を超えていません。
なので、どちらがどちらなのか、ポジションも不明でございます。私の希望は、矢吹受なのですが・・・。
やっぱりね、執着の強い方が攻めてほしいの! んでもって、ちょっとくたびれたオッサンが受けるのがいいの!
神奈木さんのブログによれば、「読者さんのご意見が二つに分かれていて、私もびっくりです~。」とのこと。
あら、けっこうマニアな同志がいるのね。ちょっと安心(笑) でも、神奈木さんの場合、変則的(?)なカップリングは少ないので、「矢吹×島」の可能性の方が高いだろうな~とは、内心は思っておりますが。

メインカップルはもう出来上がっちゃってますからね~。今後の波乱要素としては、冬真の転勤くらい?
私的には、シリーズの興味の大半は、こちらの脇カップルの方に移ってますね(笑)

オレの嫁が言うことには : 葵、陽、木陰、冬真
「巫女」オタクの漫画家が、禰宜の葵をモデルに漫画を描きました。
タイトルは、「眼鏡のネギは、俺のツンデレ花嫁です」・・・あまり売れそうにないタイトルだな(笑)
それを巡っての、ドタバタSSです。葵と冬真のからみは残念ながらありません。

とりあえず、矢吹と島の出会い編が読めて良かったです。本編でのこの二人の進展を期待してます♪

テーマ : ボーイズラブ - ジャンル : 本・雑誌

2011/10/08 07:40 | その他のカ行の作家COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

うちの巫女にはきっと勝てない (神奈木智)

うちの巫女にはきっと勝てない (幻冬舎ルチル文庫)うちの巫女にはきっと勝てない (幻冬舎ルチル文庫)
(2011/06/15)
神奈木 智

商品詳細を見る


PCの調子が悪いようです。2009年12月に一度ダウンして入院させたマシンなんですが、また具合が悪くなってきました。電源入れても画面が真っ暗なまま。1年半前とよく似た症状です。ということで、明日再入院の予定。
この記事はサブのPCで書いてます。でも、使い慣れたPCが使えないのは何とも不便ですね。

さて、「うち巫女」シリーズ3作目です。今やメインカップル以上に気になるあの二人に注目!の巻でした。

小説 ★★★★☆  挿絵 ★★★★☆

【あらすじ】
事件をきっかけに、付き合い始めた警視庁捜査一課の刑事・麻績冬真とツンデレ禰宜・咲坂葵。季節は春。異動の可能性を思って冬真はいささか憂鬱。葵もまた弁護士を目指していた過去に思いを馳せる。一方、相変わらず矢吹は〓(はい)島に突っかかるが、二人の過去には何かあったらしい。そんな中、殺人事件発生。被害者は〓(はい)島の父の事務所の弁護士で…。


続きを読む »

テーマ : ボーイズラブ - ジャンル : 本・雑誌

2011/07/06 08:15 | その他のカ行の作家COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

冗談やめて、笑えない (栗城偲)

冗談やめて、笑えない (プラチナ文庫)冗談やめて、笑えない (プラチナ文庫)
(2011/06/10)
栗城 偲

商品詳細を見る


全体的にあっさり風味でしたが、ブサ受の話は好物なので、楽しく読めました。

小説 ★★★★☆  挿絵 ★★★☆☆

【あらすじ】
地味顔で存在感ゼロの友を可愛いと言ってくれるのは、幼なじみの一夏だけ。そんな一夏の口利きで、苦学生の友は彼の経営するホストクラブでバイトをしている。指名ゼロで成績は最下位だけど、綺麗で優しい一夏に恋をしている友は傍にいられるだけで幸せだった。けれど友が客のAV会社の社長・和田に気に入られ、指名されるようになってから、一夏の様子がおかしくなり―。


続きを読む »

テーマ : ボーイズラブ - ジャンル : 本・雑誌

2011/06/24 07:35 | その他のカ行の作家COMMENT(2)TRACKBACK(0)  TOP

追憶の庭 (栗城偲)

追憶の庭 (ガッシュ文庫)追憶の庭 (ガッシュ文庫)
(2011/04/28)
栗城 偲

商品詳細を見る


設定は好みなんですが、イマイチ萌えきれなかったです。お祖父ちゃんの方が気になってしまった(笑)

小説 ★★★☆☆  挿絵 ★★★★☆

【あらすじ】
「少し怖い人」だと思っていた彼は、思いのほか可愛らしい人だった―大学生の大和は、亡き祖父の家で捜し物をしている。それは日本画家だった祖父の唯一の人物画。けれど、祖父の同居人だったその家の現在の住人・閑野の不摂生を見かね、家事もすることに。涼やかな美貌の閑野と夏を過ごすうち知らず惹かれていった大和だが、閑野が祖父の愛人だったらしいことに気づいてしまう。祖父に心をとらわれたままの閑野の姿を見るにつけ、大和は苛立ちを覚え―。


続きを読む »

テーマ : ボーイズラブ - ジャンル : 本・雑誌

2011/05/10 07:50 | その他のカ行の作家COMMENT(8)TRACKBACK(0)  TOP

恋愛モジュール (栗城偲)

恋愛モジュール (ディアプラス文庫)恋愛モジュール (ディアプラス文庫)
(2011/03/09)
栗城 偲

商品詳細を見る


栗城さんの初ディアプラス文庫です。
栗城さんの同人オタク受が可愛かったので、今回のオタク君もとても楽しみでした。

小説 ★★★☆☆  挿絵 ★★★☆☆

【あらすじ】
人付き合いが苦手なプログラミング・オタクの島垣は、ソフトウェア会社に勤めている。一日中パソコンに向かっていられたら幸せなのに、新規プロジェクトのリーダーになってしまった。新しく職場にやってきたSEの藤森は、王子様のような年下のイケメン。明るく人懐こいその男と上手くやっていく自信が島垣にはなかった。だが、一人デスマーチの末に島垣が倒れたことから、二人は急接近し…?IT業界ラブ。


続きを読む »

テーマ : ボーイズラブ - ジャンル : 本・雑誌

2011/03/14 08:00 | その他のカ行の作家COMMENT(2)TRACKBACK(0)  TOP

 | BLOG TOP |  NEXT»»