金の眼鏡&銀の眼鏡★椹野道流デビュー15周年記念眼鏡フェア

昨年到着してましたが、フェアの対象作品の「きみのハートに刻印を」「楢崎先生ちと京橋君ち」を読み終えたので、二見書房&プランタン出版合同企画椹野道流デビュー15周年記念眼鏡フェアの小冊子の感想をあげます。

金の眼鏡 銀の眼鏡   左が『金の眼鏡』、右が『銀の眼鏡』


◆ 金の眼鏡 ◆
『金の眼鏡』は二見書房シャレード文庫からの全サ小冊子です。K医科大学の大学祭のお話です。
まんじと芹沢が、特別参加で『せりざわまんぷくカレー』というカレーショップを出店することになりました。
まんじの店が気になりながらも、大学祭の特別講習会に追われる楢崎は覗きにいく暇がなく苛々していました。
ようやく、篤臣と一緒に店に足を運ぶことができたものの、まんじに見つけられたくない楢崎は直前逃走。
その後、呼び込みをしていた学生の大野木の展示会に茨木&京橋の二人と一緒に見学することになります。
実は、大野木と九条の初めての出会いはこの大学祭でした。銀の眼鏡の2話目の話とリンクしています。

◆ 銀の眼鏡 ◆
『銀の眼鏡』はプランタン出版プラチナ文庫からの全サ小冊子です。『金の眼鏡』の大学祭の話の続きです。
『せりざわまんぷくカレー』にカレーを食べにきた梅枝と草太。しかし、その長蛇の行列にびっくりします。
そこには、偶然同僚の茨木と、その恋人・京橋の二人も食べにきていて・・・。
楢崎先生と「メス花」の篤臣もチラリと登場してます。『金の眼鏡』で楢崎が逃亡する場面と繋がってます。

もう一話は、それから数年先の大野木と九条のお話。二人が知り合う数年前の大学祭。展示会の呼び込みをしていた大野木に花束をくれた男が芹沢だったことを、大野木は思い出します。実はそれが二人の初めての出会いだったんです。ここで『金の眼鏡』の話と繋がります。こうやって『金』と『銀』が微妙にリンクしてるんですね。

レーベルの壁を越えてキャラ総出演。レーターの草間さん、黒沢さん、鳴海さんの1P漫画やイラストの寄稿もあり、小冊子自体はそれぞれ40ページ弱と薄いのですが、内容はなかなか充実してました。
『金の眼鏡』と『銀の眼鏡』どちらから先に読んでも問題ないです。片方だけでも読めるようにはなってます。


小冊子に登場するのは、K医科大学付属病院とカリノ製薬を中心に広がるホモ・ワールドの住人たちです(笑)
では、ここで作品を整理しておきます。冊数は現時点で発行されている数です。まだ増える可能性あり。

◆ K医科大学付属病院とカリノ製薬を舞台にした作品群 ◆

「右手にメス、左手に花束」シリーズ(メス花シリーズ) 9冊
江南耕介 : 攻、K医科大付属病院外科医
永福篤臣 : 受、法医学者、K医科大学法医学教室

「楢崎先生とまんじ君」シリーズ(マンチーシリーズ) 2冊+コラボ1冊
間坂万次郎 : 攻、大衆食堂『まんぷく亭』店員
楢崎千里 : 受、K医科大付属病院内科医

「茨木さんと京橋君」シリーズ(イバキョーシリーズ) 2冊
茨木畔 : 攻、カリノ製薬サプリメント部門研究員
京橋珪一郎 : 受、K医科大付属病院耳鼻咽喉科医

「お医者さんとガーベラ」シリーズ(医者と花屋シリーズ) 3冊
九条夕焼 : 攻、「フラワーショップ九条」店長
大野木甫 : 受、K医大付属病院整形外科医

「きみのハートに効くサプリ」シリーズ(サプリシリーズ) 2冊
芹沢匠 : 攻、カレー専門店「カレーのせりざわ」経営者
加島透 : 受、カリノ製薬サプリメント部門研究員

梅枝敏之 : 攻、カリノ製薬サプリメント部門研究員
福島草太 : 受、カリノ製薬『打錠室』技術者

残念ながら、職務多忙のため(笑)、今回の小冊子には、江南と加島は登場しません。名前だけの出演です。
しかし・・・こうやって整理すると、K医科大学付属病院のお医者さん、”受”ばっかりですね・・・(笑)

「メス花」「マンチー」「イバキョー」「サプリ」「医者と花屋」と、プランタン・シャレード両レーベルのキャラがこれだけ出揃うのは企画ものならではかと思います。実はまだ「メス花」だけ未読(現在収集中)なのですが、そちらも読むのがますます楽しみになりました。とても楽しい企画でした。満足です♪

テーマ : ボーイズラブ - ジャンル : 本・雑誌

2013/03/25 10:30 | 椹野道流COMMENT(2)TRACKBACK(0)  TOP

楢崎先生んちと京橋君ち (椹野道流)

楢崎先生んちと京橋君ち (二見書房 シャレード文庫)楢崎先生んちと京橋君ち (二見書房 シャレード文庫)
(2012/07/24)
椹野 道流

商品詳細を見る


マンチー(楢崎先生とまんじ君)シリーズとイバキョー(茨木さんと京橋君)シリーズのコラボ本です。
犬猿の仲(?)の楢崎先生と茨木さんがタッグを組みます。楢崎先生大活躍の巻でした(笑)

小説 ★★★★☆  挿絵 ★★★☆☆

【あらすじ】
『茨木さんと京橋君』『楢崎先生とまんじ君』シリーズが合体!
K医科大学付属病院を舞台にしたカップル2組の日常+薬学サスペンス!?
同棲相手の万次郎をいまだ居候と言い張る楢崎のもとに、カリノ製薬の研究員にして、弟分である京橋のパートナー・茨木から思わぬ話が持ち込まれた。K医大病院で行われたカリノ製薬の治験情報が他社に流出していたというのだ。病院の売店員に戻り情報を集めるという茨木に仕方なく協力を承諾した楢崎だったが、多忙な隙を縫うように情報交換を重ねる二人の姿が京橋にあらぬ誤解を抱かせてしまい――!?


続きを読む »

テーマ : ボーイズラブ - ジャンル : 本・雑誌

2013/03/24 08:05 | 椹野道流COMMENT(2)TRACKBACK(0)  TOP

きみのハートに刻印を (椹野道流)

きみのハートに刻印を (プラチナ文庫)きみのハートに刻印を (プラチナ文庫)
(2012/08/14)
椹野 道流

商品詳細を見る


キミのハートに効くサプリ」のスピンオフ作品。加島の同僚・梅枝の恋のお相手は・・・?

小説 ★★★★☆  挿絵 ★★★☆☆

【あらすじ】
カリノ製薬の打錠室に勤める草太は、「俺の子猫ちゃん」と呼んで何かとちょっかいを出してくる研究員の梅枝が嫌いだ。けれど、大きなプロジェクトに共に携わり、仕事への真摯な姿勢が格好いいと思い始めた。そんな時に告白されてキスをされ、その切なげな表情に彼の本気を知る。大切にされていることにも気づいて、面映ゆいが嬉しかった。なのに、梅枝の裏切りが発覚して……!?


続きを読む »

テーマ : ボーイズラブ - ジャンル : 本・雑誌

2013/03/17 08:20 | 椹野道流COMMENT(1)TRACKBACK(0)  TOP

まぜごはん ~二見書房 椹野道流2ヶ月刊行記念小冊子~

昨日、二見書房から、全サ小冊子「まぜごはん」が届きました。


小冊子 まぜごはん     文庫サイズ、66ページ


★★★★☆

椹野さんは、シャレード文庫で、K医大付属病院を舞台にしたシリーズを3つもっておられます。

「右手にメス、左手に花束」シリーズ 8冊 : 江波耕介×永福篤臣
「茨木さんと京橋君」シリーズ 2冊 : 茨木畔×京橋珪一郎
「楢崎先生とまんじ君」シリーズ 2冊 : 間坂万次郎×楢崎千里


この3カップル・6人の内、4人がK医大病院の勤務医。1人は病院の売店の元店長代理で、1人は病院の売店に弁当を納品している食堂の調理人。つまり、K医大病院で恋の花が咲いたカップルばかりということですね。
日向唯稀さんの「白衣」シリーズの東都医大病院も、樹生かなめさんの「龍&Dr.」シリーズの明和病院も、ホモ発生率が高いですが、このK医大病院もなかなかのものです(笑) 

「二見書房 椹野道流2ヶ月刊行記念小冊子」である今回の小冊子、この3カップル共演になっております。
本編では、3カップルの共演はまだないようで、全サならではのお遊び企画ですね。

簡単に内容紹介です。よろしければ続きをどうぞ♪


続きを読む »

テーマ : ボーイズラブ - ジャンル : 本・雑誌

2011/06/09 07:45 | 椹野道流COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

花屋の錬金術 (「医者と花屋」シリーズ番外編その1/椹野道流)

2010年秋のJ庭の新刊です。プラチナ文庫からでている「お医者さんにガーベラ」「お花屋さんに救急箱」の番外編同人誌。挿絵を担当されていた黒沢要さんもゲストで表紙と漫画を描かれていました。豪華です♪ 得した気分でした(笑)


花屋の錬金術   A5版。42ページ。表紙は九条と甫、裏表紙は遥と知彦。


★★★★★

花屋の錬金術 : 「医者と花屋」シリーズ番外編。24ページ。2段組。
九条と恋人同士になった甫は、週の大半を九条の部屋に泊まる半同棲生活。ある日、九条に誘われて、お弁当を持って散歩にでかけます。行き先は、K医大のすぐ近くの河川敷。甫は、目的なく散歩したり、河川敷でお弁当を広げたりという経験はありません。その気持ち良さを初めて知って甫は感激します。その感動を、九条と分かち合えることにも幸せを感じるのです。

夕食は外食で・・・となったので、甫の希望でファミレスに。実は、甫は、ファミレスに行ったことがなかったのです。真剣にメニューを見る甫を可愛いなあ・・・とウットリ見惚れる九条。甫の初体験はまだありました。甫は、お子様ランチやパフェを食べたことがなかったのです。大人ぶりたがる子供だったのですね(笑) そんな甫への九条の愛しさは毎日増すばかり。そして、その想いを隠さず、太陽のように惜しみなく甫に浴びせています。甫が幸せなわけですね♪

真面目一方だったために、普通のことを意外と経験してない甫。これからも、色んな「初めて」を九条と経験していくのだろうなと思うと、そりゃ、九条にとってはたまらなく可愛いよね。そして、九条が作ったおにぎりや、四ツ葉のクローバーの指輪でも大事に扱う甫は、無愛想だけど本当に優しい人なんだなと、ホンワカした気持ちになりました。

ゲストの黒沢要さんの2次創作漫画 : 13ページ。
黒沢さんの漫画が13ページ! 小説だけだと思ってたので、これは嬉しいサプライズでした。九条の誕生日が昨日だったと知らされた甫は、困惑します。用意してなかったプレゼントの代わりに・・・ということで、九条の良いところを挙げていく甫。
甫は、いっぱい九条の美点を挙げたけど、九条の「生まれてきてくださってありがとうございます」に勝る愛の言葉はないなあ・・・やっぱり愛を語らせたら、九条に勝る者はいないですね!(笑)

表紙には九条と甫、裏表紙には遥と知彦が描かれています。アナログの柔らかいタッチが素敵でした。
優しいこのシリーズにぴったりです。小説も漫画も表紙も、ほっこりしてとても和みました♪

テーマ : ボーイズラブ - ジャンル : 本・雑誌

2011/01/18 07:45 | 椹野道流COMMENT(2)TRACKBACK(0)  TOP

 | BLOG TOP |  NEXT»»