海外ドラマ『ホワイトカラー』 シーズン5 & ファイナルシーズン

マット・ボマー主演の人気海外ドラマ「ホワイトカラー」シーズン5とファイナルシーズンを見終わりました。カッコいいニールとこれでもう会えないかと思うととても寂しく思います。


white collar final-3


シーズン5は全13話。シーズン6であるファイナルは全6話。
ファイナルが6話で大丈夫か?と心配しましたが、伏線もだいたい回収され、かなりベタではあるけど、天才詐欺師・ニール・キャフリーのドラマらしい、誰もが納得できる幕引きだったと思います。

シーズン5で、無実の罪を被ったピーターを助けるために、ダッチマンの助けを借りたニールは、見返りにダッチマンから盗みを強要され、仕方なく実行したニールはその証拠を握られ、その後もダッチマンの手足として動くよう脅迫されます。
その過程で、ニールはレベッカという女性と知り合い、付き合うようになります。ニールの・・・ケイトから数えて、4人目の恋人でしょうか?

「ホワイトカラー」にはホモセクシュアルの匂いがする・・・とよくいわれます。マット・ボマー演じるニールも親友のモジーもストレート設定だし、ピーターは超愛妻家です。それにも関わらず、そう感じる人がいるのは、彼らの絆が、「友情」と呼ぶには、あまりにも濃厚だからでしょう。

ニールが本気で愛した女たち・・・ケイト、アレックス、サラ、レベッカ・・・ですら、彼の中を吹き抜けていった一筋の風にすぎません。ドラマ全体からみれば、一時期、彼の人生に潤いを与えただけの存在でしかない。ピーターやモジーとは存在の重みが違うのです。

冷静沈着な捜査官であるピーターが、ニールのことになると、普段の余裕を失い、無鉄砲な行動にでてしまう。あの愛妻家が、ときには妻よりもニールを優先することすらある。
そして、そのピーター以上に、ニールに執着してるのが、ニールの親友・モジーです。


white colar final-2


自分こそ「ニールの一番の親友」だと自認し、ニールのためならどんな危険をも犯し、ニールのために莫大な儲け話をフイにしたことも1度や2度ではありません。ニールに恋人ができたとき、モジーは反対するわけでも、彼女たちに対抗意識をもつわけでもありません。ただ傍観してるだけ。たまに、あまり深入りしないように忠告はしていますが。

モジーは、ニールと女性たちとの関係は、長続きしない一過性のものとみています。どんなに浮気しても、夫が最終的には自分の元に帰ってくるとわかっている、本妻の余裕にすらみえました(笑) 
そんなモジーでも、ピーターにだけは対抗意識をもっていました。モジーが、ニールを巡るライバル認定しているのはピーターだけでしたね(笑)

ドラマの中で、最後の恋人になったレベッカ。彼女は本当にしたたかな女性でした。ニールの過去の恋愛相手を調べ、ケイトの純粋さとサラの知性とアレックスの色香・・・すべてををあわせもった、ニールにとって理想の女性を演じて、ニールを落としたのだから。でも、そんなレベッカも、ニールを本気で愛してはいた。レベッカは悪い女だったけれど、最後の最後にニールへの愛情を証明しました。

ニールに新恋人ができ、ピーターは栄転話が決まり、ダイアナは母親になり・・・といろいろ大きな転機があったシーズン5。
ファイナルシーズンでは、ロシアの刑務所に服役しているはずの宿敵・ケリーが再登場しました。そして、ケリーとの最終決着がつき・・・ニールは自由を手にします。自分の命と引き換えに。

そして1年後。ピーターに息子が生まれ、その名前は、予想通り「ニール」でした。ピーターのニールへの愛情が本物だったという証拠でしょう。息子のように愛情をかけていたニールの名前を、自分の一人息子に命名した。最後に「あんたは、本当の親友だ」と言い残して逝かれたら、私でも同じことをすると思います(笑) ニールを失った喪失感からなかなか立ち直れないピーター。しかし・・・さすがピーター。最後にニールの一世一代の詐欺を見破りました。

さて・・・モジーです。モジーが真実を知ってるのかどうかは曖昧にされてますが、ニールは、モジーにだけは、あとから真実を知らせたような気がします。まだほとぼりの冷めていないので、モジーはピーターの前で芝居をしてるだけのような・・・。だって、モジーほど気の合う相棒は、なかなか見つかりませんから(笑)  いつか、ピーターと再会するときもあるのではないかな。

さて・・・こんなランキングがありました。 → 第8回「海外ドラマNAVI 勝手にアワード」

■イケメンキャラクター賞   1.ニール・キャフリー(マット・ボマー)『ホワイトカラー』


white collar final


「ホワイトカラー」は、ほかの部門にはランクインしなくとも、イケメンキャラクター賞は安定の1位でした(笑) マット・ボマーといえば、イケメンの代名詞ですものね。
ニール・キャフリー役があまりにもド・ハマリ役だっただけに、あまりにもイケメンすぎるがゆえに(イケメンすぎるとかえって役の幅が狭まります)、今後の役作りが難しいかもしれませんが、これからも頑張ってほしいなと思います。あの美貌を生かさないのはもったいなさすぎますもの(笑)  で、マットの次のドラマ主演作として、こんな話が決まったそうです。

『ホワイトカラー』マット・ボマー主演、フィッツジェラルドの未完小説がドラマ化!(2015.11.26 海外ドラマナビ)

舞台は1930年代のハリウッド。主人公のモンロー・スターが、ハリウッドの大物プロデューサーにのし上がるまでの経緯を描く。スターは実在した大物プロデューサー、アーヴィング・タルバーグがモデルだ。ドラマでは、当時はびこった暴力やセックス、強烈な野心をリアルに掘り下げるという。同作は、1976年にロバート・デ・ニーロ主演で映画化されている。

俳優そこのけのイケメンプロデューサーになりそう(笑) 日本に輸入されるかどうかわかりませんが、楽しみです。

最後に、ホワイトカラーのファイナルシーズンの映像をもとにしたイメージビデオを紹介します。
興味のある方はどうぞ。動画主様、ありがとうございます。

White Collar Finale - Peter & Neal - There you'll be



よろしければポチっとお願いします♪

人気ブログランキングへ

テーマ : 海外ドラマ - ジャンル : 映画

2016/05/22 12:15 | 映画・ドラマ・芸能COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

「海外TVドラマ イイ男グランプリ2014」 結果についての雑感

女子の見方で、女子に味方する映画生活提案サイト「トーキョー女子映画部」にて、「海外TVドラマ イイ男GP(グランプリ)2014」が開催され、その結果が昨年11月に発表されてました。かなり亀な話題ですが(汗)、海外ドラマ好きにはなかなか興味深い結果だったので、とりあげときます。

エントリーされていたのは、シャーロック・ホームズ (ベネディクト・カンバーバッチ 『SHERLOCK/シャーロック』)、ニール・キャフリー (マット・ボマー 『ホワイトカラー』)、パトリック・ジェーン (サイモン・ベイカー 『メンタリスト』)など、海外ドラマ界の"イイ男"を代表する16名のキャラクター。また、 “イイ男”の概念はルックスだけありません。審査項目はルックス、インテリジェンス(知能・知性・知識)、ジェントルネス(優しさ)、マンリネス(男らしさ)、ミステリアスネス(神秘性)の5つ。日本国内在住の女性限定で投票を募り、その結果、ナイスガイ16名のキャラの中から、「イイ男中のイイ男」に認定されたのは・・・?

■ 総合ランキング ■
1位 : 『ホワイトカラー』ニール・キャフリー by マット・ボマー
2位 : 『SHERLOCK/シャーロック』シャーロック・ホームズ by ベネディクト・カンバーバッチ
3位 : 『クリミナル・マインド/FBI vs. 異常犯罪』ドクター・スペンサー・リード by マシュー・グレイ・ギュブラー
4位 : 『ウォーキング・デッド』ダリル・ディクソン by ノーマン・リーダス
5位 : 『キリング/17人の沈黙』スティーブン・ホールダー by ジョエル・キナマン
6位 : 『THE MENTALIST/メンタリスト』パトリック・ジェーン by サイモン・ベイカー
7位 : 『HANNIBAL/ハンニバル』ハンニバル・レクター by マッツ・ミケルセン
8位 : 『リベンジ』ノーラン・ロス by ガブリエル・マン


16名なので、上位半分の8名だけあげときます。詳細は以下のサイトからごらんください。
やはりマット・ボマー強し! トーキョー女子映画部、海外TVドラマ界のイイ男ランキング発表(海外ドラマNAVI) 
「海外TVドラマ  イイ男GP(グランプリ)2014」 女子1350名の投票による結果発表(トーキョー女子映画部)

上位8位に入ったキャラの作品のうち、5作品は観ています。このグランプリは、俳優さん個人、その俳優が演じるキャラクター、両方の魅力での人気投票だろうと思いますが、まあまあ納得の順位でした。個人的には、「メンタリスト」のサイモン・ベイカーがもう少し上位でもいいかな・・・とは思いましたが。
では、ドラマを観てる5人のキャラクターについての雑感など、簡単に。

1位 : マット・ボマー 『ホワイトカラー』
カンバーバッチと接戦だったようですが、バランス良くどのジャンルも上位をキープ、ルックス部門で圧倒的に得票数が多かったマットが1位に輝きました。ルックス部門で他の追随を許さないのはわかります(笑)

「ホワイトカラー」がシーズン6で終了となります。視聴率より、(NYロケが多いため)製作費がかかりすぎる・・・というのが原因のようですね。ニールと会えなくなると思うと、とても残念です(涙) 『アメリカン・ホラー・ストーリー』シーズン4『Freak Show』 に、マットの出演が決まってるらしいので、それを楽しみにしときます。

2位 : ベネディクト・カンバーバッチ 『SHERLOCK/シャーロック』
初めカンバーバッチがホームズ役だと知ったとき、「え・・・この人が?」と不満だったんです。個性派俳優ではあるけど、造形的には決してハンサムではないですよね。でも、今は、『SHERLOCK/シャーロック』のホームズ役はこの人以外には考えられないくらいハマリ役だと思ってます。

3位 : マシュー・グレイ・ギュブラー 『クリミナル・マインド/FBI vs. 異常犯罪』
IQ187、数学・化学・工学の博士号を持つ、若き天才プロファイラー・リードを演じているギュブラー。シーズン1から何気に存在感はありました。でも、最初はウラナリっぽくて、あまりカッコよいとは思わなかった。今はシーズン3を観てるところだけど、だんだんイイ男になってきてますね、確かに(笑)

4位 : ノーマン・リーダス 『ウォーキング・デッド』
シーズン1から現在のシーズン5まで通して生き残ってる男優は、主役のアンドリュー・リンカーンと、グレン・リーと、この人だけ。その中で、エントリーされたのはリーダスでした。私も、3人の中ではリーダスが一番好きかな。

6位 : サイモン・ベイカー 『THE MENTALIST/メンタリスト』
個人的には2位かな。私も1位はマットだけど(笑) パトリック・ジェーンは天才だけど、心に深い傷を抱えて、強がってるところが可愛いんです。オッサンなのに可愛いって、反則だわ(笑) マットみたいなスキのない美男子じゃなくて、愛嬌のある親しみやすいハンサムなので、実際はこういうタイプの方がモテそう(笑)


海外ドラマ いい男1位海外ドラマ いい男2位
海外ドラマ いい男3位海外ドラマ いい男4位


よろしければポチっとお願いします♪

人気ブログランキングへ

テーマ : 海外ドラマ - ジャンル : 映画

2015/02/09 08:00 | 映画・ドラマ・芸能COMMENT(1)TRACKBACK(0)  TOP

第66回エミー賞(米テレビ界のアカデミー賞)の受賞者が決まりました

アメリカはエンターテイメントの国なので、日本人の私たちも耳にするような有名な賞がいくつもあります。
でも、それぞれの賞は、どんな賞なの?というと、区別のつく日本人は少ないと思うので、整理すると・・・

アカデミー賞 : アメリカの映画業界での功績をたたえる賞
グラミー賞 : アメリカ国内での音楽業界での功績をたたえる賞
トニー賞 : ニューヨーク・ブロードウェイで公演された演劇・ミュージカルに贈られる賞
エミー賞 : アメリカのテレビ業界における功績をたたえる意味で贈られる賞
ピューリッツァー賞 : アメリカに関わる文学・戯曲・ジャーナリズムでの貢献者に贈られる賞


アカデミー賞は、知名度と古い歴史と権威から、アメリカ国内の賞であるにも関わらず、世界三大映画祭(カンヌ・ベネツィア・ベルリン国際映画祭)よりも影響力があるともいわれています。
同様に、エミー賞も、全世界の放送業界において最も権威と歴史のある賞いわれ、その受賞は放送に従事する者たちにとって最高の栄誉とされ、今回で66回を迎えます。
受賞対象部門はいくつにも分かれていますが、その中で、私が注目していたのは、「ミニシリーズ/テレビムービー部門」でした。私が見てるドラマや興味のあるドラマが、この部門に集中していたからです。今日、CSのAXNドラマで生放送してましたが、日本にいながらエミー賞授賞式がライブで見れるなんて便利な時代です(笑)

2014年第66回エミー賞のノミネートと受賞作品の一覧はこちら 

お気に入りの「アメリカン・ホラー・ストーリー:魔女団」ですが、「ミニシリーズ作品賞」「監督賞」「主演女優賞」「助演女優賞」「脚本賞」にノミネートされていました。特に、「主演女優賞」は6人中2人、「助演女優賞」は6人中3人が「魔女団」女優だったので、誰かが受賞するのでは?と思ってたら、めでたくW受賞になりました。

主演女優賞 : ジェシカ・ラング  「アメリカン・ホラー・ストーリー:魔女団」フィオナ役
助演女優賞 : キャシー・ベイツ  「アメリカン・ホラー・ストーリー:魔女団」マダム・ラローリー役


以前にも書きましたけど、本当にこの「魔女団」の女優陣はものすごく芸達者ぞろいなんですよね。「どれだけ迫真の演技ができるか」を女優たちが競い合ってるのでは?と思うくらい。なので、このW受賞は納得です。

主演男優賞はベネディクト・カンバーバッチ、助演男優賞はマーティン・フリーマンで、こちらも「SHERLOCK シャーロック」俳優のW受賞になりました。本当に、このお二人はノッてますよねえ。ちなみに、「SHERLOCK シャーロック」は脚本賞も受賞し、3部門の受賞となりました。

助演男優賞の6人のノミネートの中にマット・ボマーが入っていたので、できれば彼に受賞してほしかったけど、私も、受賞はマーティン・フリーマンなんだろうなと予想してました(笑)  ただ、その前に発表された第4回批評家協会テレビ賞のTV映画・ミニシリーズ部門で、マットは最優秀助演男優賞に輝いてたので、ちょっぴり期待してましたが・・・とはいえ、顏ばかり注目されてきたマットが、俳優としての演技も評価されたのは、本人にとっても嬉しいでしょう。(第4回批評家協会テレビ賞のニュースはこちら

「テレビムービー作品賞」部門では、マットが出演してる「The Normal Heart」が、「SHERLOCK シャーロック」を抑えて、見事受賞。監督のライアン・マフィーがトロフィーを受け取ったましたが、その後のライアンのスピーチがとてもよかったです。出演者の一人としてマットもステージにあがってくれたので満足。たくさんの俳優陣が並ぶ中にいても、やはりマットはとってもとっても男前でした(笑)

1980年代のニューヨークのAIDS危機を描くTV映画「The Normal Heart」・・・「SHERLOCK シャーロック」も好きな作品ですが、作品のメッセージ性を考えると、心情的には「The Normal Heart」の方により多くの賞をあげたかったという気がします。でも、作品賞を受賞したことで、もっと多くの人が「The Normal Heart」を観れる機会ができるといいなと思います。とりあえず、映画館でもDVDでもCSでもなんでもいいので、早く日本でも観れるようにしてほしいですね。私、ずっと待ってるんですよ(笑)

  


よろしければポチっとお願いします♪

人気ブログランキングへ

テーマ : 海外ドラマ - ジャンル : 映画

2014/08/26 13:05 | 映画・ドラマ・芸能COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

世界一の美少年とされる男性ファッションモデル、性転換を発表

男性にも女性にも見える中性的な魅力で、世界一美しい男性ファッションモデルといわれるAndrej Pejicが、性転換手術を受けたそうです。ソースはこちら

外見だけでなく、内面も女性的なトランスジェンダーだったのでしょうけど、この世から美しい男が一人消えたということは、女の立場からすると残念ではあります。この世に美しい女はいくらでもいます。美しい男もいるにはいるけど、女よりは少ないですからね。貴重な存在だったのに~。


Andrej-Pejic 2

    Andrej-Pejic 3

Andrej-Pejic 1


あ~、こんなに綺麗な男なのに、女になっちゃったなんてもったいない!(笑) とはいえ、もう女性となったわけですから、これからは、生まれ変わった新しいAndrej Pejicの魅力を見せてほしいものですね。

テーマ : ハリウッド・セレブ・ニュース - ジャンル : アイドル・芸能

2014/07/30 18:05 | 映画・ドラマ・芸能COMMENT(5)TRACKBACK(0)  TOP

ゲイフレンドリーな海外ドラマ『 glee/グリー 』 シーズン5

スカパーのFOXチャンネルで、「glee season5」の最終話(20話)の放送がありました。
DVDはまだ未発売なので、アマゾンの画像はありません。発売されたら、そのときにUPします。

シーズン3で主要なオリジナルメンバーが高校を卒業し、シーズン4から新しいメンバーが加わりました。
オリジナルメンバーの何人かは最上級生として高校に残り、卒業生は新たな道を歩み出しました。
ただ、卒業メンバーの存在感が大きすぎたため、新メンバーを中心としたシーズン4はパワーダウン。
シーズン5は、舞台が高校からNYへと移っていきましたが、迷走の度合いはさらに大きくなりました。

ヒロインのレイチェルの恋人・フィンを演じていたコーリー・モンティスが急逝し、監督のライアン・マーフィーは、ストーリーの大幅な軌道修正を余儀なくされました。マーフィーはこう語っています。

僕にとってコーリーは『Glee』の始まりと終わりの両方でした。『Glee』のエンディングについて誰にも話したことはありませんが、僕は最初から頭の中に描いており、北極星のように頼りにした指標でした。第6シーズンの最後でリア・ミシェル演じるレイチェルはブロードウェイの大スターとなり、コーリーが演じていたフィンは教師になる予定でした。彼にはもう負け犬のような思いはなく、オハイオ州に残るという自分の選択に満足をし、幸せを感じている。そこへ、人生が満たされているようでいて、そうでないレイチェルが帰省し、フィンが指導するグリークラブに顔を出す。フィンは『こんなところで何をしているんだ?』と聞き、レイチェルは『帰ってきたの』と返事をしてフェードアウトして終わるはずだった。

マーフィーは、今ノリにノってるクリエーターですが、突然フィン役の俳優を失った影響は大きかった。このシーズン5、物語の方向性が見えず、ひとつひとつのエピソードにも以前の冴えがありませんでした。一番良かった頃を知ってるだけに、シーズン5のレベルダウンは残念だったとしかいいようがありません。売りの部分であるパフォーマンスも、これまでと比較すると、だいぶ精彩に欠けてたように思います。

シーズン5の第一話で、フィンというキャラも亡くなります。死亡原因は明らかにされていませんが、第3話はフィンの追悼エピソードになっていました。レイチェルは、フィンを失った悲しみを乗り越え、ブロードウェイの主役を勝ち取り、高い評価を得て、順調にスターへの階段を上っていきます。さらに、テレビドラマへの出演のチャンスをも掴み、NYからLAへ活躍の舞台を移そうとするところで、シーズン5は終わります。カートや、ブレイン、メルセデスなどの高校時代からNYまで一緒だった友人たちと離れることになるのです。

くっついたり離れたり・・・が激しいグリーの仲間たちですが、婚約したカートとブレインはたまに喧嘩しながらもラブラブだし、サンタナとブリトニーも紆余曲折を経て元サヤに収まったようです。このドラマでは、ヘテロカップルよりも、ゲイカップルの方がうまくいってるかもしれません(笑)

tumblr_static_tumblr_inline_mtsx2fpbml1qb3fmj.png  glee season5 santana


人気シリーズでも、面白くなくなれば、当然視聴率にも影響してしまいます。
詳細はこちら → 『Glee』が負のスパイラルに... シーズン5最終話は過去最低の視聴者数

シーズン5について、マーフィーは、米HBOのTV映画『The Normal Heart』の監督に集中するため、『Glee』から少しだけ離れていたことや、フィン役のコーリー・モンテースが急死したことにより、番組の構想を組み直すなど難題がのしかかり、「実のところ、少し心が折れた。とても大変だった。僕だけじゃなく、全員がね」と認めています。(ソースはこちら) 視聴者は敏感です。マーフィー自身のモチベーションの低下を、視聴者も感じ取っていたのでしょう。シーズン6は、視聴率低迷のため、予定の22話から短縮されるようですが、シーズン5でも無駄だと感じるエピソードが多かったので、短縮されることには問題はないと思います。素敵なドラマだっただけに、ぜひすっきりした形でファイナルを迎えてほしいものです。

最後に、「glee」のテーマソングといっていい「Don't Stop Believing」のパフォーマンス動画を貼っておきます。亡きコーリー・モンテースもでてます。50秒くらいからパフォーマンスが始まります。大好きな歌です。
    
   


GLEE_5_SEASON.png
      

テーマ : 海外ドラマ - ジャンル : 映画

2014/07/21 11:15 | 映画・ドラマ・芸能COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

 | BLOG TOP |  NEXT»»