バンフォード侯爵家の執事 (池玲文)

バンフォード侯爵家の執事 (スーパービーボーイコミックス)バンフォード侯爵家の執事 (スーパービーボーイコミックス)
(2012/11/09)
池 玲文

商品詳細を見る


NO.99:人間玩具」の続編です。エロも心情面もバッチリで、さすが池作品。クオリティ高いですね!

★★★★★

【あらすじ】
バトラーとしてバンフォード侯爵家にやってきたアレックス。そこには、10年前夢中だった一流執事であるグレアムがいた…。「今度こそ彼を手に入れたい、その為なら何だってする! 」そう思っても、どうすればいいのか分からず空回りするアレックス。彼の想いに気付いたグレアムは、「お前に奉仕してやる義理はないんだが」と言いつつも、震える後穴を舌で解し、「顔が見たい」とねだられれば正常位で与えてやった。いつしかアレックスは、体だけでなくグレアムの心も欲しくなり…。


続きを読む »

テーマ : ボーイズラブ - ジャンル : 本・雑誌

2012/11/14 09:20 | 池玲文COMMENT(6)TRACKBACK(0)  TOP

たつのおとしご (池玲文)

たつのおとしご (バーズコミックス リンクスコレクション)たつのおとしご (バーズコミックス リンクスコレクション)
(2012/04/24)
池 玲文

商品詳細を見る


池さん、幻冬舎からは初コミックスだそうです。シリアスとコメディのバランスが良く、とても面白かったです。

★★★★★

【あらすじ】
山麓の集落で機械の修理・販売をしているメカ屋は、山奥で頭に角が生えた不思議な少年を拾う。メカ屋は少年に“ツノ”と名付け、実の子のようにかわいがるが、成長するにつれてメカ屋に惹かれていくツノに迫られてしまうv そんな時、ツノの実の父親から使者が迎えに訪れ、ツノの正体が竜神だと判明し―――!?


続きを読む »

テーマ : ボーイズラブ - ジャンル : 本・雑誌

2012/05/05 08:00 | 池玲文COMMENT(2)TRACKBACK(0)  TOP

≠ノットイコール (2) (池玲文)

≠ノットイコール 2 (スーパービーボーイコミックス)≠ノットイコール 2 (スーパービーボーイコミックス)
(2012/01/10)
池 玲文

商品詳細を見る


≠ノットイコール (1)」の、待望の続編です。池さんらしい、潔い完結編でした。
なお、感想はしっかりネタバレしてます。未読の方はご注意ください。

★★★★★

【あらすじ】
「自分の息子だって知ってたら、寝たりしなかった」
22年前から現代に戻った凉の前に現れたのは、22年後の”愛する人”だった。時を経て現れた凉、つまり息子を果は頑なに拒絶する。しかし、つい先ほどまであんなにも愛し合っていた余韻を忘れられない凉は、強引に果に迫るのだった。愛するとは、幸せとは何かを問う異色作・完結巻。


続きを読む »

テーマ : ボーイズラブ - ジャンル : 本・雑誌

2012/01/15 09:00 | 池玲文COMMENT(4)TRACKBACK(0)  TOP

銀閣博士とモルモット (池玲文)

銀閣博士とモルモット (ジュネットコミックス 13)銀閣博士とモルモット (ジュネットコミックス 13)
(2009/05/30)
池 玲文

商品詳細を見る


池さんの近未来SFです。ピアスなのでマニアックなエロもたっぷり。とても面白かったです♪

★★★★☆

【あらすじ】
「博士…その手で直接触れて下さい」 潔癖症の博士と愛すべき助手の、究極の主従研究室ラブ! 2107年。世界的な天才科学者・銀閣に憧れ、 念願の助手を務めることになった茅ノ谷アキ。 銀閣とともに都市再生の研究を夢見ていたが、 なぜかHな責め具の実験体としてカラダを弄られる毎日で…!? 池玲文が壮大なスケールで描いた大人気連載がついにコミックス化☆


続きを読む »

テーマ : ボーイズラブ - ジャンル : 本・雑誌

2011/12/23 08:00 | 池玲文COMMENT(4)TRACKBACK(0)  TOP

奥津城村の愉快葬 (池玲文)

奥津城村の愉快葬 (ミリオンコミックス  Hertz Series 107)奥津城村の愉快葬 (ミリオンコミックス Hertz Series 107)
(2011/09/01)
池 玲文

商品詳細を見る


池さんというと、エロ濃厚のイメージがありますが・・・これは、可愛い路線の池玲文作品集でした。

★★★★☆

【あらすじ】
圭司の育った奥津城村には珍しい風習がある。数えで33歳になると行われる生前葬だ。ある日、圭司は従兄の白雅の生前葬に呼ばれ、5年ぶりに帰郷する。圭司にとって、白雅は片思いの相手だった。5年前、圭司は白雅と一線を越えそうになるが、この恋が一方的なものだと知り故郷を離れる。本当は帰ってきたくなんてなかった。想いをひきずったまま、圭司は白雅の生前葬に出席するが・・・
書き下ろし「奥津白村の不愉快な思い出」「狐さんのお巡りさん」も収録


続きを読む »

テーマ : ボーイズラブ - ジャンル : 本・雑誌

2011/09/11 08:50 | 池玲文COMMENT(2)TRACKBACK(0)  TOP

 | BLOG TOP |  NEXT»»