3/11震災特番にゆづ出演?& 商品情報(写真集「光」/田中宣明オンライン講座/伊藤聡美ポスカBOOK)

もろもろの情報まとめて。

3月11日の日テレの震災特番に、結弦くんのインタがあるのかな?



能登さんの写真集のサンプル届いたそうです!


予約好調ってことですね!


田中さんのオンライン講座。


迷ってたけど、チラ見すると申しこみたくなるな。


能登さんの講座受講しました。コロナ基金に協力できてよかった。


伊藤さんのポスカブックのサンプルも! 装丁がゴージャスですね。



 ← アマゾンサイトへ

 ← アマゾンサイトへ

 ← アマゾンサイトへ


参加してます。よろしければ、ポチっと応援お願いします♪

フィギュアスケートランキング

テーマ : フィギュアスケート - ジャンル : スポーツ

タグ : 2020-2021_season

2021/03/03 18:15 | 書籍・商品発売情報COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

ゆづのスケジュール手帳発売決定!~アイスジュエルズより

アイスジュエルズの舵社より、羽生結弦ウィークリーダイアリーが発売されます!

http://www.kazi.co.jp/icejewels/mdse/diary2021/diary.html

ALWAYS WITH YUZU 2021.4-2022.3 WEEKLY DIARY
2021年4月~2022年3月の年度版「ウイークリー・スケジュール手帳」


羽生結弦選手の写真をふんだんに用いたダイアリー(スケジュール手帳)を『Ice Jewels』が企画・製作しました。 近年の『Ice Jewels』や『羽生結弦SEASON PHOTOBOOK』に掲載した写真から厳選するとともに、 初出のものも加え、約100点の写真を使用(撮影=田中宣明)。


羽生結弦ダイアリー1

羽生結弦ダイアリー2

羽生結弦ダイアリー2


ダイアリー自体は2021年4月から2022年3月までの年度版。「月間カレンダー+週間スケジュール」という構成で、 各見開きページに羽生選手のさまざまなシーンを掲載しました。 ハードカバーの本体を、印刷(表裏印刷)した紙を差し込んだビニールカバーでくるむ構造にして、耐久性をアップ。 サイズは小さめのB6判で、携行しやすい大きさです。

Always with YUZU─いつも、どこに行くときも、YUZUがそばにいてくれるダイアリー。
3月中旬に完成します。

■判型:B6判(128×182mm) 
■ページ数:オールカラー192ページ
■体裁:ハードカバー、糸かがり製本  
■表裏印刷紙入りビニールカバー付き
■定価:2,750円(本体2,500円+税10%)



まだアマゾンでの取り扱いはないようです。実質的に携帯用写真集ですかね。
ゆづ活切れめがないですね! 年賀状と一緒で使えそうにありませんが…。


昨日は大阪城梅苑をお散歩してきました。






 ← アマゾンサイトへ

 ← アマゾンサイトへ ← アマゾンサイトへ

 ← アマゾンサイトへ

 ← アマゾンサイトへ

 ← アマゾンサイトへ


参加してます。よろしければ、ポチっと応援お願いします♪

フィギュアスケートランキング

テーマ : フィギュアスケート - ジャンル : スポーツ

タグ : 2020-2021_season

2021/02/25 15:20 | 書籍・商品発売情報COMMENT(2)TRACKBACK(0)  TOP

アイスジュエルズ表紙と内容解禁 & 西川「& Free」キャンペーン開始

3月3日発売のアイスジュエルズの表紙はお春さんです。雛祭りにぴったり♪

アイスジュエルズ13

http://www.kazi.co.jp/icejewels/index.html


 ← アマゾンサイトへ


価格:1,540円(本体 1,400円+税)
発売:2021/03/03
A4サイズ、96頁+ピンナップ
※ 特別付録 大判ポスター(A2サイズ) 羽生結弦選手 ピンナップ付き!


http://www.kazi.co.jp/icejewels/backnumber/vol13/vo13.html

アイスジュエルズ13-3
アイスジュエルズ13-2
アイスジュエルズ13-4
アイスジュエルズ13-5
アイスジュエルズ13-6


西川のキャンペーンも始まります! 羽生ファンにオフシーズンはございません!!




 ← アマゾンサイトへ

 ← アマゾンサイトへ

 ← アマゾンサイトへ

 ← アマゾンサイトへ

 ← アマゾンサイトへ


参加してます。よろしければ、ポチっと応援お願いします♪

フィギュアスケートランキング

テーマ : フィギュアスケート - ジャンル : スポーツ

タグ : 2020-2021_season

2021/02/12 17:00 | 書籍・商品発売情報COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

スポニチよりポスターセット発売、「志」正誤表のお知らせ、シチズン中国情報、ほか

商品関係の情報いろいろまとめて。

ようやく新書館から「志」の誤りについて告知ありました。
「3連覇」だけでなく、6ヵ所もあったことに再度驚愕。



マガジンさんとの比較。


マガジンは、全日本選手権特集号を1月8日に発売しており、フィギュア誌の中では最速発売です。ある意味突貫工事ともいえるもので、仕方がない部分はありました。それでも2か所です。

「志」は十分準備に時間がとれた類の書籍です。出版しているのは老舗フィギュア誌を刊行している新書館。それが6ヵ所も誤りがあるとは…。

ファンタジーオンアイスの前半公演のプログラム製作を担当しているのは新書館。
ファンタジーオンアイスの後半公演のプログラム製作を担当しているのはテンプリントとフェイス。

書籍は初出版であったとしても、真壁さんは一見さんとはいえない取引先。なのにこの雑な扱い(笑) ついでにいうと、プログラムは後半の会社の方が頁数も内容の充実度も常に上。正直、かねがね、後半の会社に1本化してほしいと思っていました。

老舗の看板に胡坐をかいて、新興雑誌に押されているのに、時代遅れのスタイルを維持したままで、売上は下降線。そのやる気のなさが、プログラムの前半と後半の出来の差や、今回の「志」の6ヵ所の誤りに繋がっているのでは?と、個人的には感じます。

BBMさんに比べると、新書館の告知にはあまり誠意を感じませんね。 
贔屓の町田さんの本だったら、絶対こんな間違いはしないような気がするのは私だけ?(笑) 


スポニチさんがポスターセットだします。A1の超大判です!


オムニ7 https://7net.omni7.jp/detail/1107172629

楽天 https://books.rakuten.co.jp/rb/16639361/









中国シチズンさん。「コードを長押しして羽生結弦のデジタルお年玉袋を受け取ろう」という企画で、限定1000枚。開始10分で終了したようです…。


 ← アマゾンサイトへ(キスクラ最新号)

 ← アマゾンサイトへ(マッシさん降臨・氷上の創造者)

 ← アマゾンサイトへ(アイスジュエルズ最新号)

 ← アマゾンサイトへ(真壁氏の著書。真壁×羽生対談あり)

 ← アマゾンサイトへ(B4の大判サイズ)


参加してます。よろしければ、ポチっと応援お願いします♪

フィギュアスケートランキング

テーマ : フィギュアスケート - ジャンル : スポーツ

タグ : 2020-2021_season

2021/02/09 10:05 | 書籍・商品発売情報COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

ゆづとの対談収録!~2/1発売・真壁喜久夫氏「志」内容詳細

ファンタジーオンアイスの主催者・真壁さんが本をだします。
結弦くん関連の図書として紹介しときます。

 ← アマゾンサイトへ


価格:1980円
出版社:新書館 (2021/2/1)
発売日:2021年2月1日
頁数:208ページ



アイクリからのメルマガに詳細書いてました。

アイスクリスタル メルマガvol.89

株式会社CIC代表取締役・真壁喜久夫氏が書籍「志~アイスショーに賭ける夢」を新書館より出版することになりましたので、ご紹介いたします。

トップスケーターが出演を熱望するアイスショー「ファンタジー・オン・アイス」を率いるプロデューサーは、なぜ氷上のエンターテインメントの世界に足を踏み入れたのか。その志とは――?
エピソード満載で、華やかなショーの魅力と舞台裏、そしてエンターテインメントビジネスの本質に迫ります。
羽生結弦選手、ステファン・ランビエルさん、ジョニー・ウィアーさんとの対談も掲載!

「ファンタジー・オン・アイス」「ドリーム・オン・アイス」「メダリスト・オン・アイス」などに度々足を運んでくださったアイスクリスタルメール会員の皆様にとっては、スケーターの秘話とともに、懐かしい公演の思い出が蘇ってくる内容となっています。

《書籍データ》
「志~アイスショーに賭ける夢」 真壁喜久夫 著
2021年2月1日発売/四六判208頁/本体1800円/新書館刊

◎アイスショー「ファンタジー・オン・アイス」のプロデューサーを務め、多くのスケートイベントを手がける筆者が、日本にアイスショー文化を根づかせ、発展させてきた道筋を語ります。エンターテインメントビジネスのためのヒントが満載です。
◎アイスショー制作の裏側、スケーターとの交流など、現場だからこそ出会うエピソードを紹介しています。まるでアイスショーの舞台裏を訪ねるような臨場感。
◎羽生結弦選手、ステファン・ランビエルさん、ジョニー・ウィアーさんが、親交の厚い筆者との対談に登場。絶大な人気を誇るトップスケーターであり、「ファンタジー・オン・アイス」の常連である3人のスケーターが、印象に残ったエピソード、フィギュアスケートとエンターテインメントの関係について、広く深く語り尽くします。
◎カラー口絵32頁で、「ファンタジー・オン・アイス」をはじめ、過去20年のアイスショーやエキシビションより、トップスケーターの印象的なシーンを捉えたカラー写真を多数掲載しています。

◆著者略歴
真壁喜久夫(まかべ・きくお)
プロデューサー、株式会社CIC代表取締役。1980年代からフィギュアスケートの大会運営に携わり、2001年からアイスショーを各地で開催。「ファンタジー・オン・アイス」を創設したほか、エキシビション「ドリーム・オン・アイス」「メダリスト・オン・アイス」など多数のスポーツ・文化イベントを手がける。



目玉は結弦くんとの対談。あとは口絵のカラー写真(結弦くんの写真だけではないだろうけど)。

正直、まかべっちの苦労話はあまり興味がない。ただ、一応結弦くんが世話になってる人なので、買ってもいいという気持ちはある(CICさんもショー中止で大変だろうし)。買う可能性は高いけど、まあ急いでポチらなくていいかな…とも思う。


小林選手って、SPのときに結弦くんの直前の滑走順だった選手ね。



昨日「スケ連のフォトブックなんて誰が買うの?」と書いたけど、小林くんはたぶん買うなと思った(笑) 「羽生くんと滑った」ことが一生の思い出ならば。でも気持ちはわかる。一生自慢できるよね。私が小林くんでも、自分と結弦くんの写真を抱き合わせたフォトブックたくさん注文して、親戚や友達に配るわ(笑) なるほど。あれはスケ連の身内売りつけ商法でもあったのか~(笑)


この調子で10月のアジア大会もだったら、出場選手大変じゃない?


日本からの報道陣・カメラマンは現地にいけませんね。


今日、某カメラマンさんのオンライン講座聞いてたのですが、そのカメラマンさんもたぶん日本人カメラマンは現地入りは無理じゃないかと言っておられました。ギャラガーさんのツイは、その言葉を裏付けるものですね。そして、万が一入国できたとしても躊躇するだろうと言っておられた。

プロ意識の高いカメラマンさん達さえ怖くて躊躇するようなデンジャラスゾーンに選手を送り込もうというISUや各国スケ連。フィギュアの組織のトップ連中は「お国の(枠取り)のために戦ってこい! 死を恐れるな!」と、戦場に兵隊を送り込む鬼畜な司令官にしかみえなくなってきたわ。



 ← アマゾンサイトへ(マッシさん降臨・氷上の創造者)

 ←アマゾンサイトへ(売れてます、Number)

 ← アマゾンサイトへ(100%羽生成分の通信)

 ← アマゾンサイトへ(アイスジュエルズ最新号)

 ← アマゾンサイトへ(婦人画報3月号 羽生記事あり)


参加してます。よろしければ、ポチっと応援お願いします♪

フィギュアスケートランキング

テーマ : フィギュアスケート - ジャンル : スポーツ

タグ : 2020-2021_season

2021/01/30 17:50 | 書籍・商品発売情報COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

 | BLOG TOP |  NEXT»»