羽生結弦選手関連フィギュア誌 2017年5月発売予定 まとめ

4月は発売ラッシュでしたが、5月は少し落ち着いてますかね。
11日なので、もうすでに発売されているものもありますが。


<2017/5/1>

フィギュアスケートファン通信20  
【出版社】メディアックス  【価格】1080円   
【表紙】羽生EX 【内容】国別対抗戦
https://www.amazon.co.jp/dp/4862018564/

河北Standard宮城2017-5・6月号(No.18)
【出版社】河北新報出版センター  【価格】800円   
【表紙】除幕式 【内容】除幕式他
https://kahoku-ss.co.jp/books/standard/86703-0576/


<2017/5/2>

フィギュアスケートマガジン2016-2017 シーズンファイナル  
【出版社】ベースボールマガジン社  【価格】1290円 【項数】100ページ  
【表紙】羽生FS 【内容】世界選手権・国別対抗戦
https://www.amazon.co.jp/dp/4583625081/


<2017/5/20>

デジタルカメラマガジン 2017年06月号  
【出版社】インプレス  【価格】1080円   
【表紙】羽生SP 【内容】世界選手権(能登直)
https://www.amazon.co.jp/dp/B071VBQLFL/


<2017/5/27>

フィギュアスケート日本男子ファンブック Quadruple(クワドラプル)2017Extra   
【出版社】スキージャーナル  【価格】1950円 【項数】128ページ 
【表紙】未定 【内容】未定
https://www.amazon.co.jp/dp/478996244X/


<2017/5/29>

フィギュアスケートファン通信SP  
【出版社】メディアックス  【価格】1080円   
【表紙】羽生FS 【内容】羽生結弦10年の軌跡
https://www.amazon.co.jp/dp/4862017991/

Ice Jewels アイスジュエルズ Vol.6
【出版社】舵社  【価格】1512円   
【表紙】羽生FS 【内容】とっておきの羽生結弦、他


<2017/5/31>

ワールド・フィギュアスケートEXTRA 世界国別対抗戦2017特集  
【出版社】新書館  【価格】1400円   
【表紙】未定 【内容】国別対抗戦
https://www.amazon.co.jp/dp/440331113X/


「アイスジュエルズ」が5月末頃くるかもしれません。昨年も5月30日に発売されてるので。
ただ、アイルジュエルズは、いつも告知が発売日ギリギリなんですよね。
昨年同様、シーズンフォトブックも7月頃にだしてくれるのではないかと期待してます♪


デジタルカメラ201706
日本カメラの次は、デジタルカメラですね。「美しい日本の風景=羽生結弦」(笑)


よろしければポチっとお願いします♪

人気ブログランキングへ

テーマ : フィギュアスケート - ジャンル : スポーツ

2017/05/11 14:25 | 羽生結弦関連商品発売情報COMMENT(6)TRACKBACK(0)  TOP

羽生結弦選手関連フィギュア誌 2017年4月発売予定 まとめ

4月は怒涛の発売ラッシュです。
結弦くんが世選優勝してくれて、出版業界もホッとしてるでしょう。
優勝するかどうかで、売上の勢いがかなり違ってくるでしょうから。

<2017/4/7>

別冊フィギュアスケートファン通信 世界選手権2017 
【出版社】メディアックス  【価格】1080円   
【表紙】羽生FS 【内容】世界選手権
https://www.amazon.co.jp/dp/4862017940/

フィギュアスケート日本男子応援ブック 世界選手権SP 
【出版社】ダイアプレス  【価格】1080円   
【表紙】羽生FS 【内容】世界選手権
https://www.amazon.co.jp/dp/4802302983/

フィギュアスケート 16-17シーズン決算号   
【出版社】日刊スポーツ出版社  【価格】1300円   
【表紙】羽生FS 【内容】世界選手権
https://www.amazon.co.jp/dp/4817256117/


<2017/4/10>

フィギュアスケート Number PLUS  
【出版社】文藝春秋  【価格】1620円 【項数】80ページ  
【表紙】羽生FS 【内容】世界選手権
http://store.shopping.yahoo.co.jp/hmv/7685295.html


<2017/4/11>

フィギュアスケートプリンス2016-2017シーズン総集編  
【出版社】英和出版社  【価格】1296円   
【表紙】羽生FS 【内容】シーズン総集編
https://www.amazon.co.jp/dp/4865454543/

フィギュアスケート男子 夢をつかむ者  
【出版社】二見書房  【価格】1728円 【項数】96ページ  
【表紙】羽生FS 【内容】羽生結弦、宇野昌磨ら本書だけの撮りおろし写真満載
https://www.amazon.co.jp/dp/457617083X/


<2017/4/12>

フィギュアスケートファン 世界選手権特別号 2017年05月号  
【出版社】電波社  【価格】980円   
【表紙】羽生FS 【内容】世界選手権
https://www.amazon.co.jp/dp/B06XTWNLS5/


<2017/4/13>

Sportiva 羽生結弦 平昌への道~Road to PyeongChang~  
【出版社】集英社  【価格】1590円 【項数】100ページ  
【表紙】羽生FS 【内容】シーズン総集編
https://www.amazon.co.jp/dp/4081022364/


<2017/4/17>

フィギュア・スケーターズ5 FIGURE SKATERS Vol.5 2017年06月号  
【出版社】インロック  【価格】1500円   
【表紙】羽生FS 【内容】世界選手権
https://www.amazon.co.jp/dp/B06XXB42JS/


<2017/4/19>

フィギュアスケートMemorial 世界フィギュアスケート選手権2017  
【出版社】カンゼン  【価格】1404円 【項数】128ページ  
【表紙】羽生FS 【内容】世界選手権
https://www.amazon.co.jp/dp/4862554016/

銀盤の王子たち(10) 双葉社 
【出版社】双葉社  【価格】1296円   
【表紙】羽生FS 【内容】未定
https://www.amazon.co.jp/dp/4575456799/


<2017/4/26>

ワールド・フィギュアスケート 78  
【出版社】新書館  【価格】1944円   
【表紙】未定 【内容】未定
https://www.amazon.co.jp/dp/4403311121/

anan SPECIAL 世界フィギュアスケートのプリンスたち  
【出版社】マガジンハウス  【価格】1200円 【項数】84ページ  
【表紙】未定 【内容】世界選手権
https://www.amazon.co.jp/dp/4838751974/


<2017/4/28>

フィギュアスケート銀盤のプリンス 2016-2017シーズン完結編 (写真集) 
【出版社】ジーウォーク  【価格】1296円   
【表紙】未定 【内容】未定


まだでてくる可能性はありますが、今のところ、上記の15冊。
BBムックの「フィギュアスケート・マガジン」は5月2日に発売という情報があります。
やはり世界最高得点を更新したフリーの衣装での表紙が多いですね。
これだけの数になると、絶対買うと決めてるシリーズ以外は、発売前のめくらポチはやめた方が賢明。
書店で現物を確認できない人も、評判を確かめてから購入した方がいいような気がします。
「羽生表紙本はなんであっても全部買う!」という猛者は別ですが・・・。

「フィギュアスケート・マガジン 2016-2017シーズンクライマックス」で、朝日新聞の後藤さんが書かれてた記事ですが、そこから一部抜粋します。

今季のグランプリシリーズ6戦中5戦を取材してあらためて感じたことだが、他の選手との組み合わせにもよるが、羽生が出場する大会は、海外でもメディア数が一気に何倍にも増える。
雑誌編集者と話せば、「羽生が出る大会と出ない大会では、本の売れ行きが全然違う」。過去、フィギュアスケートの専門誌は数少なかったが、羽生人気を追い風に、フィギュアスケートのコーナーが設けられる書店が増えた。年間に何号も発売されるため、2015-2016シーズンは延べ100近い雑誌が出たという。一般誌やファッション誌、テレビ雑誌なども合わせると、150前後の雑誌が羽生を取り上げたことになるという。アイスショーも羽生が出る、出ないでチケットの売れ行きが違う。


後藤さんの記事どおり、空前のフィギュア誌ブームを巻き起こしている結弦くんですが・・・。
お財布の面を別にしても、本棚も有限なので、年間100もの雑誌を買うわけにはいきません。
選別の目が必要になってきます。今月のように発売ラッシュのときは、特にそうですね。


世選2017羽生
いつもいつもメディアに囲まれて、常に神対応はさすがです!


よろしければポチっとお願いします♪

人気ブログランキングへ

テーマ : フィギュアスケート - ジャンル : スポーツ

2017/04/06 09:35 | 羽生結弦関連商品発売情報COMMENT(2)TRACKBACK(0)  TOP

羽生結弦選手関連フィギュア誌 2017年3月発売予定 まとめ

現在わかっている範囲ですが、3月発売予定の羽生結弦関連の書籍です。
もう3月に入ってるので、すでに発売済みのものもありますが・・・。

<2017/3/1>

フィギュアスケート・マガジン2016-2017 シーズンクライマックス (B.B.MOOK1365)
【出版社】ベースボールマガジン社  【価格】1290円 【項数】100ページ  
【表紙】羽生FS 【内容】四大陸、全日本など

KISS & CRY ~氷上の美しき勇者たち 2017 Spring~to the Gold!!~ 日本男子フィギュアスケート TVで応援! BOOK (TOKYO NEWS MOOK 600号)
【出版社】東京ニュース通信社  【価格】980円  【項数】70ページ
【表紙】羽生SP 【内容】四大陸、全日本,、GPシリーズなど

~氷上の美しき勇者たち&女神たち 2017 Spring~to the Glory!!~ 日本男子&女子フィギュアスケート TVで応援! BOOK (TOKYO NEWS MOOK 601号)
【出版社】東京ニュース通信社  【価格】980円  【項数】70ページ
【表紙】羽生FS 【内容】四大陸、全日本,、GPシリーズなど


<2017/3/3>

フィギュア・スケーターズ 4FIGURE SKATERS Vol.4 2017年04月号
【出版社】インロック  【価格】1500円  【サイズ】B4
【表紙】羽生FS 【内容】四大陸など


<2017/3/6>

別冊付録・CD付 ENGLISH JOURNAL (イングリッシュジャーナル) 2017年 04月号
【出版社】アルク  【価格】1512円 
【内容】生声付きインタビュー! 羽生結弦、英語で野望を語る


<2017/3/9>

Tarzan(ターザン) 2017年 3月23日号 [気になる 糖との賢いつきあい方]
【出版社】マガジンハウス  【価格】540円 
【内容】羽生結弦カラーグラビア


<2017/3/10>

文藝春秋 2017年 04 月号
【出版社】文藝春秋  【価格】880円 
【内容】明治百五十年美しい日本人50人 巻頭グラビア:羽生結弦


<2017/3/11>

FRaU (フラウ) 2017年 04月号
【出版社】講談社  【価格】750円 
【内容】 話題の書籍を大解剖! オーサーコーチの特別インタビュー! チーム・ブライアン300点伝説


<2017/3/14>

フィギュアスケート日本男子ファンブックQuadruple(クワドラプル)2017四大陸選手権SP (SJセレクトムック No. 45)
【出版社】スキージャーナル  【価格】1400円
【表紙】羽生FS 【内容】四大陸


<2017/3/16>

フィギュアスケートプレミアム 羽生結弦 絶対王者の物語: マイウェイムック
【出版社】マイウェイ出版  【価格】1200円 
【表紙】未定 【内容】未定


<2017/3/20>

日本カメラ 2017年 04 月号
【出版社】日本カメラ社  【価格】870円 
【表紙】羽生結弦 【内容】高画素か、連写か、どっちを選ぶ?


<2017/3/22>

anan (アンアン) 2017/03/29[呼吸と体幹]
【出版社】マガジンハウス  【価格】580円 
【表紙】羽生練習着 【内容】高男子フィギュアスケートBOOK (24p)

ワールド・フィギュアスケート(77)
【出版社】新書館  【価格】1944円 
【表紙】宇野昌磨 【内容】全日本・四大陸・アジア大会など


<2017/3/29>

フィギュアスケートLife Vol.9 (扶桑社ムック)
【出版社】扶桑社  【価格】1836円 
【表紙】羽生FS 【内容】四大陸、全日本など


1日発売の「KISS & CRY」は2冊同時発売です。
1冊は男子本で、もう1冊は男女本。上が男子本の目次。下が男女本の目次です。

KISSCRY201703-1

KISSCRY201703-2


レビュー情報では、男子本は70ページ中、ゆづ成分が約50ページ。
男女本は、ゆづ成分は全ページの半分くらい・・・らしいです。
中もピンナップも、すべて写真が違うそう。明らかに2冊買いを狙った売り方です(笑)
中を確認してから、買うかどうか決めるつもりですが、どちらかを買うとしたら、やっぱり、ゆづ成分の多い男子本の方になるかな。目次の写真も、なにげに男子本の方が素敵だし(笑)

さて・・・文藝春秋4月号の特集は「明治百五十年美しい日本人50人」とのことですが、結弦くん、50人の中に入ってるのかしら? 入ってたら買ってしまうかも(笑) 巻頭グラビアも気になりますね。

クワドラプルがページ数を減らして、値段を下げてきましたね。確か、普段は1950円だったかな? ソチ以前は、スケート誌が少なくて、どれも1900円くらいしてたんですよね。でも、ソチ以降、種類が増えて、現在は、価格帯1000~1500円くらいのものが主流。そうなると、ワールドフィギュアスケートとか、Lifeとか、クワドラプルみたいな2000円近いスケート誌は、よほど内容に魅力がないと高く感じてしまいます。実際、古株の3誌は、最近売上的に、もっと廉価な新興勢力におされて苦戦してるように思います。四大陸に特化した特集なので、今回だけの値下げかもしれませんが、売れ行きによっては、今後は、クワドラプルもこれくらいの価格で定着するかもしれません。

また、新たに発売情報がでたら、更新していきます。

<更新情報>
※ 3/7更新 
3月16日発売「フィギュアスケートプレミアム 羽生結弦 絶対王者の物語」を追加  
3月29日発売「フィギュアスケートLife Vol.9 (扶桑社ムック)」を追加
3月20日発売「日本カメラ 2017年 04 月号」を追加
※ 3/9更新
3月9日発売「Tarzan(ターザン) 2017年 3月23日号」を追加
※ 3/12更新
3月11日発売「FRaU (フラウ) 2017年 04月号」を追加
※ 3/15更新
3月22日発売「anan (アンアン) 2017/03/29[呼吸と体幹] 」を追加


よろしければポチっとお願いします♪

人気ブログランキングへ

テーマ : フィギュアスケート - ジャンル : スポーツ

2017/03/02 13:10 | 羽生結弦関連商品発売情報COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

羽生結弦選手関連フィギュア誌 2017年2月発売予定 まとめ

2月発売予定の、結弦くんに関連した書籍をあげておきます。
まだ、あまり出そろっていませんが・・・。


<2017/2/1>

チーム・ブライアン 300点伝説
【著者】ブライアン・オーサー 【出版社】講談社  【価格】1512円  
【表紙】羽生・オーサー・ハビ 【内容】名コーチが語る、羽生、フェルナンデスの物語


<2017/2/8>

日本フィギュアスケートの軌跡 - 伊藤みどりから羽生結弦まで
【著者】宇都宮直子  【出版社】中央公論新社  【価格】1512円  【表紙】未定  
【内容】羽生選手へとつながる日本フィギュアスケートの歴史


<2017/2/9>

アイスジュエルズ Vol.5: KAZIムック
【出版社】舵社  【価格】1512円 【表紙】羽生SP 【内容】とっておきの羽生結弦ほか  


<2017/2/13>

フィギュアスケート日本男子ファンブックQuadruple(クワドラプル)2017+Plus
【出版社】スキージャーナル  【価格】1950円 【表紙】羽生SP 【内容】シーズン前半戦


<2017/2/27>

フィギュアスケート ADDICT (e-MOOK)
【出版社】宝島社  【価格】1404円 【表紙】羽生SP 【内容】羽生ほか


<2017/2/下旬>

フィギュアスケートファン通信19 (メディアックスMOOK)
【出版社】メディアックス  【価格】1080円 【表紙】羽生SP 【内容】四大陸選手権


今日(2月6日)でわかってる分だけ。また新たにでてきたら、追加します。

「通信19」は、まだアマゾンでは告知ないですが、「通信18」で告知されていました。
個人的に、わりと期待してるのが、宝島社の「フィギュアスケート ADDICT (e-MOOK)」でしょうか。
宝島社のスケート本って、あまりゆづファンに評判よくなかったんですが、直近の「LOVE! フィギュアスケート」がとてもよかったんです。担当編集者が変わったのかしら?って思うくらい(笑) まあ、過大な期待はしませんが、2月発売の中では、注目してる書籍のひとつです。


「スポルティーバ」の表紙に関するエピソードです。twitterより。



JR大阪駅ブックスタジオ
JR大阪駅のブックスタジオの入り口横にありました。(2月4日撮影)


よろしければポチっとお願いします♪

人気ブログランキングへ

テーマ : フィギュアスケート - ジャンル : スポーツ

2017/02/06 12:10 | 羽生結弦関連商品発売情報COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

羽生結弦選手関連フィギュア誌  2017年1月発売予定 まとめ

来年の1月発売予定の、結弦くんに関連した書籍をあげておきます。

<2017/1/5>

NHKウイークリーステラ 1/13日号
【出版社】NHKサービスセンター  【価格】330円 【表紙】柴咲コウ 
※ 中とじ〈2016NHK杯フィギュア〉メモリアルフォトアルバム 羽生結弦~美しさの神髄~


<2017/1/10>

文藝春秋 2017年 02 月号
【出版社】文藝春秋  【価格】1300円 
※ 羽生結弦の勝ち続けるメンタル   折山淑美


<2017/1/14>

フィギュアスケート16-17 シーズン新年号: 日刊スポーツグラフ
【出版社】日刊スポーツ新聞社  【価格】880円  【表紙】羽生SP  【内容】全日本&GPF


<2017/1/18>

銀盤の王子たち(9) (双葉社スーパームック)
【出版社】双葉社  【価格】1296円 【表紙】羽生練習着  【内容】GPS 羽生&宇野中心


<2017/1/26>

フィギュアスケートファン通信18 (メディアックスMOOK)
【出版社】メディアックス 【価格】1,080円 【表紙】羽生 【内容】羽生名言集

moment on ice フィギュアスケートぴあ 特別編集
【出版社】ぴあ 【価格】1,512円 【表紙】羽生SP 【内容】GPS,全日本


<2017/1/27>

FIGURE SKATING BEST SCENE(フィギュアスケートベストシーン)3
~羽生結弦、宇野昌磨、無良崇人ら至高の写真で綴る男子フィギュアの世界~

【出版社】エイ出版社 【価格】1,404円 【表紙】羽生EX 【内容】羽生・宇野・無良


<2017/1/28>

フィギュアスケート銀盤のプリンス 2016-2017総集編
【出版社】ジーウォーク 【価格】1,200円 【表紙】羽生EX 
 

1月発売のスケート誌は、全日本選手権くらいしかネタがないんですよね。そこにきて、結弦くんの突然の全日本欠場です。そのため、出版社は、発売スケジュールの変更を余儀なくされています。

ファン通信は、もともと全日本選手権特集を組んで、1月7日に発売する予定でした。しかし、結弦くんの欠場を受けて、発売日が1月26日に延期されました。アマゾンでは、内容は「全日本フィギュアスケート選手権2016 」のままになっていますが、たぶん変更されると思います。どういう内容にするか、現在検討中なのではないかなと想像しています。それなら、無理に1月に発売しなければいいのに・・・とも思いますが、メディアックスにとっても、ファン通信はドル箱シリーズ。月刊ペースを守りたいのでしょうね。

どうやら、発売中止になったものもあります。1月13日に発売予定だった「フィギュアスケート日本男子応援ブック Vol.16」と、1月18日に発売予定だった 「銀盤の王子たち(9)」が、アマゾンから消えました(笑) 両方とも全日本選手権特集だったのでしょうけど、結弦くんなしでは本はだせませんから、四大陸選手権待ちになるのではないでしょうか。amazonではまだあがってませんでしたが、「FIGURE SKATERS 3」の奥付で予告されていた「全日本選手権大特集号」も幻となりそう。

それにしても、出版社の刊行スケジュールにまで影響を与えてしまう”羽生結弦”・・・恐るべし(笑)
本当に、結弦くんの影響力、ハンパない。今月、影響がないのは、全日本とは関係ない内容の「NHKウイークリーステラ」と、「フィギュアスケートベストシーン」だけでした(笑)

全体的に、昨シーズンに比べると、今シーズンの方が刊行数は落ち着いてきてるようです。
「羽生結弦」を表紙にした方が本は売れるけれど、これだけ増えると、ゆづファンも取捨選択をするようになります。ただ「羽生結弦を表紙にしてるだけ」では、読者もなかなか買ってくれなくなった。「羽生表紙本」が乱立したあげく、内容が問われるようになり、勝ち組と負け組がはっきりしてきて、その結果、少し数が絞られてきたように思います。

「フィギュアスケート日本男子応援ブック」・・・ダイアプレスのこのシリーズが、ゆづ本の先駆者で、一時は一人勝ち状態でした。しかし、「驕れるものは久しからず」とでもいいましょうか、気づいたら、後発の「ファン通信」「フィギュアスケートマガジン」に差をつけられ、もっと後発の「memorial」や「FIGURE SKATERS」にまで追い抜かれる始末。 後発は、先駆者と同じクオリティだと勝てませんから、いろいろ知恵を絞ってきます。自身もバージョンアップしていかなければ、いつか王座から滑りおちてしまう・・・このあたりは、スケーターの世界と似ていますね。

「ゆづのページができるだけ多い方がいい。いや、本音はゆづだけでいい」・・・この羽生至上主義的タイプのゆづファンが、今のスケート誌刊行ラッシュを支えている。自称”本当のスケートファン”はブツブツ言ってますが、各誌の売れ方をみる限り、それが現実だと思います。そういう読者の需要をうまく掬い取っているスケート誌が勝ち組になっています。今の勝ち組も、最初の頃は必ずしも、ゆづ比率が高かったわけではないのです。「フィギュアスケートマガジン」の創刊号は100ページ強あるのに、結弦くんのページは20ページしかなかったんですよ。それが、どんどん増えていき、最新号は7割のゆづ比率で、結果、通信と比肩するような勝ち組に。消費者の反応をどれだけ敏感に感じとれるか・・・まあ、出版物に限らず、勝ち組になる条件ですよね。

さて・・・では、この「ゆづしかいらない」派にとって、どの雑誌のコスパがいいか、算出してみました。
だいたいですので、多少の誤差はご容赦ください。まずゆづ本から。新しいものでみてみます。

フィギュアスケートファン通信 vol.18  1080円 → ゆづ比率 84%(98/116)   1Pあたり11円
別冊フィギュアスケートファン通信GPF2016  1080円 → ゆづ比率 91%(106/116)   1Pあたり10円
フィギュアスケート memorial GPF2016  1404円 → ゆづ比率 92%(120/130)   1Pあたり12円
フィギュアスケートマガジン  1290円 → ゆづ比率 70%(70/100)   1Pあたり18円
※別途、羽生結弦の両面ポスター2枚付 

フィギュアスケートマガジンは、1ページあたり18円と多少コスパ悪く感じますが、ポスター付なのと、結弦くんの全会見を網羅するという、鬼のテキスト量で、他と差別化しています。1290円とお値段もわりと良心的。

次に、王道タイプのスケート誌と比較してみます。号によって違いますが、平均値で。

フィギュアスケート Life  1836円 → ゆづ比率 7%(10/145)   1Pあたり184円
ワールドフィギュアスケート  1944円 → ゆづ比率 5~10%(5~10/100)   1Pあたり194~389円
フィギュアスケート日本男子ファンブック クワドラプル  1950円 → ゆづ比率 12~20%(15~25/128)   1Pあたり78~130円

王道タイプのスケート誌は、「ゆづしかいらない」派にとっては、かなり割高なのがわかります。これだと、よほどの目玉記事がない限り、現在のように選択肢が多くなると、ゆづファンの興味を引くことは難しいでしょうね。

とはいいつつ・・・「通信」のような”羽生結弦全面依存型”のスケート誌は、結弦くんの引退とともに姿を消すことになるでしょうね。そして、残るのは、王道のスケート誌の方でしょう。まあ、ソチ前は、WFS、Life、日本男子ファンブックといった王道組しかなかったわけです。元に戻るだけのことなんですけどね。

なお、アイスジュエルズ、Sportiva、Number Plusも人気雑誌ですが、立ち位置が少し特殊で、「ゆづ本」「王道」と区分けしにくいので外しました。それから、ゆづファンが全員「ゆづしかいらない派」というわけではないので、誤解なきよう。


201612発売本
ここ数日内に購入した本。全日本欠場のゆづロスショックで、今月は6冊も買ってしもーた(汗)

なお、1月発売のスケート関連書籍があらたにでてきたら、追加していきます。

<更新履歴>
1/4更新
● フィギュアスケート16-17 シーズン新年号(1/14発売)を追加しました。
● 銀盤の王子たち(9) が、結弦くんの全日本欠場の後、消えたと書きましたが、その後なぜかアダルトカテゴリに入っていたようです。内容は「GPシリーズ第1戦~NHK杯まで、羽生結弦、宇野昌磨選手を中心に特集」とのことで、全日本は関係ないので、通常通り発売されるのかもしれませんが、現在なぜアダルトカテゴリに入っているのか謎です(笑)
サイトはこちら https://www.amazon.co.jp/dp/4575456632/

1/6更新
● フィギュアスケート銀盤のプリンス 2016-2017総集編(1/28発売)を追加しました。

1/12更新
● 文藝春秋(1/10発売)を追加しました。
● 銀盤の王子たち(9)(1/18発売)が、アダルトカテゴリから一般書に移ったようです。あれは何だったんだろう。

1/21更新
● moment on ice フィギュアスケートぴあ 特別編集(1/26発売)を追加しました。


よろしければポチっとお願いします♪

人気ブログランキングへ

テーマ : フィギュアスケート - ジャンル : スポーツ

2016/12/30 09:05 | 羽生結弦関連商品発売情報COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

 | BLOG TOP |  NEXT»»