ネイサン&ラファ「スケートと大学の問題について」

ラファとネイサンが、スケートと勉強の両立について、語っています。

こちらは少し前のラファのインタ。ネイサン部分のみ抜粋します。



- チェンはイェール大学の休学問題を解決できましたか?

- はい、彼は文字通り最近、最終試験に合格し、こう言いました。≪これで勉強は終わり。今は練習に完全にフォーカスを当てることができます。≫ ネイサンは既にカリフォルニアに戻り、部屋を借りてトレーニングに取り掛かりました。今私は、リンクが再開した時に、彼と私が個別リンクを使えるように合意を得ようとしているところです。
私たちはそれなしでも良い条件で練習しています。リンクにいるのは5、6人です。しかし、アメリカでface to faceと言うように、個別に練習する機会を持ちたいこともあります。チェンをエリートスケーターに変えるために、何か本格的により良いことをしたいんです。

- オリンピックを除いた全ての最高のタイトルを獲得した人なのに、興味深い話ですね…。

- あなたの皮肉はわかりますが、多くの細部はより完全なものにすることができますし、あらゆる面で伸ばすことができます。少し前に、このテーマについてネイサンと話し、私は正直に彼のスケートの多くのことが好きではないと言いました。

- どんなリアクションでしたか?

- 彼はこう答えました。≪僕もです。≫ それで、私たちは多くのことをする計画を立てています。いくつかのダンススクールに行き、新しいプログラムを試し、いくつかの新しい要素を考え出し、全体の難しさを高める。私たちはここ2回の世界選手権のネイサンの全ての演技を最後までよく見て、2回目の方が1回目より弱くなっているという結論に達しました。とにかく勝ちはしましたが。



こちらは最近のネイサンのインタ。




ラファとネイサンの言ってることがちょっと違うような…。
ラファは2年休学する準備ができたと言ってますが、ネイサンはオンラインが可能なら両立したいと。
イェール大学は2年しか休学できないらしいので、本人的にはできれば休学したくないのかも。2年後、北京五輪が延期になる可能性もゼロではない。2年休学したら、肝心の五輪シーズンに休学できなくなる。

あと、ラファはネイサンの演技が好きではなく、ネイサン本人も同じだというのは興味深い。ラファは、ネイサンをエリートスケーターにするために、ブラッシュアップしたいと言ってる。「オリンピックを除いた全ての最高のタイトルを獲得した人なのに」という、インタビュアーのもっともな問いかけに、「あなたの皮肉はわかりますが」と返すところに、ラファの世界チャンピオンのコーチでありながら、複雑な感情を抱いていることが透けてみえます。自分の教え子のスケートが好きではない…オーサーなら、結弦くんにたいして絶対言わずにすむ言葉です。ラファも本当はわかっているってことね(まあ、わからんわけないか)。


参加してます。よろしければ、ポチっと応援お願いします♪

フィギュアスケートランキング

テーマ : フィギュアスケート - ジャンル : スポーツ

タグ : 2019-2020_season

2020/05/24 17:25 | 羽生結弦以外COMMENT(4)TRACKBACK(0)  TOP

「1度でも勝てたら、100回負けてもいい」 ~NBC記事より

羽生結弦オンリーのうちのブログで、宇野選手の海外記事を英訳してまで紹介することはまずないのですが、この記事は、宇野選手の結弦くんに対する考え方や、海外からみた二人の関係性が載っており、その内容がなかなか興味深かったのでピックアップします。なお、機械翻訳とプラス意訳です。変なところがあるかもですが、ご容赦を。だいたいの感じと考えてください。



フィギュアスケートのシーズン、宇野昌磨は氷を離れることを検討した(20200519 NBC)

短縮されたフィギュアシーズンには、宇野昌磨の 2つの永続的な画像があった 。

11月2日のフランス杯、キャリア最悪のグランプリでの演技の後のキスアンドクライ、オリンピックの銀メダリストである宇野は、たった一人でコーチもいなかった。2つのプログラムで5回転倒して最終9位— ネイサンチェンに81.32ポイント差をつけられた。宇野は、涙を流したが、それはスケートのせいではなく、彼の心を後押ししてくれた観衆の応援の対してだと語った。

それから、12月22日、宇野は半分泣いて、半分笑っている。 羽生結弦が彼の肩を振る。 宇野は、自分のキャリアにおいて、全日本選手権で、初めて羽生に勝った。

その秋、宇野(22歳)は、競技会からの引退と休養を考えていた。 彼は、YouTubeユーザーが翻訳したTVインタビューの中でそう語った。 宇野のマネージャーがその英語の字幕に「かなり正確」とOKをだした。

「唯一の相違は、その(引退休養)の考えが彼からのものではなかったことです」と、宇野のマネージャーはメールで語った。 「それは彼の周りの人々から提案されました。」

宇野は、おそらく彼の世代の中で、オリンピックや世界のタイトルを獲得できない最高の男性スケーターだ(彼にはまだ十分な時間があるが)。史上最高の2人のジャンパーであるチェンと羽生との直接対決において、オリンピック、世界選手権、グランプリファイナルの7回の内、彼は2位か3位だった。

宇野は、コーチのいない最後の試合が終わったあと、グランプリシーズンのその階層から脱落した。

「確かに多くの人と話して、スケートをやめることを考えたのですが、そんなひどい演技を披露した後、もう失うものは何もなかったので、スケートを楽しみたいだけでした」と、スケーターの考えの正確なタイミングは不明だが、彼のマネージャーがレビューした字幕によれば、宇野はテレビのインタビューでそう語っていた。

「私は家族と話しました。スケートが僕にとってそんなに苦痛なら、今の僕にとって難しいのであれば、休養を取ることも選択肢の1つです。何度も話し合いましたが、同じような演技を再び披露することになったとしても、スケートを楽しみたいと感じました。 思いっきりスケートをしたかった。 もう一度やり直して、トライしたかったのです。」

グランプリフランス杯に続き、宇野はロシアのロステレコムカップで4位で終わった。 彼のキャリアを開いた12度のグランプリ大会すべての表彰台を獲得した後、彼は2度ストレートに脱落した。宇野は、 2006年のオリンピック銀メダリスト、ステファンランビエルと共にすでに練習しており、スイスが彼の公式のコーチになると発表した。

クリスマス直前の全日本選手権で、宇野はショートプログラムの羽生に5ポイントの遅れを挽回し、7.8ポイン差で勝った。 彼はジャンプのエラーを抑え、5つの四回転を含む2つのプログラムを1つのマイナスで乗り切った。 羽生はクリーンにまとめきれず、フリーのトリプルアクセルで転倒した。

ジャパンタイムズによると、宇野はそのとき「それは僕の最高のスケートではなかったが、僕は本当にそれを楽しんだように感じる」と語った。 「今シーズンは本当に苦労しましたが、ようやく初めて練習と試合を楽しむことができました。 誰もがベストを尽くすと、結果は異なるはずです。」

宇野は何年もの間、2度のオリンピックチャンピオンで、3歳年上で、6インチ背が高い羽生に劣ると感じていた。 他の多くのスケーターも同じように感じるに違いないが、宇野の場合は、最もスケートが人気の国で、同じ国内選手である点が特殊である。

テレビインタビューの英訳によると、「僕はいつも羽生選手に一度、一度だけも勝ちたいと望んでいたので、それが実際に可能であるとは思わなかったが、その目標が僕のモチベーションだった」と彼は語った。 「一度だけでも勝てたら、もう100回負けてもいいんです」



この記事、ちょっとびっくりしました。マネージャーがyoutubeの英訳をチェックして、NBC側にOKをだしたとのことですが、こういう記事だと了解していたのでしょうか? 日本のメディアが内心では思っていても、絶対書かない内容だからです。


エースの責任はすべてゆづ君に背負ってもらおう!
僕はスケートを楽しめたらいいんだ!
1度勝てたから目標達成、あとは100回まけても平気だよ!



人一倍なんでもかんでも背負ってしまう、超苦労性の推しの性格を知る者からすると、なんとまあお気楽な…な内容ではあります。彼のような考え方・性格でスケートをしてたら、そりゃ楽しいことでしょう。その上、結弦くんと違い、ジャッジにはこの上なく愛されている。海外のスケオタが「ISUとは”I am Shoma Uno”のこと」と言うほどに(笑) だから技術を矯正する苦労すらない。

全日本選手権はショート・フリーとも現地でした。あまりにもひどい採点で言葉もありませんでした。宇野選手のショートのコンビネーションは4-2で、着氷も綺麗ではなかった。しかし、4-3のコンビも含め完璧だった結弦くんとはわずか5点差だった。目を疑うとともに、これは、「スケ連(ジャッジ)は結弦くんがちょっとでも油断したら、絶対足元をすくおうとしてる」と感じたものです。悪い予感が的中して、フリーでは逆転され結弦くんが負けたわけですが、結弦くんのフリーの得点の低さに会場がどよめきました。何とも言えないくらい後味の悪い試合でした。

それが羽生ファンの勝手な思いこみではないのは、勝敗が決まったときのメディア席がお通夜状態だったという報告でもわかります。某スポーツ紙の記者さんは、講演会で「気絶状態だった」と表現していました。勝負の世界を報道している現場の記者さんたちのこと。納得のいく負け方なら、そこまではショックを受けなかったでしょう。あまりにも非情な偏向採点でした。翌日のスポーツ紙が、そろって結弦くんに同情的な羽生祭だったのは、ただその方が売れるからだけではないと思います。

しかし、今、このNBCの記事を読むと、スケ連があの全日本でなりふり構わず宇野選手を勝たせた理由がわかったような気がしました。おそらく、全日本以前から、引退休養の話がでていたことは把握していたのでしょう。一度でも結弦くんに勝たせれば、もう一度奮起してくれると思ったか、あるいは、すでにピークアウトしていて、いつ引退するかわからないのなら、せめて一度くらいは勝たせてやろうという餞別のつもりだったのか(さすがに国際大会では忖度採点にも限度がある)。

個人的に注目したのは2点。日本では3強の一人として煽られている宇野選手が、実は2強にはどうしても勝てないポジションだということと、そしてもうひとつは、宇野選手の「羽生結弦」へのコンプレックスについてズバリ言及しているということです。この二つは日本では絶対書けないでしょう。まあ、「NBCさん、あなたとこのエースもけっこう羽生コンプレックス拗らせてますよ」と言いたいところはありますが、それはさておき。

6インチ(15.24センチ)背が高い羽生」と、彼の身長にまで触れているのは驚きです。アメリカは、本音の偏見・差別意識はともかく、一応体裁上はポリコレにうるさいはずなので。ロシアなどはポリコレ意識が低いので、記者が「半メートルの脚」と言ったり、ミーシンが「野外大学の技術(技術が正当ではない)の宮廷の道化師」と言ったり、これまでもけっこう言いたい放題でしたが。

何年も「ゴエゴエ」と超えることを周囲から期待されつつも、実力・人気・容姿、すべてにおいて「絶対勝てない」と自覚していただろう彼の中で、コンプレックスは年々鬱積していったはず。珍バイトをはじめ様々なことがあっても、結弦くんが彼に優しく接しているのは、彼の内心の自分への複雑に屈折した感情に、誤解を恐れずにいえば、一種の同情があるからなのかなと思ったりします。まあ、結弦くんは誰に対しても、優しい人ではあります。人間には「自罰的」な人と「他罰的」な人がいますが、結弦くんは典型的な「自罰的」な人です。もっとも、生きやすいのは「他罰的」な人の方。そこまで自分に厳しくなくてもいいのですがね。「羽生結弦はドS」というファンがいますが、私は彼ほどドMな人はいないと感じています。


今回は、うちのブログ的にちょっと毛色の変わった記事をあげてみました。他の選手の記事からでも、色々見えてくることがありますね。試合の実況もそうですが、記事もあたりさわりのない忖度まみれの日本のものより、海外の方が面白いことが多いなと、最近思います(笑)


参加してます。よろしければ、ポチっと応援お願いします♪

フィギュアスケートランキング

テーマ : フィギュアスケート - ジャンル : スポーツ

タグ : 2019-2020_season

2020/05/21 15:40 | 羽生結弦以外COMMENT(34)TRACKBACK(0)  TOP

「尊敬しているのはゆづ」 ~ユース五輪でうたしん団体金メダル!

ユース五輪の団体戦で、日本が金メダルをとったそうです。

しかもうたしんは、団体戦FDが1位だったと! 結成してまだ1年もたたないのにすごい!



ユース五輪では、個人戦の後に団体戦があるのですね。シニアの五輪でもそうしてくれませんかね。NBCの放映権料が莫大なのはわかりますが、団体戦の後に個人戦をしてトップ選手を疲弊させたり、アメリカのゴールデンタイムに合わせるためにフィギュアの試合時間を早朝にしたり、アメリカはアスリートファースト精神を完全無視しています。そういう根性だから、五輪の女神がそっぽむいて、そのゴールデンタイムに自国の金メダル候補の自爆演技を流すことになったりするんだよ…。


うたしんのインタビュー。西山くん「リスペクトしてるのは羽生結弦」。


今年のユース五輪。某所から拾った情報。
出場選手のプロフィールによれば「リスペクト対象」はこんな感じだったそうです。
記載していない選手が大半らしいですが。

スイス男子→羽生、ハビ
韓国男子→ヨナ
中国男子→ジョーダン、ネイサン
チェコ男子→羽生、ハビ、ネイサン
フランス男子→ネイサン
鍵山→羽生、宇野、ネイサン

ブルガリア女子→ウンス
ハンガリー女子→ザギトワ
ユヨン→ヨナ
河辺→浅田

チェコダンス女子→パパダキス
フランスダンス男子→パパダキス
フランスダンス女子→テッサ、ロナウド
スイスダンス男子→テサモエ
西山→羽生、ブラウン
吉田→イリニフ


吉田さん、オリチャンのインタではイリニフではなくKOKO組を上げたのは、一応日本の先輩に気を遣ったのでしょうか(笑)




ANSWERの記事元はこれね。


NHK杯での2ショットはこちら。プーさん合わすと3ショット。


「1位のときはジャンピングで表彰台」も結弦くん譲りね。


西山くんは当面シングルとの二足草鞋でやっていくようですし、うたしんがすぐにシニアに上がることはないかもしれませんが(ダンスはシングル以上にジュニアとシニアとの壁が厚い。パパシゼは例外中の例外でしょう)、将来性があるダンスカップルであることは確かなので、頑張ってほしいと思います。


参加してます。よろしければ、ポチっと応援お願いします♪

フィギュアスケートランキング

テーマ : フィギュアスケート - ジャンル : スポーツ

タグ : 2019-2020_season

2020/01/16 11:20 | 羽生結弦以外COMMENT(2)TRACKBACK(0)  TOP

「羽生に勝つという領域は存在しない」 ~ネイサンインタ②

新しい記事ではないんですが、これも途中で保留になってた記事です。
朝日新聞のネイサンのインタの記事です。有料記事なので全貼りしておきます。



「羽生に勝つ領域はない」ネーサン・チェンの勝利の美学(20191025 朝日新聞)

 ずっと不思議に思っていたことがある。今年3月にあったフィギュアスケートの世界選手権で勝った男子のネーサン・チェン(米)だ。五輪2連覇を果たした2位の羽生結弦(ANA)に22・45点差をつけて優勝したのに、試合後の取材で「勝ててうれしい」という趣旨の発言はなかったように記憶している。

 チェンにとって、「羽生に勝つ」とはどんな意味を持つのか。彼に聞きたくて、4月の世界国別対抗戦で取材を申し込んだが、体調不良のため急きょキャンセルになった。シーズンオフを挟み、大会3連覇を達成したスケートアメリカから一夜明けた20日、朝日新聞の取材に応じてくれた。

 単刀直入に聞いた。なぜ「勝った」という表現を使わなかったのか、と。

 「結弦は驚くような選手であり、僕が何をやろうとも、彼が今まで成し遂げてきたことを奪い取ることはできない。彼はもう、このスポーツに自分の地位を確立した。そして、特定の選手に勝ったと口にすることは少し失礼な気がします。勝敗は自分が決めるものではなく、ジャッジ(審判)が決めたものなので」

 チェンの心の中に「羽生に勝つという領域は存在しない」と表現した。常に尊敬する対象であり、目標とすべき選手であるという。

 しかし、スポーツに勝負はつきものだ。その点について聞くと、チェンは言葉を選んだ。「競技に出ている限り、勝ちたいという気持ちは当然あります。ただ、誰か一人の選手を負かしたいというような気持ちで挑むことは、自分のやりたいことの妨げになる。自分の集中を失わないようにして、できる最高の演技を目指してやっていくように、毎回、試合で心がけています」

 昨季のチェンは世界選手権、グランプリファイナルなど出場したほとんどの大会で優勝した。今季のスケートアメリカは2位に40点差以上をつけて圧勝した。シーズン序盤から絶好調に思えるが、「スポーツは常に変わっています。個人も進化しています。誰かが手の届かないところに永遠にいることはない。一つの試合の結果にとらわれすぎていると、全体の視野を失ってしまう気がします」と、謙虚な姿勢を貫く。

 今、何をモチベーションにしているのか。「自分の中では最高の演技をしたいという気持ちがある。完全に納得できるパフォーマンスはまだ、やっていない。どの大会でも、少しずつミスがある。エレメントのレベルを失ったり、予定していたことが全てできなかったり、あるいは音楽にちょっと遅れてしまったり。全てにおいて自分が満足できるという演技は不可能かもしれないけれども、少しでも、それに近づいていけるようにということを目標にしています」

 結果的に、チェンは当たり前のように勝ち続けるが、勝つことだけを目指しているわけではないというわけだ。フィギュアスケートの魅力やチェンの勝利への美学だけでなく、点数だけでは表せない羽生の存在感や影響力の大きさを改めて感じた。

 最後に、5回転ジャンプについても聞いてみた。新たな大技に挑戦するのか、と問うた。「現在、僕は(5回転に)興味を持っていない。もし、結弦らがマスターして武器として使えるようになってくるのであれば、自分も集中して5回転をマスターしようと努力をするかもしれないけど、今のところ、その必要は特に感じていないです。ただスポーツは常に変わっていくので、ちょっと様子を見ようと思っています」(ラスベガス=大西史恭)



彼が今まで成し遂げてきたことを奪い取ることはできない
→ そんなの当たり前でしょ?(笑)

勝敗は自分が決めるものではなく、ジャッジ(審判)が決めたもの
→ 師匠のラファと同じこといってる。採点優遇批判からの逃げのように聞こえてしまう(笑)

誰か一人の選手を負かしたいというような気持ちで挑むことは、自分のやりたいことの妨げになる
→ プルさんもバンクーバーで負けたのは、誰かに勝ちたいと思ってしまったからだと言ってたわね。

どの大会でも、少しずつミスがある。エレメントのレベルを失ったり、予定していたことが全てできなかったり、あるいは音楽にちょっと遅れてしまったり
→ つなぎがスカスカとか、助走が長いとか、コレオが上半身だけのタコ踊りだとか、そういうことはどう思っているの?

私が意地が悪いのかしら? 大西さんのように発言を美化できなかった。賢いネイサンが採点優遇されているのを知らないはずないしね。ただ、本当にソツがない受け答えではありますね。アホでないことは確かです(笑)


Icetalkでは、ネイサンはこんなこと言ってたもよう


要はジャンプが安定したらつなぎ入れるってことね。一応スカスカの自覚はあるのね。でも、6分間練習でつなぎ入れても、ジャンプが安定しないから、結局試合ではスカスカになるのよね…。そして、「助走→ジャンプ」が終わった後の足元お留守のタコ踊りコレオは、なぜかいつもGOE満点の定額性…う~ん(笑)


この海外スケオタさんも疑問を呈してますね。


大会は違うけど、まったく同じ失敗でもネイサンだけは転倒扱いにならないし…。


これも大会は違うけど…。


前回のネイサンインタをとりあげたときも触れたけど、「嫌いなスケーター」を聞いたら、ダントツトップになっていたネイサン(今年のGPSの表彰台組のみ対象のアンケだったけど)。こういう優遇採点が嫌われる最大の理由だと思うの。しかも、あのアンケートには日本と中国の票は入っていなかったそうよ。特に中国の票なんて入った日には…えらいことになりそうだわ(汗)


(5回転は)今のところ、その必要は特に感じていないです。ただスポーツは常に変わっていくので、ちょっと様子を見ようと思っています
→ ステファンは5回転は不要派。そう、美しく回らなければ…なんでも回りゃいってもんじゃないのよ。



本当に…雑巾絞りのジャンプは見たくありません…。


女子と男子見比べるとわかるけど、女子の方が男子より全体的にうまいんだよ。これは競技人口の差が影響しているのだと思う。1/10だものね。だから、今でも2TOPだけが飛び出していて、それ以下の選手との実力差が大きい状態。本当に正当な採点したら「羽生結弦一人旅」の様相になってしまうから、ISUとしてはそれだけは避けたくて、現在のような偏向採点してるんじゃないか…と勘繰りたくなる。

男子が女子に唯一アドバンテージをとれるのがジャンプだった。そのジャンプすら、エテリ組がクワド(なんちゃってクワドにしろ)をバンバン入れるようになって、男子はそのアドバンテージすらなくそうとしてる。これからの男子フィギュアはどうなってしまうのかしら…。


参加してます。よろしければ、ポチっと応援お願いします♪

フィギュアスケートランキング

テーマ : フィギュアスケート - ジャンル : スポーツ

タグ : 2019-2020_season

2019/11/13 10:45 | 羽生結弦以外COMMENT(8)TRACKBACK(0)  TOP

中国杯、中国選手は正しい技術をもっていると再確認した件

中国杯が終わりました。
宮原さんが出ているので、ショートとフリーはライブでみました。
録画はしてませんでしたが、宮原さんのフリーがあまりにも良すぎて、リプレイで流れるのを期待して、男子のフリーを録画してしまいました。今日の朝、宮原さんの演技を見るついでに、最初は見るつもりがなかった男子も何人かザックリと見てみました。で、その感想ですが…。

中国はフィギュアに関しては至極マトモな国です。選手も正しい技術を教えられているし、実況解説をはじめとしたメディアも恣意的な報道はしません。そして、なにより注目すべきことは、最近とかく苛々することが多く物議を醸す男子シングルの採点ですが、この中国杯の採点がしごく真っ当であったこと。

フィギュアも公正な採点であれば清々しいものなのね。結弦くんとネイサンと、日本の二番手選手が出ていないと、こんなにストレスフリーで後味の良い試合になるのかと(笑)。ボーヤンとハンヤンという地元選手で1位2位でしたが、恣意的な採点はみられず、PCSの爆盛りもありませんでした。ボーヤンなんてもう少しPCSあげてほしかったくらい(笑)






お手本のようなボーヤンの4Lz。


シェルバコワ選手とのスロー比較。


こちらは動画を重ねているからもっとわかりやすいです。
マッシさんが4回転じゃなく3Aだと言ってたけど、これを同じジャンプと認定していいの?


そりゃ、回転つけやすい上に下でも回ってたら、4Lz跳びやすいわな。
ただ、マッシさんも、女子の上族のクワドジャンパーはいないからまだ仕方ないと。でも、男子は上族がいるのだから、下族のジャンプはもっと厳しく見るべき…と言っておられました。誰とはいいませんが、ほぼ下で1回転回っている男子クワドジャンパーもいます。マジでなんとかしてほしい。これでは正しいジャンプを跳んでいる選手が浮かばれない。




宮原さんが下族なのはわかってる。でも、彼女のジャンプには高いGOEはついていない。彼女がずっとトップグループにい続けているのは、ジャンプが安定していることと、ジャンプ以外の要素を最大限にまで磨いてきたから。

宮原さんのフリーは、FaOIで初披露していたときから、完成したら名プロになる予感がしていたけど、本当に素晴らしいプログラム。「今のローリーのミューズは宮原なのでは?」と言う人もいますが、私もそう思います。ローリーが宮原さんに与えるプログラムが年々神がかってきてるから。ベテラン年齢になっても、ロシアンクワドモンスターたちが出現してきても、情熱やモチベーションを保ち続けていることをみても、彼女は本当にフィギュアスケートが好きなのだろうなと思います。


参加してます。よろしければ、ポチっと応援お願いします♪

フィギュアスケートランキング

テーマ : フィギュアスケート - ジャンル : スポーツ

タグ : 2019-2020_season

2019/11/10 11:15 | 羽生結弦以外COMMENT(2)TRACKBACK(0)  TOP

 | BLOG TOP |  NEXT»»