「羽生に勝つという領域は存在しない」 ~ネイサンインタ②

新しい記事ではないんですが、これも途中で保留になってた記事です。
朝日新聞のネイサンのインタの記事です。有料記事なので全貼りしておきます。



「羽生に勝つ領域はない」ネーサン・チェンの勝利の美学(20191025 朝日新聞)

 ずっと不思議に思っていたことがある。今年3月にあったフィギュアスケートの世界選手権で勝った男子のネーサン・チェン(米)だ。五輪2連覇を果たした2位の羽生結弦(ANA)に22・45点差をつけて優勝したのに、試合後の取材で「勝ててうれしい」という趣旨の発言はなかったように記憶している。

 チェンにとって、「羽生に勝つ」とはどんな意味を持つのか。彼に聞きたくて、4月の世界国別対抗戦で取材を申し込んだが、体調不良のため急きょキャンセルになった。シーズンオフを挟み、大会3連覇を達成したスケートアメリカから一夜明けた20日、朝日新聞の取材に応じてくれた。

 単刀直入に聞いた。なぜ「勝った」という表現を使わなかったのか、と。

 「結弦は驚くような選手であり、僕が何をやろうとも、彼が今まで成し遂げてきたことを奪い取ることはできない。彼はもう、このスポーツに自分の地位を確立した。そして、特定の選手に勝ったと口にすることは少し失礼な気がします。勝敗は自分が決めるものではなく、ジャッジ(審判)が決めたものなので」

 チェンの心の中に「羽生に勝つという領域は存在しない」と表現した。常に尊敬する対象であり、目標とすべき選手であるという。

 しかし、スポーツに勝負はつきものだ。その点について聞くと、チェンは言葉を選んだ。「競技に出ている限り、勝ちたいという気持ちは当然あります。ただ、誰か一人の選手を負かしたいというような気持ちで挑むことは、自分のやりたいことの妨げになる。自分の集中を失わないようにして、できる最高の演技を目指してやっていくように、毎回、試合で心がけています」

 昨季のチェンは世界選手権、グランプリファイナルなど出場したほとんどの大会で優勝した。今季のスケートアメリカは2位に40点差以上をつけて圧勝した。シーズン序盤から絶好調に思えるが、「スポーツは常に変わっています。個人も進化しています。誰かが手の届かないところに永遠にいることはない。一つの試合の結果にとらわれすぎていると、全体の視野を失ってしまう気がします」と、謙虚な姿勢を貫く。

 今、何をモチベーションにしているのか。「自分の中では最高の演技をしたいという気持ちがある。完全に納得できるパフォーマンスはまだ、やっていない。どの大会でも、少しずつミスがある。エレメントのレベルを失ったり、予定していたことが全てできなかったり、あるいは音楽にちょっと遅れてしまったり。全てにおいて自分が満足できるという演技は不可能かもしれないけれども、少しでも、それに近づいていけるようにということを目標にしています」

 結果的に、チェンは当たり前のように勝ち続けるが、勝つことだけを目指しているわけではないというわけだ。フィギュアスケートの魅力やチェンの勝利への美学だけでなく、点数だけでは表せない羽生の存在感や影響力の大きさを改めて感じた。

 最後に、5回転ジャンプについても聞いてみた。新たな大技に挑戦するのか、と問うた。「現在、僕は(5回転に)興味を持っていない。もし、結弦らがマスターして武器として使えるようになってくるのであれば、自分も集中して5回転をマスターしようと努力をするかもしれないけど、今のところ、その必要は特に感じていないです。ただスポーツは常に変わっていくので、ちょっと様子を見ようと思っています」(ラスベガス=大西史恭)



彼が今まで成し遂げてきたことを奪い取ることはできない
→ そんなの当たり前でしょ?(笑)

勝敗は自分が決めるものではなく、ジャッジ(審判)が決めたもの
→ 師匠のラファと同じこといってる。採点優遇批判からの逃げのように聞こえてしまう(笑)

誰か一人の選手を負かしたいというような気持ちで挑むことは、自分のやりたいことの妨げになる
→ プルさんもバンクーバーで負けたのは、誰かに勝ちたいと思ってしまったからだと言ってたわね。

どの大会でも、少しずつミスがある。エレメントのレベルを失ったり、予定していたことが全てできなかったり、あるいは音楽にちょっと遅れてしまったり
→ つなぎがスカスカとか、助走が長いとか、コレオが上半身だけのタコ踊りだとか、そういうことはどう思っているの?

私が意地が悪いのかしら? 大西さんのように発言を美化できなかった。賢いネイサンが採点優遇されているのを知らないはずないしね。ただ、本当にソツがない受け答えではありますね。アホでないことは確かです(笑)


Icetalkでは、ネイサンはこんなこと言ってたもよう


要はジャンプが安定したらつなぎ入れるってことね。一応スカスカの自覚はあるのね。でも、6分間練習でつなぎ入れても、ジャンプが安定しないから、結局試合ではスカスカになるのよね…。そして、「助走→ジャンプ」が終わった後の足元お留守のタコ踊りコレオは、なぜかいつもGOE満点の定額性…う~ん(笑)


この海外スケオタさんも疑問を呈してますね。


大会は違うけど、まったく同じ失敗でもネイサンだけは転倒扱いにならないし…。


これも大会は違うけど…。


前回のネイサンインタをとりあげたときも触れたけど、「嫌いなスケーター」を聞いたら、ダントツトップになっていたネイサン(今年のGPSの表彰台組のみ対象のアンケだったけど)。こういう優遇採点が嫌われる最大の理由だと思うの。しかも、あのアンケートには日本と中国の票は入っていなかったそうよ。特に中国の票なんて入った日には…えらいことになりそうだわ(汗)


(5回転は)今のところ、その必要は特に感じていないです。ただスポーツは常に変わっていくので、ちょっと様子を見ようと思っています
→ ステファンは5回転は不要派。そう、美しく回らなければ…なんでも回りゃいってもんじゃないのよ。



本当に…雑巾絞りのジャンプは見たくありません…。


女子と男子見比べるとわかるけど、女子の方が男子より全体的にうまいんだよ。これは競技人口の差が影響しているのだと思う。1/10だものね。だから、今でも2TOPだけが飛び出していて、それ以下の選手との実力差が大きい状態。本当に正当な採点したら「羽生結弦一人旅」の様相になってしまうから、ISUとしてはそれだけは避けたくて、現在のような偏向採点してるんじゃないか…と勘繰りたくなる。

男子が女子に唯一アドバンテージをとれるのがジャンプだった。そのジャンプすら、エテリ組がクワド(なんちゃってクワドにしろ)をバンバン入れるようになって、男子はそのアドバンテージすらなくそうとしてる。これからの男子フィギュアはどうなってしまうのかしら…。


参加してます。よろしければ、ポチっと応援お願いします♪

フィギュアスケートランキング

テーマ : フィギュアスケート - ジャンル : スポーツ

タグ : 2019-2020_season

2019/11/13 10:45 | 羽生結弦以外COMMENT(8)TRACKBACK(0)  TOP

中国杯、中国選手は正しい技術をもっていると再確認した件

中国杯が終わりました。
宮原さんが出ているので、ショートとフリーはライブでみました。
録画はしてませんでしたが、宮原さんのフリーがあまりにも良すぎて、リプレイで流れるのを期待して、男子のフリーを録画してしまいました。今日の朝、宮原さんの演技を見るついでに、最初は見るつもりがなかった男子も何人かザックリと見てみました。で、その感想ですが…。

中国はフィギュアに関しては至極マトモな国です。選手も正しい技術を教えられているし、実況解説をはじめとしたメディアも恣意的な報道はしません。そして、なにより注目すべきことは、最近とかく苛々することが多く物議を醸す男子シングルの採点ですが、この中国杯の採点がしごく真っ当であったこと。

フィギュアも公正な採点であれば清々しいものなのね。結弦くんとネイサンと、日本の二番手選手が出ていないと、こんなにストレスフリーで後味の良い試合になるのかと(笑)。ボーヤンとハンヤンという地元選手で1位2位でしたが、恣意的な採点はみられず、PCSの爆盛りもありませんでした。ボーヤンなんてもう少しPCSあげてほしかったくらい(笑)






お手本のようなボーヤンの4Lz。


シェルバコワ選手とのスロー比較。


こちらは動画を重ねているからもっとわかりやすいです。
マッシさんが4回転じゃなく3Aだと言ってたけど、これを同じジャンプと認定していいの?


そりゃ、回転つけやすい上に下でも回ってたら、4Lz跳びやすいわな。
ただ、マッシさんも、女子の上族のクワドジャンパーはいないからまだ仕方ないと。でも、男子は上族がいるのだから、下族のジャンプはもっと厳しく見るべき…と言っておられました。誰とはいいませんが、ほぼ下で1回転回っている男子クワドジャンパーもいます。マジでなんとかしてほしい。これでは正しいジャンプを跳んでいる選手が浮かばれない。




宮原さんが下族なのはわかってる。でも、彼女のジャンプには高いGOEはついていない。彼女がずっとトップグループにい続けているのは、ジャンプが安定していることと、ジャンプ以外の要素を最大限にまで磨いてきたから。

宮原さんのフリーは、FaOIで初披露していたときから、完成したら名プロになる予感がしていたけど、本当に素晴らしいプログラム。「今のローリーのミューズは宮原なのでは?」と言う人もいますが、私もそう思います。ローリーが宮原さんに与えるプログラムが年々神がかってきてるから。ベテラン年齢になっても、ロシアンクワドモンスターたちが出現してきても、情熱やモチベーションを保ち続けていることをみても、彼女は本当にフィギュアスケートが好きなのだろうなと思います。


参加してます。よろしければ、ポチっと応援お願いします♪

フィギュアスケートランキング

テーマ : フィギュアスケート - ジャンル : スポーツ

タグ : 2019-2020_season

2019/11/10 11:15 | 羽生結弦以外COMMENT(2)TRACKBACK(0)  TOP

「ネイサンはフリーのクワドを6本に戻すのか?」 ~ネイサンインタ① & ゆづが英国のビッグ・ベンアワードにノミネート!

ネイサンとラファのインタが入ってきています。



以下は続き。

ラファ:スポーツはみんな進化させたいと思うのが常だから、ルールによってスケートの進化を止める事はできない。
僕は羽生の大ファンだ。スケカナでは高得点だったらしいね。彼は非常に象徴的なスケーター。

ネイサン:彼は五輪2連覇。質の高いクワドを入れたプログラムで高得点を獲得し、今シーズンの素晴らしいスタートを切った。彼はフィギュアスケート界のロールモデルだ。
6クワドはリスクが高過ぎる。4は6より数は少ないけど、4本の質の高いクワドを安定して跳ぶことが今は重要になってきている。だからと言って、僕が6クワドを跳ばないと言ってるんじゃないよ(笑)

※FS冒頭のコンボが4Lz3Tか4F3Tになる可能性について尋ねられると、4Lz3Tにする事はないと答えて…

ネイサン:これが、クワド+クワドのコンボになったりもしないよ(笑) (クワド+トリプルを否定したから。だけど、クワド+クワドにもしないよ)
(現時点では4Loの練習はしていない)

ラファ:勿論、我々は6クワド(を視野に入れて)や、4Aの習得に取り組んでいる、いずれは5回転もあるかもしれない。ネイサンが今何を練習してるか、それは試合で見せてる事だよ。



ネイサンが6クワドはリスクが高いので4クワドで質重視に…みたいなことを言ってるのに、ラファが一人で6クワドやら4Aやら5回転やら言ってる。インタを読む限り、ネイサンよりラファの方が前のめりになってるような…。ライバルへの心理作戦もあるのかもしれませんが、4Aやら5回転やら持ち出してるのをみると、ラファは結弦くんをすごく意識してるな~と感じます。で、またこの結弦くんのこの言葉を思いだしてしまうのです。ああ、しびれる。カッコいい…。



アメリカのハーシュさんも、結弦くんとネイサンの2TOPの争いという見解ですね。


アメスケ連は、人気欲しさに色々画策してますが、これみると逆効果じゃんね?


「好きな」スケーター、結弦くんが約85%?でダントツトップ。
ネイサンは5%もあるかな?って感じですね。
反対に「嫌いな」スケーター、水色とオレンジ合わせたら70%くらいネイサンが占めてる。
アメリカの思惑をよそに、ネイサンはすっかりヒール役に…。
アメリカさん、これがあなた達がやってきたことの結果です。

いいですか? スターは作れないのですよ!!


アリさん、なんちゃらアワードはいりません。本物は競技の枠を超えて評価されるんです。


ビッグ・ベンアワードのサイトはこちら
https://www.sealnews.co.uk/2019/09/29/2019-heracles-prize-of-big-ben-award/

2019年のBig Ben Awardのヘラクレス賞(スポーツ分野)で、2019年9月29日に今年の世界で最も活躍するアスリートトップ10の一人に結弦くんが選出されたそうです。こういうニュースは本当に嬉しいけれど、同じアワードでも思惑まみれのISUの選考はただただしらけるだけだと思います。つーか、もう今の結弦くんは狭いフィギュア界の枠に収まる人ではないんだよな。日本フィギュア村なんて言ってたけど、最近はISU自体が「村」にしか見えなくなってきたわ…。


参加してます。よろしければ、ポチっと応援お願いします♪

フィギュアスケートランキング

テーマ : フィギュアスケート - ジャンル : スポーツ

2019/11/07 14:35 | 羽生結弦以外COMMENT(2)TRACKBACK(0)  TOP

ゆづが撒いた種が確実に芽を吹いている ~JGPS2019アメリカ大会から

ジュニアグランプリシリーズアメリカ大会の結果がでそろいました。
日本選手では、佐藤駿くんがゴゴレフを押えて優勝。
クリケットのリンクメイトの西山くんもアイスダンスで初出場ながら頑張りました。

アメリカ大会に出場していた明らかな羽生リスペクトスケーター(他にもいただろうけど、カムアウトしてるという意味です)3人についてとりあげます。

まず、リンクメイトの西山くん。
結弦くんの背中を追って、2017年1月にクリケットに練習拠点を移しました。





西山くんは、今はシングルスケーターとアイスダンス両刀で練習してるみたいですが、西山くんはジャンプが得意ではないみたいだから、いずれダンス1本に絞っていくでしょうね。カップルを組んで6ヶ月。テッドさんが6ヶ月間でここまで!?と驚愕しておられたそうです。


次に、アメリカの女子スケーターのジェシカ・リン選手。
プログラムと衣装が完全に結弦くんの「ホプレガ」(笑)





最後に佐藤駿くん。今年2月のミヤテレの特集動画です。


佐藤くんは、結弦くんからもらったペンダントを宝物にしています。

国別対抗戦2017

佐藤駿の宝物


羽生リスペクト衣装は、リン選手だけでなく、世界中のノービスやジュニアスケーターが着ていますね。SEIMEI、ホプレガ、パリ散、バラ一、赤ファントム、青ファントム・・・いろいろ見かけましたが、今だにcrazy衣装は見かけません。あの衣装は、かなりハードルが高いのだろうなと思います。まあ、確かにあれは結弦くんしか無理だよな・・・(笑) ホプレガリスペクト衣装は女子選手もよく着ていますね。山本草太くんもジュニアの頃は「悲愴」リスペクト衣装とか着ていました。


結弦くんが撒いた種が、世界中の若い世代で芽が吹きはじめているのを感じます。
結弦くんが愛するフィギュアスケートの発展のために、結弦くんの背中を追うスケーターが一人でも多く増えてくれることを願ってやみません。


参加してます。よろしければ、ポチっと応援お願いします♪

フィギュアスケートランキング

テーマ : フィギュアスケート - ジャンル : スポーツ

2019/09/01 12:00 | 羽生結弦以外COMMENT(6)TRACKBACK(0)  TOP

「怪物かなと思った」 ~高橋大輔、羽生結弦を語る

5月4日『パトリック・チャン「ユヅルが切り拓いた新時代」感想』という記事で、「パトリックよりずっと前から、結弦くんを脅威に感じていた日本人選手について記事にする予定」と書きながら、長らく放置プレイしてしまいました。宿題を消化します(汗)

パトリックの記事で思い出したのが2017年9月3日、BSフジで放送された「アキレアの橋」(ツイではアキレスの橋と書いてますが間違いです。訂正します)。柔道の野村さんと高橋さんの対談でした。そこで、結弦くんとライバル煽りされていた頃のことを語っています。パトリックが結弦くんを意識するよりずっと前から、高橋さんが結弦くんを脅威に感じていたことがわかる対談です。








私が落ちた、あの2012年の伝説のニース。あのワールドで、パトリックが優勝。高橋さんが2位。そして結弦くんが3位でした。高橋さんが「でも、やってることは彼の方が上だった」と言ってますね。ニースのフリーのプロトコルはこちらです。
→ http://www.isuresults.com/results/wc2012/WC2012_Men_FS_Scores.pdf

パトリックチャン TES 90.56 PCS 90.14 TOTAL 176.70(Ded-2.00)
羽生結弦 TES 91.99 PCS 83.00 TOTAL 173.99(Ded-1.00)
高橋大輔 TES 88.76 PCS 85.78 TOTAL 173.94


結弦くんは、ショートでミスしたので最終グループに入れませんでした。しかし、フリーで怒涛の追い上げをして総合で3位に入りました。驚くのは、フリーだけなら、高橋さんより上。TESだけなら、パトリックより上なのです。

本当なら、パトリックはこのときに結弦くんをマークすべきだったのです。しかし、当時のインタでの発言などからみて、パトリックは結弦くんの銅メダルを「まぐれ」だと考えていたようです。実際、運よくまぐれでワールドメダルをとったけれど、そのあと鳴かず飛ばずになる選手もけっこういます。パトリックの言葉がどこまで本心かわかりませんが、結弦くんのことを自分の地位を脅かす存在とまではこの時点では思っていなかったでしょう。でも、パトリックより先に、高橋さんの方が結弦くんの潜在能力に危機感をもっていたのです。

自分でも満足する演技ができてもパトリックに勝てず、下からは結弦くんが突き上げてくる。そして、クリケットに移籍してからの、結弦くんの急成長。高橋さんの性格からして、怖くて仕方なかっただろうと思います。「本当はやめたかったけど、仕方なくやっていた」とか「結弦に負けると思っていたけど、トップにしがみつきたいという思いで続けていた」は、彼の正直な心情でしょうね。「もう勝てない」とわかってるから嫌で仕方ないのに、本当は逃げたいのに、それでも続けざるえない状況だったならば、「スケートが嫌いだった」としても、そりゃそうだろうなとは思います。

自分の悪質オタの結弦くんへの悪行を見て見ぬふりしてたこととか、むしろ煽っていた形跡があることについてはちょっと置いとくとして・・・パトリックと同じような焦燥を、パトリックより1年以上早く感じ、かなり精神的に追いこまれていた心情は理解できなくはありません。ただ、パトリックと大きな違いがあります。セカンドキャリアで迷走しまくってること。今だに、自分より9歳も下の結弦くんへの嫉妬から解放されていないことでしょう。パトリックがソチでの敗北を吹っ切って、むしろそれを今は前向きに捉えることができているのに・・・です。


下からの突き上げに恐怖を感じるのは、トップであればあるほど普通の感覚なのだろうと思います。だから、ほとんどのスケーターは五輪金をとると、さっさと引退してしまうのです。しかし、結弦くんはそうではない。「プレッシャーは原動力」「逆境は快感」と言いはなち、「壁の先にまた壁」があってもそれを自分の成長の糧だととらえられる結弦くんのメンタルがいかに異次元がわかりますね。

彼が年下の選手の突き上げを喜ぶのは、自分を成長させてくれる栄養源だとわかっているからです。結弦くんにとっては、今のネイサンは、さぞかし魅力ある「ご馳走」なのだろうなと思います。ワールドのプレカンのときも、ネイサンをみる結弦くん、すごく「美味しそう」って顔にみえたもの(笑) 


高橋さんは、一度引退したあとアメリカ語学&ダンス留学やらキャスターなどで自分探しをされ、「勝たなくてもいい」&国内限定のお気楽な立場で昨年現役復帰されました。それなら以前と違って、楽しくスケートができるでしょう。最近のAERAのインタでこんなことをおっしゃってますね。


高橋:プロフィギュア界をどう変えていくかは、僕にとって大きなテーマです。プロのスケーターが引退後に就職する場所、ちゃんと職業として食べていける場所が、いまは残念ながらほとんどない。日本のスケーターの引退後の選択肢が変わるような、劇団四季のようなスケート舞台のカンパニーをつくれたらいいなと思っています。

──劇団四季のスケート版ですか。すてきですね。

高橋:劇団四季は、特定の出演者のファンだけでなく、「劇団四季だから見に行く」という人も多く、どの舞台も人気です。バレエの熊川哲也さんのKバレエカンパニーも同様に、Kバレエカンパニーだから見に行くファンがたくさんいます。

高橋:スケートでも、様々なアイスショーが多く開催されるようになりましたが、僕はそれよりも舞台色の強いもの、たとえば「ロミオとジュリエット」をスケートミュージカル化するように、ひとつのストーリーを皆で演じるものをつくってみたい。わかりやすく言えば、Dカンパニー(大輔カンパニー)をつくりたい(笑)。



以前、テレビでの真央さんとの対談で、真央さんに「一緒にアイスショーやろうよ、カンパニー作ろうよ」と誘っておられましたっけ。しかし、真央さんは、引退後、とっとと自分の「サンクスツアー」をたちあげて、現在全国を精力的に回っておられます。高橋さんは、「自分はトップ向きじゃない。片腕の方がいい」みたいなことを言ってたこともありましたが、トップよりむしろ片腕や番頭さんの方が実務能力が必要です。2017年のミヤケンさんとの雑誌の対談で、ミヤケンさんに「賢二先生にはいろんな人とのコネを作ってもらって、『こんな人いるよ』って紹介してもらって」と頼んでるのを読んで、ちょっと呆れました。コネ作りも人頼みなの?と。コネくらい自分で作りましょう。それではトップどころか片腕も無理ですよ。Dカンパニーも周囲にお膳だてしてもらって神輿に乗るだけ・・・というつもりなのでしょうね。

引退後、何が一番大変だったかということで、雑誌のインタでこんなことを言っておられました。インタの時期は昨年の8月24日です。


「しゃべりの才能がないことはわかっていたんですけど、大変でした。これが結構トラウマで、今、人前でしゃべるの超苦手で、今でもすごく超緊張します。現役のときはまだもうちょっとしゃべれた気がするんですけど」

ーしゃべる仕事の時は手汗がすごいと言っていましたね。

「もう、今も本当に拭いきれていないです(笑)」

ーじゃあ囲みもつらいですね。

「慣れてなくて、慣れてないというか、前以上に無理。それくらい、とっても苦手になってます。プライベートでも大勢の人がいる中でしゃべるのもダメになったりするので」



事務所も、これだけしゃべるの苦手だ苦手だといってる人をなんでバラエティー番組にだしたりしたのでしょう。日テレなので「氷艶」の宣伝をかねていたのでしょうけど、むしろマイナスだったのでは・・・。

いつも鋭い分析をされるshinさんの記事です。高橋さんの某番組について。全面的に同意です。
→ https://ameblo.jp/shinibuki-blog/entry-12461568179.html


今年は国際大会に出場されるのでしょうか。しないのなら、早めに特強を辞退されることを願います。


参加してます。よろしければ、ポチっと応援お願いします♪

フィギュアスケートランキング

テーマ : フィギュアスケート - ジャンル : スポーツ

2019/05/17 13:10 | 羽生結弦以外COMMENT(6)TRACKBACK(0)  TOP

 | BLOG TOP |  NEXT»»