クリケットの母・トレイシー・ウィルソン 羽生結弦を語る

昨年の2月頃にUPされた古い動画ですが、クリケットの母・トレイシーが、結弦くんについて語っています。まだ知らない方のために紹介します。以前から紹介したいと思いつつ、のびのびになっていましたが、今年の世界選手権を迎える前に・・・と思いました。


Tracy Wilson Talks to TSL about Working with Yuzuru Hanyu & Yuna Kim



動画サイトのコメント欄で、翻訳をしてくださっています。
結弦くんに関する部分だけお借りしました。注目ポイントを太字にします。
翻訳の全部を読みたい方はこちらまで。

D=デイヴィッド T=トレイシー・ウィルソン J=ジェニー

D: 氷上とオフアイスの羽生選手について語って下さい。

T: 熟練した選手ですが、学ぶ姿勢を崩さない謙虚な心の持主。若くて面白く、よく笑い、真っ先に他の選手を祝福し応援します。ストロークのクラスでは自分を極限に追い込んで練習。リンクから上がる際、氷に触れ一礼し感謝を表し、他のスケーターには敬意を払います。何年前か、進路の邪魔をした選手がいました。その選手は確か音楽をかけていました。二人とも足を止め、その選手が怒鳴り始めたので止めに入りましたが、なぜか先に謝ったのはユヅ。「すみません、すみません」と頭を下げて。相手は歳下でした。国の異なるスケーター達にとって良いお手本です。ユヅとハビエルはトレーニング仲間ですが、二人ともとても紳士。他のスケーターに親切で模範的。皆の心が温まり、力になります。弱肉強食ではなく、お互いを見守り学び合っています。ユヅが氷に乗ると、あっと言う間にリンクを周りバーンと3Aを跳び、お早うみんな!そんな風に素晴らしい。可能性というものに気付かせてくれます。

J: 今季は超越した凄さでフィギュアスケート界のレベルをひとつ上げましたね。一つ気付いたことですが、内反足気味なのかラインが伸び切っていません。つま先を伸ばすよう練習中に助言したりなさることは?

T: 勿論あります。ユヅはラインやエッジワークの美しいスケーターです。より大事なのは、プログラムに何を入れたいか。4回転を一つだけ、3Aを二つ、あとは3回転の構成なら、もっと身体のラインを見せられるでしょう。でも何もかも入れるとなると、肉体的、感情的、精神的疲労が激しい。体をリラックスさせるパートが必要になります。世選にまでにラインを改善したいと思っています。元々ラインは美しいし、ジャンプを全て飛んだ上でそれを付け加える能力もあるので。今の所、後半に備えて合間合間に体をリラックスさせていますが。4回転がもう一つと3A二つがありますからね。

J: 今季は3回転のミスが少なくなり、プログラム終盤でさほど息切れをしていませんね。以前は最後に失神しそうなほどでしたが。この二点について今季、どんなトレーニングを?

T: トレーニングは質が重要。完璧なトレーニングが選手を作ります。何も考えずに練習するのはだめ。その意味や要点に注意することです。プログラム中にジャンプ以外の事を考える暇はありません。プログラム外の練習を確立すべき。3回転の準備運動も、ただのウォームアップではなく、フリーレッグ、頭や身体の位置、ストロークなど、細かい部分を意識すること。その上でプログラムに組込む。リンクで下を向いて練習しているスケーターは、競技になると急に頭を上げますが、それって違いますね。ウォーミングアップとFSで突然パターンが変わるようではだめ。トレーニングの質とはこういうことです。
結弦に何をしろと言う必要はあまり無いですね。自発的に来ます。スケートカナダの後、こう言って来ました。3Lz+3Tと4回転は良くないと思う。FSで冒頭に4回転を二つ跳ぶのは慣れているので、それを[SPで]やりたい、と。驚いたけどOKしました。こんな具合です。ユヅは自分自身を知り抜いています。


D: ジョシュア・ファリスやガブリエラ・パパダキスの件で今季は脳震盪が話題です。昨季は中国杯で羽生が未曾有の衝突事故で脳震盪を起こしましたね。脳震盪について学ぶことが多いですが、あの時、出場したのは今振り返ると正しかったと思いますか?

T: 出場許可を受けたと聞いています。ブライアン(オーサー)は無理しないよう言い渡していました。でもアスリートはやはりアスリートですから。バックステージでテストを受けた後、滑走許可が下りました。ブライアンが少しでも疑問を感じていれば結弦が氷上に立つことはありませんでした。話し合いがあり検討され、筋が通っていた。日本語を話し通訳できるトレーナーもいたので、ブライアンはよしと判断したのでしょう。ブライアンをよく知っている私の答えはイエスです。出場して正解でした。

J: 自己最高の演技を二度続けた後、全日本で少し調子が落ちましたね。どのスケーターにもどうしても体の調子が少し落ちる時があります。コーチとして、どのように調子を上げますか?昨季の世選の悔しさは、どれほど今季の力になっていますか?

T: あの悔しさが今季の原動力になっています。それとスケートカナダで味わった悔しさですね。悔しさをエネルギーにする、それがチャンピオンです。「あー僕はダメだ…」とはならない。ユヅは私を見て「悔やしい」と言いました。「何ですって?」と聞き返すと「悔やしいです。どうやったら…」。そんな時、ブライアンはやり手ですよ。歴戦のスケーターとしてコーチとして、選手にかけるべき言葉を見つける才能があります。スケーターはそれぞれ違うのでバランスの良いトレーニングプランを立て、その選手に合った大まかなプランを紙に書き出します。基本的にこれに従いますが、選手が疲れている場合は休ませます。結弦の場合、身体の管理が肝心。健康を保つよう彼も我々も心がけています。怪我のリスクを最小限にするため。世選に向け安定したトレーニングができるよう最低5週間は欲しいですね。基本的に完全を目指すことなく取りかかります。これは世選でも競争でもなく単なるトレーニングであり、消化することが目的、標準的にこなせばいい、とね。

D: 羽生はエキシビションで素晴らしい4Loを見せています。プログラムに入れる所まで行っていますか?世選で見られますか?

T: わかりません。結弦次第ですね。今、日本にいますが、来週、こちらへ戻ると思います。彼次第ですが、今年、競技に入れるかは疑問ですね。でも彼の4Loは美しいですよ。入れるならプログラム冒頭ですね。世選に入れることになれば、教えますよ。連絡しますね。


太字で書いたところが、今回注目してほしいところです。練習中、他の選手に進路を邪魔されても、先に謝ったのは結弦くんの方だったと。謙虚な心の持ち主で、とても紳士だといっています。これは、世界選手権前の2016年2月にUPされたインタなので、テン選手との練習妨害トラブルについて、トレイシーに何らかの他意はありません。あの事件を意識して、弁護してるわけでもない。そのまま、トレイシーが感じたままの『羽生結弦評』だと思います。

2016年の世界選手権、私はいまだに見返すことができません。
いろいろな意味で辛いワールドでした。
たぶん、そういうゆづファンは私だけではないと思います。

テン選手とのトラブル。アンチが鬼の首をとったように結弦くんを叩くのは予想範囲内だけど。
一番ショックだったのは、自称ゆづファンにすら、結弦くんに味方する声が意外に少なかったこと。
(当時、『羽生結弦選手 テン選手との練習妨害トラブル まとめ(検証動画あり)』という記事にしました。興味のある方は、記事タイトルから飛んでください)
ショートで10点以上の点差をつけてトップに立ちながら、フリーで逆転されてしまったこと。
その原因が重篤な怪我であることが判明したこと。

2ヶ月も氷上練習ができず、アイスショーすら全休という非常事態。
焦る気持ちの中、なにかと支えてくれたのは、トレイシーだったとか。
多くの弟子を抱え細かい部分まではフォローしきれないだろうオーサー。
その隙間を、トレイシーが埋めてくれてるのかもしれません。

こんなツイを見かけました。



『羽生結弦』という存在の重さ、世界のどこでもなく、日本のフィギュアスケート界に生まれてきてくれたことの意味の重大さを、日本のスケート界やメディアはあまりわかっていないようですが、ちゃんと理解してくれる人はいます。
彼が日本人でなくてもファンになっていただろうし、日本以外の他の国の選手だったら、もっと敬意を払った扱いをしてもらえたのではないかと思いますが(笑)、それでも、日本に生まれてきてくれてありがとうと・・・それはファンの総意だと思います。

昨年の辛いワールドを、今年のワールドは素晴らしい結果で上書きしてくれると信じています。



日本だけじゃない、世界中のファンがあなたの優勝を願っています。
ファンの応援が、あなたの力になりますように・・・心から祈っています。

世選2017仙台広告


よろしければポチっとお願いします♪

人気ブログランキングへ

テーマ : フィギュアスケート - ジャンル : スポーツ

2017/03/23 12:10 | クリケット・プログラム・CSCOMMENT(13)TRACKBACK(0)  TOP

スペイン番組よりオーサーインタビュー動画(ゆづ出演あり・翻訳付)

スペイン番組の、オーサーのインタビュー番組の動画がUPされています。
日本語翻訳付きです。動画主様、ありがとうございます。
スペイン番組なので、ハビくんのことが多いですが、結弦くんのこともいろいろ語ってます。
2番目の動画には、結弦くんもインタビューに答えています。


スペイン番組よりBオーサーインタ①-BBI-


スペイン番組よりBオーサーインタ②-BBI-



「ハビは社交的。結弦は社交的ではない」・・・これは、結弦くんのディスってるわけではなく、二人の個性の違いとして語っているのでしょう。「チーム・ブライアン 300点伝説」の中でも、結弦くんとハビは仲がいいが、プライベートで食事したことはないと推察できる記述がありました。まあ、そうでしょうね。クリケットで5シーズン・・・いまだにナイアガラにすら行ったことがないくらいですから(笑) 「カナダはスケートをするためにいる」を徹底してる。試合でヨーロッパに行ったときは、観光したりしてたときもあるから、単にナイアガラに興味ないだけかもしれないけど(笑)  「外食は年に2~3回」・・・ハビくんに限らず、他の友人と食事を一緒にとることもないのでしょう。

でも、結弦くんはフレンドリーな子です。結弦くん自身が「自分から心を開かなければ、相手は心を開いてくれない」という考え方の持ち主だからです。あの村主章枝さんですら、「羽生選手だけはフレンドリーに接してくれた」と言ってたくらいです(笑)

フィギュアスケートのファンは、女性が多いせいか、「誰と誰が仲がいい」という仲良しごっこの話題が好きで、ネットでも盛り上がっていることがあるけど、結弦くんに関しては、あまり関係ないのではないかな・・・と思っています。彼は誰とでも区別なく、フレンドリーな態度で接する人だから。ただ、感じるのは・・・彼は誰にでもフレンドリーだけど、日本人が好きな「群れる」「馴れ合う」ということには、興味がないんだろうなということ。これは、彼の強さの証明でもあり・・・また公平さの所以でもあると思います。

でも・・・そう、だれかが言っていた。「羽生選手は、”居間までは簡単に入れてくれるけど、その奥の寝室にはなかなか入れてくれない”タイプ」だと。う~ん。これは”言い得て妙”だと思いましたね。指田さんを、「生まれて初めてできた親友」だといっていた。指田さんの雑誌のインタを読んだとき、結弦くんにとって、指田さんは、「弱い素の自分」を見せられる希少な存在なのだろうなと感じました。

それにしても、結弦くん、英語の発音よくなりましたね。やはり、耳がいいんでしょうね。
ハビくんの活躍で、フィギュアスケートが超マイナースポーツであるスペインで、ハビくん座長(?)のアイスショーが開催されるようになりました。CSの「GAORA SPORT」で見ましたが、生ライブとのコラボもあり、なかなか豪華なショーでした。ちょっとFaOIに似てるかな。

これほどの尺をとってのインタビュー、なかなかないので貴重な番組だったと思います。それもスペインで。これもハビくんの活躍のたまものでしょう。なんで、フィギュア熱の高い日本で、こういういい番組を作ってくれないのでしょうね・・・。


よろしければポチっとお願いします♪

人気ブログランキングへ
 

テーマ : フィギュアスケート - ジャンル : スポーツ

2017/02/24 11:05 | クリケット・プログラム・CSCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

タラソワが羽生結弦に送った感謝のメッセージ(動画あり)

結弦くんがエキシビションで演じた曲はタラソワのリクエストでした。
タラソワは、結弦くんをとても高く評価してくれていて、昨年のGPFのときも絶賛していました。
ロシア語実況動画でも、タラソワの興奮ぶりはすごかったですが、振り返ってみます。
ソースはこちら → タラソワ「羽生は天才中の天才」

 「稀有の逸材で、天才中の天才。言葉もありません。感激、の一言です。なんと長く続いた登り坂だったことでしょう。なんと長いあいだ、自分に可能な全てのことを行ない、ひとつにまとめ上げるための力を、十分に持てないでいたことでしょう。今はもう、ただただ彼に感謝しています。私はコーチとして50年も働いてきました。そしてついにこのようなものを目にする幸福を味わっているのです。人間の到達点に限界などはないのだ、ということを、この目にしているのです。彼は今こそ強く、軽く、繊細です。すべてがまさにあの回転のために機能している。彼が跳ぶとき、彼はまるで空気を手につかんでいるようなのです。彼自身が空気のない空間にいるようなのです。たぐい稀な選手です」

結弦くんも、タラソワの高い評価と期待をしっていたのでしょう。
ワールドのフリーでいい演技ができず、優勝を逃したとき、彼はタラソワに謝罪します。

結弦が、タラソワに「すみません(おそらくいい演技ができなくて)」と言うと、
タラソワは彼をぎゅーっと抱きしめて泣き始めた。
「親愛なる小さく尊く儚い男の子」
彼女は好きな音楽(色んな曲をめいっぱい)をCDに記録していた。
そして彼がそれを必要とする日が来たときのためにプレゼントした。


結弦くんは、そのCDから「星降る夜」をEXプロに選び、タラソワにプレゼントした。
そして、それだけでなく、タラソワに、サイン入りの写真を添えて、お手紙を送ったのです。

先日のロステレコム杯、男子フリー第一グループの直前練習で、タラソワが解説席で、そのエピソードについて語っています。結弦くんからの手紙、すごく嬉しかったみたいですね。


[Eng Sub][日本語字幕] Tatiana Tarasova commented about Yuzuru Hanyu - タラソワ氏が羽生結弦へ送った感謝のメッセージ



字幕ボタンを押すと、日本語字幕のオンオフが切り替えられます。
タラソワの言葉を、念のために転記しておきます。

タラソワ 「昨日、とても嬉しいことがあったの。突然、日本のスケート連盟の人に呼び留められて、プレゼントを渡されたのよ。それは羽生からの手紙で、彼にエキシビションの曲を贈ったんだけど、それはすごく彼に合っていると思ったの。」 

グリーシン 「それで?」
 
タラソワ 「その手紙には彼の写真がのっていて、『親愛なるタチヤナへ』と書かれているの。この曲の写真で、その曲について、2ページにわたって感謝の言葉が書かれているの。私は呆然とさえしてしまったわ。選手がコーチに感謝するということは、私たちにとっては普通のことではないから。」 

グリーシン 「どうして普通じゃないと?」
 
タラソワ 「とても嬉しかった。とても嬉しかった。ありがとう羽生。」


「選手がコーチに感謝するということは、普通のことではない」って・・・そういうもんなんだ。
結弦くんは、オーサーにいつも感謝の気持ちを表してるから、それが普通だと思ってた。
それならよけい、感激するよね。タラソワはコーチですらない、ただCDを贈っただけなのに、今をときめく生きるレジェンドがこんな気遣いをしてくれたら。
結弦くん、本当に気配りの塊みたいな子だなあ。あーあ、これで、タラソワも完落ちだわ(笑)
結弦くん、天然タラシすぎて、もう・・・ホストだったら、大量の女(男も)を破滅させそうよ。
結弦くんには、日本を初め、世界中にオカンがいますが(笑)、タラソワは最強のオカンになるかも。
結弦くんのEXの演技の感想も聞きたかったですね。私がタラソワなら、絶対泣く・・・。


SCEX2016-2


よろしければポチっとお願いします♪

人気ブログランキングへ

テーマ : フィギュアスケート - ジャンル : スポーツ

2016/11/08 13:26 | クリケット・プログラム・CSCOMMENT(10)TRACKBACK(0)  TOP

羽生結弦選手の今シーズンのエキシビションプロはこれ!

結弦くんの今シーズンのエキシビションプロがわかってきました。



滑走順。2部の2番滑走です。
SC2016EX-1


憧れのジョニーも、2005-2006シーズンに、SPで滑っていました。振付はタラソワ。

Johnny Weir 2006 Olympic Games Short Program - The Swan



よろしければポチっとお願いします♪

人気ブログランキングへ

テーマ : フィギュアスケート - ジャンル : スポーツ

2016/10/30 17:25 | クリケット・プログラム・CSCOMMENT(2)TRACKBACK(0)  TOP

羽生結弦選手 クリケット最新画像 & 癒し画像

「Toronto Cricket Skating & Curling Club」のインスタに、結弦くんと女子スケーターとのツーショット写真が相次いでUPされました。さすが、現オリンピックチャンピオンは人気ものです。


20161017clicketyuzu-2.jpg

https://www.instagram.com/p/BLnlUbmDFs2/?taken-at=15677665

20161017clicketyuzu-1

https://www.instagram.com/p/BLoVDwCDg0Z/


いつも安定の可愛ゆい結弦くんです。ついでにtwitterなどで拾った癒し画像を3枚ほど。


yuzuearth
結弦くんの年間移動距離がすごい!ってことで・・・オーサーには負けるだろうけど(笑)

yuzutonodoll
可愛いんだけど、どこか笑いを誘うゆづ殿ドール。粘土製かな? お花が似合うこと(笑)

nishikawaangel
ゆづマミ様のtwitterより。この世に降りたった天使? 今回クリアファイルないのが惜しまれる。


よろしければポチっとお願いします♪

人気ブログランキングへ

テーマ : フィギュアスケート - ジャンル : スポーツ

2016/10/17 12:50 | クリケット・プログラム・CSCOMMENT(2)TRACKBACK(0)  TOP

 | BLOG TOP |  NEXT»»