美4Lz! ~羽生選手のロステレ2017公式練習初日

今日、日本時間で16時30分から、男子第一グループの公開練習が行われました。

結弦くんのクリーンな四回転ルッツがJチャンで流れました。
このクオリティのルッツだからこそ、「入れる」と言えるのでしょうね。
ツイより、動画をお借りします。



現地さんの動画です。ツイよりお借りします。4Lz、どの角度から見ても美しい。



マッシさんも、太鼓判を押しています。フリーで、4回転ルッツ成功しますように!



20171019スポニチより


参加してます。よろしければポチっと応援お願いします♪

人気ブログランキングへ

テーマ : フィギュアスケート - ジャンル : スポーツ

2017/10/19 18:10 | GPシリーズ(2017-2018)COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

「フリーで4回転ルッツを入れる」&ロシア杯チケット売り切れ!

いよいよ心臓に負担のかかる瞬間が近づいてまいりました(笑)
昨日、非公開練習があった模様です。

羽生、今大会で挑戦か4回転ルッツを精力的に練習(20171018 日刊スポーツ)

 フィギュアスケート男子でソチ五輪金メダリストの羽生結弦(22=ANA)が18日、20日開幕するグランプリ(GP)シリーズ第1戦ロシア杯に向け、モスクワの会場で約40分間、非公式の練習を行った。

 練習の中盤、精力的に続けて跳んだのは、まだ試合で決めたことのない4回転ルッツ。2度バランスを崩し、3度は回転不足と1本も完璧には決まらなかったが、今大会での挑戦をにおわせた。

 ブライアン・オーサーコーチは、9月の段階でプログラムに組み込むことは「今季の計画にある」と明言している。ルッツは4回転の中で2番目に得点が高く、トップ選手で試合に組み込んでいるのは昨季4大陸選手権王者のネーサン・チェン(米国)、世界選手権銅の金博洋(中国)ら数えるのみ。もし羽生が成功すれば、使える4回転の種類は、トーループ、サルコー、ループに加え4つとなる。

 練習後、4回転ルッツに挑むのかの質問に羽生は笑みを浮かべて会場を去った。ANAスケート部の城田監督は「明日(19日)の練習を見てください」と含みを持たせた。



羽生、4回転ルッツ跳んだ!5本中1本成功、フリーで挑戦も(20171019 スポニチ)

 フィギュアスケートのGPシリーズ第1戦ロシア杯(20日開幕)に出場する羽生結弦(22=ANA)は18日、モスクワの本番会場で練習を行い、高難度の4回転ルッツで着氷した。

 公式練習日ではなかったが、前日に現地入りした世界王者は本番リンクを独占して約45分間練習。自身4種類目の4回転ジャンプとなるルッツに挑むと、1本目で腰を落としながらもこらえて降りた。

 計5本挑戦して、着氷したのは1本だった。4回転ループではミスが目立ち、ANAの城田憲子監督は「(移動の)疲れもある。(ジャンプの調子は)明日はもっとよくなる」と話した。調子が上がれば、フリーで4回転ルッツを投入する可能性が出てきた。



20171018報道ステーション

昨日の報道ステーションでこう言ってましたので、本気で投入するつもりなのでしょうね。
それだけ調子が良いのだと、前向きにとらえましょう。
さて、今回のロシア杯、試合の数日前にチケットが売り切れるという異例の事態になっています。


羽生結弦、メドベージェワ登場でチケット売り切れ フィギュアロシア杯開催、地元ファンの熱いまなざし(20171019 産経)

 韓国・平昌五輪シーズンのフィギュアスケート・グランプリ(GP)シリーズが20日、ロシア杯の開催を機にスタートする。計6戦行われ、第2戦のカナダ杯(10月28~29日)、第3戦の中国杯(11月3~5日)、第4戦の日本・NHK杯(11月10日~12日)、第5戦のフランス杯(11月17日~19日)、第6戦のアメリカ杯(11月25日~27日)まで、男女ともに各国の有力選手が登場。ポイント上位6選手は12月7日~10日、名古屋市で開催され、五輪金メダルを占う前哨戦となるGPファイナルへの出場権を得る。

 ロシア杯に出場する羽生結弦(ANA)はすでにモスクワ入り。地元のファンが前回ソチ五輪王者を熱く出迎えた。

 ロシア・フィギュアスケート連盟によると、競技が行われるロシア杯の初日、2日目の観戦チケットはすでに売り切れ。男子は羽生、女子はモスクワ生まれの17歳で、世界選手権2連覇中のエフゲニア・メドベージェワの人気選手らが出場するためで、14000人収容の会場のチケットは最終日のエキシビションにわずかチケットが残るのみだという。

 日本の女子では樋口新葉(東京・日本橋女学館高)、坂本花織(シスメックス)も出場するため、日本からも多くのファンや報道陣が初冬を迎えるモスクワへ集結している。

 露フィギュアスケート連盟のアレクサンドル・ゴルシコフ会長は17日に行われた記者会見で「羽生結弦がモスクワへ到着したことで、彼の演技を待ち望んでいたファンは熱狂している」と指摘。準備は万端で、大会は高いレベルで行われる、と太鼓判を押した。

羽生結弦VSネーサン・チェン

 羽生は今季初戦のオータム・クラシックで自身のショートプログラムの世界歴代最高得点を更新し、GPシリーズに臨む。ロシア杯では、5種類の4回転を操り、平昌五輪での活躍が期待される米国のネーサン・チェンと技を競い合う。

 米NBCニュースはさっそく2人の対決に着目しており、「モスクワの羽生とチェンは、メディアのトップニュースを飾るだろう」と報じた。2人のこれまでの直接対決の経緯を振り替えながら、羽生は「今季、調子を落としているように見える」とも指摘。けがからの回復の出遅れや羽生の過去のGPシリーズ初戦は勝利していないことを提示し、羽生に死角があることを伝えている。

 一方、NBCはチェンについて、五輪のメダル候補である6人組の1人だとし、「彼は確実な歩みを積み重ねている」と強調。チェンが今季、5回の4回転ジャンプに挑もうとしていることも紹介した。

絶対的女王はセーラームーン好き

 一方、エキシビションでアニメ「美少女戦士セーラームーン」にふんして、可愛らしい演技を披露するメドベージェワは、日本にもファンが多い。昨年から今年にかけて圧倒的な演技を見せていることから、国内外で、平昌五輪金メダルは間違いないとの評価がある。

シーズン途中での演目変更

 メドベージェワは今季、ロシアのフィギュアスケート界の元名選手、イリヤ・アベルブフ氏の振り付けでフリープログラムを取り組んでいたが、シーズン途中で変更を発表し、周囲をあっと言わせた。新プログラムは映画「アンナ・カレーニナ」にあわせた演目で、さいたま市で開催した国際チーム対抗戦「ジャパンオープン」で披露。女子で唯一、150点を超える高得点を記録した。

 メドベージェワはロシアで行われた記者会見で、彼女を支えるチームとの話し合いで演目変更が決まったことを打ち明け、「とても美しく力強い曲目。五輪シーズンにはこうした特徴のある力強い曲目を選んだ方がいいと思う」と答えた。

 さらにジャパンオープンでの日本のフィギュアファンの反応も気にしていたといい、「日本の観客はこの演目を気に入っているように見えた。この演目は自分自身にしっくりとしているし、フィギュアスケートの選手として認められたようにも感じた」と語った。

 その上で、「コーチと話し合って、五輪シーズンには、アンナ・カレーニナの曲目でいったほうが私にとって好ましいとの結論に達した」とも語った。
 来るGPシリーズ、そして、平昌五輪で、「絶対的女王」とも言われるメドベージェワの挑戦がどのような結果をもたらすかが注目される。



ただ、こういう心配もあるのです。毎試合のことではありますが、ロシアスケ連会長のゴルシコフ氏は、「彼の到着はホテルに置いて彼を待つファンのあいだに混乱を巻き起こした。私は大会の間中これは続くと思う」と言っておられるそうです。
高いお金を払ってロシアくんだりまで来たのだから、できるだけモトをとりたいという心理なのか、自己承認欲求の塊なのか、わかりませんが、本当のファンならば、結弦くんが試合に集中できるように協力してください。ストーカーが許されるのは、山口さんだけですよ!

20171018ロシア空港到着
山口さん、ずっと映ってましたね(笑) さすがゆづストーカー(結弦くんとファン公認)。


テレ朝のフェイスブックより
昨日の非公式練習では羽生結弦選手が男子で唯一リンクに登場。『全力の構成でいこうと思っています』と話してくれた羽生選手。練習で4回転ルッツ に挑んだ跡が リンクにくっきりと残りました!果たして 本番では成功なるか!注目です!


20171019非公式練習4Lz跡


参加してます。よろしければポチっと応援お願いします♪

人気ブログランキングへ

テーマ : フィギュアスケート - ジャンル : スポーツ

2017/10/19 09:20 | GPシリーズ(2017-2018)COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

羽生選手ロシアに到着!& ロシア男子フィギュア「ハニュウは1000年に1人」

結弦くん、ロシアに到着した模様。体調もよさげで安心しました。

フィギュア 羽生 グランプリシリーズ出場へロシア入り(20171018 NHK)

ピョンチャンオリンピックで2大会連続の金メダルを目指すフィギュアスケートの羽生結弦選手が、グランプリシリーズ第1戦のロシア大会に出場するため、17日、現地に入り「やれることをしっかりやりたい」と意気込みを述べました。
グランプリシリーズは、トップレベルの選手が出場して10月から11月にかけて世界各地で6つの大会が行われ、成績上位の選手は12月のグランプリファイナルに出場します。

羽生選手は、第1戦のロシア大会と第4戦のNHK杯に出場する予定で、17日はロシア大会に出場するためモスクワの空港に到着しました。

羽生選手は、黒いジャージ姿で到着ロビーに現れ、「やることはやってきた。ここでもやれることをしっかりやりたい」と意気込みを述べました。また、痛めていた右ひざについて聞かれると「問題なく仕上がっている。不安なく心配なく現地に入ることができてほっとしている」と話していました。

羽生選手は、先月、シーズン初戦となる国際大会で右ひざに痛みがある中、前半のショートプログラムで世界最高得点を更新しましたが、後半のフリーではジャンプでミスが相次ぎ課題が残りました。

今回のロシア大会では、右ひざの回復具合とフリーの演技をどこまで立て直せるかが注目されます。
ロシア大会は今月20日に開幕します。



羽生がロシア入り…右膝「問題ないです」(20171018 スポーツ報知)

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第1戦、ロシア杯が20日にモスクワで開幕する。GPファイナル4連覇中の羽生結弦(22)=ANA=が17日、モスクワの空港に到着。今季初戦のオータムクラシックでは右膝痛を抱えながらショートプログラム(SP)で世界最高得点を記録。心配される右膝については「問題ないです。何も心配なく現地に入れて、まずは良かったなと思います」。そう話す表情は明るかった。

 GPシリーズで平昌五輪シーズンは本格的に幕を明ける。「今やることはやってきたので、ここでもやることをしっかりやりたいなと思います」と気負いはない。右膝痛の影響でオータムクラシックは構成を落として臨んでいた。今回の構成については「一応、全力でやります」と、笑顔で含みを持たせて去って行った。

 今大会は四大陸選手権覇者で5種類の4回転を跳ぶネーサン・チェン(18)=米国=も出場する。男子SPは20日、男子フリーは21日に行われる。



20171018ロシア杯空港

オータムクラシックのときは、表情が硬かったですが、今回はとてもいい笑顔なので、本人の言いとおり体調は良いのではないでしょうか。9月23日に、京都晴明神社近くの護王神社に「右膝快癒」をお願いしましたが、ご利益あったかしら(笑)


羽生選手がモスクワの氷上に ロシア男子フィギュアは どうユヅを見ているか(20171017 Sputnik)

ロシア男子とユヅ

ISUグランプリシリーズのロシア国際競技会「ロステルコム杯」がいよいよ金曜、20日からモスクワで開幕する。平昌五輪まで残すところあと4か月のこの時点。注目はもちろん五輪最有力選手がどれほどの力を発揮するかに集まる。日本からは女子は樋口若菜、坂本 花織選手が、そして男子は五輪の金メダリスト羽生結弦選手が出場する。

羽生選手はロシアでも日本に負けず劣らず絶大な人気を誇っており、根強いファンクラブがある。ユヅの気迫を是非ともこの目で見たいロシア人は21日の試合に詰めかけるが、もちろん、ユヅのモスクワ入りを待ち望んでいるのは、すっかり仲良しになってしまった世界の女王エフゲニア・メドベージェワ選手だけではない。男子ロシア人選手たちもライバル意識と羨望の入り混じった気持ちでユヅを待ち受けている。
21日、羽生選手と同じ氷に立つ3人のロシア男子選手のうち、ミハイル・コリヤダ、ドミトリー・アリエフ両選手の「ユヅ」観をここでご紹介したい。

ミハイル・コリヤダ選手
「ユヅル・ハニュウは極めて興味深い例だ。こういうのは千人に1人しか生まれない。彼には彼にしかない特別な力がある。それを観る者も、審査員も感じるんだ。彼の目には火が燃えているからね。彼と並んで滑ると自分の火が消えてしまう者もいる。だけど僕は逆だ。負けるもんか、という気持ちなる。」

ドミトリー・アリエフ選手
「これほどファンタスティックなものは今まで見たことはない。ユヅルは宇宙的な人間だ。彼を見ると一層フィギュアへの熱い思いに駆られた。自分を克服し、人生の新たなレベルに出ていきたいと思う。自分をリセットして新たなものを学びたい。粘り強く頑張れば、これと同じ結果は出せると思っている。」

五輪という世界一の舞台に共に出ていくライバルたちの賞賛と克己心。それを日本の羽生選手が掻き立てている。



コリヤダくん、「1000年に一人」て・・・(笑) アリエフくんは「宇宙的な人間」「これほどファンタスティックなものは今まで見たことはない」と。
そういや、ミーシンコーチは「染色体の魔法のような結合」と評し、振付師のアヴェルブフさんは「羽生結弦は”天の住人”」と言っていました。エテリ組の女子スケーターは、皆ゆづオタだし、結弦くんがロシアでどれだけリスペクトされてるかわかります。もしかして、世界で一番結弦くんを軽視してるのは、日本のスケート関係者とメディアじゃないか?

結弦くん本人も、自分の芸術性はロシアの文化に近いと思っているようだし、結弦くんの才能に着目して、ジュニアの頃にいち早くファンサイトができたのもロシアでした(たぶん、日本より早い)。
ロシアの芸術性に生来のジャンプのセンス、さらには北米仕込みの美麗スケーティングがプラスされ、今やトータルパッケージのバイブルのような存在になっている結弦くん。シニアのグランプリシリーズで初優勝したのは、2011年のロステレコム杯ですし、ロシアで五輪シーズンのグランプリシリーズをスタートさせられるのは縁起がいいですね。


参加してます。よろしければポチっと応援お願いします♪

人気ブログランキングへ

テーマ : フィギュアスケート - ジャンル : スポーツ

2017/10/18 09:50 | GPシリーズ(2017-2018)COMMENT(6)TRACKBACK(0)  TOP

キシリクリアファイル全7種 コンプ完了! 次はバスクリン?(汗)

キシリトールクリアファイル、共通3種、コンビニ限定4種、コンプリートしました。
次から次へと色々でてきますが、とりあえず、目先のミッションはクリアです!


2017クリアファイル共通
上の3種類はコンビニ共通ファイル

2017クリアファイル限定1
限定ファイル。上はデイリーヤマザキ、下がセブンイレブン

2017クリアファイル限定2
限定ファイル。左がファミリーマート。右がローソン


個人的お気に入り度は、限定ファイルでは、
セブンイレブン>デイリーヤマザキ>ファミリーマート>>>>>ローソン
ローソン限定、東京の写真展とかみたら、もっといい図柄があるのに、なんでそれ?(笑)
共通ファイルは、どれ一番好きだろう。ハイドロかな。

ところで、ロッテ関連のクリアファイル、今回で合計36枚ってことでOKかしら?
なお、『キシリトールガムXアソートボトル』は、まだどのコンビニにもありませんでした。
そのうちでてくるでしょうが、問題は、ゆづデザインが見つかるかどうか・・・(汗)


で、息つく暇もなく、バスクリンです。

バスクリン、「きき湯 スペシャルモデル」を数量限定で発売(2017/10/16)

その日の症状、その日のうちに。
きき湯 スペシャルモデル 11月1日 発売

 
 株式会社バスクリン(本社:東京都千代田区 社長:古賀和則)は、「その日の症状、その日のうちに。」をキャッチコピーとする人気の薬用入浴剤「きき湯」より、2017年冬季を代表するアスリートを応援する「きき湯 スペシャルモデル」を11月1日(水曜日)に数量限定で発売いたします。

20171101バスクリン

もう1種類あり、そちらは、冬季五輪のジャンプの選手(4人ともかな?)のバージョンです。

以前、バスクリンから発売された「羽生結弦 共同企画」の限定バージョンのきき湯。
"SEIMEI"2種類と、”バラード一番”2種類、合計4種類の絵柄がありました。
私、これを3セットもってるんです。1セットでよかったんだけど、日がたってから、スーパーとかに安くで出回るようになり、つい連れ帰ってしまいました。まあ、使えるものだからいいんだけど、12本の空ボトル・・・困ったことに捨てれないのよね(笑)

ホプレガのボトル、ほしいけど、いつ巡り会えるかしら。仙台で薬局巡りしそう(笑)


参加してます。よろしければポチっと応援お願いします♪

人気ブログランキングへ

テーマ : フィギュアスケート - ジャンル : スポーツ

2017/10/17 11:35 | CM・雑誌・商品情報(2017-2018)COMMENT(2)TRACKBACK(0)  TOP

ゆづ神対談(動画あり)きました! ~スケーターとピアニスト それぞれの表現の形

油断してたら、神対談が・・・ここにきて、情報の洪水が激流すぎて追いきれない(汗)

羽生結弦×ピアニスト松田華音の特別対談! 今季3度目のSP曲「バラード第1番」演奏も(2017.10.15)


201710羽生×松田


 フィギュアスケート・羽生結弦選手と、同じく世界を舞台に活躍するピアニスト・松田華音の特別対談が公開された。
 スポーツ応援サイト「GROWING」にて公開されたこの対談は、独立行政法人日本スポーツ振興センターのスポーツくじ(toto・BIG)理念広報の新WEBコンテンツ「一つひとつの音に想いをのせて、全身で楽曲を奏でる」の企画として実施。芸術とスポーツ、異なるフィールドで活躍する二人の若き才能が「表現」について語り合っている。

 また、松田によるショパン「バラード第1番」の演奏も実現。この曲は、羽生選手にとっては今季3度目の採用となったショートプログラム楽曲であり、松田にとっては地元香川県のリサイタルでも演奏し、デビューCDにも収録された思い出の曲でもある。圧倒的な演奏の終了後、羽生選手からは「すいません、汗かいちゃったので。今、頭の中でずっと(ショートプログラムの演目を)やってたんですよ。緊張したー!」と、一旦カメラを止めるよう願い出るような一幕もあった。

◎羽生結弦選手-コメント
自分のスケートの芸術性の原点は、ロシアのきめ細かい文化だと思っています。そうした、自分が忘れかけていた原点を今回の対談を通じて思い出すことができ、とても有意義でした。松田さんのお話を伺って、6歳でモスクワに親子で出向かれ、現在の活躍に至る、この勇気にも感銘を受けました。

◎松田華音-コメント
表現力、技術的なこと、そして体調管理、全てを整えて氷の上で全身全霊で成し遂げていく集中力の高さは、改めて想像を超えるものであり、心を打たれました。まっすぐにご自身と向き合い戦っていらっしゃる真摯な姿、そして、それが出来る強さを持っていらっしゃる羽生選手から、大きな大きなパワーをいただきました。

松田さんによるショパン『バラード第1番』の演奏を聴いて様々なものを受け取った羽生選手から言葉が溢れて止まらない。演奏のみならず対談を通して、それぞれの世界で極めているからこその感性や感覚をシェアすることで、お互いの世界は更に広がっていった。


楽曲に対して情熱を注げるか、深みを追求できるか

松田 羽生選手は美しさや表現力について、どのようにお考えですか?

羽生 フィギュアスケートは技術的なことがすごく目立つ競技です。レベルの高いプログラムで、ジャンプなどをすべてきれいに決められれば、それが究極。その中で、「これを伝えよう」「あれを伝えよう」とやりすぎると、ぐちゃぐちゃになっちゃってミスも増えて、最終的に伝わらないことが多いかなと思います。自分の気持ちだってぐちゃぐちゃになっちゃうし。松田さんは思いどおりにいかない時ってどうしますか?

松田 コンサートや演奏会で弾いていて、「ここ思いどおりにいかなかったな」ということは必ずあります。でも私はやっぱり、音。出す音のことを考えないといけないので、技術より曲のイメージや、伝えたいメッセージを考えています。

羽生 例えば、演奏途中で音が1個飛んだりしても、その場で完全に忘れ去ってるんですか?

松田 忘れ去ってますね(笑)。シャットアウトしないとまた同じことを繰り返す可能性があったり、音楽が止まってしまったり……。イメージを、ストーリーを続けていかないと曲が続いていかないので、ミスのことは忘れます。実際、演奏した後「今日間違ってたよね」って言われても「そうだったっけ?」って思うことがあります。

羽生 僕もジャンプとかでミスったことを忘れてる時が結構あります。

松田 羽生選手は、曲選びはどうなさってるんですか?

羽生 フリーに関しては、最近5〜6年は自分で選曲しています。その基準は自分がそのプログラムに対してどれだけ興味を持っているか。その曲だけで1年2年ぐらい滑らなきゃいけなくて、毎日滑っているからやっぱり聞き飽きてきたりもしちゃう。情熱を注げるか注げないかってすごく大きいんです。だから“深み”がないと追求しきれない。でもフィギュアスケートの場合、曲が難しすぎると、見ている方々は「ああ難しいな」で終わっちゃう。

松田 うんうんうん。そうですね。

羽生 だからそれはすごく注意します。どういう曲がみなさんに伝わりやすいのか、自分の伝えようと思えるものが伝わるか。

松田 すごいです。でも難しい。私の場合リサイタルだと1時間半弾いてなければならないので、体力が持つかどうかも計算して。ゆっくりな曲ばっかりだと体力的には楽ですが、聴いている人はつまらないじゃないですか。


支えがあるから、夢に向かってがんばれる

羽生 松田さんは6歳からモスクワでピアノを学んでいて、今はロシア政府の特別奨学生としてモスクワ音楽院に在籍しているんですよね。ロシアの芸術の分野には、若い才能を育てる文化みたいなものがあるんですか。

松田 はい。ロシアは芸術を支える仕組みがしっかりしていると感じます。私が卒業したグネーシン音楽学校は、基本的には全員、学費が全額免除でした。ただし、常に厳しい試験があって、基準にふさわしくない人は翌年から学費がかかったり、合格点をとれないと退学処分になったりします。厳しいですが、そういうシステムは素晴らしいと思います。現在のモスクワ音楽院は、ロシア人のトップ40人は学費が全額免除です。私は外国人枠でなく現地ロシア人と同じ試験を受けて政府特別奨学生に選んでいただきました。

羽生 すごいですね。僕もJSCトップアスリートとして、スポーツくじ(toto・BIG)の収益による助成により支えられています。スケートはすごくお金のかかるスポーツなので、このような助成の仕組み、そしてたくさんのファンの応援に力をもらいながら夢に向かってがんばっています。

松田 私も皆さんに支えて頂いていることに感謝しながら、これからもがんばっていこうと思います。


一つひとつの動き、音。全てに意味をこめる

羽生 松田さんは6歳からずっとモスクワで暮らしてるんですよね。現地でのスケート人気はどうですか?

松田 はい、大人気です。モスクワ市内にはスケートリンクがたくさんあって、赤の広場も冬にはリンクができます。ですから選手を応援するのはもちろん、大勢の市民が日常的にスケートを楽しむ環境にあります。私も時々「滑ろうよ」と誘われるんですが、ケガをすると演奏に影響が出るのでやったことはないんですけど。

羽生 僕はロシアの振付師の方にも教わったことがあるんです。その時に教わったのは、メリハリだったり力強さだったり、呼吸の使い方、体の動かし方とかなんです。そして今日、松田さんの演奏にもそれがすごく出ていて、共感するところがありました。松田さんにとって、ロシアで培ってきて「これが一番ためになった」というものは何ですか?

松田 グネーシン音楽学校のエレーナ・イワノーワ先生が、12年間学んでいた私にずーっと言ってくださっていたことがあります。それは「絶対に意味のない音を弾くんじゃない」ということです。必ず一音一音に意味を作りなさいと。フレーズに言葉をつけたりストーリーを考えたり。そのためにはこの本を読みなさい、この映画を見なさい、この絵を見なさいって。

羽生 うーん。なるほど、勉強になります。

松田 先生が教えてくださったのは、体の使い方もですね。私は普通のピアニストの方に比べて手が小さくて腕も細めなので、どうやって力を入れたらどんな音が出るかとか、どこで力を抜くかとか、そういうことを。

羽生 僕らの競技も体の特徴がすごく影響します。スタイル、身長、手足の長さ。僕もロシアの先生に教わった時に「あなたはせっかく手足が長いんだから、もっと使いなさい」と、そういう具体的なことを教えてもらえたことをあらためて思い出しました。実は今シーズン、フリープログラムで『SEIMEI』(映画『陰陽師』サウンドトラックより)という曲を使用するんですけど、このプログラムでも一つひとつの振り、単純な基本動作にも意味をもたせなさいってすごく言われています。今日は松田さんとお話しして、共通する部分がたくさんあるなあって思いました。


新たなステージをめざす、それぞれの道

羽生 松田さんの今後の目標や予定を教えてください。

松田 2017年6月に2枚目のアルバム『ムソルグスキー:展覧会の絵』がリリースされました。秋からはそのアルバムのリサイタルがたくさんあるので、みなさまに喜んでいただける演奏ができるようがんばっていきたいと思います。このアルバムの8曲目に『マーキュシオ』(《ロメオとジュリエット》より10の小品 作品75:第8曲)という曲が収録されているのですが、この曲を羽生選手がスケートで滑ったらどんなふうになるんだろうなと、個人的にそんなことも想像しています。

羽生 聴きに行きたいですねー。シーズン中かなー(笑)。

松田 羽生選手は平昌オリンピックが控えていますが、意気込みを聞かせてください。

羽生 オリンピックに向けて自分の体調管理とかをしっかりやりたいですね。あとはケガがつきもののスポーツなので、とにかくケガに気をつけて、毎日練習をがんばっていけたらいいなっていうのが今の気持ちです。

松田 がんばってください、応援しています。



羽生結弦×松田華音 スペシャル対談動画(1/5)


羽生結弦×松田華音 スペシャル対談動画(2/5)


羽生結弦×松田華音 スペシャル対談動画(3/5)


羽生結弦×松田華音 スペシャル対談動画(4/5)


羽生結弦×松田華音 スペシャル対談動画(5/5)



スタイル、身長、手足の長さ。僕もロシアの先生に教わった時に「あなたはせっかく手足が長いんだから、もっと使いなさい」と、そういう具体的なことを教えてもらえた・・・結弦くん、ついに自分の手足が長いことを、自らの口で言っちゃいましたね(笑) 

ミヤケンさんとの対談で、「もっと身長がほしい。同じことをしても、背が高い方が見栄えがするから」と言ってたことがありました。そういえば、2センチ身長が伸びたそうで、おめでとうございます(笑) バイオは172センチに変更されたけど、2センチ伸びたのなら、173センチでは?・・・と思うけど(笑) たとえそうだったとしても、たぶん縁起担ぎで172センチにしてるのでしょうね。

今回の対談では、スケートとピアノの表現の形について語りあいました。萬斎さんのときと同様、結弦くんにとって実りある対談だったのではないでしょうか。


参加してます。よろしければポチっと応援お願いします♪

人気ブログランキングへ

テーマ : フィギュアスケート - ジャンル : スポーツ

2017/10/16 22:25 | テレビ番組・コラムの感想COMMENT(2)TRACKBACK(0)  TOP

 | BLOG TOP |  NEXT»»