全日本の視聴率でました!

全日本選手権の視聴率でましたね。

全日本フィギュア中継、宮原V4の女子フリーで平均14・0%、瞬間最高23・0%(20171225 スポーツ報知)

 23日に放送されたフジテレビ系「全日本フィギュアスケート選手権2017 女子フリー」の平均視聴率が14・0%、瞬間最高視聴率が23・0%の高数字をマークしたことが25日、分かった。

 瞬間最高を記録したのは午後8時59分。女子SPで首位発進した坂本花織(17)=シスメックス=がフリーの最終滑走で演技し、キス・アンド・クライで得点を待つシーンだった。

 同局では平昌五輪代表をかけた熱戦の模様を中継し、22日の男子ショートプログラム(SP)は平均視聴率8・6%を記録。24日の男子フリーは平均11・8%で、瞬間最高は午後8時57分に18・3%をマーク。最終組6人の5番手で滑ったSP2位の田中刑事(23)=倉敷芸術科学大=の演技中だった。

 競技終了後に平昌五輪代表が発表され、3枠の男子は五輪2連覇に挑む羽生結弦(23)=ANA=と昨季世界選手権2位で全日本2連覇の宇野昌磨(20)=トヨタ自動車=、全日本2位の田中刑事(23)=倉敷芸術科学大大学院=が選ばれた。2枠の女子は全日本選手権を4連覇した宮原知子(19)=関大=と2位の坂本花織(17)=シスメックス=が、ともに初代表に決まった。(数字は関東地区、ビデオリサーチ調べ)



全日本男子SP 平均8.6%
全日本男子FS 平均11.8% 瞬間最高18.3%(田中刑事)

全日本女子SP 平均10.6% 瞬間最高17.9%(本田真凛)
全日本女子FS 平均14.0% 瞬間最高23.0%(坂本花織)



ちなみに、4年前の2013年のソチ五輪代表選考会の視聴率は以下のとおり。

全日本男子SP 平均14.3%
全日本男子FS 平均23.0% 瞬間最高28.9%

全日本女子SP 平均22.7% 瞬間最高28.7%
全日本女子FS 平均30.0% 瞬間最高37.9%



女子も2013年と比べれば半減してますが、これは絶大なお茶の間人気があった浅田さんが引退したので仕方ない。昨今は、男子シングルの時代と言われてますが、蓋を開けてみれば、2013年同様、視聴率的には女子の圧勝でした。そう考えれば、むしろ女子は健闘したと思います。実際、女子シングル、すごく面白かったしね。
結局、日本の”男子シングル人気”は、結弦くんが支えていたもので、彼がいなければ、男女の人気は「女子>男子」なんだなあと実感した全日本でした。

今年、数少ない結弦くんの出場したロステレ杯は、ファイナルの予選試合にも関わらず、これだけ稼ぎましたからね(しかも、ライブではなくディレイ放送。ネットで先に結果がわかってしまう放送で、ライスト見るようなスケオタには評判悪く、テレ朝に文句タラタラでした)。

ロステレ男子SP 平均15% 瞬間最高21.8%
ロステレ男子FS  平均14.5% 瞬間最高25.4%



さて、晴明神社よりコメントがありました。




SEIMEI

平昌の会場で、もてる力のすべてを爆発させるあなたを見るために、今はファンもジッとエネルギーを溜めています。
待った時間が長いだけに、ファンの爆発力も相当なものですよ。結弦くん、覚悟してね(笑)


参加してます。よろしければポチっと応援お願いします♪

人気ブログランキングへ

テーマ : フィギュアスケート - ジャンル : スポーツ

2017/12/26 15:50 | 羽生結弦以外(2017-2018)COMMENT(6)TRACKBACK(0)  TOP

宮原選手 全日本四連覇、五輪代表内定 おめでとうございます!

昨日の全日本女子フリーは、本当に素晴らしい大会でした。
2014年、初めて宮原さんが優勝したときともすごく興奮しましたが、そのとき以上にドキドキしました。
全日本女子、女同士の戦いは、いつもドラマがあって本当に面白いですね。

怪我明け、代表枠はわずか2枠という中、宮原さんの復活劇は感動的でした。

宮原さん、全日本四連覇、五輪代表内定、おめでとうございます!

宮原さんの演技後のガッツポーズ、そして、濱田コーチの大泣き(笑)がとても印象的でした。

4年前の代表選考会では、宮原さんはわずかに代表に届かなかった。
それだけに、平昌五輪への想いはひとしおだったと思います。

本当に、本当に、おめでとうございます!


1人目は宮原!驚異的回復で五輪内定 2カ月前コーチから「スケート辞める?」(20171224 デイリースポーツ)

 五輪代表2枠を争う女子は、ショートプログラム(SP)2位の宮原知子(19)=関大=がフリーで逆転し、合計220・39点で4連覇し、日本スケート連盟の選考基準を満たして初の五輪代表に決まった。SP首位の坂本花織(17)=シスメックス=は合計213・51点で2位。樋口新葉(16)=東京・日本橋女学館高=は206・96点で4位だった。日本スケート連盟は24日の全種目終了後に代表を発表する。

 思い描き続けてきた五輪の切符を、ついにつかんだ。大きなミスなく演技を終えた宮原が、浅田以来の4連覇で代表内定。演技を終えると両手を突き上げ、右手でそっと涙をぬぐった。「今までで一番うれしい優勝。ガッツポーズするしかないと思った」。二人三脚で歩んできた浜田コーチと抱き合い、二人で号泣した。

 苦悩の道のりだった。昨年12月に痛めた左股関節の疲労骨折で昨季後半戦は全て欠場。リンクに戻るには十分な栄養を取って戦う体を取り戻すことが必要だった。しかし、軽いことが良しとされる雰囲気のあるフィギュア界。“食べない意識”が潜在的についていた。机の上にお菓子があっても手をつけない。必要とされた食事でさえ、なかなか手に取れなかった。

 女性としての健康とスケーターとしての体とのバランスは難しい。栄養チームと浜田コーチは覚悟を決めた。「もともと五輪はチャレンジ。もし失敗に終わったとしても、彼女のために健康な体だけは残したい」。体重を増やすことを優先した。学業をおざなりにしなかったが故に睡眠時間は毎日5時間ほどだったが、大学を休学して体作りに専念した。

 復帰を目指すトレーニングは歩き方から。接地の瞬間に臀部(でんぶ)の筋肉を意識することから始め、3カ月間も地道に続けた。氷に乗った最初の日はスケーティングだけで筋肉痛。一歩一歩焦らず前進してきた。

 しかし回復は思わしくなく、浜田コーチから「スケート辞める?」と問いかけられた。「焦らず5年後を目指そう」。そう諭されたのは、わずか2カ月前のことだ。「自分の中では平昌を諦めきれなかった」。驚異的な回復で返り咲き、栄冠をつかんだ。

 「五輪は目標にしていた舞台だけど、想像もつかない」。“ミス・パーフェクト”も、ここから先は未踏の地。宮原にしか歩めなかったこの道を誇りに、五輪の舞台に立つ。



1位  宮原知子(関西大) 220.39
2位  坂本花織(シスメックス) 213.51
3位  紀平梨花(関西大KFSC) 208.03
4位  樋口新葉(日本橋女学館) 206.96
5位  三原舞依(シスメックス)  204.67
6位  本郷理華(邦和スポーツランド) 197.62



浅田真央さん以来の4連覇と言われますが、それだけでなく、宮原さんは、全日本選手権の女子の最高得点を更新しました。
これまでの最高得点は、ソチ五輪代表選考会でもあった2013年の全日本で、鈴木明子さんがたたき出した 215.18 でした。
宮原さんの 220.39 は、その記録を4年ぶりに、それも5点以上高い得点で塗り替えたことになります。

世界ジュニアで、ほとんどのジャンプに回転不足をとられ、見た目ノーミスにも関わらず、表彰台に上がれなかったとき、濱田コーチは、心折れたそうです。それでも、宮原さんは不屈の精神で、自分の弱点を克服しました。今回の怪我でも、おそらく、濱田コーチは、平昌五輪の代表を諦めかけていたと思います。でも、今回も、コーチも驚くほどの復活をしてみせました。

スケアメ後だったか、濱田コーチは、「私は知子を尊敬している」と言っていたそうです。コーチにそこまで言わせる選手はなかなかいないと思います。

私も、今骨折の治療中ですが、リハビリは大変です。骨折したときは、「骨がついたらそれで終わり」と思っていましたが、甘くみていました。機能を元通りに回復させるのが大変なのですね。1ヶ月ギブスをしていただけで、筋肉も関節も衰えて大変なことになる。リハビリは痛いし、でもしないと回復しないし・・・支障なく日常生活に戻るにも時間がかかるのに、競技で戦える身体にするのにはどれほどの努力がいることか。8月から1カ月、フィジカルを強化するため複数のメニューを組み合わせて1日計1000回の腹筋をこなしたという宮原さん。本当に、頭が下がります。

ところで、表彰式で、宮原さんの「サトコ」が言えなかったスケ連会長。
スピスケと、お気に入りの元男子選手にしか興味がないのは重々承知していますが、全日本四連覇した選手の名前くらいちゃんと覚えてください。フィギュアはスケ連のATMくらいにしか思っていないのでしょう(スピスケは本当にお金が稼げませんものね)。それにしても、こんな人がスケ連会長なのですね。そりゃ、スケ連がダメダメなわけだ。


全日本2017宮原


全日本優勝で、宮原さんは内定となりましたが、あと1枠どうなるか。
坂本さんか、樋口さんか・・・と言われていますが、おそらく坂本さんの方が有力でしょうね。
というか、その方が物議を醸さないと思う・・・。

昨日の大会で、すごく印象に残った3つのシーン。ツイでもあがてったのでお借りします。







1つ目のシーン。宮原さんのこんな感極まったような表情を初めて見ました。
2つ目のシーン。濱田コーチの涙と宮原さんのガッツポーズ。
3つ目のシーン。宮原さん、本当に女王の貫録でてきましたね。勝負師の顔です。伊達に4年間日本女子を引っ張ってきたわけじゃないなと。


全日本2017女子

坂本さんもよかったし、紀平さんも3Aすごかった。表彰台が全員関西人というのも、同じ関西人としては嬉しい(笑)


参加してます。よろしければポチっと応援お願いします♪

人気ブログランキングへ

テーマ : フィギュアスケート - ジャンル : スポーツ

2017/12/24 10:10 | 羽生結弦以外(2017-2018)COMMENT(4)TRACKBACK(0)  TOP

宮原選手、スケアメ優勝おめでとう!

宮原さん、やりました! スケアメ優勝です!

宮原 完全復活V 坂本2位 樋口のGPファイナル進出が決定(20171127 スポニチ)

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ最終戦、スケートアメリカ最終日は26日(日本時間27日)、レークプラシッドで行われ、女子ショートプログラム(SP)で首位に立った宮原知子(19=関大)はフリーで143・31点、トータル214・03点で優勝した。

 今季GPデビューで、SP2位の坂本花織(17=シスメックス)は合計210・59点で2位。

 来月7日に開幕するGPファイナル(名古屋)に進出できるのはシリーズの上位6人。スケートアメリカを前にすでに5人が確定。24点で暫定6番手だった樋口新葉(16=東京・日本橋女学館高)は、GP初戦の3位で11点を獲得していたポリーナ・ツルスカヤ(16=ロシア)が4位、アシュリー・ワグナー(26=米国)は演技途中で棄権したため、GPファイナル進出が決まった。これで日本女子17年連続ファイナル進出が守られた。



A完全復活の宮原 休養乗り越え…「思いもよらない結果ですごくうれしい」(20171127 スポニチ)

 首位で発進した宮原がフリーでも完璧な演技を見せ、合計214・03点で2015年のNHK杯以来のGP2勝目を挙げた。

 今年1月に左股関節の疲労骨折が判明。約11カ月ぶりの復帰を果たした第4戦のNHK杯では5位に終わったものの「違和感も痛みもない。あとはもっと上げていくだけで、点数はついてくると思う」と手応えをつかみ、今大会に臨んでいた。

 流れるようにジャンプを決め、華麗なステップに観客も手拍子。納得の滑りにキスアンドクライでは得点が出ると右手でガッツポーズを作ってみせた。

 「まさか優勝できるとは思ってなかった。思いもよらない結果ですごくうれしい」と宮原。休養を乗り越えての完全復活に「つらい時期を乗り越えて良かった」としみじみ語った。



今朝、ライストで女子のフリーを見ていました。
昨日も昼頃、ライストで女子ショートを見ていたんですが、ショート・フリーとも、アメリカ開催のわりに、日本人が比較的見やすい時間帯でありがたかったです。

ミス・パーフェクトの宮原さんなので、いつもはそんなにドキドキしないんですが、今回はさすがに緊張しました(笑) やはり心配はジャンプです。でも、見事に戻してきましたね。NHK杯での出来とは見違えるようでした。

私は、宮原さんのスケートは大好きですが、演技をみて、目頭が熱くなるようなことはこれまでありませんでした。でも、今回の「蝶々夫人」にはウルウルしてしまいました。どれだけ辛かったことか・・・心折れそうになったこともあったそうです。でも、やはり彼女も不屈の精神の持ち主ですね。辛い経験を経て、表現にさらに磨きがかかったように思います。深みが増しましたね。

昨日は、全日本ジュニアで、紀平梨花選手が、3Aを2本決めて、全日本ジュニア女王になりました。こちらも、BSでライブ放送を見ていたんですが、すごかった~。濱田チームにとっては、2日続きの朗報となりました。そして、紀平さんの尊敬するスケーターは、実は宮原さんなのです。


3回転半2本!紀平梨花「いける」6位から逆転初V(20171126 日刊スポーツ)

<フィギュアスケート:全日本ジュニア選手権>◇26日◇ALSOKぐんまアイスアリーナ◇女子フリーほか

 女子は史上7人目のトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)成功者でショートプログラム(SP)6位の紀平梨花(15=関大KFSC)が、フリーでトリプルアクセル2本を成功させるなど自己ベストの135・57点をマークし、合計193・46点で初優勝した。

 SP6位から「逆転するにはトリプルアクセル2本」と紀平が攻めた。冒頭で、西日本大会でも決めたトリプルアクセルと3回転トーループの連続技を軽々と決めると、「いける」と、両手を頭上にあげながら2回転トーループも追加。国際大会でも例もみない超大技を決めて勢いに乗ると、続く単発のトリプルアクセルも成功。いずれも2点超の加点をもらう完璧な出来で、「ガッツポーズしたいぐらいうれしかった」。最後までスピード感たっぷりに滑りきり、逆転優勝をたぐり寄せた。

 同門の憧れの先輩、宮原知子の姿が励みになった。試合前、ちょうどグランプリ(GP)シリーズ第6戦スケートアメリカでSPで首位発進した宮原の滑りを動画で見た。左股関節疲労骨折から復活し、見事に演技する姿に「表現が素晴らしいし、練習から努力してきたからこそ」。頑張る先輩に負けじと「いける気がする」と自分に言い聞かせて演技に臨んだ。

 トリプルアクセルからの3回転、2回転トーループの3連続ジャンプを試合で決めるのは、今年2月の全大阪選手権以来2度目。いずれも国際スケート連盟(ISU)非公認の国内大会のため、次戦のジュニアGPファイナル(12月7~9日・名古屋)で成功すれば、世界初と認定されるが「その時になってみないと分かりません」と挑戦は未定とした。



同門の憧れの先輩、宮原知子の姿が励みになった・・・今日の宮原さんの優勝は、紀平さんにとっても一層の励みになるのではないでしょうか。それにしても、関西の女子が1位2位だというのに、関西で地上波放送ないって、テレ朝なにやってんの・・・。


skateamirica2017


参加してます。よろしければポチっと応援お願いします♪

人気ブログランキングへ

テーマ : フィギュアスケート - ジャンル : スポーツ

2017/11/27 09:40 | 羽生結弦以外(2017-2018)COMMENT(11)TRACKBACK(0)  TOP

 | BLOG TOP |