「羽生選手からビデオメッセージ」宮城県とANAが連携協定

昨日、記事でとりあげた産経のニュースと関連する記事があがっていました。

「羽生選手からビデオメッセージ」宮城県とANAが連携協定(20180711 仙台放送)

仙台市出身の羽生結弦選手が所属する大手航空会社ANAと宮城県は、11日、観光振興や災害時の支援に関する包括連携協定を結びました。

羽生結弦 選手
「僕の出身地の宮城県と所属するANAが提携協定を締結することおめでとうこざいます。僕自身東北の人が笑顔になれるように引き続き頑張っていきます」


締結式では県の「みやぎ絆大使」の羽生結弦選手からビデオメッセージが上映された後、村井知事とANAホールディングスの片野坂真哉社長が協定書に署名しました。
この包括連携協定にはANAグループが仙台空港に到着する便を使ったさまざまな旅行商品を開発することや、災害発生時に救援隊や物資の輸送を支援することなどが盛り込まれています。
仙台空港を発着する全日空便は現在、札幌や名古屋など6路線あり、去年1年間では約125万人が利用しています。

ANAホールディングス 片野坂真哉 社長
「最高級ブランドの仙台牛数多くの日本酒、ありとあらゆる楽しみがある。こういうものを私たちの媒体を使って国内外に発信していきたいと思う」

今回の協定締結で海外からの観光客の誘致や機内食で県産ブランド米「だて正夢」の提供が検討されるなど、国内外に対して県のPRに繋がることが期待されます。




こちらのトラベルWatchさんの記事に、もっと詳しい内容が書かれています。
宮城県とANAHD、仙台空港で包括連携協定締結式。羽生結弦選手もお祝いのメッセージ
https://travel.watch.impress.co.jp/docs/news/1132458.html


この宮城県とANAの素敵なご縁も、結弦くんの功績に間違いないでしょう。

2013年7月1日に、ANAと結弦くんは所属契約をしました。それからわずか半年で、結弦くんはオリンピック金メダルをとってくれた。これだけでも、所属企業からすれば、費用対効果よすぎるわけですが、その後も世界最高得点を更新しまくり、66年ぶりの五輪二連覇。自社の所属アスリートが国民栄誉賞という大快挙。 

JALは、アスリートとのオフィシャルパートナー契約に積極的で、フィギュアスケーターでは浅田真央さんや本田真凛選手、それ以外の競技関係を含めて十数人のアスリートをサポートしています(JALアスリート支援ページ)。でも、ANAは所属契約という形のみで、現在でも結弦くん合わせても3人のみという少数精鋭(ANA所属スポーツ選手)。

2013年7月時点では、五輪金候補はパトリック・チャンという下馬評が圧倒的だったし、ANAも「ソチはメダルとってくれたらラッキー」くらいの期待だったと思います。まさか、ここまでの大当たりとは思ってもみなかったでしょう。これまでも何度か書いてますが、ANAさんは、本当にいい買い物をしました。

結弦くんがこれだけ頑張って、故郷を盛り上げてるんだから、宮城県も、仙台市も、公営リンクの建設を考えてもらえないだろうか。結弦くんも、それを切に願っていると思う。荒川さんのも合わせたら、金3個。フィギュアスケートの五輪金は、すべて宮城県から生まれている。なのに公営リンクがないなんて。いったいいくつあったら、建ててもらえるのでしょうか・・・。


仙台空港氷上の飛翔展1

仙台空港氷上の飛翔展2

これって、仙台空港の1階に今も飾っているのだろうか。
しまった! 4月に仙台空港使ったのに、気づかなかったわ~(汗)


参加してます。ポチっと応援お願いします♪

人気ブログランキングへ

テーマ : フィギュアスケート - ジャンル : スポーツ

2018/07/12 11:55 | 聖地~仙台、神社(2017-2018)COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

羽生選手、またアイリンに新たな寄付 & 仙台情報いろいろ

結弦くん、またアイスリンク仙台に寄付したそうです。
ソースはこちら http://icerink-sendai.net/donation2018

羽生選手からご寄付をいただきました

お客様へ

平素より「アイスリンク仙台」をご利用いただき、また、多大なご支援・ご協力を賜り、誠にありがとうございます。

さて、この度、羽生結弦選手より多額のご寄付をいただきましたことをご報告させていただきます。
羽生結弦選手からは、これまでにも度々のご寄付を頂戴いたしており、感謝に堪えません。
羽生結弦選手は、いつも地元仙台を深く愛され、また、「アイスリンク仙台」のことも、とても大切に思ってくださっています。ここに深く感謝の意を表します。

なお、頂戴いたしましたご寄付につきましては、羽生結弦選手のご意向に沿い、皆様が「アイスリンク仙台」をより快適にご利用いただけるよう、有効な使い方を考えてまいります。

羽生結弦選手の益々のご活躍と皆様のご健勝をお祈り申し上げます。

今回いただいたご寄付額    : 1,695,739円
羽生結弦選手からのご寄付累計額: 27,008,514円


株式会社 加藤商会
代表取締役 加藤 松彦



国民栄誉賞の記念品は辞退しても、授与式の翌日には被災地の学校を訪ね、自分を育ててくれたリンクには、ずっと寄付をし続ける結弦くん。立派すぎて、尊すぎて、言葉がない。本当にあなたは、世界一幸せにならないといけない人だよ。

中国でも、結弦くんの国民栄誉賞受賞は紹介されています。



結弦くんの地元中の地元・仙台泉区のサイトでも、お祝いのメッセージが。
ソースはこちら https://www.city.sendai.jp/izumi-kuse/kokumineiyo.html

国民栄誉賞受賞おめでとうございます

羽生結弦選手は冬季オリンピック・フィギュアスケート男子シングルで2大会連覇の偉業を成し遂げ、「多くの国民に感動と夢を与えてくれたことに顕著な功績があった」として、国民栄誉賞を受賞されました。
このたびの受賞は、地元泉区の私たちとしても大変誇らしく、大きな喜びであります。
さらなる飛躍に挑戦する羽生結弦選手を、これからも応援してまいりましょう。



これも、仙台の地元の企業さんたちのゆづ愛ゆえですね・・・。


<羽生結弦>国民栄誉賞授与式で着用「仙台平」に熱視線 製造元や百貨店に問い合わせ多数(20180705 河北新報)

 仙台伝統の絹織物「仙台平(ひら)」に改めて注目が集まっている。平昌冬季五輪のフィギュアスケート男子で66年ぶりの五輪2連覇を達成した羽生結弦選手(23)=仙台市出身、東北高出=が、国民栄誉賞授与式ではかま姿を披露したのがきっかけ。製造元や百貨店には財布や名刺入れなど、仙台平の問い合わせが相次いでいる。

 仙台平は仙台藩4代藩主伊達綱村の時代に作られ始め、はかまの最高品とされる。現在は合資会社「仙台平」(太白区)だけが製造している。同社代表で技術伝承者の甲田綏郎(よしお)さん(89)は2002年に重要無形文化財保持者(人間国宝)に認定された。

 2日にあった授与式で羽生選手が着たはかま、帯は甲田さんが手掛けた。同社によると、6月上旬に受賞決定を知った甲田さんが仙台市を通して「仙台を代表する羽生選手に立派な装いで臨んでほしい」と打診。夏の正装の生地で仕立てたはかまを贈った。

 同社や百貨店などでは既に「ユヅ効果」が出つつある。同社のホームページの閲覧数は授与式直後から急増。「はかまと同じ柄の小物はないか」などの問い合わせが多数あった。藤崎(青葉区)では2万7000円の財布や1万円近い風呂敷が売れたという。

 テレビなどで授与式の様子を見たという甲田さんは「スマートに着こなしてくれた」と感激。「羽生選手が『仙台平をはいていて快適』と話した。仙台平の特長が評価されてうれしい」と語った。



着物の専門家の布施さんが、結弦くんに贈られた「甲田さんの仙台平」について、詳細に解説してくださっています。




<羽生結弦>タウン情報誌「S-style」6月号、創刊以来初の増刷 祝賀パレード記事が好評(20180705 河北新報)

 仙台市の出版社「プレスアート」は、タウン情報誌「S-style」6月号を約4000部刷り増した。増刷は1975年の創刊以来初めて。羽生結弦選手(23)=仙台市出身、東北高出=の記事を掲載したこともあり、宮城県内外の「ユヅファン」の引き合いが多かったという。

 6月号は5月25日に発売し、6万部発行した。4月22日に市中心部で行われた羽生選手の祝賀パレードの写真や、記者会見の全文を8ページにわたって掲載した。

 予約段階で通販大手アマゾンの売れ筋雑誌ランキング1位を獲得するなど、インターネットを通して全国から予約が殺到。首都圏や関西に住む読者から「羽生選手の記事が読みたくて買った」との感想が届くなどしたため、通販用に増刷を決めた。

 6月号のメインは中華そばとカレーライスの名店特集。宮城県外の読者から「どのお店もおいしそうだった」「今度仙台に行きたい」などの声もあり、誘客効果も期待されそうだ。

 小山内香奈子編集長は「全国の方々に仙台を知ってもらう良い機会になった。タウン誌を読んで仙台を訪れてほしい」と話す。同社は発行する雑誌「Kappo仙台闊歩(かっぽ)7月号」にもパレードの写真を載せている。

 バックナンバーの6月号は宮城県などの各書店で注文を受け付ける。



 ← アマゾンサイトへ

 ← アマゾンサイトへ


「S-Style」と同時期に「Kappo」も発売され、両方祝賀パレード情報が掲載されてました。
私は両方買いました。比較すると・・・。

「S-Style」:450円 カレーライスと中華そば特集
特集は8ページ。内訳はパレードの写真4ページ。会見全文3ページ。「羽生結弦展」の宣伝1ページ。


Sstyle


「Kappo」:700円 宮城の地酒特集
特集は6ページ。テキストは少なく、ほぼパレードと会見のお写真でした。


Kappo


会見全文はともかく、写真だけなら「Kappo」の方が個人的にはよかったかな。
700円なので、コスパは「S-Style」の方がいいですけどね。


参加してます。ポチっと応援お願いします♪

人気ブログランキングへ

テーマ : フィギュアスケート - ジャンル : スポーツ

2018/07/05 15:05 | 聖地~仙台、神社(2017-2018)COMMENT(2)TRACKBACK(0)  TOP

基礎点増のジャンプ数制限のルール決定&国民栄誉賞関連いろいろ情報

来年に向けてのルール改正で、ひとつ大きな案件が決まったようです。

基礎点増のジャンプ数制限=SP1本、フリー3本のみ(20180606 時事通信)

 国際スケート連盟(ISU)は5日、スペインのセビリアで総会を開き、フィギュアで演技後半に跳んだジャンプの基礎点が全て1.1倍となる現行ルールを改正し、ショートプログラム(SP)は最後の1本、フリーでは最後の3本のみ基礎点が1.1倍となることを承認した。

 日本スケート連盟が提案し、承認に必要な賛成票を得た。日本連盟は、技術と芸術性のバランスが取れたプログラムを主張した。

 2月の平昌五輪では、女子の金メダルを獲得したアリーナ・ザギトワ(ロシア)がSPの3本、フリーの7本を全て演技後半に跳び、技術点を大きく稼いだ。
 


このルール変更については、カナダ案と日本案というのがあり、採用されたのは日本案の方。

<カナダ案>
SP:後半2ジャンプだけ加点
FS:後半4ジャンプだけ加点
<日本案>
SP:後半1ジャンプだけ加点
FS:後半3ジャンプだけ加点


日本のスケ連、またよけいなことをしましたね。これ、日本の選手の立場からいっても、競技の方向性からいっても、カナダ案の方がいいと思います。団体戦の提案といい、なんで日本のスケ連って、こんなにバカなんでしょうか。


仙台市に聞く、羽生選手パレード実現の舞台裏と交流人口拡大戦略(20180605 政治プレス新聞社)

2月17日の平昌五輪男子フィギュアスケート決勝において、羽生結弦選手が男子としては66年ぶりとなる連覇を達成した。羽生選手の故郷・仙台市ではその功績を讃え、祝福するパレードが4月22日に開催された。少し早い初夏の訪れを感じさせる杜の都には、約10万8000人の参加者が一堂に会し観衆が集まり、羽生選手を祝福した。本記事では仙台市スポーツ振興課 へのインタビューを通じ、その舞台裏と、仙台市の今後の交流人口拡大に向けた戦略を聞いた。

優勝のその瞬間から、パレードへの準備は始まった

パレード実施に向けての準備は、2月17日の金メダル獲得の瞬間から既に始まっていたという。2月17日当日、仙台市では市内2か所でパブリック・ビューイングが行われていたが、仙台市では羽生選手連覇の瞬間を見届けてからすぐに、宮城県や県スケート連盟とのパレード実施にむけての検討が始まった。

今や国民的存在となった羽生選手。パレードも前回を上回る人出が予想され、コースの延長が検討された。また、宮城県で行われる2020年の東京オリンピック予選に備え、学生を中心としたボランティアの募集や、東北絆まつりの関係者の参加など、2020年のオリンピックを視野に入れた試みの調整も急ピッチで進められた。

20180422仙台パレード

「羽生選手のために」関係各所・市民が一丸に

「私ども市や県だけではなく、宮城県警など、各関係機関の初動も早かったです」と当時を振り返るのは仙台市スポーツ振興課の横山係長だ。通常、県警は所轄単位で警備・交通安全対策などを実施することが多いが、羽生選手のこの日のパレードのために、県警も部署や所轄を横断して安全対策を講じてくれたという。

また、仙台のメインストリート・東二番丁通りの企業や地元商店街の協力も厚く、10万人超が訪れる中、トイレの使用もなんら問題にならなかったという。各大学に募集したボランティアも、募集からわずか2週間で想定以上の人数が集まった枠が埋まった。新しい試みもある中で、関係各所や市民が一丸となってパレードの成功へ突き進んだ。

スポーツのまち・仙台とその拡大

その後の当日のパレードが、国内外から10万8千人が訪れ、熱気と興奮に包まれるなか、トラブルも殆どなく終わったのは多くの人が知る通りである。パレードがかくも大成功に終わった理由は何だろうか。

仙台市は大規模パレードの経験が多い都市だ。2007年にトリノオリンピックで金メダルを獲得した荒川静香選手のパレードが行われたのを皮切りに、2013年の楽天イーグルスの優勝パレード(21.4万人)、2014年の羽生選手のパレード(9.2万人)、昨年2017年の東北絆まつりパレード(14.1万人)などが続けて行われてきた。

元より、仙台はスポーツが非常にさかんなまちでもある。地元出身の世界的に著名な選手は羽生選手や荒川静香選手だけではなく、卓球の福原愛さんや、最近ではバドミントンのタカマツペアや卓球の張本智和選手といった若い選手の活躍も光る。楽天イーグルスからメジャーに行った岩隈久志選手・田中将大選手は、今現在も球団を象徴する存在として仙台市民に愛され続けている。



羽生選手“国民栄誉賞”受賞祝う看板 市役所に設置(20180606 HKB報道局)

平昌オリンピックのフィギュアスケートで、2大会連続の金メダルに輝いた羽生結弦選手が国民栄誉賞を受賞することを受けて、仙台市役所に記念の看板が設置されました。仙台市役所では6日朝、本庁舎の正面に受賞を祝う看板が設置されました。看板は縦1.5メートル、横13.5メートルで、羽生選手がオリンピックのフリー演技で着用した衣装の色に合わせています。仙台市スポーツ振興課・三井悦弘担当課長「市民と一緒にお祝いしたい、盛り上げたいという趣旨で看板を設置いた」国民栄誉賞の授与式は7月2日、総理官邸で行われる予定です。看板は7月6日まで設置されます。

仙台市役所国民栄誉賞記念看板


仙台もお祝いムード一色ですね。ちょうどアイスリンク仙台では写真展もしています。
いいな、いいな。また仙台に行きたいな~(笑)


結弦くんの国民栄誉賞には、アメリカ大使からもお祝いのツィートが!




羽生愛にあふれた中国国営放送さんも、大きく報道してくれています。




参加してます。ポチっと応援お願いします♪

人気ブログランキングへ

テーマ : フィギュアスケート - ジャンル : スポーツ

2018/06/06 14:55 | 聖地~仙台、神社(2017-2018)COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

羽生選手ゆかりの地を訪ねて ~「週末仙台」撮影地、大崎八幡宮

「羽生選手ゆかりの地を訪ねて」5回目です。これが最後です。
昨年の写真展のときに行った場所と、今年のパレードのときに訪れた場所、いろいろです。

「週末仙台」の撮影場所を2ヶ所ほど。五色沼と七北田公園。

まず、国際センター駅にほど近いところにある五色沼。
昨年に訪れたときは、五色沼は工事中でした。

五色沼1
昨年に撮影した五色沼。水が抜かれていて、泥沼状態でした(汗)

五色沼2
パレードのときに、再訪した五色沼。工事が終わって、綺麗な状態に。


「週末仙台」の撮影地、七北田公園。これは昨年に訪れました。
広くて、緑豊かで、休日にゆっくり過ごしたいような公園です。

七北田公園1

七北田公園2

結弦くんは七北田中学出身だし、子供の頃は庭のような公園だったのではないかしら。

七北田中学時代
中学時代の結弦くん。この頃から美少年。今はさらに美しさに磨きがかかって・・・。


勝負の神様・大崎八幡宮。結弦くんも金メダル祈願をしたそうです。こちらも昨年のものです。

大崎八幡宮1

大崎八幡宮2

結弦くんのポスターとサインが飾られています。ご朱印もいただけますよ♪


よろしければポチっとお願いします♪

人気ブログランキングへ

テーマ : フィギュアスケート - ジャンル : スポーツ

2018/05/24 13:45 | 聖地~仙台、神社(2017-2018)COMMENT(2)TRACKBACK(0)  TOP

羽生結弦は『レジリエンス』がある人だ ~羽生選手の被災地への想い

昨日、英国王室のロイヤルウェディングがありました。沿道に12万人が集まったとか。
結弦くんの凱旋パレードは約11万人・・・ほとんど変わらないじゃん(笑)
しかも、あちらは英国の首都。結弦くん凱旋パレードは仙台。
結弦くんのも、東京でやったら、ロイヤルウェディングを超えてたような気がする(笑)


さて・・・では、東北スポーツの記事から。

羽生、ゆづれない仙台への思い 挑むクワッドアクセル/東北スポーツ(20180518 サンスポ)

 平昌五輪のフィギュアスケート男子で66年ぶりの連覇を飾った羽生結弦(23)=ANA=は、競技を通じて故郷・仙台の更なる発展を願う。杜の都の同じリンクで育った2006年トリノ五輪女王の荒川静香さん(36)らの支えもあって成長した絶対王者は、郷土愛を胸に秘め、前人未到のクワッドアクセル(4回転半ジャンプ)に挑戦する。

 世界に名声を博そうとも、故郷への思いは色あせない。地元・仙台に対する羽生の感情があふれ出たのは、杜の都で平昌五輪からの凱旋(がいせん)パレードを行った4月末のことだ。

 「僕が仙台でスケートを続けられたのは、荒川さんがトリノ(五輪)で優勝して、リンクへの補助金や支援をしてくれたから。僕がそういう存在になれたらいい」

 女子の第一人者、荒川静香さんも拠点としたアイスリンク仙台で、幼少期に研鑽(けんさん)を積んだ。一時は経営難で閉鎖に追い込まれながら、環境改善を求めた荒川さんの呼びかけで県や市から補助金が集まり再建したリンク。2012年に拠点をカナダ・トロントに移すまで、羽生は故郷の支えで世界に羽ばたく足がかりを築いた。

 多くのスポンサーを抱え、かねて寄付金を送るなどして地元への感謝を形にしてきた。リンクで練習中に東日本大震災で被災した経験がある。五輪連覇をはじめ、世界で残し続ける結果がみちのくの灯火となるが、絶対王者は演技の進化でも希望を与える覚悟を持つ。

 前人未到のクワッドアクセル成功が新たな目標と明言する。けがを抱えた右足首の治療期間を終え、段階を踏んでジャンプ練習の強度を上げている。「(自分の活躍で)市や県を含めてスポーツが発展する機会になればいい」。自身のため、地元のため、挑戦心を貫く。 (鈴木智紘)



段階を踏んでジャンプ練習の強度を上げている・・・どこまでジャンプ練習が進んでるのか、心配半分・期待半分。あまり無理してほしくないけど、CWWで「次はジャンプ跳んでるからな!」って言ってたから、3回転くらいは跳びそうな気がする(笑)


結弦くんが、平昌五輪金メダルで獲得した報奨金1000万円は、宮城県と仙台市に寄付されましたが、仙台市から寄付の公表があったようです。

2018仙台市への寄付

ひときわ目をひく、結弦くんの500万円! もちろん金額の多寡の問題じゃないけど、23歳の若さでやっぱりすごいな~と思ってしまうのです。でも、結弦くんの被災地への心遣いは、金銭的なものだけじゃないという、こんな心温まるエピソードも。

ソースはこちら http://www3.schoolweb.ne.jp/weblog/index.php?id=0710104


羽生結弦さんから応援メッセージが届いています(20180518 伊達市立小国小学校)

 先日、東北大学名誉教授;野池 達也様より、本校に、オリンピック男子フィギュアスケートで2連覇した羽生 結弦選手の直筆メッセージ入りパネル写真をいただきました。

 東北建設局(現(株)バスク)に勤務されていた羽生選手のお祖父様が、河川調査等で放射線の研究に携わっていた野池様と懇意にされていること。そして、野池様が立ち上げた「再生可能エネルギー推進協会」に小国地区在住の大沼 豊様が参加していた縁で、羽生選手と本校がつながりました。

 羽生選手が、仙台での凱旋パレード後、実家を訪れ、お祖父様より小国小学校の話を聞いたところ、東日本大震災に係る原発事故で被災した本校のためにぜひ協力させてほしいと、パネルにサインとメッセージを書いてくれたとのことです。

 20日の運動会でお披露目したいと思います。


2018小国小学校


小国小学校は、福島県の小学校なんですね。結弦くんのメッセージ、子供達もうれしいでしょうね。
結弦くんの復興支援と何気に結びついたのが、武田鉄矢さんのこんな発言です。



この中で、特にこの部分が目をひきました。

もう一つ「レジリエンス」を巻き起こす条件がある。それがね、「利他行動」だそうです。「利他行動」ってのは自分のためでなく、他者のために行動する、それが無いとダメなんだそうで。(中略) そういうことがね、あなたの中の「レジリエンス」「復元力」「再生力」を強くする手段だという風に言われておりましてですね。

自分のためだけでなく、被災地のために、自分を支えてくれている人達のために、応援してくれてるファンのために・・・そういう想いが、結弦くんの「レジリエンス」に繋がっているのは確かでしょうね。まあ、神様も意地悪で、五輪3ヶ月前に大怪我をさせて、なかなか怪我が改善せず、「もうダメか」と周囲にも思わせておきながら、本当にギリギリのギリギリ、五輪間際に間に合わせてくる(笑) でも、それができるのも、結弦くんの「レジリエンス」ゆえなのでしょう。


よろしければポチっとお願いします♪

人気ブログランキングへ

テーマ : フィギュアスケート - ジャンル : スポーツ

2018/05/20 10:00 | 聖地~仙台、神社(2017-2018)COMMENT(8)TRACKBACK(0)  TOP

 | BLOG TOP |  NEXT»»