仙台・東北関連情報まとめ

仙台関連の情報まとめます。

仙台公演の鑑賞のついでに仙台観光される方はこのサイトが役にたつかも。
→ https://www.sentabi.jp/modelcourse/

〇仙台巡りについて
仙台市出身の羽生選手がリンクの上とはまた違った表情で、故郷・仙台の伝統文化などを語る特集記事など、観光情報が42ページにわたって紹介されています。
仙台市では10万部を作成し、6月下旬から、仙台市内で無料配布する予定。

アイスリンク仙台​
地下鉄泉中央駅から宮城交通バスで行くことができます。本数はあまり多くありません。
仙台駅から高玉町公園前までバス1本で行くことができます(ただし、こちらはもっと本数が少ない)。

仙台市立七北田小学校
七北田バス停近くに仙台市立七北田小学校があり、そこは羽生結弦選手の出身校です。
結弦くんのモザイクアートが寄贈されたことが話題になりました(部外者は見学できないと思いますが)。

五色沼・羽生選手モニュメント
​るーぷる仙台​は、仙台市交通局が運行する観光スポット周遊バス。お得な1日券があります。ただし、バスが小さいので、繁忙期にはかなり混みます。

※注 以上にあげた3ヶ所の場所は、「仙台巡り」の内容には関係ありません。

​現在、観光ガイドブック「週末仙台」については配布は終了しています。
​仙台市は、羽生結弦選手へ第3期仙台観光アンバサダーを委嘱しました​
(仙台市では本市の魅力を広く国内外に紹介し、本市のイメージアップ及び観光振興を図るため、観光アンバサダーを設置しています)




ツールド東北2019




ここ行きました。良かったですよ。お時間があればぜひ。


ここ行きたい! 御朱印ほしい! 問題はどうやって行くかだ・・・。


藤崎百貨店さんでも結弦くんに会えます。仙台公演のスポンサーでもありますね。


これも、「殿!」に惹かれるものが・・・(笑)


FaOI2018makuhari-2
いよいよ今週! あと少し!


参加してます。よろしければ、ポチっと応援お願いします♪

フィギュアスケートランキング

テーマ : フィギュアスケート - ジャンル : スポーツ

2019/05/20 11:20 | その他(2018-2019)COMMENT(2)TRACKBACK(0)  TOP

羽生結弦は芸術家達のミューズである ~オリンピックチャンネルより

オリンピックチャンネルさんが、また結弦くんの特集してくれてます♪





日本の2度の五輪王者・羽生結弦は、
フィギュアスケートだけでなく
ダンスや音楽の分野においても
芸術家達のミューズになっています。



羽生ファンの間では、ずっと前から、彼から創作意欲をかきたてられて、数えきれないほどのイラストやMAD動画などが作成されておりますが、もうそれはファンだけではありません。日本の内外のアーチストにとっても、MUSEであると、オリンピックチャンネルさんが認めておられますね。しかし、オリンピックチャンネルさんなんで羽生情報にこんなに詳しいんだろう。完全にファンじゃん。


ペイトンさんとトリビュートバレエについては、過去にとりあげてるので省略します。興味のある方は下記まで。

ゆづの最新画像 & ゴゴレフがラファにコーチ変更? & バレエ界からYUZURU HANYUへのトリビュート動画

最近の気になった話題メモ ~トリビュートバレエの記事、ペイトンさんの新作、ほか


ミュージシャンのケリー・モランさんはご自身でもスケートされるそうで、大の羽生ファン。


結弦くんにインスパイアされ、「Origin」というタイトルのEPを発売されます。




映画界からも!


──他に現在のアイススケート界で監督が惹かれるスケーターはいますか?

 例えば以前ガーディアン紙でも記事になっていた羽生結弦は、アスリートとして極めて優秀だし、アーティスティックな面でも卓越していると思う。
天才スポーツ選手でも、ジョンや羽生選手のような、観客が単純に「すごい」と感心するだけじゃなくて、見ていて共感を覚えるような魅力を兼ね備えた選手はなかなかいない。


この映画にはジョニーも出演します。スポーツ界におけるLGBTの問題提起もしてる映画ですね。


ファンタジーオンアイスで共演するToshiさんにも、結弦くんは影響を与えてます!
ソースはこちら http://www.edgeline-tokyo.com/entertainment/25227

X JAPAN・ToshI 羽生結弦選手に感動で「自分も頑張ろう進んでいこうと思うんです」 (20181226 EdgeLine)

 ロックバンド『X JAPAN』のToshIが26日、都内で『#Twitterトレンド大賞』にプレゼンターとして登壇した。

 Twitter Japan全面協力のもと、日本国内4500万人以上のTwitter利用者から、今年本語でツイートされた膨大なツイートデータを分析し、振り返るというもの。データは2018年1月1日から11月までに日本語でツイートしたデータをランキング化している。1位には『W杯』が輝いた。

 ToshIは6位から10位の発表の際に登壇。6位が羽生くん、7位が荒野行動、8位が安室ちゃん、9位がドラフト、10位がキンプリとなり、この中で気になるものはないかと質問が。これにToshIは、「やはり『羽生くん』ですね」としみじみ。この羽生くんとはフィギュアスケートの羽生結弦選手の平昌五輪での活躍のことで、ToshIは「ああいうのを見ると自分も頑張ろう、進んでいこうと思うんですよ」と、感動したそうだ。



Toshiさんも、FaOIでの共演をすごく楽しみにされているでしょうね。そして、結弦くんからまた新たなインスピレーションをもらえるのではないかしら。



ここで思いだすのが、これらの言葉。

「内から輝くものにスポットライトは必要ない」by ISU Figureskating

「Yuzuru is the music.」by EDEA

EDEAさんの記事はこちら
https://ice.edeaskates.com/en/our-skaters/yuzuru-hanyu/

彼は音楽に合わせて滑るのではなく、音楽を創造しているようにみえる。パフォーマンスの間中、彼のブレードは氷を優雅に滑っている。結弦が”音楽”なのだ。


ヤグディン氏とタラソワ女史も、結弦くんの音楽性・芸術性を絶賛。
ソースはこちら https://the-ans.jp/news/43899/

ヤグディン
「彼は本当のフィギュアスケートの神様ですね」
「スケーターがこんな冷静さを持って難しいジャンプを跳んでいるのは本当に唯一無二の状況だ。しかも一番肝心なことは、彼はとても音楽を感じている」

タラソワ
「単純にハニュウとブライアン、そして、私たちが驚嘆し、感嘆するこんな天才を輩出し、世界中にプレゼントしてくれた国(日本)にありがとう。こんな巨大な満足を与えてくれてとてもありがとう」
「そう。音楽を細胞レベルで、彼は音楽を自身の一つ一つの細胞レベルで感じている」



チーム・ハニューの一員である城田さんが、スケ連の強化部長だった頃の話です。
彼女がはじめて結弦くんに注目したのは、2004年の野辺山合宿でした。

強化副部長の吉岡さんから「音楽を身体で表現できる男の子がいる。見に来てください」と誘われ、リトミックのレッスンが行われていた一室を覗いてみると、その「男の子」が誰を指すかはすぐにわかりました。このとき彼は小学四年生。曲想を捉えて自然に動くその身体、瞬時にポーズを決められる優れたリズム感。なによりも彼自身が、音楽からイメージするものを表現するのが好きなことが、その姿から伝わってきました。

「彼、たしかに良いね。なかなかいないよ」-、音楽を臆せず身体で表現することは、昔も今も多くの日本人の男の子が苦手とするところです。そしてその能力を伸ばすことができるのも、結局のところは本人のセンスによることがわかっていました。(「金メダルへの挑戦」P168~169より)


一目で結弦くんの音楽的センスを見抜いた城田さん。このときはジャンプも転倒が多く、城田さんは結弦くんへの技術的な評価はそれほど高くはありませんでした。城田さんは、踊っている結弦くんの姿をみて「彼を推そう」と決めたのです。子供の頃から、結弦くんの音楽性がとびぬけていたことがよくわかるエピソードだと思います。


結弦くんのファンは、作家さんや漫画家さんにも多いのです。BL作家さんとか特にね。腐女子にとっては、結弦くん、ストレートど真ん中だから(笑) そして、こんな方も・・・。お名前が存じあげませんでしたが、ミステリー作家さんだそうです。



結弦くんの「殺人鬼」!! 私も見たいぞ(笑)  普段は天使のような優しい微笑みで周囲を和ませてるが、裏の顔は冷酷に人を殺すことができる殺し屋とか!! でも、結弦くんって、その内包してる狂気が魅力なので、やはり殺人鬼の方かしら。そう、オリジン魔王様とキスクラのキャッキャの、あのギャップよ! そういう役は絶対美形でないとダメだから、まさにぴったりよ~(笑)


FaOI2018makuhari
幕張公演まであともうちょっと!


参加してます。よろしければ、ポチっと応援お願いします♪

フィギュアスケートランキング

テーマ : フィギュアスケート - ジャンル : スポーツ

2019/05/19 11:05 | その他(2018-2019)COMMENT(6)TRACKBACK(0)  TOP

FaOI2019グッズ情報 & 西川クリファキャンペーン情報

ファンタジーオンアイスのグッズ情報きましたね!



FaOI2019グッズ

プログラムは、現地組だった会場のは必ず購入するようにしています。FaOIのプログラムって会場ごとに中身が違うんですよね。でも、いつも一番しょぼい(笑)のは幕張のプログラムで、ショーが進行するほどプログラムの内容が充実していく傾向はあるようです。

2017年はTシャツ1種、フェイスタオル1種だけでした。
それが、2018年はTシャツ1種、フェイスタオル2種、トートバックとなり・・・。
今年はTシャツ2種、フェイルタオル2種、トートバックに!
毎年少しずつ種類が増えていってる・・・。

Tシャツもタオルも鑑賞記念に買ってるけど、さすがにTシャツは2種もいらないな~。
というか、Tシャツもタオルも昨年の方がデザインよかったような気がするのは私だけだろうか。

皆さん、ファンタジーオンアイスに向けて気分が盛り上がってきましたね!
オリンピックチャンネルさんは、今年も動画あげてくださるかしら?



油断してたら、またクリアファイルきた・・・。今度は西川さん(汗)


東京西川クリファ2019

ショーでも散財するし、KOSEさんもだしで、出費がいろいろ大変なので、これは商品の値段と相談ということになるかしら・・・。チョコレートや洗剤やシャンプーは、なんだかんだいっても消耗品だからまだ楽なんだけど、西川さんのは消耗品じゃないから難易度高いんだよなあ。


参加してます。よろしければ、ポチっと応援お願いします♪

フィギュアスケートランキング

テーマ : フィギュアスケート - ジャンル : スポーツ

2019/05/18 10:45 | アイスショー(2018-2019)COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

「怪物かなと思った」 ~高橋大輔、羽生結弦を語る

5月4日『パトリック・チャン「ユヅルが切り拓いた新時代」感想』という記事で、「パトリックよりずっと前から、結弦くんを脅威に感じていた日本人選手について記事にする予定」と書きながら、長らく放置プレイしてしまいました。宿題を消化します(汗)

パトリックの記事で思い出したのが2017年9月3日、BSフジで放送された「アキレアの橋」(ツイではアキレスの橋と書いてますが間違いです。訂正します)。柔道の野村さんと高橋さんの対談でした。そこで、結弦くんとライバル煽りされていた頃のことを語っています。パトリックが結弦くんを意識するよりずっと前から、高橋さんが結弦くんを脅威に感じていたことがわかる対談です。








私が落ちた、あの2012年の伝説のニース。あのワールドで、パトリックが優勝。高橋さんが2位。そして結弦くんが3位でした。高橋さんが「でも、やってることは彼の方が上だった」と言ってますね。ニースのフリーのプロトコルはこちらです。
→ http://www.isuresults.com/results/wc2012/WC2012_Men_FS_Scores.pdf

パトリックチャン TES 90.56 PCS 90.14 TOTAL 176.70(Ded-2.00)
羽生結弦 TES 91.99 PCS 83.00 TOTAL 173.99(Ded-1.00)
高橋大輔 TES 88.76 PCS 85.78 TOTAL 173.94


結弦くんは、ショートでミスしたので最終グループに入れませんでした。しかし、フリーで怒涛の追い上げをして総合で3位に入りました。驚くのは、フリーだけなら、高橋さんより上。TESだけなら、パトリックより上なのです。

本当なら、パトリックはこのときに結弦くんをマークすべきだったのです。しかし、当時のインタでの発言などからみて、パトリックは結弦くんの銅メダルを「まぐれ」だと考えていたようです。実際、運よくまぐれでワールドメダルをとったけれど、そのあと鳴かず飛ばずになる選手もけっこういます。パトリックの言葉がどこまで本心かわかりませんが、結弦くんのことを自分の地位を脅かす存在とまではこの時点では思っていなかったでしょう。でも、パトリックより先に、高橋さんの方が結弦くんの潜在能力に危機感をもっていたのです。

自分でも満足する演技ができてもパトリックに勝てず、下からは結弦くんが突き上げてくる。そして、クリケットに移籍してからの、結弦くんの急成長。高橋さんの性格からして、怖くて仕方なかっただろうと思います。「本当はやめたかったけど、仕方なくやっていた」とか「結弦に負けると思っていたけど、トップにしがみつきたいという思いで続けていた」は、彼の正直な心情でしょうね。「もう勝てない」とわかってるから嫌で仕方ないのに、本当は逃げたいのに、それでも続けざるえない状況だったならば、「スケートが嫌いだった」としても、そりゃそうだろうなとは思います。

自分の悪質オタの結弦くんへの悪行を見て見ぬふりしてたこととか、むしろ煽っていた形跡があることについてはちょっと置いとくとして・・・パトリックと同じような焦燥を、パトリックより1年以上早く感じ、かなり精神的に追いこまれていた心情は理解できなくはありません。ただ、パトリックと大きな違いがあります。セカンドキャリアで迷走しまくってること。今だに、自分より9歳も下の結弦くんへの嫉妬から解放されていないことでしょう。パトリックがソチでの敗北を吹っ切って、むしろそれを今は前向きに捉えることができているのに・・・です。


下からの突き上げに恐怖を感じるのは、トップであればあるほど普通の感覚なのだろうと思います。だから、ほとんどのスケーターは五輪金をとると、さっさと引退してしまうのです。しかし、結弦くんはそうではない。「プレッシャーは原動力」「逆境は快感」と言いはなち、「壁の先にまた壁」があってもそれを自分の成長の糧だととらえられる結弦くんのメンタルがいかに異次元がわかりますね。

彼が年下の選手の突き上げを喜ぶのは、自分を成長させてくれる栄養源だとわかっているからです。結弦くんにとっては、今のネイサンは、さぞかし魅力ある「ご馳走」なのだろうなと思います。ワールドのプレカンのときも、ネイサンをみる結弦くん、すごく「美味しそう」って顔にみえたもの(笑) 


高橋さんは、一度引退したあとアメリカ語学&ダンス留学やらキャスターなどで自分探しをされ、「勝たなくてもいい」&国内限定のお気楽な立場で昨年現役復帰されました。それなら以前と違って、楽しくスケートができるでしょう。最近のAERAのインタでこんなことをおっしゃってますね。


高橋:プロフィギュア界をどう変えていくかは、僕にとって大きなテーマです。プロのスケーターが引退後に就職する場所、ちゃんと職業として食べていける場所が、いまは残念ながらほとんどない。日本のスケーターの引退後の選択肢が変わるような、劇団四季のようなスケート舞台のカンパニーをつくれたらいいなと思っています。

──劇団四季のスケート版ですか。すてきですね。

高橋:劇団四季は、特定の出演者のファンだけでなく、「劇団四季だから見に行く」という人も多く、どの舞台も人気です。バレエの熊川哲也さんのKバレエカンパニーも同様に、Kバレエカンパニーだから見に行くファンがたくさんいます。

高橋:スケートでも、様々なアイスショーが多く開催されるようになりましたが、僕はそれよりも舞台色の強いもの、たとえば「ロミオとジュリエット」をスケートミュージカル化するように、ひとつのストーリーを皆で演じるものをつくってみたい。わかりやすく言えば、Dカンパニー(大輔カンパニー)をつくりたい(笑)。



以前、テレビでの真央さんとの対談で、真央さんに「一緒にアイスショーやろうよ、カンパニー作ろうよ」と誘っておられましたっけ。しかし、真央さんは、引退後、とっとと自分の「サンクスツアー」をたちあげて、現在全国を精力的に回っておられます。高橋さんは、「自分はトップ向きじゃない。片腕の方がいい」みたいなことを言ってたこともありましたが、トップよりむしろ片腕や番頭さんの方が実務能力が必要です。2017年のミヤケンさんとの雑誌の対談で、ミヤケンさんに「賢二先生にはいろんな人とのコネを作ってもらって、『こんな人いるよ』って紹介してもらって」と頼んでるのを読んで、ちょっと呆れました。コネ作りも人頼みなの?と。コネくらい自分で作りましょう。それではトップどころか片腕も無理ですよ。Dカンパニーも周囲にお膳だてしてもらって神輿に乗るだけ・・・というつもりなのでしょうね。

引退後、何が一番大変だったかということで、雑誌のインタでこんなことを言っておられました。インタの時期は昨年の8月24日です。


「しゃべりの才能がないことはわかっていたんですけど、大変でした。これが結構トラウマで、今、人前でしゃべるの超苦手で、今でもすごく超緊張します。現役のときはまだもうちょっとしゃべれた気がするんですけど」

ーしゃべる仕事の時は手汗がすごいと言っていましたね。

「もう、今も本当に拭いきれていないです(笑)」

ーじゃあ囲みもつらいですね。

「慣れてなくて、慣れてないというか、前以上に無理。それくらい、とっても苦手になってます。プライベートでも大勢の人がいる中でしゃべるのもダメになったりするので」



事務所も、これだけしゃべるの苦手だ苦手だといってる人をなんでバラエティー番組にだしたりしたのでしょう。日テレなので「氷艶」の宣伝をかねていたのでしょうけど、むしろマイナスだったのでは・・・。

いつも鋭い分析をされるshinさんの記事です。高橋さんの某番組について。全面的に同意です。
→ https://ameblo.jp/shinibuki-blog/entry-12461568179.html


今年は国際大会に出場されるのでしょうか。しないのなら、早めに特強を辞退されることを願います。


参加してます。よろしければ、ポチっと応援お願いします♪

フィギュアスケートランキング

テーマ : フィギュアスケート - ジャンル : スポーツ

2019/05/17 13:10 | テレビ番組・コラム(2018-2019)COMMENT(6)TRACKBACK(0)  TOP

亀ですが・・・ワールド遠征時にした観戦以外のゆづ活まとめ

昨日ちょっと触れましたが、神戸新聞旅行社のFaOIバスツアー中止の件、やはりフライング情報漏れが規約違反ということで、チケットの引き渡しを拒否されたことが原因のようですね。NHKや時事通信や産経、毎日、各スポーツ新聞など、あちらこちらでニュースになっておりました。たった1日のフライングのペナルティとしては厳しように感じますが、結弦くん出場の可否は、それだけ重要機密情報扱いだということなのでしょう。他のスケーターのIN情報なら、事前に漏れてもこんな事態にはならなかっただろうし。


さて、タイムリーなゆづ情報が途絶えることがなくて、なかなかあげるヒマがありませんでしたが、そうこうしているうちにショーが始まってしまうので(汗)、メチャクチャ亀なのですがそろそろUPしときます。3月の世界選手権遠征時にした、試合観戦以外のゆづ活のまとめです。

3月20日に東京INでしたが、現地組だったのは21日の男子ショートから24日のエキシビションまでの4日間です。20日の女子ショートは観戦せず、主に東京および東京近郊のゆづ活にあてました。以下、そのときのツィートです。



浅草にある世界のカバン博物館には、結弦くんが十代の頃使用したカバンがサイン入りで展示されています。入場料は無料。旅行カバンのエースさんの運営の博物館で、骨董価値のあるカバンや有名人のカバンなど、エースさんのコレクションが展示されてます。



東京でも開催されていましたが、大阪ではなかったのであきらめていました。たまたまワールド期間に横浜で開催されていたので見ることができました。欲しかったタブロイド紙も買うことができました。







原美術館は、美術館があるとは思えないような、本当に普通の住宅地の中にありました。ちょうど「ソフィ・カルー限局性激痛」という展覧会を開催していて、ペイトンさんの「YUZURU」は、1枚だけポツンと高~い位置に飾っていました(笑) 館内は撮影禁止なので写真はありません。

私、けっこう展覧会とか好きな方なのですよ。実際、上野宿泊だったので、上野公園内の博物館も2館ほど見学しましたし、それはとても楽しめました。が・・・ソフィ・カルさんの芸術は、私にはまったく理解できず、まさに( ゚д゚)ポカーンで、頭の中を「?????」が飛び交っていました(笑) でもけっこう人は入ってました。さすが東京。大阪だとあの展覧会には人は入らないと思う(笑)

ペイトンさんの図録を購入しました。ペイトンさんが描かれた「Yuzuru」が3枚収録されています。

yuzuru1

yuzuru2

yuzuru3

薄~いわりにけっこうなお値段でしたが、1週間くらい前に問い合わせたときは20冊くらいあるという答えだったのに、この日には4~5冊しかありませんでした。輸入品とはいえ、あのぼったくり価格(笑)で・・・これも羽生効果でしょうか(汗)




フレイドさんの本はワールド会場で売っていました。「会場限定の羽生本」という触れ込みで、限定という言葉に弱いので(笑)購入しましたが、本人の許可を得たものなのかどうか物議を醸しているいわく付き(笑)の書物のようです。たまたまタチアナさんがその場にいたのでサインをもらいました。

内容は結弦くんのこれまでのプレカンでのインタが数か国語に翻訳されて、いろいろな写真とともに掲載されています。中身は羽生オンリー本です。

タチアナ氏の羽生本

この写真は結弦くん17歳のとき。アメリカ発行の「インターナショナルフィギュアスケーティング」という雑誌で初めて表紙を飾ったときのものだと思います。私はその雑誌もっていますが、特集記事の写真がこの服を着ているのです。でも、この写真は雑誌には収録されてないので未公開写真ですね。胡散臭いのは確かですが(笑)、中にはこういう貴重なお写真も入っています。




東京に向かう新幹線の中でツイッターをみていたときにたまたま知った情報でした。タイミングがよかったです。私が見たときはサインは入っていませんでしたが、28日から結弦くんのサインが入るようです。


参加してます。よろしければ、ポチっと応援お願いします♪

フィギュアスケートランキング

テーマ : フィギュアスケート - ジャンル : スポーツ

2019/05/16 08:35 | 全日本・チャンピンシップ(2018-2019)COMMENT(2)TRACKBACK(0)  TOP

 | BLOG TOP |  NEXT»»