羽生結弦がSOIに出演する理由を考えてみる

結弦くんは、2014年以来6年ぶりに、スターズオンアイスに出演します。



結弦くんは、八戸と横浜にINします。

八戸公演の会場は「フラット八戸」です。2020年竣工。できたてホヤホヤで、このスターズオンアイスがこけら落し公演となります。

スターズオンアイスが八戸で公演すると知ったとき、ほんのちょっぴり「もしかしたら?」という気持ちがありました。でも「今年はFaOI以外にも東京五輪の仕事もあるかもしれないし、過密スケジュール。まさかね。」と思い直しました。でも…やはり出るんですね。本当に結弦くんは義理固さが服着て歩いてるような人。八戸でなければ、おそらく結弦くんは、6年ぶりにSOIに出演することはなかったのではないかと思います。

結弦くんの2014年の24時間テレビの中継地は青森県のテクノルアイスパーク八戸でした。
実は結弦が被災したあと、主に神奈川スケートリンクを使っていたのですが、同時にテクノルアイスパーク八戸にも世話になっていました。そして、世界選手権で3位に食い込んだプログラムの振り付けはテクノルアイスパーク八戸で行われたのです。

そしてこのテクノルアイスパーク八戸には、結弦くんが被災の日に履いたまま避難した刃が欠けてしまったスケートシューズが置いてあるそうです。


テクノルアイスパーク八戸


「練習に来る東北の若いスケーターにこれを見てもらって少しでも元気になってほしい」という気持ちから寄付したもので、2012年の9月から展示されています。

テクノルアイスパーク八戸は、結弦くんにとってアイスリンク仙台、神奈川スケートリンク、クリケットとともに、思い出深いリンクのひとつなのです。八戸公演があるのは、テクノルアイスパーク八戸ではありませんが、お世話になった八戸へのお礼の気持ちから出演を決めたのではないかと思います。なんといってもこけら落とし公演。失敗させるわけにはいきませんものね。

結弦くんは、2015年以降、基本CIC主催のショーにしか出演していません。「Heroes & Future 2018 in NAGANO」、あれも一応CICが絡んでいました。しかし、わずかですが、イレギュラーにCIC関連以外のショーに出演したことがあります。

結弦くんは何の理由もなく、イレギュラー出演する人ではありません。
必ず、とてもわかりやすい意味や理由があります。


頭に思い浮かぶCIC以外のイレギュラー出演は、今回のも含め3つくらいでしょうか。

2016年1月 「ニューイヤーズ・オン・アイス」(大阪)に出演
2017年8月 「真夏の氷上カーニバル」(横浜)に出演
2020年4月 「スターズオンアイス」八戸・横浜公演に出演
 

2016年1月16日と17日、2日間に渡って開催された「ニューイヤーズ・オン・アイス」。ちょうど1月17日阪神淡路大震災の日です。関西を襲った悲劇の日のアイスショーに出ることに、彼なりの意味があったのだと思います。怪我も癒えない身体で、痛み止めを飲みながらの出演でした。そして、その日に演じたプログラムはサラ・オレインさんの 「The Final Time Traveler」。この曲はイシイ・ジロウさんが阪神淡路大震災をテーマに作った曲です。

結弦くんは、2017年8月16日、横浜市神奈川区内で行われた「真夏の氷上カーニバル」に参加し、エキシビションナンバー「花になれ」を披露しました。2011年の東日本大震災後、アイスリンク仙台の営業休止で、一時期神奈川スケートリンク(現・横浜銀行アイスアリーナ)にお世話になっていたのです。イベントは神奈川区制90周年の記念事業として行われました。都築コーチがお願いしたわけではなく、結弦くんからの申し出だったそうです。「鶴の恩返し」ならぬ「結弦の恩返し」だったのだと思います。

ツィッターをみると、「IMGとも提携を考えてるのでは?」という声もありましたが、私はそれはないと思います(引退後はどうなるかわかりませんが、少なくとも現役の間は)。理由は「お世話になった八戸への恩返し」しか考えられない。では、なぜ横浜にも?ということですが、横浜公演は八戸公演の翌週なので、はっきりいうと「ついで」かなと(笑) わざわざカナダから帰国するわけですし、おそらく「なんとか横浜も」とIMGに頼みこまれたのではないでしょうか。大阪と名古屋は出ないようですが、結弦くんも大阪と名古屋には何の義理もないですからね。

結弦くんが震災で練習場所を探していたとき、中京大のトレセンで練習させてほしいとお願いしたけど、中京大が受け入れの条件に自校転入を出したためかなわなかったそうです。中京大もアホですね。そのときちょっとでも手を差し伸べて恩を売っておけば、これだけ義理固い結弦くんのこと、名古屋のメモリアル的なアイスショーがあったら出てくれただろうに。ジャパンオープンだって、結弦くんが出場したがっていたときに拒否するから、今になって出てほしくても出てもらえないのよ。まあ、これだけ化けるとは誰も思わなかったのだろうけど。

これからチケット争奪戦が始まるのでしょうけど、個人的にはSOIはパスする予定です。
あとからくるファンタジーオンアイスに全精力を傾けたいので、力を温存しておこうと思います(笑)


参加してます。よろしければ、ポチっと応援お願いします♪

フィギュアスケートランキング

続きを読む »

テーマ : フィギュアスケート - ジャンル : スポーツ

2020/01/15 20:10 | アイスショー・イベントCOMMENT(16)TRACKBACK(0)  TOP

MWWガイドブック感想 & 出演者達のツィートまとめ③

ガイドブックの感想です。
ネット通販を申し込んでいる方もいらっしゃるので、ネタばれにならない程度に。


欲しい方はすでにお申込済みとは思いますが…。



ガイドブックの最初に結弦くんの挨拶文があります。
コンサートを鑑賞する前は、すべての曲に演技のフル映像を流すイメージがあったのですが、鑑賞記で書いたように、それは数曲です。結弦くんの挨拶文を読んだら、その理由がわかりました。そちらもお楽しみに。

幼少期から今シーズンまでのプログラムに添えられた結弦くんと振付師のコメントは必読です。
特に、阿部さんが振り付けをしたプログラムでガイドブックに掲載されているものにはすべて阿部さんのコメントがついています。

ウルトラマンガイア
草競馬(山田真実さんのコメントあり)
ロシアより愛を込めて(都築章一郎さんのコメントあり)
サマー・ストーム
シング・シング・シング(阿部奈々美さんのコメントあり)
火の鳥(阿部奈々美さんのコメントあり)
ミッションインポッシブルⅡ(阿部奈々美さんのコメントあり)
パガニーニの主題による狂詩曲(阿部奈々美さんのコメントあり)
ホワイトレジェンド(阿部奈々美さんのコメントあり)
ツィゴイネルワイゼン(阿部奈々美さんのコメントあり)
悲愴(阿部奈々美さんのコメントあり)
旧・ロミオとジュリエット(阿部奈々美さんのコメントあり)
パリの散歩道
ノートルダム・ド・パリ
新・ロミオとジュリエット(デヴィッド・ウィルソンのコメントあり)
天と地のレクイエム
Hope & Legacy(シェイリーン・ボーンのコメントあり)
ノッテ・ステラータ(タチアナ・タラソワのコメントあり)
オペラ座の怪人
バラード一番(ジェフリー・バトルのコメントあり)
Otonal
Origin
SEIMEI



プログラムコンサート開催にあたっての、プルさんとジョニーの寄稿文も嬉しい。
また音響デザイナー・矢野さん(2P)や衣装デザイナー・伊藤さん(4P)のインタは興味深いです。

取材・文は長谷川仁美氏。野口さんでなくてよかったわ(笑)


写真担当は田中さんがメインですが能登さんも参加されています。田中さんはフリーになったのが2015年くらいなので、それ以前のリーマン時代に撮った結弦くんの写真は前の会社帰属になり使うのに許可がいると講演会で言っておられました。おそらくその部分が能登さん担当なのかな?と思います。能登さんはずっとフリーで、結弦くんがジュニアの頃から撮影しているので。あと、結弦くんが個人提供したらしき幼少期の写真もありました。 

この田中さんのツイの意味がわかりました。
確かに成り立たなかったと思う。「持つべきものは友」(笑)


なお、巻末には、結弦くんのプログラムリストも掲載されています。
40ページほどですが、内容がとても濃いガイドブックです。ファンにはお宝ものだと思います。


演者の方々のツイとフェイスブック追加。







確かにガイドブックに書いてありますが、羽生ファンのすばやい検証力…さすが(笑) 


MWWガイドブック売り場


なお、今日は伊藤さんの講演会参加予定です(京都会場)。またレポしたいと思います。


参加してます。よろしければ、ポチっと応援お願いします♪

フィギュアスケートランキング

テーマ : フィギュアスケート - ジャンル : スポーツ

タグ : 2019-2020_season

2020/01/12 10:50 | アイスショー・イベントCOMMENT(2)TRACKBACK(0)  TOP

ロッテオンライン注文完了 & MWW 出演者達のツィートまとめ②、ブログ、フェイスブックなど

今日は午前中の10時から、2時間近くPCと格闘しておりました。
ロッテオンラインショップのクリファキャンペーンが、7日鯖落ちしたため、今日仕切り直しになったからです。



ロッテさん、オンラインショップの売上のために、どうしてもオンライン限定クリファをつけたいのなら、受注生産にしていただけないでしょうか。オタ活は楽しいとはいえ、こういう「つながるかつながらないか」「買えるか買えないか」最後までわからないクエストはかなりメンタルを消耗します。注文に2時間とか…ただでさえ羽生ファンは忙しいので時間は貴重なのです。それに、スリリングな思いをするのは試合だけで十分なのですよ。

クリファキャンペーンが遠征に重なったこともあり、ファミマ限定クリファだけ朝7時にお店でゲットして、共通柄はオンラインに賭けていたので、なんとか買えてホッとしました。

最初はオンライン限定は別にいいかな。共通柄とファミマだけで…と思ってたのですが

「カーディガン着てる」(共通柄)→「カーディガンを脱ぐ」(オンライン)→「カーディガンを肩にかけようとする」(共通柄)→「カーディガンを肩にかける」(共通柄)

…と、オンラインを挟んで一連の動きになってるのに気づき、やはり欲しくなってしまった(笑)


さて…ではMWWの「出演者の皆さんのツイート その2」と「出演者ブログ」の紹介です。









川井さんのツィート。ブログも!!


ピアノソロの塩入さんのブログ。


はたけやまさんのフェイスブック。


服部さんのフェイスブック。


指揮者の永峰さんのコメント。


田中さんと能登さんも、7日昼の部を鑑賞されたんですね♪





参加してます。よろしければ、ポチっと応援お願いします♪

フィギュアスケートランキング

テーマ : フィギュアスケート - ジャンル : スポーツ

タグ : 2019-2020_season

2020/01/09 14:00 | アイスショー・イベントCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

MWW 1/7午後公演 鑑賞記

では、1/7日午後の部の鑑賞記です。

11時半到着の新幹線だったので、会場には12時より前には到着してましたが…。



開場待ちのお客さんが大勢いたため、予定より30分早い開場になりました。


開場待ちの長蛇の列ができ、ガイドブック購入の列ができ、サインフラッグの撮影の列ができ、トイレの前に列ができ…という、試合やアイスショーのような光景が再現されていました(笑)


CWWサインフラッグ


ガイドブックはすでにネット通販も始まっているようですね。
会場では買えなかった人に予約販売を受け付けていました。送料なしで送ってくれるみたい。


1階60列あたりの両端に、1台ずつカメラが設置されていました。


一番最初に、結弦くんからのVTRでのメッセージがありました。
このツイ主さん、すごい! 私なんて、ぼーっと聞いてて全然覚えてないわ(汗)


幼少期からほぼ時系列に、彼が演じてきたプログラムが次々と演奏されました。
ときには演技フルバージョンで、ときには写真だけ、ときには写真と映像を織り混ぜて、演奏とともに彼の姿がスクリーンに映し出されます。しかし、あくまでもコンサートなので、スクリーンにあえて彼の姿をださずに、観客をじっくり演奏にだけ集中させるようなときもありました。とてもメリハリのきいた構成だなと思いました。

CSで2月にテレビ放送されますが、やはりライブで鑑賞してよかったと思いました。
音楽に包まれるような、音楽に抱かれるような、そして音楽が身体に沁み込んでくるような感覚は、テレビでは味わえないだろうと思ったからです。100人編成の大オーケストラ、洋楽器と和楽器のコラボレーションは、本当に迫力満点でした。

<フルバージョンで演技がスクリーンに流れたプログラム>
ミッションインポッシブル(JGPF2009)、旧ロミオとジュリエット(GPF2011)、パリの散歩道(スケアメ2012)、オペラ座の怪人(GPF2014)、オリジン(スケカナ2019)、SEIMEI(GPF2015)


<個人的にすごく良かった演奏>
シング・シング・シング
ホワイトレジェンド(川井さんソロバイオリン、和楽器あり)
悲愴(福間さんソロピアノ)
旧ロミオとジュリエット(オーケストラのみ)
パリの散歩道(ソロギターあり)
天と地のレクイエム(塩入さんソロピアノ)
バラード一番(福間さんソロピアノ)
オリジン(川井さんソロバイオリン)
SEIMEI(オーケストラ)&和楽器)


福間さんのバラード一番はフルバージョンでした。アレクサに「ショパンのバラード一番かけて」というと流してくれるのと同じかな(笑) 生でフルバージョンのバラ一を聴く機会はなかなかないので、貴重な経験でした。

福間さんは「ファンタジーオンアイスの共演で、コラボ予定はなかったのだけれど、羽生選手からの提案で、最終日にバラード一番をコラボさせていただいた。一生の運を使ったかような光栄な出来事でした。演奏者によって同じ曲でもタメなど色々と違うので大変だったはずだが、完璧に表現してくださった。羽生選手は高難度のジャンプやスピンを音楽で表現できる人。これからも一生応援していきたい」と(記憶力悪いのでうろ覚えです。だいたいの感じで細かい部分は違うと思いますがご容赦。もっといっぱい誉めてくださってました)。ありがとうございます。福間さんは「共演落ち」ですね。


夜の部では塩入さんがお話してくださったのですね!


サラ・オレインさんも「サラさんが僕に合わせようとしないでください。僕が合わせるのでサラさんは自由にやってください」と、結弦くんから言われたって。相手が誰であっても、それが羽生結弦のスタンスなのですね。




アイスショーや試合だと、どんなにつまらなくても義理で拍手したりしてるので(笑)、感覚がおかしくなってるのですが…このコンサートを鑑賞してつくづく思いました。大きな拍手やスタンディングオーベーションは、本当に感動すれば、自然に身体が動くのだと。それこそが、本当の演者への礼儀なのではないかと。

大きな拍手と総スタンディングオベーション。いつまで続くのかと思うほど、拍手は鳴りやまず座る人もいない。観客の中には「アンコール」という掛け声まで。会場全体が興奮に包まれたフィナーレでした。

素晴らしいプロの仕事を堪能させていただきました。ありがとうございました。
またいつかどこかでMWWの再演があることを祈って。
今回演奏されなかったプログラム曲もまだありますからね。


参加してます。よろしければ、ポチっと応援お願いします♪

フィギュアスケートランキング

テーマ : フィギュアスケート - ジャンル : スポーツ

タグ : 2019-2020_season

2020/01/08 17:00 | アイスショー・イベントCOMMENT(17)TRACKBACK(0)  TOP

大盛況のMWW 出演者達のツィートまとめ

昨日、「羽生結弦プログラムコンサート」の午後の部を鑑賞してきました。
朝、ファミマの限定ファイルのみゲット。その後新幹線に乗り、車中からロッテオンラインにアクセスしたものの繋がらず(汗)
 
「新幹線だから繋がらないのか?」と思っていたら、後からの情報でサーバーダウンで誰も買えなかったと…。9日に仕切り直しだそうです。でも、サーバー強化しなかったら、結局また鯖落ちするんじゃないの? これが初めてじゃないんだから、ロッテさんも少し勉強してくれないと。そうだ、また受注生産しちゃいましょう!(それが一番平和) 

羽生パワーはスケカナ開催の街ケロウナのサーバーも落としていたのか…。



さて…コンサートですが、本当に素晴らしいものでした。
本人が出演するわけじゃないし、東京だし…ということで、迷いがありましたが、思いきって行って本当によかったです。 
素晴らしいコンサートを企画してくださったCIC・テレビ朝日と、演者の皆さんには感謝しかありません。

そして、コンサートを鑑賞するだけで、ガイドブックを見るだけで、結弦くんがこのコンサートにいかに力を注いでいたかわかりました。現役をやりつつ、スポンサーのCM撮りやら24時間テレビやら、おそらく来年の卒業を控え、今年はその準備もあったでしょうに。

この「羽生結弦プログラムコンサート」は別名「Music with Wings」。いわば「Continue with Wings」の姉妹イベントに位置するものと思われます。本人が出演しない(映像のみの)コンサート。正月明けの平日で5000人規模の大ホールに3回公演。かなり冒険的な企画だったと思いますが、さすが羽生結弦。客入りもよく、大盛況に終わりました。

実は、今日は私の誕生日なのです。迷った末、えいや!と遠征する決心をしてチケットを購入したのは、誕生日の1日前だったので「自分への誕生日プレゼント」という言い訳(笑)ができたというのも大きかった(まあ、誕生日前でなくても結局行ったような気がするけど)。私にとっても、最高の誕生日プレゼントになりました。


では、鑑賞記の前に、出演者の方々のツイを、わかった限りですがまとめておきます。





































演者の方々の興奮も伝わってきますね。
ガーナ羽生パッケージの写真をUPしておられる方もチラホラ。
ロッテからの差し入れだったのかしら?(笑)


MWW2020


参加してます。よろしければ、ポチっと応援お願いします♪

フィギュアスケートランキング

テーマ : フィギュアスケート - ジャンル : スポーツ

2020/01/08 11:25 | アイスショー・イベントCOMMENT(16)TRACKBACK(0)  TOP

 | BLOG TOP |  NEXT»»