個人的モヤモヤについての独り言

この系統の話題は切り上げるつもりでしたが、あと少しだけ。私自身の整理とメモもかねて。ブログは「個人の公開日記」ですので、これから書くことは、あくまでも私の独り言だと思ってください。不快な人は回れ右して立ち去ってください。独り言にお説教および苦言はご遠慮くださいませね(笑)


清水氏がスケート連盟新理事に 橋本聖子会長は7期目へ(20180924 共同通信)

 日本スケート連盟は24日、東京都内で開いた評議員会で役員を改選し、スピードスケート男子で1998年長野冬季五輪金メダリストの清水宏保氏(44)を新理事に選出した。任期は2年。

 清水氏は「選手が現役をやめた後も活躍できる場をつくっていきたい。いろんな視点を持った方策を考えていきたい」と意気込みを語った。

 橋本聖子参院議員(53)は理事に再選された。役職は10月5日の理事会で互選によって決まり、橋本会長が7期目に入る見通し。

 単年度で約3億9500万円の黒字となる2017年度決算を承認した。



通年スケートリンク誕生へ 橋本聖子会長ら地鎮祭(20181004 日刊スポーツ)

大阪・泉佐野市の「りんくうタウン」に19年12月開業を予定する「関空アイスアリーナ(仮称)」の地鎮祭が4日、同市内の建設予定地で行われた。

着工は12月1日で、19年11月末までの完成を予定。一般社団法人関空アイスアリーナの顧問を務める橋本聖子日本スケート連盟会長(53)は「リンクは『人をつなぐ』『ものを動かす』といった意味もあります。『りんくう(タウン)』に『リンク』ができる。このスケートリンクが人の輪となり、世界各国からの玄関口をなるように、発展のために尽くしていきたい」とあいさつした。

同リンクは関西空港からJR、南海電鉄で1駅の「りんくうタウン駅」近くに建設される。メインリンクと、隣のカーリング場はいずれも国際規格を満たし、将来的には国際大会の誘致も視野に入る。

現在、フィギュアスケート男子の高橋大輔(32=関大KFSC)や女子の宮原知子(20=関大)らが練習する「関西大学たかつきアイスアリーナ」(大阪・高槻市)は06年7月に完成。当時、同大学の理事長として尽力した現大阪府スケート連盟会長の森本靖一郎氏が、代表理事を務める。森本氏は「今、泉佐野市は台風(の被害)で大変。リンクができることで、活気が出てほしい。泉佐野市から五輪選手を輩出したい」と思いを込めた。

府内では臨海スポーツセンター(高石市)、浪速アイススケート場(大阪市浪速区)、関西大学たかつきアイスアリーナに続く、4つ目の通年スケートリンク誕生となる。最も南に位置するため、和歌山県からの来訪など、競技人口拡大に向けても大きな役割を果たす。同市の千代松大耕市長(45)は「感慨深いです。アイススケートリンクを核とした町づくりをしたい。小さいお子さんにもここを存分に活用してもらって、素晴らしいアスリートに育っていってもらいたい」と約1年後の完成を待ちわびた。



橋本聖子氏が、7期目もスケート連盟会長の職にとどまることになりました。
2006年7月就任なので、もう12年以上会長を続けていることになります。
橋本氏は、日本スケート連盟の10代目の会長ですが、1929年以来、これほど長く会長職を続けている人は、1948~84年の竹田恒徳氏だけです。しかし、今とは時代が違いますし、旧皇族で国際オリンピック委員会理事でもあった方なので、おそらく名誉職的なものだったかと思います。

日本体操協会やボクシング連盟をみても、一人の会長が長く権力を持ち続けていると、その組織は腐ります。会長の周囲はイエスマンだらけとなり、利権がはびこり、会長の好き嫌いですべてが決まっていく。おそらくスケート連盟も、例外ではないと思います。腐敗が表にでるかでないかだけの違いだけでしょう。会長と傘下の男子選手とのハレンチ写真がでても、その後ものうのうと会長に居座り続ける・・・そう、何も変わってはいないのです。

通年リンクができること自体は悪いことではありません。宮原知子さんや紀平梨花さん、本田真凛さんなど、関西大学ゆかりの女子選手に有望選手が多いのは、やはり通年リンクの存在が大きいでしょう。とはいえ、関西人の目からみても、通年リンクの数が関西に少し偏りすぎてるようには思います。

ちなみに、関西アイスリンクアリーナの役員はこの顔ぶれ。スケ連関係の人だけ抜粋します。
ソースはこちら http://www.kanku-icearena.or.jp/?page_id=26

代表理事 森本靖一郎(大阪府スケート連盟・会長)
理事 高橋一(日本スケート連盟・理事)
顧問 橋本聖子(日本スケート連盟・会長)
顧問 伊東秀仁(日本スケート連盟・理事)
アドバイザー 高橋大輔


代表理事の森本氏は、第17代の関西大学の元理事長で、200410月~2008年9月まで理事長職を務めた人です。ちなみに、橋本聖子氏は、関西大学のアイススケート部名誉顧問です。なぜかアドバイザーに名を連ねている高橋大輔さんについては、いまさら説明する必要はないと思います(笑) こうみると、おもに関西大学関係者が後押ししてるのは確かなようです。


さて・・・ここで、昨年の8月からの、あくまでも個人的に・・・ですが、きな臭さを感じている事柄を時系列に振り返ってみます。


2017年8月10日 「ファンタジー・オン・アイス2017オフィシャルフォトブック」発売
※羽生選手の単独ページは14ページ。某カメラマンさんが講演会で、スケ連から「写真の配分を平等にするように」という指導があり、羽生選手の写真が大幅に減らされたと証言。

 ← アマゾンサイトへ

アマゾンサイトにこの本のレビューがたくさん掲載されています。辛口レビュー多数です。まさか今年も出るとは思ってなかった(笑)


2017年9月16日 スケート連盟ホームページ上で「グランプリファイナル2017」応援バナー掲示禁止の告知(手持ちバナーのみOK)


2017年9月29日 スケート連盟ホームページ上で「全日本選手権2017」応援バナー掲示禁止の告知(手持ちバナーのみOK)


2017年9月30日 「フィギュアスケートファン通信24」発売
※メディアックスの突然の編集方針変更で、羽生選手のページが半分以下に。編集担当者に問い合わせたところ、「『平等にするように』という指導があり、羽生選手を減らさざるえなかった」と回答。「どこからの指導か」ということについては言葉を濁し、教えてもらえず。

 ← アマゾンサイトへ

こちらが、突然の編集方針の変更で批判の嵐だった「フィギュアスケートファン通信24」です。たまたま私は予約はしておらず、レビューを見て購入を見送りました。


2018年9月14日 スケート連盟ホームページ上で「全日本選手権2018」での「氷上での代表発表は行いません」と告知


2018年9月28日 「フィギュアスケート通信」と「フィギュアスケート応援ブック」の二誌が、29日の発売日前日に発売中止が決定
※発売元のメディアックスとダイアプレスに問い合わせたが、「自社判断による自主回収」との一点ばり。メディアックスは今後のフィギュア誌への完全撤退を示唆した。ダイアプレスは「今後は未定」とのこと。


ざっと振り返りましたが、少し補足します。発売中止を受けて私が問い合わせたのは、10月3日です。最初に女性がでてきて、「『フィギュアスケートニュース』の担当者の方をお願いします」と伝えると、「しばらくお待ちください」と保留にされました。しかし、担当者に繋がれることなく、再び最初に電話を受けた女性が応対され、「どんなご用件ですか?」と聞かれました。それからは何を聞いても「詳しいことは上層部でないとわからない」の一点ばりでした。

おそらく担当者はいたのだと思います。いなければ、「お待ちください」と一旦保留にせずに、「今不在です」といえばすむからです。「私は上層部の人間ではないのでわからない」と押し通したい、要は何も答えたくないのだなと判断しました。

28日の段階で、メディアックスさんに問い合わせしたブロガーさんがおられ、その方の情報によれば、「印刷も終わっていたが、急に中止にせよという命令的なものが入ってきた」「一人の選手をたくさん載せるということが中止要請の理由のひとつ」との回答だったそうです。つまり、やはり私への回答のような「自社判断・自主回収」ではなかったということです。まあ、出版社の違う二誌が同時に「自社判断」で「自主回収」なんて不自然すぎますよね(笑)

昨年もそうですが、問い合わせしても、数日たつと、出版社というのはどんどん口が堅くなっていきます。早い時点の方が本音を語ってくれやすい。昨年の「指導」でも、早めに問い合わせた人には「スケ連からの指導」だと答えていたという話もあります(ただし、ソースは確かなものではありません)。私が昨年問い合わせたときは否定されていたけど、あのときも2~3日経っていた。どうせ問い合わせるならもっと早く問い合わせるべきだったと反省しています。

不透明なことばかりですが、”これだけは事実”だといえるのは「ファンタジーオンアイス2017オフィシャルフォトブック」の羽生成分が減らされたのはスケ連の指導があったからだということです。そして、そこから、いろいろなキナ臭い出来事が次々とおこっている。ほぼ同時期に「通信」が、(どこからかはわからないが)「FaOI2017フォトブック」と同様の指導を受け、やはり同時期に、どうしても特定選手に偏りがちな「バナー」が禁止された。今年になって、とうとう「羽生成分90%」の書籍二誌が同時に発売中止の措置をうけ、恒例だった「氷上の代表発表」までがなくなった。

私は、別にスケ連が関係してるなんて言ってるわけじゃありませんよ!(笑) 当事者である出版社が口をつぐんでいるのですから、すべては闇の中ですもの。ただ、考えれば考えるほど深い闇だなあと。時系列に並べてみればみるほど、昨年の夏から始まった、この一連の流れはなに・・・と思うだけ。あ、あくまでも独り言ですからね!(笑) 

U〇M所属の今季復帰するスケーターを寵愛する会長。U〇M所属の副会長。そして、U〇M所属のスケーター丸抱え状態のフジテレビ(GPS以外のフィギュアの放映権をすべて握ってる)。そういえば、フジテレビは、執拗に「羽生結弦国民栄誉賞授与反対キャンペーン」をはっていましたね。副会長については、結弦くんが恩のある人だし、仙台縁の人だし、私もスケーターとしては好きな方だけど、今の彼女の立場からすると・・・うん、あくまでも独り言です!(笑)


swan045.jpg

swan040.jpg

昨日(10月4日)は「天使の日」だったんですってね。モヤモヤするときは、綺麗で可愛い天使をみて浄化されましょ♪


参加してます。よろしければ、ポチっと応援お願いします♪

フィギュアスケートランキング

テーマ : フィギュアスケート - ジャンル : スポーツ

2018/10/05 16:15 | その他(2018-2019)COMMENT(29)TRACKBACK(0)  TOP

仙台羽生祭ふたたび! ~写真展&地下鉄全駅ポスター展示

羽生愛にあふれる仙台で、10月からまた羽生祭が始まってます!

仙台市交通局 イベント情報

「羽生結弦写真集『YUZURUⅡ』発売記念写真展」開催にあたり、地下鉄駅構内へのポスター掲出等を行ないます!

羽生結弦写真集『YUZURUⅡ』発売記念写真展

 【開催期間】  10月15日(月)~21日(日)
 【開催時間】  10:00~20:00 ※最終日は17:00まで。
 【会場】  地下鉄東西線 国際センター駅2階 青葉の風テラス
 【入場料】  無料


詳細はこちら https://sportiva.shueisha.co.jp/future/yuzuru2/

 10月15日に羽生結弦選手の写真集「YUZURUⅡ」が発売されることを記念して、青葉の風テラスで写真展が開催されます。

 開催を記念して,地下鉄駅毎に全て異なるポスターを掲示する他、地下鉄東西線の車内では「トレインビジョン」でも、告知画像を掲出しますので、ぜひ、ご覧ください!

1 地下鉄全駅でのポスター掲示

  各駅に全種異なるポスターを掲出します。
  (1)期間 10月1日(月)~30日(火)
  (2)場所 地下鉄各駅の構内で柱,もしくは壁面。

※地下鉄全線を1日何回でも自由に乗り降りできる一日乗車券がご利用いただけます。


2 地下鉄東西線「トレインビジョン」での画像掲出

 地下鉄東西線全編成において、次駅へ到着する前に、「羽生結弦写真集『YUZURUⅡ』発売記念写真展」の告知画像を掲出します。なお、乗車時間が短い区間については、掲出しませんので予めご了承願います。

 (1)期間 10月1日(月)~21日(日)
※順次データ更新作業を行なうため、一部編成においては、2日(火)以降の画像掲出開始となる場合があります。予めご了承願います。
 (2)場所 トレインビジョン(地下鉄東西線車両内の出入口付近にある行先表示画面)

お問い合わせ先: 交通局案内センター 022-222-2256



羽生選手 地下鉄全駅にポスター(20181001 NHK NEWS)

仙台市出身でフィギュアスケートの羽生結弦選手のポスターが、1日から、仙台市の地下鉄のすべての駅に掲示されています。

これは、今月15日に、羽生選手の写真集が発売されるのにあわせて、地下鉄の沿線で写真展が開かれることから、仙台市交通局と出版社が企画しました。

仙台市地下鉄の東西線と南北線には、あわせて29の駅がありますが、ひと駅ごとに異なるポスターが掲示され、仙台駅には2種類のポスターがあります。

ポスターには、写真集に掲載される羽生選手の演技中の写真が使われていて、初日の1日は、早速ファンが仙台駅を訪れ、ポスターを眺めたり写真を撮ったりしていました。

訪れた40代の女性は、「とても楽しみにしていました。町全体で盛り上がって羽生選手をお祝いしている感じがして、ファンとしてうれしいです」と話していました。

仙台市交通局経営企画課の田中英俊さんは、「ファンのみならず、日々の通勤通学で利用する人たちにも、ポスターを見て癒やされてほしいです」と話していました。

ポスターが掲示されるのは今月30日までで、今月15日からは、国際センター駅の2階で羽生選手の写真展が開かれます。



<羽生結弦>30の表情、鮮やかに 仙台市交通局が地下鉄駅にポスター「一日乗車券使い見て回って」(20181002 河北新報)

 フィギュアスケート男子で五輪連覇を果たした羽生結弦選手(仙台市出身、宮城・東北高出)の写真集「YUZURUII」の発売を記念した写真展が仙台市で開かれるのに合わせ、市交通局は1日、地下鉄駅でのポスター掲示など連動キャンペーンを始めた。

 写真集から抜粋した30種類の羽生選手のポスターを、地下鉄東西線と南北線の全駅構内で、各駅1枚ずつ掲示している。東西線の車内モニターでは写真展の告知画像を映している。

 市交通局経営企画課の担当者は「一日乗車券を使い、いろいろな表情の羽生選手を見て回り、楽しんでほしい」と話した。

 ポスター掲示は30日、車内モニターでの画像掲出は21日まで。

 写真展は15~21日に東西線国際センター駅「青葉の風テラス」で開かれる。



2018羽生写真展地下鉄ポスター




場所はお借りしてますが、お金の出所は仙台市交通局ではなく、あくまでも集英社さんなので、税金は使ってませんよ! あくまでも主導は集英社ですよ!とのことです(笑) 仙台ではテレビのニュースもきてますね~。





そして早くも地下鉄ポスターコンプリートされた方が!!



昨年の羽生祭のときは、肩の骨折をおして、腕を吊りながら仙台に飛んで参加しましたが、今年はたぶん難しいと思うので、現地さんの情報はとてもありがたいです。ああ、仙台はいいなあ・・・。

仙台の皆さん、情報とお写真、いつもありがとうございます!


参加してます。よろしければ、ポチっと応援お願いします♪

フィギュアスケートランキング

テーマ : フィギュアスケート - ジャンル : スポーツ

2018/10/02 11:45 | その他(2018-2019)COMMENT(2)TRACKBACK(0)  TOP

浅田真央「羽生結弦は史上最高のスケーター」(オリンピックチャンネルより)&2018年9月の読書メーター

浅田真央さんが、オリンピックチャンネルさんのインタビューを受けています。



日本語版はこちら https://www.olympicchannel.com/ja/stories/news/detail/浅田真央-独占インタヒュ-可能性はまったくもってセロ/


Q: Evgeni Plushenko told us that he feels Yuzuru Hanyu is the best male skater ever. Would you agree and what makes Yuzuru so special?

I totally agree! He really is an amazing athlete.
Even in adverse circumstances, he continues to produce results that are far beyond everyone's expectations so I think he's an amazing skater.
He's already made all kinds of history and even after winning two Olympics he said in an interview that he will continue to compete and to attempt challenging new jumps.
So I think he will continue to make the kind of history that will go beyond our expectations.


Q:数週間前にエフゲニー・プルシェンコをインタビューしました。その時彼は羽生結弦選手のことを男子フィギィア史上最高の選手だと言っていました。浅田さんはどう思いますか、そして羽生選手のどういったところが特別だと思いますか?

私も、もちろんそう思います。
彼は本当にすごい選手ですし、たとえ逆境であったとしても皆さんの期待をはるかに超えてしまうような結果を出し続けている選手なので、すごい選手だなと思っています。
今でもたくさんの歴史を作ってきていますし、まだまだ彼はオリンピック2連覇しても挑戦し続けて、新しい技に挑戦するとインタビューでも言っていましたので、本当にこれから先も多分私たちが思っている以上のまた歴史を作っていく選手になるんじゃないかなと私も思っています。



マ〇タといわれる、真央さんのファンの皆さん、真央さん自身が、結弦くんのことを「史上最高のスケーター」だと認めておられるので、もういい加減、結弦くんに粘着アンチするのやめていただけないでしょうか(笑) 
まあ、何のしがらみもない真央さんだからこそ、どこにも忖度せず、堂々と認めることができるんでしょうね。男と女でカテゴリ違うから、嫉妬もないだろうし。他のOBやOGではなかなか・・・ってのがアリアリなだけに。特に男のOBはねえ。思い返しても、絶賛派は織田さんや佐野さんくらいだものね・・・。


では、9月の読書メーターをUPします。

全17冊中、スケート誌、もしくはスケート記事目当ての本が13冊。BL関連は4冊だけでした。

一番よかったのは「フィギュアスケートニュース」。これは神本です。コスパ最高。

「ファンタジーオンアイス公式フォトブック」もわりとよかったのではないかな。昨年のは買ってないから比較できないけど、FaOIの写真目当てならこれがいいのじゃないかしら。他のスケート誌と比べても、結弦くん単独ページだけで24ページあるのはこれだけだし。結弦くんと海外スケーターの写真がメインです。日本人スケーターはプロ3人以外は1ページずつのみ。今年はスケ連から「平等に」というお達しはなかったみたいね(笑)


9月の読書メーター
読んだ本の数:17
読んだページ数:1346
ナイス数:123

日経ヘルス 2018年 6 月号日経ヘルス 2018年 6 月号感想
★★★☆☆ 図書館本。羽生選手の記事めあて。「羽生結弦 カラダと心 強さの理由」は4ページ。何がどうってことない記事だったけど、一応日経ヘルスなので、整形外科医でスポーツドクターでもある女医さんが医学的見地から羽生選手の能力の高さを分析していた。タンパク質特集で、タンパク質の重要性とか、たんぱく質を効率的にとるレシピとかいろいろ載ってた模様。そのあたりはパラパラ見て程度だが、ダイエット中でもタンパク質は大事だよね
読了日:09月03日 著者:
やさしい恋が育つまで (キャラコミックス)やさしい恋が育つまで (キャラコミックス)感想
★★★☆☆ キャラバースデーフェアで。地味な大学生兼バイト塾講師×イケメンPC修理技師。年の差年下攻(10歳差?)。受がビッチなのは別にいいんだけど、自分がゲイであることに強固なコンプレックスをもっていて卑屈であるがゆえに、本気の恋愛を避けてビッチになってる受は実はあまり好みではない。サバサバしてるようで、実は面倒くさいタイプなのだ。面白くないわけじゃないが、萌えがなかったかな。生真面目な年下攻くんとなら、お爺さん夫婦のようになれるだろう。悪役もいないので読後感は悪くないです。表紙裏も必読
読了日:09月03日 著者:南月ゆう
Chara Birthday Fair 2018 ⅡChara Birthday Fair 2018 Ⅱ感想
★★★☆☆ 「僕はすべてを知っている」の番外「最悪の自習時間」のみ。和倉くんがネットでアソコのグロ画像を見て勃たなくなってしまう。そのグロ画像とは? 確かにグロを通りこしてホラーかも。やはり犀川先生は最強だった(笑) このシリーズの番外編はいつも面白くて好き
読了日:09月03日 著者:ウノハナ,高久 尚子,高崎 ぼすこ,見多 ほむろ
雛鳥は汐風にまどろむ (CHARA コミックス)雛鳥は汐風にまどろむ (CHARA コミックス)感想
★★★★☆ バースデーフェアで。暗い過去をもち愛情に飢えて屈折してしまった元ホストの総菜屋店主(攻)と、死んだ姉の忘れ形見を育てているお人好しの会社員(受)が出会い疑似家族になっていく。攻は受に母親を求めているような気がした。男だけど母性の強い受とは相性がいいとは思うが、大人の男二人がわりとグダグダしてる中、一番しっかりしてるのは甥の歩ではなかっただろうか。歩と和也くんの方が気になってしまったわ(笑) 面白くないわけじゃないけど、高評価レビューで期待してたほどではなかったかな。表紙裏あり
読了日:09月08日 著者:南月ゆう
Chara Birthday Fair 2018 ⅢChara Birthday Fair 2018 Ⅲ感想
★★★★☆ 本編既読は「雛鳥は汐風~」「二重螺旋」(小説のみ)「日常クライマックス」の3編。「雛鳥」は本編より3年後。4ページ中3ページがお布団シーン。歩が少し大きくなっている。高校生くらいになった歩の話を読みたい。「二重螺旋」はナオ(ナオ自身とナオの作る飯)不足でイライラする雅紀兄さん
読了日:09月09日 著者:鯛野 ニッケ,南月 ゆう,吉原 理恵子&円陣 闇丸,倫敦 巴里子
フィギュアスケート NEXT (2) (ワールド・フィギュアスケート別冊)フィギュアスケート NEXT (2) (ワールド・フィギュアスケート別冊)感想
★★★☆☆ 図書館本。正直、よほどコアなスケオタにしか需要がないのでは・・・と思う本だが、ランビのインタがあったので借りた。ランビ以外の記事はパラパラと眺めた程度。プロスケーターとしてより、指導者としてのランビの考え方などを語っていた。技術は身体の成長とともに教えるという方針。男子はジャンプの高度化で低年齢で痩せているのが有利だが、それを長く維持するのはユヅルという例外を除いては難しいと。フィギュアに適した体型維持には知識が必要と。そういえば、ランビは以前から体型にはこだわりをもっていたな
読了日:09月11日 著者:
ファンタジー・オン・アイス2018 オフィシャルフォトブック (単行本)ファンタジー・オン・アイス2018 オフィシャルフォトブック (単行本)感想
★★★★☆ 今年のFaOIは幕張・金沢・神戸・静岡と4ヶ所合計8公演現地だったので記念に購入。インタや対談はなく、ほぼお写真で構成され、読むというより眺める本(笑) 羽生選手は単独24ページ。後半公演は12ページだけど、そのうち「春よ」は10ページ。とても美しい。ケミストリープロも一番好きだった写真が収録されていたのがよかった。お馴染みプロスケーターのページが多めで、レギュラー以外の日本人は各1ページ。FaOIというショーの特色からいって妥当かと。昨年のは買ってないので比較できないが、今年のは合格点かな?
読了日:09月12日 著者:
平昌オリンピック 激闘の記録 (YOMIURI SPECIAL 112)平昌オリンピック 激闘の記録 (YOMIURI SPECIAL 112)感想
★★★☆☆ 図書館本。羽生選手は12ページほど。多くはないが写真は良いです。テキスト文も多くはないが知らない情報もあった。試合会場に向かう車の中で「行きたくない」とつぶやいたこと。4Ltに悩み練習を3日間休んだこと。怪我療養中の過ごし方も具体的に書いていた。永井順子さんという記者さんの文章だがなかなかよかった。宇野選手6ページ、ザギトワ4ページ、宮原選手とメドベと坂本選手が2ページ、ハビとオズモンドが1ページなど
読了日:09月17日 著者:
アイスショーの世界(5) (ワールド・フィギュアスケート別冊)アイスショーの世界(5) (ワールド・フィギュアスケート別冊)感想
★★★★☆ 図書館本。紹介されてるショーはFaOI(28P)、PIW(10P)、サンクスツアー(10P)、CWW(4P)、DOI(8P)、長野のH&F(7P)、「艦これ」ショー(4P)、ロシアのショー(7P)など。羽生選手の写真は目次ページ合わせても5ページほどでインタもないので、羽生選手目当ての人向きではないが、FaOIの数人の出演者のインタの中に羽生選手について語っている部分がある。町田さんの特集が10Pあるので、町田さんのファンにはいいかも
読了日:09月19日 著者:
フィギュアスケート日本男子応援ブック Figure Skating SHOW TIME (DIA Collection)フィギュアスケート日本男子応援ブック Figure Skating SHOW TIME (DIA Collection)感想
★★★★☆ 積読消化。FaOI幕張17ページ。パレード11ページ。CWW27ページ。平昌19ページ。園遊会1ページ。スケ連表彰式1ページ。羽生選手以外は世選8ページだけ。写真がわりと良いなと思ったのはFaOIとパレードと平昌と園遊会。一番ページ数の多いCWWの写真はイマイチだった。顔が歪んだスピンの写真が多いのはマイナスポイント。この写真セレクトのセンスの悪さは応援ブッククオリティ。誰が選んでるのか知らないが改善されないな。画質もそんなに良くはないが値段相応ということか
読了日:09月20日 著者:
TVガイド特別編集 KISS & CRY 2017‐2018シーズン総括 &2018‐2019シーズン展望号~Road to GOLD!!! (KISS & CRYシリーズVol.21) (TOKYO NEWS MOOK 716号 KISS&CRYシリーズ V)TVガイド特別編集 KISS & CRY 2017‐2018シーズン総括 &2018‐2019シーズン展望号~Road to GOLD!!! (KISS & CRYシリーズVol.21) (TOKYO NEWS MOOK 716号 KISS&CRYシリーズ V)感想
★★★★★ 積読消化。全100ページほどの内、宇野選手10P、友野選手4P、田中選手2P、町田さんのプログラム分析4P以外、全部羽生選手。羽生成分の内訳は、表紙、裏表紙、両面ピンナップ、目次、FaOI幕張20P、凱旋パレード他で16P、CWW20P、平昌五輪ドキュメント26P。写真の美しさはピカイチ。あと佐野さんや田中さんなどのインタビューをとってこれるのもキスクラの強みかな。町田さんの「プログラムの宇宙」は途中で放棄(笑) 一般書に論文はいらない。難しいことでもわかりやすく書くことが大事ではないかな
読了日:09月24日 著者:
羽生連覇 平昌オリンピック総集編 (サンケイスポーツ特別版)羽生連覇 平昌オリンピック総集編 (サンケイスポーツ特別版)感想
★★★★☆ 積読消化。表紙裏表紙を別にすると全80ページほど。そのうち羽生選手が27ページ。それ以外にも閉会式や目次ページなどで1/4ページ、1/2ページなどの写真があるので、平昌五輪総集編ものしては羽生選手の比重がかなり大きい方だと思う。フリー、ショート、韓国入り、公式練習、会見など、シーンごとの羽生選手の言葉と写真で構成されている。ページ数的には小平選手6ページ、高梨選手5ページ、女子カ―リング4ページあたりが多め。羽生選手のファンで、他の競技もサラッとおさらいしたい人向けかな
読了日:09月24日 著者:サンケイスポーツ
幸運をつかむ! 開運&お清めBOOK (e-MOOK)幸運をつかむ! 開運&お清めBOOK (e-MOOK)感想
★★★★☆ 付録の扇子目当てだったけど、冊子も軽い読み物として面白かった。神社のお参りの作法とか細かすぎて全部は実行不可能だが参考にはなる。運気をあげるための日常生活の心得も、ちゃんと掃除をして整理整頓をして不要なものは捨てて、身体も身ぎれいにして、だらしない生活を送らない。ネガティブなことを言ってては運が逃げていきますよ~という内容。最近断捨離を少しずつしてるので、何気に勇気づけられた。羽生選手のことも少し載ってます。羽生選手は「水かがみ守」を受けたとか。私も持ってるので何気にうれしい(笑)
読了日:09月26日 著者:
Number(ナンバー)941号 銀盤の決闘。BATTLE FOR PYEONGCHANG 2018 (Sports Graphic Number(スポーツ・グラフィック ナンバー))Number(ナンバー)941号 銀盤の決闘。BATTLE FOR PYEONGCHANG 2018 (Sports Graphic Number(スポーツ・グラフィック ナンバー))感想
★★★★☆ 積読消化。「銀盤の決闘」というだけあってフィギュア記事が多いが、ほぼ男子のみ。日本男子だけでなく海外選手も取り上げられ、プルシェンコのインタもあり。「フリーは5分! もっとジャンプを!」と通常運転のプルさん。この号が出たころはまだ羽生選手の状態がわからず不安だったころ。なので羽生選手の新しい情報はない。都築コーチは日本フィギュアの歴史の生き証人のようなお人だな。Score Cardでは、江口寿史さんの羽生選手のイラストが! 東京西川さんの広告にも羽生選手。それ以外では清原の「告白」を読んだ
読了日:09月27日 著者:
AERA (アエラ) 2018年 9/17 号【表紙: 平手友梨奈 (欅坂46) 】AERA (アエラ) 2018年 9/17 号【表紙: 平手友梨奈 (欅坂46) 】感想
★★★☆☆ 図書館本。「羽生選手が再び始動 背中を押した二つのこと」(取材:山下弘展さん)目当て。トロント公開練習での単独インタ。モノクロ3ページで、それほど目新しい内容ではなかった。あとは「安倍政権の5年8ヶ月」を読んだ
読了日:09月27日 著者:
フィギュアスケート日本男子応援ブック 2018-2019シーズン 開幕号フィギュアスケート日本男子応援ブック 2018-2019シーズン 開幕号感想
★★★★☆ 発売中止でアマゾンから削除されたのでオリジナル登録。発売日朝一に書店で取り置きをお願いした。84ページ中羽生成分は77ページ。他選手は須本くんと草太くんが2ページずつ。宇野選手・テン選手・友野選手が各1ページ。同日発売の「ニュース」が全部ACなのに反して、こちらは平昌五輪が今更プレイバックされていたり、他選手の後にACの表彰式がきたりと構成がイマイチ。羽生率は高いが、写真量もセレクトもクオリティも「ニュース」に軍配があがる。ただ「応援ブック」もこれが最後かもしれないと思うと一抹の寂しさがある
読了日:09月30日 著者:ダイアプレス
フィギュアスケートニュース 今シーズン始動フィギュアスケートニュース 今シーズン始動感想
★★★★★ 発売中止でアマゾンから削除されたのでオリジナル登録。発売日朝一に書店で取り置きをお願いした。116ページ中羽生成分は102ページ。写真はすべてAC2018で、会場入り→公開練習→SP→会見→公開練習→FS→会見→表彰式と時系列に並べられ、とても見やすい構成になっている。他選手はAC2018に出場した2~8位までの男子シングル海外選手のみ。羽生選手の写真量と写真のセレクトとクオリティはとても1080円とは思えない。回収命令が残念でならない。もし入手可能なら、羽生ファンはぜひ手にとってほしい神本。
読了日:09月30日 著者:メディアックス

読書メーター



参加してます。よろしければ、ポチっと応援お願いします♪

フィギュアスケートランキング

テーマ : フィギュアスケート - ジャンル : スポーツ

2018/10/01 10:30 | その他(2018-2019)COMMENT(2)TRACKBACK(0)  TOP

羽生選手 上月スポーツ賞受賞歴まとめ & 2014年表彰式での名言(映像あり)

もう1週間も前の話題で恐縮ですが、上月スポーツ賞についてです。

結弦くんは、4年ぶり、5度目の受賞となりました。

2018年9月5日(水)、ザ・リッツ・カールトン東京(赤坂)に於いて、2018年度「上月スポーツ選手支援事業」認定式 並びに 「上月スポーツ賞」表彰式が開催されました。
平昌オリンピック、世界選手権大会等で活躍し、メダルを獲得された24名の栄誉を讃え、東尾公彦専務理事から表彰状とトロフィーが授与されました。
また、本年度は、受賞者の中から顕著なご活躍をされた選手へ、特別報奨金が授与されました。

●名称 2018年度「上月スポーツ選手支援事業」認定式 2018年度「上月スポーツ賞」表彰式

●日時 2018年9月5日(水)11:00~14:00
11:00~ 認定式並びに表彰式
12:00~ 懇談会 支援対象者第17回(2018年度)「スポーツ選手支援事業」支援対象者 78名

●受賞者 2018年度「上月スポーツ賞」受賞者

[水泳] 青木智美 金子雅紀 塩浦慎理 清水咲子 瀬戸大也 溝畑樹蘭 持田早智
[体操] 伊藤正樹 岸彩乃 白井健三 棟朝銀河
[柔道] 朝比奈沙羅 小川雄勢 志々目徹
[スキー] 原大智
[スケート] 髙木美帆 羽生結弦 宮原知子
[卓球] 石川佳純 伊藤美誠 早田ひな 平野美宇
[バドミントン] 嘉村健士
[フェンシング] 上野優佳



結弦くんの、これまでの上月スポーツ賞の受賞歴です。
これが5度目の受賞です。2010年、2012年、2014年は、表彰式に出席してます。
2013年と今年は欠席。海外拠点なので仕方ないですね。

<羽生結弦 過去の上月スポーツ賞受賞歴>

2010年 羽生結弦(東北高等学校) 
世界ジュニアフィギュアスケート選手権大会2010 男子シングル 金メダル


上月スポーツ賞2010


2012年 羽生結弦(東北高等学校) 
世界フィギュアスケート選手権大会2012 男子シングル 銅メダル


上月スポーツ賞2012


2013年 羽生結弦(早稲田大学) 
グランプリファイナル2012 男子シングル 銀メダル


※欠席のためお写真なし


2014年 羽生結弦(ANA)
第22回オリンピック冬季競技大会(2014/ソチ) フィギュアスケート 男子シングル 金メダル
世界フィギュアスケート選手権大会2014 男子シングル 金メダル
グランプリファイナル2013 男子シングル 金メダル


※この年は大賞受賞でした! 大賞は毎年でるわけではありません。

上月スポーツ賞2014-3


2018年 羽生結弦(ANA)
第23回オリンピック冬季競技大会(2018/平昌) フィギュアスケート 男子シングル 金メダル


※欠席のためお写真なし


2014年大賞を受賞したときの、結弦くんのスピーチは、本当に素晴らしいものでした。
まだ知らない人のために、全文掲載しておきますね。

<上月スポーツ賞 羽生結弦選手スピーチ全文>

本日は私たちのためにこのような素晴らしい表彰式を開いていただきまして、誠にありがとうございます。私たちアスリートにとって、この上月スポーツ賞をいただけるということは、大変名誉なことだと思っています。この場をお借りしまして、受賞者代表の挨拶と御礼とさせていただきます。

この表彰式の前に行われました上月スポーツ選手支援事業認定式を拝見させていただき、私も2008年中学2年生の時に初めて出席させていただいたことを思い出しました。この時に、この支援事業は、将来オリンピック競技大会等で活躍できるような、優れた資質のあるジュニア選手がスポーツに打ち込める環境を整えるために支援をしているとお話をいただきました。

あの頃はオリンピックはほど遠いと思っていましたが、認定していただけたので、より頑張っていこうと心に決めていました。おそらく、今回の受賞者の方のほとんどが、この事業でご支援をしていただいたのではないかと思っています。

全国大会や国際大会などに参加できるようになった時に、この支援が大変心強く感じられました。また、2011年度より東日本大震災の特別枠を設定していただきましたことを心より感謝申し上げます。

私事になりますが、上月スポーツ賞は2010年、12年、13年と3回いただいております。受賞のたびにこの1年頑張ってきた、頑張ってきてよかったという思いと、世界との距離が少しずつ近づいてきたことを実感できました。

そして、昨シーズン、まずはグランプリシリーズに出場しました。10月のカナダ大会、11月のフランス大会の2戦ともに、世界王者であるパトリック・チャン選手に力の差を見せつけられました。しかし、この2つの大会で素晴らしい選手と戦えたことによって多くのことを学ぶことができました。短期間ではありますが、学んだことを生かし、練習に集中して取り組み、12月のオリンピックの前哨戦であるグランプリファイナルで、ようやくチャン選手に追いつくことができました。

2月のソチオリンピックでは、とにかく自分自身の演技に集中することだけを考えてのぞみました。3月の世界選手権では金メダリストとしてのぞんだ初めての試合であり、精神的にももっとも大変な試合でした。

しかし、どの大会でも自分をささえてくれるコーチ、トレーナー、家族、そして応援していただいた方々の力をいただき、なんとか結果を出すことができたと思っています。昨シーズンを通して、選手に必要なことは向上心、素直な心、そして感謝の心であることをあらためて痛感しました。

スポーツはとても残酷だと思います。一番努力した者が必ず一番の結果を出せるものではありません。しかし、努力しなければ結果は決して残すことはできません。私たちは最高の結果を出すために感謝の気持ちを持ち続け、今後も日々精進していきたいと思っています。

今後ともご支援、どうぞよろしくお願いします。本日は本当にありがとうございました。

平成26年8月25日 受賞者代表 羽生結弦



スポーツはとても残酷だと思います。一番努力した者が必ず一番の結果を出せるものではありません。しかし、努力しなければ結果は決して残すことはできません。私たちは最高の結果を出すために感謝の気持ちを持ち続け、今後も日々精進していきたいと思っています。

特にこの部分は、羽生結弦の名言として、語り継がれていくのではないでしょうか。一番努力した者が必ず一番の結果を出せるものではない・・・という言葉は、たとえ一番努力したとしても、結果を出せなければ、ただの言い訳に聞こえてしまう。人一倍努力し、そして最高の結果を残した、選ばれたものが発するからこそ、説得力をもつ言葉なのだと思います。結弦くんは、今年は表彰式に出席できませんでしたが、出席していたら、二連覇した今、どんなことを語ったでしょうか。聞いてみたかったなと思います。


では、2014年の表彰式の結弦くんのスピーチ映像です。なつかしいです。
7分30秒あたりから結弦くんの表彰とスピーチが始まります。


上月スポーツ賞表彰式 大賞の羽生選手、受賞者を代表しあいさつ



参加してます。よろしければ、ポチっと応援お願いします♪

フィギュアスケートランキング

テーマ : フィギュアスケート - ジャンル : スポーツ

2018/09/12 11:05 | その他(2018-2019)COMMENT(2)TRACKBACK(0)  TOP

羽生選手 タレントパワーランク8位! ほかいろいろ情報



タレントパワーランキング2018

10位内にアスリートが入るのはすごいです。50位内でランクインしてるアスリートは、結弦くん以外では、46位のイチローだけです。100位までひろげても、62位の大谷翔平選手くらい。フィギュアスケーターでは、60位に浅田真央さんが入ってるだけ。真央さんは引退してるので、アスリート枠ではないですが。今年は五輪二連覇で急上昇したと思いますが、昨年も一昨年も50位内には入ってるわけで。アスリートのくせに(笑)


さて、今年も、9月15日と16日に、「ツール・ド・東北」が開催されますね。
「ツール・ド・東北」は、東日本大震災の復興支援と震災の記憶を残していくことを目的とした自転車イベントです。

大会名称:ツール・ド・東北 2018(英文名:Tour de Tohoku 2018)
主催:株式会社河北新報社、ヤフー株式会社
開催日時:2018年9月15日(土)、16日(日)


結弦くんも「ツール・ド・東北 フレンズ」です♪


羽生結弦

ツールド東北2018羽生2

平昌五輪では、多くの方々から応援をいただいたおかげで金メダルを獲得し、2連覇を達成できました。被災地のみなさんが笑顔になるきっかけになれたとしたら、とてもうれしいです。 その被災地を舞台にした「ツール・ド・東北」は今年で6回目。僕の地元仙台を走る新しいコースも加わるということで楽しみにしています。そして僕は今年も「ツール・ド・東北フレンズ」として大会を応援します。 復興はまだ道半ばだとは思いますが、全国から大勢のライダーが集まり、ゴールを目指して力強く走る姿は被災地への大きな励みになると信じています。力を合わせて笑顔で盛り上げていきましょう。

<プロフィール>
フィギュアスケーター
1994年仙台市生まれ。
4歳でフィギュアスケートを始め、2010年の世界ジュニア選手権で優勝。
2014年2月のソチ五輪では日本男子初の金メダル獲得。
同年12月のGPファイナルでも日本人初の連覇。
2017年世界選手権で2度目の頂点に。2018年平昌五輪でも金メダル獲得、66年ぶりの連覇を達成した。
宮城・東北高卒、早大在学。ANA所属。



ANAさんもプラチナパートナーとしてイベントを支援。ANAさんからのメッセージ。

ANAグループは「We Support TOHOKU」のスローガンの下、航空事業を通じて復興支援や東北の地域活性に取り組んでいます。南三陸町での森林保全活動「ANAこころの森」にはANAグループ社員も訪れ、地元の方々との交流を大切にボランティア活動を行っています。4度目の協賛となる「ツール・ド・東北」では、今年も社員ライダーやクルーとともに皆さんと心をひとつにできるようサポートしてまいります!


そのANAさんですが、こちらのサイトに素敵なお写真が57枚も!

→ https://trafficnews.jp/post/79816

羽生結弦選手がANAへ凱旋 「平昌オリンピック」金メダル獲得・連覇を報告(写真57枚)

「平昌オリンピック」のフィギュアスケート男子シングルにて、オリンピック連覇を達成した羽生結弦選手が帰国、所属するANAへ金メダル獲得を報告しました。

五輪フィギュアスケート男子シングル連覇は66年ぶり

「平昌オリンピック」フィギュアスケート男子シングルで金メダルを獲得し、同種目では1952(昭和27)年以来、実に66年ぶりとなる2連覇を果たした羽生結弦選手が2018年2月27日(火)、所属するANA(全日空)本社にて報告会を行いました。

 羽生選手は2017年11月9日、「NHK杯国際フィギュアスケート競技大会」の公式練習中に右足を負傷し、以来約4ヶ月ぶりの本番となったオリンピックの舞台でしたが、2月16日(金)に行われたショートプログラムで111.68点、翌17日(土)に行われたフリーで206.17点を記録。合計317.85点と、2位306.90点の宇野昌磨選手や3位305.24点のハビエル・フェルナンデス選手(スペイン)を大きく突き放し優勝しました。

 報告会にはANAグループの社員60名が参加。檀上に立ったANA 平子裕志代表取締役社長は「羽生選手には羽という文字があり、飛行機にも羽がある。ANAの縁をこれほどまで強く感じたことはない」とコメント。

 羽生選手は「あたりまえに滑ることがどれだけ難しいか、ここに帰ってきて感じている。飛行機は普通に離陸して、普通に着陸するけど、そのあたりまえのために働いているみなさんの一員としていれることが喜ばしい」とコメントし、「これからも難しい技に挑戦していきたい」と抱負を述べました。

 報告会ではこのほか、66年ぶりの2連覇達成にちなんで客室乗務員より66本のバラが記念品として送られました。さらにサプライズとして、ANA 片野坂会長より、家族ぶんのANAファーストクラス往復航空券がプレゼントされると、羽生選手は「なるべく高いとこに行こうと思います」と会場の笑いを誘いました。

 見事、日本中の期待に応えてくれた羽生選手の、今後の活躍に期待しましょう。



ANAさん、素敵なお写真たくさん、ありがとうございます!!


large_180227_hanyu_01.jpg


参加してます。よろしければ、ポチっと応援お願いします♪

フィギュアスケートランキング

テーマ : フィギュアスケート - ジャンル : スポーツ

2018/09/11 09:50 | その他(2018-2019)COMMENT(4)TRACKBACK(0)  TOP

 | BLOG TOP |  NEXT»»