通信の最新号は4/9発売 & 朝日の羽生特集が国際的賞を受賞

「フィギュアスケート通信」の最新号の発売が決まりました♪

フィギュアスケート通信DX 世界選手権2019 最速特集号 (メディアックスMOOK) ← アマゾンサイトへ

価格:1080円(税込)
出版社: メディアックス
発売日: 2019年4月9日


中国のサイトではアマゾンより早くUPされていました。

https://detail.tmall.com/item.htm?id=587338449386

20190409通信

これは本物の表紙ではありません。中国サイトが作った仮の表紙だと思いますが、「全部羽生結弦」は本当のようです。今回の通信さんも、安定の100%ゆづ成分です♪ 結弦くんの単独写真集以外で、今や一番安心できるのが通信さんかも(笑)

これは個人的見解ですが、販売中止・回収騒ぎにまで追い込まれた通信さんが100%羽生本を出せるようになったのには、それなりの代償を払ったのではないかと推察します。価格は同じなのに、以前は120ページ強あったページ数が、100ページ以下まで減っているからです。

ここからは、本当に推測にすぎませんが、スケ連に何らかの手数料を払ったと思わないと、頁数減の説明がつかないのです。スケーターズやキスクラは、手数料を払うかわりに、他の選手メインの本も出したり、ある程度平等に掲載することを条件に、羽生メインの本の出版を継続できているのではないかと。もちろん証拠はありませんが、そうでないと状況の辻褄が合わない。

私の信念のひとつが「不自然なことには必ず裏がある」です。少なくとも、一時ファンの間でも囁かれた「羽生サイドからのクレーム」などではないと私は思っています。


朝日新聞の「SPIN THE DREAM」が国際的な賞を受賞しましたよ♪



朝日新聞デジタルの羽生結弦特集、日本勢で唯一の入賞(20190222 朝日新聞)

 世界の優れたデジタル報道デザインを表彰する、ニュースデザイン協会(SND、本部・米国)の「ベスト・オブ・デジタル・デザイン」で、朝日新聞デジタルのスペシャルコンテンツ「SPIN THE DREAM 夢をつむぐ 羽生結弦」(http://t.asahi.com/v57p)が、2018年の銅賞(マルチメディア部門)を受賞した。日本のメディアでは唯一の入賞。

 羽生選手の幼少期から平昌五輪までの軌跡と支える人々の物語で、当時の貴重な写真や人脈図などで日本フィギュア史も描いた。
 SNDは世界各国の報道デザイン関係者による団体。朝日新聞社の入賞は13年以来6年連続で、約1300の応募の中から選ばれた。

 これまでの受賞作は以下の通り。

13年 「瀬戸内国際芸術祭 伊吹島」(優秀賞)
http://www.asahi.com/culture/art/setogei/ibukijima/
14年 「待機児童問題」(優秀賞)
http://www.asahi.com/special/taikijido/
15年 「築地 時代の台所」(銀賞)
http://www.asahi.com/special/tsukiji/
16年 「♯51=3000 イチローMLB3000安打」(優秀賞)
http://www.asahi.com/special/ichiro/3000/
17年 「永世七冠 羽生善治」(優秀賞)
http://t.asahi.com/o5ck
17年 「住み続けたい島へ SDGs 島の人たちと考えた」(優秀賞)
https://www.asahi.com/special/sdgs/amacho/


(受賞一覧)
SND Best of Digital Design complete 2018 results


Use of Multimedia
Bronze medal
The Asahi Shimbun: Spin the dream

[https://www.asahi.com/olympics/2018/special/hanyu-dream/?iref=digisptop]


受賞作品が多いので、なかなかでてきませんが(笑)、中ほどにでてきますね。
ね? 朝日さん、結弦くんに良い風を送ったら、良い風が還ってくるでしょう?
変な記事書いてる朝日の系列雑誌もあるけど、心を入れ替えてほしいわ。





結弦くんもサイトを見て、感謝してたんですね。
ちゃんとお礼を伝えるのも結弦くんらしい。後藤さんも嬉しかったでしょう。


昨日のけん玉の話題の続きになりますが・・・。
けん玉の世界女王も、羽生ファンだそうです(笑)




参加してます。よろしければ、ポチっと応援お願いします♪

フィギュアスケートランキング

テーマ : フィギュアスケート - ジャンル : スポーツ

2019/02/23 10:40 | CM・雑誌・商品情報(2018-2019)COMMENT(7)TRACKBACK(0)  TOP

ゆづに金色のけん玉をプレゼント!~日本けん玉協会より ほか

結弦くんに、けん玉協会から、金色のけん玉がプレゼントされました♪

【フィギュア】羽生に思わぬ援軍(20190221 東スポ)

 氷上のプリンスが新たな「金」をゲット! フィギュアスケート男子のソチ&平昌五輪金メダリスト・羽生結弦(24=ANA)が20日「年が明けてから氷上練習を始めました。ジャンプについては世界選手権に向けて調整しています」と日本スケート連盟を通じて、コメントを発表。昨年11月のグランプリ(GP)シリーズ・ロシア杯で右足首を負傷し、12月のGPファイナルと全日本選手権を欠場したが、順調に回復していることを明かした。

 今季はニューヒロイン・紀平梨花(16=関大KFSC)が国際大会5連勝、宇野昌磨(21=トヨタ自動車)が全日本選手権3連覇&四大陸選手権Vと目覚ましい活躍を見せているが、3月20日開幕の世界選手権(さいたまスーパーアリーナ)の主役と目されるのはやはり羽生。すでに表明している来季からの「クワッドアクセル(4回転半ジャンプ)」挑戦を前に、現段階での最高の演技が期待される。

 そんな羽生は思わぬ“援軍”を得た。今年1月、大のけん玉フリークで知られる羽生に「金メダルを取ってもらいたい」と願ってきた日本けん玉協会から、プレミアムゴールドと呼ばれる「金色のけん玉」が贈られたのだ。

 けん玉好きにとっては垂ぜんの品。協会関係者によれば、特注で「羽生結弦」のネームも刻印されているという。縁起もいい。世界に一つだけの逸品が復活Vを目指す王者に、さらなるパワーを与えてくれそうだ。



羽生クラスタの間でもあまり話題にならなかったけど、昨年のロステレのときに、すでに話があったんですね。

【フィギュアGPロシア】SP首位・羽生けん玉業界もけん引(20181117 東スポ)

【ロシア・モスクワ16日発】けん玉効果だ。フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第5戦、ロシア杯の男子ショートプログラム(SP)で五輪2連覇の羽生結弦(23=ANA)がルール改正後の世界最高得点を塗り替える110・53点をマークして首位に立った。氷上で前人未到の領域をひた走る一方、プライベートで現在ハマっているのがけん玉だ。けん玉は世界的な大ブームだが、羽生の“参戦”で業界にも異変が起きているという。

 圧巻の演技だった。最終滑走となる12番目で登場。冒頭の4回転サルコーを完璧に跳ぶと、次々とコンビネーションジャンプを決めた。ステップやスピンでも最高難度のレベル4を獲得し、演技点は5項目全て9点台半ば以上が並ぶ内容。89・94点で2位のモリス・クビテラシビリ(23=ジョージア)に20点以上の大差をつけた。

 自身の持つSPの世界最高得点を更新した羽生は「自分の演技に満足している。4回転―3回転の連続トーループは完璧ではなかったが、各要素についてはハッピー。4回転サルコーとトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)の質は良かった」と胸を張った。自身初のGPシリーズ2連勝、日本男子初の通算10勝目に向けて、17日のフリーに臨む。

 そんな羽生が現在ハマっているのが、意外にもけん玉だ。世界で大ブームとなっており、リラックス効果と集中力を養えることから世界トップアスリートにも愛好者は多いが、羽生は“超フリーク”として知られる。日本けん玉協会の認定品で漆黒の「オールブラック」を“マイけん玉”として持ち歩き、本業に勝るとも劣らぬウルトラ技を会得している。

 同協会の堤早知子事務局長は「(羽生がけん玉を披露しているシーンを)テレビで拝見しましたが、本当に上手ですね。羽生選手がオールブラックを使ってくれたおかげで『同じものが欲しい!』というお客さんが続出しているんです」とうれしい悲鳴を上げた。

 さらに「ぜひとも『けん玉大使』になっていただきたい」とも。すでに羽生サイドにも接触しており、近日中に正式オファーを出すという。このままアンバサダーに就任すれば、けん玉協会認定の「羽生モデル」や「フィギュアスケートバージョン」などの発売も期待できそうだ。

 さらには、けん玉が羽生の演技にもプラス効果をもたらしている可能性があるという。「けん玉は集中力を高めながら、ヒザを含めた体全体を使う。柔道や剣道の道場でも使われていますし、けん玉が上手な順に9人選んで日本一になった小学生の野球チームもあるほど」(堤事務局長)。実際、プロ野球オリックスの後藤駿太外野手(25)が“けん玉トレ”を取り入れたことがある。

 堤事務局長は「金メダルにちなんで(認定品の)プレミアムゴールドという金色のけん玉を贈ります!」とビッグプレゼントを約束。羽生がGPファイナル(12月6日開幕、カナダ・バンクーバー)に進出し、2年ぶり5度目のファイナル制覇を果たしたとき、新たなけん玉コレクションが増えているはずだ。



ゆづけん玉



結弦くんにプレゼントされた山形工房さんのけん玉シリーズ

山形工房けん玉




こちらも全力で作成中!



アマゾンでも絶賛発売中!

 ← アマゾンサイトへ


このアイシャドウ、何気に結弦くんを想像させるデザインだと思いませんか? 
KOSE、絶対狙ってきてるだろ(笑)

KOSEアイシャドウ

ヴィセ リシェ マイヌーディ アイズ BE-4 ハニーベージュ系 4.7g ← アマゾンサイトへ


参加してます。よろしければ、ポチっと応援お願いします♪

フィギュアスケートランキング

テーマ : フィギュアスケート - ジャンル : スポーツ

2019/02/22 12:40 | CM・雑誌・商品情報(2018-2019)COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

近日発売のゆづ関連書籍3冊 

今後発売が決定してる書籍情報です。

フィギュアスケーターズプラス2

フィギュア・スケーターズ・プラス vol.2 ← アマゾンサイトへ

価格:1300円
出版社: インロック
発売日: 2019年2月25日


<内容紹介>
表紙:羽生結弦 サイズ:A4

美しきフィギュアスケーターズの吐息が伝わる迫力の写真集
----気魄〈KIHAKU〉----その崇高な瞬間
・羽生結弦
・宇野昌磨
・宮原知子
・紀平梨花
・友野一希
・田中刑事

宇野&紀平 Wで金メダル獲得!!
四大陸フィギュアスケート選手権大会2019
・宇野昌磨
・紀平梨花 他



次はキスクラ! 表紙はまだUPされていません。



TVガイド特別編集 KISS & CRY 氷上の美しき勇者たち 世界選手権2019 全力応援号~Road to GOLD!!! (表紙・巻頭特集/羽生結弦選手) (KISS & CRYシリーズVol.25) ← アマゾンサイトへ

価格:1296円
出版社: 東京ニュース通信社
発売日: 2019年3月8日


<内容紹介>
羽生結弦選手を総力大特集!
フィギュアスケート/2018-2019シーズン、いよいよクライマックス!

世界選手権2019に出場する日本男子代表選手の中から、羽生結弦選手を総力大特集。今シーズン、羽生選手が出場しすべて優勝で飾った全試合プレーバック・保存版グラビア&試合後のインタビューを収録。有識者などの応援メッセージとともに世界選手権2019に挑む、羽生選手をあらゆる角度から分析します。

また、同じく世界選手権2019に出場する宇野昌磨選手、田中刑事選手も特集。宇野選手が初優勝を果たした四大陸選手権2019の速報リポートもお届けします。

現地で、TVで…日本代表選手たちにエールをおくる、フィギュアスケートファン必携の1冊です!

◆表紙/羽生結弦選手
◆巻頭総力特集/羽生結弦選手
・「強く、美しき春を呼ぶ——。」
約2年ぶりの日本凱旋試合に挑む、羽生選手を全力応援グラビア!
山口真一氏(アイススポーツジャパン代表)ほかスペシャル寄稿
こころのふるさと・宮城県仙台市からメッセージ etc.
・「王者の誇りと、見果てぬ夢」
2018-2019シーズン前半・全プレーバック美麗グラビア&試合後インタビュー生VOICE etc.

◆四大陸選手権2019速報グラビアリポート
・初優勝! 宇野昌磨選手、田中刑事選手SPグラビア

◆TVオンエアスケジュール~地上波・BS・CS各局関連番組

◆煌く、羽生結弦選手W表紙&Wワイドポスターグラビア! …and more!!!



ついには、結弦くんのプログラム音楽の楽譜集まで・・・。

羽生結弦の軌跡楽譜

羽生結弦の軌跡 フォト&ピアノスコア ← アマゾンサイトへ

価格:2700円
出版社: ヤマハミュージックメディア
発売日: 2019年3月10日


<内容紹介>
羽生結弦選手の貴重な写真を巻頭カラー16ページに収録!
歴代のプログラム使用曲からセレクトしたオフィシャルピアノ曲集です。

羽生結弦選手の貴重な写真と共に、プログラム使用曲をピアノアレンジでお届けする、オフィシャルピアノ曲集です。
少年時代から近年までの迫力ある演技写真の数々、大会記録やプログラム曲目リストなど、フィギュアスケートと共に歩んだ軌跡をたどります。
金メダル2連覇を果たし、日本中を感動の渦に巻き込んだ2018年平昌でのプログラム使用曲「ショパン バラード第1番」、「SEIMEI」や、エキシビションで使用されてきた「花になれ」「花は咲く」「The Final Time Traveler」など、弾き応えのあるアレンジで収載しました。
さらに、羽生選手が試合前などに聴くことで心の支えにしていた曲「風 ~re-fly ver.~」も、ピアノ演奏でお楽しみいただけます。
巻頭には、演技中の美しいシーンや、迫力ある表情など、秘蔵写真を多数掲載。
羽生結弦選手の魅力をたっぷり詰め込んだ充実の1冊です。

■編成:ピアノソロ
■グレード:中級/中上級
■収載曲[全15曲を収載]
[1] サマー・ストーム(「四季“夏"」より)
[2] パガニーニの主題による狂詩曲
[3] ツィゴイネルワイゼン
[4] ホワイト・レジェンド(「白鳥の湖」より)
[5] 「悲愴」12のエチュード第12番 嬰ニ短調
[6] パリの散歩道
[7] 花になれ
[8] Story
[9] 花は咲く
[10] The Final Time Traveler
[11] バラード 第1番
[12] 天と地のレクイエム
[13] 映画『陰陽師』より
[14] VIEW OF SILENCE~Asian Dream Song メドレー
[15] 風 ~re-fly ver.~



まず、「スケーターズプラス2」について。
確か、「スケーターズプラス」の創刊号は宇野選手表紙で高橋選手裏表紙。いわばUSM本で、ゆづ成分はゼロ。「スケーターズ」との住み分けを計った新雑誌だと評価していたのですが、もう2号で羽生表紙に逆戻りですか? 内容紹介を見る限り、四大陸の特集があるのですから、「プラス」であるなら優勝者が表紙なのが自然なはず。つまり・・・これは創刊号がよほど売れなかったと解釈していいんでしょうか? 

「スケーターズ」シリーズの魅力は、なんといってもB4というサイズの大きさです。中の写真だけなら他にもっといい雑誌はあります。あのポスターサイズの大きさで他と差別化ができていたのです。そして、創刊号から2号くらいまでは、地雷成分を混ぜてましたが、3号以降はほぼ地雷成分を入れなくなったのもポイント高かった。私は、そこを評価して、3号以降の「スケーターズ」はすべて持っています。しかし、A4サイズでは魅力半減です。

「プラス」はA4で、他のスケート誌と同じサイズです。その上、内容紹介を見る限り、羽生ファンもUSMファンも、どちらも喜ばない内容に見えます。なにより、今の時期に、これを出す意図はなんなのでしょうか? 変なものだすと、これまで築いた信用が揺らぐだけだと思うのですが。


キスクラは、羽生特集ですが、四大陸を捻じ込んできています。「USM成分は嫌だろうけど、山口氏を引っ張りだしてきたから、羽生ファンは買ってくれるだろう」という、キスクラの思惑が透けてみえます。チャンピオンシップ初優勝でも、商売的に単独での本は出しにくい(売れないから)。でも、大人の事情で全然入れないわけにもいかないという、キスクラの苦肉の策でしょうか。


ヤマハの楽譜集ですが、CDつけた方が価格が高くなってもファンは買いやすいのじゃないかな。
私は子供の頃にピアノを習っていましたが、今は家にピアノはありません。そういう人はけっこう多いと思います。
ヤマハさん、CDを本につけれないなら、別売りで販売したらどうでしょう。それほど有名ピアニストでなくても、けっこう売れると思います。あ、清塚さんあたりなら今が旬ですよ、羽生ファン的に(笑)


本人がまったく試合に出ずに、公の場にも姿を見せない時期でも、出版業界は結弦くんを巡って様々に動いています。まあ、それも無理はない。昨年のカレンダーの売行きについてのニュースです。



羽生結弦や田中圭を抑えて売上1位 プーチンカレンダーの謎(20181212 NEWSポストセブン)

 ある男のカレンダーが異例の売れ行きを見せている。その人物とは、今をときめく人気アイドルでも、ヒット映画の主演俳優でもない。ロシア連邦大統領、ウラジーミル・プーチン(66)だ。

 雑貨販売大手「ロフト」が9月から販売している来年向けの「著名人カレンダー」で、プーチン大統領の売り上げが全店舗合計1位に輝いたというのだ。

 彼の後塵を拝し2位にランクインしたのは、流行語大賞トップ10入りを果たしたドラマ『おっさんずラブ』(テレビ朝日系)で主演を務めた俳優、田中圭(34)。3位はなんと、国民栄誉賞のフィギュアスケート選手・羽生結弦(24)である。並みいる強敵を抑えて、堂々の第1位に輝いた。



プーチンが一位というのが不思議ですが(笑)、並みいるアイドルやイケメン俳優をアスリートが押さえて3位というのはやはり快挙かと。

メディアがどれだけ情報操作でスターを作りあげようと画策しても、消費者もそれほどバカではありません。たとえば・・・です。結弦くんが平昌で滑ったプログラム、ショートもフリーも覚えている人はとても多いと思います。でも、銀メダルの選手のプログラムを覚えている人がどれだけいるでしょうか?(実際、私は覚えていない) 「記録より記憶」という人達がいますが、結弦くんは、記録はもちろん、記憶に残るスケーターとしても史上最高のスケーターだと確信しています。


参加してます。よろしければ、ポチっと応援お願いします♪

フィギュアスケートランキング

テーマ : フィギュアスケート - ジャンル : スポーツ

2019/02/15 14:50 | CM・雑誌・商品情報(2018-2019)COMMENT(2)TRACKBACK(0)  TOP

ゆづバレンタイン広告が原宿・新宿に出現!& 2019年1月の読書メーター

原宿と新宿に、結弦くんのバレンタイン巨大広告登場したようです。

★新宿駅メトロプロムナード

20190207バレンタイン新宿プロムナード1

20190207バレンタイン新宿プロムナード2


★原宿駅神宮交差点前

20190207バレンタイン原宿神宮前交差点2

20190207バレンタイン原宿神宮前交差点1


大阪にもきてくれるかしら?(東京だけ…ってことは…ないよね? あり?)
もしきてくれるとしたら、赤いマフラーの子の広告と同じところかしら。
なお、上の写真は、ツィッターよりお借りした写真に多少加工を加えたものです。ツイ主様、ありがとうございます。


では、1月の読書メーターをUPします。

スケートとは関係ない話で申し訳ないのですが、日高ショーコさんの「憂鬱な朝」が完結しました。BL大河ドラマなのですが、1巻から完結編の8巻まで10年! 「BL読みは待つのが仕事」とはよく言ったものです(今は「羽生ファンは信じて待つのが仕事」という身ですが)。

華族制度がまだ生きていた時代、桂木と暁人という二人の男がお互いに当主を譲り合いし、複雑な人間関係と波乱の時代の中で、愛し合いながらも気持ちがすれ違い・・・しかし、最後にはすべての問題が解決し、ハッピーエンドになります。6巻の中で、暁人の親友がこんなことを言っていました。

「桂木が女だったらよかったのにな」
「せめてどちらかが女だったら落としどころはあっただろう?」
「少なくとも”当主の譲り合い”なんておかしな事態には至らなかったはずだ」


そういう親友の言葉に、暁人はこう答えます。

「そんなことはないよ。僕は今の桂木がいいんだから」
「今の関係だから僕たちは出会えた」
「桂木が優れていたからこそ、父は彼を迎え入れて・・・僕は桂木に育ててもらえた」
「それが僕の今のすべてになった」


ツィッターで、「ハビと羽生くん、どちらかが女の子だったらよかったのに」というツイを見たとき、このやりとりを思いだしました。なんとなく、ツイ主様の気持ちはわからないでもないのですが(笑)、結弦くんは、2種類の四回転を跳ぶライバルを求めてクリケを選んでいますので、どちらかが女の子だったら、そもそも二人の出会いはなかったでしょう。まさに「今の関係だから僕たちは出会えた」のです。そして、「桂木が優れていたからこそ、父は彼を迎え入れて・・・僕は桂木に育ててもらえた」という言葉は、結弦くんとハビに当てはめると、「ハビが優れていたからこそ、僕は彼のいるクリケットに入門して・・・僕はハビとクリケットの先生たちに育ててもらえた」ということになるでしょうか。

BL読みから言わせると、どちらかを女の子に置換して成立するような関係はおもしろくないんです。男同士だからこその関係性に萌えがあるんで。まあ、BLでも「そんなに強引に恋愛関係にしなくていいんじゃね? この場合、ブロマンスとか親友のほうが自然じゃね?」ってことはままありますが(笑)

二人のどちらかが女だったら出会えていないし、ハビが2種類のクワドを跳んでなかったらクリケットを選んでないかもしれないし、ハビが結弦くんの入門を拒否してたら結弦くんのクリケット入りはなかった可能性が高い。そして、入門しても、トレイシーがいう通り、二人がナイスガイでなかったら、うまくいってなかったかもしれない。

もし被災してリンク難民にならなかったら・・・もしワールドで銅メダルをとらなかったら・・・多くの「IF」の結晶が今の「羽生結弦」を作っているのだなと感じます。ひとつのピースでも違ったら、また違う結果になったかもしれない。ハビとの運命的な出会いもそのひとつなのだと思います。


1月の読書メーター
読んだ本の数:12
読んだページ数:634
ナイス数:71

月刊スカパー!  19年1月号月刊スカパー! 19年1月号感想
スパドラはエレメンタリーの新シリーズが始まる。楽しみ。AXN海外ドラマは科学捜査班シーズン9。日テレプラスとキッズステーションで名探偵コナン。テレ朝チャンネルはフィギュアスケート。無料の日にアニマルプラネットかな。あとはムービープラスで映画を少し
読了日:01月04日 著者:
事故物件怪談 恐い間取り事故物件怪談 恐い間取り感想
★★★★★ 図書館本。ホラー好きにはかなり面白い本。著者が関西の松竹芸能の芸人なので、本でとりあげられている事故物件は関西のものが多く、関西人は特に興味深いと思う。私はホラー好きだけど、家で一人で読んでるとそこそこ怖かった(笑) 大島てるのサイトとかみると実際事故物件が多いが、気持ち悪いだけならまだしも、次々に人が死んだりしてる物件はヤバイな。著者は事故物件芸人なので仕方ないが、いつも付き合わされてる後輩芸人に同情した(笑) 稲川淳二みたいに霊感は強くないらしいけど、顔が黒く写って2021年大丈夫なのかな
読了日:01月16日 著者:松原 タニシ
週刊新潮 2018年 12/6 号 [雑誌]週刊新潮 2018年 12/6 号 [雑誌]感想
★★★☆☆ 図書館本。五木寛之氏のコラム目当て。羽生選手のロステレと過去の「努力はむくわれない」について。若くしてその真実を悟った青年は、はたして幸福なのだろうか、と問う五木氏。五木氏だそのことを確信したのは、八十歳を過ぎてからだったと。その言葉に、羽生選手の聡明さとともに、彼が生きてきた人生の濃密さを思う。少年の無垢さとともに老成した部分を合わせもつ羽生結弦という青年の奥深さは計りしれない
読了日:01月16日 著者:
AERA (アエラ) 2018年 12/3 増大号 [雑誌]AERA (アエラ) 2018年 12/3 増大号 [雑誌]感想
★★★★☆ 図書館本。目当ては「羽生結弦『ファイナルに向けて全力で』」の3ページ(吉永記者)と「ブライアン・オーサー独占インタビュー」。写真は綺麗だったし、吉永記者の記事もよかった。オーサーのインタ記事は2ページ(野口さん)。オーサーのいうとおり「ミスタートリプルアクセル」の弟子が「ミスタークワドアクセル」と呼ばれるようになったら素敵だなと思う。あとは日産の記事と児童相談所の記事を読んだ
読了日:01月21日 著者:
【Amazon.co.jp限定】憂鬱な朝6 描きおろしショートストーリーつき (Charaコミックス)【Amazon.co.jp限定】憂鬱な朝6 描きおろしショートストーリーつき (Charaコミックス)感想
★★★★★ 完結編がでたので、完結編がでるまではと積読してた6巻目をようやく読了。2015年10月発売で3年以上積読してた(汗)ゾッコン同志だけど、ままならない状態が6巻目も続いている。それでもイチャイチャシーンがそれなりにあったので、少しは前進してるというべきか。暁人は英国留学を控え、智之は石崎から紡績工場を任され・・・いろいろあった6巻目でした。桂木がかなり変わった。脆さや弱さが見えて人間臭くなった印象
読了日:01月23日 著者:日高ショーコ
【Amazon.co.jp限定】憂鬱な朝(7) 描きおろしショートストーリーつき (Charaコミックス)【Amazon.co.jp限定】憂鬱な朝(7) 描きおろしショートストーリーつき (Charaコミックス)感想
★★★★★ 完結編(8巻)がでたのでようやく積読消化。最初にキャラクター紹介があって助かる。積読期間が長かったし、人間関係が複雑なので途中で誰が誰だかわからなくなるのだ(汗) この号は智之の出生の秘密に深く切り込んでいます。父親が誰だったのか・・・ということが明らかになってようやくすべての呪縛が解かれるのだろうな。石崎の親父を出し抜いた智之はさすがだった。出自コンプ丸出しの石崎にガッカリさせられるが時代的に仕方ないのかもしれない。愛し合う二人のハピエンを願って最終巻へ!
読了日:01月24日 著者:日高ショーコ
憂鬱な朝8 (キャラコミックス)憂鬱な朝8 (キャラコミックス)感想
★★★★★ 完結編。暁人と智之も、総一郎と小ふさもめでたくハピエン。智之の父親も誰か判明。でもそれは桂木家先代当主の高正と暁人と智之が墓場までもっていくことになる。暁人は2年の英国留学。智之は日本に残る。久世家の跡取り問題も直継の忘れ形見を養子に向かえることで解決。古い華族制度の終焉を見越し、会社に必要な人材を育てる。性格は違えど二人のベクトルは確かに似てた。久世子爵家はなくなっても久世財閥は後世まで残るのだ。二人が「家」の枷に縛られ潰されなくてよかった。素敵なBL大河ドラマでした。アニメイトP付
読了日:01月24日 著者:日高ショーコ
anan(アンアン) 2019/01/30号 No.2136 [選択力の高め方]anan(アンアン) 2019/01/30号 No.2136 [選択力の高め方]感想
★★★★★ 羽生選手特集目当てで2冊買い。表紙以外では羽生成分は16ページだけど、特集部分の紙質が良く、中心部分なので取り外そうと思えば取り外せる仕様なのが〇! 表紙が”神”。羽生選手は横顔が美しい人なのだが、横顔が表紙になることはほとんどない。横顔に着目したananグッジョブです。テキストは折山さん。特にFaOIの記事がよかった。他のフィギュア記事は小塚氏の「フィギュアスケートの見所」(正直これはいらなかった)4ページと友野選手2ページと島田選手1.5ページ。世界の四回転ジャンパー0.5ページ
読了日:01月24日 著者:
婦人公論 2019年 1/22 号 [雑誌]婦人公論 2019年 1/22 号 [雑誌]感想
★★★★★ 羽生選手特集目当て。特集8ページの「羽生結弦語録」。お写真もすごく綺麗。この特集だけでも590円の価値ありです!
読了日:01月24日 著者:
フィギュアスケート男子ファンブック Quadruple Axel 2019 熱戦のシーズンイン特集号 (別冊山と溪谷)フィギュアスケート男子ファンブック Quadruple Axel 2019 熱戦のシーズンイン特集号 (別冊山と溪谷)感想
★★☆☆☆ 図書館本。羽生選手は12Pだが内容は薄い。クリケット公式練習のフォトセッションは1枚だけ。昨年は個別インタもとれなかったということか。がっかり。表紙は高橋選手だが、内容も22Pと一番多い。インタが売り物の雑誌だが、田中、友野、中村、鈴木、島田、須本、木科、三宅選手など、かなり多くの選手に高橋選手についての質問をしていて、まさに高橋大輔号といった感じ。裏表紙までスカイコート(高橋選手のスポンサー)の広告だし(笑) 個人的に真壁さんのインタがよかった。FaOIの羽生選手の話が興味深かった
読了日:01月29日 著者:山と溪谷社
フィギュアスケートファン 2018-19 2019年 02 月号 [雑誌]: ラジコン技術 増刊フィギュアスケートファン 2018-19 2019年 02 月号 [雑誌]: ラジコン技術 増刊感想
★★★★★ 羽生選手は表紙+38Pほどで、全体の4割ほどで、それほど多くはないが、980円でこれならかなりコスパがいいという内容。衣装デザイナーの伊藤さんのインタがよかったし、写真もフォートキシモトと高須さんの写真が中心で綺麗だった。宮原さんと島田選手はインタあり。あとは宇野選手10P、紀平さん6P、高橋選手5Pなど。村上さんの「日本フィギュアについて」のインタあり。インタ担当はすべて辛仁夏女史でした
読了日:01月29日 著者:
TVガイド特別編集 KISS & CRY 氷上の美しき勇者たち  2018-2019シーズン開幕号~Road to GOLD!!! (表紙・巻頭特集/羽生結弦選手) (KISS & CRYシリーズVol.22) (TOKYO NEWS MOOK 744号 KISS&CRYシリーズ V)TVガイド特別編集 KISS & CRY 氷上の美しき勇者たち  2018-2019シーズン開幕号~Road to GOLD!!! (表紙・巻頭特集/羽生結弦選手) (KISS & CRYシリーズVol.22) (TOKYO NEWS MOOK 744号 KISS&CRYシリーズ V)感想
★★★★★ 積読消化。スペシャルレポート①はオータムクラシック。②はトロント公開練習。今シーズンの公開練習は個別インタはとらなかったのかな?(囲み会見のみだったので)でも、その分フォトセッションの写真は多くてどれもよかった(講座で聞いた話では、フォトセッションは田中さん担当だった模様)。折込ピンナップも両面で2枚あり。オーサー、トレイシー、ジェフのコメントあり。内容は9割羽生成分だし、それ以外も山本草太くんと須本光希くんで、すっきり住み分けできてるのも〇 これからもこういう方向性でお願いしたい  
読了日:01月31日 著者:

読書メーター



参加してます。よろしければ、ポチっと応援お願いします♪

フィギュアスケートランキング

テーマ : フィギュアスケート - ジャンル : スポーツ

2019/02/04 11:15 | CM・雑誌・商品情報(2018-2019)COMMENT(4)TRACKBACK(0)  TOP

「逆境」を力に変える&ゆづのマイルール ~マイレピより

「アナザーストーリーズ」の反響が大きいようです。
阿部さん、素敵な作品ありがとうございました!
取材後記も楽しみにしています!



マイレピが更新されました。

【今だけ一般公開中】第30回:「逆境」を力に変える (20190201 マイレピ)

20190201myrepi-1.jpg


2018年2月の平昌冬季オリンピックで66年ぶりの2連覇を果たした羽生選手。その影には、右足首損傷で2ヶ月間リハビリと治療のためリンクに上がれないという大きな試練がありました。その後、奇跡的な復活を遂げた美しい演技は、世界中を感動の渦に巻き込みました。これまでの羽生選手の競技者としての人生は、ケガや病気など大きな試練とそれを乗り越えることの連続でした。羽生選手の「逆境」と、羽生選手自身がその逆境をどうやって乗り越えてきたか、力に変えてきたか、インタビューで迫ります。


逆境の後には必ず幸せが訪れると信じています

「逆境」については、僕はそういった局面がとても多いんです。2014年、試合前の練習中にあった怪我も、同じ年の手術も、その後も、本当にケガや病気の連続で…。自分でもジェットコースターのようにアップダウンが大きい人生だなと思います。でも、これは僕の持論なんですけど、どんなに苦しいことがあっても「逆境の後には、絶対に幸せがくる」と思っているんですよね。どんなに苦しいことがあっても、たとえその困難が長かったとしても、次の幸せは絶対に大きいものだと信じています。 平昌冬季オリンピックの前のケガは、これ以上ないだろうっていうくらい辛く苦しかったです。でも、「もう、これだけ辛いんだから、オリンピックで幸せになるべきだよね」と、そう信じて準備を重ねていました。だから、平昌の会場入りしたときは、ある意味とても幸せでした。「苦しかった分、幸せがちゃんと来る」と、そう確信していましたから。よく言われる、「試練は乗り越えらえるものにしか与えられない」という感覚は、自分の中にあります。試練は成長するときに訪れるものだと思うし、自分が強くなれるきっかけになっていると思います。


20190201myrepi-2.png


「過去の自分」が、自分を奮い立たせてくれる

ちょっと不思議な言い方かもしれませんが「過去の自分」って自分の中にずっと共存しているんです。共存していて、自分に発破をかけているんです。例えば、少年時代の自分、中学生くらいの自分、数年前の自分など、過去の自分が今の自分を奮い立たせてくれるんです。そういった感覚は子供の頃からあって、それがずっと続いている感じです。今までどんな困難があっても、絶対にあきらめなかったのは、これまでの自分がスケートにかけていた気持ちを絶対に無駄にしたくないっていう思いが強くあるからです。その気持ちが前に進む力をくれていると思います。
今、スケートをはじめて19年くらいになるんですけど、「過去の自分」が作り上げてきたことを「全部証明したい。人生を賭けきりたい。」と、強く思っています。


20190201myrepi-3.png


「幸せは、自分だけに使わない」ということが、マイルールです

自分の中で決めている「マイルール」のようなものがあります。「幸せを自分のためだけに使わない」ということです。僕の人生は、逆境と幸福の連続でした。自分はこれまでずっと支えられて、一人で生きているわけではないので、幸せがやってきた時には、その幸福をみんなの幸せに使って、みんなで幸せになりたい。そう思っています。


20190201myrepi-4.png


シェイリーンが「HOPE & LEGACY」について、こんなことを語っていました。2016年発行の「ワールド・フィギュアスケート EXTRA グランプリシリーズ特集」の中での、「ユヅルこそが希望であり、レガシーです」というタイトルのシェイリーンのインタビューから抜粋します。

彼の人生におけるさまざまな経験、彼が氷に足を踏み入れた瞬間からこれまでに、彼自身が経験してきた旅を、そのままプログラムのなかで描きたいと思ったのです。

彼は勝利と夢を独占しようとはしません。一度抱きしめると、腕を開き、心を開いて、希望とインスピレーションを世界中の人たちと分かち合うんです。

彼の内側には本当の美があります。すべての人々への感謝の心、氷への尊敬。そうした美しい気持ちが、彼自身の手によって、このプログラムに流しこまれているんです。


マイレピで語った、結弦くんの「マイルール」は、このシェイの言葉と重なります。

日本のフィギュア関係者よりも、シェイの方がずっと結弦くんをわかってくれています。いや、シェイが結弦くんの理解者であるからこそ、あれだけ結弦くんにぴったりの美しいプログラムを生み出せるのでしょうね。


今日、能登さんの講演会に行ってきます。近いうちに、ミニレポあげれたらあげますね♪


参加してます。よろしければ、ポチっと応援お願いします♪

フィギュアスケートランキング

テーマ : フィギュアスケート - ジャンル : スポーツ

2019/02/02 09:00 | CM・雑誌・商品情報(2018-2019)COMMENT(2)TRACKBACK(0)  TOP

 | BLOG TOP |  NEXT»»