氷上のアルゼンチン・タンゴ (華藤えれな)

  氷上のアルゼンチン・タンゴ(華藤えれな 徳間書店)


BLとフィギュアスケートがコラボした、「氷上のアルゼンチン・タンゴ」を読みました。
うちのブログにぴったりの作品ですが、感想をあげるかどうかは、正直迷いました。
というのも・・・個人的に微妙な読後感だったからです。
でも、滅多にない貴重なフィギュアBL小説なので、感想をあげることにしました。

BL小説でフィギュア界を扱った作品は多くありません。私が過去に読んだのは、以下の3作品です。

銀盤を駆けぬけて(春原いずみ)  → 感想はこちら
スケオタキャリアの長い春原さん。おそらく、BL界で一番骨太なフィギュアBLを書ける人ではないかと勝手に思っています(笑) 個人的には、この作品がイチオシですが、恋愛よりスケートの比重が大きい作品なので、恋愛重視の人には物足りないかもしれません。カップリングは、コーチ×男子シングルスケーターです。

キス&クライから愛をこめて(小塚佳哉) → 感想はこちら
こちらは、カップリングは、熱狂的なファン(元ヤクザの実業家)×男子シングルスケーター。かなり特異なカップリングで、世間にバレたら、男同士ということより、お相手が元ヤクザということがスキャンダルになるのじゃないかと心配になりました(笑) 上下巻なので、読み応えはあります。

銀盤のシャノワール(砂床あい)
カップリングはコーチ×男子シングルスケーター。攻(コーチ)にとって、受(選手)は元恋人(男)の忘れ形見・・・という、少しややこしい人間関係がありました。内容は可もなく不可もなく・・・で、あまり印象には残っていませんが、本間アキラさんの挿絵が美しかったことは覚えています。

「氷上のアルゼンチン・タンゴ」は、珍しくスケーター同士ということで、
トップスケーター同士のライバル意識バチバチのガチンコLOVE 
みたいなのを勝手に想像していました。でも、ちょっと・・・違いましたね。

アマゾンで、「周りの選手達も先生も見回せば・・・ゲイだらけ。(「実は、フィギアはゲイの宝庫なの?」と思えてくるほど。)」と書いておられるレビュアーさんがおられました。 
BLでは、兄弟全員ゲイだとか、会社の同僚がほとんどゲイだとか、そんな作品をたまにみかけます。総ホモBLもそれはそれで楽しいんですが、冷静に考えるとおかしいです。でも、フィギュア界に多いのは事実なので、この作品がゲイだらけでも、そこにはあまり不自然さは感じませんでした(笑)

そのへんの事情は、以前記事にしましたので、興味のある方はお読みください。
(ただし、偏見のない方だけでお願いします)

フィギュア選手と同性愛 ~男子フィギュアの価値観とセクシャリティの狭間~
フィギュア選手と同性愛 ~男子フィギュアの価値観とセクシャリティの狭間~ その2

前置きが長くなりました。小説の感想の方はサラリと軽く書き留めておきます。

【あらすじ】
四回転ジャンプを軽々跳ぶ、17歳の天才スケーター―。リンクでは誰ともつるまない年下のライバル・栄翔に、嫉妬と劣等感を抱いていた紘夢。名伯楽の父に才能を見出された栄翔とは、同じ屋根の下で育ってきた。こいつがいなければ父さんは俺のコーチだったのに…。「紘夢さんは俺の憧れの選手なんです」と告げられても、冷たく突き放してきた紘夢。けれど突然、二人きりの海外合宿を命じられ!?

小説 ★★★☆☆  挿絵 ★★★☆☆


よろしければポチっとお願いします♪

人気ブログランキングへ


続きを読む »

テーマ : ボーイズラブ - ジャンル : 本・雑誌

2016/05/09 17:30 | 華藤えれなCOMMENT(9)TRACKBACK(0)  TOP

愛しのニコール (凪良ゆう)

2か月ぶりにBL小説の感想です。忘れそうになりますが、うちはBLブログでもあるんです(笑)
現在、うちにきてくださってる来訪者様は、たぶん腐女子さんより、ゆづファンが多いと思います。
なので、BL感想に需要はあまりないと思いますが、たまには書かないと書き方忘れるので(笑)
考えれば、BLの感想は、2月12日に書いた「ファーストエッグ」以来だったりする・・・。

実際、最近、BL小説の読書量はかなり減っています。もちろん買う量も減ってる。
ではなぜか?っていうと、自分の問題、BL業界の問題、両方あると思います。

自分の問題としては、ご存知のとおり「羽生結弦」に、心のかなりの部分をもっていかれてるから。

次に、業界の問題。BL漫画はまだしも、BL小説業界は、以前より、確実に活気をなくしてます。
BL小説専門書店の中央書店が、かなり軸足をTLに移しているのを見てもわかります。
以前は中央にあったBL小説コーナーが片隅に追いやられているコミック書店もよくみかけます。
BL小説がマンネリ化して、読者に飽きられてきてるのと、本が売れない時代と重なったのが痛い。

作家買いしていたベテラン作家さんの中に、作家としてのピークを過ぎた・・と感じる作家さんも多くなりました。引き出しが枯渇したのか、BLは恋愛小説なので、恋愛を描く瑞々しい感性が年齢とともに衰えたのか。となると、作家買いもできなくなり、新人さんに目を向ける気にもなれず・・・で買う量は減る一方。

そんな中・・・私的に、ピークアウトしてないと感じる作家さんが、凪良ゆうさんと一穂ミチさん。
BLでは、攻の魅力が最重要なのですが、このお二人の描く攻はわりとふつうの人です。
スーパーヤクザでもないし、自家用ジェットをもってるような大富豪でも超エリートでもない。
等身大の人達の、「あるある」な感性が魅力かなと思います。駄作が少ないので安心ですし(笑)

前置きが長くなってしまいました。そんなお気に入りの作家である凪良さんの新作の感想です。
最近、BL小説読むのに時間がかかっていましたが、これは面白くて、一気読みでした。



小説 ★★★★★  挿絵 ★★★☆☆

【あらすじ】
ド田舎の中学生・久美浜二胡はゲイゆえに病気扱いされ、十四歳にして自殺を決意した。けれどその夜、遠い街からきていた少年・榮の屈託のない態度と言葉に救われ、いじめ回避のためオネエキャラ「ニコール」を演じはじめる。数年後、榮は転校生として再び田舎町に現れた。イロモノに成りはてたニコにも榮は優しかったが、淡い初恋を詰め込んだニコの告白は本気にされず、逆に恋愛相談をされる始末で…。長い片恋のクロニクル。


よろしければポチっとお願いします♪

人気ブログランキングへ


続きを読む »

テーマ : ボーイズラブ - ジャンル : 本・雑誌

2016/04/17 11:35 | 凪良ゆうCOMMENT(2)TRACKBACK(0)  TOP

ファーストエッグ 全4巻 (谷崎泉)

   


久々にBL小説の感想です。谷崎さんの「ファーストエッグ」全4巻をやっと読み終わりました。
ラブ薄ながら、硬派な刑事もので面白くはあったのですが、少し尺が足りなかったように思います。
感想はネタバレ満載です。これから読もうと思っておられる方は、”続き”は回避をお勧めします。

小説 ★★★★☆  挿絵 ★★★★☆

<ファーストエッグ 1>
風変わりな刑事ばかりが所属する、警視庁捜査一課外れの部署『五係』。中でも佐竹は時間にルーズな上、自分勝手な行動ばかりの問題刑事だ。だが、こと捜査においては驚異的な『勘』の鋭さを持っており、抜群の捜査能力を発揮していた。そんな佐竹が抱える態度以上の問題―それは、とある事件をきっかけに、元暴力団幹部である高御堂が営む高級料亭で彼と同棲し、身体だけの関係を続けていること。刑事として深く関わるべきではないと理解しつつも、佐竹はその関係を断つことが出来ないでいた。そんな中、五係に真面目で堅物な黒岩が異動してくる。しかも黒岩は、執拗なほど佐竹に付いて回り…!?
<ファーストエッグ 2>
警視庁捜査一課でもお荷物扱いとなっている特命捜査対策室五係。中でも佐竹は、気怠げな態度と自分本位な捜査が目立つ問題刑事だった。その上、佐竹はプライベートで更なる問題を抱えている…。それは、元暴力団幹部で高級料亭主人の高御堂と同棲していること。端正な顔立ちと、有無を言わさぬ硬い空気を持った高御堂とは、快楽を求めあうだけの、心を伴わない身体だけの関係だった。しかし、年月を重ねる中で、佐竹の想いは次第に形を変えていく。そんな中、佐竹の過去に暗い影を落とす『月岡事件』を模倣した連続事件が発生し、更に犯人の脅迫は佐竹自身にも及び…!?
<ファーストエッグ 3>
警視庁の花形である捜査一課において、ひと癖ある刑事ばかりが集う吹き溜まり部署・五係。中でも佐竹は、気だるげな態度と度を越えたマイペースさを持つ問題刑事だった。その上佐竹は、元暴力団幹部である高級料亭の主人・高御堂と長年身体だけの関係を続けている。人を寄せ付けない硬い空気を持つ高御堂が、どうして自分を側に置くのか分からないまま、甘やかされ、身体を開かれてきた佐竹。その関係は次第になくてはならないものとなるが、刑事としてこのままではいけないと、佐竹は葛藤するようになる。そんな中、佐竹自身の過去に暗い影を落とすある人物が現われ…!?
<ファーストエッグ 4>
警視庁捜査一課の片隅にひっそりと存在する、さまざまな事情を抱えた刑事が所属するお荷物部署―特命捜査対策室五係。中でも佐竹は、気怠げな態度と自分本位な捜査が目立つ問題児だった。その上、佐竹はプライベートでも更なる問題を抱えている…。それは、元暴力団幹部で高級料亭主人の高御堂と同棲し、身体だけの関係を続けているということ。しかし年月を重ねる中で、佐竹の高御堂への想いは徐々に形を変え、いけないと分かりながらも、彼から離れることができずにいた。そんな中、佐竹の周囲では過去の確執を巡る様々な事件が起こり…!?佐竹を巡る謎と事件の真相が、今明らかに―。堂々の完結巻!


よろしければポチっとお願いします♪

人気ブログランキングへ


続きを読む »

テーマ : ボーイズラブ - ジャンル : 本・雑誌

2016/02/12 09:30 | 谷崎泉COMMENT(4)TRACKBACK(0)  TOP

FLESH & BLOOD外伝2 ー祝福されたる花ー (松岡なつき)




久しぶりにフレブラの感想です。本編の感想は停滞してしまってますが(汗)、外伝の方を先にあげます。
本編の方は、なにかと苦しい展開になっていますが、外伝はただただ心楽しく読めました。

小説 ★★★★★  挿絵 ★★★★☆

【あらすじ】
「FLESH&BLOOD」シリーズ、待望の外伝第2弾!  本編には入りきらない番外編を収録した珠玉のエピソード集。船長ジェフリーが、プリマスの我が家へ帰還!!人目を忍ぶ凱旋だけれど、再会の喜びに逸る海斗は、恋人とつい甘い雰囲気にひたり勝ち。仲間のうんざりした声とともに、屋敷で海斗を迎えたのは、いつの間にか植えられていた懐かしいラベンダーの花だった―。表題作「祝福されたる花」他、ユアン視点で描く、ジェフリーとの衝撃的な邂逅「流浪の森を抜けて」等、書き下ろしを含む全5編収録!!


よろしければポチっとお願いします♪

人気ブログランキングへ


続きを読む »

テーマ : ボーイズラブ - ジャンル : 本・雑誌

2015/09/20 14:20 | 松岡なつき:F&BCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

ここで待ってる (凪良ゆう)



重い秘密を抱えながらも、全体的には心温まるファミリーBLに仕上がっていました。
私は、こんな祭りをしたくらい凪良さんのファンですが、この作品はあまり好みではありませんでした。
ハッピーエンドなのに、なぜか残るモヤモヤ感。それがなんなのか・・・自分なりに考えてみました。
感想はネタバレしています。未読の方はご注意ください。

小説 ★★★☆☆  挿絵 ★★★☆☆

【あらすじ】
小悪魔ビッチ好きという嗜好のせいで、なかなか恋人に恵まれない成田。ある夜、ゲイバーで一目ボレした美人の飴屋といい雰囲気になるけれど、すんでのところで逃げられてしまう。ところが数日後、成田が師範代を務める空手道場に、飴屋が子連れで現れた!? 小学一年生の論が空手を習いたいと言うのだ。好みど真ん中だけど妻子持ち──以来、飴屋と子供を挟んでの微妙な付き合いが始まって……!?


よろしければポチっとお願いします♪

人気ブログランキングへ


続きを読む »

テーマ : ボーイズラブ - ジャンル : 本・雑誌

2015/08/27 10:10 | 凪良ゆうCOMMENT(2)TRACKBACK(0)  TOP

 | BLOG TOP |  NEXT»»