北京ファイナル中止決定、新型コロナ関連の海外情報

北京のグランプリファイナルは中止が決まりました。





 【ジュネーブ共同】国際スケート連盟(ISU)は13日、2022年北京冬季五輪のテスト大会を兼ねて12月に予定していたフィギュアのグランプリ(GP)ファイナルとスピード・ショートトラックのワールドカップ(W杯)、来年2月のスピードの世界選手権について、新型コロナウイルスの影響で北京開催を断念すると発表した。

 GPファイナルとスピードの世界選手権は今季中に中国以外での代替開催が可能か早急に判断するが、現状では「困難」との見方を示した。ショートトラックのW杯は中止が決定した。ISUは今後、大会組織委員会などとテスト大会の代替実施に向けて協議する。



ファイナル開催にあれほど固執するのは、北京五輪のテスト大会だからだと思ってましたが、どうやらそれだけではないようです。おそらくコロナ対策で、世界で1,2を争うほど慎重な中国が14日間の検疫期間を免除してくれるとは思えないので、実質上不可能だとは思ってはいましたが、スケカナとフランス杯が中止になった今、それでもファイナルの開催にこだわる理由はどこにあるのでしょうか? 理解不能です。


まあ、スイスならやれるかもしれません。ユルユルだから。2週間の検疫期間もありませんしね。でも他国が派遣したくないでしょう。「経済優先」対策で、今や欧州一ヤバイ状況です。



コロナ罹患した海外スケーターもぼつぼつでてきましたね。
これまでもスケーターの感染例はいくつかありましたが、トップ選手にもでてきました。

パパシゼもコロナに罹患していたようです。


パパシゼは、7月にモントリオールでコロナ陽性になり、2週間トレーニングを休まなければなりませんでした。

シゼロンは、カナダ永住権があるので、今はフランスに戻っており、パパダキスは永住権がないので、フランスにとどまっているそうです。ナショナルとユーロはWDし、ワールドは出場するとのこと。ただ、シゼロンは今だに味覚障害が残っているようで、後遺症が心配されます。なお、パパシゼは、カナダでコロナ陽性になった最初のスケーターなのだとか。

7月に感染…ISUアワードの授賞式は7月11日で、ライブでオンライン出演してましたよね? そのときは体調が悪そうでもなかったから、授賞式後に感染したのかな。


プルさんのアカデミーの秘蔵っ子・ジリーナ選手もコロナに。


ヴェロニカ・ジリーナは、ロシアカップ第4戦の前にコロナウイルスで病気になり、2週間氷から離れていました。彼女は試合の前に1週間のトレーニングを受けました。

2週間練習できなくて、1週間の準備でロシアカップのジュニア部門で2位とは地力が違うのでしょう。彼女も、ロザノフ氏と一緒にプルシェンコ氏のアカデミーに移った子です。ジリーナはすでに2つの4回転ジャンプと3回転アクセルを跳ぶ、凄腕のジュニアとか。スポーツ・ポータルの「ゴル・ル」によれば、このジリーナをトゥトベリーゼ・チームの中で育てあげたのはまさにロザノフ氏なのだそう。元々、エテリン帝国の最新兵器と言われていた子。ロシアの虎の穴が、これまではエテリのとこだけだったけど、プルさんも参戦。ロシア、すごいことに。


こんな小さな大会でも中止。ヨーロッパで国際大会ができるとは思えない。

 

アフロさん、スケ連のオフィシャルになったのね。





ミラーボール、けっこうお安くなってますね。

 ← アマゾンサイトへ


参加してます。よろしければ、ポチっと応援お願いします♪

フィギュアスケートランキング

テーマ : フィギュアスケート - ジャンル : スポーツ

タグ : 2020-2021_season

2020/11/14 10:30 | グランプリファイナルCOMMENT(2)TRACKBACK(0)  TOP

オーサー不在はスケ連のせい? ~NBC記事より(GPF2019)

NBCのオーサーのインタ記事がUPされたようです。



こちらのブログで翻訳してくださっています。


オーサーのインタは電話取材のようです。重要なポイントだけまとめると…。

(GPFへの不帯同は)羽生との間に亀裂があったのか?という問いに。
「問題があるように見えたかもしれないけど、そうじゃない。そりゃ長い間一緒にやってれば衝突することもある。だがすべてがうまくいくと確信しているよ。 今シーズン、私たちは一緒に素晴らしい仕事をしていたんだ。」
「多くのファンが私に怒っていた。ファイナルへの不帯同を非難したんだ。 行きたかったから行く準備はできていたが、私にはどうすることもできなかった」

日本スケート連盟は、羽生が11月23日に札幌でNHK杯で優勝した後、ジスラン・ブリアンの名前をISUに提出した。(締め切りは11月28日) オーサーはNHK杯の数日後までそのことを知らず、どうしてその選択がなされたという理由さえ知らなかった。

ファイナルの各スケーターは、選手1人につきコーチID1枚しかもらえない。
そして、コーチの認定の変更のリクエストはすべて、スケーターの所属するスケート連盟からのものでなければならない。

オーサーは厄介な立場に置かれ、日本スケート連盟にコメントを求めるメールを送ったが、返事はすぐにこなかった。

「トリノにいなくてもユヅルと連絡を取り合ってはいた。だがユヅルは練習のために氷上にいる必要があり、ショートプログラムは肉体的にも精神的にも彼のエネルギーから何かを奪っていった」
「羽生がトリノで4回転アクセルを練習しているビデオを見て驚いた。私だったらアクセルを試すことはさせなかった」
「だが、そのジャンプ(4A)は彼のミッションだ」

オーサーは12月18日から始まる全日本選手権で羽生と一緒になる予定。



全日本は来てくれるのね。ジスランと二人で。これでちょっと安心かしら。
トリノにはANAの人がついてくれてたけど、コーチ二人の代わりにはならないし。

コーチ帯同問題だけじゃない。ファイナルの日本人ジャッジが突然土壇場で変更された。
トリノファイナルのプログラムの選手プロフィール、結弦くんのだけ間違っていたらしい。なぜかジュニアの鍵山くんのプロフィールになっていたと。ルーズなイタリア人だから…と思っていたけど、オーサーの話をきくと、これもわざと?と疑わしくなる。

お誕生日ケーキも、織田くんはカラフルなケーキをくれていたけど、副会長の荒川さんは、銀色が入った地味なケーキだった。ケーキくらい金色を入れてくれもいいのに…と思った。結弦くんが銀色嫌いなの知らないはずないのに…。


あ~ん、怖いよおおお・・・。



結弦くんの律儀な性格から、オーサーに無断でスケ連に「ジスランで」と依頼したとは思えません。ジスランはジャンプコーチであって、メインコーチではありません。どちらか一人…ならオーサー一択のはず。平昌シーズンのNHK杯での練習中の大怪我も、オーサー不在の試合でした。

つまり、スケ連が勝手にジスランで申請したということです。その意図は何なのでしょうか? 「うっかり」ではないでしょう。男子でたった一人の出場選手だったのですよ?

一番の被害者は結弦くんですが、オーサーも気の毒で、彼のフェイスブックにはファンからの批判が殺到してたようです。そして、ジスランはパスポートを盗まれる災難に…。これ、本当に全部偶然なの?と疑心暗鬼になってるファンがいるのも仕方ないところ。これまでの積み重なったあれこれがありすぎるからね。この畳みかけるようなトラブルの連続、ボストンワールドを思いだすわ。

私も、さすがに五輪でもワールドでもないファイナルで、ジスランのパスポート盗難にまでは関わっていないと思うけど、コーチがオーサーであれば、そういう無用なトラブルもなかったと思う(オーサーの方が性格的に慎重だから)。いずれにしても、所属する母国のスケート連盟が、唯一の男子出場選手のメインコーチ外しをしたことは事実。結弦くんのメンタルに揺さぶりをかけ、その上でワールド前に、爆盛りでネイサンとの実力差を強調しておくことは、それはそれで重要な意味をもつ。アメリカならまだわかるけど、日本のスケ連が関わっていることの絶望感は深い。


参加してます。よろしければ、ポチっと応援お願いします♪

フィギュアスケートランキング

テーマ : フィギュアスケート - ジャンル : スポーツ

タグ : 2019-2020_season

2019/12/12 11:30 | グランプリファイナルCOMMENT(17)TRACKBACK(0)  TOP

ゆづEX練習ドキュメント & NHK「羽生結弦はなぜ挑み続けるのか?」 ~GPF2019

いくつか目についた記事を。



スポニチさんのドキュメント、ついに番外編が登場!


エキシビションの練習のドキュメントですね。
結弦くん、どんだけのスケーターに写真をお願いされたのだろう。
エテリ3ともすっかり仲良くなった模様。


オリンピックチャンネルさんより、可愛いゆづサンタ!


投げ込まれた大量のプーさんの行方。


コスちゃんは、「このグランプリファイナルで最も印象に残っていることは何ですか」という質問に、「昨日、ユヅルが彼のおもちゃをだしてきて、好きなおもちゃを選んでいいよと言ってくれたの」と答えてますね。ナプキンホルダー(ティッシュボックスホルダーのことかな?)を4つ選んだそうです(一人ひとつずつもらったのね)。プーさんの山に埋もれて靴が脱げたとか足が絡んで脱出出来なくなったとか、演技すごいけど、こういうところは子供っぽくて可愛いですね。そういえば、結弦くんは、フラワーガール達にもいつもおすそ分けしてるんだよね。


ジスランもプーさんのお裾分けを持って帰ったんだ。プーさんがプーさんを…(笑)


お馴染みトリビュートバレエの皆さんから。


結弦くん、ちば先生もジョーは死んでないって!!



参加してます。よろしければ、ポチっと応援お願いします♪

フィギュアスケートランキング

テーマ : フィギュアスケート - ジャンル : スポーツ

タグ : 2019-2020_season

2019/12/11 23:10 | グランプリファイナルCOMMENT(2)TRACKBACK(0)  TOP

ゆづEX GALA練習中の和やか写真&動画 ~GPF2019

エキシビション練習中のスケーターさん達とのショットや動画を少し。

結弦くんとのツーショットの順番待ちしてる少女たち。
「女の子はみんなユヅと写真を撮りたがってた」



スケーターさん達とのお写真いろいろ。










ホタレックさん、良い人ですね。奥様のアンナちゃんからも色々聞いているんだろうな。


アイスクラブトリノインスタより。フラワーガール達かしら?



参加してます。よろしければ、ポチっと応援お願いします♪

フィギュアスケートランキング

テーマ : フィギュアスケート - ジャンル : スポーツ

タグ : 2019-2020_season

2019/12/11 07:00 | グランプリファイナルCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

あしたのジョーは燃え尽きない ~12/09報ステを見て思うこと

昨日の報道ステーションの修造さんのインタ、話題になってますね。
たまたま録画予約を入れていた自分を誉めてあげたい(笑)


報ステ191209



3月の世界選手権、ネイサンがいなければ優勝だった。ファンの間でも、母国開催のワールドでの優勝を花道に引退するのでは…と予想する人はいた。やはり、結弦くんもそう考えていたんですね。4Aを諦めても…それくらい身体の限界も感じていたのでしょう。2年続けての大怪我だったしね。

ゆづ:ろうそくって、燃え尽きる間際が一番燃えるんですよ。わ~って。その状態がずっと続いている感じ。でも、そこに油を注がれた感じですけど。「まだやれよ!」って。

修造:”ゆづるキャンドル”に火がついたってことですか?

ゆづ:ただそれが燃え尽きた後がちょっと恐いなって思うんですけど。本当に…”あしたのジョー”みたいに(燃え尽きポーズ)。

修造:ちょっと、それが絵になるからやめてください!(笑)



TLを見ると、結弦くんの「燃え尽き」発言にショックを受けたファンも多いようです。4Aは下手をすると、命にもかかわる危険なジャンプ。なのに、4Aの基礎点は4Lzと1点しか違いません。全く割りにあわないハイリスクローリターンのジャンプなのです。









そういえば、復帰後のパトリック・チャンがそうだった。
同じような演技をしても、もう以前のような評価を受けることはできなかった。
チャンは「ジャッジはもう僕には興味を失ったようだ」と言っていたと。








彼の夢が4Aだということを理解しつつも、ISUやアメリカは、ここまで彼を追い詰めているのか、フィギュア界の至宝を潰したいのか…という危惧や怒りが爆発寸前にまで膨らんでいる。そして、今のフィギュアに、彼が命を懸ける価値があるのか…という疑問をファンが持ち始めているのです。もう、キッパリ引退して、次のステージに向かった方がいいのでは…と。それほど、ファンの間の絶望感は深い。





「あしたのジョー」の最終回紹介です。ジョーはボクシングをやることで「燃えつきたい」「真っ白な灰になりたい」と言っていました。パンチドランカーになろうが死んだ状態になろうがそのような気持ちだったのです。最強のチャンピオンホセとの試合はまさにその場でした。判定はホセに上がりジョーは敗れてしまいました。しかし、そこには真っ白に燃え尽きたジョーの姿があったのです。

ここでは矢吹丈のその後について考察していきます。「ジョーは死んだ」「ジョーはパンチドランカーになった」など様々な説が出ましたが、本当にジョーは死んだのでしょうか?ジョーはパンチドランカーになってしまったのでしょうか?

ラストシーンは真っ白に燃え尽きたジョーの姿です。このシーンを見て衝撃を受けた読者は多いと言われています。そして「ジョーは死んだ」「ジョーはパンチドランカーになってしまった」と様々な意見が乱れ飛ぶこととなりましたが、物語があのラストシーンで終わっているので「死んだ」も「パンチドランカーになった」も読者の憶測に過ぎないと言われています。但し、パンチドランカーへの兆候は見られていました。

「あしたのジョー」の最終回のラストシーンを作画家のちばてつやが考え出したエピソードは非常に有名です。「死んだ」「パンチドランカーになった」という説が今でも流れています。連載開始50周年を迎えた今ちばてつやは最終回をラストシーンをどのように考えているのでしょうか?

ちばてつやはインタビューで次のように答えています。「少し下を向いて俯いているジョーを見て、大人はジョーが燃え尽きて死んでしまったんだと理解して、子供たちは、ジョーはただ目をつむって休んでいるだけで、明日はまたサンドバッグを叩いて世界タイトルを目指すんだろうな、と考えられるように描いたんです」つまり、ジョーのその後は読者の判断に委ねられていると言われているのです。



結弦くん、私はあなたが燃え尽きて灰になることなど望んでいない。
あなたがそこまでする価値はフィギュア界にはない。

考えてみれば、ソチで金メダルをとったときも、平昌で金メダルをとったときも、いっときは「燃え尽き症候群」になっていた。でも、またすぐに新たなモチベーションを見出した。だから、いつかわからないけど競技生活に終止符を打つ時がきたとしても、すべての夢をかなえ終わったとしても、あなたは燃え尽きて灰になることはない。ほんの少しの間、目をつむって休んでも、またすぐに大きく目を開けて、新しい羽生結弦を見せてくれると信じています。


このブログ記事、偶然らしいですが、バッチリ報ステの内容とリンクしていて面白かったです。




私もずっとそう思っていた。彼のプライドは、スノッブな人間のそれとは違う。人と比較して保つような安っぽいものじゃない。そういう人だから、彼はいくつになっても濁りがなく透明なままなんだ。ドロドロした汚い世界であればあるほど、彼のような人は生きにくい。でも、だからこそ、誰よりも幸せになってほしいし、応援せずにはいられない。


参加してます。よろしければ、ポチっと応援お願いします♪

フィギュアスケートランキング

テーマ : フィギュアスケート - ジャンル : スポーツ

タグ : 2019-2020_season

2019/12/10 13:50 | グランプリファイナルCOMMENT(11)TRACKBACK(0)  TOP

 | BLOG TOP |  NEXT»»