アイスジュエルズ12月発売!、通信&ステラ感想、スポニチに新たな動きが?

スポニチさんとアイスジュエズルさんに新たな動きが?!

スポニチフィギュア部って??? 詳報に期待してます!



やったーーー!! 楽しみ!!


では、フィギュア誌の感想を少し。

 ← アマゾンサイトへ

スケカナ特集。安心安定の100%羽生オンリー本です。

表紙裏表紙あわせて全部84ページ。リニューアル以前は120ページくらいあったことを思うと頁数は大幅減になっています。奥付に「協力:スケ連」の表記がつくようになり、100%羽生本になってからです。100%本を出版させてもらうかわりに上納金(肖像権料?)を払っているためと思われるので、これは代償として仕方ないと思います。いらない選手で全体の頁数が増えても邪魔なだけですしね。

思い起こせば、通信の回収命令がでたときにメディアックスに問い合わせしたら、そのときは「今後フィギュア誌は出さない」という回答でした。メディアックスも相当ショックだったのだと思います。スケ連の嫌がらせ(笑)に負けずに、純度100%本の道を切り開いてくださった通信には感謝感謝です。


通信スケカナ特集目次


公式練習には会場入りの写真もあり、SPにはSPプレカンやドローの写真も入っています。
FSにはFSの通し練習、表彰式には表彰台組のプレカンの写真、EXはリハーサルの写真も掲載されています。練習着、オトナル、オリジン、パリ散の衣装を着た結弦くんが、どれもとても素敵です。

内容は、大会の写真が時系列に並べられ大会の思い出を追うのに最適な構成になってます。ジャンプやスピンの顔の歪んだ写真がないのも通信の良さ。写真のセレクトが良く、画質も十分満足できるクオリティでした。1100円でこの内容は素晴らしい。

NHK杯、ファイナル、全日本とすでに発売予定がUPされています。これからもオンリーファンのオアシスでいてほしいと思います。通信さん、応援してます!


 ← アマゾンサイトへ


ステラNHK杯2019


NHK杯特集は表紙以外では全7ページ。内訳は、結弦くんの紹介頁が3ページ、女子(紀平さんVSザギトワ中心に少しコストルナヤ)2ページ、出場選手紹介2ページ。写真はアフロですがとても綺麗でした。テキストは辛夏仁氏でイマイチ…というかたいしたこと書いてませんでしたが、そこは我慢できる範囲でした(笑) 3年ぶりの結弦くんのNHK杯出場の記念には良い1冊だと思います。ただ、アマゾン直販分は現在売切れです(マーケットプレイスにはありますが割高です)。私も近所の書店で買いました。リアル書店ならまだあるのではないかしら。


参加してます。よろしければ、ポチっと応援お願いします♪

フィギュアスケートランキング

テーマ : フィギュアスケート - ジャンル : スポーツ

2019/11/14 15:05 | スケート書籍感想COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

通信発売予定3連発!& 最新号「Sportiva」で感じた供給側の驕り

昨日、天皇皇后様の即位パレードがあり、約12万人が沿道に集まったそうです。
そう考えると、一人のフィギュアスケーターの凱旋パレードに約11万人集めた羽生結弦ってすごくね?

東京のど真ん中で行われた皇室の国家行事のパレードと、仙台で行われた一人のアスリートのパレード、集まった人数がたった1万人しか違わないって…。パレードは東京でやるという話もあったそうですが、結弦くんが仙台でやりたいと希望したとか。もし東京だったら、どんだけ集まっていたんだろう…(汗)


さて、話が変わりますが、通信が荒ぶっております。やる気に満ちています。
NHK杯特集号どころか、ファイナル特集号・全日本特集号の発売予定までアマゾンにすでにUPされています。売上が好調なのでしょう。大変良いことですね。オンリー本の道を開いた通信にはマジで頑張っていただきたい。








応援ブック、プリンスは、オータム特集号はだしたものの、スケカナ特集号は見送ったみたい。NHK杯はどうするのかな? オータム特集のアマゾンランキングを見る限りでは、通信が応援ブックやプリンスをリードしていたように見えたので、スケカナ特集を見送ったということは、二誌は予想外に苦戦してたのかな?という気もいたします。

羽生表紙であればなんでもかんでも売れるという時代もありましたが、今は消費者も選択するようになっているので、羽生人気に胡坐をかいた本作りをしていると足をすくわれるでしょう。

通信については、近々最新号が届くと思うので、また感想書けたら書きます。

「羽生結弦が勝つか負けるかでは売れる本の部数が違う」とは某写真家さんの講座での言葉。そういう意味では、スケカナ号は売れるでしょう。今季最高得点のおまけつきですしね。

そんな中、書店でチェックして購入を見送ったのがSportivaでした。




山口さんは羽生結弦を商売にしていたメディア関係者にある意味革命をおこしました。羽生結弦の発言を一言残らず文字にする…という文字テロ革命。これによって、ファンは「恣意的に切り取られた」記事ではなく、彼が発した言葉すべてを知ることができるようになりました。そして、それに追随するスポーツ報知やスポニチといった新聞社も現れて、「恣意的に切りとって」自分のフィルター超しに発信する古いタイプのフィギュアライターの需要は、少なくとも羽生ファンにとっては年々なくなってきています。だからこそ、それでも存在意義を示そうとすれば、なによりも羽生ファンの信頼を勝ち得なければならないのです。

Sportivaは、ネットサイトのスケカナの記事で、恣意的に結弦くんの言葉を切り取ったことがスポニチの文字テロでバレてしまい、羽生ファンの信頼を失いました。これはけっこう痛かったと思います。

Sportivaは、最近はネット記事でもUSMが雇っている御用ライターの小宮氏を起用していました。最新号でもUSM二人の選手のテキスト担当は小宮氏でした。パラ読みした感じでは、予想通りキモいポエム調アゲアゲ記事でしたが、まだそれは読みたくなければ読まなければいいですが…。

結弦くんのコーナーのテキストが全部折山さんでした。つまり「切り取り」問題で信頼を損ねたばかりのライターを起用しているわけで、タイミング的にこれもちょっとマズイ。私はパラ見しかしてないけど、じっくり読んだ人の話は、冷たい感じの内容(世選20点差で惨敗、オータムは気が緩んでいた…など)だったとか。

最後の方に海外のライバルについてのコラムがありましたが、こちらの担当もスケオタからあまり評判がよくない辛仁夏氏。これもパラ見ですが、ネイサン上げ上げでした。

もともと最近のSportivaは内容はイマイチで、能登さんの写真目当てで購入しているようなものでした。しかし、前号あたりからかな?価格があがり、今はWFSと同じ1980円。フィギュア誌では高い価格帯のひとつになっています(今一番高いフィギュア誌はクワドラプルアクセル)。

表紙裏表紙とも結弦くん。
中身は約半分が羽生成分(羽生ポスター付)。

こんな本、羽生ファン以外は買いませんよね?

最近はキスクラやスケーターズも、他の選手を抱き合わせるにしても極力地雷を排除して、できる範囲で羽生ファンに配慮しているのに、明らかに羽生ファンをターゲットにしながら、羽生ファンに人気が高い能登さんの写真で釣って、地雷を押し付け、信頼を失ったライターの不快な記事を押し付け、価格だけはどんどん上げていく。SportivaとNumberだけは、本当に羽生ファンを舐めてるな…と最近は感じるようになりました。

あと、能登さんの写真ですが、羽生特集46頁中FaOIの10頁はいりませんでした。それなら試合の写真がもっとあった方がいい。時期的に今更感が満載でした。オータムとスケカナの写真は綺麗でした。

これも某写真家さんの講座での話ですが、「ファンタジーオンアイス公式フォトブック」をだしている出版社(つまり集英社ね)に、「羽生結弦だけのファンタジーオンアイスフォトブック」を提案したことあったらしいですよ。そのときの担当の返事が「そんなの、誰が買うんですか?」だったそう・・・アホじゃね?(笑) 現行のフォトブックより何倍も売れるわ!! 本が売れない時代と言われて久しいけど、こういうの聞くと、売れない原因は出版社にもあるんじゃないの?と思えてくる(まあ、FaOIというショー自体が好きだから、昨年版と今年版は買いましたけどね)。

集英社は大手ということに胡坐をかいて、アンテナが鈍感になっているのかもしれませんね。でも、消費者の需要や要望をすくいとれないとこれからは生き残れないと思いますよ、少なくとも羽生本界隈では。


参加してます。よろしければ、ポチっと応援お願いします♪

フィギュアスケートランキング

テーマ : フィギュアスケート - ジャンル : スポーツ

2019/11/11 10:00 | スケート書籍感想COMMENT(12)TRACKBACK(0)  TOP

書籍感想(キスクラ、スケーターズ、婦人公論、ファンブック、Life、プリンス)& スケカナ本発売予定

オータム関連の書籍もだいぶ出揃ってきました。とりあえず、感想など。

マガジン、応援ブック、通信の感想はこちら。今回はその続きになります。
http://bltraveler.blog63.fc2.com/blog-entry-3249.html


まず、購入したものから。

 ← アマゾンサイトへ

現状、中身を確認せずに、目次だけで信用買いできるのは、マガジン、アイスジュエルズ、通信、キスクラ・・・個人的にはこれくらいかな。あとは、書店で中身を確認しないとなかなか買いにくい。

裏表紙はピンクの精霊ゆづのガーナ広告。げんさんサマーカップ10ページ以外は全部羽生成分でした。
二つ折両面ポスターと三つ折両面ポスター付き。このポスターもとても美しいです。

オトナル、オリジン、練習着、共同会見。その後ガーナのCMページがあり、田んぼアートや東北ペダルの話題もちょっぴり。その後はマスカレイドなどFaOIのお写真と、としさんのインタが4ページ。としさんが「羽生結弦のプログラム、ひとつあげるとしたらレッツゴークレイジー」というのは、最初は意外だったけど、としさんの職業を考えるとなるほどと。キスクラの一番の良い点は、お写真が綺麗でチョイスも良いこと。今回も信用買いでしたが、期待は裏切られませんでした。


 ← アマゾンサイトへ

当初は買う予定はありませんでした。100%本ではないし、裏表紙も微妙(笑)だったから。でも、書店で現物みたら気がかわって買ってしまいました。写真のチョイスが良かったのと画質もまあまあだったので。それと、応援ブックとプリンスを今回購入を見送っていたので、その代わりにまあ買ってもいいかと。サイズ大きいし。

表紙裏表紙合わせて82ページ。羽生成分は表紙からノンストップで41ページまでと、70~81ページまで。合計53ページ。羽生成分65%くらいですね。それ以外は、紀平さん12ページ、田中くん5ページ、友野くん2ページ、宮原さん4ページ、山本くん2ページ、樋口さん1ページ。樋口&友野の2ショット1ページ、田中&山本の2ショット2ページ。

オータム表彰式関係の写真のチョイスはこのスケーターズが、個人的には一番好きでした。見開きで、表彰式での、メッシングくんが日の丸を広げて、それに首を垂れて向かいあっているお写真。他ではあまり見なかったので。


 ← アマゾンサイトへ

田中さんの新連載「氷上に舞う!」が、この号から始まります。銀盤の貴公子たちを順番に紹介するそうです。第一回目は羽生結弦で、スペシャル拡大版。写真と文章合わせて6ページ。練習着1ぺージ、オトナル3ページ、オリジン2ページ。テキスト部分は目新しいものではありませんでした。ページ数は多くはないですが、お求めやすい価格なのと、オリジンで好きな写真があったのと、新連載初回なので、ご祝儀(笑)で買いました。次の貴公子(?)からは買うことはないと思いますが(笑)


以下は、書店で確認して、購入を見送ったものです。

 ← アマゾンサイトへ

羽生成分は、本文20ページと、目次と表紙。
内訳としては、オータムが表紙と本文12ページ。FaOIが本文8ページ(としさんインタ4ページ含)と目次。

目次表紙も合わせると22ページありますが、独占インタがあった前号が40ページ近くあったことを思うと、大幅減ですね。それよりも、羽生成分以上に地雷成分(26ページ)があるので、個人的には迷いなくパス物件でした(笑) なお、裏表紙は坂本さんです。


 ← アマゾンサイトへ

羽生成分は、本文10ページ、見開き目次(オータム表彰式遠景)、表紙で、合計13ページ。いつものことですが、Lifeは羽生成分は多くありません。平等本なので通常運転です。地雷線分は14ページ。これも躊躇なく見送り。裏表紙は紀平さん。

ただし、良い点がひとつ。写真がとても美しいです。浅倉さんの写真みたいですが、写真の美しさだけならここが一番かもしれません。浅倉さんも人気写真家さんなのだから、写真集だせばいいのに。


 ← アマゾンサイトへ

プリンスは、オンリー本にシフトするか注目していました。スケ連に上納金を払ってオンリーにシフトしたようですが、なぜか2位と3位の選手に1ページずつ割いているのが不思議でした。その二人は、表彰式の3ショットで十分だと思います(笑) このあたり、ちょっと需要が十分に理解できてないのかなと思いました。あと、モニュメントデザイン発表会の写真には今更感がありました。FaOIの写真は全体的に暗いのが気になりました。

通信、応援ブック、プリンスは、方向性が同じなので、先に出した方が有利です。ただでさえ、100%本では一歩先をいく通信が一番乗りでオータム特集を出した以上、ほかの2冊はそれ以上のものをださないと苦しいのではないかと思います。心情的には買ってあげたい気持ちはありましたが、応援ブック同様、これも購入を見送りました。


出版業界は、すでに次のスケカナに向かって始動しています。

 ← アマゾンサイトへ


 ← アマゾンサイトへ


アマゾンはまだですが、マガジンの予定もあがっていますね。
我らが山口さん、完全復活!!




参加してます。よろしければ、ポチっと応援お願いします♪

フィギュアスケートランキング

テーマ : フィギュアスケート - ジャンル : スポーツ

2019/10/12 13:00 | スケート書籍感想COMMENT(4)TRACKBACK(0)  TOP

通信、応援ブック、マガジン等の感想 & 自分史上最強の自分!(FSTVより)

昨日は、以下の二つの番組が放送されました。

■GPS2019開幕直前SP 第1弾 BS朝日
■フィギュアスケートTV! BSフジ


動画をあげてくださっています!



インタ書き起こし、ありがとうございます!



9月28日発売のマガジンを皮切りに、オータムクラシックを扱ったフィギュア誌については、すでに4冊ほどでています。いまのところ購入したのは「マガジン」と「通信」のみ。「シーズンガイド」(新書館)と「応援ブック」は書店でざっと目を通しただけで購入は見送りました。


 ← アマゾンサイトへ

表紙・裏表紙あわせて100ページ。そのうち、3ページが広告ぺージで、1ページが目次。実質96ページ。それとは別に2枚の両面の折込ピンナップがついています。

折込ピンナップは、オトナル、オリジン、練習着、会場入りの白ジャス。
本文の羽生成分は78ページ。実質96ページ中78ページなので、羽生成分は81%です。
残りの18ページの配分は、紀平3ページ、宇野6ページ、田中2ページ、坂本&友野各1ページ、その他諸々5ページ(敬称略)。

まだテキストの方は読めていませんが、すごく魅力的だと思ったのは、こちらの記事。

■記者座談会(聞き手:山口真一)
吉田学史(共同通信)、高木恵(スポーツ報知)、小海途良幹(スポーツニッポン)
■高木恵さんの寄稿


羽生結弦応援団の記者さんを集めた座談会。小海途さんは羽生ファンで知らない人はいない「神」。高木恵記者は、山口さん不在のとき、山口さんのかわりに、結弦くんの会見のインタを全文書き起こししてくださっていた、羽生ファンにとっては良心的存在です。

テキストも充実、お写真もたっぷり。それでいて、羽生成分の少ないWFSやクワドラプルアクセルやLifeに比べてはるかに安いのですから、「マガジン」はオンリーファンにとっては本当にありがたい存在です。山口さん、戻ってきてくださって本当にありがとう!


 ← アマゾンサイトへ


オンリーファンの味方・100%の「通信」です。どなたかが、ツイで「雑菌が混じってない」(笑)と形容してましたが、本当にクリーンルームにはいったような清々しさがあります!! しかし、「雑菌」って、私がよくいう「地雷」よりひどくね?(笑)

画質だけなら、新書館やライフなどの老舗の方がいいかもしれませんが、それでもこの価格で100%でこの画質なら十分合格点だと思います。「応援ブック」は購入を見送ったといいましたが、画質も写真のチョイスも、「通信」の方ずっと上だと感じたからです。それなら、同じようなコンセプトの雑誌を無理に2冊買う必要はないなと。「応援ブック」は100%本として頑張ってほしいんですが、下請けの編集プロダクションを変えた方がいいんじゃないかな。ちょっとやっつけ仕事感があって、愛が感じられないんですよね。「通信」には、羽生ファンの期待に応えようという気持ちが感じられるんですが…(これはあくまでも私の感想です)。


一応リンクを貼っておきます。応援ブックとシーズンガイド。

 ← アマゾンサイトへ

 ← アマゾンサイトへ


最後に「シーズンガイド」ですが、サイズがA5サイズになっていて、通信などの半分の大きさです。昨年から小さくなっています。価格は昨年と同じ1200円。昨年は、トロント公開練習でとった単独インタがあったのと、表紙がすごく魅力的だったのと、25ぺージくらい羽生成分があったので買いましたが、今年は羽生成分が減っている(18~20ぺージくらい?)のと、単独インタもないので、購入は見送りました。

田中さんも言ってましたが、「愛があるかどうか」が大事で、カメラマンや編集サイドに愛がないとよい作品は生まれません。これから、まだキスクラやプリンスなど、羽生成分多そうなのがでてきますので、後悔しないように選別したいものですね♪


参加してます。よろしければ、ポチっと応援お願いします♪

フィギュアスケートランキング

テーマ : フィギュアスケート - ジャンル : スポーツ

2019/10/05 13:05 | スケート書籍感想COMMENT(4)TRACKBACK(0)  TOP

スケーターズ15の感想と他誌との比較

ファンタジーオンアイスの結弦くんを表紙にしたスケート誌がほぼ出そろってきました。
最新のスケーターズの感想と、他誌との比較など。

 ← アマゾンサイトへ


気になる羽生成分についてですが・・・まず、表紙裏表紙、全部合わせると84ページあります。そのうち、見開き目次ページの1ページ分とドリームオンアイス特集の22ページが羽生成分以外。84ページの内訳は、60ページが羽生成分、23ページが他選手、裏表紙1ページがバックナンバーの広告ページとなります。

「フィギュアスケーターズ」シリーズは、B4という大判ならではの迫力が売りです。B4サイズでもそうですが、特に、1枚の写真を見開きで・・・となると、B3サイズになるので、迫力抜群です。マスカレイドの写真は表紙を除いて18ページ。旧ファントム(青ファントム)と新ファントム(マスカレイドの新・赤ファントム)との対比も面白い特集だと思います。こうやって、衣装対比だけでみると、静と動、静謐と情熱・・・という感じがします。「笑顔特集」は2018-2019シーズンの色々なシーンでの結弦くんの笑顔ショットがまとめられています。モニュメントデザイン発表会の笑顔もあります。

他の選手ですが、DOIに出演していた選手ばかりで、個人的な地雷成分はありませんでした(笑) 一番多いのが紀平さんと田中くんで各6ぺージ。次に多いのが友野くんで4ページ。あとは、坂本さん2ページ、白岩さんとザギちゃんが各1ページでした。

個人的には、結弦くんメインのスケーターズシリーズには男子はいらんと思っています(笑) 結弦くん以外は女子だけでいいかな。成績も女子の方がいいわけだしね。男子のせるくらいなら、ザギちゃんの写真をもっと載せてほしいわ、美しいから(笑) あと、友野くん、今シーズンのフリーのお写真が載っていましたが・・・あくまでも私見ですが、そのヘアスタイルは童顔の友野くんには似合わないと思います(笑) あ、それとネイサンもDOI出てたはずですが、なんでか完全にスルーされてましたね。

スケーターズシリーズも10ページほどを除いて全部羽生成分だった時代がありました。3~12号はそうでした。それが13号から忖度編集が始まりました。30ページくらい他選手に割く編集になったんですよね。今回はまあまあ頑張って羽生成分多くした方だと思います。それでも、結弦くんをノンストップで60ページでなく、他選手を間に挟んでいるのは、羽生成分が多いのを目立たせないためかな?と思いました。


以下はこれまででたファンタジーオンアイスの羽生表紙のスケート誌です。

 ← アマゾンサイトへ

 ← アマゾンサイトへ

 ← アマゾンサイトへ


スケーターズ→ 羽生成分:約72% 価格:1500円 総ページ数:84ページ
通信→ 羽生成分:100% 価格:1080円 総ページ数:84ページ
キスクラ→ 羽生成分:82%(両面ピンナップ2枚含) 価格:1296円 総ページ数:80ページ
アイスショーの世界→ 羽生成分:不明 価格:1944円 総ページ数:102ページ


「アイスショーの世界」は購入してなくて、書店でパラ見しただけなので、詳細は不明ですが、もともと羽生偏重主義本ではないので、それほど羽生成分は多くありませんでした。そのわりに価格は高いので、羽生オンリー派は見送る人が多いかと思います。

コスパでは「通信」がダントツ。100%本でストレス要因がゼロな上に、価格も4誌中最安です。
「キスクラ」は画質がよく、裏方の衣装さんのインタなど、取材も一応してます。
写真の迫力はB4サイズの「スケーターズ」が圧勝。
「アイスショーの世界」は、老舗だけあって画質だけなら一番かも。FaOIに出演してた海外スケーターのインタがあるようです。
 

ファンタジーオンアイス関連の本としては、9月になったら、公式写真集もでるので、様子見するのも手かもしれません。ただ、過去の傾向を見る限り、「FaOIの写真集」というスタンスなので、特別羽生成分が多いわけではありません。ただし、他誌にはないクリメモのお写真があるのは、おそらくこの公式写真集だけ。

 ← アマゾンサイトへ


参加してます。よろしければ、ポチっと応援お願いします♪

フィギュアスケートランキング

テーマ : フィギュアスケート - ジャンル : スポーツ

2019/08/04 11:00 | スケート書籍感想COMMENT(2)TRACKBACK(0)  TOP

 | BLOG TOP |  NEXT»»