スケーターズ15の感想と他誌との比較

ファンタジーオンアイスの結弦くんを表紙にしたスケート誌がほぼ出そろってきました。
最新のスケーターズの感想と、他誌との比較など。

 ← アマゾンサイトへ


気になる羽生成分についてですが・・・まず、表紙裏表紙、全部合わせると84ページあります。そのうち、見開き目次ページの1ページ分とドリームオンアイス特集の22ページが羽生成分以外。84ページの内訳は、60ページが羽生成分、23ページが他選手、裏表紙1ページがバックナンバーの広告ページとなります。

「フィギュアスケーターズ」シリーズは、B4という大判ならではの迫力が売りです。B4サイズでもそうですが、特に、1枚の写真を見開きで・・・となると、B3サイズになるので、迫力抜群です。マスカレイドの写真は表紙を除いて18ページ。旧ファントム(青ファントム)と新ファントム(マスカレイドの新・赤ファントム)との対比も面白い特集だと思います。こうやって、衣装対比だけでみると、静と動、静謐と情熱・・・という感じがします。「笑顔特集」は2018-2019シーズンの色々なシーンでの結弦くんの笑顔ショットがまとめられています。モニュメントデザイン発表会の笑顔もあります。

他の選手ですが、DOIに出演していた選手ばかりで、個人的な地雷成分はありませんでした(笑) 一番多いのが紀平さんと田中くんで各6ぺージ。次に多いのが友野くんで4ページ。あとは、坂本さん2ページ、白岩さんとザギちゃんが各1ページでした。

個人的には、結弦くんメインのスケーターズシリーズには男子はいらんと思っています(笑) 結弦くん以外は女子だけでいいかな。成績も女子の方がいいわけだしね。男子のせるくらいなら、ザギちゃんの写真をもっと載せてほしいわ、美しいから(笑) あと、友野くん、今シーズンのフリーのお写真が載っていましたが・・・あくまでも私見ですが、そのヘアスタイルは童顔の友野くんには似合わないと思います(笑) あ、それとネイサンもDOI出てたはずですが、なんでか完全にスルーされてましたね。

スケーターズシリーズも10ページほどを除いて全部羽生成分だった時代がありました。3~12号はそうでした。それが13号から忖度編集が始まりました。30ページくらい他選手に割く編集になったんですよね。今回はまあまあ頑張って羽生成分多くした方だと思います。それでも、結弦くんをノンストップで60ページでなく、他選手を間に挟んでいるのは、羽生成分が多いのを目立たせないためかな?と思いました。


以下はこれまででたファンタジーオンアイスの羽生表紙のスケート誌です。

 ← アマゾンサイトへ

 ← アマゾンサイトへ

 ← アマゾンサイトへ


スケーターズ→ 羽生成分:約72% 価格:1500円 総ページ数:84ページ
通信→ 羽生成分:100% 価格:1080円 総ページ数:84ページ
キスクラ→ 羽生成分:82%(両面ピンナップ2枚含) 価格:1296円 総ページ数:80ページ
アイスショーの世界→ 羽生成分:不明 価格:1944円 総ページ数:102ページ


「アイスショーの世界」は購入してなくて、書店でパラ見しただけなので、詳細は不明ですが、もともと羽生偏重主義本ではないので、それほど羽生成分は多くありませんでした。そのわりに価格は高いので、羽生オンリー派は見送る人が多いかと思います。

コスパでは「通信」がダントツ。100%本でストレス要因がゼロな上に、価格も4誌中最安です。
「キスクラ」は画質がよく、裏方の衣装さんのインタなど、取材も一応してます。
写真の迫力はB4サイズの「スケーターズ」が圧勝。
「アイスショーの世界」は、老舗だけあって画質だけなら一番かも。FaOIに出演してた海外スケーターのインタがあるようです。
 

ファンタジーオンアイス関連の本としては、9月になったら、公式写真集もでるので、様子見するのも手かもしれません。ただ、過去の傾向を見る限り、「FaOIの写真集」というスタンスなので、特別羽生成分が多いわけではありません。ただし、他誌にはないクリメモのお写真があるのは、おそらくこの公式写真集だけ。

 ← アマゾンサイトへ


参加してます。よろしければ、ポチっと応援お願いします♪

フィギュアスケートランキング

テーマ : フィギュアスケート - ジャンル : スポーツ

2019/08/04 11:00 | スケート書籍感想COMMENT(2)TRACKBACK(0)  TOP

パトリック・チャン「ユヅルが切り拓いた新時代」感想

今日は、Numberの感想記事です。

 ← アマゾンサイトへ


この号のNumberに、パトリック・チャンが結弦くんについて語った「ユヅルが切り拓いた新時代」という記事が掲載されています。ライターは田村明子氏で、WEB記事の方は妄想まじりのクソ記事だったようですが、本誌の方はマトモです。WEB記事のような内容だと羽生ファンが買ってくれないことはわかっていたのでしょう。無料のWEB記事だから、自分の我(願望?)やら私情やらが思いっきり前面にでてしまったのでしょうね。確信犯だからよけいタチが悪いともいえますが、WEB記事で幻滅された人も、こちらは良記事となってますので、よほど田村アレルギーのある人以外は、購入されても問題ないと思います。

私が一番心を打たれたのは、パトリックの最後のこの言葉です。

ユヅルが平昌で2度目の金メダルを手にするのを目にしたときに、思いがけない感動がわいてきたんです。実を言うとソチオリンピックでは、まだそれほど経験のない新人に負けてしまったという忸怩たる思いをなかなか拭い去ることができなかった。でもユヅルがソチから見せた成長ぶりと、彼の歩んできたオリンピック2連覇への道のりを目にしたとき、この素晴らしい物語の中に自分も参加できたことを誇りに思いました。ソチオリンピックの結果はなるべくしてなったのだ、と自分を納得させることができた。これほどの選手だったのだから、自分が負けたのは仕方のないことだったのだということを、ユヅルが平昌で証明してくれたのです。


NHKの「アナザーストーリー」で、ハビは最後にこんなことを言ってました。

まずは、今のケガをしっかり治してほしいです。ケガさえ治れば、後はもう好きなだけ「前」へ、「前」へと、目指していけばいい。

そしてもし引退する時がきたら、その時初めて「後ろ」を振り返って見て欲しい。君が登ってきたのは、今後、永遠に語り継がれる道のりだ。その道のりの途中に、僕の名前があるのも、お忘れなくね。



ブライアンもメントール賞受賞のビデオメッセージにこんな言葉を寄せてました。

世界フィギュアスケート選手権大会、そしてオリンピックでの羽生選手の偉業は日本だけでなく世界のスケート界をさらなる高みへと引き上げました。私も少しではありますがお手伝いできたことを大変光栄に思います。


パトリック:この素晴らしい物語の中に自分も参加できたことを誇りに思いました。
ハビ:その道のりの途中に、僕の名前があるのも、お忘れなくね。
ブライアン:私も少しではありますがお手伝いできたことを大変光栄に思います。



表現が違えど、3人の言っていることは同じですよね。
ハビやブライアンだけでなく、パトリックまでが、史上最高のスケーターと評価され、フィギュアスケートの新時代を築いた羽生結弦の「物語の登場人物」の一人であることを誇りに思ってくれてる・・・それが本当にうれしいと思いました。日本では誰も言わないけど、世界では、羽生結弦は「フィギュアスケート界の偉人」です。間違いなく、フィギュアスケートがこの世にあるかぎり、永遠に語り継がれることでしょう。

もし、結弦くんがソチ五輪の金で満足して引退していたら、もし現役続行していてもオリンピックチャンピオンに相応しくない不甲斐ない演技を続けていたら・・・パトリックも、ソチで金メダルをとれなかった後悔から解放されることはなかったのではないでしょうか。こんな選手に負けたのか・・・と、ずっと吹っ切ることはできなかったのではないか・・・そう思います。

パトリックは、結弦くんと世代が違ったので、結弦くんの急成長を警戒するのが少し遅かった。もし、同国人だったら、もう少し早く気づいて、なんらかの対策を打ったかもしれない。パトリックが意識してたのは、どちらかというと年齢の近い高橋さんの方だったようで、結弦くんが自分にとってヤバイ存在だとわかったのが、実はソチ五輪シーズン。もう手をうつには遅すぎたのです。

ユヅルは新しい世代のスケーターの先駆者で、すごい技術を持っている。実を言うとこんなに早く彼のような選手が出現すると予想しておらず、心の準備もしていなかった。

2013年の世界選手権は、結弦くんは、インフルエンザに膝痛にあげくは捻挫と、体調不良のオンパレードで4位でした。結弦くんの世界選手権出場史上、唯一台落ちした世界選手権です。でも、ここで結弦くんが台落ちしたことで、よけいパトリックに油断が生じたのではないかとも思います。このときの台落ちが、最大のライバルに隙を与えたとしたら、結弦くんのマイナスをプラスに変える運命力はやはりハンパないですね。

ハビも結弦くんのことを語っている「彼は心の底から戦士だった」という記事も同時に掲載されてますが、ハビは「羽生結弦語り」はこれまでもなにかにつけてありましたから、それほど新味はないかもしれません。パトリックはこれまであまり結弦くんについて語ることがありませんでしたから、こちらは必読かなと思います。


次は、パトリックよりずっと前から、結弦くんを脅威に感じていた日本人選手について記事にする予定です。


ゆづはびちゃん

実はこの3人の表彰台ないんですよね。これはマルセイユファイナルのSP終わった段階でのプレカンかな? 一度でいいから見たかったです(もちろん真ん中は結弦くんで!)。この3人がトップ争ってる頃が一番男子シングル面白かったよ・・・。


参加してます。よろしければ、ポチっと応援お願いします♪

フィギュアスケートランキング

テーマ : フィギュアスケート - ジャンル : スポーツ

2019/05/04 13:10 | スケート書籍感想COMMENT(15)TRACKBACK(0)  TOP

アイスジュエルズ最新号の表紙きました!& 中国発海賊版?羽生写真集を検分

待ちに待ったアイスジュエルズ最新号の表紙がUPされましたね!

20190128アイスジュエルズ

Ice Jewels(アイスジュエルズ)Vol.09~フィギュアスケート・氷上の宝石~羽生結弦インタビュー「次代への挑戦」(KAZIムック) ← アマゾンサイトへ

価格:1836円(税込)
出版社: 舵社
発売日: 2019年1月28日
<特別付録>
大判ポスター(A2サイズ)羽生結弦選手 ピンナップ付き!


http://www.kazi.co.jp/icejewels/index.html ← 舵社のサイトはこちら
現在、目次ページ準備中だそうです♪


今日の「スッキリ」で、結弦くんのクリアファイルの話題が・・・(笑)




興味本位で、ちょっと珍しい本を入手しました。昨年の11月か12月頃だったかな?

中国版羽生写真集1

中国版羽生写真集2

中国版羽生写真集3

中国版羽生写真集4

中国版羽生写真集5

中国製の海賊版?羽生結弦写真集です。中国で手にいれたわけじゃないので、現地での価格は不明。
まあ、中国での羽生人気を考えれば、こういうものが存在しても不思議ではありませんよね。

ページ数は表紙と裏表紙別に、64ページ。裏表紙はノッテステラータでした。
AERAの蜷川女史の写真は表紙以外に4ページ掲載されていて、あの写真が中国でも注目度が高かったのを伺わせます。
また、付録?で、ポスターと栞2枚(2枚目の写真参照)がついていました。

中は、AERAやらNumberやらマイレピやら、その他色々なフィギュア誌やメディアから頂戴した写真の盛り合わせです。画質は複製なのでそれほどよくはありませんし、見たことのある写真がほとんどです。とはいえ、中国ファンの多さや、中国ファンが結弦くんの写真集を入手する困難さを考えると、こういうのも需要はあるのだろうなと思いました。

日本のファンは恵まれています。写真集は書店でいくらでも手に入るし、ロッテだって、東京西川だって、バスクリンだって、ファイテンだって、羽生結弦展だって、凱旋パレードだって、アイスショーだって、結弦くんを生で見る機会やグッズの入手は、その気になって頑張れば、たいていはまあなんとかなる。でも、海外のファンはそうはいかない。日本人と同じものを手に入れるには、日本に住んでいない限り、何倍もの費用と手間がかかるのです。

海外の書店でも、結弦くんの本はたくさん並んでいるようですが、それでも品揃えは日本と同じではないでしょうし、お値段がすごく高いですよね。以前に、シンガポールや台湾の書店で、日本から輸入されてるBL本の価格を見たら、やっぱりかなり高かったし・・・。BL本だと翻訳版が地元の出版社からけっこうでてたりするので、そちらは普通の値段でしたが。

中国で、結弦くんの単独の写真集が海賊版ででてることに、中国での羽生人気はすごいなと思うと同時に、それが正規品ではなく、海賊版というところに、そこもさすが中国だなと。通信や応援ブックがどうこう言われたりするけど、一応アフロやフォートキシモトから写真は購入してますからね。中国版のは購入すらしてないわけで(笑)

日本人からみると、珍品への興味以上のものではないですが、100%羽生結弦本なので、そこはストレスフリーでした♪


明日、京都で田中さんの講座(今度はNHKカルチャー)なので、アイスジュエルズの情報など聞けるのではないかと期待しています♪


参加してます。よろしければ、ポチっと応援お願いします♪

フィギュアスケートランキング

テーマ : フィギュアスケート - ジャンル : スポーツ

2019/01/11 11:15 | スケート書籍感想COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

TVガイドにゆづポチ袋 & 「スケーターズ13」感想 & 羽生オルゴール到着

今日発売の「TVガイド」に、結弦くんのぽち袋が付録になっています。私も今日朝のツィッターで知り、あわてて書店に走りました。ちなみに、アマゾンではすでに品切れのようなので、欲しい人は最寄りの書店でご購入ください。ジャニーズJrの付録と抱き合わせというえげつない号なので、お早目に。


TVガイド2019新年号1

TVガイド2019新年号2

ぽち袋の図柄は8種類。リバーシブルなので、ぽち袋の数は4部です。2冊買いしてね!ってことでしょうか(笑)


「フィギュアスケーターズ」最新号の感想を少し。

 ← アマゾンサイトへ

だいたい55%くらいが羽生成分かなと思います。表紙裏表紙や目次ページも合わせると・・・ですが。

B4となるとちょっとしたポスターサイズなので、迫力があります。他にはないサイズなのと、写真そのものは綺麗なので、羽生成分が減ったこととの折り合いをどこでつけるかかなと思います。個人的には満足でした。

結弦くんの次にぺージ数が多いのが宮原さんで16ページ。次が友野選手で6ページです。
アマゾンレビューやブロガーさんの感想を読むと、宮原さんに16ページ割いたことに批判的なコメントが多いのが、私としては悲しい。あげられてる理由は「宮原選手はロステレに出ていないのに大きくとりあげられてる」「同じNHK杯に出てる選手で特集するなら紀平さんの方がよかった」「友野選手が16ページの方がよかった」などなど。

この「フィギュアスケーターズ」が、結弦くんと関係ないスケーターの特集をぶちこんでくるのは今に始まったことではありません。なぜか町田さんの特集が十数ページも割かれていたり、真央さんの特集が32ページも入っていたり・・・結弦くんを100%にできないので、残りのページを当たり障りのないスケーターの特集で埋めるのが、元々この雑誌のやり方なのです。NHK杯では、紀平さんが優勝しましたが、おそらくNHK杯前の企画段階で宮原さん特集でいくことになっていたのだと思います。

町田さんや真央さんのときは、批判的なレビューを目にしなかったのに、宮原さんが気の毒すぎる。ソチ五輪の翌シーズンから全日本四連覇。複数のワールドメダルも四大陸タイトルももっています。実績的には、今まで特集されなかったのが不思議なくらい。少なくとも、現時点では、紀平さんや、ましてや友野くんより実績は上なのですよ。なのになあ・・・世間は残酷だ。


フィギュアスケーターズ13


こちらは買わずに、書店でチェックしたのみですが・・・。

 ← アマゾンサイトへ


サイズはB5からA4に変更され、ページ数が30ぺージ近く減りました。その上、9割羽生成分だった以前と比べ、羽生比率が約5割とこれまた激減。同じくらいのページ数とサイズで、100%羽生成分の「通信」と比較してしまうと、見劣り感が半端なかったです。しかもお値段は以前と同じで、1404円と「通信」より高い。普通のフィギュア誌になってしまったなあというのが正直な感想です。そうせざるえない事情があるのはわかりますが、以前の「memorial」が好きだったので、とても残念。なお、「memorial」には「協力:スケート連盟」の文字はありませんでした。そうなると、これが限界か。

しかし、こういう本がございます。宝島社からでてる「高橋大輔本」です。

フィギュアスケート Heroes on Ice (TJMOOK) ← アマゾンサイトへ

こちらは、高橋成分が50数ページ。宇野成分が約30ページ。羽生成分が14ぺージでした。
かなり偏った本ですが、「協力:スケート連盟」の文字はありませんでした。羽生本でなかったら、スケ連の許可なく偏っていてもOKなのでしょうか? それとも一応、一人の選手で6割はいってないから、ぎりぎりセーフってこと?


オルゴール、届きました。



職人さんが丁寧に手作りしてくださったオルゴール。大切にしたいと思います。


参加してます。よろしければ、ポチっと応援お願いします♪

フィギュアスケートランキング

テーマ : フィギュアスケート - ジャンル : スポーツ

2018/12/12 13:40 | スケート書籍感想COMMENT(1)TRACKBACK(0)  TOP

「通信」が100%羽生本を出せた理由

本日発売のメディアックスの「フィギュアスケート通信」を買ってきました。


通信フィンランド大会-1

フィギュアスケート通信DX フィンランド大会2018 最速特集号 (メディアックスMOOK) ← アマゾンサイトへ


謳い文句に嘘はなく、100%羽生本でした。

「応援ブック」と「ニュース」が発売中止になったとき、「羽生サイドからストップがかかったのでは?」という噂がTLなどでまことしやかに流れました。根拠は、新書館がだした「魂のプログラム」の奥付にあった「協力 株式会社team Sirius」という文字です。「羽生サイドが、肖像権を管理する会社と契約して、そこからストップがかかったのだろう」と。

SNS時代というのは恐ろしいもので、誰かがそれらしい憶測を流し、それが一定数の共感を得て広まると、まるでそれが真実であるかのごとく語られるようになります。実際、真実は部外者にはわからないにも関わらず・・・です。

発売中止にまで追い込まれたシリーズが、なぜ今回は100%羽生本という形でだせたのか?
その謎は、奥付に書かれていた「協力 公益財団法人日本スケート連盟」という文字で解明されました。もちろん、これまでの「通信」にはなかったもの。メディアックスさんは、羽生本を出版させてもらうために、スケ連の許可を得たのです。


通信奥付


ちなみに、最新号のキスクラにも、同じ文字がありました。

キスクラ奥付


出版業界の一連の動きを見ると、羽生サイドからストップをかけたというより、スケ連がストップをかけた・・・と考えた方が自然ではないでしょうか。ここからは、あくまでも私の妄想ですが・・・。

「通信」のメディアックスや「応援ブック」のダイアプレスは、「羽生本」でボロ儲けをしていた。スケ連が標榜する「平等主義」に反する商品であることや、自分ところの”商品”をタダで使われてることにカチンときたスケ連は、何度か「平等に」という指導(圧力ともいう)をしたものの改善されなかったため、「販売中止命令」という強硬手段にでた。


黙ってみてたら、うちの商品(結弦くん)使うてえらく好き放題してくれてるやないかぁ。ごっつうボロ儲けしとるらしいな? うちのシマ(フィギュアスケート界隈)で、金儲けしとるくせに、うちに挨拶のひとつもなしとはええ度胸やないけ。それですむと思っとるんか? ああ?(関西ヤクザ風に)


挨拶だけで、何の対価もなく許可がでるほど、世の中甘くない。スケ連の商品で「平等主義」に反する商売するなら、代償としてそれなりの”めかじめ料”を払えということではないでしょうか。そう考えられる根拠は、ページ数の減少です。

これまでは、「通信」も、先日発売された「ニュース」も、表紙裏表紙合わせて116ページありました。最新号の「通信」は84ページです。3割近くページ数が減っていることになります。もちろん、他の選手も載せてページ数が多くても嬉しくないので、減るのかまいませんが、3割減となると、結弦くんのページだけを考えても、従来よりは減っていることにはなります。

価格は同じなので、このページの減少分が、めかじめ料分と考えるのは、私の考えすぎでしょうか?(笑) そうでなければ、大幅ページ減の説明がつきません。

キスクラが、スケ連の許可をとったにしろ、羽生本の前に、宇野本や高橋本を出すという気遣いをしたり、ようやく遅れてだした羽生本も100%羽生成分までにはできないでいる中、「今まで遠慮(?)していたが、金を払った以上、これからは堂々と100%でいかせてもらうぜ!」とばかりの、メディアックスさんの開き直りっぷりが面白い(笑)

本誌は、公式練習、ショート、フリー、表彰式、エキシビション、という内容で構成されています。100%羽生成分なので、ストレスフリーです。個人的には、エキシビションや表彰式のお写真が気に入りました。

でも・・・そう考えると、100%羽生結弦写真集でも、利益が入るのはスケ連の懐であって、結弦くんにじゃないんだよなあ・・・。そう考えると、もやるわあ。

羽生結弦公認書籍にも関わらず(ここは公認なので、パブリシティ権の侵害だの、肖像権だのという問題はないはず)、「アイスジュエルズ」の発売が遅れています。これも大人の事情がありそうですね。

なお、以上のことは、私の妄想です。想像の産物です。違っていても責任はもてません。気に入らない方もいらっしゃると思いますが、あくまでも日記であり、独り言なので、そこはスルーしてくださいませね。


通信裏表紙

裏表紙はお春さんです。


参加してます。よろしければ、ポチっと応援お願いします♪

フィギュアスケートランキング

テーマ : フィギュアスケート - ジャンル : スポーツ

2018/11/24 14:40 | スケート書籍感想COMMENT(4)TRACKBACK(0)  TOP

 | BLOG TOP |  NEXT»»