法医学教室の美女と野獣 (うえだ真由)

法医学教室の美女と野獣 (ルナノベルズ)法医学教室の美女と野獣 (ルナノベルズ)
(2012/03/06)
うえだ 真由

商品詳細を見る


うえだ真由さんの約1年半ぶりの新刊です。この本も諸事情で遅れていたようですが、やっとでましたね。
うえださんらしいワークシーンがしっかりした堅実な仕上がりの作品で、面白かったです。

小説 ★★★★☆  挿絵 ★★★☆☆

【あらすじ】
わけあって臨床医を諦め法医学者になった久住明紀。不規則で多忙な生活のストレス解消にヴァイオリンを勧められ、顔見知りの刑事・倉持幸臣からレッスンを受けることになった。人間不信で毒舌家の明紀にも笑顔で接する幸臣に、大人しくて扱いやすいヤツだと舐めていたのだが、師弟関係が逆転した途端、態度が豹変。「倉持先生と呼べ」意地悪な笑みで、明紀を見下ろしてきた!幸臣の思わぬ下剋上に二人の仲は険悪。…だけど喧嘩するたび、どんどん距離は縮まって―。


続きを読む »

テーマ : ボーイズラブ - ジャンル : 本・雑誌

2012/05/10 08:35 | うえだ真由COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

勾留中のアステリアス (うえだ真由)

勾留中のアステリアス (ディアプラス文庫)勾留中のアステリアス (ディアプラス文庫)
(2010/09/10)
うえだ 真由

商品詳細を見る


うえだ真由さんの、法曹もの新シリーズです。
「ロマンスの黙秘権」の准己の司法修習時代の同期・祐真が主人公です。
准己も少しだけゲスト出演していて懐かしかったです。

小説 ★★★★☆  挿絵 ★★★☆☆

【あらすじ】
熱血検事の祐真は二つ年上の恋人、陽希に夢中だった。無粋な眼鏡に隠された意外に整った素顔に一目惚れし、猛烈なアプローチをかけて口説き落としたのだ。陽希も、趣味のサボテンが最優先ではあるけれど、祐真の前では可愛い恋人だった。けれど仕事で思うようにいかないことがあったある日、祐真はサボテンにかまける陽希が気に入らず、強引に抱いてしまい・・・? エロ度150%増量♡ 法曹シリーズ最新作登場!


続きを読む »

2010/09/17 07:50 | うえだ真由COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

告白はフルコースのあとで (うえだ真由)

告白はフルコースのあとで (二見書房 シャレード文庫)告白はフルコースのあとで (二見書房 シャレード文庫)
(2010/02/23)
うえだ 真由

商品詳細を見る


うえだ真由さん、シャレード文庫では初めての本じゃないかと思います。
良い意味でも悪い意味でも優等生的な作品でした。

小説 ★★★☆☆  挿絵 ★★★☆☆

【あらすじ】
大学時代の先輩から頼まれフレンチレストランの経営改善フードコンサルタントの高宮悠里。ところがオーナーの伊井因近は、常軌を逸した金銭感覚の上、傲岸不遜な頑固者。無計画な経営で赤字が続き、このままでは資産を食い潰すのみ・・・。だが因近は悠里の助言を一切受け入れる様子はない。そこで経営立て直し以前に因近を理解することから始めた悠里だったが、いつしか単なる仕事相手として以上に彼のことを知りたいと思うようになり・・・。


続きを読む »

2010/05/24 09:20 | うえだ真由COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

恋人は僕の主治医(うえだ真由)/その他

PCの故障以降、読んだ本をあげます。

徒花は炎の如く (リンクスロマンス)徒花は炎の如く (リンクスロマンス)
(2009/09)
名倉 和希

商品詳細を見る

恋人は僕の主治医 (ブラコン処方箋2) (新書館ディアプラス文庫)恋人は僕の主治医 (ブラコン処方箋2) (新書館ディアプラス文庫)
(2009/12/10)
うえだ 真由

商品詳細を見る

きら星ダイヤル (ビーボーイコミックス)きら星ダイヤル (ビーボーイコミックス)
(2009/12/10)
夏目 イサク

商品詳細を見る


「Missing You」が弟編。「ブラコン処方箋」が兄編。「恋人は僕の主治医」は兄編の続編になります。
事故で足に後遺症が残った弟・優奈の足を治したくて整形外科医になったほどブラコンの兄・和紀。優奈が、自分の親友と恋に堕ちたと知り、マイノリティの苦労をさせたくないと大反対した和紀でしたが、自身も、病院の同僚で3歳年上の京悟に強引に迫られ、付き合うようになってしまいます。ここまでが、前作「ブラコン処方箋」。「恋人は僕の主治医」はそれから約半年後のお話です。
流されて付き合うようになったものの、まだ男同士の関係に抵抗がある和紀が、自分の京悟への想いを自覚するのが今作です。患者でもある我侭Jリーガーの仁に振り回され、言い寄られ・・・というあたりがメインになってるので、その分、京悟との恋愛面がわりとあっさりで少し物足りなかったけど、安定した面白さはあるので前作を読んでる人なら楽しめると思います。
医者同士で舞台が病院というのもあって、主人公がきっちり医者としての仕事をしています。うえだ真由さんの作品はワークシーンが充実していますね。

「徒花は炎の如く」と「きら星ダイヤル」は、PCが帰ってきたら、また感想をUPします。

2009/12/15 10:04 | うえだ真由COMMENT(2)TRACKBACK(0)  TOP

執務室の秘密 (うえだ真由)

執務室の秘密 (SHYノベルズ)執務室の秘密 (SHYノベルズ)
(2009/10/29)
うえだ 真由

商品詳細を見る


検事×検事です。うえだ真由さんには珍しく三角関係もの。うえださんは、やはり法曹ものがお得意なようですね。恋愛部分だけでなく、ワーク部分もしっかりしていていました。

小説 ★★★☆☆  挿絵 ★★★☆☆

【あらすじ】
東京地検の検事・歩己は、同期の毅と密かに交際中。しかし真面目な毅は、本当につき合うのは自分が弁護士に転職してからだといって、キスまでしかしようとはしなかった。その言葉を信じていた歩己だったが、年上の御森検事と食事に行った日に、酔って無防備になったところを襲われてしまう。最初は拒んでいた歩己だったが、御森の手管には敵わず・・・。その後も写真で脅し、関係を迫る御森。毅への裏切りだと思いながら抱かれてしまう歩己の胸中は・・・?


続きを読む »

2009/11/07 08:32 | うえだ真由COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

 | BLOG TOP |  NEXT»»