スケアメはやはり絶望?、日本-トロント便8月も運行中止、ワールドはコロナによる中止のみ払い戻し可能

現時点での、フィギュア絡みの海外情報を少し。

ISUも粘るなあ。どう考えても無理だろうに。



スケアメができるとは、スケオタも誰も思っていないと思うの。


ISUがなんとか試合をしたいとあがく気持ちはわかる。ずっと試合ができなければ、選手のモチベーションが続かない。競技をやめる選手もでてくるだろうし、新たに始めようとする選手もいなくなり、競技の衰退につながる。ただでさえ競技人口が多くはないのだから。でも、少なくとも国際大会は、国と国との間を自由に行き来できるようにならない限りどうしようもない。


バンクーバー経由なら大丈夫みたいだけど…う~ん。




フィギュアスケートストックホルムワールド2021は、8月25日に発売されると先週発表された。機能しないFAQリンクがありましたが、現在は、Covid-19によって中止になった場合にのみ払い戻しを行うと記載されています。これにより、キャンセルの他の多くの可能性が明らかになります。


払い戻しはコロナで中止になった場合のみ。開催された場合は、たとえば入国禁止とか、航空便が跳ばないとか、諸々の他の可能性による場合は、払い戻しはしないということのようです。


ハーシュ氏もこんなところでワールドやるの?と言いたいんだろうな(笑)


そして、ストックホルムで3月末に予定されている2021年のフィギュアスケート世界選手権について:

「百万人あたりのスウェーデンの死者数は、米国よりも40%多い。ノルウェーよりも12倍、フィンランドよりも7倍、デンマークよりも6倍多い」



スウェーデンのコロナ対策は壮大な人体実験のようなもので、今は世界的には評価されていません。それに、抗体ができてもすぐに消滅するという説もあり、そうなるとただ単に死者を増やしただけ…ということに。それは各国の対策なので、他国がどうこう口を出すことではありませんが、少なくとも国際大会を実施して、海外の選手、関係者、観客を迎え入れられる国策ではないと思います。世界選手権でクラスター発生なんて洒落になりません。


ダッフィー用なりきり衣装。オリジンとクリスタルメモリー。

← アマゾンサイトへ

 ← アマゾンサイトへ


参加してます。よろしければ、ポチっと応援お願いします♪

フィギュアスケートランキング

テーマ : フィギュアスケート - ジャンル : スポーツ

タグ : 2020-2021_season

2020/07/08 16:00 | 海外情報COMMENT(4)TRACKBACK(0)  TOP

ゆづはトロントに7/末まで戻らない ~NBC記事より、大坂なおみさんのISにゆづ!、ほか

ハーシュ氏の記事によれば、結弦くんは今トロントにはいないということです。



記事の中で、重要な部分だけまとめます。

・ジェイソンは、6月23日にトロントに入国した。2週間の隔離の後7/8からクリケで練習開始予定。
・トレイシー・ウィルソンによると、クリケットクラブでトレーニングを行う他の外国人スケーターは、羽生結弦、エフゲニア・メドヴェージェワを含め、7月末以前までは戻る予定ではない。
・アメリカ人は、必要不可欠な理由(仕事など)があれば国境を越えられるので、ジェイソンはその条件で入国できた。それでも最初に6/14にミシガンでカナダ入りしようとした時は「必須」とは認められず、6/26にバッファローから入国。2度目の時はアメリカスケ連、カナダスケ連、オンタリオスケ連からの手紙を持って行った。



7月31日までは戻らないという根拠はこれでしょう。


ただし、これまでも延長されているので、今後も延長される可能性はあり、必ずしも8月以降入国できるとは限りません。

さて、同じ日に結弦くんについての2つの記事がでました。


ガセブン → トロントで籠城生活
NBC(ハーシュ) → 7月末までトロントには戻らない



いかにハーシュが信用ならないとはいえ、ガセブンよりは信憑性ありそうです。
ガセブンは、発売日早々に赤っ恥をかくことになりました(まあ、恥とも思ってないか)。


オーサーが結弦くんのプライバシーを重視して居場所をいつもボカしているのに、トレイシーが、露骨にライバルのネイサン推ししてるアメリカ人記者の取材に応じて結弦くんの居場所をベラベラ喋るとは思い難い。この記事だけでは、なんとも言えないけど、私はハーシュの取材に応じたジェイソンが、誘導尋問に引っかかって、トレイシーからの情報としてボロッてしまったのではないかという気がしてる(もし違ってらゴメンだけど)。

ジェイソンが悪気があったとは思わないけど、結弦くんの居場所がトップシークレットだということはあまり理解してないような気がする。そこがハビとの違い。ハビは結弦くんの立場を理解してメディアからも常に守ってくれていた。オリンピックで金メダル争いをするライバルだったのに、あの渦中でさえも。やはりハビは得難いリンクメイトだったのだなとしみじみ。


大坂なおみさんは大の羽生ファンです。そして大坂さんはIMG。


20200702saegusaIG

さっそく反応したネイサンのマネージャーのサエグサ女史。
同じIMGの大坂さんが羽生ファンなのは内心面白くなさそう。


このアメリカ人記者さん、オリンピックチャンネルの仕事するようです。


米国を拠点とするデジタルニュースプロデューサーとしてオリンピックチャンネルファミリーに参加することに本当に興奮しています。オリンピックの世界で最も驚くべき物語のいくつかを伝える手助けをするために、さまざまなスポーツにわたって働きます。

テニスを離れるつもりはありませんが、これは新しい冒険のチャンスです!



メインはテニスだけど、フィギュアも担当するそう。
このネイサンのインタビュー記事を書いたこともある人です。




ハーシュ氏ともお友達みたい。アワード、ハーシュ、IMG…今度は米有力記者をオリチャンに送り込んだ。ネイサンに金をとらせるために、アメリカが着々を外堀埋めてる感じかしら。ここまでくると、アメリカ必死すぎて笑うな…。



羽生結弦カレンダー豪華ラインナップ!

ハゴロモカレンダー(壁掛け)

 ← アマゾンサイトへ

ハゴロモカレンダー(卓上)

 ← アマゾンサイトへ 

2020-2021 シーズンカレンダー(壁掛け)
 ← アマゾンサイトへ

2020-2021 シーズンカレンダー(卓上版)

 ← アマゾンサイトへ



参加してます。よろしければ、ポチっと応援お願いします♪

フィギュアスケートランキング

テーマ : フィギュアスケート - ジャンル : スポーツ

タグ : 2020-2021_season

2020/07/03 10:05 | 海外情報COMMENT(10)TRACKBACK(0)  TOP

メドベがロシアに帰国 & カナダ7/31まで外国人入国禁止

どうでもいいことですが一応。メドベがロシアに帰ったようです。







まとめると、メドベはロシアに帰り、PCR検査は陰性で自主隔離中。ロシアでトレーニングを続けるが、どこでどういう形で練習するかは協議中で未定。オーサーとの師弟関係は継続する。しかし今はカナダが鎖国中なので、戻れる状態になったらカナダに行きオーサーの元で練習する…ということらしい。

日本にとどまっていた方が早くカナダに帰れたでしょうね。感染者数からみて、ロシアからの受け入れは日本からよりも遅くなると思う。




オタワーカナダ政府は、ほとんどの外国人旅行者に対する現在の入国禁止を7月31日まで延長しました。

連邦政府は、3月中旬にCOVID-19の感染拡大を防ぐために、限られた例外を除いて、最初にカナダ市民以外に国境を閉鎖した。外国渡航禁止の延長は、6月29日付けのパティ・ハイドゥ保健大臣が勧告した連邦命令を通じて行われた。

この禁止令は、カナダ国民の近親者であるカナダ国民、外交官、航空乗組員がカナダに入国することを許可しているが、COVID-19の症状を持つ人はカナダに入国することは依然として許可されない。



メドベだけでなく、紀平さんのカナダへの入国も遅くなりそうですね。

恋愛関係でも、はっきりと別れを切り出さないまま疎遠になって、そのままフェイドアウトすることありますよね。もし今シーズン中にカナダに戻れなければ、オーサーとメドベもそういう形で師弟関係が終わる可能性もあるような気がしてきた。




トロントでは屋内でマスクが義務付けられるみたい。以前は、結弦くんがマスクしてるとカナダでは奇異な目でみられると言ってた。変われば変わるもの。やはり結弦くんの行動はいつかは正義になるのね(笑)


ジョニーもマスクしてって訴えてるよ(笑)



羽生結弦カレンダー豪華ラインナップ!

ハゴロモカレンダー(壁掛け)

 ← アマゾンサイトへ

ハゴロモカレンダー(卓上)

 ← アマゾンサイトへ 

2020-2021 シーズンカレンダー(壁掛け)
 ← アマゾンサイトへ

2020-2021 シーズンカレンダー(卓上版)

 ← アマゾンサイトへ


参加してます。よろしければ、ポチっと応援お願いします♪

フィギュアスケートランキング

テーマ : フィギュアスケート - ジャンル : スポーツ

タグ : 2019-2020_season

2020/07/01 11:00 | 海外情報COMMENT(2)TRACKBACK(0)  TOP

カート発言余波 ~動画主が羽生ファンをバッシング?

もうこんな過去の人どうでもいいんですが、行きがかり上、経過報告しておきます。例のカートの発言の件です。

カードのyoutube動画は、このジョンソンという女性が作ったものでした。
トロント在住のコピーライター、ジャーナリスト(自称)です。



このジョンソンという人がyoutubeのコメント欄を閉じました。その理由についてのメッセージを、Shu-Pa!さんが転記してくださってます。グーグル翻訳ですが、添えておきます。



さて、これがkbvids88のYouTubeビデオのメッセージです。 「私はこれをしなければならないのは嫌ですが、羽生結弦ファンの一部が敬意を払うことができないため、このビデオへのコメントを無効にしています。このイベントはカートファンによって作成され、カートは時間を惜しみながらあきらめました。カートがユヅのライバルの1人をほめたたえただけで、このビデオを否定的に抑制しようとする繰り返しの試みを私は容認しません。」興味深い…



長いツイの彼女の締めくくり。これ、ネイサンに迷惑だと思うけど…。


ポイントは、楽しい/前向きなことを楽しむフィギュアスケートのファンは、「いいね」ボタンをクリックすることです。そして、ファンの質問が素晴らしく、カートが素晴らしかったので、ビデオ全体を見てください。

(また、私は今、ネイサンを完全に応援しています。)



長いツイの内容からみて、このジャーナリストが言いたいのは、カートが平昌の金はネイサンだといったことで、羽生ファンが怒り狂い、コメント欄が荒れた。ネガティブの方をクリックするので、youtubeのシステム上、カートファンがこの動画を目にする機会を阻害したと。だから、仕方なくコメント欄を閉じたと。「私はそんなことしたくなかったけど、冷静さを欠いた羽生ファンが悪いのよ!」と言いたいらしい。

その上で、ビデオを全部みてね!「いいね」ボタンを押してね!と宣伝。ネイサンのアッカンベーを添えて「私はネイサンを完全応援することにしたわ!」と高らかに宣言。こんなツイにGIF画像使われたらネイサンも迷惑なんじゃない? このジャーナリスト、ネイサン使って、羽生ファンに喧嘩売ってるんだものね。

試合ができるかどうかは別として、いよいよプレ五輪シーズン。五輪に向けて、さらなる羽生下げキャンペーン張ってるのだろうと思ってましたが、今度は、よく日本でも行われてきた羽生ファンネガティブキャンペーンですか…。すごい既視感(笑)


アメリカもこんな画像作ってるくらいだから、これからもネイサンを推していくつもりでしょう。

USAolympic画像


トヨタ自動車もネイサンを全力応援! そして米スケ連が真っ先に拍手でリプライ。
トヨタは北京でアメリカ国歌を流したい。米スケ連も全力で後押しするぞ!…そこまではわかった。



さて…北京に向けてネイサンが中国でマーケティング始めたらしいですよ。ウリは「イェール大学現役選手でイケメンで金持ち」(笑)。でも資金がないためweiboとかオフィシャルサイトでは無理ということで、中国版5チャンネルみたいなとこで紹介しているらしい。えっ? 金持ちじゃないの?(笑)

https://m.weibo.cn/detail/4513995170760705

weiboネイサンマーケティング

以下グーグル翻訳。
基本的に確かなのは、アメリカ人のネイサン・チェンのチームは、後で国内でのバラエティ、雑誌や広告の撮影を目的として、国内マーケティングを購入しました。 しかし、マーケティング資金はおそらく限られており、現在、厄介なマーケティングを貼り付けるだけ。

中国では、結弦くんやボーヤンどころか、ヴィンスより人気がないネイサン。
さすがにマズイと思ったか。このままでは、北京五輪で壮絶なアウェーが待っている。


ここからは、私の独り言としてお読みください。物証はありません。状況証拠からの推測です。

ネイサンのマネージャーはIMGのサエグサ女史。この人もイェール大学だそう。IMGのフィギュア部門統括してる人。Dさんの陸ダンス「LOVE ON THE FLOOR」はこの人が関わってたらしい。このショーは木下特別協賛だったけど、企画はIMGだった。メリチャリも出てたし、この人はメリチャリのマネでもある。なので間違いないでしょう。ということは、つまりUSMとも親しいということですね。そのせいかな、商品(ネイサン)の売り出し方がUSMに何気に似てるのは。


yuki saegusa


この人がマネージャーやってるチャーリーが奥さんのタリスと一緒にアワードのホストに抜擢されましたね。サエグサさんは安藤さん(審査員の一人)ともわりと仲が良いともいわれてる(あくまでも噂ですが)。ジェフのマネージャーとは仲が悪いらしいけど、そのジェフが最優秀振付師の候補にはなっていない。世界最高得点のショートをつくった振付師ですよ。不思議ですよね。

勘繰りたくないけど、ザギちゃんのことといい、最初の候補選びからなにから不自然なことがいろいろありすぎる。本当にうさん臭さしか感じない。「オスカー」なんて名乗っては本家のオスカーに失礼です。


五輪はただの競技会ではない。国と国との戦い。世界選手権以上に政治力がものをいう。

今となれば、平昌五輪直前に怪我をしたのは、天の采配だったのかもしれない。あの怪我のために、アメリカは油断した。そして、あの頃のクリケットは徹底した情報統制がとれていた。結弦くんの状態はトップシークレットだった。だから、アメリカも結弦くんの怪我の回復度合いをはかりかねて、後手に回った。結弦くんとクリケットの見事な戦略勝ちだった。そして、アメリカにとってはネイサンの自爆が一番の誤算だっただろう。アメリカはもう同じ失敗は許されない。平昌五輪以降のなりふりかまわない、ルール無用のえげつないやり方を見ると、アメリカの執念を感じるわね。


コロナよりももっと怖いのがフィギュア界の魑魅魍魎たち。
プレ五輪シーズン、これまで以上の強烈な羽生結弦包囲網が仕掛けられたかもしれない。
そう考えると、このコロナ渦さえ、結弦くんを巨悪から守ってるように思えてきた。


参加してます。よろしければ、ポチっと応援お願いします♪

フィギュアスケートランキング

テーマ : フィギュアスケート - ジャンル : スポーツ

タグ : 2019-2020_season

2020/06/26 09:05 | 海外情報COMMENT(12)TRACKBACK(0)  TOP

能登&田中コンビも参加!「羽生結弦展」、カート発言完全版、ほか

前回の「羽生結弦展」と同様、能登さんと田中さんも参加♪






先日、カートの発言を記事にしましたが、ほぼグーグル翻訳の英語難民の私と違って、英語の超得意なShu-Pa!さんが素晴らしい訳をしてくださいました(それもロングバージョンで)。こちらをぜひお読みくださいませ。ただ、カートさんの意見が的外れの突っ込みどころ満載であることは変わらないと思います。






EUも国境封鎖を解除するタイミングをはかってます。経済が回らないものね。
でもロシアとアメリカがアウトじゃフィギュアの大会はできないわね。



ジョコビッチが開催した大会がクラスターの発生源に。こういうの見ると、フィギュアの国際大会についても、ISUは慎重に判断してほしい。もっとも、クラスターの原因は、大会よりも大会後の乱痴気パーティーのせいだろうと言われてますが。




参加してます。よろしければ、ポチっと応援お願いします♪

フィギュアスケートランキング

テーマ : フィギュアスケート - ジャンル : スポーツ

タグ : 2019-2020_season

2020/06/24 11:50 | 海外情報COMMENT(8)TRACKBACK(0)  TOP

 | BLOG TOP |  NEXT»»