ゆづとアーチストの絆 ~ユーミン、みやかわくん、清塚さん、中村くん、プリンス、MONKEY MAJIKさん、武部さん

11月18日にいただいたコメントにレスいれました。よろしくお願いいたします。

結弦くんとアーチストさんのお話など。

MONKEY MAJIKさんのライブに結弦くんのお花が。



結弦くんは一度共演したアーチストさんとの絆をとても大事にする。プロローグでも、今でもサッシーと仲良しだと言ってましたね。

結弦くんのスタンド花は、それぞれ交流のあったアーチストさんに合ったものを贈ってる。プログラムや衣装をイメージして。単に「贈りました」という花じゃない。スタンド花にも彼なりの想いとこだわりが現れている。「どんなものにも意味を」という彼の姿勢そのもの。




MONKEY MAJIKさんの楽曲といえば、中村くんですが。


お誕生日にもメッセージをくれてましたね。
結弦くんは中村くんとのご縁も大事にしていくのでしょう。


もうすぐユーミンとのラジオ対談。
ユーミンの公式垢からもラジオ対談のお知らせがきてましたが…。


公式スタッフ垢さんが初めてRTしたのがユーミン公式垢のツイ。
ここから俄然人間味がでてきた公式さん。やはりほとんどスタッフでなく本人なのか…(笑)

20221121hanyustaff_rT.png


またすごく緊張したんだろうな。


24時間テレビの初共演で、結弦くんはすでに大御所ユーミンを落としていた。


しかし、結弦くんを仙台から東京に呼び寄せられたのはユーミンだけ。ネンイチもクラシックTVの収録も仙台のスタジオで行われている。シェイとの対談もそうだった。テレビ局が仙台まで馳せ参じても出演を熱望する存在になったのだなあと感慨深い。シェアプラクティスをまた告知したら、また多くのメディアが仙台に遠征するのだろう。


話は変わります。情報洪水のため、後回しにしてしまった話題なので、もう賞味期限切れですが…。

私はその現場は見てないです。ただ、断片的に見るTLから察して、羽生ファンとみやなーさんの間でちょっとしたファン同士のトラブルがあったらしい。みやかわくんの仙台公演のライブに多くの羽生ファンが訪れていた。で、MCの内容を羽生ファンがつぶやいた。羽生ファンは基本ショーの内容のネタバレはOKなので、悪気なくつぶやいてしまったのだと思う。ところが、みやなーさんの世界ではセトリやMCの内容をネタバレするのはNGらしく、一部の過激なみやなーが激オコして、かなり容赦ない感じで批判してきたらしい。

で、みやかわくんもマズイと思ったのか、ツイキャスでフォローしてたみたい。アイスベアさんのツイよりお借りします。

みやかわくん、
フラワースタンドの写真200枚ぐらい撮ったんだって。
お花持って帰りたかったけど「ちょっとさすがに。。」って許可もらった分だけもらってきたんだ。
そこについてた「祝仙台公演・羽生結弦」のパネル引っこ抜いて持って帰ったと。

「何故花ではなく枝を持ち帰った?」
お花より管理がしやすいし、持って歩いてても劣化するスピードが早くないし、差し木のやり方わかっているので差し木して育てるつもり。
枝持ってると結構観られる。すれ違うカップルに見られたりとか。

「本当はお花も持ち帰りたかったんだけどねー」とみやかわくん。

「まあ、何はともあれ... 羽生先生、ありがとうございます。本当に。一生の思い出です。」🥺🥺🥺










みやかわくんはネット発のアーチストなので、ファン層もメジャーなアーチストと少し気質が違うのだと思う。羽生ファンはFaOIなどで共演したアーチストのコンサートやライブに行く人が多いけれど、これまでばんばんネタばれしても、それをアーチストのファンにとがめられたことはないので、戸惑った人が多かったみたい。みやかわくんも、自分のファンの気持ちも大事だし、わざわざ足を運んでくれた羽生ファンにも気を遣うしで、人気稼業だけに困ったと思う。せっかくのご縁なので、ファン同士お互い友好的にお付き合いしましょう。


清塚さんは、ネタばれも動画撮影もOKみたいね。来年のクラシックTVの共演本当に楽しみ。




プリンスさんの存命中に、レックレを見ていただきたかったと心から思う。
そして、スケオタよりも、アーチスト界隈とかアーチストのファンの方が羽生結弦を高く評価しているという事実。東京ドームで単独公演をすることがどれだけ凄いことか、スケオタよりもアーチスト界隈の方がたぶんよくわかっている。

スケオタが一番羽生結弦への評価が低い。スケオタ(特に全員応援)という人種は、所詮、フィギュア村の住人、構成員の一人なんだなあとつくづく思うのである。東京ドームのチケット代が高いと文句いってるアンチは論外としても(名フェスの1分3万円のビデオには何もいわないくせに)。


武部さん、いつもありがとうございます。


これはまさに真実をついている。
単に音楽を「使っている」だけのスケーターがほとんどなのだ。


引用RTしてるスレッドを辿ってみてください。



参加してます。よろしければ、ポチっと応援お願いします♪

フィギュアスケートランキング


絶賛発売中!!

 ← 羽生結弦 栄光の軌跡

 ← 羽生結弦クリアファイルbook

 ← デジタルTVガイド2月号

 ← YUZURUⅢ

 ← AERA 12/12号(表紙:羽生結弦)

 ← AERA12/26号(プロローグ八戸公演)

 ← キスクラ(通常版)

 ← 羽生結弦 魂のアスリート

 ← シーズンカレンダー(壁かけ)

 ← シーズンカレンダー(卓上)

 ←アマゾンサイトへ

 ← アマゾンサイトへ


 ↑ 楽天ブックスへ

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

蒼い炎3 -究竟編ー(くきょうへん) [ 羽生結弦 ]
価格:1870円(税込、送料無料) (2022/12/17時点)


 ↑ 楽天ブックスへ


テーマ : フィギュアスケート - ジャンル : スポーツ

2022/12/18 11:45 | アーチスト・裏方・メディアCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

11/22矢口さん×貝塚さんインスタライブの内容と感想

11月4日にいただいたコメントにレスいれました。よろしくお願いいたします。

11月22日に、矢口さんは貝塚さんんとインスタライブをされていました。





リアルタイムでは聴けなくて、アーカイブで聴きました。でもアーカイブの期限が1日だけだったので、メモとる時間までなかった。内容をメモしてくださっている方がいましたので、貼っておきます。ありがとうございます。



矢口さんインスタライブ(宙さんのツイより)

貝塚さん
羽生くんは一瞬たりとも撮り逃したくない、多くのカメラマンが被写体として惚れ込む人。だからとんでもない枚数撮ってしまう。どの瞬間も絵になるし、撮る人によって色んな表情が見れる。

矢口さん
羽生くんは撮れば撮るほど新しい表情を見せてくれるから、自分の技術を上げたらもっと色んな表情を撮れるんじゃないかって、もっと上手くなりたいと思わせてくれる。たくさんのカメラマンがそんな気持ちでいると思う。

貝塚さん
羽生くんは360°全面で演技するからジャッジ裏でもどこに入っても良い表情が撮れる。真裏でそんな良い写真を撮れる選手ってなかなかいない。

北京4Aの連続写真について

矢口さん「貝塚さんの写真を見て最後のチェック姿勢の重要性に気付いて"やられた!”と思った。羽生くんもインタビューでチェック姿勢までが4Aって言ってたけど僕たちはその時はその言葉を知らないわけで、でも貝塚さんはちゃんと感じ取ってたんだなぁって」

貝塚さん「4A最後のチェック姿勢があまりにもかっこよくてずっと心に残ってた。自分は男子フリー終わってすぐスピスケ会場に行かなくちゃいけなくて、でも後からあのチェック姿勢の後ろ姿の写真を見たときにマジで涙が出てきて、たぶんこれは絶対必要な写真だって感じた。ちょっとした奇跡」







写真家さん達の羽生結弦語りはとても熱い。「彼はこんな凄い写真を撮ってる。自分も負けてられない」と写真家さん達が切磋琢磨しつつ、お互いをリスペクトしている様子は、フィギュアスケートよりもずっとスポーツマンシップに満ちていて爽やかです(笑) 

矢口さんは「羽生くんを知ってから、写真と向き合う時間が増えて、生活態度も改めるようになった」と言ってます。貝塚さんは「矢口さんは写真をUPするのが遅いが、遅い時間にUPされた写真をみて『やられた』と思って、もう一度写真を選びなおしたりする」と言ってました。長久保さんのいうとおり「羽生結弦が多くのフォトグラファーを育てた」のです。

北京五輪で、撮影場所のクジ運が悪かった矢口さんに、能登さんが良いポジションを矢口さんに譲った…などという美談もあり…。矢口さんはボクスケで涙を流すほど感謝してました。能登さんは「会社の使命を一人で背負っていて、絶対失敗できない立場だから」と言ってました。貝塚さんも「僕(毎日新聞社)はもう一人カメラマンがいたけど、矢口くんは一人だったからすごく大変だったと思う」と。

能登さんや田中さん、貝塚さんは長く羽生結弦を撮っている人達。小海途さんや矢口さんは新参のカメラマンです。でも、彼らは古参のスケオタが口にする「ニワカ」などという蔑称で見下すことは絶対にありません。むしろ「俺たちよりも彼らの方が頑張ってる」とすごく認めてリスペクトしている。





参加してます。よろしければ、ポチっと応援お願いします♪

フィギュアスケートランキング


絶賛発売中!!

 ← YUZURUⅢ

 ← AERA 12/12号(表紙:羽生結弦)

 ← キスクラ(通常版)

 ← 家庭画報2023年1月号(通常板)

 ←家庭画報2023年1月号(プレミアムライト版)

 ← AERA11/21号 ※プロローグ

 ← 羽生結弦 魂のアスリート

 ← 羽生結弦 アマチュア時代 全記録

 ← 羽生結弦ハゴロモカレンダー(壁掛け)

 ← 羽生結弦ハゴロモカレンダー(卓上)

 ← シーズンカレンダー(壁かけ)

 ← シーズンカレンダー(卓上)

テーマ : フィギュアスケート - ジャンル : スポーツ

2022/11/25 13:30 | アーチスト・裏方・メディアCOMMENT(4)TRACKBACK(0)  TOP

12/23 ANNGにて「羽生結弦×ユーミン」ラジオ対談放送!関連情報まとめ & 2013年の「羽生結弦×葉加瀬太郎」ラジオ対談振り返り

10月27日と28日にいただいたコメントにレスいれました。よろしくお願いいたします。

昨日ビッグニュースが飛び込んできましたね。

12月23日(金)22時
松任谷由実のオールナイトニッポンGOLD 
ゲスト:羽生結弦








こちらから聴けます。


昨日のラジオでユーミンが触れてるみたいです。






今日のスポ紙で一番大きく取り扱ってくれたのはサンスポ。


東京中日スポーツ。


今回の対談は、スポ紙より音楽関係のメディアが大きく扱ってますね。Jpop界のレジェンドとフィギュア界のレジェンド。結弦くん、フィギュア村から外の世界で、着々と人脈を築いてるなあ。とにかく共演したアーチストをことごとく落しまくってるの強いわ。

以下関連リンクです。全部ではないと思いますが…。

エキサイトニュース
radiko news(ラジコニュース)
ドワンゴジェイピーnews
ポップシーン
Billboard JAPAN
ニッポン放送
クランクイン!
Real Sound(リアルサウンド)
音楽ナタリー
エンタメOVO(オーヴォ)編集部
テレ朝news


すでに収録済みで、生放送ではないみたいです。一つ問題は、オールナイトニッポンは、関西は壁で無料のradikoでは聞けません。一か月だけ有料のプレミアム会員になるかな。


ユーミンが、松任谷由実50周年記念ベストアルバムだしてるので興味のある方はどうぞ。元々ユーミン好きなんで、迷った末買っちゃった(笑)

 ← アマゾンサイトへ


結弦くんの著名人とのラジオ対談といえばこれ。


結弦くんの有名人とのラジオ対談というと、この2013年との葉加瀬太郎さんとの対談以来だと思います。まだ五輪チャンピオンになる前ですね。約半年後に金メダルをとったわけですが、葉加瀬さんもびっくりしただろうな。

葉加瀬さんと「ゾーンに入ったとき」の話は興味深かった。かなり意気投合してる感じで、頭のよい一流同士の対談は中身が濃くて面白いですね。ただ、他のスケーターがトゥで作った穴は、トゥジャンプよりエッジジャンプの方が引っかかったら危ない…という話をしていて、ちょっと複雑な思いがしました。


201308_羽生×葉加瀬
遠近感が狂うツーショット(笑)


ユーミンに「コンビニのおにぎりくらいの大きさ」と言わしめた驚異的小顔だから。



参加してます。よろしければ、ポチっと応援お願いします♪

フィギュアスケートランキング


絶賛発売中!!

 ← YUZURUⅢ

 ← AERA 12/12号(表紙:羽生結弦)

 ← キスクラ(通常版)

 ← 家庭画報2023年1月号(通常板)

 ←家庭画報2023年1月号(プレミアムライト版)

 ← AERA11/21号 ※プロローグ

 ← 羽生結弦 魂のアスリート

 ← 羽生結弦 アマチュア時代 全記録

 ← 羽生結弦ハゴロモカレンダー(壁掛け)

 ← 羽生結弦ハゴロモカレンダー(卓上)

 ← シーズンカレンダー(壁かけ)

 ← シーズンカレンダー(卓上)

テーマ : フィギュアスケート - ジャンル : スポーツ

2022/11/19 15:35 | アーチスト・裏方・メディアCOMMENT(1)TRACKBACK(0)  TOP

清塚さんの宮城公演にゆづからロンカプ色のお花が!「ゆづちゃんにはぜひ月の光を」、みやかわくんのツイキャスゆづ語り、武部さんのゆづ愛溢れるメッセージ、スポニチ号外バックナンバー復活、ほか

アーチストさん関連の話題を。

清塚さんが、10月7日のミュージックステーションに出演されました。
うっかり見逃してしまいましたが、こちらの番組です。
https://post.tv-asahi.co.jp/post-197990/





清塚さんの47都道府県ツアー、10月8日は仙台でした。結弦くんからお花が♪


インスタにも。


スポニチさんから記事あがってます。


現地さんからの報告~♪





以前にも、清塚さんは、月の光を結弦くんに滑ってほしいと言ってました。





海外ファンからの「いつかユヅルが月の光を滑ってくれたら、と何年も前から思っています。今回、信也さんが見事に演奏して下さったので、もう一つ、信也さんのこのバージョンで、結弦が滑ってくれたらなぁ、と思っています」というリプに、清塚さんも「私も本当にそう思います。この作品は彼にぴったりです」と答えていますね。いつか、実現することを、私も心から願っています。ぴったりすぎて、想像するだけで鳥肌たちそう(笑)


さらにはこんな感動的なお話も。


出たって書くのは重い?とか悩んでたら、文字打ち間違えて…
「(感動して)涙が出なさそう」と、送ってしまい、ゆづちゃんから
「泣かないんかーーい」と……国民栄誉賞受賞者である、ゆづちゃんにツッコミをさせちゃった🎵
という、感動的(笑)エピソードのお披露目でした🤭



清塚さんのインスタより、結弦くん語りの部分。


仙台だからなのか(きっとそうよね)、清塚さんの服に羽根マークが…。



次はみやかわくんの、ツイキャスの話題です。



②シーンとなった時、自分の心臓の音がバッコンバッコンってでかすぎて。収まれーって。数秒間が体感3-5分くらい続いてる感じ。長く感じれば感じるほど頭の中どんどん真っ白になる。
いやー、懐かしいというか...本当に貴重な経験させていただきました。
本当に自分でよかったのか、→

③もっと売れているというかすごいアーティストさんいっぱいいらっしゃるのにって今だに思ってしまう。
でもやり切れてよかった。ゆづくんもめっちゃ楽しかったって言ってくれたし。僕の人生において本当に大きな出来事だったから。ちょっといまだに多少不安に思うこともあるっちゃあるけど、→

④でもそれより誇りの方が勝ってますね。

(コメント読んで)羽生くん今日もペン回ししてましたね。あはは。見ました。くるくるしてたね。あれCMのやつだっけ。東和薬品のCMのメイキングね。見ちゃった💙



この方も書き起こしてくださっています。おおっ、女子高生か!若い!!


みやかわくんが、結弦くんの好きな歌をカバーしてくれてる。





私の力以上のものを作らせて頂いて…小海途さんも同じようなことを言っていました。
 
今までは自分が撮っていると思っていたが、羽生選手を撮るようになってからは、「撮らせてもらっている」と感じるようになった。自分の力で撮った写真ではないような写真があがってくる。自分の力以上の写真をもらっている感じがする。




結弦くんがプロ転向したときの、武部さんのコメント。

僕を含めて今迄関わってきた音楽家たちは皆んな、君が必要とすればいつだって駆けつけるよ‼️

トシさんも同じことを言っていた。いつでも駆けつけると。社交辞令でもなんでもなく、アーチストさん達のホンネだと思います。それも、彼が誠実に真摯にアーチストさん達の作品に向き合い、彼らの作品を心からリスペクトし、彼らとの信頼関係を築いてきた証。彼の財産です。単に「共演できて嬉しかった」で終わるスケーターは山ほどいますが、これほど共演したアーチストをことごとく沼落ちさせたスケーターがかつていたでしょうか。

彼の冠ショーに共演してほしいスケーターはいませんが、共演してほしいアーチストはたくさんいます。2020年1月に開催された「ミュージックウィズウィングス」の第2弾もぜひ開催してほしい。MwWが開催されたときはカナダだったので、本人不在でしたが、今はプロ転向して日本にいるので、舞台挨拶できますね。2020年はほぼ満席とはいえ、チケットはまだとりやすかったけど、第2弾はチケット激戦になるかも…。


仙台で、薬剤師さん対象の学会があったらしい。
プログラムに結弦くんの書の「結」が!!東和薬品さんつながりかな?



結弦くんが被っていたヘルメット、完売したらしいです…(汗)


ヘルメット受注生産って…羽生ファンが買い占めたら、現場の本当に必要な人達が困りますもんね。羽生ファンは災害用の備えとして購入してるんだろうけど。


全部復活しているそうです! リプ欄に探し方を書いてくださってます。




参加してます。よろしければ、ポチっと応援お願いします♪

フィギュアスケートランキング


絶賛発売中!!


 ↑ 楽天ブックスへ(魂のアスリート)

 ← アイスジュエルズ17

 ← 飛躍の原動力

 ← FS日本男子ファンブック

 ← 羽生結弦ポスカブック3(練習着編)

 ← 羽生結弦ポスカブック3(EX編)

 ← 羽生結弦語録2

 ← AERA羽生特集

「Life on Ice 羽生結弦」限定版

 ← 「Life on Ice 羽生結弦」通常版

← キスアンドクライvol.46通常版

 ← キスアンドクライvol.46限定版

 ← 羽生結弦 アマチュア時代 全記録

 ← ファンタジーオンアイス 神々の饗宴

 ← 羽生結弦ハゴロモカレンダー(壁掛け)

 ← 羽生結弦ハゴロモカレンダー(卓上)

 ← シーズンカレンダー(壁かけ)

 ← シーズンカレンダー(卓上)

テーマ : フィギュアスケート - ジャンル : スポーツ

2022/10/09 12:00 | アーチスト・裏方・メディアCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

ゆづはアーチストを本気にさせる天才?~ToshI&清塚信也「羽生結弦を語る」

トシさんと清塚さんの話題を。

トシさんは山形県で10月12日から絵の展覧会をされます。



ピヨ卵 ゲストに龍玄としさんを迎える!



僕が書いた楽曲を羽生さんがアイスショーで一緒にコラボレーションしてくださって、羽生さんがその楽曲を演舞してくださったんですね。そのときに、マスカレイドを演舞するときには、僕はトシさんの中に入ってマスカレイドを舞います!という風に仰ってくださって、すごくエネルギッシュで美しい、こんなアートみたことないっていうくらい、僕は歌いながら、間近で彼の演舞を見ていたんですけども、あまりにも衝撃的すぎて、歌えなくなると困るので目をそらすくらい、本当に素晴らしい圧倒的な演技だったんですけども、その演技に誘発されて、今度は僕が羽生さんの中に入って描き切ってみようという、そういう気合でマスカレイドという絵を描きました。

(絵と音楽に共通点はあるのですか?)
僕の中ではすごく同じものですね。表現をするという意味では同じなんですが、逆に言ったら、言葉にはできない、伝えることもはばかれる、自分の奥の奥にある、本当の本当の気持ち、マスカレイドをはがした、仮面をはがしたその奥にある本当の自分の思いみたいなものをそこに表せるので、そういった意味では、絵を描くっていうことを始めて、自分の中の奥底にあるなにか、痛みとか悲しみとか、いろんな思いが、それを皆さんに絵画として提示して、皆さんに見ていただいて、なにか喜んだり感動したりしていただくことで、自分のなにかそういう思いが昇華されていったなという感じがするので、本当に絵を描いてよかったなと思います。

羽生さんのマスカレイドを描いている時なんかは、何度ももうイヤになって辞めたくなるんですけど、羽生結弦はここで辞めないな、やっぱりここで辞めないもっと深く追求するはずだというふうに自分を鼓舞して、そういった意味ではいろんな方々とこれまで出会っていい影響を頂いて来ましたけども、羽生さんとの出会いっていうのは自分の人生のなかでは最も重要な出会いだったというふうに言っても過言ではないですね。



こちらは、清塚さんのコンサートに行かれた方のレポです。


羽生選手はリハーサルから全力なんです。他の人は違う。ジャンプは飛べる回数が限られているみたいなんですね。それほど体に負荷がかかる。だから皆ジャンプは抜くか流すかする

でも羽生選手はクルクル!!っと飛んでスピンしてグルングルン回る!!まるでブラックホールみたいに!!
リハが終わって、息を切らしている羽生選手に大丈夫?まだリハだよと声をかけたら 彼はゼーハーゼーハ―しながら『僕が本気を出さなかったら清塚さんも本気にならないでしょ?』

僕も本気でなかった訳じゃない。でも羽生選手の演技を見ていたら 全力で命を削るようなスピンを見ていたら僕も何かできないか
命を削るような

そうだ!スピンの所のグリッサンド 黒鍵を使おう
グリッサンドは白鍵と黒鍵では大きく違う
音は華麗になる分 痛い!
鍵盤がデコボコしてるから指を削られる 僕も命を削ってる(笑)

そして1回目のリハが終わった後 シャーっと羽生選手がやってきてゼーハー言いながら『黒鍵のグリッサンド良かったです』
そうか気に入ってくれて良かった
帰ろうとしたら『待ってください。僕たちのリハーサルの時間まだ残ってますよ。もう一度やりましょう』

羽生選手はまた全力。僕もザーザーっとついに血が出る。もみじおろしだ
終って羽生選手がやって来る『凄く素敵です!』

うん!良かった。帰りかけると…
『リハの時間、あと数秒ありますよ。最後の所やりましょう!』
シャーと最後の所に戻っていく羽生選手の背中を見つめながら”ゆずらねぇなぁ”



こちらも清塚さんのコンサートに行かれた方のレポです。
1年半ほど前のものですが、ちょうどよい機会なので紹介します。


「春よ、来い」でコラボされた清塚さんが見た羽生選手。
本当にストイックな方だと仰っていました。
リハから本番さながらに全力で舞われ、曲が終わるとゼーゼー息を切らしながらこちらへ滑ってきて「あそこ1秒違います」などと凄く細かなところまで指摘されたとのこと。

そして命懸けで演技をされている姿を見て、こちらも命懸けでやらなきゃならないんじゃないかと思い、曲の最後にグリッサンド三連発するところを黒鍵のグリッサンド三連発に変えたと。
ただ、これは大根おろしのように指が痛過ぎて血が出たりして、ツアーのひと夏もたないんじゃないかと思ったらしく。

でも羽生さんがまたゼーゼー息を切らしながら「黒鍵のグリッサンドすごく良いですね!」と言うのでやめられなくなったそうで。
「まだあと数分ありますから」と何度も何度もリハを全力で繰り返され、黒鍵グリッサンド地獄のお話を笑いを交えながら "ゆづらない人だ" とオチをつけて語られました。

最後には「僕のために滑ってくれてるんじゃないかと思った」と仰り、昨年のFaOIでとしさんが語っていたことと同じだと思いました。
リスク覚悟でマスカレイドを原キーに戻したこと、中に入り込んで全力で舞ってくれたこと、音楽への拘り、完璧な演技を求めて一切の妥協を許さないストイックさ。

羽生選手は誰に対しても、どんな時でも、どんな場所でも変わらないんだと思いました。
その一瞬に込める全力。
超一流が超一流を超える為の努力。
そんな凄まじい裏の努力をとしさんはとても近くで見て感じ、刺激を受けていたんだなぁと。
本当に世界で一番凄い方とコラボしたんだと改めて思いました。



昔から、羽生結弦はリハーサルでも手を抜かないことで有名である。某カメラマンさんが講演会でこう言っていた。「ゆづにはドリームオンアイスに出てほしい。ゆづのリハーサルから全力の姿は若いスケーター達の手本になるから」と。それは今年、久々に出演したスターズオンアイスやドリームオンアイスのバックヤードの映像でも証明されていた。もちろん、共演したからといって、吸収できるかできないかは個々の選手の資質次第ではある。「オープニングで退場するときに、最後まであげた手を下ろさないように」という指導を受けても従わない選手もいたように。

トシさんや清塚さんの話を聞くと、共演したアーチストが皆羽生沼に落ちる気持ちがわかる。「トシさんの中に入って演じる」とは、なんという殺し文句であろうか。清塚さんも「自分のために滑ってくれているんじゃないか」と思ったという。

だから清塚さんも地獄の黒鍵グリッサンドでも「やってやろうじゃないか」という気持ちになるし、トシさんもリスク覚悟でマスカレイドを原キーに戻した。本気でかかってこないスケーター相手に、アーチストも本気になるわけがない。そう、羽生結弦は、どうすればアーチストを本気にさせることができるか本能でわかっている。本気と本気がぶつかり合わなければ、本当に良い作品などできないことも。


「天と地のレクイエム」の松尾さんのツィートです。


大阪芸術大学のパンフレットの松尾さんの紹介文が「『天と地のレクイエム』が羽生結弦選手に選ばれた」なんですね(笑)


 ← 共に、前へ 羽生結弦 東日本大震災10年の記憶

 ←未来をつくる(羽生結弦著)

 ←トイレットペーパーホルダー(プーさん)

 ←トイレマット(プーさん)


参加してます。よろしければ、ポチっと応援お願いします♪

フィギュアスケートランキング

テーマ : フィギュアスケート - ジャンル : スポーツ

タグ : 2021-2022_season

2021/10/09 07:30 | アーチスト・裏方・メディアCOMMENT(2)TRACKBACK(0)  TOP

 | BLOG TOP |  NEXT»»