羽生結弦を撮るフォトグラファーたち<能登直> Part.2 ~2019-2020シーズンフォトギャラリー

最近、新聞媒体のカメラマンさんが頑張りすぎて(笑)、何気に能登さんの影が薄くなっているように思います。能登さん撮影のシーズンカレンダーはでますが、残念ながらシーズンフォトブックはでないようなので、こちらを。

WebSportivaが、2019-2020シーズンの結弦くんの写真のスライドショーをyoutubeにUPしてます。シーズンカレンダーの宣伝もかねているのかもしれませんが、現在ファイナルまでUPされてます。全日本や4大陸がUPされるどうかわかりませんが、もしUPされたら、この記事に追加します。


羽生結弦 2019-2020シーズンreview Vol.1 オータムクラシック



羽生結弦 2019-2020シーズンreview Vol.2 スケートカナダ



羽生結弦 2019-2020シーズンreview Vol.3 NHK杯



羽生結弦 2019-2020シーズンreview Vol.4 グランプリファイナルSP



羽生結弦 2019-2020シーズンreview Vol.5 グランプリファイナル公式練習




以下は、WEB Sportivaのサイトのフォトギャラリーのリンク。2019-2020シーズンのものです。

羽生結弦 オータムクラシック 公式練習フォトギャラリー
https://sportiva.shueisha.co.jp/contents/photo/2019/09/16/post_14/

羽生結弦 オータムクラシック SP フォトギャラリー
https://sportiva.shueisha.co.jp/contents/photo/2019/09/17/_split_sp/

羽生結弦 オータムクラシック フリー フォトギャラリー
https://sportiva.shueisha.co.jp/contents/photo/2019/09/18/_split_fs/

羽生結弦 スケートカナダ フォトギャラリー
https://sportiva.shueisha.co.jp/contents/photo/2019/11/07/post_16/

羽生結弦 NHK杯ショートプログラム フォトギャラリー
https://sportiva.shueisha.co.jp/contents/photo/2019/12/02/nhk/

羽生結弦 NHK杯フリー フォトギャラリー
https://sportiva.shueisha.co.jp/contents/photo/2019/12/03/nhk_1/

羽生結弦 NHK杯エキシビション フォトギャラリー
https://sportiva.shueisha.co.jp/contents/photo/2019/12/04/nhk_2/

羽生結弦 グランプリファイナル フォトギャラリー
https://sportiva.shueisha.co.jp/contents/photo/2019/12/11/post_18/

羽生結弦 グランプリファイナルエキシビション フォトギャラリー
https://sportiva.shueisha.co.jp/contents/photo/2019/12/17/post_20/

羽生結弦 メダリスト・オン・アイス2019 フォトギャラリー
https://sportiva.shueisha.co.jp/contents/photo/2019/12/26/2019_7/



羽生結弦カレンダー豪華ラインナップ!

ハゴロモカレンダー(壁掛け)

 ← アマゾンサイトへ

ハゴロモカレンダー(卓上)

 ← アマゾンサイトへ 

2020-2021 シーズンカレンダー(壁掛け)
 ← アマゾンサイトへ

2020-2021 シーズンカレンダー(卓上版)

 ← アマゾンサイトへ



参加してます。よろしければ、ポチっと応援お願いします♪

フィギュアスケートランキング

テーマ : フィギュアスケート - ジャンル : スポーツ

タグ : 2019-2020_season

2020/07/11 11:40 | カメラマン・裏方・メディアCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

羽生結弦を撮るフォトグラファーたち <榎本麻美>

昨日、ノートパソコンの液晶がイカれました。液晶画面の1/4が見れない状態です。これはなかなかストレスです(汗)

最初は修理を考えましたが、数ヶ月前からキーボードの調子も悪く騙し騙し使っていたこともあり、液晶+キーボード取り換えとなると、かなりの出費。それなら、いっそ買い替えた方がいいだろうか?と悩み中です。一応毎日更新したいとは思っていますが、そういう事情で、少し更新頻度が落ちるかもしれません。


さて、カメラマンさん達の「俺の撮った結弦を見てくれ」祭。盛り上がってますね♪
まだまだ、ほかのカメラマンさん達も参加してくださっていいのよ?(笑)

報知さんの写真集の販売方法について、高木さんより以下の告知が。

全国の各書店、お近くのYC(読売新聞販売店)でお申込みいただけます。
マガジン報知でも購入できますが、配送料等が発生します。


現在セブンネットで予約できるようです。アマゾンでもできるといいな。


Numberなどで活躍中の榎本さんも、そろそろ写真集を出していただきたいカメラマンさんの1人です。
今回は榎本さんをとりあげます。



 撮影を担当したのは小社カメラマンの榎本麻美(あさみ)。一昨年末に羽生選手が「ナンバーMVP」を獲得した際の表紙写真(Number868号)や、昨年12月のグランプリファイナル後のフィギュアスケート特集号「Number892号」でも、羽生選手がハイドロブレーディングしている写真を撮り、表紙を飾った。

 インタビューと撮影が行われたのは、4月3日の夕方、ボストンで行われた世界選手権のエキシビション終了後。試合会場近くのホテルの一室で各メディアの個別取材に応えたのだ。

インタビュアーやカメラマンへの細かな気配り。

 インタビュールームに現われた羽生選手は試合後の疲れも見せず、一つ一つの質問に丁寧に答えていたという。しかも時間が非常に限られていたため、インタビュアーが少しでも多く質問できるように、あえて「早口」で質問に答えていたそうだ。こういう細かな配慮や気配りが、氷上の表現力にも繋がっているのかもしれない。

 世界選手権では銀メダルに終わったが、決してその悔しさを態度ににじませない。だが、インタビューを行ったライターの野口美惠さんが少しずつ、「なぜフリーで崩れてしまったのか」に迫っていくと、最後には、国際大会で2試合連続で世界最高点を更新した羽生であるからこそ見えた「最後のテーマ」について明かしたのだった。

 インタビューを終えて、次は撮影に。

「ストロボはこっちから来るんですね」と羽生選手自ら光の位置を確認する。「知的でスマートな感じでお願いします」と撮影の意図を伝えると、さっと状況を理解し、真面目な表情を作る。今回の表紙にもなった、指を前に組んだ格好や腕組みをしてもらう。

「あの“叫び”の再現を」という注文には……。

 人差し指をピンと前に立て「1」の形にしている写真を撮る際には、「真ん中に指を持っていくと、どうしても1ではなく、(「SEIMEI」冒頭のポーズである)指2本にしたくなるよね」と笑いを誘い、場を和ませる。

 続いて、今大会もっとも印象的だったショートの演技最後に見せた“叫び”を再現してほしいとお願いしてみた。「ショートの最後の時と同じ表情をお願いします」と伝えると、「よっしゃあ! みたか!」と叫んだ、あの表情を嫌な顔もせず、作ろうとしてくれる。

 だが、やはり試合の緊張感と撮影は別物。納得のいく表情ができない。「(あの時と同じように)実際に言葉を叫んでみようか」ともいうが、最後は「再現できないよー。ありゃ無理ですね」。むしろ、そこまでリクエストに応えようとしてくれることにこちらが恐縮してしまったのだった。

 そうして撮影は終了。最後に羽生世代のアスリート全員にお願いしている「アンケート」に回答してもらうために用紙とペンを渡す。質問の内容は「未来の自分は?」。質問内容を読み、「これって直筆で書くんですよね」とつぶやくと、8秒ほど考えて、丁寧な文字で回答してくれたのだった……。

 榎本カメラマンが最後に語る。

「羽生選手はこちらの撮影意図を汲んで、それに応えてくれるので本当に撮り易かったです。そして凄味があるきりっとした表情や抜けた笑顔もどれも決まっていて、外れと言うかダメなカットがほとんどないんですよね」



こちらも榎本さん関連の記事。


 ちなみに今大会、フリーの演技に限っても、(表紙に限らず)誌面掲載用に検討された羽生の写真は2400枚以上。ショートプログラムやエキシビションを含めると約4000枚ほどのカットがあった。

田中さんも言っておられましたが、一試合で結弦くんの写真を何千枚と撮るそうです。一瞬たりとも目が離せないので、どうしても多くなってしまうみたいですね。


こちらはNumberのギャラリー。榎本さんの写真多め。



enomotoasami


参加してます。よろしければ、ポチっと応援お願いします♪

フィギュアスケートランキング

テーマ : フィギュアスケート - ジャンル : スポーツ

タグ : 2019-2020_season

2020/05/28 09:00 | カメラマン・裏方・メディアCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

羽生結弦を撮るフォトグラファーたち<読売新聞社>& 中国製ゲーム「陰陽師」動画

ステイホーム用に読売さんがWEB写真展してくださいました。













おまけ。読売じゃないけど。
SEIMEIの連続写真をつなげたパラパラ動画

パラパラ写真「平昌五輪フィギュア金メダリスト羽生結弦」フリープログラムSEIMEI【日刊スポーツ】



これすごい。ゲームの世界に紛れていても違和感がない! まさにリアル2次元。


そういえば、2~3年前に、どうみても結弦くんをモチーフにしたとしか思えない「陰陽師」とかいう外国製のゲームあったな~と思いだして、ちょっと調べてみた。

【脚底自带冰刀的晴明X结弦君, 应援NHK试手剪辑】



【陰陽師】プロモーション動画 京の世界編


公式サイト
http://www.onmyojigame.jp/home.html


どうみてもモデルは結弦くんよね…。
そりゃファイナルファンタジーの世界でも違和感ないわ(笑)


参加してます。よろしければ、ポチっと応援お願いします♪

フィギュアスケートランキング

テーマ : フィギュアスケート - ジャンル : スポーツ

タグ : 2019-2020_season

2020/05/16 15:00 | カメラマン・裏方・メディアCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

羽生結弦を撮るフォトグラファーたち <田口有史> 

「羽生結弦を撮るフォトグラファー」としては田中さんや能登さんほど有名じゃないですが、田口さんのお写真もとても素敵です。

田口さんのコラムとギャラリーをまとめておきます。













ファンタジーオンアイス公式フォトブックは、田中さんをメインとして、能登さん、田口さんの3人が担当してます。2018年版と2019年版を所有してますが、「あ、この写真素敵!」と思うと、田口さんであること多いのですよ(笑) いつか、田中さんや能登さんやスポニチさんみたいに、田口さんの「羽生結弦写真集」だしてくださらないかしら。


 ← アマゾンサイトへ

 ← アマゾンサイトへ





FaOI2018makuhari-4


参加してます。よろしければ、ポチっと応援お願いします♪

フィギュアスケートランキング
 

テーマ : フィギュアスケート - ジャンル : スポーツ

タグ : 2019-2020_season

2020/04/12 18:25 | カメラマン・裏方・メディアCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

福間洸太朗が語る「バラード一番と羽生結弦」

福間さんが結弦くんとバラード一番について語ってくださっています。



羽生結弦の「バラード第1番」再演。ピアニスト福間洸太朗が語る卓越度。(20200404 Number)

 昨季に引き続き今季もショート『秋によせて』、フリー『Origin』を演じてきた羽生結弦。それぞれ自身が憧れるジョニー・ウィアーとエフゲニー・プルシェンコへのオマージュを込めたプログラムであり、2人への尊敬の念を抱きながら取り組んできたが、完璧な一体感を得られぬまま、シーズン半ばにこんな思いを抱いた。

「僕のスケートじゃないのかな」

 そして、昨年末に行われた「メダリスト・オン・アイス」で『SEIMEI』を演じたとき、羽生は「ものすごく自分でいられるなと思って。伝説として語り継がれるような記録を持ってしまっている子たちなので、できれば寝させてあげたかったんですけど、ものすごく自分でいられる」ことを実感する。

 そこで「もう少しだけ、この子たちの力を借りてもいいのかな」と、あることを決断した。

 それはシーズン終盤の異例のプログラム変更だった。

 2月上旬、四大陸選手権から、平昌五輪で金メダルを獲得したプログラム、SP『バラード第1番』とフリー『SEIMEI』を再演することを発表したのだ。

福間は驚いたが、納得した。

 発売中のNumber PLUS 2019-2020シーズン総集編号ではピアニストの福間洸太朗に、この再演された『バラード第1番』について語ってもらった。

 2015年に行われた「Fantasy on Ice」で、羽生と『バラード第1番』でサプライズコラボレーションを披露した福間は、2016年の同アイスショーでも、羽生本人は怪我のため不在だったが、当時のSP世界最高得点を更新した2015年グランプリファイナルの映像に合わせて『バラード第1番』を演奏した。熱烈なスケートファンとしても知られている。

 その福間も今回のプログラム変更には、「驚いた」という。ただ、「いちアスリートとして結果を求めるのは当然のことで、スーパースラムのかかったあの状況においては必然だったのだと思います」と羽生の判断が適切だったと感じていた。

 '14-'15、'15-'16、'17-'18の3シーズン、羽生は『バラード第1番』を演じているが、その中でも福間は2季目のシーズン、2015年のグランプリファイナルの演技が特に印象に残っているという。

福間の眼に四大陸選手権はどう映った?

 そんな彼の眼には、今回の四大陸選手権の『バラード第1番』はどう映ったのだろうか。

 冒頭の4回転サルコウ、4回転トウループ―3回転トウループのコンビネーションジャンプにはGOE 4点を超える高い評価が付くなど、技術点では唯一の60点台をたたき出し、111.82点の世界最高記録でSP首位に立った。

 技術点もさることながら、芸術性や表現性などを示す演技構成点でも圧倒していた。

「手の使い方はもちろん、(体の)動きも全体的にとても滑らかで、洗練されていると思いました。どの瞬間を切り取っても、全く不安要素はありませんでしたし、まるで1つの芸術作品を見ているかのようでした」

 羽生はこの『バラード第1番』の冒頭で「静」を表現したのち、6拍子のメロディが始まると、ゆっくりと滑りだす。ピアノの美しい旋律に合わせるように、ジャンプやスピンを行い、まるで鍵盤の上を跳ねるかのように華麗なステップを踏んでいく。

 体力が消耗した終盤に曲のテンポが急に上がるが、激しいステップとあいまって、演技の盛り上がりは一気に頂点へ達する。ラストはコンビネーションスピンの後、両手を広げた決めポーズを見せた。

ピアノソロのクラシックは難しい。

 福間の言うように、まったく不安要素は見当たらなかった。むしろ、経験を積み重ねてにじみ出てくる味わいが感じられた。

「経験を重ねることで、表現においてはプログラムに深みやにじみ出てくるものがあります。葛藤しながら、いろいろなことを試しながら、それによって自分が追求するものも見えてくるでしょう。今、さらに説得力も出てきているのではないでしょうか。

『バラード第1番』のようなピアノソロのクラシックは、ビートが一定ではないので、スケーターの方々は、奏者の呼吸や癖を全体的に体に叩き込まなければ自分のものにできないですし、ビートが一定の曲(たとえばポップス系)よりも難しいと思うんです。バラード系で、テンポが一定しない楽曲を高いクオリティで自分の型にはめ、さらに音をしっかりと表現できているのは、羽生選手ならではの素晴らしさです」

表情・指先からショパンの苦悩が伝わる。

『バラード第1番』は生涯に作曲したもののほとんどがピアノ曲だった、天才作曲家フレデリック・ショパンの初期の代表作だ。

 1810年にポーランドで誕生したショパンは、20歳の頃、当時、政治情勢が不安定だった母国から逃れ、西ヨーロッパへ活動を広げた。その直後、故郷ワルシャワで暴動が起こり、ウィーンにいたショパンは多大な不安や憤り、悲しみに明け暮れた。

「実は祖国を出て最初に滞在したウィーンでも反ポーランド精神が芽生えていて、ショパンは思ったような活動ができないばかりか孤立してしまいました。その後、ポーランドの詩人アダム・ミツキェヴィッチの詩にインスピレーションを得て、『バラ―ド』第1番~4番を書いたといわれています。

 どの詩を『バラード第1番』に当てはめたかは確証されていないんですが、ミツキェヴィッチもロシア領内に追放されるなどの経験をしながらも、ポーランドの独立を願い、民族蜂起の思想に影響を与え、ショパン同様パリに移り住んだので、祖国愛、望郷の念など共感する点も大きかったと思います。そうした切迫感や追い詰められた人間の感情のようなものが、この『バラード第1番』に盛り込まれているような気がします」

 果たして、羽生がどこまで『バラード第1番』が作られた背景を理解しているのかは分からない。しかし、彼の“2分50秒”を見る限り、1つ1つのエレメンツ、表情、指先に至るまでの動きからは、ショパンの「苦悩」や激動の人生が伝わってくるような気がする。

 もはや羽生結弦の代名詞といっても過言ではない『バラード第1番』。

 果たして、今後、どんな「顔」を見せてくれるのだろうか――。



こちらにも、福間さんの記事が。
ファンタジーオンアイスに出演するきっかけを語っておられます。その部分のみ抜粋。


フィギュアスケーターの方々と共演することができたのも、そう。もともとファンだったステファン・ランビエルさんを成田空港でお見かけしたときに、勇気を出して声をかけなかったら。演奏会に招待しなかったら――、私が羽生結弦選手や他の素晴らしいスケーターと共演する機会も訪れなかったのかもしれません。


なるほど、ランビに声をかけた縁が、ファンタジーオンアイスの出演に結びつき、結弦くんとの出会いにもつながっていったのですね。

では、福間さんのバラード一番動画貼っておきますね。




ゆづ&ふくま


参加してます。よろしければ、ポチっと応援お願いします♪

フィギュアスケートランキング

テーマ : フィギュアスケート - ジャンル : スポーツ

タグ : 2019-2020_season

2020/04/04 17:30 | カメラマン・裏方・メディアCOMMENT(2)TRACKBACK(0)  TOP

 | BLOG TOP |  NEXT»»