薫風 (真崎ひかる)

薫風 (幻冬舎ルチル文庫)薫風 (幻冬舎ルチル文庫)
(2012/11/15)
真崎 ひかる

商品詳細を見る


雨雪シリーズのスピンオフ、隆世編です。雨、雪ときたこのシリーズ、隆世は”風”でした。
あの小さかった隆世が18歳ですよ! 幼い頃を知ってる少年が大人になった姿を見て感慨にふける親戚か近所のおばちゃんの気分になっちゃいました。ついこの間まで幼稚園児だったのに~(笑)

小説 ★★★★☆  挿絵 ★★★★☆

【あらすじ】
複雑だが幸せな家庭に育ち、年齢より大人びている隆世。大学進学を目前に、アルバイト―日仏ハーフの翻訳家の助手兼雑用係―を引き受けることに。初日、雇い主・狭霧の自宅でもある職場を訪れた隆世は、美人で奔放な狭霧からなぜか酷く非友好的な態度で迎えられる。狭霧の言動には腹が立つというのに、どうしても放っておけない隆世は…。

【雨雪シリーズ】
白雨/慈雨 : 加賀有隆×水沢那智
淡雪夏雪花雪 : 武川秀一×和倉佑真


続きを読む »

テーマ : ボーイズラブ - ジャンル : 本・雑誌

2013/01/12 08:00 | 真崎ひかるCOMMENT(2)TRACKBACK(0)  TOP

花雪 (真崎ひかる)

花雪 (幻冬舎ルチル文庫)花雪 (幻冬舎ルチル文庫)
(2011/11/15)
真崎 ひかる

商品詳細を見る


淡雪」「夏雪」に続く、「雨雪」シリーズの雪カップル3作目。これがこのカップルの完結編かな? 
高校時代から付き合い始めた二人ですが、大人になりましたね。綺麗に纏まってたと思います。

小説 ★★★★☆  挿絵 ★★★★☆

【あらすじ】
保育士として働く佑真と大学生の秀一は、つき合って六年になる恋人同士。佑真はふとしたきっかけで、卒業と就職を目前に控えた秀一が相変わらず優秀で、実は大学院進学を嘱望されていることを知る。しかもその研究室には、秀一を気に入っている綺麗な先輩が所属しているらしい。不安に揺れる佑真をよそに、秀一はひとりで心を決めてしまい…。


続きを読む »

テーマ : ボーイズラブ - ジャンル : 本・雑誌

2011/12/07 07:25 | 真崎ひかるCOMMENT(2)TRACKBACK(0)  TOP

虹 ~山岳警備隊再録総集編~ (真崎ひかる)

真崎ひかるさんの「白の彼方へ」「暁の高嶺で」の番外編同人誌の総集編です。今年の夏コミ新刊。
過去に真崎さんがだした山岳警備隊の同人誌を再録、それに書き下ろしを加えたもの。
「白の彼方へ」の2カップルが中心ですが、書き下ろしには「暁の高嶺で」カップルも少しだけ登場してます。

★★★★☆


虹 山岳警備隊同人誌   A4サイズ・106ページ・2段組。


内容を紹介してます。興味のある方は続きをどうぞ♪


続きを読む »

2010/11/13 08:00 | 真崎ひかるCOMMENT(1)TRACKBACK(0)  TOP

暁の高嶺で (真崎ひかる)

暁の高嶺で ( 二見書房 シャレード文庫 )暁の高嶺で ( 二見書房 シャレード文庫 )
(2010/01/22)
真崎 ひかる

商品詳細を見る


白の彼方へ」の続編です。山岳警備隊員同士がきた~!とワクワクしました。
やっぱり、この設定なら、山男同士でしょう♪

小説 ★★★☆☆  挿絵 ★★★★★

【あらすじ】
想いを口にしたことはない。でも身体は重ねる。そんな関係に甘えていたツケが回ってきたのだろうか…?最悪の形で大学時代の恋人・高代雄大との関係が終わりを告げた。それから二年。山岳警備隊員三年目の音羽史規は、海外研修を終え同僚として復帰した雄大と再会する。無視したいのにできない苛立ちを募らせる史規とは裏腹に、雄大は以前と変わらない態度で接してきて…。同時収録には、『白の彼方へ』の塩見×朝陽編。塩見の兄・橋田稜の遺品が見つかり、愛しい朝陽の心は再び兄のものに―?山岳警備隊第二弾。
                 

続きを読む »

2010/11/12 08:00 | 真崎ひかるCOMMENT(2)TRACKBACK(0)  TOP

白の彼方へ (真崎ひかる)

白の彼方へ (二見シャレード文庫)白の彼方へ (二見シャレード文庫)
(2007/04)
真崎 ひかる

商品詳細を見る


積読でしたが、やっと読みました。山岳警備隊という珍しい職業もの・・・私も山男に萌えました!

小説 ★★★☆☆  挿絵 ★★★★☆

【あらすじ】
北アルプスで山荘の管理人を務める朝陽の前に、死んだ恋人そっくりな、新人山岳警備隊員の塩見が現れる。…せっかく長い月日が記憶を薄めてくれていたのに。やっと、いないことに慣れてきたのに。平穏な生活を望む朝陽の前に突如現れた、無視できない存在。心をかき乱され苛立ちを覚える朝陽だったが、一目ぼれしたとひたむきに想いを寄せてくる塩見に次第に惹かれていく。愛する人を再びなくすことの怖さから、朝陽は塩見を拒み続けるのだが―。書き下ろしはベテラン山岳警備隊員の浅田とツンデレ美人医師・間宮の『青の果てまで』&カップル四人のその後を描いた『山小屋の怪』。


続きを読む »

2010/11/11 08:00 | 真崎ひかるCOMMENT(2)TRACKBACK(0)  TOP

 | BLOG TOP |  NEXT»»