氷上のアルゼンチン・タンゴ (華藤えれな)

  氷上のアルゼンチン・タンゴ(華藤えれな 徳間書店)


BLとフィギュアスケートがコラボした、「氷上のアルゼンチン・タンゴ」を読みました。
うちのブログにぴったりの作品ですが、感想をあげるかどうかは、正直迷いました。
というのも・・・個人的に微妙な読後感だったからです。
でも、滅多にない貴重なフィギュアBL小説なので、感想をあげることにしました。

BL小説でフィギュア界を扱った作品は多くありません。私が過去に読んだのは、以下の3作品です。

銀盤を駆けぬけて(春原いずみ)  → 感想はこちら
スケオタキャリアの長い春原さん。おそらく、BL界で一番骨太なフィギュアBLを書ける人ではないかと勝手に思っています(笑) 個人的には、この作品がイチオシですが、恋愛よりスケートの比重が大きい作品なので、恋愛重視の人には物足りないかもしれません。カップリングは、コーチ×男子シングルスケーターです。

キス&クライから愛をこめて(小塚佳哉) → 感想はこちら
こちらは、カップリングは、熱狂的なファン(元ヤクザの実業家)×男子シングルスケーター。かなり特異なカップリングで、世間にバレたら、男同士ということより、お相手が元ヤクザということがスキャンダルになるのじゃないかと心配になりました(笑) 上下巻なので、読み応えはあります。

銀盤のシャノワール(砂床あい)
カップリングはコーチ×男子シングルスケーター。攻(コーチ)にとって、受(選手)は元恋人(男)の忘れ形見・・・という、少しややこしい人間関係がありました。内容は可もなく不可もなく・・・で、あまり印象には残っていませんが、本間アキラさんの挿絵が美しかったことは覚えています。

「氷上のアルゼンチン・タンゴ」は、珍しくスケーター同士ということで、
トップスケーター同士のライバル意識バチバチのガチンコLOVE 
みたいなのを勝手に想像していました。でも、ちょっと・・・違いましたね。

アマゾンで、「周りの選手達も先生も見回せば・・・ゲイだらけ。(「実は、フィギアはゲイの宝庫なの?」と思えてくるほど。)」と書いておられるレビュアーさんがおられました。 
BLでは、兄弟全員ゲイだとか、会社の同僚がほとんどゲイだとか、そんな作品をたまにみかけます。総ホモBLもそれはそれで楽しいんですが、冷静に考えるとおかしいです。でも、フィギュア界に多いのは事実なので、この作品がゲイだらけでも、そこにはあまり不自然さは感じませんでした(笑)

そのへんの事情は、以前記事にしましたので、興味のある方はお読みください。
(ただし、偏見のない方だけでお願いします)

フィギュア選手と同性愛 ~男子フィギュアの価値観とセクシャリティの狭間~
フィギュア選手と同性愛 ~男子フィギュアの価値観とセクシャリティの狭間~ その2

前置きが長くなりました。小説の感想の方はサラリと軽く書き留めておきます。

【あらすじ】
四回転ジャンプを軽々跳ぶ、17歳の天才スケーター―。リンクでは誰ともつるまない年下のライバル・栄翔に、嫉妬と劣等感を抱いていた紘夢。名伯楽の父に才能を見出された栄翔とは、同じ屋根の下で育ってきた。こいつがいなければ父さんは俺のコーチだったのに…。「紘夢さんは俺の憧れの選手なんです」と告げられても、冷たく突き放してきた紘夢。けれど突然、二人きりの海外合宿を命じられ!?

小説 ★★★☆☆  挿絵 ★★★☆☆


よろしければポチっとお願いします♪

人気ブログランキングへ


続きを読む »

テーマ : ボーイズラブ - ジャンル : 本・雑誌

2016/05/09 17:30 | 華藤えれなCOMMENT(9)TRACKBACK(0)  TOP

愛のマタドール (華藤えれな)

愛のマタドール (ディアプラス文庫)愛のマタドール (ディアプラス文庫)
(2012/11/09)
華藤 えれな

商品詳細を見る


華藤さんの初ディアプラス文庫ですが・・・やはりいつもと変わらぬえれなワールドでした(笑)

小説 ★★★☆☆  挿絵 ★★★☆☆

【あらすじ】
心に傷を負いスペインへとやってきた神学生の颯也。ある日、酒場で声をかけてきた優雅で魅力的な男・ユベールに強引に誘われ一夜を共にしてしまう。傲慢で自信に満ちた彼がふと見せる孤独の影に気づいた颯也は、素性も知らないユベールに惹かれていく。このままだと背徳の罪に堕ちてしまうと別れを決意する颯也だが、彼の正体がスペイン中を熱狂させる闘牛士だと知り―!?闘牛士×神父の禁断ラブロマンス。


続きを読む »

テーマ : ボーイズラブ - ジャンル : 本・雑誌

2012/11/28 09:05 | 華藤えれなCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

地下室のワルツ ~蜜と罰~ (華藤えれな)

地下室のワルツ ─蜜と罰─ (ルナノベルズ)地下室のワルツ ─蜜と罰─ (ルナノベルズ)
(2012/06/06)
華藤 えれな

商品詳細を見る


ドラマチックだし、面白かったですが、設定が特殊なので、BLとしての好き嫌いは別れるかも・・・?

小説 ★★★★☆  挿絵 ★★★★☆ 

【あらすじ】
小児科医の夏生はパリでヴォルフと名乗る外科医と出会い、驚愕した。髪も目の色も、そして素性も違う、けれど見間違うはずもない―その男は、行方不明だった幼馴染み、そして家族の仇・アレク。彼が隠す危険すぎる過去を知る夏生は、邸に囚われ、鎖に繋がれてしまう。その日から誰もこない地下室で、甘いワルツの流れるなか、アレクに支配され、狂おしい官能に溺れさせられて…。


続きを読む »

テーマ : ボーイズラブ - ジャンル : 本・雑誌

2012/06/26 07:55 | 華藤えれなCOMMENT(1)TRACKBACK(0)  TOP

花蝕の淫 ~狂おしく夜は満ちて~ (華藤えれな)

花蝕の淫―狂おしく夜は満ちて (ローズキーノベルズ)花蝕の淫―狂おしく夜は満ちて (ローズキーノベルズ)
(2011/09)
華藤 えれな

商品詳細を見る


安珍・清姫伝説、ヤクザ、刺青、僧侶受と、色々盛り沢山でした。
狙いどころは良かったのですが、もう一歩盛り上がりに欠けたような気がします・・・。

小説 ★★★☆☆  挿絵 ★★★★☆

【あらすじ】
北嵯峨の僧庵で、出家し世俗から逃れるように隠れ生きていた清祥。しかし、自分の運命を狂わせた男が再び彼の前に現れ―。まだ十代の頃、桜舞散る京都で出会った闇色の双眸の男・竜二郎。両親を知らずにいた清祥は祖母の葬儀から拐われるように連れられた屋敷で、己が月嶋組組長の息子であることを知る。世話役として、竜二郎に実父の前で犯された清祥は、同性にねじ伏せられ支配される屈辱と恐怖を感じながらも、身に潜む業を引き出されていき―。


続きを読む »

テーマ : ボーイズラブ - ジャンル : 本・雑誌

2011/10/09 10:10 | 華藤えれなCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

ゼロの獣 (華藤えれな)

ゼロの獣 (ガッシュ文庫)ゼロの獣 (ガッシュ文庫)
(2011/04/28)
華藤 えれな

商品詳細を見る
 

最近、私の中でゴールデンコンビになりつつある、華藤&高階コンビ。期待は裏切られませんでした♪

小説 ★★★★☆  挿絵 ★★★★★

【あらすじ】
捜査一課の鬼と恐れられている刑事の朝海は、4年前、親友だった同僚を事件で亡くした。失ってから気づいた親友への想い―以来、哀しみと後悔を胸に仕事に没頭する日々。そんな折、天才的な能力を持つ鑑識・飛高に出会い、朝海は息を呑む。彼の面差しが親友に酷似していたからだ。それどころか、飛高にある秘密を握られた朝海は、脅されるように躰を許すことになる。一方、二人が現場を共にする事件を辿るうち、親友の死に警察内の陰謀が絡んでいる疑惑が浮上し…!?天才的鑑識×毒舌敏腕刑事、疵を負う男たちのあやうい駆け引き。


続きを読む »

テーマ : ボーイズラブ - ジャンル : 本・雑誌

2011/05/11 08:30 | 華藤えれなCOMMENT(2)TRACKBACK(0)  TOP

 | BLOG TOP |  NEXT»»