狼と狐の夜 (高遠琉加)

狼と狐の夜 (SHYノベルス293)狼と狐の夜 (SHYノベルス293)
(2012/11/29)
高遠 琉加

商品詳細を見る


私的にはSHYノベルズの高遠さんはハズレがないという印象です。このお話のテイストも好みでした。
ただ、残念ながら謎が残り、その謎解きは続編待ちになりそうです。続編はいつになるのでしょう・・・。

小説 ★★★★☆  挿絵 ★★★★☆ 

【あらすじ】
JR新橋駅近くで店を持つ桐島司郎は、澤乃組の飴屋が経営する消費者金融に借金を返すため日々働いている。そんなある日、飴屋から破格のアルバイトを提案される。報酬は五百万円。五日後に結婚式を挙げる花婿の二十四時間つきっきりのボディガードだ。ヤクザは大嫌いだし、そんな仕事はろくでもないものに決まってる。そうわかっていても日々の生活のため、しかたなく提案を受けたのだが、現れたのは司郎が忘れることのできない男だった! ?


続きを読む »

テーマ : ボーイズラブ - ジャンル : 本・雑誌

2013/02/10 08:00 | 高遠琉加COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

こいのうた (高遠琉加)

こいのうた (ガッシュ文庫)こいのうた (ガッシュ文庫)
(2012/02/28)
高遠 琉加

商品詳細を見る


高遠さんは3本の指に入るくらい好きなBL作家さんですが、今回は、残念ながら萌えきれず。
つらつらと敗因など考えながら、感想をUPしたいと思います。

小説 ★★★☆☆  挿絵 ★★★☆☆

【あらすじ】
両親が不仲の家に帰りたくなくて、放課後を空き教室で過ごしていた高校生の八尋。ある日、英語教師の狩谷がピアノを弾きながらひそやかに歌っているところに遭遇する。甘くせつない旋律―その歌声は八尋の胸にさざ波をたてた。その日から狩谷と過ごすようになり、朗らかで優しい狩谷の秘めた寂しさを知るうちに惹かれていった八尋。けれど、彼の心は別の男にとらわれていた―。それから7年後、社会人になった八尋は狩谷と再会し…。


続きを読む »

テーマ : ボーイズラブ - ジャンル : 本・雑誌

2012/03/07 09:00 | 高遠琉加COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

神様も知らない (高遠琉加)

神様も知らない (キャラ文庫)神様も知らない (キャラ文庫)
(2011/11/26)
高遠 琉加

商品詳細を見る


あらら・・・続きものだったのか・・・! それならそうと言って~、心の準備がいるのよ・・・(笑)
続きものだったのは予想外でしたが、高遠さん×高階さんの組合せは、私にとってゴールデンコンビ。
おおっ、ということは、このコンビで2冊目、3冊目が読めるってことですね♪

小説 ★★★★☆  挿絵 ★★★★★

【あらすじ】
若い女性モデルが謎の転落死!?捜査に明け暮れていた新人刑事の慧介。忙しい彼が深夜、息抜きに通うのは花屋の青年・司の庭だ。自分を語りたがらず謎めいた雰囲気を纒う司。刑事の身分を隠し二人で過ごす時間は、慧介の密かな愉しみだった。けれどある日、事件と司の意外な接点が明らかに!しかも「もう来ないで下さい」と告げられ!? 隠された罪を巡る男達の数奇な運命の物語が始まる。


続きを読む »

テーマ : ボーイズラブ - ジャンル : 本・雑誌

2011/12/04 09:15 | 高遠琉加COMMENT(1)TRACKBACK(0)  TOP

純情不埒 (高遠琉加)

純情不埒 (B‐PRINCE文庫)純情不埒 (B‐PRINCE文庫)
(2011/06/07)
高遠 琉加

商品詳細を見る


高遠さんにしては、サラリと軽いテイストのお話でしたが、年下攻の醍醐味がギュッと詰まってました♪

小説 ★★★★☆  挿絵 ★★★★☆

【あらすじ】
「ユイジにお願いがあるの。うちの旦那を誘惑してくれない?」上得意客から、年上の歯科医・佐倉を堕としてくれと頼まれたホストの唯司。首尾よく佐倉の自宅に入り込み同居生活を始めるが、不器用で繊細な佐倉に強烈に傾く自分を感じて!?なんでもそつなく器用にこなす、そんな仮面の下に隠れた自分が、本当の恋に揺さぶられて『好きだ』と叫ぶ―たくさん泣いたあとに幸せになれる、ふるえるような感動作登場。


続きを読む »

テーマ : ボーイズラブ - ジャンル : 本・雑誌

2011/07/07 09:10 | 高遠琉加COMMENT(2)TRACKBACK(0)  TOP

酷いくらいに (高遠琉加)

酷いくらいに (ガッシュ文庫)酷いくらいに (ガッシュ文庫)
(2010/12)
高遠 琉加

商品詳細を見る


好きなタイプの恋愛小説で、それだけでも満足でしたが、『あのレストラン』のその後の様子が窺えたのが嬉しかったです。

小説 ★★★★☆  挿絵 ★★★★☆

【あらすじ】
料理人見習いの瀬名広見は、兄の恋人だった愁藤秋をひそかに想っている。不幸な事故で家族と足の自由を失いながらも穏やかで優しく、懸命に生きている秋。片思いのままでもずっとそばにいて、彼の笑顔を守っていけたらいい。そう思っていたはずだったが、秋とあたたかい時間を重ねる中、愛しさとともに歪んだ欲望も募り―。せつなく愛しい年の差ラブ。


続きを読む »

テーマ : ボーイズラブ - ジャンル : 本・雑誌

2011/01/15 08:00 | 高遠琉加COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

 | BLOG TOP |  NEXT»»