ジャーナリストは眠れない (榊花月)

ジャーナリストは眠れない (キャラ文庫)ジャーナリストは眠れない (キャラ文庫)
(2005/09/27)
榊 花月

商品詳細を見る


こちらもキャラ文庫の「小説家フェア」の対象商品で、何気なくあらすじを見てたら、興味が湧いて・・・。こうやって予定外に読む本を増やすから、積読が減らないんだと反省(笑) でも、ジャーナリスト同士の骨太の恋愛もの・・・好みのカップリングでした。

小説 ★★★☆☆  挿絵 ★★★☆☆

【あらすじ】
社会部のエリート記者から一転、まさかの左遷!? 医療ミス報道で上層部と対立した新聞記者の真藤一夏。その異動先は、傲岸不遜な編集長・五島が君臨する三流夕刊紙だった・・・。これまでのきゃリアも無視して芸能ネタを追わせる五島に、初めは反発していた一夏。ところがある晩、酔った勢いから五島と急接近!! 「おまえを見てると昔の俺を思いだす」と無理やり抱かれるハメに・・・!?


続きを読む »

関連記事

2009/10/31 07:00 | その他のサ行の作家COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

僕の好きな漫画家 (佐々木禎子)

僕の好きな漫画家 (キャラ文庫)僕の好きな漫画家 (キャラ文庫)
(2009/08/27)
佐々木禎子

商品詳細を見る


キャラ文庫の『小説家フェア』で配布された小冊子の番外編3篇のうち、1篇がこの作品のものだったので、読みました。私の萌え要素はかなりあったんですが・・・以下、煮え切らない感想です(笑)

小説 ★★★☆☆  挿絵 ★★★☆☆

【あらすじ】
月刊誌で少年漫画を連載中の瞬は、売れ行き微妙な漫画家。瞬が家庭教師をした 元教え子の澄夫が愛読者第一号だ。澄夫の凛としたクールな美貌は、同性から見ても男前。年下なのに料理も洗濯もしてくれて、有能なマネージャーのよう。原稿を手伝ってくれる澄夫に、軽口で「愛してる」と告げる瞬。そのたび、「軽々しく口にしないて」といつもは穏やかな澄夫がなぜか苛立ちを露にして!?


続きを読む »

関連記事

2009/10/29 07:53 | その他のサ行の作家COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

小説家は誓約する 小説家は懺悔する(3) (菱沢九月)

小説家は誓約する 小説家は懺悔する3 (キャラ文庫)小説家は誓約する 小説家は懺悔する3 (キャラ文庫)
(2009/09/26)
菱沢九月

商品詳細を見る


菱沢九月さんの「小説家」シリーズ3作目。同棲して1年。律の影響で、佐々原の作風にも大きな変化が・・・。小説家としての佐々原にスポットが当てられてた完結編は、二人の甘さも最高潮でした。

小説 ★★★☆☆  挿絵 ★★★☆☆

【あらすじ】
ベストセラー作家・佐々原と暮らし初めて一年・・・。相変わらず不機嫌な執筆中の顔も、濃やかなセックスも律は惚れ直すばかり。ところがある日、佐々原の新作が批評家に、「凡庸で駄作」と酷評されてしまう!! 担当編集者にも「作風が変わった」と告げられ、律は内心茫然自失。もしや自分の存在が悪影響を与えている!? 密かに責任を感じ て、思い悩む律だけど!? 大人気シリーズ、ついに完結!!


続きを読む »

関連記事

2009/10/28 07:27 | その他のハ行の作家COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

恋愛私小説 (榊花月)

恋愛私小説 (キャラ文庫)恋愛私小説 (キャラ文庫)
(2009/08/27)
榊花月

商品詳細を見る


キャラ文庫の『小説家フェア』で配布された小冊子。ここに収録されている番外編3篇のうち1篇がこの作品のものでした。あらすじが面白そうだったのと、小椋ムクさんの挿絵に惹かれたのですが・・・少し微妙な感想になります・・・。

小説 ★★★☆☆  挿絵 ★★★★☆

【あらすじ】
ただいま住所不定職業「ヒモ」・・・。かつてベストセラーを生み出した若き天才作家・森宮栄は、零細出版社社長・川島成志のマンションに押しかけ居候中。態度は不遜で自由奔放。放蕩な俺様主義かと思えば反面、意外に器用で料理上手。豪華な夕食を用意して、いつも帰りを待っている。「あなたのためなら死ねるよ」と時折真摯な眼差しを向けてきて・・・。森宮の心が掴めず、川島は戸惑うけれど!?


続きを読む »

関連記事

2009/10/26 07:00 | その他のサ行の作家COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

夏雪 (真崎ひかる)

夏雪 (幻冬舎ルチル文庫)夏雪 (幻冬舎ルチル文庫)
(2009/10/15)
真崎 ひかる

商品詳細を見る


「淡雪」の続編。2年後です。高校生同士だった二人も、保育士見習いに受験生と生活環境が変わり、すれ違いが多くなります。雨降って地固まる・・・そんなお話でした(笑)

小説 ★★★☆☆  挿絵 ★★★★☆

【あらすじ】
二十歳の佑真は見習い保育士。受験を控えた年下の恋人、武川の邪魔をしたくないと気遣うあまり、思いをぎこちなくすれ違わせてしまう。ある日、勤め先の保育所で子供を庇って怪我をした佑真は、その子の叔父である筒居からお詫びにと構われるうち、大人の余裕と包容力に癒されていく。一方、佑真に遠慮ばかりさせている自分が歯痒い武川は・・・?


続きを読む »

関連記事

2009/10/25 09:56 | 真崎ひかるCOMMENT(1)TRACKBACK(0)  TOP

 | BLOG TOP |  NEXT»»