君といたい明日もいたい (沙野風結子)

君といたい明日もいたい (角川ルビー文庫)君といたい明日もいたい (角川ルビー文庫)
(2009/10/01)
沙野 風結子

商品詳細を見る


沙野風結子さんのイメージとルビーのカラーが合わないような気がして、なかなか手が出なかったんですが・・・どこで書いても沙野さんは変わらなかった・・・それが良かったです(笑)

小説 ★★★☆☆  挿絵 ★★★☆☆

【あらすじ】
唯一の家族である父を水没事故で亡くした大学生の恵多。そのショックから部分的な記憶を失い、水たまりを見ると時々、身体が動かなくなる発作を起こしていた。そんな恵多を優しく見守る、叔父の章介の愛情を恵多は嬉しく感じていたが、ある時、それが全て父の会社を乗っ取る策略であると知る。詰る恵多の口を封じるかのように、静かな激情を漂わせ、無理やり身体を嬲る章介。いけないと思いながらも身も心も焼き尽くす、強い快感に支配され・・・。叔父×甥の禁忌愛!


続きを読む »

関連記事

2009/11/29 11:00 | 沙野風結子COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

ひそやかに愛を暴け (藤森ちひろ)

ひそやかに愛を暴け (プラチナ文庫)ひそやかに愛を暴け (プラチナ文庫)
(2009/10/09)
藤森 ちひろ

商品詳細を見る


藤森ちひろさんは初読みです。表紙を裏切らず飛ばしてます。エロ濃厚でした・・・。

小説 ★★★☆☆  挿絵 ★★★★☆

【あらすじ】
贈収賄容疑で東坂組の東坂を調査する美貌の検事・和彦は、焦って密売会場に潜入し、捕まってしまう。裸に剥かれ舞台に上げられた時、嬲り役に立ったのは、東坂だった。衆人環視の中で、彼の剛直に貫かれた秘部を露わにされ、喘ぎ啼かされる屈辱。だが嘲笑に羞恥しつつ、快楽も感じていた。その為日常に戻っても、東坂の誘いには抗えない。欲望とモラルがせめぎ合い、和彦は東坂が実は自分を庇っていたことにも気づいていなかった。食にの誘いすら受けず、ついに彼を怒らせてしまい・・・。


続きを読む »

関連記事

2009/11/28 13:01 | その他のハ行の作家COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

真音 1 (谷崎泉)

真音〈1〉 (リンクスロマンス)真音〈1〉 (リンクスロマンス)
(2009/05)
谷崎 泉

商品詳細を見る


今月発売の2巻目を控えて、1巻目を購入しました。
多少期待はしてたんですが、これは予想以上のアタリでした。

小説 ★★★★★  挿絵 ★★★★☆

【あらすじ】
母親の借金のせいで、暴力団の事務所に連れてこられた進藤は、粗野で野性的な 本部長・富樫に、一目で気に入られてしまう。その気のない進藤は富樫をはねつけるが諦めてもらえず、無理矢理に何度も食事に連れ回されることに。秘密を抱え、静かに生きてきた進藤は、心を騒がせる富樫と距離を置きたかった。だがある日、強引に部屋にやってきた富樫に口説かれ進藤は断るが、と突然押さえ込まれ身体を弄ばれてしまい・・・。


続きを読む »

関連記事

2009/11/27 09:25 | 谷崎泉COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

夏服 (杉原理生)

夏服 (幻冬舎ルチル文庫)夏服 (幻冬舎ルチル文庫)
(2009/11/17)
杉原 理生

商品詳細を見る


杉原理生さんの久々の新刊。すごく可愛くて透明感のある、胸がキュンキュンするお話でした。

小説 ★★★★☆  挿絵 ★★★★☆

【あらすじ】
高校1年生の茅原は、毎日朝食を買うコンビニで見かける先輩・坂江のことが気になっていた。やがて、坂江の大人びた外見とは違う意外な一面を知るたびに、どんどん彼を好きになっている自分に気づいた茅原は・・・。出会い、初めての恋、先輩の卒業、そして数年後のふたり・・・。甘くやさしく、そして切ない。恋する気持ちを丁寧に描いた、珠玉のラブストーリー。


続きを読む »

関連記事

2009/11/26 11:04 | 杉原理生COMMENT(3)TRACKBACK(0)  TOP

わるい男 (榊花月)

わるい男 (新書館ディアプラス文庫 230)わるい男 (新書館ディアプラス文庫 230)
(2009/11/10)
榊 花月

商品詳細を見る


悪ぶっていた男が、どんどんヘタレていく姿って、可愛いですね・・・もちろんイイ男限定だけど(笑)

小説 ★★★★☆  挿絵 ★★★★☆

【あらすじ】
製菓会社の開発課で企画に携わる荻野は、今まで順風満帆な人生を送ってきた。ルックスも学歴も申し分なく、大手企業で適度に仕事をこなす日々。ところが今回の社内企画では、宣伝部の冬堂からアイデアを却下されてばかりだ。しかも冬堂はいつも、その時の荻野の反応を見ながら愉しそうな笑みを浮かべる。仕事ができ、バツイチで女にモテて皮肉屋の冬堂が荻野は苦手だったが・・・? ずるい大人たちのラブ・プロジェクト♡


続きを読む »

関連記事

2009/11/25 08:20 | その他のサ行の作家COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

 | BLOG TOP |  NEXT»»