2009年に読んだお気に入りBL

とうとう大みそかですね。
昨日はお墓参りと買物。今日は一応形だけ(汗)掃除・・・で時間が過ぎました。

今年は、1月から読書メーター、8月からはブログを始めて、自分のBL読書生活に大きな変化があった年でした。
今年萌えたBLを思いつくままに挙げてみます。今年読んだ・・・が基準なので、今年発売とは限りません。

◇小説◇

和泉桂   貴公子の求婚 (2008/12 大洋図書)
榎田尤利  交渉人は振り返る (2009/6 大洋図書)
木原音瀬  吸血鬼と愉快な仲間たち(4) (2009/4 蒼竜社)
水原とほる  愛の奴隷 (2009/3 海王社)
夜光花  姦淫の花、闇の花 (2009/3 2009/7 大洋図書)
かわい有美子  空色スピカ、流星シロップ (2009/1 2009/6 笠倉出版社)
かわい有美子  いとし、いとしという心(1)(2) (2009/6 2009/11 リブレ)
高遠琉加  唇にキス、舌の上に愛 (2009/5 二見書房)
谷崎泉  真音(1)(2) (2009/5 2009/11 幻冬舎)
久我有加  何でやねん!(1)(2) (2004/5 2004/10 新書館)
久我有加  月も星もない、月よ笑ってくれ (2007/5 2008/3 新書館)
烏城あきら  放水開始!~許可証をください!6~ (2009/11 二見書房) 
うえだ真由  ロマンスの黙秘権(1)~(3) (2007/6 2007/8 2007/10 新書館)
樹生かなめ  龍&Dr.シリーズ 全11巻 (2005/2?2009/10 講談社)

◇コミック◇

日高ショーコ  憂鬱な朝(1) (2009/5 徳間書店)
新田祐克  春を抱いていた(14) (2009/11 リブレ)
木下けい子  幾千の夜 第一夜 (2009/11 大洋図書)
安曇もか  砂上を征く花 (2009/8 日本文芸社)
国枝彩花  耳たぶの理由 (2009/3 竹書房)
定広美香  アンダーグラウンドホテル(上)(下) (2009/5 秋水社)
志水ゆき  是(1)~(8) (2004/12?2009/7 新書館) 
志水ゆき  LOVE MODE(1)~(3) (2009/10?2009/12 新書館)
高永ひなこ  恋する暴君(1)~(5) (2005/2?2009/6 海王社)
今市子  幻月楼奇譚(1)(2) (2004/10 2007/10 徳間書店)
水城せとな  窮鼠はチーズの夢を見る、 俎上の鯉は二度跳ねる (2009/5 小学館)
嶋二  猫の恋 (2009/11 東京漫画社)
夏目イサク  タイトロープ (2009/1 新書館)
山本小鉄子  ほんと野獣(1)(2) (2008/7 2009/2 海王社)
山本小鉄子  あの日のきみを抱きしめたなら(1)(2) (2008/7 2009/6 幻冬舎) 

まだあるけど、挙げきれないのでこのへんで・・・。来年も素敵なBLに一杯出会えますように! 

関連記事

2009/12/31 22:11 | いろいろランキングCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

きら星ダイヤル (夏目イサク)

きら星ダイヤル (ビーボーイコミックス)きら星ダイヤル (ビーボーイコミックス)
(2009/12/10)
夏目 イサク

商品詳細を見る


夏目イサクさん、リブレからは初コミックスです。医者受の年下攻ラブ。好みのカップリングでした。

★★★★☆

【あらすじ】
都会の病院から田舎の診療所へと赴任してきた医師の鳥羽は、第一印象サイアクの無愛想なボンボン・和弘の屋敷に居候することに。そっけない態度をとるかと思えば、いきなり襲ってくる(!)和弘に翻弄される鳥羽だったけれど、和弘の人間不信の原因を知って・・・? 不器用同志のメディカルラブ♡ 10P↑描き下ろしアリ☆


続きを読む »

関連記事

2009/12/30 09:00 | 夏目イサクCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

危険なプリンス ~連理の契り~ (橘かおる)

危険なプリンス~連理の契り~ (プラチナ文庫)危険なプリンス~連理の契り~ (プラチナ文庫)
(2009/11/10)
橘かおる

商品詳細を見る


橘かおるさんの「プリンス」シリーズ第三作目。いつも危険を惹き寄せ、事件に巻き込まれる真澄・・・新たなキャラも登場して、物語は佳境に入ってきました。

小説 ★★★★☆  挿絵 ★★★★☆

【あらすじ】
灼熱の砂漠から生還し、恋人であるサウディンの第二王位継承者・仁の元に帰った真澄。愛しい温もりに浸ったのもつかの間、攫われそうになり、カシムと名乗る男に助けられた。それを知り、鎖で繋いででも危険から遠ざけたいとかき口説く仁に、真澄は心配をかけまいとする。だが、危機感を煽るようなカシムの言動に不審を抱き、反政府組織の活動に悩まされる仁のためにも、真意を確かめようとした。そこでカシムの驚くべき正体を知り・・・!? 共に歩むことを誓う、書き下ろし番外編付!


続きを読む »

関連記事

2009/12/29 18:43 | その他のタ行の作家COMMENT(2)TRACKBACK(0)  TOP

Beautiful Life (名倉和希)

名倉和希さんの同人誌「Beautiful Life」。2009年10月発行なので、Jガーデンの新刊ですね。

★★★★☆

内容は、名倉さんの2009年刊行の商業誌の番外編集になってます。収録作品は以下のとおり。

Beautiful Life  「徒花は炎の如く」リンクスロマンス 番外編
加賀のひとりごと  「徒花は炎の如く」リンクスロマンス 番外編

「Beautiful Life」は欣二と夏樹の同棲半年後。欣二の遥か昔の女が夏樹の管理するホストクラブに現れます。怒った夏樹があてつけに風俗に行こうとし、慌てて欣二が阻止するという痴話喧嘩話です。間に15年前、夏樹を手に入れ、欣二が全ての女を切った頃のエピソードもはさまれています。15年前から夏樹一筋の欣二・・・益々カカア天下になっていく夏樹。相変わらず甘~いバカップルでした。

「加賀のひとりごと」は、加賀視点。加賀は、欣二が3歳のときからずっと欣二の世話係及び側近として仕えてきました。幼少の頃から欣二を見守ってきた加賀ならではの、感慨や想いが描かれています。欣二の夏樹への気持ちを誰よりも知っていて、同時にその関係に複雑な想いを抱いている加賀。この人も良い人ですね。ヤクザものとは思えぬ長閑な短編でした。

これから二人  「恋と告げるまで」 ダリア文庫 番外編

弟・由耶編の「期間限定の恋人」は既読ですが、兄・政之編の「恋と告げるまで」は未読です。発売のとき迷ったんですが・・・「期間限定の恋人」のカップリングが好みでなく、あまりピンとこなかったんで、兄編はスルーしちゃったんですね。でも、この番外編を読む限りでは、弟編よりは好みのカップルだと思いました。
内容は、本編のその後。父から縁談を薦められた政之が、勘当も覚悟で父にカミングアウトします。さて、その結果は・・・。父より難敵だと思っていた政之の母は、実は透の大ファンだったのです。憧れの透が「嫁」になってくれると大喜び。母が父を説得してなんとかなりそうな雰囲気。そして、二人は晴れて同居へ・・・というハッピーな番外編になっていました。
本編未読で読んでも面白かったです。透が男らしいのに可愛い受なのも良かった。機会があれば本編も読んでもいいなと思いました。

札幌発、  「はじまりは窓でした。」 ディアプラス文庫 番外編

本編では脇役で登場した黒田が主人公です。窓ふき選手権の全国大会で札幌を訪れた黒田。同じ大会に出場する白柳や、その恋人の吉国も同行しています。そこで、偶然観光に訪れていた、白柳の昔のセフレ・西藤とばったり会ってしまいます。まだ白柳に未練がある西藤には、吉国の存在は隠しておきたい白柳に頼まれて、黒田は白柳の恋人のふりをするのですが・・・。黒田の懐の深い、人の良いところがいいですね。味のあるキャラだと思います。
結局、西藤に同情した黒田がヤケ酒に付き合い、その結果西藤と間違いが起こってしまいます。哀れ黒田。白柳をフッ切って黒田にターゲットを変えた西藤に捕まってしまいそうです。東京に戻った後の2人の話が読みたいな(笑)

どの番外編も面白かった。本編がそこそこお気に入りなら読んで損がない番外編集だと思いました。

関連記事

2009/12/28 17:00 | その他のナ行の作家COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

魅惑のプリンス ~比翼の未来~ (橘かおる)

魅惑のプリンス―比翼の未来 (プラチナ文庫)魅惑のプリンス―比翼の未来 (プラチナ文庫)
(2009/10/09)
橘 かおる

商品詳細を見る


橘かおるさんの「プリンス」シリーズ第二作目。舞台は日本から砂漠の国に移り、アラブものらしくなってきました。

小説 ★★★★☆  挿絵 ★★★★☆

【あらすじ】
皇太子代行に励む恋人・ジンを追い、砂漠の国に降り立った白皙の麗人・真澄。久しぶりの逢瀬に、二人は肌が熔け合うほどに互いを貪り合った。だが真澄は反政府組織に襲われ、灼熱の砂漠に放り出される。死にかけた真澄を救ったのは、白鷹と隠棲中の皇太子だった。公務に復帰して、ジンを日本に戻して・・・彼に会ったら願い出ようと思っていた。だが、真澄は彼の懊悩の訳を知り、心が揺らぐ。一方、ジンは真澄を探す為、無謀な行動に出て逮捕されてしまい・・・書き下ろし番外編付!!


続きを読む »

関連記事

2009/12/27 12:12 | その他のタ行の作家COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

 | BLOG TOP |  NEXT»»