FLESH & BLOOD (15) (松岡なつき)

FLESH & BLOOD 15 (キャラ文庫)FLESH & BLOOD 15 (キャラ文庫)
(2010/06/26)
松岡 なつき

商品詳細を見る


あの衝撃の14巻から3ヶ月・・・待望の15巻です。まずページを見開いて、最初に飛び込んできたカラー口絵にショックを受けました。うう・・・心臓に悪いよ。そして、いよいよ和哉が、この巻から本格的に物語に参入してきました・・・。

小説 ★★★★★  挿絵 ★★★★★

【あらすじ】
凍てつく冬の16世紀から、半年ずれた夏の現代へ・・・。ホーの丘から無事タイムスリップに成功した海斗。そこで海斗を出迎えたのは、なんと親友の和哉だった!! 一方、ウォルシンガムの手に落ちたジェフリーは、国家反逆罪の汚名を着せられ、厳しい拷問に晒されて!? 海斗不在の喪失感に苛まれる海賊達、そして病と闘いながらも帰還を誓う海斗の、時空を隔てた葛藤を描く、新展開の現代編!!


続きを読む »

関連記事

2010/06/30 08:05 | 松岡なつき:F&BCOMMENT(5)TRACKBACK(0)  TOP

高雄川床と京舞妓の旅

3日遅れになりますが、26日土曜日、京都にお出かけしてきました。京都はいつもは年1回くらいなのに、今年はこれでもう3回目。あと1回は行く予定だし、今年は京都の当たり年かな。
今回は、JTBの「高雄川床で京舞妓と見るホタルの舞」という日帰りツアーを利用しました。
川床は貴船のは経験あるけど、高雄は初めてです。京都には舞妓さんに変身できるスタジオは結構ありますが、本物の舞妓さんと接する機会はなかなかありません。

貴重な体験ができました。興味のある方は続きをどうぞ。


続きを読む »

関連記事

2010/06/29 07:40 | おでかけ日記COMMENT(3)TRACKBACK(0)  TOP

Chara(キャラ) 2010年8月号

Chara (キャラ) 2010年 08月号 [雑誌]Chara (キャラ) 2010年 08月号 [雑誌]
(2010/06/22)
不明

商品詳細を見る


「Charaレーベル創刊15周年記念フェア」だそうです。
今年のバースディフェアはいつも以上にリキが入ってますね。
フェアの一環「特製豪華小冊子」の応募用紙目当てでの購入でしたが、なかなか充実してました。

★★★★☆


続きを読む »

関連記事

2010/06/28 09:20 | アンソロジー・雑誌COMMENT(7)TRACKBACK(0)  TOP

極上眼鏡男子 

BL本の購入は、ネット書店が中心です。目的物がはっきりしてる場合を除いて、リアル書店にはあまり近づかない。予定外の買物してしまう危険地帯だから。なのに他の用事で立ち寄った某大手書店で、罠に嵌ってしまいました。その原因は、すべてこの表紙のせい ↓ あまりにも素敵なので、今日は特別に特大画像で。


極上眼鏡男子 (花音コミックス)極上眼鏡男子 (花音コミックス)
(2010/02/27)
日高 ショーコ

商品詳細を見る


うっ・・・美しい。「嵐のあと」の榊×岡田。しかも、本編では見れなかった眼鏡の岡田が・・・!
このアンソロジー、発売後4カ月もたってます。私はアンソロジーは殆どノーチェックなので知らなかった。
二人の流し眼に悩殺されて、衝動買い。日高さんの絵は、ホントに魔性だわ・・・。

★★★★☆

気にいった作品だけ、軽く感想をあげてます。興味のある方は続きをご覧ください。


続きを読む »

関連記事

2010/06/27 10:40 | アンソロジー・雑誌COMMENT(2)TRACKBACK(0)  TOP

匣男 (剛しいら)

匣男 (プラチナ文庫)匣男 (プラチナ文庫)
(2010/03/10)
剛 しいら

商品詳細を見る


閉所を偏愛する広場恐怖症の青年のお話です。
JUNEっぽいテーマだけど、ちゃんとBL仕様になってました。

小説 ★★★★☆  挿絵 ★★★☆☆

【あらすじ】
狭いところに入りたい・・・。旧財閥の跡取りで船舶会社副社長の風宮はおかしな性癖がある。秘書となった幼なじみの祐一朗は、その唯一の理解者で支配者であった。家族に委縮し、仕事の重圧で心が壊れかけていた風宮は、デスクの下で祐一朗の足下に蹲り安寧を得る。薄闇に包まれた狭い空間は、安らぎと同時に恍惚感をもたらした。まるで祐一朗の執着に閉じ込められたようで・・・。


続きを読む »

関連記事

2010/06/26 09:00 | 剛しいらCOMMENT(3)TRACKBACK(0)  TOP

 | BLOG TOP |  NEXT»»