beast & feast (亜樹良のりかず)

beast & feast (ショコラコミックス)beast & feast (ショコラコミックス)
(2010/08/28)
亜樹良 のりかず

商品詳細を見る


亜樹良さんのコミックスは久しぶりです。ストーリーはテンプレだけど、エロは美味しかったです!

★★★★☆

【あらすじ】
刑事である菱沼和葉は殺人事件の捜査中、極道となった兵藤一樹と再会した。中学時代、水と油のような関係にも関わらず和葉に懐いていた兵藤は、和葉の体と引き換えならば、今回の事件に関する重要な情報を渡してやると交換条件を持ちかけてきた。飲めるはずもない要求に断ろうとする和葉だったが、獣をむき出しにした兵藤に追い込まれ―。二人の男が織り成す、極上のワイルド・ビースト・ラブ!


続きを読む »

関連記事

2010/09/30 07:55 | その他のア行の漫画家COMMENT(6)TRACKBACK(0)  TOP

恋愛革命 (海賀卓子)

恋愛革命 (ショコラノベルス)恋愛革命 (ショコラノベルス)
(2010/08/10)
海賀 卓子

商品詳細を見る


海賀さんは初読みです。10年ぶりのノベルズだそうです。ネットの評判で手にとったのですが、好みでした。
また商業誌活動を再開されるなら、今後はチェックする作家さんになりそうです。

小説 ★★★★☆  挿絵 ★★★★☆

【あらすじ】
池畑虎之介は顔を出そうと駆けつけた飲み会で意外な人物に会う。昼間バイト先で彼女と別れ話をしていた男だった。彼、坂口瑞希は幹事である結の兄で虎之介を待つ間に呼ばれたらしい。完全に酔い潰れた瑞希に散々な目に遭わされた虎之介は、二度と会うことはないと思っていた。だが数日後、彼は姿を現しバイトを 持ちかけてきた。携帯を預かるだけで一日二千円。苦学生の虎之介は断り切れず引き受けるが…。


続きを読む »

関連記事

2010/09/29 08:05 | その他のア行の作家COMMENT(2)TRACKBACK(0)  TOP

BLCD 『FLESH & BLOOD (2)』 (松岡なつき)

友人から借りました。1巻目は別の友人のところへ貸出中だったので、2巻目を先に。
全サCDはあるけど、本編では、これがフレブラCDデビューになります。


FLESH  BLOOD (2)


本編の感想はこちら → 「FLESH & BLOOD (2)

【主なキャスト】
海斗 : 福山潤
ジェフリー : 諏訪部順一
ナイジェル : 小西克幸
ビセンテ : 大川透
レオ : 宮田幸季

感想は畳みます。


続きを読む »

関連記事

2010/09/28 07:45 | 松岡なつき:F&BCOMMENT(1)TRACKBACK(0)  TOP

花は咲くか 2 (日高ショーコ)

花は咲くか 2 (バーズコミックス ルチルコレクション)花は咲くか 2 (バーズコミックス ルチルコレクション)
(2010/09/24)
日高 ショーコ

商品詳細を見る


花は咲くか 1」の続編です。ラブはゆ~っくり育っていってます。
でも、いい男達が仲良く生活してる話って大好き。

★★★★☆

【あらすじ】
広告代理店絹の桜井は、無愛想な美大生・蓉一と出会い、彼が下宿を営むその古くて広い家をたびたび訪れるようになる。そっけなく無愛想に接してくる蓉一を苦手に思いながらも、次第に惹かれていく自分に戸惑う桜井。ある日、蓉一は桜井の自宅に行きたいと言い出した。彼の自分に対する変化に桜井は・・・!?


続きを読む »

関連記事

2010/09/27 08:05 | 日高ショーコCOMMENT(2)TRACKBACK(0)  TOP

秋のリンクスフェア2010 書き下ろし小冊子  

24日から始まった幻冬舎の「秋のリンクスフェア2010
ちょうどその日は、日高ショーコさんの「花は咲くか2」の発売日。
ついでに、フェア対象本を1冊買って小冊子を1種類もらってきました。

★★★☆☆


秋のリンクスフェア2010


今回の小冊子のラインナップは以下のとおり。6種類あります。 

1.  「Corsage」咲乃ユウヤ & 「真音」谷崎泉
2.  「Limit」桃井ジョン & 「蒼穹の剣士と漆黒の騎士」 夜光花
3.  「さよならチキン」梅松町江 & 「連理の緤」妃川螢
4.  「鋼鉄のベイビー・リーフ」スナエハタ & 「ストーカーはじめました。」バーバラ片桐
5.  「リンクー僕と君のあいだー」片瀬わか & 「手をつないで、ずっと」真先ゆみ
6.  「いとしい悪魔」斑目ヒロ & 「神の孵る日」深月ハルカ


徳間書店のは、バースデーフェアに限らず、既刊本フェアの店頭配布小冊子、かなりいいんですよね。
でも、幻冬舎のは、それなり(笑)なんで、今回も絶対欲しい!ってほどじゃなかったんですが。
フェア用に温存してた夜光花さんの「蒼穹の剣士と漆黒の騎士」が対象だったので、じゃあこの機会に・・・と。

もらったのは、小冊子1の「真音」の番外編が入ってるもの。
2段組の小説が4ページと漫画4ページ。
お目当てだった「真音」の番外編の内容と感想だけ簡単に。本編の感想はこちら。 → 「真音1」「真音2」「真音3

「甘い思惑」
「甘い思惑」が誰の思惑かって、当然、富樫の思惑です。
富樫は、進藤と甘~いクリスマスを過ごすつもりでした。
富樫は、意外とイベント男。ところが! 進藤はイブもクリスマスも、さめの店が忙しく、富樫の相手をしてる暇などありません。そこで、また富樫が拗ねる拗ねる(笑)
そして、次に富樫が考える「甘い思惑」は・・・。
槙原の心痛は絶えません。確かに組長としてそれは不味いよね。
進藤もでてきますが、エロはありません(笑) 
でも、富樫の子供っぽさと進藤へのベタ惚れぶりが良かったです。

小説と漫画の組合せが微妙。こういうフェア小冊子で、好き作品同士の組合せはまずないけれど。
個人的には、「いとしい悪魔」との組み合わせだったら、最高だった(笑)
感想としては、買いたいものがないなら、小冊子のために無理に買うほどでもない・・・という感じ。
どうしても小冊子を手に入れたい場合は、コミックスの方がノベルズより価格が安い分、犠牲が少ないかな(笑)
いずれ買おうと思う本が、たまたま対象本にある場合は、おまけのついてる時に買った方がお得ですね。
また、応募者全員サービスの全サ小冊子の企画もあるみたいです。
テーマは「コスプレ」。私は今回はスルーします。

「早く買うと損」みたいな気持ちにさせられる、既刊本フェア。
新刊本で小冊子くれるなら、もっと気持ちよく買えるのだけど。
でも、BLは初動を過ぎると売れにくいし、中古本を買う人も増えるので、これも出版社の自衛策なんでしょう。
とりあえず、今回は「読みたくない本をフェアのために無理に買った」わけではないので、敗北感を感じずにすんだのが良かったです(笑)

関連記事

2010/09/26 09:05 | 販促用店頭配布品COMMENT(2)TRACKBACK(0)  TOP

 | BLOG TOP |  NEXT»»