FLESH & BLOOD (16) (松岡なつき)

FLESH & BLOOD 16 (キャラ文庫)FLESH & BLOOD 16 (キャラ文庫)
(2010/10/27)
松岡なつき

商品詳細を見る


いよいよジェフリーの未来を調べるために動きだした海斗。和哉の海斗への激しい執着・・・現代編での海斗と和哉の動きにも目が離せなくなってきました。しかも・・・今回ナイジェルのルーツが明らかに・・・。松岡さんの想像力に脱帽です。
今回は、いつも以上にネタバレ全開ですので、未読の方はご注意ください。

小説 ★★★★★  挿絵 ★★★★★

【あらすじ】
君が僕の傍にいてくれるなら僕は何でもする。どんなこともできる。
あちらの世界で世話になった、ジェフリーの生涯が知りたい――。結核治療を続けながら、過去の記憶を調べる海斗。その必至な様子に、和哉は疑念を募らせる。もう会えない人なのに、その想いは単なる恩義か身分を越えた友情か、それとも…!? 問い詰めたい衝動と激しい執着を押し隠し、過保護なほど海斗の面倒を見る和哉。そんな時、ついに手掛かりを掴んだ海斗は、和哉とプリマスを訪れて!?


続きを読む »

関連記事

2010/10/31 07:45 | 松岡なつき:F&BCOMMENT(2)TRACKBACK(0)  TOP

月は執愛の闇に濡れ/愛は執淫の闇に啼き (しみず水都)

月は執愛の闇に濡れ (プラチナ文庫)月は執愛の闇に濡れ (プラチナ文庫)
(2009/06/10)
しみず水都

商品詳細を見る


愛は執淫の闇に啼き (プラチナ文庫)愛は執淫の闇に啼き (プラチナ文庫)
(2010/03/10)
しみず水都

商品詳細を見る


初読み作家さん。プラチナ文庫セレクトフェアでの購入です。アゲマ●一族もの。2冊まとめて感想をUPします。

小説 ★★★☆☆  挿絵 ★★★★☆

【あらすじ】
新月の夜に、淫らに変化する身体。その不思議な体質と特殊な力ゆえ、目立たぬように生きてきた温士。だがその日常は、かつて想いを寄せながら、手ひどい裏切りで遠ざけてしまった秀由岐と再会した瞬間に終わりを告げた。怒りも露わな彼に怯える温士は、有無を言わせぬ強引さで捕らえられ、淫らな責め苦で嬲られる! 制御の利かない自分の体が怖い――。だけど、一番怖いのは、今以上に秀由岐に憎まれること。抑えきれない恋慕と、自らを縛る運命に屈し、囚われの身になることを受け入れたが!?   (以上、月は執愛の闇に濡れ)

新月の日、発情する体。奇妙な体質を持つ一族の当主・秀士は、自分が幼い頃から従者を務める透に、淡い想いを抱いていた。だが、彼が望む道を諦め、やむなく自分に仕えていること、そして「従者」とは発情した当主の体を慰める為の存在であることを知る。透の未来を奪った上、汚れた役割を押しつけるわけにはいかない。絶望の中、透を従者の任から解放する決意をするが…。  (以上、愛は執淫の闇に啼き)


続きを読む »

関連記事

2010/10/30 07:55 | その他のサ行の作家COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

手錠 (剛しいら)

手錠 (プラチナ文庫)手錠 (プラチナ文庫)
(2010/10/08)
剛しいら

商品詳細を見る


購入を迷うテーマでしたが、小路さんの挿絵が決めてになりました。
セレクトフェアの参加作品というのも大きかった。

小説 ★★★☆☆  挿絵 ★★★☆☆

【あらすじ】
愛し合うことは許されない。ただ、繋がるだけ──  救急外科医の松浦は、突然男に攫われる。その男・祐司に連れて行かれた廃ビルの一室には、彼が忠誠を誓う兄貴分の毛利が撃たれて横たわっていた。脅されるままに処置を施した松浦だったが、解放されず、祐司と手錠で繋がれてしまう。繋がれたまま食事をし、風呂に入って眠る──やがて、常に繋がれたその異常な関係を異常と思わない、奇妙な熱がふたりの間に生まれてきて……。


続きを読む »

関連記事

2010/10/26 08:00 | 剛しいらCOMMENT(3)TRACKBACK(0)  TOP

幸せのデセール (清白ミユキ)

幸せのデセール (プラチナ文庫)幸せのデセール (プラチナ文庫)
(2010/02/10)
清白ミユキ

商品詳細を見る


初読み作家さんです。プラチナ文庫セレクトフェアの小冊子目当ての購入だったので、あまり期待してなかったのですが、キャラも話も好みで、予想外(失礼)に面白かったです。

小説 ★★★★☆  挿絵 ★★★★☆

【あらすじ】
大人だからってスマートな恋ができるわけじゃない――。
会社社長・鷺宮栄利の家に料理人として出張した隆治は、突然体の関係を持ちかけられる。セフレが複数いる男なんてごめんだと断るが、栄利はなぜか「君をもっと知りたい」と言って迫ってきた! それ以来、的はずれながらも懸命にアプローチしてくる栄利の様子に、隆治も愛しさを覚えていく。そこへ、隆治に未練のある元彼が現れ、別れたなんて認めてないと言い始めて――!? 大人気「わがまま王子」シリーズからスピンオフ作品が登場! 容姿端麗でエリートな男は……実は可愛い人だった!?


続きを読む »

関連記事

2010/10/25 07:55 | その他のサ行の作家COMMENT(2)TRACKBACK(0)  TOP

バロックの裔 ~無垢なまなざし~ (和泉桂)

バロックの裔―無垢なまなざし (リンクスロマンス)バロックの裔―無垢なまなざし (リンクスロマンス)
(2010/08)
和泉 桂

商品詳細を見る


和泉桂さんの新シリーズ第一弾。時代物ファンタジー・・・かな? 
和泉さんの時代ものはどれも素敵なので、期待がもてますね。挿絵もとても良かった♪

小説 ★★★★☆  挿絵 ★★★★★

【あらすじ】
華やかな都とは対照的に、悪党たちが暮らす砦『バロック』。そこでスリの修業をした少年・三春は、都で初仕事の獲物だった青年・良成と再会する。華族の良成は優しく理知的で、三春の罪を責めずに親切に接してきた。生きる世界が違うと知りながら、良成に少しずつ惹かれる三春は、子爵家の跡継ぎの座を巡る陰謀に巻き込まれた良成を守るために、バロックの仲間の手を借りるが―。一途な純愛ゆえに罪を犯す、ピカレスクロマン登場。


続きを読む »

関連記事

2010/10/23 08:20 | その他のア行の作家COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

 | BLOG TOP |  NEXT»»