オトコ拾いました。 (CJ Michalski)

オトコ拾いました。 (バンブー・コミックス 麗人セレクション)オトコ拾いました。 (バンブー・コミックス 麗人セレクション)
(2009/12/17)
CJ Michalski

商品詳細を見る


CJさん、コミックスはこれが初読みです。ちよこさんのブログの記事で、この表紙に一目惚れでした!

★★★★☆

【あらすじ】
そのすがるような”犬の目”を見捨てるなんて出来なかった…。
夜の世界を生きる艶男から、硬派の道を追求する侠漢まで…めくるめく恋と青春のワンダーランドにアナタをいざなうCJパワー炸裂の最新コミックス登場!!にぎやか描き下ろしも必見!!


続きを読む »

関連記事

テーマ : ボーイズラブ - ジャンル : 本・雑誌

2011/03/31 10:10 | その他のサ行の漫画家COMMENT(2)TRACKBACK(0)  TOP

堕つればもろとも (宮緒葵)

堕つればもろとも (プラチナ文庫)堕つればもろとも (プラチナ文庫)
(2011/01/11)
宮緒 葵

商品詳細を見る


これがデビュー作の新人さんです。評判通り、ユニークな攻でした。犬度95%かな(笑)

小説 ★★★★☆  挿絵 ★★★☆☆

【あらすじ】
神の娘の証である黄金の髪を持つ珠玲は、男でありながら天姫として崇められていた。だが、祖国を救い成り上がった将軍・朔に嫁ぐことになる。すげなくしても一途な犬のように縋る眼差しで服従を誓うくせに、褥では餓えた獣のように珠玲を貪る朔。憎しみを募らせた珠玲は、敵国の間諜に騙され、毒を盛ってしまう。死に瀕してもなお珠玲に執着する朔は、心中を強いてきて…。プラチナ文庫小説大賞編集長特別賞受賞。


続きを読む »

関連記事

テーマ : ボーイズラブ - ジャンル : 本・雑誌

2011/03/29 08:10 | 宮緒葵COMMENT(1)TRACKBACK(0)  TOP

Go for it !! (楢崎壮太)

Go for it!! (キャラコミックス)Go for it!! (キャラコミックス)
(2010/09/25)
楢崎 壮太

商品詳細を見る


楢崎さん2冊目。プロスポーツ選手同士というカップリングがとても気になってた作品です。

★★★★☆

【あらすじ】
バスケット界の人気イケメン選手・余目泰斗は、TV番組で 知り合った若手実力派ボクサー・伊勢谷桂史と出会い頭に大ゲンカ。ところが伊勢谷の試合を観戦した泰斗は、その真摯な姿に高揚して思わずキスしてしまう! 「伊勢谷さんにかっこいいとこ見せたい」――衝動のままに、今度は自 分の試合に伊勢谷を誘った泰斗は…!? 好きだからこそ、負けられない――水と油なバスケットマン×ボクサーのクラッシュLOVEゲーム! 表題作ほか、伊勢谷視点で物語を描いた読み切り同時収録!


続きを読む »

関連記事

テーマ : ボーイズラブ - ジャンル : 本・雑誌

2011/03/28 08:00 | その他のナ行の漫画家COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

その目で語れ (楢崎壮太)

その目で語れ (ビーボーイコミックス)その目で語れ (ビーボーイコミックス)
(2007/07/10)
楢崎 壮太

商品詳細を見る


以前から、絵がわりと好みそう・・・と思いつつ、楢崎さんはこれが初読みです。
とりあえず、読みやすそうだったこの作品から・・・。

★★★☆☆

【あらすじ】
同級生・土田を想っての決定的な現場を後輩・森野に見られた三条は、秘密を守る見返りに奉仕を要求される日々。土田への思いは本物だけど、森野の視線も無視できない…。そこに肝心の土田から爆弾発言!! 三条の恋の行方は!? 描き下ろしも収録。

続きを読む »

関連記事

テーマ : ボーイズラブ - ジャンル : 本・雑誌

2011/03/27 08:20 | その他のナ行の漫画家COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

BL48手 boy's love 48 (秀香穂里) 

BL48手 boy\'s Love 48BL48手 boy\'s Love 48
(2011/02/28)
不明

商品詳細を見る


日本古来(?)の性交体位48手をテーマにしたBL版アンソロジーです。
お値段は少々高いですが、その価値はありました♪

★★★★★

【内容】
カバーイラストは黒娜さかき。豪華作家48人が織り成す極上のBLカップリング&体位イラストと、秀香穂里がすべて描き下ろしたショートストーリー。おなじみアクロバティックなものまで、わかりやすい体位解説も付いてます!


続きを読む »

関連記事

テーマ : ボーイズラブ - ジャンル : 本・雑誌

2011/03/25 07:40 | その他のサ行の作家COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

 | BLOG TOP |  NEXT»»