他人じゃないけれど (樋口美沙緒)

他人じゃないけれど (キャラ文庫)他人じゃないけれど (キャラ文庫)
(2011/04/27)
樋口美沙緒

商品詳細を見る


可愛くて切ない、家庭内恋愛ものでした。穂波さんの挿絵もベストマッチ♪

小説 ★★★★☆  挿絵 ★★★★★

【あらすじ】
家だった父を亡くし、父の後輩の久代に引き取られた篤史。少しでも久代さんの役に立ちたい―。仄かな思慕を秘めて家事をこなす篤史に、一人息子の忍は意地悪。五歳年上の義兄は、超モテるのに、なぜか誰とも長続きしない端正な男前。篤史を「もらわれっ子」と揶揄いながら、その眼差しは時折熱っぽい。忍は俺が嫌いなの…?密かな不安を抱える篤史は、ある日久代への恋を忍に知られて―。
 

続きを読む »

関連記事

テーマ : ボーイズラブ - ジャンル : 本・雑誌

2011/05/29 08:00 | 樋口美沙緒COMMENT(2)TRACKBACK(0)  TOP

「サンダー&ライトニング」 シリーズ 全5巻 (松岡なつき)

サンダー&ライトニング (ディアプラス文庫)サンダー&ライトニング (ディアプラス文庫)
(1998/12)
松岡 なつき

商品詳細を見る


「サンダー&ライトニング」シリーズ、やっと読み終わりました・・・。
しかし、これはBLでなく、ラノベのレーベルでだすべきではないだろうか(笑)

小説 ★★★☆☆  挿絵 ★★★☆☆

【あらすじ】
人類が地球から離れ、惑星に移民するようになる近未来が舞台。強大な富と権力を握るタイラ一族の総帥・ナルオミは、非合法の殺人娯楽ゲーム「ザ・ゲーム」の主宰者でした。そして、コウはナルオミの愛人であり、「ザ・ゲーム」の競技者でした。『殺人人形』と呼ばれるコウは、「ザ・ゲーム」の会場で、タイガに出会います。タイガは、「ザ・ゲーム」を告発するために、競技者のふりをして潜入した捜査官でした。コウは、タイガに協力し、その結果、ナルオミは逮捕されます。けれども、コウの家族は、まだタイラ一族の手の中にいたのです。
ナルオミの一人娘・ハヅキは、父親を裏切ったコウに復讐するために、自分の手の中にある、コウの妹・マナを利用します。「ザ・ゲーム」を再び開催し、マナを競技者として送りこみ、コウを殺させようと企むのです。
コウは、マナを救うため、ハヅキの罠と知りつつ、タイガと共に「ザ・ゲーム」に飛びこんでいくのですが・・・。


続きを読む »

関連記事

テーマ : ボーイズラブ - ジャンル : 本・雑誌

2011/05/27 08:00 | 松岡なつき:F&B以外COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

最凶の恋人 ~地上の楽園~ (水壬楓子)

最凶の恋人―地上の楽園 (ビーボーイスラッシュノベルズ)最凶の恋人―地上の楽園 (ビーボーイスラッシュノベルズ)
(2011/04)
水壬 楓子

商品詳細を見る


最凶の恋人 ~ルームメイト~」に続く「最凶」シリーズ第2作目。
ますますリアル書店で買いにくい表紙になってきましたね。口絵も肌色率高かった。

小説 ★★★☆☆  挿絵 ★★★☆☆

【あらすじ】
「素直にないてみろよ、遙」傲慢にして最凶の男・千住組組長の柾鷹と再会して三年。柾鷹を想いながらも、柾鷹に支配され、蕩けるほどの快楽を与えられるばかりの日々から逃れるため、アメリカ留学を決行した遙。が、すぐに探し当てられてしまった遙は柾鷹の部下に目隠しをされ、電話越しに響く淫らな柾鷹の声と、身を貫く逞しいモノに羞恥も忘れて喘がされてしまい―!?超人気シリーズ、新作書き下ろしストーリーを加えて登場。


続きを読む »

関連記事

テーマ : ボーイズラブ - ジャンル : 本・雑誌

2011/05/26 08:40 | 水壬楓子COMMENT(5)TRACKBACK(0)  TOP

キスマーク ~『移り香』番外編同人誌~ (可南さらさ)

移り香 』の番外編同人誌です。2008年の冬コミ新刊です。
なんと、本編の単行本化より2年半前に、お先に番外編がでてるわけですね。
2009年には本編を単行本で纏めて発売する予定だったようですが、どうやら延びたようです。
「いつかは、きっと本編が刊行される!」と信じて、同人誌をフライング買いした私。
延期はBL業界ではよくあることとはいえ、無事に発売されて良かったです。
未読のまま箱に入れていた「キスマーク」がようやく日の目をみました(笑)

★★★★★

キスマーク   同人誌の表紙も陵クミコさんです♪


簡単に感想をあげてます。興味のある方は、続きをどうぞ♪


続きを読む »

関連記事

テーマ : ボーイズラブ - ジャンル : 本・雑誌

2011/05/24 08:30 | 可南さらさCOMMENT(1)TRACKBACK(0)  TOP

テルペノイド (岡田屋鉄蔵)

テルペノイド (ビーボーイコミックス)テルペノイド (ビーボーイコミックス)
(2011/05/10)
岡田屋 鉄蔵

商品詳細を見る


子供を囲んだファミリーものですが、登場人物の背負ってる人生の重さに、独特の味がありました。

★★★★☆

【あらすじ】
高橋は隣家に住むガテンのシゲに片思い中。好きになったきっかけは甥っ子のハル。育児放棄されたトラウマから口がきけない状態だったが、そんな彼を救ったのが温かなシゲの存在だった。『俺の兄貴にもなって欲しい…』告ることも出来ず思いは募るばかり。 ところがセフレと車内でキスしているところをなんとシゲに見られてしまい!?


続きを読む »

関連記事

テーマ : ボーイズラブ - ジャンル : 本・雑誌

2011/05/23 09:10 | その他のア行の漫画家COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

 | BLOG TOP |  NEXT»»