鬼畜 (吉田珠姫)

鬼畜 (二見書房 シャレード文庫)鬼畜 (二見書房 シャレード文庫)
(2012/01/24)
吉田 珠姫

商品詳細を見る


購入を迷ってましたが、怖いもの見たさの誘惑に勝てずついに読んでしまいました、話題沸騰の禁断の書(笑)
吉田さん自身が、ご自身のサイトで「 お心の清らかなお嬢様は、けっして買わないでくださぁぁ~~いっ! 」と注意喚起されています。どこの出版社に持ち込んでも、断られたといういわくつきの作品だそうです。

で・・・感想ですが、人によっては地雷のオンパレードかと思います。私はOKでしたが、読み手を選びます。
感想はネタバレを含みますので、これから読むと決めておられる方はご注意ください。

小説 ★★★★☆  挿絵 ★★★☆☆

【あらすじ】
家の中に悪魔がいる―。大学生の風間文人は育ての祖父母の死をきっかけに実家へ戻ることに。二つ年下の弟・達也は文人を歓迎するが、その異常なほどのはしゃぎように薄ら寒いものを覚える。成績優秀で見た目もよく、友だちも多いという達也。しかし文人への執着を露わにした達也は家という密室の中、逃げるすべを失った文人を風呂場でやすやすと犯す。実の弟に犯された屈辱に打ちひしがれる文人。しかし兄を精神的支配下に置いた達也の行為はエスカレートし…。


続きを読む »

関連記事

テーマ : ボーイズラブ - ジャンル : 本・雑誌

2012/01/30 08:30 | 吉田珠姫COMMENT(3)TRACKBACK(0)  TOP

朝南かつみさん挿絵の所有本&既読本

1月22日の記事で、朝南かつみさん挿絵の新規購入本7冊のうち、6冊のイラストを取り上げました。
今日は、訃報以前から所有してた本のイラストについて少し触れておきたいと思います。

今は廃刊になりましたが、アルルノベルズから、バーバラ片桐さんの「軍服」シリーズが3冊でています。
いずれも、受は日本軍人。抵抗しながらも軍服を乱して堕ちていく美人将校の風情が眼福ものでございます。
お話もわりと好きでしたが、朝南さんが描く美しい軍服姿が、このシリーズの価値を何倍にも増してました。

軍服の劣情に堕ちて (アルルノベルス)
艶縛―軍靴の蹂躙 (ARLES NOVELS)
囚われた極東の華 (アルルノベルス)

朝南かつみ挿絵本-5   朝南かつみ挿絵本-6   朝南かつみ挿絵本-7

朝南さんの描く、ストイックなツンデレ将校の色っぽい軍服姿を見たい方にはおすすめです♪


忘れないでいてくれ (リンクスロマンス)
描くのは愛 (ショコラノベルス・ハイパー)
積木の恋 (プラチナ文庫)
つる草の封淫 (プラチナ文庫)

朝南かつみ挿絵本-8   朝南かつみ挿絵本-9

「忘れないでいてくれ」(夜光花)と「描くのは愛」(剛しいら)の表紙絵は、朝南さんのマイベスト3に入ります。
小説も素敵でした。良作に挿絵がさらに華を添えるという、理想的なタッグだったと思います。
「描くのは愛」は、写真は帯をはずしてますが、帯のコピーの過激さでも話題になりました。
やらせろ。」・・・表紙の肌色率の高さとこのコピー。リアル書店では実に買いにくい本でもありました(笑)

「つる草の封淫」(沙野風結子)と「積木の恋」(凪良ゆう)は、どちらも大好きな作家さんにも関わらず、読むタイミングを逸して、積読になっています。今となっては、なおさらもったいなくてすぐに読めなくなりました。
「つる草の封淫」は続編の予定があるらしいですが、続編のレーターさんは朝南さんではないんですよね(涙)
挿絵はもちろん絶品ですが、それだけに朝南さんの後任のレーターさんの選考は難しいだろうなと思います。
「積木の恋」のイラストは、いつもの華やかさと透明感はそのままに、しっとりとした雰囲気が素晴らしい。


くるおしく君を想う (ガッシュ文庫)
よくある話。 (リンクスロマンス)

朝南かつみ挿絵本-10   朝南かつみ挿絵本-11

「くるおしく、君を想う」(沙野風結子)は新装版です。旧装版も既読でしたが、今振り返ると、朝南さんの挿絵を初めてみたのがこの旧装版でした。当時、「絵が綺麗な新人絵師さんだな~」と感心した記憶があります。
新装版では表紙だけが描き下ろし。旧装版の表紙と口絵は、新装版の口絵に再録されていました。
表紙絵については、この新装版の方が大人っぽい雰囲気で好きです。

「よくある話」(中原一也)は、新規購入本の7冊中の1冊ですが、1月22日の記事の当時は届いてなくて取り上げてなかったので、今回写真をUPしました。話の中では、受はくたびれた中年らしいですが、朝南さんマジックで美中年にしか見えません。


既読本でドナドナしてしまった本が、調べたら7冊ありました。

天女の眠る庭 (リンクスロマンス)
花蝕の淫―狂おしく夜は満ちて (ローズキーノベルズ)
闇の底で千の祈りを捧げ (ローズキーノベルズ)
俺と奴の対峙する関係 (プリズム文庫)
この世の楽園 (ガッシュ文庫)
侠爛の契り (ショコラノベルス・ハイパー)
くるおしく、きみを想う (アイノベルズ)

「くるおしく、きみを想う」は旧装版です。新装版を買ったので処分しました。それ以外のドナドナしたのも、言わずもがなですが挿絵はとても素晴らしく、後ろ髪惹かれる思いで処分したものでした。

というわけで、現在のところ所有してるのは合計15冊ということになりました。
自分の覚書であげた記事ですが、朝南本の購入をこれから考えてる方はご参考までに♪

関連記事

テーマ : ボーイズラブ - ジャンル : 本・雑誌

2012/01/29 09:35 | 腐雑記COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

コミコミスタジオ「このBLが萌え~!!」アンケート始まりました

BL専門書店コミコミスタジオ主催「2011年版 このBLが萌え~!!」アンケートが始まりました。
今回が3回目。私は、前回と前々回、参加しています。

2009年度版の記事はこちら  →  「このBLが萌~!!」 2009年BLランキング
2010年度版の記事はこちら  →  「このBLが萌~!!」 2010年BLランキング

アンケート結果とコミコミスタジオの年間売り上げをポイント加算して2011年ナンバー1BL作品を決定するという趣旨のランキングです。「このBLがやばい!」とは異なる結果がでるので、比較して楽しむのも一興です。

このBLがやばい! 2012年腐女子版」では、2011年末に本がでるため、2010年10月から2011年9月に発売されたものが対象でした。コミコミスタジオの場合は、2011年1月~12月発売の本が対象です。

アンケート受付期間 : 2012年1月27日(金)~2012年2月20日(月)
対象作品 : 2011年1月~12月に発売のBL作品
概要 : [コミック][ノベルス][文庫]それぞれのジャンルで3位まで選択。[ドラマCD]は1位のみ選択。


【アンケートにおける主な注意点】
・対象商品は発売日が2011年内のものとする。※新装版・文庫版含む(2011年発行のもの)
・○○第1巻、2巻というような、続刊ものについては年内に複数冊発売の場合、1つの作品として集計。
・シリーズ作品において、連続性の高い作品については一作品として集計。
※反対にシリーズであっても主人公が完全に異なる場合やスピンオフなど単体作品としての属性が強いものに関しては別集計とする。
・特装版、通常版は一つのタイトルとして集計。
・漫画文庫は文庫コミックスはコミック、ハードカバーなどの書籍媒体での小説はノベルスにいれる。

アンケート協力者には粗品を進呈。(アンケート結果を小冊子にしたものと、BLバッジ)
粗品注文期間 : 2012年2月9日(木)~2012年2月29日(水)23:59まで

【粗品注文における主な注意点】
・コミコミスタジオWEB本店で『アンケートありがとう粗品』を注文する。
※アンケートサイトの一番下辺りに表記してる粗品注文の際に必要なパスワードを必ずメモしておく。
・粗品自体は無料。ただし、粗品単体注文だと送料が発生する。買い物の際一緒に注文するのがおすすめ。
・粗品の発送は3月中旬以降となるので、3月発売の予約商品と一緒に注文するのがベター。

アンケートページはこちら → 「このBLが萌え~!! in コミコミ 2011」アンケートページ

2009年度はサイトでの結果発表がありましたが、2010年はなかったように思います。
今年はどうかわかりませんが、アンケートに参加して粗品注文すれば確実に結果を知ることができます。

コミコミで買い物されるついでがある方は、ぜひ参加されてはいかがでしょうか♪ 

関連記事

テーマ : ボーイズラブ - ジャンル : 本・雑誌

2012/01/28 10:10 | いろいろランキングCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

今宵おまえと 二章 (木下けい子)

今宵おまえと 二章 (ミリオンコミックス HertZシリーズ119)今宵おまえと 二章 (ミリオンコミックス HertZシリーズ119)
(2011/12/27)
木下けい子

商品詳細を見る


1巻目ラストでの陸郎の告白に「考える」と答えた保孝。しかし、二人の間にはぎこちない雰囲気が・・・。
10年間親友だと思っていた男を恋人にできるのか?というBLではよくあるテーマを、真正面からじっくりと描いてます。大洋図書の木下さんは、やっぱりいいですね♪

★★★★☆

【あらすじ】
ずっと友達だ、おまえが俺を好きになれなくてもそれは変わらないから
十年間片想いしていた和久井保孝に、ようやく告白した陸郎だったが、親友としての時間が長すぎて、なかなか甘い雰囲気になれない。俺が陸郎のことを好きにならなかったら終わりだろう・・・
親友を失いそうで悩む保孝に気持ちなどかまわず、陸郎は積極的にアピールしてくるのだが・・・


続きを読む »

関連記事

テーマ : ボーイズラブ - ジャンル : 本・雑誌

2012/01/27 10:00 | 木下けい子COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

幾千の夜 最終夜 (木下けい子)

幾千の夜 最終夜 (ミリオンコミック CRAFTシリーズ49)幾千の夜 最終夜 (ミリオンコミック CRAFTシリーズ49)
(2011/12/27)
木下 けい子

商品詳細を見る


宙が3巻目にしてようやく幸せをつかみました。母のような気持ちで見守ってきただけに感無量です。

★★★★★

【あらすじ】
数年前、宙はこの世で一番大事な存在だった哲弥と別れることを選んだ。
守られるだけの自分から変わるために、哲弥に哲弥自身を大事にしてもらうために。
未熟な子供から大人になり、街で歩いても哲弥に似た人をつい探してしまう。
もし、もう一度てっちゃんと逢えたら・・・ そんなとき、偶然ふたりは擦れ違い!?
幾つもの夜を越えたふたりの想いは・・・ 幾千の夜 完結


続きを読む »

関連記事

テーマ : ボーイズラブ - ジャンル : 本・雑誌

2012/01/26 08:30 | 木下けい子COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

 | BLOG TOP |  NEXT»»