台北旅行記 3 ~ノスタルジック九份と花文字~

台北旅行記3回目は夜の九份観光です。九份に行くのは私は3回目になります。
台湾映画「悲情城市」のロケ地として、また宮崎駿監督のアニメ「千と千尋の神隠し」のモデルとして、とても有名な観光スポット。私も、古き良き時代の風情を残したノスタルジックな雰囲気が気に入っています。
過去2回の九份は、いずれも昼でした。でも、赤いぼんぼりの灯った夜の九份が素敵だと聞いていたので・・・。

今回は、JTB台湾のマイバスツアー『ノスタルジック九份半日観光【夕刻発】』を利用しました。
九份ツアーは色々なツアー会社からでてるけれど、このツアーを選んだ理由はふたつ。ひとつは、九份での自由散策時間が、2時間と一番長いこと。もうひとつは、お仕着せの(食べたくない)ツアー食がつかないこと。
九份への足の便が悪いからツアーを利用してるだけなので、とにかくシンプルなプランが良かったのです。

写真を何枚かUPしてます。たたみますので、興味のある方は続きをどうぞ♪


続きを読む »

関連記事

テーマ : 台湾旅行 - ジャンル : 旅行

2013/04/30 10:30 | 海外旅行記COMMENT(3)TRACKBACK(0)  TOP

ヒマなのでハジメテみます。 (左京亜也)

ヒマなのでハジメテみます。 (ディアプラス・コミックス)ヒマなのでハジメテみます。 (ディアプラス・コミックス)
(2013/03/30)
左京 亜也

商品詳細を見る


大学生二人の同居(同棲?)物語。とてもエロ可愛いお話でした。面白かった♪

★★★★☆

【あらすじ】
幼なじみで同じ大学に通う俺と希(のぞ)は、一応お付き合いしてて、同居もしてる。そう、同居。同棲、といいきれないのは、俺らはまだヤってないからだ!  のぞはいつだってサカってるけど、サカリと恋の間には、深ぁ~いギャップがあって……。左京亜也が描く、フツーの男子の、フツーくないバイバイDTダイアリー!!


続きを読む »

関連記事

テーマ : ボーイズラブ - ジャンル : 本・雑誌

2013/04/28 09:15 | その他のサ行の漫画家COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

2013年 【最も影響のあるゲイ】 ランキング

ゲイ・レズビアン向けの米情報誌「Out」が、2013年の「最も影響力のあるゲイ・レズビアン」(The Power List)50人を発表しました。アメリカの雑誌なので、選抜されてる人達もアメリカ人ばかりです。

日本の記事はこちら → 2013年「最も影響力のあるゲイ・レズビアン」ランキング発表! (tvgroove.com)
ニュースソースはこちら → The Power List 2013(OUT Maganine)

とりあえず、10位まであげておきます。11位以降のランキングは、OUT Magagineのサイトをご覧ください。

1. ティム・クック (米アップル社CEO)
2. エレン・デジェネレス (コメディアン、トークショー番組「エレンの部屋」司会者)
3. ライアン・マーフィー (人気海外ドラマ「glee」クリエイター)
4. レイチェル・マドー (ニュースキャスター、ラジオパーソナリティ)
5. アンダーソン・クーパー (米CNNのアンカーマン)
6. ネイト・シルバー (統計専門家、米ニューヨークタイムズの選挙予測専門家)
7. ピーター・シエル (インターネット決済サービス「PayPal」の共同創設者)
8. シェパード・スミス (米FOXニュースのキャスター)
9. タミー ボールドウィン (上院議員)
10. フランク・オーシャン (R&Bシンガー)


ティム・クックさん。あのアップルの最高経営責任者がゲイだとは知りませんでした。それなら1位も納得(笑)
いや、日本でもゲイのお偉いさんはいるんだろうけど、ほぼ100%クローゼットですよね。大抵結婚するし。
クックさんはわざわざカミングアウトまではしてませんが、特別隠してもいない・・・ということだそう。
スティーブ・ジョブズ氏死後、CEOとなったクックさんですが、仕事中毒らしく、超多忙。
特定のパートナーがいるのかどうかは不明だそうです。もちろん結婚歴はなし。仕事が恋人なのかしら?

エレン・デジェネレスが2位です。日本では知名度はないけど、アメリカではかなり有名な女性なのでしょう。
「エレンの部屋」・・・日本でたとえたら「徹子の部屋」みたいな感じなのかな?(笑)

3位のライアン・マフィーも納得です。今や超ヒットメーカーですものね。
5位のアンダーソン・クーパー、10位のフランク・オーシャンも昨年カミングアウトしてましたね。

俳優では、40位にジェーン・リンチ、13位にニール・パトリック・ハリスが入っていました。
マット・ボマーは残念ながらランク外。いつか、ここに名前があがるくらいビッグになってほしいわ!(笑)
そのかわり・・・ってわけでもないでしょうが、マットのパートナーであるサイモン・ホール氏は47位にイン。
パッと見た感じはそんなに切れ者には見えないけれど、やはり噂通りやり手なんですね・・・(笑)

Google、Sony Music、TIMEなど日本でもお馴染みの会社のお偉いさんも入ってました。ホワイトハウスの公設秘書でもオープンにできるのがすごいな。民主党政権だからだろうけど。共和党だったら・・・無理か(笑) 

   1-TimCook.jpg  3-RyanMurphy.jpg

写真左はティム・クック氏、右はライアン・マフィー

そういえば、イギリスにもこれによく似たランキングがありました!
昨年版ですが、2012年の『ピンクリスト』です → The IoS Pink List 2012

アメリカはゲイバッシングも強いけど、一方で、日本よりはオープンにしやすい環境があるってことなのかな。
国民性の違いによるものでしょうか。日本は”村社会”。異質なものを嫌うところがあります。
日本の場合は同性愛を禁止する宗教や法律が過去にもほとんどなく、キリスト教の国のような迫害された歴史がないので、だから反対に、”権利”を勝ち取ろうという意識もあまり育たなかったのかもしれません。
声高に権利を主張しないゲイも日本人らしいし、昔のように世間体のためだけに結婚する必要も今はない。
でも、日本がいつかセクシャリティをもっとオープンにできる社会になったら、それは素敵なことだと思います。

関連記事

テーマ : 映画情報 - ジャンル : 映画

2013/04/25 08:10 | いろいろランキングCOMMENT(2)TRACKBACK(0)  TOP

バイバイ、ハックルベリー (一穂ミチ)

バイバイ、ハックルベリー (ディアプラス文庫)バイバイ、ハックルベリー (ディアプラス文庫)
(2013/04/09)
一穂 ミチ

商品詳細を見る


友情と恋の境目で揺れ動く、大学生同士のピュアな青春ラブストーリー。爽やかでした!

小説 ★★★☆☆  挿絵 ★★★☆☆

【あらすじ】
ヒカリ―大学の入学式で人違いで呼びかけられたことがきっかけで、同じ学科、同じサークルの槇志と友達になった塁。明るくて屈託のない塁と違って大人っぽくて思慮深い槇志を、知れば知るほど、自分に似ているらしい「ヒカリ」の存在が気になっていった。そんなある日、ふいに槇志にキスされる。そのわけも問えぬまま夏休みに入り、塁は槇志と共に彼の実家の離島に向かうけれど…?夏色初恋ダイアリー。


続きを読む »

関連記事

テーマ : ボーイズラブ - ジャンル : 本・雑誌

2013/04/23 08:00 | 一穂ミチCOMMENT(1)TRACKBACK(0)  TOP

理想の恋人 (斑目ヒロ)

理想の恋人 (ディアプラス・コミックス)理想の恋人 (ディアプラス・コミックス)
(2013/03/30)
斑目 ヒロ

商品詳細を見る


斑目さん、新書館からは初のコミックスです。斑目さんらしい作品で、すごく楽しかったです。

★★★★★

【あらすじ】
初体験がトラウマになり、恋から遠ざかっていた陸(りく)。そんな彼の前に現れた自信家でドSな美男子・義巳(よしみ)。わざと陸のコンプレックスを刺激しまくる、義巳の本当の目的とは……!?
キチク系野獣イケメン×天然系草食男子の、身も心も染め上げるハード調教ラブ


続きを読む »

関連記事

テーマ : ボーイズラブ - ジャンル : 本・雑誌

2013/04/22 08:40 | マ行の漫画家COMMENT(2)TRACKBACK(0)  TOP

 | BLOG TOP |  NEXT»»