羽生結弦選手★JOCスポーツラジオ番組(6/24~28放送部分)&DOI情報

JOC企画スポーツラジオ番組『MY OLYMPIC』の羽生結弦選手の出演が昨日終わりました。
出演は6月17~28日までの合計10回。前回17~21日の5回の放送分をUPしました。
24~28日分をまとめた動画がまだ見つからず、10回分まとめた動画があったので、そちらをUPしときます。
動画主様、綺麗な画像の動画、ありがとうございます♪
前半部分が重複しますので、前半をすでに聞いた方は、適当に前半部分をスキップしてください。

     

インタビューの内容をざっとまとめておきます(後半の24~28日分のみ)

・オリンピックのフリーが終わった時点で後悔するのは嫌。一試合の演技に対しての後悔じゃなく、そこに行きつくまでの生活習慣だとか、練習過程だとか、そういうものに後悔してない状態だったら、僕は嬉しい。
・試合には、練習とか、生活習慣とか、勉強とか、そういう(積み重ねた)ものが絶対でてくると思っている。
・スケートスタイルとしては、今はジャンプが売りだと思うが、最終的には、ジャンプも(助走のひとつまで)プログラムの一部として表現できるくらいプログラムを突き詰めていきたい。
・SPの歴代最高得点は予想していなかった。あれだけの演技ができたということが、今後のフィギュアスケート人生の中で変わってくるきっかけになったと思う。これからもFS・SPともしっかりやっていきたい。
・フリーに3本クワドを入れる予定は一応あるが、確率はまだ低い。昨年はオリンピックを見据えて、その準備段階としてサルコウも入れてみた。トウループとサルコウの四回転二つ構想の、ショートプログラムもいつかやってみたい。ただ、ソチシーズンはまず安定性が大事なので、完成された演技を重視したい。
・(荒川さんにスピンを褒められて)小5のときに、ランビエールに指導を受けたことがある。スピンは好きだし、一番柔軟性を出せるところではないかと思っている。
・理想とするフィギュアスケートの完成形は、スピン、スケーティング、ジャンプ・・・全てが揃っていること。
・身体の状態は今はたぶん大丈夫。身体が資本なので、風邪とか怪我には十分気をつけたい。
・トレーニングの合間の癒しはチョコ。糖分補給に、勉強の合間にもちょこちょこ(笑)チョコを食べている。
・初めてのオリンピックシーズン、怪我をしないように、しっかりトレーニングを積んで、素晴らしい演技をできるように、しっかり頑張っていきたい。


羽生くん、本当にしっかりしてますね・・・。荒川さんも「しっかりしてるな~」と驚いてましたが(笑)

私がいつもこっそりお邪魔してるスケートブログがありまして、そのブロガーさんは広い意味でのスケート愛好者で、羽生くんのファンというわけではないのですが、その方の『18歳なのに眉毛ノータッチ、ケータイ無し(連絡はiPod touch)という、この汚れの無さ。日本人が失ってしまった物を凝縮したような人』と羽生くんを評した言葉にあらためてハタと気づきました。そうか、今の日本人が失ってしまった大事なものや、日本人らしさ、日本人としての誇りみたいなものを羽生くんがスケートを通して体現してくれてる・・・だからこんなに羽生くんを応援したくなるんだなあと。その反面、プーさんをリンクに連れてきたり、チョコが好きだったり、ハビをはじめとする(男子)スケーターとキャッキャッしてたり・・・その女子力の高さとのギャップがまた魅力なのですが(笑)

トレーニングの合間にチョコをつまむのは、好きなのも確かでしょうが、厳しいトレーニングで消費されるエネルギーを補給するため・・・というのもあるんでしょうね。食の細い羽生くんには必要なことなのでしょう。

さて、28日のドリームオンアイスですが、残念ながら新しいフリープロのお披露目はなかったようです。

昨季の全日本覇者、羽生は昨季のショートプログラム「パリの散歩道」の演技を披露。グランプリシリーズで歴代最高得点を2度更新したプログラムを滑り切り、「すごく楽しく滑れました」と、清々しい表情で振り返った。
五輪シーズンへの思いを問われると「夢の舞台。『出たい』と思っています」と力強く語った。プログラムについては、ショートは未定としたが「(昨季プログラムの)継続は、僕の中ではしない予定です。確かに高い点数は出したし、世界選手権でしっかり燃焼しきれていないというのはありますが、新しいものを見せたいというものもあります、(振付担当の)ジェフリー(・バトル)もすごく熱心に考えてくれていますし」と新作を準備する予定。フリーは「見せられる段階ではないが、形としてはできている」と状況を語った。


ソースはこちら → 羽生、五輪「出たい」 SPは未定も新作希望 (2013年6月29日 スポーツナビ)

ウィルソンから「パッション&ロマンティック」な映画音楽という情報が流れ、「タイタニックか?」「いや、オペラ座の怪人か?」「レ・ミゼラブルか?」と、ゆづファンの間ではいろんな予想がされてましたが・・・。
披露できるまでは滑り込みができてないようですね。お楽しみは少し先送りになりそうです(笑)

来季のSPについて、こんな情報もありました。DOIを鑑賞した朝日新聞スポーツの記者のツィッター情報です。

朝日新聞スポーツ ‏@asahi_sports
羽生選手、今日は昨シーズン(正確にいうと、まだ7月になっていないので今季)のSPパリの散歩道を披露しました。ソチシーズンもこのSPを継続するかどうか、チームでは迷っているそうです。羽生選手本人は、新しいプログラムにしたい気持ちがあるということでした。


朝日新聞スポーツ ‏@asahi_sports
確かに史上最高得点をたたき出した羽生選手のプログラムは、きっちりやれば去年より大幅に低い点はつけにくい。戦略的には、継続は一つの手段として考えられるのかもしれません。けがの心配も減るでしょうし。でも、新しいの見たいし、若いから挑戦してもいい、とも思うのです。


正直、私も戦略的に『パリ散』持越しはありじゃないかと思ってました。評価が定まってる安定プロだし、持ちこせば、その分フリーの滑り込みに時間をかけられる。P・チャンだって来季SP持越しですからね(彼のSPは今年のワールドで歴代最高点をだしています) オリンピックは実力だけではメダルはとれない。戦略が大事です。自ら2度オリンピックメダリストになり、コーチとしてもキムヨナに金メダルをとらせたオーサーは、誰よりもオリンピックの戦い方を熟知してると思いますが、最終的にSPをどうするのか?・・・気になりますね~。

ラジオ出演の後半部分のみの動画がみつかったら、また差し替えます。

関連記事

テーマ : フィギュアスケート - ジャンル : スポーツ

2013/06/29 12:45 | フィギュアスケート(2013-2014)COMMENT(2)TRACKBACK(0)  TOP

JOCスポーツラジオ番組で羽生結弦選手が近況報告(6/17~21放送部分)

現在、JOC企画スポーツラジオ番組『MY OLYMPIC』に、羽生結弦選手が出演しています。

放送予定は6月17日~28日まで、合計10回放送です。もう前半部分は終わってるんですけどね(笑)
インタビュアーは荒川静香さん。5分程度の短い番組で、羽生くんは1日につき1分程度の出演みたいです。
詳細はこちら → JOC企画スポーツラジオ番組『MY OLYMPIC』

親切な動画主様が、今週放送された17~21日までの5回分をまとめてYoutubeにUPしてくださいました。

     


インタビューの内容をざっとまとめておきます(期間限定公開かもしれないので一応書き留めておきます)

・姉がスケートを始め、リンクが近かったのでついていって、姉の真似をして4歳からスケートを始めた。
・スケートをする原動力は、スケートが好きということもあるが、沢山の人達が見てくれるということ。
・はじめてオリンピックに出たいと思ったのは、ソルトレイクオリンピックの頃。
・ソチオリンピックへのビジョンが開けたのはここ1~2年。まだ実感がない。
・世界のトップで戦うことは、プレッシャーより喜びの方が大きい。ずっとメダルをとりたいと思っていたから。
・GPシリーズや四大陸より全日本選手権で勝つことの方が難しい。だから(勝てたことは)とても感慨深い。
・オリンピックシーズンにどんなプログラムを用意してるかはまだ秘密。
・フリープログラムはもう完成している。6月のアイスショーでフリーの新プロを披露する予定。
・フリーはすごくストーリー性のあるプログラム。『自分が感情移入しやすい曲』というのがテーマ。


6月・・・ということは、6月28~30日まで新横浜で開催される『ドリームオンアイス』で初披露ってことですね。
ストーリー性のあるプログラム、感情移入しやすい曲・・・羽生くんはその”ゾーン”に入ってしまうと何かが憑依したようなオーラをだす選手。またロミジュリのようなドラマチックな世界観を見せてくれるのでしょうか?
これはすごく楽しみですね~。『ドリームオンアイス』に行かれる方がうらやましいです!

さて、2020オリンピック・パラリンピック開催都市決定にむけた招致活動の支援を目的にしたチャリティーオークションに、今年の世界選手権に出場した6人の男女シングル選手がサイン入りハンドタオルを出品してました。
もう2日ほど前に終了したオークションですが、6人中、羽生くんのハンドタオルが最高値で落札されました。

yuzu towel 3 yuzu towel 2

オークションページはこちら → [チャリティ]羽生結弦選手サイン入りハンドタオル

153000円、入札件数102件・・・羽生くん、すごいですね・・・(笑)
ちなみに、2番目に高かったのが、高橋選手の116000円。3番目が真央ちゃんで80000円。

参加はしてませんが、ウォッチリストには入れてたので、経緯は知ってます。価格はずっと高橋選手がトップで走ってました。ただ、入札件数は羽生くんの方が常に多かった。オークションは、入札件数、つまり欲しい人が多いほど、高くせり上がりやすい。なので、逆転もありうるか?とは思ってましたが、やはり終了間際ギリギリに羽生くんのタオルの値段が高騰したようですね。まあ、オクではよくあることですが・・・。

一般的な人気でいえば、女子の方が上でしょうし、その中でもダントツ人気・知名度は真央ちゃんでしょう。
でも、こういうオクで高値でも入札するのは、かなりディープなファンになります。そうなると男子が熱い(笑)
羽生くんが最高値をつけたのも、この2シーズンの活躍に加えて、今後の期待値の高さってことなのかな。

さて、羽生くん新プロ披露が予定されてる『ドリームオンアイス』ですが、テレビ放送があります!

BSフジで、7月7日(日)20:00~21:55まで。番組情報はこちら 羽生くんファンは忘れず録画予約ですよ!

動画主様が、ラジオの後半部分をUPしてくださったら、またご紹介したいと思います♪(あくまで他力本願)

関連記事

テーマ : フィギュアスケート - ジャンル : スポーツ

2013/06/22 10:00 | フィギュアスケート(2013-2014)COMMENT(3)TRACKBACK(0)  TOP

羽生結弦選手★アート・オン・アイス(AOI)動画

6月1~2日の2日間、東京で開催されたアイスショー「アート・オン・アイス
6月9日、BSフジで放送された映像がyoutubeでUPされていました。動画主様、ありがとうございます♪

羽生くんの出演は、お馴染み「パリの散歩道」と、藤井フミヤとのコラボ「True Love」の2曲です。

「パリ散」・・・最初の4回転はステップアウト、3Aは綺麗に決まりましたが、コンビネーションは1-3になりステップアウト。ジャンプの調子はイマイチでしたが、怪我で休んでいたので、その影響があるのかもしれませんね。でも、身体の動きは良かったし、”へ”のドヤ感はいつも以上でした。少しふっくらした感じで、シーズン中より健康的になった感じがします。といっても、シーズンインしたら、また痩せてしまいそうですが(笑)

「True Love」・・・曲にそのまま身を任せているような流れのある滑りが素晴らしかった。あの曲にフリフリ衣装はどうかな?と思っていましたが、少女マンガの主人公のようで、バックに花が舞ってそうでした(笑)
あの衣装を着こなせるのは羽生くんだからこそ。それも18歳の今しか着れない衣装ですよね。素敵でした♪

私の感想はどうでもいいので(笑)、肝心の羽生くんの動画をUPしておきますね。
ショーに行けなかった方、9日のBS放送を見れなかった方、カッコ良い羽生くんをご堪能ください♪


  

  

関連記事

テーマ : フィギュアスケート - ジャンル : スポーツ

2013/06/11 07:45 | フィギュアスケート(2013-2014)COMMENT(2)TRACKBACK(0)  TOP

羽生結弦選手についての萌え語り Part.12 

6月1~2日の2日間、東京でアイスショー「アート・オン・アイス」が開催されました。
羽生くんも元気いっぱいに出場していたそうです。足の怪我は完治したようですね。安心しました。
その模様は、6月9日(日)19:00~20:55、BSフジで録画放送の予定。羽生くんは「パリの散歩道」や藤井フミヤとのコラボなどを滑ったそうですよ。ゆづファンの皆さん、オフシーズンでゆづ不足になってることと思います。
BSフジ放送の「アート・オン・アイス」で、しっかりゆづ補給をいたしましょうね♪(笑)

  art on ice 2013-1

  art on ice 2013-2

『アート・オン・アイス』での羽生くんのショットです。上の写真はお馴染み『パリの散歩道』。
下の写真は、藤井フミヤとのコラボで滑った『True Love』。ヒラヒラの王子様衣装ですね(笑)

さて、ニコニコ動画で面白い羽生くんのMAD動画を見つけたので、紹介しておきます。
完全にネタ動画なのですが、ハビ、ミーシャ、オーサーなどなど、羽生くんと楽しく共演(?)してます(笑)
興味のある方はどうぞご覧ください。(動画の一番右下のマークをクリックするとコメントが消えます♪)

      

関連記事

テーマ : フィギュアスケート - ジャンル : スポーツ

2013/06/05 07:45 | フィギュアスケート(2013-2014)COMMENT(4)TRACKBACK(0)  TOP

2013年~2014年フィギュアスケート主要大会日程のまとめ

昨日、2013年のグランプリシリーズの日程と出場選手が発表されました。ソースはこちら 
出場選手は以下のとおり。但し、日本人は男子・女子シングル、外国人は気になる男子シングルのみ。


GPS第1戦  2013年10月18~20日  スケートアメリカ(米国・デトロイト)
男子シングル : 高橋大輔、小塚崇彦、町田樹
女子シングル : 浅田真央
主な外国人選手 : デニス・テン(カザフスタン)、ブライアン・ジュベール(フランス)

GPS第2戦  2013年10月25~27日  スケートカナダ(カナダ・St.ジョン)
男子シングル : 羽生結弦 織田信成、無良崇人
女子シングル : 鈴木明子
主な外国人選手 : パトリック・チャン(カナダ)、ジェレミー・アボット(米国)

GPS第3戦  2013年11月1~3日  中国杯(中国・北京)
男子シングル : 小塚崇彦
女子シングル : 村上佳菜子
主な外国人選手 : デニス・テン(カザフスタン)、ケヴィン・レイノルズ(カナダ)

GPS第4戦  2013年11月8~10日  NHK杯(日本・東京)
男子シングル : 高橋大輔、織田信成、無良崇人
女子シングル : 浅田真央、鈴木明子、宮原知子
主な外国人選手 : ジェレミー・アボット(米国)、ハビエル・フェルナンデス(スペイン)

GPS第5戦  2013年11月15~17日  エリック・ポンパドール杯(フランス・パリ)
男子シングル : 羽生結弦
女子シングル : なし
主な外国人選手 : パトリック・チャン(カナダ)

GPS第6戦  2013年11月22~24日  ロステレコムカップ(ロシア・モスクワ)
男子シングル : 町田樹
女子シングル : 村上佳菜子、宮原知子、今井遥
主な外国人選手 : ケヴィン・レイノルズ(カナダ)、ハビエル・フェルナンデス(スペイン)、エフゲニー・プルシェンコ(ロシア)、ブライアン・ジュベール(フランス)

グランプリファイナル  2013年12月5~8日  日本(福岡)
グランプリシリーズ上位ランク6名が出場


通常、前年度の全日本優勝者、世界選手権日本人最上位選手がNHK杯に出場します。なので、羽生くんがNHK杯に出場しないのはかなり異例なこと。NHK杯の日本人出場選手をみると、ソチシーズンで引退予定の選手を意識的にそろえた・・・という感じもします。移動ということを考えれば、カナダと日本より、カナダとフランスの方が楽なのでしょうけど、2試合ともP・チャンとあたりますね。これは大変かな~と思いましたが・・・。

フィギュアスケート男子の全日本選手権覇者で早大1年の羽生結弦は3日、ソチ冬季五輪シーズンのグランプリ(GP)シリーズ2大会で世界選手権王者のパトリック・チャン(カナダ)と対決することになり「いい刺激をもらえるのでうれしい。これほどいいチャンスはない」と歓迎した。(2013年6月3日 共同通信より)

羽生くん、メラメラ燃えてますね~。いかにも負けず嫌いの羽生くんらしいコメントです。
P・チャンは強敵ですが、昨年はファイナルで勝ってますし、ここは前向きに考えるとしましょう(笑) 


さて、GPシリーズ以外で、日本人選手の出場する主な大会は以下のとおりです。

◆ ジャパン・オープン  2013年10月5日  埼玉(日本)

◆ 全日本フィギュアスケート選手権  2013年12月21~24日  埼玉(日本)

◆ 四大陸選手権  2014年1月20~26日  台北(台湾)

◆ 冬季オリンピック  2014年2月7~23日  ソチ(ロシア)

◆ 世界フィギュアスケート選手権  2014年3月24~30日  埼玉(日本)



シニアの一流選手が出場する大会のみあげておきました。国際B級大会はのぞいています。
最大のイベントとなると、やはりソチオリンピック。日本の内外を問わず、ソチシーズンで引退する選手が多く、ソチ後は大きく世代交代となりそうです。引退選手のファイナル・プログラムが何になるのかも楽しみですね♪

関連記事

テーマ : フィギュアスケート - ジャンル : スポーツ

2013/06/04 07:50 | フィギュアスケート(2013-2014)COMMENT(2)TRACKBACK(0)  TOP

 | BLOG TOP |  NEXT»»