羽生結弦選手についての萌え語り Part.21 ~ラッキーナンバー21&ロミジュリまとめ動画 ~

なぜかまだ続いてる三冠祭りです(汗) ちんたらペースですが、もう少しおつきあいください。
「萌え語り Part.21」ということで、今日は、”21”という数字をテーマにしたいと思います。
アスリートはけっこう縁起をかつぐといいます。フィギュアスケートにも、よく知られるジンクスがあります。

有名なところでは、「ラフマニノフ ピアノ協奏曲の呪い(フィギュアスケートでは定番曲だが、この曲で滑ると名演技を演じるも惜しくも優勝を逃してしまう)」とか、「青衣装のジンクス(五輪では、女子は青衣装の選手が優勝する)」とか、あとは「カナダの呪い(カナダの男子シングル世界チャンピオンは、五輪では優勝できない)」とか。

カナダの呪いは、以前記事にしました → ソチ五輪を終えて ~ライバル パトリック・チャン その2~

青衣装のジンクスは、長野、ソルトレイク、トリノ、バンクーバーと、青衣装の五輪女王が続いたから。
ジンクスは破られるもの・・・と言いますが、ソトニコワ選手の優勝で、青衣装の縛りはソチで解けました。
真央ちゃんは、青衣装でラフマニノフのピアノ協奏曲でしたが、ラフマニノフの呪いの方が勝ってしまった。
そういえば、真央ちゃんは、バンクーバーもラフマニノフ。ソチのチャンもラフマニノフ。両方ともピアノ協奏曲ではなかったけど、二人とも優勝候補だったことを考えると、ラフマニノフ自体あまり縁起がよくないのか?

オーサーは、「結弦は縁起を担ぐタイプ」だと言います。結弦くん、お守りとかパワーストーンとか好きですよね。皆から「メンタル最強」といわれる結弦くんですが、やはり彼も人の子。何かに頼りたい気持ちは十分理解できます。コーチがどれだけサポートしていても、多くのファンの声援があっても・・・氷上では誰も助けてくれません。大きな期待がかかるトップアスリートになればなるほど、孤独な戦いが待ってるのです。そういえば、オーサーが、ソチ五輪で右手にストーンブレスしてたけど、あれは結弦くんとお揃いじゃなかったかしら?(笑)

前置きが長くなりました。タイトルの”ラッキーナンバー21”についてゆる~く語りたいと思います。
ソチ五輪シーズンは、”21”がラッキーナンバーでした。何を言いたいかというと、フリーの滑走順です。

ソチ五輪 男子シングル金メダリスト → 羽生結弦(フリー21番滑走)
ソチ五輪 女子シングル金メダリスト → アデリナ・ソトニコワ(フリー21番滑走)
世界選手権2014 男子シングル金メダリスト → 羽生結弦(フリー21番滑走)
世界選手権2014 女子シングル金メダリスト → 浅田真央(フリー21番滑走)


ソチシーズン、男女シングル選手の五輪チャンピオンも世界チャンピオンも、すべてフリーの滑走順は21番。
最終グループに残らないとまず優勝はできませんが、それでも確率は1/6。偶然とはいえ、ソチシーズン、”21”は、ラッキーナンバーだったと言えるのではないでしょうか。

そして、実は、結弦くんが同郷の先輩として慕っている荒川静香さんも、トリノで金メダルをとったときのフリーの滑走順は21番だったのです。というか、五輪女王は、トリノの荒川さん、バンクーバーのキムヨナ、ソチのソトニコワと、3大会連続フリー21番滑走者がなっています。五輪の女子シングルについては、そろそろ「21番滑走のジンクス」ができてもいいかもしれません(笑)

結弦くんの尊敬するスケーターがプルシェンコとジョニー・ウィアーというのはよく知られてることですが、結弦くん、プルシェンコ、ジョニーにも、”21番滑走”の共通点があるのです。なにかというと、オリンピック初出場のフリー滑走順が、3人とも21番滑走なのです。3人ともが五輪初出場で最終グループに残り、その上で21番クジを引き合てたことになります。もちろん、結弦くんが金(2014ソチ)、プルが銀(2002ソルトレイク)、ジョニーが5位(2006トリノ)と、成績は違いますが、衣装やプログラムの選曲と違い、滑走順はクジ引きなので、自分で選ぶことはできません。そう考えると、この3人に、何となく不思議な縁を感じてしまうのです。

荒川さんやジョニー、プルとの五輪での共通点、そしてワールド・五輪初優勝も・・・ということで、結弦くんの、ちょっと因縁めいたた”21番滑走”つながり・・・こうしてみると、なかなか面白いなと思ったのでした。

では、動画の紹介です。先日、2013-2014シーズンのパリ散を一気に見る動画をあげました。
今回は、2013-2014シーズンのロミジュリを一気に見る動画です。動画主様、ありがとうございます♪

  

リンク先はこちら → 【ニコニコ動画】2013-2014 羽生結弦 ロミオとジュリエットを一気にみるよ

<2013-2014シーズン ロミオとジュリエット 得点の変遷>
フィンランディア杯2013  180.93  ※B級試合のため参考記録 
スケートカナダ2013  154.40 
エリックポンパール杯2013  168.22
グランプリファイナル2013  193.41  ※PB更新 フリーPBランキング世界第2位
全日本選手権2013  194.70  ※国内試合のため参考記録
ソチ五輪個人戦  178.64
世界選手権2014  191.35


orser & yuzu in sochi  yuzu in sochi

やっぱり、ブレスおそろ・・・ですよね?(笑)

関連記事

テーマ : フィギュアスケート - ジャンル : スポーツ

2014/05/29 09:35 | フィギュアスケート(2013-2014)COMMENT(7)TRACKBACK(0)  TOP

50番目のファーストラブ (月村奎)

50番目のファーストラブ (ディアプラス文庫)50番目のファーストラブ (ディアプラス文庫)
(2014/05/09)
月村 奎

商品詳細を見る


雑誌で掲載されたいたときに、とても面白くて、文庫化を心待ちしてた作品です。書下ろしが楽しみでした。

小説 ★★★★☆  挿絵 ★★★★☆

【あらすじ】
美貌の社長令息・山下瞬介の趣味はセックスだ。中三から二十歳の現在まで、49人の女と楽しくやってきた。ある日瞬介は友人の翔から彼の兄・健に引き合わされる。平凡そうで案外曲者の健は瞬介の癇に障り、この男をぎゃふんと言わせてやると決意。色仕掛けで落としたところを手ひどく振るつもりで健に接近する。けれど健をメロメロにする予定が、瞬介のほうが健にどきどきするようになり…?曲者リーマン×小悪魔大学生の、純情メモリアル・ラブ。


続きを読む »

関連記事

テーマ : ボーイズラブ - ジャンル : 本・雑誌

2014/05/27 14:35 | その他のタ行の作家COMMENT(5)TRACKBACK(0)  TOP

羽生結弦選手についての萌え語り Part.20 ~来季プロ雑談&パリ散まとめ動画~ 

オフシーズン。アイスショーも小休止。本人はカナダ・・・ということで、結弦くんの振付に関する雑談です。

結弦くんは、5月14日にカナダに戻りました。新聞記事では、来シーズンのプログラムの振付のため・・・とのことですが、6月にルール改正があるとはいっても、そろそろ大まかな準備は必要ということでしょうか。

ということで、来シーズンの結弦くんのプロについて、興味をひいた過去記事を拾っておきます。

4月の記事ですが、朝日新聞のインタビューで、オーサーはこんなことを言ってました。

(スポーツヒューマン)ブライアン・オーサー 羽生、色んな振り付けを試す(2014年4月18日)

――羽生を今後、どのように導くのか。
 「スケート技術を磨き、トランジション(技と技との間のつなぎ)を力強くしたい。振り付けの方向性も重要だ」

――なぜ振り付けか。
 「若く色んな可能性がある彼に何が最適なのかを探りたい。金妍児も模索した。あのジェームス・ボンドのSPのようないいものを見つけるために、色んな振り付けを試す」

――今の採点システムについて意見があるか。
 「私は、与えられたルールに従い、自分の選手にはそれに合う練習をさせる。ただ、ルールがどう変わろうと一つだけ変わらないものがあるとすれば、それはスケーティングだ。それさえ鍛えておけば、ルールの変化で求められるものが変わったとしても、点数を取れる選手に成長できる」



海外記事(Brian Orser: "Yuzuru and Javi are different, but help each other")でも、来季の新プロについて触れてます。2014年5月14日の記事ですが、インタビューを受けた時期は、ジュニアワールド終了後です。

――来季は、違うユヅルとハビを見ることになるのか? 彼らのスタイルを変えるプランをたててる?

ああ、ボーカル曲を使うことになるだろう。ハビのSPの曲はもう選んである。フリーはこれからだ。
ハビの音楽を見つけるのは簡単だ。でも、結弦は違う。これまでの彼とは違ったものを試したい。ステレオタイプにはめたくないんだ。そうするには彼は若すぎるから。SPは2シーズン同じだったから、今度は変えないといけないし。フリーも実験するつもりだ。



2014年5月20日には、スケートカナダの「Jeff Buttle’s creative ideas come alive on the Stars on Ice tours」という海外記事ががありました。こんなくだりがあります(意訳です。間違ってたらごめんなさい)。

羽生には、これこそが羽生だと思い、バトルは「パリの散歩道」を選んだ。
羽生は、シャイな性格だけど、ことスケートに関しては、「荒々しい奔放さ」を持っている、とバトルは言った。
「特にあんなに緊張感のかかる状態で、リラックスして、それを楽しんでるのを見ることになるとは信じられなかった」とバトルは言った。
「もし彼がそれをモノにできなかったら、とんでもなくひどいものになるだろうプログラムのうちの1つだった。でも、彼は、本当にそれを自分のモノにしてしまったんだよ」

昨年、バトルは多忙だった。現役スケーターに10から12の振付をしたのだ。今年は数を減らして、完成度を高めたい。結局、彼は完璧主義者なのだ。スターズオンアイスが終わる前に、バトルはすでに曲さがしをしている。

今のところ、彼は人生にバランスを求めている。仕事ばかりしたいわけではない。一息ついて、2月に結婚した夫・ジャスティン・ハリスと過ごす時間がほしいのだ。



オーサーの二つの記事を総合すると、「スケート技術を磨き、つなぎを濃くして、振付も冒険させたい」ということですね。現役スケーターとして成熟年齢にあるハビくんには、ハビくんの個性に合わせたプロで勝負させ、まだ若い結弦くんには、未知の可能性を探るために、新しいことに挑戦させたい・・・ということでしょうか。
そして、売れっ子振付師となったバトルですが、今年は、振付の数を減らすみたいですね。ということは、結弦くんの振付から外れる可能性もあり・・・かな? こちらで、バトルの結婚記事を書きましたけど、やっぱり本当に結婚してたんですねえ(笑) その後も、本人からは結婚について何も語られなかったので、半信半疑な部分もあったんですが・・・まあ、新婚さんだから、一緒にいる時間がほしいですよね。 

さて、ニコニコ動画から見つけた動画を紹介します。9種類のパリ散を同時に再生する動画です。
画面は9分割になってます。そのうち8つのパリ散は2013-2014シーズンのものです。2012年の「THE ICE」は、シーズンインする前の「パリ散」お披露目のときのもの。なので、まだ衣装が間に合っていませんね(笑)
なお、はめ込み動画では、小さすぎて目がチカチカする!という人は、こちらに飛んでください ↓ 
【ニコニコ動画】2013-2014 羽生結弦 パリの散歩道を一気にみるよ
右端の吹き出しマークをクリックすると、流れるコメントは消えます。今季のパリ散の変遷をご覧ください♪

  
  

<2013-2014シーズン パリの散歩道 得点の変遷>
フィンランディア杯2013  84.66 (3Aが抜けて1Aに) ※B級試合のため参考記録 
スケートカナダ2013  80.40 (4T着氷体勢乱れ、3Lz+3Tが1Lz+3Tに)
エリックポンパール杯2013  95.37 (ジャンプノーミス)
グランプリファイナル2013  99.84 (ジャンプノーミス)
全日本選手権2013  103.10 (ジャンプノーミス) ※国内試合のため参考記録
ソチ五輪団体戦  97.98 (ジャンプノーミス)
ソチ五輪個人戦  101.45 (ジャンプノーミス) ※世界最高記録、ギネス認定
世界選手権2013  91.24 (4T転倒)


      orser yuzu pooh

               オーサー、来シーズンも、結弦くんをよろしくね♪    
       

関連記事

テーマ : フィギュアスケート - ジャンル : スポーツ

2014/05/24 00:18 | フィギュアスケート(2013-2014)COMMENT(27)TRACKBACK(0)  TOP

渇命/ぱんつを穿きたい3日間 (宮緒葵)

渇命 (プラチナ文庫)渇命 (プラチナ文庫)
(2014/05/12)
宮緒 葵

商品詳細を見る


ぱんつを穿きたい3日間 (プラチナ文庫)

「渇仰」の続編です(前作の感想はこちら) BLでよくあるワンコ攻などという生易しいものではなく、”犬攻”という新たな芸風(?)を開拓した宮緒さん。さらに犬を通り越して、ホンモノの獣道に突入しておりました(笑)
「渇仰」と、その番外編「ぱんつを穿きたい3日間」の2冊同時発売。感想ネタバレありです。

小説 ★★★★☆  挿絵 ★★★★☆

【あらすじ】
<渇命>
「犬になりたい」と縋りつく人気俳優・達幸の恋人兼、飼い主となった明良。他の雄に奪われることを危惧した達幸に監禁されたものの、どうにか解放され、マネージャーとして公私ともに彼を支えようとしていた。だが、そんな明良に達幸の独占欲と執着は増すばかり。隙あらば二人きりの“完璧な楽園”に閉じこもろうとする。日に日に、達幸の双眸に揺れる仄暗い光は強くなり…。
<ぱんつを穿きたい3日間>
夜は一晩中、昼も仕事中だろうと所構わず発情し、飼い主である明良の“中”にいたがる恋人兼犬の達幸。疲労困憊した明良は、休暇を前に宣言する。「パンツを穿いたまま休む!」と―!商業誌未収録作品+書き下ろし「ぱんつ日記」を収録。さらには梨とりこ他、青山十三、黒岩チハヤ、雪路凹子の豪華寄稿あり!!


続きを読む »

関連記事

テーマ : ボーイズラブ - ジャンル : 本・雑誌

2014/05/22 08:00 | 宮緒葵COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

羽生結弦選手 練習拠点のカナダに出発 & チラゆづのdocomo新CM

今、日本で一番多忙なスケーターが、昨日、成田から練習拠点のカナダに出発したようです。

【フィギュア】羽生、4種類4回転目指す!練習拠点・カナダへ出発(2014年5月15日 スポーツ報知)

フィギュアスケート男子のソチ五輪金メダリスト・羽生結弦(19)=ANA=が14日、五輪王者として臨む来季のショート、フリーの新プログラムの振り付けのため、師事するブライアン・オーサー・コーチ(52)の指導拠点、カナダ・トロントに向け、成田空港から出発した。
11日に終了した青森県内でのアイスショー後、実家のある宮城・仙台に帰省し2日間休養。ほとんど休む間もなく、新たなスタートを切った。すでに「挑戦と変化」を掲げ「将来的にはいろんなジャンプを跳びたい」と話していたように、新たな武器として4種類の4回転ジャンプへの挑戦も。五輪で跳んだトーループ、サルコーに加え、さらに難度の高いループ、ルッツの習得も目指す。
来季は歌声の入った曲の使用が認められる新ルールが導入され、ジャンプの明らかな踏み切り違反で基礎点を70%に減らすなど厳格化した採点方式も適用される。4種類の4回転ジャンプと新曲が融合した新プログラムが期待できそうだ。約2~3週間滞在し、国内各地で開催されるアイスショー出演のため6月上旬には帰国する予定だ。


来シーズンも四回転はトーループとサルコウだけだと思いますよ。いくらなんでも4種類はない!(笑)

ルール改定が決まるのが6月。それまでは動きにくいかな・・・と思っていましたが、中国のハン・ヤンなど、6月を待たずに新プロの振付を始める選手もいます。SPが廃止されるとか、FSが4分に短縮されるとか、かなりの大ナタが振るわれると問題がでてきますが、そうでない限り、土台だけを先に作っておいて、改定以降に新ルールに合わせた修正をすればいい・・・という考えなのでしょう。

6月にまたアイスショーがあるので、カナダにいるのは2~3週間でしょうけど、振付だけなら十分ということでしょうか。しかし、そうなると、ボーンの5月の「2か月後に羽生結弦のLPの振付を開始します。」という発言との整合性が・・・。ボーンは「今回の公演が終わった後、カナダに戻ったら、多くのスケーターたちとの作業に入ります。」とも言ってるので、ボーンから振付を受けるために、カナダに戻ったとも考えられますが・・・。
一方で、ショーのふれあいで、ファンから振付のことを聞かれた結弦くんが、「シェイが勝手に言っちゃって・・・」と微妙な言い方をしてたという情報もあり・・・本当のところは、どうなんでしょうか?(笑)

紫綬褒章の伝達式は、平成26年5月15日(木)午前11時30分 ザ・プリンス パークタワー東京で行われます。つまり伝達式は今日なので、結弦くんは欠席ですね。『日本人として最高の賞』と、受賞を喜んでいましたから、出席したい気持ちはあったでしょうけど、それよりもスケートを優先するところがまた結弦くんらしい。本当に優先順位がゆるがないというか、ブレない子ですね。五輪が終わって帰国したときも、3日くらいで用事をサッサとすませ、ワールドに備えて練習するためにすぐにカナダに戻っていきました。スケジュール管理が見事です。
おそらくブレーンもしっかりしてるんでしょう。しかし、そうなると、宮中茶会も欠席ってことかな?(茶会は事前に日程を公表されないので、いつかわかりませんが、普通は5月頃のはず・・・?)

さて、ドコモの新CMに、結弦くんがチラッと出演してると話題になっていますね。ドコモはパレードへの協賛企業だったそうですが、その関係もあるのでしょうか? 動画が上がっています。全日本選手権の映像らしいです。

  


とりあえず、来シーズンに向けて、動きだしたということですね。カナダで充実した練習ができますように!


ジャンプ軌道フォト

関連記事

テーマ : フィギュアスケート - ジャンル : スポーツ

2014/05/15 14:00 | フィギュアスケート(2013-2014)COMMENT(8)TRACKBACK(0)  TOP

 | BLOG TOP |  NEXT»»