羽生結弦選手 精密検査の結果

皆さん、もうご存知と思いますが、結弦くんの精密検査の結果がでました。既に手術も終わったようです。
中国杯からの無理な強行出場が原因の過労かと思っていましたが、そうではなかったんですね。

羽生 尿膜管遺残症で手術 2週間入院(2014.12030 デイリースポーツ)

日本スケート連盟は30日、フィギュアスケート全日本選手権後、腹痛のため精密検査を受けたソチ五輪金メダリストの羽生結弦(20)=ANA=の検査結果について、尿膜管遺残症と診断され、同日手術したと発表した。2週間の入院治療と、1カ月の安静加療が必要で、代表入りした世界選手権(来年3月、中国・上海)出場にも影響が出てきそうだ。

羽生は28日まで行われた全日本で3連覇を達成し、来年3月の世界選手権(中国、上海)代表に決定したが、12月上旬のGPファイナルから続く腹痛のため、精密検査を受けることを発表した。29日のエキシビションを欠場し、都内で精密検査を受けていた。

27日のフリー演技後にはこれまでにないほど息が切れ、汗がしたたり落ちていた羽生。「体調が悪くて、ちょっと大変でした」と話していたが、実は腹痛に悩まされていた。

エキシビション欠場とともにコメントを発表。「ファイナルの期間中から断続的に腹痛がありました。帰国後、医師に相談した結果、精密検査を行うことを勧められました。まずはしっかり検査を行い、今後については改めてご報告させていただきます」と、説明していた。

今季の羽生は11月の中国杯で他選手と衝突し、頭部、腹部など計5カ所を負傷。しかし、1カ月後のGPファイナルで連覇を達成し、全日本も圧倒的な強さで3連覇を達成した。

【尿膜管遺残症】生まれた後には消えてなくなるはずの、胎児期の尿膜管という器官が残っている、へその病気。痛みや発熱のほか、へそから分泌物や膿(うみ)が出たり腹部の腫瘤(しゅりゅう)として発症、また汚れた尿が出ることもある。治療は、排膿切開と抗菌薬の投与が一般的。適切な排膿処置を行わずにいると腹膜炎になることもある。



手術は腹腔鏡手術だったのか、それとも開腹手術だったのかわかりませんが、2週間の入院ということは、開腹手術だった可能性が高いですね。2週間の入院、1ヶ月の安静・・・練習再開の時期は、経過をみながら判断するとのことですが、世界選手権は3か月後。もし、1ヶ月半練習できなければ、かなり筋肉も落ちるでしょう。確かに、ワールド出場に黄信号が灯った・・・といえるかもしれません。

それにしても、結弦くんの体調不良からのEX欠場、町田選手の電撃引退、そして、結弦くんの入院・手術・・・28日から30日まで、日本男子フィギュア界は激震の3日間でした。
町田選手の引退に続き、もし、結弦くんもワールド欠場となったら、日本男子のNO.1とNo.2が抜けるわけですから、黄金時代だったはずの日本男子のワールドの枠とりが一気にピンチになります。でも、枠とりへの責任感から無理をするのは絶対やめてほしい。この病気は不可抗力。結弦くんの責任ではありません。今季は次から次へと試練が結弦くんを襲いますが、今回のことは「少しは休め」という神様からのメッセージかもしれません。もちろん、ワールドに間に合えば、それがベストですが、なによりも健康を第一に考えてほしいと思います。

ショックではあるけれど、治らない病気とか怪我とかではありません。今年は腰痛もあったし、この機会に十分身体のケアをしてほしいです。それに、これは元々もっていた病気なのですよね。今までわからなかっただけで。逆に考えたら、発症があと1年早かったら、オリンピック直前・・・大変なことになっていました。そう考えれば、まだ運が良かった。神様はドSだけど、ギリギリのところで守ってくれているのだと思います。それにしても、そんな身体の状態で、あの演技・・・本当にあなたは、別次元のスケーターなんですね・・・。

年が明けたら、神社にお参りにいこうと思います。もちろん、結弦くんの1日も早い回復を祈って・・・。

     全日本2014 フリー ゆづ 2



よろしければポチっとお願いします♪

人気ブログランキングへ

関連記事

テーマ : フィギュアスケート - ジャンル : スポーツ

2014/12/30 22:25 | フィギュアスケート(2014-2015)COMMENT(12)TRACKBACK(0)  TOP

宮原知子選手 全日本選手権初優勝、おめでとうございます

宮原知子選手、やりましたね! 全日本選手権初優勝、新女王の誕生です!

16歳の宮原が新女王!SP2位から逆転Vで世界切符獲得(2014.12.28 スポニチアネックス)

フィギュアスケートの全日本選手権は28日、長野市ビッグハットで世界選手権(来年3月、中国・上海)の代表選考会を兼ねて行われた。女子は、前日27日のショートプログラム(SP)64・48点で2位スタートの宮原知子(16=関大高)が、フリーでトップの131・12点、合計195・60点で逆転優勝。初の全日本女王に輝き、代表切符を手に入れた。

日本の女子フィギュア界を引っ張ってきた浅田真央(24=中京大)が休養中で、昨年覇者の鈴木明子(29)は引退。次世代の台頭が期待される中、宮原が“新エース”として名乗りを上げた。

SP首位発進の本郷理華(18=愛知みずほ大瑞穂高)は、フリーで121・93点、合計188・63点で2位。樋口新葉(わかば=日本橋女学館中)が117・47点、合計181・82点で3位に入った。村上佳菜子(20=中京大)は110・74点、合計168・29点で5位に終わった。



■「フリーの後半で勢いよくいけるのが強み」(ヤフーのスポーツナビより)

「優勝できたこと、それと点数が思ったより出たのでうれしいです。緊張しましたが、ジャンプをしっかりと力を入れて跳べたので良かったです。(最終滑走だったが)あまり滑走順は考えていなくて、何番でも同じだなと思ってやりました。

(3回転+3回転を跳ばなかったが)3回転+3回転は回転不足が多かったので、後半のダブルアクセル+トリプルトウループはNHK杯が終わってから練習していました。3回転+3回転を跳びたい気持ちはありましたが、先生たちと相談して、私はフリーの後半で勢いよくいけるのが強みなので、それを生かせればと思っていました。この試合に臨むにあたっては『強気でいかないといけない、弱気になったらだめだ』と言われていたし、自分でもそう思っていました。それで優勝できたのですごくうれしいです」



  


ショート2位からの逆転優勝でした。フリーは圧巻の演技。「優勝を奪りにいく」攻めのジャンプ構成に変えてきましたね。しかも、初優勝のかかった試合、プレッシャーのかかる最終滑走で、神演技でやってのけるとは。大人しそうな風情からは想像もできないド根性。メンタルの強さ。このギャップがいいですね(笑)

GPシリーズでは、スケカナとNHK杯にエントリ―され、両方とも3位で表彰台に乗りました。一応目標はクリアしたものの、もうひとつの目標であったファイナルには惜しくも届きませんでした。その悔しさをバネにして、全日本で花開きましたね。真摯にひたむきにスケートに打ち込む彼女の姿に心打たれるものがあったので、原則、結弦くん以外のスケーターはとりあげないのですが、宮原さんは、過去2度とりあげたことがあります。

彼女は、ジャンプ、スピン、ステップ、スケーティング、所作の美しさ・・・すべてが揃ったホールインパッケージなスケーターだと思います。ただ、小柄なため、どうしても演技がこじんまりと見えてしまうこと、ジャンプが低く、回転速度で廻るタイプなので、回転不足がとられやすいことが弱点でした。でも、自分の弱点を、頭のいい宮原さんは十分自覚していて、自分なりに克服する努力をずっとしてきたのですよね。そして、その努力が全日本優勝という結果に結びついたのだと思います。本当に素晴らしかった。ジャパンオープンの演技も良かったけれど、全日本の「ミス・サイゴン」には、ものすごい気迫を感じました。

2月の四大陸、3月の世界選手権に出場決定です。この2大会でも実力を100%だせるよう頑張ってください♪


よろしければポチっとお願いします♪

人気ブログランキングへ

関連記事

テーマ : フィギュアスケート - ジャンル : スポーツ

2014/12/29 03:15 | フィギュアスケート(2014-2015)COMMENT(3)TRACKBACK(0)  TOP

羽生結弦選手 体調不良でエキシビション欠場

結弦くん、全日本選手権、かなり体調が悪そうでしたが、エキシビションは欠場するようです。

羽生が腹痛でエキシビション欠場(2014.12.28 デイリースポーツ)

フィギュアスケート全日本選手権の翌日となる29日に行われるメダリスト・オン・アイスの実行委員会は28日、全日本3連覇を達成した羽生結弦(20)=ANA=が腹痛の精密検査のため、欠場することを発表した。

優勝した前日の試合後には「体調が悪くてちょっと大変でした」と話していた羽生。「グランプリファイナルの期間中から断続的に腹痛がありました。帰国後、医師に相談した結果、医師よりこのタイミングで精密検査を行うことを勧められました。メダリスト・オン・アイスを楽しみにして頂いていたファンの皆様には、ご迷惑をお掛けしてしまい、大変申し訳ない気持ちでいっぱいです。まずはしっかり検査を行い、今後については改めてご報告させていただきます」と、コメントした。

今大会の優勝で来年3月の世界選手権代表に内定していた羽生だが、この日、代表発表後に行われる会見も欠席予定。検査結果は判明次第、日本スケート連盟より報告するとしている。



試合を通して、自分の課題を見つけ、そこを修正する形で調整していくタイプだけに、「四大陸回避」という情報が流れたとき、結弦くんの体調が良くないのだろうなと思ってはいました。四大陸は、あまりステイタスにならないタイトルとはいえ、一応チャンピオンシップだし、結弦くんは「銀」ふたつで、まだ優勝はないですから。
全日本中ずっと、「疲れてます」オーラが滲みでていました。ショートでも、スピン、ステップのレベルの取りこぼしがあったし、フリーでは、ドーナツスピンが途中でほどけてしまった。今まで見たことない光景でした。インタでもどこか悟りきったような雰囲気で、悪い予感はしたのですが・・・想像以上に、深刻だったんですね・・・(涙)

2012年のグランプリファイナル、2013年のワールドもエキシビションは体調不良で欠場していたので、これまでもよくあるにはあったんですが・・・彼は、ストレスが胃腸にくるタイプだったかと思うので、ただのストレス性のものであればいいのですが・・・。とにかく、精密検査の結果が大事ないことを祈るばかりです。


よろしければポチっとお願いします♪

人気ブログランキングへ

関連記事

テーマ : フィギュアスケート - ジャンル : スポーツ

2014/12/28 14:10 | フィギュアスケート(2014-2015)COMMENT(2)TRACKBACK(0)  TOP

羽生結弦選手 全日本選手権三連覇 おめでとう!!

全日本選手権、男子の結果がでました。結弦くん、全日本三連覇、おめでとう!!

羽生、全日本3連覇達成!今年ラスト演技で圧巻の舞い!(2014.12.27 スポニチアネックス)

フィギュアスケートの全日本選手権は27日、来年3月の世界選手権(中国・上海)の代表選考会を兼ねて長野市ビッグハットで行われ、男子ショートプログラム(SP)首位の羽生結弦(ゆずる、20=ANA)がフリーでもトップの192・50点をマーク。合計286・86点で全日本3連覇を達成した。

最終組21番目に登場した羽生。冒頭の4回転サルコーは着氷ミスで転倒したものの、続く4回転トーループを成功させると、後半のコンビネーションジャンプなどを鮮やかに決める圧巻の演技を披露。場内がスタンディングオベーションで沸き返る中、ひとつ大きくうなづき、表情に満足感を浮かべた。

全日本優勝で世界選手権代表の座は確定。今後は男女通じて日本初の世界選手権連覇に照準を合わせる。11月の中国杯で負傷しながら、NHK杯に強行出場。その後、GPファイナル、全日本選手権と過密スケジュールをこなしてきた。羽生はケガの影響を口にしないが、今も右足首にはテーピングが施されている。来年2月に行われる四大陸選手権(韓国・ソウル)は回避が濃厚。万全な状態で世界選手権を迎えるため、拠点のカナダ・トロントでじっくり調整する方針となっている。



フィギュア:羽生、王者の課題「壁の先には壁しかない」(2014.12.28 毎日新聞)

「意識していない」と言い続けてきた3連覇。羽生結弦(ANA)は目の前の試合に集中して一生懸命に滑った。そして結果を実らせ、「素晴らしいものをいただけた。非常にうれしい」と喜びを口にした。

フリーの完璧な演技はまたまたお預け。GPファイナルと、前夜の今大会SPでミスをして鬼門となっていた3回転ルッツは修正に成功し、2回跳んでいずれも着氷。だがGPファイナルで成功した4回転サルコウは転倒した。なかなか全てがそろわず、「終わってほっとしたが、若干悔しい思いもある」と心境を吐露した。実はGPファイナル後、「疲れがたまっていてちょっと大変だった」という。それでも調子の波を整えて臨み、「あきらめずに滑り、僕ができることはしっかりやった」とうなずいた。

今季はこれまで「普通のスケーターが経験できないことを経験し、いろいろ学んだ」。中国杯での激突事故。傷が癒えずにボロボロの演技だったNHK杯。それでもリンクに立ったのは「(王者の)プライドを守るためにスケートをするのではなく、スケートが、ジャンプが好きだから」だった。

圧勝の中で得た課題は、4回転サルコウをどう跳ぶか。「壁の先には壁しかない。課題が克服できたら人間は欲深いものだから、それを越えようとする。僕は多分、人一倍欲張り」。更なる高みを目指していく。



羽生 別次元で3連覇も「不完全燃焼」(2014.12.28 スポニチアネックス)

フィニッシュポーズを解いた後の悔しそうな表情は、王者のさらなる可能性だ。羽生は冒頭の4回転サルコーで転倒したが、いきなりのミスも引きずらない。続く4回転トーループを決めると、その後は正確にジャンプを決め続けた。前日のSPで失敗した最後のジャンプ、トリプルルッツも成功させ、2位の宇野に35点以上をつける異次元Vで3連覇を達成した。

もちろん満足はしない。「まあ優勝自体はうれしいんですけど、サルコージャンプをミスしてしまったのと、かなり抑え気味でフリーを通していたので、ちょっと悔しいというか不完全燃焼というか…そういう感じです」

2位に入った宇野とは小学生時代から戦っており、同期のような感覚があるという。「すごくうれしいと思うと同時に、もっとみんなで頑張んなきゃいけないな、シニアの選手らしく頑張っていかなきゃいけないなという気持ちになりました」と、シニア選手のプライドをのぞかせ「最後のルッツはシニアの意地を見せました」と、人なつっこい表情で笑った。

3月には、連覇がかかる世界選手権(上海)が控える。大会に向けての理想型を問われると「もちろんノーミスしたいという気持ちはあります。ただノーミスすることがすべてではないですし、ノーミスするために何をしていくべきか。いい演技をするために何をしていったらいいのか。そういうことを、毎日毎日過程を大事にしながらやっていきたい」。王者はまだまだ高みを目指す。



羽生、疲労困憊も「ミス最小限」 全日本選手権(2014.12.28. 産経新聞)

演技が終わりに近づくにつれ、大きくなっていく会場の拍手。その中で羽生の息は上がり、いつも以上に汗が噴き出した。「体調が悪い中で、ちょっと大変だった」。リンクを降りる前から膝に手を当てるほど体力は限界だった。

フリーでたたき出した得点は192・50点。SPに続くトップで、エースの系譜を受け継いだ高橋大輔以来となる3連覇を達成。絶対王者へ駆け上がる20歳は、どんな状況でも負けない強さを身につけていた。

「ミスを最小限にとどめられた」と振り返った演技だが、ベストとは程遠かった。

開始から本来のスピードがなく、冒頭の4回転サルコーでいきなり転倒。続く4回転トーループを成功させたところで浮上の足掛かりをつかんだ。そこからは大きなミスなく、4分半を滑り切った。

すべての演技を終え、初めて認めた大会期間中の体調不良。疲労が蓄積し、前日もSPを滑った後に腰などを入念にマッサージして回復に努めた。

五輪金メダルに世界王者、GPファイナル連覇とこの日の全日本王者防衛。羽生はタイトルを獲得した瞬間から「もう過去のもの」と割り切る。「プライドを守りたい気持ちはあるけど、そのために滑っているわけではない。スケートが好きだからやっている」。純粋な感情こそが、羽生の強さの源だ。



<男子シングル 結果>
1位   羽生結弦   286.86(94.36/192.50)
2位   宇野昌磨   251.28(85.53/165.75)
3位   小塚崇彦   245.68(72.39/173.29)
4位   町田樹   242.61(90.16/152.45)
5位   無良崇人  236.40(78.54/157.86)
6位   山本草太   206.80(67.19/139.61)



三連覇は大丈夫だと思いつつ、身体が万全でないことはわかっていたので、やはり心配でした。
ショート、フリーも、ファイナルのときより、抑えめな演技に見えましたが、体調不良だったんですね。
確かに、疲れている感じがしました。インタの受け答えも、いつもより元気がなかったし。
怪我をおしてほぼ2週間おきに、「中国杯→NHK杯→ファイナル→全日本」と連戦でしたから無理ありません。
でも、それでも最小限のミスで纏めました。結果的には、他を寄せ付けない圧勝でしたね。さすがです。
四大陸回避が本当なら、賢明な判断だと思います。とにかく、今年は色々ありすぎました。
フリーでビールマンも回避したところをみると、ファイナルより、腰の状態もよくないのでしょう。
無理せず、トロントでじっくり調整して、世界選手権に向けて、十分体調を整えてほしいと思います。


          全日本2014 フリー ゆづ

     全日本2014 表彰式


よろしければポチっとお願いします♪

人気ブログランキングへ

関連記事

テーマ : フィギュアスケート - ジャンル : スポーツ

2014/12/28 10:00 | フィギュアスケート(2014-2015)COMMENT(1)TRACKBACK(0)  TOP

羽生結弦選手 はたちの献血 TVCM動画 「エアボーカル」篇

結弦くん、こんなCMも撮ってたんですね。日本赤十字社の献血CMです。
メイキングと、「エアボーカル」篇、3パターンの動画、メッセージを貼っておきます。公式サイトはこちら
メイキング動画の服装からすると、撮影は夏でしょうか。夏に帰国してたときに、撮ったんでしょうね。


  

  

  

  

  


しかし、結弦くんのCM、今年はもうなかろうと油断してたら、最後の最後にきたな・・・(笑)


よろしければポチっとお願いします♪

人気ブログランキングへ

関連記事

テーマ : フィギュアスケート - ジャンル : スポーツ

2014/12/25 13:10 | フィギュアスケート(2014-2015)COMMENT(5)TRACKBACK(0)  TOP

 | BLOG TOP |  NEXT»»