2015年4月の読書メーター

昨日の引き続き、読書メーターをUPします。今日は4月分です。

内訳は、BL小説13冊、BLコミック1冊、スケート誌11冊、雑誌1冊。

入院中に、「しあわせにできる」をやっと読み終えたので、できれば今月は同人誌版に着手したい。
和泉桂さんの罪シリーズも再読始めました。これも今月には読み終えたいです。

買ったまま置いてたスケート誌をまとめて読み終えました。
ソチ五輪以降の羽生結弦ブームで、雨後筍のごとく、次々と結弦くん表紙のスケート誌が発売されています。
ソチ五輪以降に、ブームに乗っかって刊行され始めたスケート誌の特徴はとにかくゆづ成分が多いこと。
半分以上、いや、ゆづ率90%なんてのもでてきてる(いっそ、潔く100%にすればいいのにと思う)。
こういうゆづゆづ本のもうひとつの魅力は、老舗スケート誌と違って、価格が安いこと。
800~1000円(税抜)くらいで、ゆづ成分50%以上の本が買えるのだから、どうしても心惹かれてしまいます。

先月はニワカと老舗、両方まとめ読みして、いろいろ考えさせられました。
ゆづ成分が多いのはありがたいけど、ニワカ誌は、作りがお手軽で雑なんですよね。
ゆづ成分は多いけれど、中身は・・・で、質より量に徹する・・・というスタンスがニワカ誌です。
読後の満足度は、老舗の方がやっぱり高いように思います。でも、ゆづ成分もたくさん欲しい。
・・・ということで、ゆづファンにとっては、どの本を買うか、悩ましい日々が来シーズンも続きそう(笑)

3月と4月で、18冊分のスケート誌の感想をあげてますので、興味のある方はご参考までに。


よろしければポチっとお願いします♪

人気ブログランキングへ


続きを読む »

関連記事

テーマ : ボーイズラブ - ジャンル : 本・雑誌

2015/05/01 09:30 | 読書メーターCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

 | BLOG TOP |