羽生結弦選手 3年後の決断 その2 ~浅田真央選手復帰会見に寄せて~

前回の続きです。
この記事は、外に向けての発信というより、私自身の覚え書きの意味あいの方が大きいので、申し訳ないのですが、空気読まずに長くなります(汗) 読んでやってもいいよ~という方のみ、お付き合いください。

前回、「フィギュアスケート Days vol.18」誌上での、「平昌で引退宣言」にショックを受けたと書きました。
発売日は2014年6月ですが、そのインタビューに答えているのは、4月10日頃と思われます。
その数日前(世界選手権直後)の、報道ステーションのインタビューで、松岡修造さんの「平昌後、現役を続けるか?」という質問に、「ハーフハーフです」と答えていたから、少し期待してしまっていたのかもしれません。

彼の目標とする「五輪二連覇」を達成したときに引退する・・・それが一番綺麗な退き方。
平昌後も続ければ、年齢的に、それまでより体力面で厳しくなる。それは確かです。
引退しても、アイスショーで見ることはできる。
彼の冠ショーであるTOIは毎年開催されるようになるでしょう。
彼の出演するアイスショーのテレビ放送は絶対あるだろう。
彼なら、解説者としても活躍するのは間違いない。
長く現役を続ければ、怪我のリスクも一層大きくなる。
プロスケーターなら、怪我の心配もそれほど多くない。
シーズンが始まるたびに、結弦くんが怪我するたびに、ハラハラすることもない。
私は、彼が勝つところを見たいわけじゃなくて、彼の演技を見たい。
だから、競技にこだわる必要はない。
なのに、なぜ、こんなにショックなんだろう?・・・自問して見えてきたことがありました。

ソチシーズンで引退した織田信成さんが、こちら ↓ のインタで、こんなことを言ってました。

  フィギュアスケート日本男子ファンブック Quadruple2015  (2014/11/27)

今までずっと、僕はフィギュアスケーターとして生きてきたので、技術が落ちてしまうということが怖いんですよ。引退して9ヶ月経ってもその怖さから抜け出せずにいるんです。まだ、選手時代の名残というか、自分の中に強迫観念が残っているのかな。ちょっと休んで4回転が飛べなくなったとすると、「自分は生きている意味があるのかな・・・」くらいに思っちゃうので(笑) そこまで突き詰める考え方は、よくないとは感じているんですけど。


競技を引退すると、練習量は減り、コーチとの契約も切れる。通常、技術の進歩は止まります。それからは技術が落ちないように、維持をしていくことになる。そこまで技術を積み上げるのに、二十年近くかかっても、油断すれば落ちるのは簡単です。昨年の「メダル・ウィナーズ・オープン」で、かつては一流選手だったはずの海外女子スケーターが、まだ二十代なのに、単独の三回転もまともに飛べなくなってるのを見て、ちょっと悲しくなりました。真央ちゃんの復帰でも言われるように、1年の休養ですら、技術を元の状態に戻すのは容易ではない。

あれだけプロ意識の高い結弦くんのこと。
引退しても、そう簡単に技術を落とすようなことはないでしょう。
でも、どこかで「勿体ない」と思ってしまう自分がいるのです。
23歳の若さで、不世出の天才スケーターの技術の進化が止まってしまうのか・・・と。
まだ、その先に成長の余地があるかもしれないのに。

プロになったら、四回転を組み入れたプログラムをもう見ることはできないかもしれない。現役の今でさえ、シーズン前にSPなどの競技プロをお披露目するときは別として、ショー用のプログラムでは四回転を組み入れていない。プルシェンコが、「五輪チャンプのくせに、ショーで3Tしか飛ばない奴がいる」と嘆いていたけれど、プロになれば、完成度が優先される。元々、照明が暗く、狭いアイスショーのリンクは、四回転には不向き。もちろん、結弦くんの魅力はジャンプだけじゃない。それに、ショーの最後に、観客サービスで、四回転を飛んでくれるかもしれない。でも、あの芸術的な四回転を、プログラムの中でもう少し長く見ていたい・・・という気持ちがある。いや、彼のことだから、もしかしたら、プロ転向後は、四回転をショープログラムに組み入れてくるのだろうか・・・。

2つ目は表現力。こちらは、競技を引退した後でも、いくらでも成長できる余地がある部分です。
一流といえる選手なら、その選手基準で・・・ですが、年齢とともに表現力はあがっていくものです。
小塚選手も、織田さんも、若いときよりも、今の方が表現に深みがでるようになったと思います。
結弦くんも、年々表現力は増している。スケーティングの向上で、さらに磨きがかかってきた。
これから年齢を重ねていったら、どんなに情感豊かなスケーターに成長するのでしょう。

私は、彼の技術力と表現力が最高の地点で融合した、その到達点を見たかったのだと気付きました。
それは23歳よりもう少し先なのではないか・・・私は、そう考えていたのです。
小塚選手も織田さんも高橋さんも、演技に円熟味が増したのは、20代半ばになってから。
その両者を求めるなら、それはやはり競技プロでしか見れないものではないだろうかと。

そして、3つ目。ショーで滑る結弦くんも素敵です。でも、私は、戦う彼も好きなのです。
彼に堕ちたのも、あのニースワールドの”討ち入りロミオ”。そこからずっと彼の戦う姿を見てきた。
試合のピリピリした緊張感の中で、「勝利を獲りにいく」ときの、全身からメラメラと発する炎のようなオーラ。
青嶋氏のいう「天使の姿をした野獣」がリンクで咆哮する姿は、ゾクゾクするほど、魅力的です。
頭の中でアドレナリンが沸騰している、戦闘モードの彼は最高に美しい。それはショーでは難しい。
間違いなく、彼は素晴らしいショースケーターになる。それでも・・・と思うのは、ファンの我儘なのでしょうか。


2014年4月5日の中日新聞のインタビュー記事で、結弦くんはこんなことを言っていました。

簡単に言えば、理想との距離は縮まらない。到達することはないけれど、試合に勝つと通過点として小さな達成感がある。大きな達成感を味わいたくはないかなと思う。目標を決めると、行き着いたら燃え尽きてしまう。

私などが考える”到達点”よりも、彼の目指すところは、もっと果てしなく遠いものなのでしょう。
きっと、永遠に理想に到達することはない。それでも、どこかで区切りをつけなくてはならない。
だからこそ、「大きな達成感」を味わう舞台として、彼は平昌を選んだということなのでしょうか。
そこで燃え尽きるために・・・?


長ったらしい一人語りを、最後までお読みくださった皆様、ありがとうございました。
あの当時の、結弦くんの「平昌引退」ショックの理由。
自分の場合は・・・ということで振り返ってみました。
突出した技術力、年々進化する表現力、リンクという戦場で戦っているときの崇高なまでの美しさ。
振り返って、あらためて、彼がどれほど類まれなスケーターであるか、実感したのでした。
もちろん、彼が幸せであることが一番大事。彼が選んだ道は、何であれ、応援していくつもりです。


よろしければポチっとお願いします♪

人気ブログランキングへ

関連記事

テーマ : フィギュアスケート - ジャンル : スポーツ

2015/05/26 12:30 | 2014-2015 seasonCOMMENT(6)TRACKBACK(0)  TOP

 | BLOG TOP |