羽生結弦選手 「 KENJIの部屋」 第三回目 感想

「KENJIの部屋」3回目の感想です。
内容は、多少簡略化した形で、結弦くんの話した部分だけ、まとめてます。そちらは「続きを読む」からどうぞ。

3回目は、震災のこと、初出場の世界選手権のこと、カナダのクリケットのことなどを語ってくれました。

「花になれ」は、ミヤケンさんが初めて結弦くんに振付したものだそうです。
ミヤケンさんが結弦くんに振り付けたプログラムは、「花になれ」他には、「story」「天と地のレクイエム」「Final Time Traveler」「True Love」「Believe」などもそう。どれもファンタジーオンアイスのアーティストとのコラボのプログラムですね。それを、結弦くんは、そのシーズンのEXプロのひとつとして使っています。
特に、「花になれ」はお気に入りのようで、2012-2013シーズン以降も、何度もショーで演じていますね。

私も「花になれ」はとても好きなプロだし、「天と地のレクイエム」も素敵だとは思います。
ただ・・・個人的には、私は結弦くんとミヤケンさんとはそれほど相性がいいとは思っていません、実は(笑)
FaOIの振付をミヤケンさんが今後も担当する限り、この流れが続くんでしょうけど、できればEXプロは、どうせ日本人に振付してもらうなら、菜々美先生がいいなあと思ったりします。先日のFaOIの「ヴァーティゴ」を見ても、「花は咲く」を見ても、結弦くんの上品さや透明感、可愛らしさを本当にわかっていて、それをプログラムに一番生かせるのは、子供の頃から結弦くんを見てる菜々美さんだと思ったので。

それから、結弦くんの「僕は結構合宿とかアイスショーだとか試合の公式練習とかで上達することがものすごくある」という言葉で、アイスショーにでることは、結弦くんにとっては必要なことなんだなとあらためて思いました。三冠とって燃え尽きていたとき、アイスショーで、先輩スケーターの演技にふれることで、またモチベーションがあがってきたと言っていたし、「ショーに出すぎでは・・・」とどうしてもファンは心配性になってしまうけれど、大勢の観客の前で4Loを披露するなんてことも、ショーでなければできませんものね。でも、ショー以外の仕事は減らしてあげて・・・とはやっぱり思いますが(笑)

結弦くん、移籍後初めてのグランプリで、世界最高得点だして衝撃的だったと言っています。
はい、ファンも衝撃的でした(笑) その前のフィン杯でも、ショート失敗してたし(それでも優勝してたが)。
2回目の感想でも書きましたけど、このときの演技は本当にとても印象に残っています。
カナダ放送でも、実況も解説も滅茶苦茶興奮してましたよね。「まだ17歳? まだこれから進化するの?」って。

あと放送は2回を残すのみとなりました。いろんな話が聞けて嬉しいけど、アッという間ですね(笑)


      KENJIの部屋3回目


よろしければポチっとお願いします♪

人気ブログランキングへ


続きを読む »

関連記事

テーマ : フィギュアスケート - ジャンル : スポーツ

2015/09/18 09:45 | 2015-2016 seasonCOMMENT(2)TRACKBACK(0)  TOP

羽生結弦選手 「 KENJIの部屋」 第二回目 感想

12日の夜に長崎から帰ってきました。5日ぶりの更新です。
関西を留守にしてる間に、北日本では大変なことになっていて、結弦くんの故郷の宮城県も甚大な被害があったようで、心配はしていたのですが、長崎は同じ日本とは思えないくらい天候に恵まれました。
また、長崎旅行のレポは、時間のあるときに、おいおいあげたいと思います。

一週間遅れになりますが、「KENJIの部屋」2回目についてです。(今日、3回目初回放送ですよね・・・汗)
あちこちで、録画おこしされてると思いますので、見てないかたも、すでに読んだ方は多いでしょう。
多少簡略化してますが、結弦くんの話した部分だけ、まとめておきました。そちらは「続きを読む」からごどうぞ。

さて、では感想です。今回は自分語りも多いし長いです。お付き合いいただける方のみお読みください(汗)
2回目は、ジャンプについて、ノービス・ジュニア時代の思い出、シニア1年目を中心に語ってくれました。

で、その中で、印象に残ったことは、まずこれ ・・・ 今は2Aが飛べない

実は、この件に関しては、私もずっと疑問に思っていたのです。「結弦くんは2Aが跳べるのか?」と。
なぜなら、彼がシニアにあがってから、2Aを跳んでるのをみたことがないから。元々、構成に2Aを組み込んでいないし、3Aで転んだことはあっても、抜けて1Aになったことはあっても、抜けて2Aになったことはない。
今回の対談で謎が解けました。もう2Aが跳べない身体になってしまったのね(笑) 今は3Tも苦手なのか~。

次に、取り組んでいる新しいジャンプのこと。結弦くんは、ショーのフィナーレで、よく4回転ループを跳んでますが、より難しいジャンプを跳ぶことで、他のジャンプが簡単になるという効用もあるみたいです。今、な~にも考えなくても、3回転ループが跳べるそう。ただ、今、ルッツは少し苦手意識があるのかもしれませんね。シーズン開始までにうまく修正できますように。

一番最初の世界ジュニアに出場するとき、無理な練習で腰を痛めた・・・という話を聞いて、賢い結弦くんなのに、この点だけは、ジュニアの頃から、まったく学習できないのね・・・とある意味感心しました(笑) 2012年、2013年、2015年・・・ずっと故障もちのワールド出場。それでも、2013-2014年のソチシーズンだけ体調管理がうまくいっていたのは、やはりスケートの神様に愛されているということでしょうか。イメージと違い、意外と練習時間が短いというのも、その理由として、以前「長く練習すると集中力が切れ、そうすると怪我をしやすくなるから」と言っていたような。量より質・・・という練習を心掛けているんでしょう。まあ、確かに、調整の遅れで焦って練習量を増やしたときに怪我をする・・・というパターンが多いような気がしますね。

一番、印象に残ってる試合・・・これ、私も考えてみました。シニアにあがってからの試合限定で。
いろいろあるけれど、マイベスト3はやっぱりこうなるかな。


1位  ロミオとジュリエット(2012年ニースワールド)
2位  パリの散歩道(2012年スケートアメリカ、2014年ソチオリンピック) 
3位  ロミオとジュリエット(2013年 グランプリファイナル)



一位のニースワールドのロミジュリ。この1試合で、私は”羽生結弦”に堕ちました(笑)
このロミジュリ、多いときは1日に10回くらい再生して、3か月くらい憑かれたように毎日リピしまくっていました。
何度見ても、毎回鳥肌がたちました。おそらく、このロミジュリほど鬼リピするプログラムはもうないでしょう。

2014年ワールドのEXで、結弦くんはこのロミジュリを滑ってくれましたが、ニースのロミジュリを見過ぎたせいで、ステップで転倒しなかったのに違和感を感じたくらいです(笑) 身のこなしも、スケーティングもニースよりずっと洗練されている。でも、2014年のロミジュリには、2012年のときほど感動しなかった。何かが足りない。それは”ロミオの狂気”です。中国杯の血まみれのファントム・・・あれだけボロボロの演技でも「美しい」と感じたのは、”ファントムの狂気”が見る者を震撼させたからです。
ニースの17歳のロミオ・・・青くささも、荒削りなところも込みで、あの”至高のロミオ”だったんでしょうね。

パリ散・・・これは持越ししたこともあって、試合でたくさん見ました。その中で、ソチ個人のパリ散はもちろん印象が強いのですが、、2012年のSPの歴代最高得点(当時)をだしたパリ散もかなりのインパクトでした。私が、ブログで結弦くんを取り上げるようになったのが、2012年4月からですが、その一発目が、結弦くんが練習拠点をカナダに変え、コーチがオーサーになる・・・という記事だったかと思います。
スケアメの前にフィン杯がありましたが、B級以外では、移籍後初めての試合。カナダに拠点を移して、吉と出るか、凶とでるか心配していたので、成果のでる早さとすごさにびっくりしました。

今では考えられないことですが、結弦くんが出場したスケアメは、地上波放送がなく、BS放送だけでした。その頃は、まだうちはBSが見れなくて、スケアメ見るためだけに、Jcomに入ったものでございます(転居後、スカパーに変えましたが) 
最高のショートのあとに、地獄のフリーが待っていたので、それもすごく印象に残っていますね。

ロミオとジュリエット・・・スケカナ、エリックと、2013年のGPシリーズは、チャンと2連戦。過酷なアサインでした。
2012年に全日本チャンピオンになっても、この頃の結弦くんは、日本男子ではナンバー2の扱いでした。2戦ともチャンに全く歯がたたず、ギリギリでのファイナル出場。そこで、チャンを破ってのまさかの優勝。結弦くんがオリンピックの金を引き寄せた大きなきっかけになったフリーでした。ソチシーズンだっただけに、あれは本当に嬉しかった。考えてみれば、あれ以降、結弦くん、チャンに全勝なんですよね。

ソチで金、平昌で金が、小学生の頃からの規定路線・・・何のメディアかは忘れましたが、シニア1年目の頃かな? 彼が「平昌で金をとりたい」といってるのは読んだことがあります。心の中ではソチ金も狙っていたのでしょうけど、その頃は”3強”の壁が大きく立ちはだかっていた時代。ソチ出場もどうなるかわからない頃だったから、ソチ金までは言いにくかったのでしょうね。オーサーにすら、「ソチ金、平昌金」という意思をはっきり告げたのは、ソチファイナルのときだそうだから。でも、不言実行・・・さすがです。

とても充実した内容の2回目でした。3回目の記事もまた追ってあげるつもりです。


      KENJIの部屋2回目


よろしければポチっとお願いします♪

人気ブログランキングへ


続きを読む »

関連記事

テーマ : フィギュアスケート - ジャンル : スポーツ

2015/09/15 12:00 | 2015-2016 seasonCOMMENT(3)TRACKBACK(0)  TOP

お知らせ

10日から12日まで留守にします。更新はその間お休みさせていただきます。

PC断ちになるので、その間いただいたコメントへのレスは、13日以降になります。

ご了承ください。

長崎の方に遊びにいきます。また、帰ったら、ご報告したいと思います。

ではでは。


よろしければポチっとお願いします♪

人気ブログランキングへ

関連記事

テーマ : フィギュアスケート - ジャンル : スポーツ

2015/09/10 06:50 | お知らせCOMMENT(2)TRACKBACK(0)  TOP

羽生結弦選手 ロッテガーナ新CM 「2人の羽生結弦」篇

昨日、結弦くんの、ロッテガーナ新CMが発表されました。

2人の羽生結弦 演技する自分を応援する自分(2015.9.8 日刊スポーツ)

フィギュアスケートのソチ五輪男子金メダリスト羽生結弦(20=ANA)が、8日からロッテ「ガーナミルクチョコレート」の新CMに出演する。

真っ赤な衣装でリンクを舞う羽生。その姿を見つめるのもまた、羽生だ。「2人の羽生結弦」編では、夢の世界の自分を、現実の世界の自分が外から見ているシーンから始まる。手を差し伸べるともう1人の自分は演技をやめてしまい「負けんな!」とエールを送ることで、前を向いて華麗な滑りを取り戻すというものだ。一人二役を熱演した羽生は「…70点ぐらいですかね(笑い)。今回は演技する場面が多かったので、とても難しかったです」と振り返る。

CMでは得意の4回転ジャンプのほか「ハイドロは今季の見どころでもあるので」と、流れるような滑りでスタッフを魅了。慣れないリンク上での照明運びも率先して手伝い、長時間の撮影にも「大丈夫です、アスリートですから!」と疲れの色ひとつ見せなかった。

元世界女王で今季から復帰する浅田真央(24=中京大)が出演する「2人の浅田真央」編も公開される。



真央ちゃんの新CMと同時発表で、コンセプトは同じ「2人の浅田真央」です。真央ちゃんのはこちら

結弦くんの新CMはこちら。ロッテの公式チャンネルから。

  【羽生結弦選手出演】ロッテ ガーナCM「2人の羽生結弦」篇 15秒
  

せっかくお揃いの赤の衣装なのだから、二人で共演したバージョンも見たいものですね(笑)


では、結弦くんのメイキング映像とCM撮影後のインタビューです。
ロッテの公式メイキング動画より、尺が長いので、こちらをあげておきます。

  羽生結弦「今期の見せ場」を披露
  

フィギュアスケートの羽生結弦選手が出演するロッテ「ガーナミルクチョコレート」の新­CM「2人の羽生結弦」編が、9月8日から放送される。つらく困難なときに、自分自身­にエールを送り奮い立たせる様子を描いた内容のCMで、「負けんな!」と叫ぶ羽生選手­の迫真の演技が見どころ。撮影現場で羽生選手は、4回転などさまざまなジャンプを披露­。「もっと跳ぶタイミングを遅らせた方が映りますか?」などと、撮影スタッフと積極的­にコミュニケーションを取っていた。また、「今期の見せ場なのでハイドロ(ハイドロブ­レーディング)を入れたい」と、自ら提案する場面もあった。


最後に、こちらはCMでは流れない特別映像。

  羽生結弦選手 ロッテガーナ 360°SKATING FOR YOU
  

羽生結弦選手があなただけのために披露してくれる特別なスケーティング。
コブクロ『hana』にのせて360°カメラで撮影された見たことのない映像体験をお­楽しみください。



ロッテ 2人の羽生結弦-1

           ロッテ 2人の羽生結弦-2


よろしければポチっとお願いします♪

人気ブログランキングへ

関連記事

テーマ : フィギュアスケート - ジャンル : スポーツ

2015/09/08 10:40 | 2015-2016 seasonCOMMENT(5)TRACKBACK(0)  TOP

日テレプラス THE ICE 2015 愛知公演 完全版 感想

すでに8月の中旬にBS日テレで放送されてましたが、演技が流れたのは一部のスケーターだけでした。
その完全版が、8月31日に日テレプラスで放送されたので、その感想を簡単にあげておきます。

「THE ICE」は、2012年から2014年まで、大阪公演をみにいきました。結弦くんの出演は2012年だけでした。
結弦くん抜きでも楽しめるアイスショーなのですが、今年は、FaOIの神戸公演を2公演見に行き散財(笑)したので、見送りました。でも、やっぱり見に行けばよかったかなと、後でちょっぴり思いましたが(笑)

以下、印象に残った演技のみですが、感想です。(男子は青字、女子は赤字、その他はピンク)。


オープニング : 仮面舞踏会
「もう一度見たい浅田真央のプログラム」のファン投票で2位に選ばれたのが「仮面舞踏会」です。
オープニングは、スケーター全員による「仮面舞踏会」。ちゃんとストーリーがあって、まるでミュージカルのよう。
これまでの「THE ICE」でもなかった趣向で、とてもよかったです。これは生で見たかった!
男女ペアで踊る場面、男性が足りなかったようで、鈴木さんと宮原さんが二人でペアで踊ってました(笑)

ジェフリー・バトル : Here's To LIfe
美しい容姿と滑りを生かした、ウットリするようなプログラムでした。FaOIで披露したダンサブルなプロとは正反対で、表現の幅の広さを感じさせます。「これぞプロスケーター」という感じの演技でした。

宮原知子 : Pennies From Heaven
ジェフリー・バトルの振付。赤い傘がとても似合ってます。最初から最後までずっと傘をもったままで、難しいプログラムだと思いますが、2Aと3Tのジャンプも傘をもったままノーミスで見事でした。
小粋でちょっとコミカルで、バトルのセンスの良さが光ります。宮原さんの愛らしさを生かした可愛いプロでした。

BS放送ではカットされていた各選手の演技後インタビューがこの完全版では放送されていました。
で、宮原さんのインタを見て、ちょっとビックリ。あれ? こんなにハキハキ話す子だったっけ?(笑)
インタビュー慣れしてきたということもあるだろうけど、自信が彼女を着実に変えてるなと思いました。
まだショーの演技しか見ていないけれど、昨シーズンよりさらに成長してるようなので、とても楽しみです。

アダム・リッポン : Who Wants To Live Forever
今年のSPだそうで、とても個性的というか、官能的なプログラムでした。容姿がいいので、似合っていますね。
しかし、衣装が刺激的ですねえ。競技会の衣装とは思えないわ(笑) 
黒いスケスケの衣装に、クイーン・・・なんか、リッポンもだんだん隠さなくなってきてるなあ(←えっ?)

ジョアニー・ロシェット : La Vie en Rose
現役時代は全然興味なかったスケーターですが、プロになってからの彼女は素敵だなと思います。
このプログラムも、柔らかな、大人の女らしさがあふれでてる感じで、とてもよかったです。
ロシェットは、バトルの振付が多い印象だけど、これもバトルかしら?

アデリナ・ソトニコワ : Latina
情熱的でダンサブルなラテンミュージック。今シーズンのショートプログラムだそうです。
音楽にノリノリにのってのステップ・表現力はさすがでした。これまでとは雰囲気をガラリと変えてきましたね。
ただ、ジャンプがなかなか戻ってきてないような印象なので、そこが危惧されるところでしょうか。

カロリーナ・コストナー : Adagio
氷上の貴婦人というか、神々しさすら感じるほど美しいエレガントな演技。ランビエールの振付だそうです。
コストナーは、一度だけ生で見たことがあるのですが、やはり氷上での存在感というか、オーラがすごい。
スタイルがいいということは、スケーターにとって本当に武器だなあと、つくづく感じさせる人でもありますね。

浅田真央 : 踊るリッツの夜
プログラムはともかくとして、衣装が・・・う~ん。個人的に、この衣装は何度みてもあまり好きになれません。
彼女のせっかくのスタイルの良さが生かせてない。勿体ないような気がします。でも、変えないだろうなあ。

浅田真央&ジェフリー・バトル : プル・ウナ・カベサ
「もう一度見たい浅田真央のプログラム」のファン投票で1位だったのが「ポル・ウナ・カベサ」。
「HTE ICE」では定番のバトルとのペアダンス。息もぴったりで、美男美女で本当に絵になります(笑)

では、最後に、宮原さんの今シーズンのEXプログラムの動画を貼っておきます。BS版の方です。
バトル振付の「Pennies From Heaven」。EXはあとひとつ、ランビエール振付の「翼をください」があるらしい。
そちらは、8月のフレンズオンアイスで披露されたようです。しかし、宮原さんのEX、豪華だな(笑)


  2015theice Satoko MIYAHARA
  
2015theice Satoko MIYAHARA 投稿者 hana02014


よろしければポチっとお願いします♪

人気ブログランキングへ

関連記事

テーマ : フィギュアスケート - ジャンル : スポーツ

2015/09/06 09:30 | 2015-2016 seasonCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP