羽生結弦選手 練習再開は6月 & 「週末仙台」のMAD動画

結弦くんの怪我の状態に関する続報。また、日本スケート連盟のJOC杯受賞のニュースです。

羽生は来季6月始動…城田憲子監督が明かす(2016.4.28 スポーツ報知)

フィギュアスケートのソチ五輪王者で左足の「リスフラン関節靱帯(じんたい)損傷」のため4月初めに全治2か月の診断を受けた羽生結弦(21)=ANA=の来季始動が例年より1か月遅い6月にずれこむことになった。27日に日本スケート連盟の15―16年シーズン表彰祝賀会が都内で行われ、ANAスケート部監督の城田憲子氏(69)が明かした。

羽生は世界選手権後に練習拠点のトロント(カナダ)へ戻り、診察を受けた。以降スケート靴は一度も履かずに、ストレッチやリハビリに努めており「早く治さなくちゃの気持ちが一番強い。治療に専念している」と城田監督。来季のプログラム作りについては「いつもは5月最初に決めていたけど、6月にずれこむことになる」と話した。昨年11月のスケートカナダ前後から左足に痛みを覚え、徐々に悪化。1月は練習を2日やって1日休んでの繰り返しだったという。



羽生 来季始動1カ月遅れ…左足じん帯損傷の影響で (2016.4.28 スポニチアネックス)

フィギュアスケート男子で左足リスフラン関節じん帯損傷で全治約2カ月と診断された羽生結弦(ゆづる、21=ANA)が、故障の影響で例年よりもプログラム作りが約1カ月遅れることになった。

27日に都内で行われた日本連盟の15~16年シーズンの表彰祝賀会で、羽生はスピードスケート女子の高木美帆(21=日体大)とともに最優秀選手に相当するJOC杯を受賞。カナダ・トロント滞在中の羽生に代わり、所属の城田監督は「いつもは5月上旬に(プログラムを)作っているが、今年は6月くらいに予定している」と明らかにした。

羽生は4月の世界選手権後はスケート靴を履いておらず、現在は日本人の理学療法士と治療を行っている。「休むことが第一。休みさえすれば完治する」と同監督は話した。

.

結弦くん、JOC杯受賞おめでとうございます。これで3年連続の受賞でしょうか。
6月から氷に乗れたとしても、2ヶ月のブランクを埋めるのには、それなりの時間がかかるでしょう。
でも、焦らず、完全に治すことを優先してください。一番大事なのは五輪シーズンですから。

ブルーな気分になってるゆづファンも多いと思いますので・・・。
明るい気分になれそうな動画を紹介します。2日ほど前にUPされた、yuzu honey様の新作です。
「週末仙台」の画像を使ったMAD動画です。yuzu honey様、いつもありがとうございます♪

 羽生結弦 image写真館(21) yuzuru hanyu image photos 21
 


※ 結弦くん、カナダから熊本を支援の情報です。(2016.428 夜 追加)

ファイテンのHPから http://www.phiten.com/list/news_con.aspx?NewsID=1169

熊本地震 被災地支援
2016年4月28日(木)
弊社契約選手フィギュアスケート羽生結弦選手から依頼を受け、熊本県庁福祉政策課を通じて飲料水を以下被災地に支援させていただきましたことをご報告致します。

熊本八代保健所
熊本製粉株式会社西合志倉庫



よろしければポチっとお願いします♪

人気ブログランキングへ

関連記事

テーマ : フィギュアスケート - ジャンル : スポーツ

2016/04/28 11:30 | 2015-2016 seasonCOMMENT(23)TRACKBACK(0)  TOP

 | BLOG TOP |