『羽生結弦の扉-ボストン世界選手権秘話』(オール讀物7月号) 感想

今月、宇都宮直子さんによる二つのコラムが話題になっています。

■オール讀物 7月号 文藝春秋 \980 2016/6/22発売
>羽生結弦の扉   宇都宮直子
>世界選手権での激闘秘話と、青年の新たなる挑戦を描く

■SPUR 2016年8月号 2016/6/23発売 \760 ※電子書籍版もあり
連載コラム「宇都宮直子のスケートは人生だ」
世界選手権の羽生結弦選手リポートの続編


「SPUR」の方は、書店で立ち読みですませましたが、「オール讀物」は行きつけの図書館においていたので、じっくり読むことができました。なので、「オール讀物」の感想を、簡単に書いておきます。


  オール讀物 7月号


爽快な四回転ジャンプやトリプルアクセルを跳ぶ。美しいスピンを回る。
クラッシック曲が似合う、芸術性の高い選手。
端整な顔をしている。日本的な顔だが、小さな顔は西洋的。
スタイルがいい。手足が長く、欧米の選手らより恰好いい。
性格は気が強い。半端なく強い。
いろんな意味で頭がいい。二十一歳にしては、たくさん言葉をもっている。


これまで、何人かのライターさんが、「羽生結弦」を語ってきましたが、容姿も含めて、これだけ手放しの羽生賛辞から始まったコラムは読んだことがありません。宇都宮さん、羽生ファンですか?(笑)

もっとも、これらの賛辞の言葉は、ファンからすれば今更というか、”当たり前の事実”ではあるのですが(笑)、スポーツ誌ではなく、「オール讀物」ということで、あまり「羽生結弦」を知らない読者もいるかもしれない・・・という前提で、こんなに丁寧に説明してくださっているのでしょう。また、「羽生結弦」を知るための最高の演技として、宇都宮さんはNHK杯のショートとフリーを勧めておられました。私も、ショートは、ファイナルの方が好きですが、フリーはNHK杯かなと思います。

さて、本題は「ボストンで何があったのか」ということです。

シーズンの比較的早い時期から始まった足の痛みは、今年に入ってからますます悪くなり、特に1月は痛みがひどく、世界選手権出場も危ぶまれていた・・・という事実。年明け早々から、彼はアイスショーに出演していました。大阪で開催された「ニュー・イヤーズ・オン・アイス」は、私も現地で観ましたが、そのときは、四回転ジャンプも決まっていて、調子の悪さを感じさせなかったのですが・・・。後から、痛み止めを打って出演していたと知って、そんな状況で、なぜ断らなかったのか・・・と、愕然としたものでした。

世界選手権では、ショートはなんとか乗り切ったものの、その後、左足がひどく腫れ上がり、フリーでは棄権してもおかしくないような状態だったのですね。彼は、気力だけで戦っていた。「靴を履いてしまえば、なんとかできる」と。

敗因については、多くを語らなかった。その様子は、いかにも羽生結弦らしかった。
彼はすごく悲しんでいた。でも、何も諦めていなかった。


同様にボストンワールドの舞台裏を書かれていても、「SPUR」の方がより具体的で生々しく、こちらの方が比較的ソフトな感じは受けました。それでも、読んでいて辛いものがあります。

「ワールドフィギュアスケート46」のインタビューで、シニアデビューした結弦くんはこんなことを言っています。

一度勝った相手に負けるのは、自分が否定された感じがする

だから、今の彼にとっては銀も負けなのです。なぜなら、彼は一度頂点に立ってしまったから。
「SPUR」で、城田さんが「羽生にとっては、銀は負け」だと言っていたのはそういうこと。

今、古いスケート誌から、彼のインタビューを中心に資料作りをしているのですが、とても興味深いものがあります。今なら「一度勝った相手に負けるのは、自分が否定された感じがする」なんて、とりようによっては傲慢に見える言葉は、もう立場上言わないかもしれない。でも、羽生結弦の本質は変わらない。ジュニアの頃から一貫してる。過去の彼を追っていると、それがすごくよくわかります。

羽生はトロントにいる。左足はゆっくりと回復している。ただ、「完全に」とはいかない。まだ、時間が要る。

織田さんも言ってましたが、焦らなくていい。彼のポテンシャルなら、戻すのはそんなに時間はかからないでしょう。練習映像で、すでにスケーティングは戻っている。元の「羽生結弦」に戻れるまで、ファンはいつまでも待っています。

練習できない日々の中、彼は始終、音楽を聴いている。羽生は、来シーズン、ショート、フリーともにプログラムを一新する。そのための音楽を探しているのだ。

プログラムのための音楽探しは、むしろ今まで以上に時間をかけられたことでしょう。「バラード一番」や「SEIMEI」以上のプログラムを携えて、私たちの前に、元気な姿を見せてくれるときまで・・・今は、そのときを、楽しみに待ちたいと思っています。


よろしければポチっとお願いします♪

人気ブログランキングへ

関連記事

テーマ : フィギュアスケート - ジャンル : スポーツ

2016/06/30 13:00 | フィギュアスケート(2015-2016)COMMENT(1)TRACKBACK(0)  TOP

羽生結弦選手 練習最新映像 & ニュース動画 他いろいろ情報

ここ数日の結弦くんの気になる情報をピックアップ。

結弦くんの練習映像です。6月27日にUPされてるので最新映像だと思います。
→ Yuzuru Hanyu Toronto Cricket Skating & Curling Club. 27.06.2016

普通にスケーティングの練習ができてるようで安心しました。
まだまだシーズンは長いので、じっくりゆっくり調整していってください。

20160627クリケットクラブ羽生


「めざましアクア」と「あさチャン!」の練習再開のニュース動画です。
動画主様ありがとうございます。「あさチャン!」の解説は織田さんです。

160623 氷上練習再開NEWS

160623 氷上練習再開NEWS 投稿者 YzRIKO


ついに、結弦くんは、故郷で記念碑になるようです。

フィギュア荒川と羽生の記念碑 仙台市整備へ(2016.6.23 河北新報)

仙台市が本年度、ともに同市出身でフィギュアスケート冬季五輪金メダリストの荒川静香さん(34)=宮城・東北高-早大出=と羽生結弦さん(21)=ANA、東北高出=の偉業をたたえるモニュメントを、市地下鉄東西線国際センター駅前に整備することが22日、分かった。市議会6月定例会一般質問で市が明らかにした。
整備予定地の近くには、日本フィギュアスケート発祥の地とされる五色沼がある。館圭輔文化観光局長は「市の魅力を発信する重要な場所で、スケートファンを含む多くの人に訪れてもらいたい」と答弁した。
市は今後、経済団体やスケート関係者による検討会を設け、モニュメントのデザインについて協議する。事業費は500万円。
荒川さんは2006年トリノ五輪、羽生さんは14年ソチ五輪で、それぞれ金メダルを獲得した。五輪フィギュアスケートの日本人金メダリストは2人のみ。


どんな記念碑になるのか楽しみですね。できるのはいつ頃かしら?


世選2016バンケット
中国のアイスダンサー・柳鑫宇(リュウ・キンウ)さんのWeiboから


よろしければポチっとお願いします♪

人気ブログランキングへ

関連記事

テーマ : フィギュアスケート - ジャンル : スポーツ

2016/06/28 15:50 | フィギュアスケート(2015-2016)COMMENT(10)TRACKBACK(0)  TOP

羽生結弦選手関連フィギュア誌 2016年7月発売予定 まとめ

オフシーズンの上に、結弦くんはアイスショー全休で、出版社もネタ切れ状態か。
7月も出版数は今のところ、少な目です。


7/2  蒼い炎2-飛翔編-  扶桑社   1620円
http://www.amazon.co.jp/dp/4594075134/

7/6   アイスショーの世界(2) (ワールド・フィギュアスケート別冊)  新書館  1944円

7/21  フィギュアスケート日本代表2016メモリアル(SJセレクトムック)  スキージャーナル  2100円
http://www.amazon.co.jp/dp/4789962377/

7/21  ワールド・フィギュアスケート 75  新書館  1944円

7/21  フィギュアスケートファン通信12 (メディアックスMOOK)  メディアックス  1080円

7/下旬  Ice Jewels 別冊 SEASON PHOTOBOOK 2015-2016   舵社  価格未定


★7月発売分 購入済または購入予定書籍
蒼い炎2-飛翔編-
Ice Jewels 別冊 SEASON PHOTOBOOK 2015-2016
フィギュアスケートファン通信12



アイスジュエルの別冊は、「アイスジュエルの写真を撮る田中宣明カメラマンの膨大な作品を厳選し、羽生結弦選手の2015-2016シーズンを振り返ります。『とっておきの羽生結弦』が満載です」とのこと。CICさんの息がかかってるらしいアイスジュエルだからこそできる企画かもしれません。100%ゆづ成分かどうかわかりませんが、2015-2016年版「YUZURU」なら、これはふつうに買いですね。

新書館からでる2冊は、今回はほとんどゆづ成分はないかもしれません。表紙も結弦くんではないと予想します。とはいえ、内容に全くゆづ成分がないとは言い切れないので、一応あげておきました。


お休みしてても、出版業界は、金の生る木の羽生結弦をほおっておいてはくれません。スケート誌ではないですが、宇都宮直子さんによるコラムが、以下の2冊の記事で話題になっていますね。

■オール讀物 7月号 文藝春秋 \980 2016/6/22発売
https://www.bunshun.co.jp/mag/ooruyomimono/
>羽生結弦の扉   宇都宮直子
>世界選手権での激闘秘話と、青年の新たなる挑戦を描く

■SPUR 2016年8月号 2016/6/23発売 \760 ※電子書籍版もあり
連載コラム「宇都宮直子のスケートは人生だ」
世界選手権の羽生結弦選手リポートの続編


「SPUR」だけ立ち読みしたのですが、結弦くんがどれだけの極限状態の中でワールドを戦っていたのかが書かれています。読むのがつらくなりますが、ファンにとっては貴重なコラムだと思います。「オール讀物」はまだ読んでいませんが、こちらは行きつけの図書館にあるので、そこで借りようと思っています。

5月30日に発売された「フィギュアスケートLife vol.6」のハビくんへのインタビュー記事が話題になっています。残念ながら悪い意味で(笑) 編集者の大久保氏のSNSでの発言でさらにゆづファンの反感を買ってしまったようです。この「LIfe」は、現在まで6冊でてますが、私は3冊購入しています。2冊に1冊買ってる計算です。結弦くんのインタビュー記事が読みたいからです。羽生成分は少なくても購入してくれるゆづファンは、貴重なお客のはずです。

このインタビュー記事の内容や大久保氏の発言を、ここでどうこういうつもりはありません。しかし、「Life」は、毎号「羽生結弦」を表紙にしている雑誌です。明らかにゆづファンを意識して表紙で吊ってるのです。ならば、ゆづファンの逆鱗に触れる記事や発言は控えた方が得策のはず。幅広く、色々なスケーターの情報が欲しい読者はこれからも「Life」を購入するでしょうが、「羽生結弦だけ目当て」の読者を失うリスクがあるからです。この出版不況の中、冷静に損得を考えれば、プロのすることではありません。しかし、青嶋氏の例を見ても、自分の本心を隠しきれず、やらかしてしまうのが、デ○オタライターや編集者のサガなのか・・・と思う今日この頃です。結局、一般のスケオタより少しスケートに詳しいだけの人なのでしょうか。

正統派のスケート誌なら「ワールドフィギュアスケート」の方が格上でしょう。少なくとも、あそこは、毎号毎号、売上のためだけに羽生表紙にしたりしません。内容については「・・・」と思うときもありますが、そのあたりの、「正統派としての矜持」は評価しています。


よろしければポチっとお願いします♪

人気ブログランキングへ

関連記事

テーマ : フィギュアスケート - ジャンル : スポーツ

2016/06/27 11:25 | 羽生結弦関連商品発売情報COMMENT(4)TRACKBACK(0)  TOP

羽生結弦選手が滑るはずだった『You Go Your Way』によるMAD動画

ファンタジーオンアイスで、結弦くんが滑るはずだった『You Go Your Way』。
過去のFaOIの映像に、『You Go Your Way』を差し替えた動画がいくつかあがっています。
私も、現地で川畑さんの歌を聞きながら、誰もいないリンクに、結弦くんの滑る姿を重ねたものでした。動画主様も、同じ想いで作ってくださったのだろうと思います。曲が違うのに、なぜかあまり違和感がないものですね(笑)


羽生結弦【MAD】『Y0U G0 Y0UR WAY』(FaOI2014ver.) yuzuru hanyu


羽生結弦 ビリーヴでYou Go Your Way③



私は、神戸公演の1日目と2日目にいきましたが、2日目にテレ朝チャンネル2の広告チラシが配られました。7月23日と24日にフィギュアスケート特集があり、23日は「スケーターたちの記憶 羽生結弦編」が放送されます。

テレ朝2チラシ


7月23日(土) スケーターたちの記憶
午後1:00 女子スケーター編
午後4:00 羽生結弦編

7月24日(日) 午後1:00 幕張公演
7月31日(日) 午後1:00 神戸公演
※8月は長野公演放送予定 会場音のみの放送



テレ朝はお宝映像をいっぱいもっていますから、とてもとても楽しみです。
「羽生結弦編」、CS契約をされてる方はお見逃しなく♪

FaOI stephan yuzu
ステファン・ランビエールのtwitterより


よろしければポチっとお願いします♪

人気ブログランキングへ

関連記事

テーマ : フィギュアスケート - ジャンル : スポーツ

2016/06/24 13:25 | フィギュアスケート(2015-2016)COMMENT(2)TRACKBACK(0)  TOP

羽生結弦選手 氷上練習再開しました

やっと、練習再開の一報が入りました。

フィギュア羽生が氷上での練習を再開 左足甲負傷から順調回復(2016.6.22 デイリースポーツ)

日本スケート連盟の小林芳子フィギュア強化部長は22日、都内で行われた理事会後に報道陣に対応し、4月の世界選手権後、左足リスフラン関節じん帯損傷のため、全治2カ月の安静、加療と診断されたソチ五輪金メダリストの羽生結弦(21)=ANA=について、「氷上で滑っていると聞いている。ジャンプ、スピンをどんどんというわけではないが、滑り始めている」と、氷上練習を再開したことを明かした。

羽生は2年ぶりの優勝を狙った世界選手権でSP首位発進したが、フリーで逆転され、2年連続の2位に終わった。シーズン途中から左足甲を痛めており、その後、帰国はせず、練習拠点のあるトロントで治療に専念。今夏に予定されていたアイスショーについては、今のところ全てキャンセルしている。



朗報ですね。この一報をずっと待っていました。いつもより、遅れたスタートになりましたが、シーズンは長い。ピークはワールドに合わせればいいのですから、無理せずじっくりと調整していってほしいです。今年のアイスショーで会うことは叶いませんでしたが、競技会で元気な姿を見せてください。最近、こんなに長い間、彼に会えないことはなかったので、ものすごく懐かしい気持ちになりそう(笑)


羽生 練習着


よろしければポチっとお願いします♪

人気ブログランキングへ

関連記事

テーマ : フィギュアスケート - ジャンル : スポーツ

2016/06/22 21:30 | フィギュアスケート(2015-2016)COMMENT(9)TRACKBACK(0)  TOP

 | BLOG TOP |  NEXT»»