羽生結弦選手 公開練習後 一問一答

新聞報道で、公開練習後の一問一答他、新しめのを3本ほどあげときます。

羽生、今季プログラムに4回転ループ 試合で跳べるジャンプ作る(2016.9.15 毎日新聞)

 【トロント田中義郎】フィギュアスケート男子の羽生結弦(ANA)が13日、当地で練習を公開し、今季のプログラムに4回転ループを織り込むことを明かした。ショートプログラム(SP)は米歌手、プリンス氏の曲「レッツ・ゴー・クレイジー」、フリーは久石譲氏のピアノ曲を使った「ホープ&レガシー」で構成する。羽生の一問一答は次の通り。

 −−SP、フリーに4回転ループが入る。成功すれば史上初となるが。

 ◆今日の練習でも跳べているときはきれいに跳べたと思う。試合で跳べるジャンプをしっかり作っていかないといけない。

 −−プリンス氏の曲でSPを演技する際のこだわりは?

 ◆エキシビションのように楽しめるプログラムでありつつ、競技プログラムとしての難しさ、内容の濃さがある。テンポ、リズムが刻まれている曲でボーカルもある。一つ一つの音に注意を傾け、自分自身がリズムに乗り、滑ることができればいい。

 −−フリーの曲は?

 ◆ピアノ曲でクラシックだけど、日本の方が作っているからこその和のテイストが含まれていると思う。去年まで培ってきたバラードの音の取り方など学んだ表現力も含め、グレードアップしたものになればいいと思う。

 −−昨季、故障した左足の状態は良好か?

 ◆左足の故障箇所を、気をつけながらやっているつもり。自分の練習したいようにできるようになってきた。

 −−故障で氷の上に立てない時期は?

 ◆最初歩くのは禁止状態だった。治療に行く時、食料を調達する時以外は基本的に歩かなかった。その間は自分の演技を見たり、他の選手の演技を見たりした。



「4回転ループ、まだ50%の出来」 羽生結弦一問一答(2016.9.14 朝日新聞)

 フィギュアスケートの本格的なシーズン開始を前に、羽生結弦(ANA)が13日(日本時間14日)、カナダ・トロントで、今季にかける思いを報道陣に語った。プログラムはショートプログラム(SP)、フリーともに一新。4回転ループへの挑戦と、向上心が尽きることはない。

 主なやりとりは次の通り。

 ――左足甲のケガで滑らない2カ月間は、どう過ごしていましたか。

 「とにかく1カ月半くらい何もできなかった。まず歩くの禁止。車いすまでにはなっていないですが、歩くことによっての衝撃が結構あったので。普段の生活で治療にいくときや、食料を調達するとき以外は、基本、歩かなかったです。その間は、自分の演技や他の選手の演技をみて、いろいろ考えました。大学の勉強がちょうど時期的に重なっていたので、勉強もしました」

 ――それだけスケートから離れるのは、現役生活で初めてですか。

 「ここまで長いのは初めてだと思います。(東日本大)震災のときも、周りの方々に助けてもらって滑ることができましたから」

 ――スケートへの思いが、より鮮明になりましたか。

 「滑らないときはすごくつまんなかったので。本当に好きなんだな、と、すごく思いました。すごく、スケートが恋しくなった時期でもあったし。休んだことは意味があったと思います」

 ――今季挑戦する4回転ループは、決まれば世界初です。現時点での出来は。

 「まだ50%くらい。ただ、きれいに跳べているときもあります。ソチ五輪シーズンのときの4回転サルコーも、練習では70~90%くらい降りていたジャンプだったのに、跳べた試合は少なかった。やっぱり、試合の時に跳べるジャンプを、しっかりつくっていかなきゃいけないなと思っています」

 ――フリーでは4回転ジャンプが4度です。3度のときとは体の負担は違いますか。

 「違いますね。あとは気持ちの問題も違います。まず1本目のループを降りたとしても、あと3本ある、後半に入っても、あと2本あるって思ってしまうので。試合でやってみて、いろいろ感覚をつかまなきゃいけないなと思っています」(構成・山下弘展)


羽生、世界初4回転ループで世界最高「更新したい」(2016.9.15 日刊スポーツ)

 【トロント(カナダ)13日=高場泉穂】フィギュアスケート男子の羽生結弦(21=ANA)が、超高難度な演技構成で世界歴代最高点の更新を狙う。当地の練習拠点で練習を公開し、今季の演技を披露した。ショートプログラム(SP)とフリーに国際スケート連盟(ISU)公認大会で成功者のいない4回転ループを組み込み、フリーでは4回転4本に初挑戦。SPにはロック調のプリンスの曲を選ぶなど、合計300点超えを成し遂げた昨季以上の挑戦の年と位置付けた。

 転んでも、傾いても4回転ループを跳び続けた羽生の顔はいきいきしていた。

 4月の世界選手権後、左足甲の治療のため約1カ月半、完全静養した。リハビリを経て、本格的にジャンプを跳べるようになったのはここ2、3週間のこと。「滑らないときはすごくつまらなかった。本当にスケートが好きなんだな、と思いました。休んだことは意味があったと思います」。

 あらためて湧き上がったスケートへの思いが挑戦へと体を動かす。左足への負担が少ないということもあり、かねて練習してきた4回転ループを組み込むと決めた。ISU公認大会で決まれば世界初。「まだ(成功率は)50%くらい」だが、「跳べるジャンプを作っていきたい」と、9月の今季初戦から跳ぶ予定だ。

 さらに、久石譲作曲の2曲をアレンジしたフリー「ホープ&レガシー」では、4回転を従来の2種類3本から3種類4本に増やし、世界歴代最高点を出した昨季を上回る超高難度の構成に挑む。「1本目のループを降りたとしても、あと(4回転が)3本ある、後半に入っても、あと2本あるって思ってしまう」。超えるべき新たな山を見つけたように、羽生はいかに難しいかを楽しそうに語った。

 ジャンプだけではない。SPにはプリンスの「レッツ・ゴー・クレイジー」を選んだ。昨季までのピアノクラシックから一転、ロックにダンスミュージックが融合した80年代の曲。「アップテンポで見ている方も楽しめる。1つ1つの音に注意を傾け、自分もノリながら滑っていきたい」と、初めてのジャンルで幅を広げる。

 昨季の得点こそが壁だ。プレッシャーは「時々あります」。だが、気づいたことがある。「どのシーズンでもそうなんですが、自分の最高を更新したい、自分の今できる最高の演技がしたいと常に思っていた。思い返してみると何も変わらない」。挑戦することこそが、自分のスケート人生だ。「毎年毎年そう思ってきたし、今回も最高のプログラムになる」。滑れること、挑戦することへの喜びを胸にシーズンが始まる。



2、3週間前から本格的なジャンプの練習を始めたとは思えないような綺麗なジャンプでした。
故障個所を気をつけながらやっているようですが、故障と付き合いながら技術を高めていかなければならないアスリートは本当に大変ですよね。今年のショートは、「レッツ・ゴー・クレイジー」ですが、2ヶ月も絶対安静だった怪我明けにクワド4本のフリーなんて、本当にクレイジーな選手です(笑) 
私たちファンは見守ることしかできません。怪我がこれからも順調に回復し、怪我の影響なく乗り切り、今度こそ笑ってシーズンを終われることを祈るのみです。


よろしければポチっとお願いします♪

人気ブログランキングへ

関連記事

テーマ : フィギュアスケート - ジャンル : スポーツ

2016/09/15 15:05 | クリケット・プログラム・CS(2016-2017)COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

羽生結弦選手 新プロニュース動画3本 & 入浴シーンあり? きき湯CM情報

昨日は1日外出しておりまして、録画予約はしていたものの、捕獲できてない新プロニュースを見ようかと、夜に、dailymotionにアクセスしたら、動画がみれない! トリバゴのCMすら止まるし、本編が全然再生できないし、やっとできたと思ったら、画質が最悪。新プロ情報に、ゆづファンがいかに飢えていたかがわかりました。アクセス殺到してたんだろうな。この手の動画は、youtubeがダメになっちゃって、dailymotion頼みですものね・・・。

一夜あけて、今日は落ち着いていました。1日で視聴1万を超える動画があったりしてすごいです。
地域限定で見れなかった「てれまさ」と「every」と、今朝の「あさチャン!」の織田解説を貼っておきます。
やっぱり、エブリは”神”ですね。関西でも放送してよ~(涙)
ぶっちゃけ、エブリがあったら、他の番組なくてもいいくらいなんだから。


2016915てれまさ 公開練習

2016915てれまさ 公開練習 投稿者 ki6569

160914 新プロ発表・公開練習NEWS-6

160914 新プロ発表・公開練習NEWS-6 投稿者 YzRIKO

160915 新プロ公開 朝NEWS-3 情熱解説

160915 新プロ公開 朝NEWS-3 情熱解説 投稿者 YzRIKO


次に、結弦くんのバスクリンの新CM情報です。

バスクリン、炭酸量約4倍増量し「ファインヒート」改良、羽生選手の新CMも(2016.9.14 週刊粧業)

 入浴剤メーカーのバスクリンは9月5日、高機能炭酸ガス入浴剤ブランド「きき湯 ファインヒート」(医薬部外品、全4品うち新1品、ボトル400g/分包50g、ともにオープン価格、以下「ファインヒート」)に配合する炭酸ガス量(食塩炭酸湯)を従来品の約4倍に増量してリニューアルした。合わせて、発汗や代謝促進に着目した「同 スマートモデル」を発売し、シリーズ育成を図る。

 9月1日には、新「ファインヒート」の発売に先駆け、プレス発表会を開催し、企画開発担当の渡部秀典氏と研究開発担当の吉岡涼介氏が、リニューアルの特長と新たに提案する「スマートモデル」の開発経緯について紹介した。

 また発表会では、「きき湯」の新CM放映を今年10月中旬以降に予定していることを明らかにした。

 「既に撮影が終了している」(同社)という新CMには、昨年より広告出演契約を交わしているフィギュアスケーターの羽生結弦選手(ANA所属)が登場。普段から愛用している「きき湯」を使った入浴シーンが挿入されるという。



入浴シーンが挿入される  みなさん、気を落ち着けて10月を待ちましょう(笑)


よろしければポチっとお願いします♪

人気ブログランキングへ

関連記事

テーマ : フィギュアスケート - ジャンル : スポーツ

2016/09/15 09:00 | クリケット・プログラム・CS(2016-2017)COMMENT(2)TRACKBACK(0)  TOP

 | BLOG TOP |