AERA「羽生結弦 公開練習で見せた4回転の完成度」 

AERAの最新号に、結弦くんの記事が掲載されています。



AERA (アエラ) 2017年 8/28 号 [雑誌]


羽生結弦 五輪シーズン開幕直前! 充実の夏
結果は必ずついてくる


 フィギュアスケートの羽生結弦(ゆづる)が、カナダ・トロントで練習を公開した。リラックスした笑顔と自信に満ちた言葉があふれ、冗談を交える余裕があった。

*  *  *
 いつも通り礼儀正しく何度も頭を下げながら、羽生結弦(22)は報道陣の前に姿を現した。8月8、9の両日、拠点としているカナダ・トロントのクリケット・クラブで練習を公開。夏の明るい日差しが窓から差し込むリンクで、充実した夏を過ごす様子を取材した。

 来年の平昌(ピョンチャン)五輪(韓国)で、男子シングル66年ぶりとなる連覇を狙う羽生。リンクに降りて少し滑るとすぐに4回転ジャンプを跳び、回りきって着氷。4回転トーループ─3回転トーループのコンビネーションでは3回転で両手を上げた。4回転ループでは着氷がやや乱れ1歩踏み出すこともあったが、それ以上に多く成功ジャンプをみせた。

●4回転の8割は成功

 公開練習を通じて、4回転ジャンプの成功率はおおよそ8割といったところか。体が温まり切っていない段階でも跳んだことを踏まえると、かなりの成功率だ。状態の良さを感じさせる内容だった。

 2日間で公開した練習は計3セッション。最初のセッションでは、4回転トーループ─1回転ループ─3回転サルコウの3連続ジャンプで転倒があったが、その後はしっかり修正。プログラムを通して滑りながら、美しくスムーズに決めた。

 今季のフリースケーティング(FS)も初披露した。平安時代の陰陽師・安倍晴明をテーマにした映画「陰陽師」の音楽を使った「SEIMEI」。世界歴代最高得点を2度塗り替えた2015~16年シーズンに使用した曲だ。今季はショートプログラム(SP)も、過去に演じたショパン作曲の「バラード第1番」だと明らかにしている。

●世界最高を超えないと

 プログラムはアレンジされているのか。羽生の答えは、
「ショパンもSEIMEIも何もいじっていない状況です」

 SP、FSで共に過去のプログラムを再演することは珍しいが、羽生は、
「また(同じ曲か)と思わせないような演技にしたい。プレッシャーはない。むしろ大丈夫っていう自信と、このプログラムに関しては、呼吸の仕方とか、何より自分でいられる。滑っていてすごく心地いい。同じプログラムだけど、違うこと、一歩先のことをやっている」
と、選択の理由を説明し、自信をみせた。

15年12月のグランプリ(GP)ファイナルで出した合計330.43点という世界最高点を超えられるかと聞かれると、
「はい。はい。はい。超えないと」

 白い歯もよくみせた。報道陣との会話にも積極的で、2日目の練習前には、「何がいいですか?」とSPとFSのどちらが見たいかを尋ねてきた。FSのリクエストが多いと「じゃあSPやります」と言って記者らの笑いを誘い、実際にはFSの曲を通して演じた。

 フォトセッションでは求めに応じて次々とポーズを取ったが、親しいカメラマンにレンズを向けられると、リクエストとは違う野球のバットを振るしぐさ。撮影時間が短いこともあって「違う違う」とカメラマンは苦笑い。そんなやりとりで、周囲を和ませた。

●自分の理想が見えた

 特に印象的だったのは、自信あふれる言葉を数多く口にしたことだ。例えば、
「代表に選ばれたら金メダルを狙ってしっかりやっていきたい」

「(自分の強みは)全部です。スピンがもともと得意で、小さいときはスケーティングを重視して練習した。何もかも、得意と胸を張れる。どこを切り取っても羽生結弦ってうまいなと思ってもらえるスケーターを目指しているし、全部が自分の武器と自負しています」

「クリーンに滑り切れるようになれば、必然的に結果はついてくる。そこは自信を持ってやらなきゃいけない」

 去年はけがもあって滑り込みが足りず、シーズン開幕直前にも焦っているという話が漏れ伝わってきた。この夏の羽生に、焦りはみじんも感じられない。

「質のいい練習、質のいいケア、質のいいジャンプを跳び続ければ、必然的にけがは少なくなる」
「どんな状況でもリカバリーとして何でも跳べるように、常に高いレベルの練習をしています」
と話し、プログラム後半に4回転を3回入れることも、
「すごく手応えをつかんでいる。自信がある」

 現在のコンディションがいいだけではない。
「この3年間でいろんなことを練習し、多種多様な部分を磨いていけるようにしているし、自分のスケートの理想的なものが見えてきている」
と話すなど、ソチ五輪後、あらゆることに妥協なく取り組んできた積み重ねこそが、その自信の最大の裏付けだ。

 コーチとも、
「1+1が3になったり4になったり、そういう作業がうまくできるようになった」
と話すほどいい関係。

現在までの自分自身については、
「金メダルという結果があり、その上で成長できる伸びしろをすごく多く感じてこられた、(自分は)すごく贅沢な選手だと思っています」
と振り返った。

●追われる立場じゃない

 昨季の羽生はFSで、風や自然や風景を表現するという難しい挑戦をした。苦しみながらも、最後の最後に世界選手権で歴代世界最高得点を更新したことが、自信を揺るぎないものにしたようだ。この経験を生かし、今季はフリー「SEIMEI」で陰陽師のキャラクターを際立たせて演じつつ、情景まで表現したいという。

「目線、手の振り、足の振り、上半身の動き、そういうものでキャラクターを演じつつ、どういう情景でどんな状況かを出せるようになればと思います」

 ブライアン・オーサーと共に、羽生を支えるコーチのトレーシー・ウィルソンは、
「彼は自分自身を高めようとし続け、チャレンジをやめようとしなかった。真のチャンピオンだ。重圧ともうまく付き合うことができている」
と称賛した。

 自信を持つ一方で、羽生は自分と他選手との距離感を冷静に受け止めている。

 報道陣からは、追われる立場であることについて問う声も上がったが、
「追われる立場とは思わない。ソチの時よりもメダル争いはすごく熾烈(しれつ)になっている」

 ソチ五輪の金メダル最有力候補はパトリック・チャン(26、カナダ)。羽生は2番手で、他の選手は当時の状態も考慮すると、この2人とは少し差が開いていた。
 しかし、平昌五輪では、羽生、ハビエル・フェルナンデス(26、スペイン)はもちろん、ネーサン・チェン(18、米国)、宇野昌磨(しょうま、19)、金博洋(ジンボーヤン)(19、中国)らも状況次第で金メダルに手が届く。

 少年時代に、ロシアのエフゲニー・プルシェンコやアレクセイ・ヤグディンが激しくトップを争った様子を見て、このスポーツにのめり込んでいった羽生。そんな激しい争いは望むところだ。その上で勝つことにこそ、価値を見いだしている。

「みんないろんな個性を持っていて、個性同士がぶつかる。すごく楽しいし、僕の個性っていうのはオールラウンダーであり、すべての質が高いこと。そういう武器を生かして戦いたい」

(朝日新聞スポーツ部・後藤太輔)



本文以外に、写真が何枚か。その写真には、こんなコメントが添えられていました。

公開練習が始まるとすぐに、ループやサルコウなどの四回転ジャンプを軽々と決めた。
その完成度も、飛躍的に高まっている。

詰めかけたメディアはCM撮影チームも含めて95人。分刻みで取材に応じたが、疲れた顔は見せず、笑顔を絶やさなかった。

盟友のハビエル・フェルナンデスやコーチと談笑したかと思えば、次に瞬間には集中状態に。そんな切り替えのうまさも見て取れた。



95人! その全員に対応って・・・大変だな。そういえば、能登さんは「結弦くんは、一度でも取材などで一緒に仕事した人の顔と名前は、全員覚えている」と言っていたけど、95人全員覚えてるのだろうか(汗) すごい記憶力なんですけど! 「天は二物を与えず」なんて嘘! この人は何物もってるんだ(笑)  ところで、CM撮影チームって、なんのCM? 

親しいカメラマンにレンズを向けられると、リクエストとは違う野球のバッドを振るしぐさ。撮影時間が短いこともあって、「違う違う」とカメラマンは苦笑い」・・・この親しいカメラマンって、能登さんかな(笑) 講演会でも、「ふざけるんですよね、あの子」と、能登さん言ってたものね。能登さん、また結弦くんに遊ばれていたのね。持ち時間5分なのよね。能登さんの焦る顔が目に浮かぶ(笑) でも、結弦くんも親しみを感じてるカメラマンにしかしない態度。ふざけるのは、心を許している証拠。能登さんの特権です(笑)


クリケットファミリー
なごやかなクリケットファミリー(この号のアエラの写真ではありません)


参加してます。よろしければポチっと応援お願いします♪

人気ブログランキングへ

関連記事

テーマ : フィギュアスケート - ジャンル : スポーツ

2017/08/25 07:46 | テレビ番組・コラム(2017-2018)COMMENT(4)TRACKBACK(0)  TOP

 | BLOG TOP |