キスクラ「羽生結弦大特集」は12月20日発売、目次解禁されました♪

今後発売予定のフィギュア関連の書籍の中で、私が気になっているものを2冊紹介します。


KISS&CRY201712

TVガイド特別編集 KISS & CRY 氷上の美しき勇者たち 2017全日本選手権・大特集号~Road to GOLD!!!/ 特集:全力応援!羽生結弦選手 ← アマゾンサイトへ

目次も解禁されました!

KISS&CRY201712-2

発売日:12月20日
価格:980円


TVガイド特別編集 KISS & CRY 氷上の美しき勇者たち 2017全日本選手権・大特集号~Road to GOLD!!!/特集:全力応援!羽生結弦選手
平昌冬季オリンピックイヤーとなる、この2017-2018シーズン。今回の「KISS & CRY」では、オリンピックへの出場権をかけた2017全日本選手権の大舞台に挑む、日本男子フィギュアスケート選手を大特集します。

表紙・巻頭特集では、羽生結弦選手を大フィーチャー&全力応援! 最新コメント、これまでの試合・練習密着ドキュメントなどを交え、約50ページ超の総力特集で、羽生結弦選手を完全分析します。勝負の冬の熱き闘いを、この1冊とともにみんなで応援しよう!

●表紙・巻頭/羽生結弦選手

●第1特集
大特集:羽生結弦選手
・王者の戦略と進化論
・シーズン前半戦・完全プレイバック!&バックステージ
・羽生選手応援企画「仙台/横浜 心のふるさとから」
・全日本選手権 挑み続ける10years etc
.

●第2特集
頂を目指す日本男子選手たち
宇野昌磨選手 田中刑事選手 無良崇人選手 etc.

●第3特集
ここが見どころ!全日本選手権
西岡孝洋アナ×中村光宏アナ SPインタビュー

●第4特集
山本草太選手「復活への第一歩」SPインタビュー

●第5特集
町田樹・書き下ろし連載
「プログラムという宇宙」(2)



目次見る限り、70ページ中、50ページ弱がゆづ成分でしょうか。あとWポスターがついてますね。ポスターもあるから、50ページ超ってことなのかな。まあまあゆづ率高い方ですね、キスクラのいいところは、写真のクオリティがわりと高いこととお値段がお手頃なこと。ポスターが全部結弦くんかどうかが気になるところ。


あとひとつ気になっているのはこの本。

 ← アマゾンサイトへ

発売日:2018年1月17日
価格:821円


羽生結弦ファン、必読!
生粋のスケオタファンが超絶マニアックに書いた
フィギュアが100倍楽しめる本!

フィギュアスケート界で人気実力ともにナンバーワンを誇る羽生結弦。羽生のスケーティングを語るとき、人は「美しい」「観客を引き込む」という曖昧な表現に終始するか、「何回ジャンプを跳べたか」という点をクローズアップするばかりだ。

著者は、38年間この競技を見続けてきた生粋のスケートファン。フィギュア愛炸裂のマニアックな視点で、「羽生の演技の何がどう素晴らしいか」を、表現、技術の両面から分析。

10代からのスケーティングを振り返り、羽生がなぜ強いのか、なぜ美しいのかを徹底的に考察する! 『ショパン バラード1番』、『SEIMEI』についても詳しく語る。

また、宇野昌磨、ハビエル・フェルナンデス、ネイサン・チェン、パトリック・チャン、ボーヤン・ジン、ミハイル・コリヤダ、宮原知子、三原舞依、樋口新葉、メドベージェワなど、現役スケーターはもちろん、浅田真央、伊藤みどり、クワン、ストイコ、町田樹など歴代スケーターたちの名プログラムも語りつくす!

■著者略歴
高山 真(たかやま まこと):エッセイスト。東京外国語大学フランス語学科卒業後、出版社で編集に携わる。著書に『恋愛がらみ。不器用スパイラルからの脱出法、教えちゃうわ』『愛は毒か 毒が愛か』など。



高山真さんは「高山真のよしなしごと」というブログを書いておられますね。
ブログはこちら → http://d.hatena.ne.jp/makototakayama/
私の気持ちと同じだなあと思ったので、記事の一部を、下記に転載させていただきます。


私は、羽生結弦が平昌で素晴らしいパフォーマンスを披露することを露ほども疑っていません。それは誰よりも羽生自身が強く望んでいることでしょう。

「部外者の私が僭越なことを言っている」という自覚は深々とありますが、羽生自身の強い思いを実現するためならば、全日本をスキップすることも視野に入れてほしいなあと考えています。

 大会に優先順位をつけること……。これも、部外者の私がしてはいけないことだと承知していますが、オリンピックを最優先に考えてほしい。一介のスケートファンのわがままだと知っていますが、羽生結弦が(そして、出場する全選手が)オリンピックでもっとも大きく、強く、美しく輝けますように。そう祈ってやみません。

 私としては、いま、羽生結弦自身が、ポジティブな気持ちで日々を送ってくれていることを望むのみです。



さて・・・お馴染み山口さんの「フィギュアスケートマガジン」も、12月19日に発売されますが、「グランプリスペシャル」ということで、どれくらい羽生成分があるかどうか・・・さすがに、今回は、山口さんのストーキングと文字テロは期待できないでしょうね・・・。
アマゾンのサイトはこちら。表紙は今日の時点ではでていません。

フィギュアスケートマガジン2017-2018 グランプリスペシャル: B・Bムック


参加してます。よろしければポチっと応援お願いします♪

人気ブログランキングへ

関連記事

テーマ : フィギュアスケート - ジャンル : スポーツ

2017/12/14 08:00 | CM・雑誌・商品情報(2017-2018)COMMENT(4)TRACKBACK(0)  TOP

 | BLOG TOP |