山口さんのコラム更新&朝日新聞デジタル「孤高の星」

「メッセージの力を演技につなげる」 羽生結弦、ファンの愛を胸に連覇へ(20180214 BBM 山口真一)

20180214magazine01
現地入りしてからの練習の内容がいいこともあり、記者会見での羽生は舌も滑らか。それでも過度に興奮していないあたりに、実績と練習から来る自信が垣間見えた。


 ここは平昌(ピョンチャン)五輪フィギュアスケート会場の江陵(カンヌン)にある、高層マンションの23階。相変わらず冷たい風が、ピューピューと音を立てて窓ガラスを揺らしている。

 それでも私はパンツ一丁だ。なぜパンツ一丁なのか。それは興奮しているからだ。今の心境を言葉にすると、「先にシャワー浴びて待ってろ。今日は朝までいくからな。3つ用意しとけ」という感じだ。

 ご存じの通り、2月11日に仁川空港に降り立った羽生結弦が、翌12日夜、江陵での初練習に臨んだ。

 狭いリンクサイドには、100人を超えるだろう報道陣が押し寄せた。誇張ではなく本当に、押して、ザギトワばりに寄せていたのである。フィギュアスケート取材歴はまだ3年だが、今までの「公式練習」にこれほど多くの視線が注がれ、熱気に包まれたことがあっただろうか(いや、ない)。

 しかし、練習が始まってしばらくすると、なんともいえない空気がリンクサイドに漂った。滑走のスピードは抑え気味で、なかなかジャンプを跳ばない。インエッジ、アウトエッジで体重移動をじっくりチェック。フォア、バックで8の字を描いたり、片足に長く乗ったりと、基礎練習が続いていく。

 7分が経過し、白のJAPANジャージーを脱いで黒の長袖Tシャツ姿になると、ようやくジャンプ練習に。それでも1回転、2回転と抑え気味で、踏み切りのチェックに終始する。この様子だと3回転、まして4回転など望むべくもないのでは…という空気がリンクサイドを支配しかけた。

 1回転の踏み切りが続いた後、0.5アクセル。つい私は、隣に座っていた吉田学史記者に「これは跳ばないのか、跳べないのか、どっちなんでしょうね」と話しかけた。と、その瞬間だ。なんと、私たちの目前でトリプルアクセル。「跳べるに決まってんだろ!」といわんばかりのキレに圧倒されていると、羽生はそのままリンク中央に向かい、四方にあいさつ。開始から15分で練習を切り上げた。

 刹那、記者は一斉に立ち上がり、走り出す。練習リンクのバックヤードには、選手と記者がわずかに言葉を交わせるエリアがあるのだが、羽生は充実感たっぷりの笑顔で「おつかれさまでした。また明日、お願いします。ありがとうございました」と言い残し、風のように去っていった。

 開けて13日は、朝9時30分から40分間の練習。氷に上がると羽生はしばらく、前夜と同様にエッジ使いを入念にチェックする。滑るスピードも、やはり羽生本来のものではない。それでも10分が経過し、長袖Tシャツ姿になると一気にスピードが上がる。

 3回転のループ、フリップ、トリプルアクセルと続いた後に、4回転トーループ。さらに4回転サルコーを跳び、スタンドで見ていたファンと記者をどよめかせる。

 曲かけ練習は『SEIMEI』。前半のサルコーは2回転、3回転も、後半に入って4回転サルコー-3回転トーループ、さらには4回転トーループ-1回転ループ-3回転サルコーと、続けざまに4回転を跳ぶ。フィニッシュの「ドゥン!」と同時に場内からは拍手と歓声。曲かけ後には4-3のトーループ、果ては4回転ルッツと思しき踏み切り動作もあった。慎重ながらも、状態は良好。いや、セーブしないといけないくらい調子がいいということなのだろう。

 13日の練習後に行われた記者会見でも、羽生の表情は明るかった。右足の状態を考えれば「フル」ではないにしても、いい練習ができている、調子が上がっているということを自身も強く感じていることがうかがえた。

 会見の冒頭で羽生は、ケガをしてからの心境、そして今、現実に五輪会場で滑れることの喜びを語った。その英訳が終わり、質疑応答に入ろうかという瞬間、「もう1個だけいいですか」と自らファンへの思いを口にした。
「えっと、本当に自分が、えー、ケガをして苦しい時期…もですけれども、ホントに、年が明けてからも、たくさん、いろんな方々から応援のメッセージをいただきました。そしてホントに、感謝の気持ちで今、いっぱいでいます。まだ試合が終わってないので、こう言うのもちょっと変かもしれないですけれども、本当にたくさんのメッセージ、ありがとうございました。そして、そのメッセージの力も、自分のスケート、演技に、つなげたいなというふうに思っています」

 羽生が言うように、まだ試合が終わっていないのにこう言ってしまうのは変かもしれないが、昨日と今日の練習、会見と濃密な2日間を過ごすうちに、個人的にはこの五輪があらかた結末を迎えてしまった気がした。たった2日前、2月11日の仁川空港で「私にとっての平昌五輪が始まった」と思っていたはずなのに。

「待ってろ、平昌。今こそ総力結集だ」

「すべての愛を平昌に。必ず最後に愛は勝つ」

 本誌は11月の負傷欠場以来、羽生と、羽生を応援する人たちにメッセージを送ってきた。そのおかげで…なんてことはこれっぽっちも思っていないが、実際に羽生は五輪に合わせて王者の滑りを(百パーセントではないにせよ)取り戻し、ファンの人の存在をエネルギーに換えて滑ろうとしている。1シーズン前の「ファンとコネクト」という言葉が示すように、羽生結弦の演技はファンの愛情があって完成するのだ。

 会見でのファンへのメッセージを聞いた瞬間、私の役目は終わった気がした。世界一のスケーターと世界一のファンが結束したらどんなことになるのか、それは容易に想像できる。今はただ16日のSPに向けて、羽生やファンの人に負けない、いい準備をしようと思っている。

 さあ、そんなわけで毛受カメラマン、同室のN氏(宿舎は3人部屋なのです)、そろそろ始めますか。おでん3人前、用意できた? じゃあ、シャワー浴びてくるから先に一杯やっていてください。今夜は男3人、パンツ一丁で朝まで羽生結弦をアテに酒盛りじゃ!



20180214magazine05
記者会見が終わると、まず記者たちに頭を下げ、次に通訳、壇上から降りてもう1度、さらに去り際にも一礼と、お辞儀シークエンスを披露。会見で私の隣に座った朝日新聞・後藤太輔記者と「お辞儀は全部で何回? 最後のは単独じゃなくて3連続だったよね」「セカンドはつけたけど、3つ目はあったかな」と談義したが、この五輪では記者たちのマガジン化が進んでいる(汗)


山口さん、よほどうれしいのか、下ネタ満載ですね(笑)

それは興奮しているからだ。今の心境を言葉にすると、「先にシャワー浴びて待ってろ。今日は朝までいくからな。3つ用意しとけ」という感じだ。

平昌五輪の選手村には、過去最多の11万個が配布されるそうなので、分けてもらっては?(笑)

誇張ではなく本当に、押して、ザギトワばりに寄せていたのである。

ザギトワちゃんのあの写真のことですね(笑) 私もザギトワちゃんのお胸の発育ぶりにはびっくりしました。あれで15歳とは。でも、山口さん、その発言はひとつ間違えるとセクハラです(笑)


朝日が素敵なサイトを作ってくれてます。AERAといい、本当に「朝日のくせに」(笑)
タイトルは「孤高の星」です。
https://www.asahi.com/olympics/2018/special/hanyu-star/

結弦くんは高校の卒業式に出れませんでした。だから、高校が、たった一人の卒業式をしてくれたと。「実質高校にいたのは1年間だった」というのは、結弦くんは、高校2年から練習拠点をトロントに移したから。トロントに行ってからは、今の大学と同じ、通信制のような形になっていたのですよね。だから、彼には、普通の高校生としての生活はほとんどなかったと思う。

クラブの同僚、ハビエル・フェルナンデス(スペイン)は「部屋に遊びに行くことも、食事に一緒に行くこともない。一緒にいるのはリンク上だけ」。幼い頃から競い合い、一緒に平昌五輪代表になった同学年の田中刑事(倉敷芸術科学大大学院)は「一緒にご飯に行くのは引退した後しかないんじゃないかな」という。自らを律する生活を続け、羽生は他選手を圧する記録を樹立してきた。

カナダに拠点を移してもう6年になるというのに、彼はナイアガラにもいったことがないという。トロントからは遠くないのに。カナダにいるのはすべてスケートのため。だから、そんな暇があったら身体を休めたいのでしょう。彼は大学生で、勉強もしなければならない。オーサーも、「ハビとユヅは食事も一緒にしたことがないが、引退したら一緒に食事ができるといいね」といっていた。彼は友人と遊びにいくことはない。いつもチームで行動。文字通り青春のすべてをスケートに捧げている。

そこまでストイックに自分のスケートを追求し続ける彼に対して、神様はいつも残酷な試練を与える。でも、それには必ず意味があるはずです。

リンクがないことに苦労した。ぜんそくで気道が狭く、古傷もあって長時間練習できない。週に4日か多くて5日。氷上練習は2時間弱だ。浅田真央が週7日、1日4、5時間も滑っていたのとは対照的だ。

彼の1週間の練習時間をみると、他選手に比べてとても短いのに驚きます。リンク事情や身体のこともあり、誰よりも効率的に練習するすべを身につけてきた。でも、そのおかげで、今回のような短期間の練習での復帰が可能になったのだと思います。

あなたの人生を懸けた戦いがもうすぐ始まるのですね。
王座に座るのはあなたしかいない。しっかり見届けさせてもらいます。


参加してます。よろしければポチっとお願いします♪

人気ブログランキングへ

関連記事

テーマ : フィギュアスケート - ジャンル : スポーツ

2018/02/14 22:45 | オリンピック(2016-2017)COMMENT(2)TRACKBACK(0)  TOP

羽生選手 3回目の公式練習&SP滑走順でました!

結弦くん、今日の調整は軽めでした。

羽生結弦 3度目の公式練習は軽めの調整 SPを意識しての滑り (20180214 スポニチ)

 右足首の負傷から復活を期すフィギュアスケート男子の羽生結弦(23=ANA)が14日、江陵アイスアリーナのサブリンクで、韓国入り後3度目の公式練習に参加した。

 16日に行われるショートプログラム(SP)を意識して滑り、ジャンプは計4本跳んだ。トリプルアクセル(3回転半)と4回転―3回転の連続トーループを着氷。4回転サルコーは2度跳んで、1回は成功、1回は転倒した。前日は4回転ジャンプ計5本に成功するなど計21本のジャンプを精力的に跳んだが、この日は軽めの調整だった。


この4本のジャンプの内訳は、朝日の後藤さん情報に寄れば、以下のとおり。

3A、4Tー3T、4S(転倒)、4S(イーグルで出る) 


連覇目指す羽生は最終組1番滑走に 宇野も最終組 田中は4組(20180214 デイリースポーツ)

 「平昌五輪・フィギュアスケート男子・SP」(16日、江陵アイスアリーナ)

 滑走順抽選が14日行われ、連覇を目指す羽生結弦(23)=ANA=は25番に決まり、最終5組の1番滑走となった。

 昨季世界選手権2位の宇野昌磨(20)=トヨタ自動車=は最終組4番目の28番、田中刑事(23)=倉敷芸術科学大大学院=は4組4番目の22番滑走に決まった。

 他国では、今季GPファイナル王者のネーサン・チェン(米国)が羽生の次の26番、ミハエル・コリャダ(OAR)が27番、元世界王者のハビエル・フェルナンデス(スペイン)が29番に決定。最終30番目は四大陸選手権を制した金博洋(中国)に決まった。




結弦くんは最終グループの一番滑走。
ソチ五輪のときは、最終グループではなく第4Gで、やはり一番滑走でした。
なので、結弦くんは、1番滑走にはいいイメージをもってるのではないでしょうか。
ネイサン、よりによって結弦くんの後か。プーの雨・・・ちょっと同情するかも。


20180214公式練習
また美人度最高得点更新♪


参加してます。よろしければポチっとお願いします♪

人気ブログランキングへ

関連記事

テーマ : フィギュアスケート - ジャンル : スポーツ

2018/02/14 16:50 | オリンピック(2016-2017)COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

羽生選手韓国入り 海外メディアの反響

結弦くんの平昌入りは、日本のみならず、韓国をはじめてする海外からも俄然注目されています。
韓国でも、こんな特集が・・・。




羽生結弦、入国に韓国女子ら150人が空港に大集結(20180212 スポーツ報知)

 平昌五輪で金メダルを目指すフィギュアスケート男子の羽生結弦(23)=ANA=は、韓国でも女性の追っかけがいるほど人気だ。11日、羽生がカナダ・トロントから入国した仁川国際空港ターミナルには韓国人ファンを中心に日本人、中国人など約150人が待ち構え、声援を送った。なぜ日本人アスリートが韓国でこんなに人気があるのだろうか。彼女たちと一緒に「ユヅ待ち」しながら取材した。

 羽生がさっそうと通り過ぎ、騒然となった仁川空港。一瞬、目が合った感激を「ちょーやばかったです!」と興奮気味に話すのは、日本人ではなく韓国人女性だ。

 ソウル在住で飲食店勤務の姜(カン)ソミさん(24)は、1週間かけてイラスト入りの応援幕を作って到着の4時間前から待ち構えた。もちろん、羽生が大好きな「くまのプーさん」のぬいぐるみも持参。「『再び韓国へようこそ。ユヅ君、頑張ってください』と声をかけたら、こちらを見て、うなずいてくれたんですぅー」と声を弾ませた。

 それにしても私の韓国語など不要なぐらいに姜さんは日本語が上手だ。1年間、日本のホテルで勤務した経験があるそうだが、それだけでこのレベルにはならない。韓国の“ユヅリスト”たちは「ユヅ愛」で日本語が上達するらしい。ソウル郊外の京畿道平沢市から来た30代の裴真珠(ペ・ジンジュ)さんも日本人かと思うほど流暢(りゅうちょう)だ。「もちろんユヅ君の試合は全部見に行きます。友達の分までチケットを買ったんですよ」

 姜さんと裴さんに共通するのは、羽生が金メダルを取った2014年ソチ五輪をきっかけにファンになったという点だ。それ以来、四大陸選手権、NHK杯、全日本選手権…と各大会で追いかけた。日本語が上手になるのも分かる気がする。

 韓国のファンの話を総合すると、正式なファンクラブが韓国にあるわけではないが、ネット上では少なくとも100人以上が交流している。韓国で売っていない羽生グッズは日本に遠征した時に買ってくる。日本在住の韓国人女性ファン(37)によると、羽生の追っかけが急増したのは、金妍兒(キム・ヨナ、27)がソチ五輪で銀メダルを取って引退して以降だという。「“ヨナロス”は韓国人にとっては大きいものでした。性別は違いますが、卓越した才能と容姿が共通することから金妍兒とダブらせて羽生選手を見ている韓国人が多いんです」

 もともとフィギュアの強豪ではない韓国で、金妍兒は突然出てきた天才。後継者として女子では崔多彬(チェ・ダビン、18)、男子では「羽生に似ている」との声もある、車俊煥(チャ・ジュンファン、16)らが平昌五輪に出場しているが、金メダリストのレベルにはまだ達していない。「他の選手とは格が違う。私の目にはユヅ君しか入りません」と裴さん。「ユヅ愛」は国境を超えた。



羽生結弦、異例の“VIP待遇”で平昌入り 「まるで宝石の警護」と海外メディア驚き(20180212 THE ANSWER)

平昌入りした羽生の周りには物々しい格好のガードマンがずらり

 男子フィギュアスケートのソチ五輪金メダリスト、羽生結弦(ANA)が韓国・仁川空港に到着。サングラス姿の複数のセキュリティに厳重にガードされる異例の対応となったが、海外メディアは「まるで宝石の警護」と驚きとともに報じている。

 まるで国賓級の待遇だった。アメリカの伝説的スケーター、ディック・バトン氏が1948年サンモリッツ、52年オスロ大会で果たして以来、66年ぶりの五輪連覇の偉業に挑む羽生はトロントでギリギリまで調整をしながら満を持して韓国入りした。
 昨年11月のNHK杯直前練習で右足首を故障して以来、初めて公の場に姿を見せたスーパースター。到着ロビーに登場すると、空港は騒然となった。ファンの歓声が巻き起こる中で羽生は、サングラスに黒いベレー帽、そして黒いベストと物々しい格好の複数のガードマンに周囲を取り囲まれていた。

 異例の“VIP警護”に、スケート専門のブログメディア「インサイド・スケーティング」の公式ツイッターは驚きととともに速報した。
「ユヅル・ハニュウは平昌2018に到着。そして、彼は宝石のように守られている(彼はまさに宝石だが)。我々は彼にとって、また全ての選手にとって偉大な五輪となることを祈っています」と伝えた。

姿を見せた羽生に空港は騒然、本番での注目度は計り知れない

 海外の羽生ファンも、韓国上陸にツイッター上で反応している。
「なんてことなの、ユヅル・ハニュウがもう韓国にいるなんて」
「キングが復活!!!」
「キングが到着したぜ」
「私はユヅル・ハニュウという美しくも力強い王様の熱狂的ファンです」

 韓国入りしただけで起きたフィーバー。2連覇がかかる絶対王者の復活の舞いを全世界のフィギュアファンは固唾を飲んで見守ることになりそうだ。



羽生結弦、本番前から異例の大注目 会見を各国報道「世界王者に巨大な好奇心」(20180213 THE ANSWER)

練習&会見に各国メディア殺到…羽生フィーバーに脚光「世界王者に巨大な好奇心」

 男子フィギュアスケートのソチ五輪金メダリスト・羽生結弦(ANA)が競技会場の江陵アイスアリーナで公式練習と記者会見を行い、4回転ジャンプをこなすなど、右足首の復調をアピールした羽生に対し、海外メディアは「五輪のリンクで確信に満ちた初練習」「夢の演技を約束」と特集を組んでいる。

 11日に仁川空港で複数のセキュリティに警護されながら、韓国入りを果たした羽生。12日に江陵で初練習後、13日に試合会場で公式練習と記者会見を行ったが、日本国内のみならず、海外から視線が注がれている。

 フランス地元紙「レキップ」も「フィギュア ユヅル・ハニュウが到着し、練習する」と速報している。

「日本の五輪王者、ユズル・ハニュウは3か月の離脱後、オリンピック会場で確信に満ちた初練習後、会見を行う」とレポートし、4回転ループとサルコーに着氷さたせことを伝えた上で「4回転ジャンプを成功させることができることを示した」と報じている。

“大会の主役”の裏返し? 滑ってないのに大注目「ユヅルが夢の演技を約束」

 記者会見には、世界各国のメディアが集中。「日本人はまだ1952年以来となる五輪のタイトルを連覇したわけではないが、世界王者については巨大な好奇心が寄せられている」とフィーバーぶりが紹介されている。

 一方、衛星放送「ユーロスポーツ」ドイツ版は「ユヅル・ハニュウが夢の演技を約束」と特集し、「今は夢に描いた舞台で夢に描いた演技をしたい」という羽生の決意表明を紹介。米テレビ局「NBC」電子版も「ユヅル・ハニュウは五輪登場に健康で気分上々の様子」と速報している。

 IOCが運営するテレビチャンネル「オリンピックチャンネル」公式ツイッターも、各国の記者が会見に殺到した様子を紹介。団体戦を回避し、今大会はまだ実戦で滑っていないのにもかかわらず、異例の注目はまさに大会の主役であることの裏返しでもある。

 3か月間のリハビリの日々を乗り越え、運命の舞台にやってきた羽生。66年ぶりとなる五輪連覇の偉業はなるか。勝負の時は、近づいてきている。



結弦くんの現在のブレードの写真です。朝日さん、よくこんな鮮明な写真とれましたね。GJです。


羽生ブレード


今朝のビビットで、村上佳菜子さんによる、結弦くんのスケート靴の解説がありました。
ブレードの上部はカーボン、エッジの厚さも細くなっていて、軽量化されたものを使っていると。
結弦くんやネイサンはカーボン製を、宇野選手、ボーヤン、ハビはオール金属のものを使っている。
軽い方が好きな選手もいれば、重い方が好きな選手もいるとのことでした。
そこまではよかったのだけど、その後、こんな質問がありました。

司会者「単純に、羽生選手は何本(意味は何種類らしい)、四回転を跳べば、金になるんでしょうか?」
佳菜子さん「ループまで入れたら、いけるんじゃないかなと思います」


荒川さんは、「ループ入れなくても、2種でもクリーンに決めれば、勝つ可能性が高い。世界最高得点は2種でだしたもので、その記録はまだ破られていないので」と言っていましたが・・・。あちこちのメディアが四回転の種類競争で煽ろうというスタンスが露骨なので、その空気を読んだのか、もしかしてわかってないのか。先日は「四回転時代を牽引したのは高橋選手と羽生選手」とか言っていたようだし、あちこちの顔色伺った解説、ご苦労様です・・・としかいいようがない(笑) 彼女の立場上仕方ないのかもしれないけど、愛嬌だけでは、目標の織田さんにはなれないと思いますよ(笑)


参加してます。よろしければポチっとお願いします♪

人気ブログランキングへ

関連記事

テーマ : フィギュアスケート - ジャンル : スポーツ

2018/02/14 11:35 | オリンピック(2016-2017)COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

 | BLOG TOP |