今度はゆづのフォトカードセット!~東京西川新キャンペーン & これは「Life」とキスクラの忖度なの?

東京西川さんで、またキャンペーンがありますね。今日から始まっています。

羽生結弦選手を起用した 『東京西川 WARM SLEEPキャンペーン』10月10日(水)~11月30日(金)の期間で開催!(配信元:PR TIMES 2018年10月9日)


東京西川WARMSLEEP01


対象ブランド商品ご購入で、抽選100名様に快眠サポートアイテムをプレゼント!

東京西川では、フィギュアスケーターの羽生結弦選手をイメージキャラクターとして起用した『東京西川 WARM SLEEP キャンペーン』を2018年10月10日(水)~11月30日(金)の期間、全国の百貨店、寝具専門店、家具店、大型チェーンストアなどで開催いたします。

『東京西川 WARM SLEEP キャンペーン』は、寒い冬を暖かな眠りへ導く東京西川のあったか機能寝具4ブランド(「ひだまり(R)」、「インナーブランケット(R)」、「HEAT WITH」、「ウォームスタイル」)を対象に開催します。キャンペーン期間中、対象ブランド品を合計2,000円(税込)以上お買い上げのお客様の中から、抽選で100名様に快眠サポートアイテムをプレゼントします。また、各店舗数量限定・先着順の特別企画として、対象ブランド商品を前述の規定額以上ご購入いただいた方を対象に、羽生結弦選手オリジナルフォトカードセット(カレンダー)をプレゼントします。
東京西川のあったか機能寝具は、暖房に頼りすぎることなく入眠をサポートでき、節約アイテムとしてもおすすめです。ぜひこの冬にご活用ください。

『東京西川 WARM SLEEP キャンペーン』 開催概要

■ 開 催 期 間: 2018年10月10日(水)~11月30日(金)
■ 実 施 店 舗: 全国の百貨店、寝具専門店、家具店、大型チェーンストアなど
■ 対象ブランド: 東京西川のあったか機能寝具4ブランド
  ひだまり(R)、インナーブランケット(R)、HEAT WITH、ウォームスタイル
■ キャンペーンサイト: https://www.nishikawasangyo.co.jp/contents/nishikawa-warmsleep
■ キャンペーン内容:
開催期間中、対象ブランド商品を合計2,000円(税込)以上ご購入の上、専用ハガキでご 応募いただいた方の中から抽選で100名様に快眠サポートアイテムをプレゼントします。
*応募締切:2018年12月10日(月) 当日消印有効
■ プレゼント賞品: 東京西川 快眠サポートアイテム
・【3名様】  東京西川プレミアム 羽毛ふとん シングルサイズ
・【5名様】  [エアーポータブル] モバイルマット
・【20名様】 医師がすすめる健康枕 もっと肩楽寝
・【72名様】 moussepuff ピロータオル

【 特別企画 】 羽生結弦選手のオリジナルフォトカードセット(カレンダー)をプレゼント!
開催期間中、対象ブランド商品を合計2,000円(税込)以上お買い上げの方に、「羽生結弦選手オリジナルフォトカードセット(カレンダー)」1セットを各店舗数量限定でプレゼントします。

東京西川WARMSLEEP02

*開催期間は店舗によって異なります。
*開催期間中に何度ご購入いただいてもプレゼントが可能です。
*プレゼント賞品がなくなり次第終了となります。



今日午前中は、クリニックの検査日でした。予定では、午前に検査を受けて、午後に書店と、キャンペーンをやっている寝具店をまわるつもりでした。書店で、今日発売の「フィギュアスケート Life」をパラパラチェックして、同じく今日発売の「文藝春秋」(ブライアンのインタ記事あり)と、付録にフェルメールの付箋がついてる「クロワッサン」やら収納特集のムック本やら購入。ひととおり書店でのミッションを終了した後、念のために寝具店にキャンペーンの実施の有無を確認したところ、意外な答えが・・・。

「当店でもキャンペーンは実施する予定です。ただ、申し訳ないのですが、配送のミスで、いくつかの小売店に羽生選手の景品がまだ届いていません。うちにも届いておらず、12日の夕方に届く予定です。13日の朝なら、確実にご用意できます」とのことでした。「もし、それまでお待ちいただけるのなら、1セット取り置きしておきますよ」と言ってくださったので、取り置きをお願いしました。13日の朝に寝具店にいってこようかなと思います。そこは街の寝具屋さんです。百貨店は今日から開催できてるかもしれませんが、確認していないのでわかりません。小売店で購入を考えている人は、景品の入荷を一応確認してから来店された方がいいかも。


今日発売の「フィギュアスケート Life vol.15」を、書店でパラパラ見てきました。

 ← アマゾンサイトへ


表紙と表紙の裏、トロント公開練習特集10ページ(オーサーなどクリケットの3人の指導者のインタビュー3ページを含む)で、結弦くんが合計12ページ。
裏表紙と裏表紙の裏、特集6ページで、高橋選手は合計8ページ。
宇野選手は、4ページ。

おもな男子選手の頁数は、田中刑事くんと友野一希くんがそれぞれ6ページ、山本草太くんと須本光希くんがそれぞれ4ページでした。そう考えると、宇野選手、一応日本のナンバー2であることを考えると、少ないように感じます。山本くんや須本くんなみの頁数だからです。しかし、高橋さんが8ページあるので、宇野選手と足すと12ページ。ちょうど結弦くんに割いてるページ数と同数になります。

なるほど、結弦くんのページ数と合わせてきたな・・・と感じました。そうきたかと。両方合わせたページ数が結弦くんのページ数より多くなると、U〇Mアレルギーのあるゆづファン層にそっぽを向かれかねない。それは困る。といって、昨今の「指導」を考えると、あまり偏らすことはできない。双方の顔をたてた結果がこの配分だったのかなと。

それに関連してるかどうかわかりませんが、キスクラの出版予定についてのこんなツィートが。なるほどと思いました。



もともと、結弦くんメインのキスクラの発売日は、9月の末頃でした。それがなぜか、突然1ヶ月以上発売が延期になり、10月31日発売になりました。そして、羽生特集のキスクラを後回しにして、それより先に、高橋選手特集のキスクラと宇野選手特集のキスクラが発売されるようです。正直なところ、私の妄想かもしれませんが、「あ、キスクラに指導が入ったかな?」と思いました。あるいは、先回りで二人の特集本を先にだしてバランスをとり、指導を避けようとしてるのかなと(先にそちらを出せば、羽生特集を指導しにくくなる)。

「発売中止」という強硬手段を目のあたりにして、他の出版社に神経質になるなというのが無理というもの。出版社も、絶対的多数のゆづファンを敵に回すのは避けたい(そうなると、日刊スポーツグラフの二の舞になる)。しかし、「指導」も無視するわけにはいかない。「Life」もキスクラも、各方面に涙ぐましいほどの忖度をしてるように感じて、ちょっと笑いそうになりました(実際は、笑ってる場合じゃないんだけど)。あ、以上のことは、あくまでも私の独り言ですからね?(笑)

ついでに新書館が発売してる「町田樹」本もパラパラ見てみましたが、100%町田成分でした。こちらは「引退記念」という大義名分がありますしね。まっちーファンは安心してお求めいただけると思いますよ(笑)


「文藝春秋」の最新刊に、オーサーが結弦くんについて語っている記事があるので、近日中にそちらのレビューを書ければと思います。


参加してます。よろしければ、ポチっと応援お願いします♪

フィギュアスケートランキング

関連記事

テーマ : フィギュアスケート - ジャンル : スポーツ

2018/10/10 16:05 | CM・雑誌・商品情報(2018-2019)COMMENT(9)TRACKBACK(0)  TOP

 | BLOG TOP |