羽生選手 初日公式練習後一問一答、オーサー談話、二日目公式練習情報 ほか

情報が激流で大変(汗) 今日3回目の更新です。

羽生結弦「絶対に譲れない」表現 勝ちの上に目指すもの(20181102 朝日新聞)

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第3戦が2日、フィンランド・ヘルシンキで開幕する。今季初めてGPに臨む男子の羽生結弦(ANA)が1日の公式練習後、報道陣の質問に答えた。主なやり取りは次の通り。

――(モチベーションの)炎は消えないまま?
 「はい、良い練習ができました」

――ジャンプが軽い感じに見えましたが?
 「ちょっと空回りしているかな、とは思います。でも、今日やるべきこと、いま感じるべきことは感じられたと思うので、良い練習だったと思っています」

――(今季初戦だった)オータムクラシックと同様、SPでのジャンプは全て前半に入れる?
 「SPは、トーループを(基礎点が1・1倍になる)後半に入れています」

――その意図は?
 「やっぱり、勝たなきゃ意味ないんで。ただ『勝たなきゃ意味ない』の上に、自分が表現したいことは絶対に譲れない。大変ではあったんですけれど、後半に4回転を入れつつ、ジャンプ以外の構成も全部後半に入れてっていうことをしています」

――最後のステップなどを見せるために、ジャンプを前半に集めていた
 「そうです。最初の方に曲調に合わせたジャンプを跳んで、その後の盛り上がるところで、スピンとステップをやりたいっていう意図があったので。それに合ったものにはなっていると思います」

――GPシリーズ今季初戦に臨む心境は?
 「もう、楽しみです。(例年は中国開催で)フィンランドでGPが開催される予定はなかったと思うので、スタッフのみなさんを始め、本当に大変だったと思うんです。けど、そういう中でも試合ができるので、本当に感謝しながら滑りたいなと思います」

――フィンランドには良いイメージがある
 「自分にとっては、初めての国際試合がフィンランドでした。ある意味、また新たなスタートがきれたらいいなと思います」

――(以前けがをした)足の違和感は?
 「特にないです。けがによる影響は、特に何もないです。今日はちょっとフラフラしていましたけど、それはたぶん飛行機によるものだと思うので、しっかりコンディションを合わせていきたいと思います」(吉永岳央)



羽生結弦がプログラム構成を変更。「自分の気持ちを解放してやりたい」(20181102 Sportiva)

 グランプリ(GP)シリーズ・フィンランド大会開幕を翌日に控えた現地時間11月1日午後、男子の公式練習で、羽生結弦はまだ全開という感じではなかった。
「ちょっとフラフラしていましたけど、それはたぶん飛行機での移動の影響だと思うので、しっかりコンディションを合わせていきたいと思います」

 羽生自身はこう話していたが、それでも4回転サルコウや4回転トーループ+トリプルアクセル、4回転トーループ+3回転トーループなどは力みのないジャンプで軽く決めた。同時に、ジャンプの合間には、指先をくるくる回してイメージトレーニングを繰り返している姿も度々見せていた。

 羽生は「ちょっと空回りしていたかなと思いますね。でも、しっかり地に足を付けて今日やるべきこと、今感じるべきことは感じられたと思うので、いい練習ができたと思います」と振り返った。

 曲かけは、ショートプログラム(SP)の『秋によせて』だった。静かな曲の流れの中で4回転サルコウとトリプルアクセルを軽やかに決める。だが、オータムクラシックの時より少し後ろにずらして後半にした4回転トーループ+3回転トーループは最初のジャンプが2回転になって着氷を乱し、やや強引に3回転トーループを付けた。

 その後のフライングキャメルスピンはスキップして、チェンジフットシットスピンから演技を再開すると、空間を大きく使ったステップを情熱的に滑り、最後はチェンジフットコンビネーションスピンで締めた。

「ショートの4回転トーループ+3回転トーループを後半にしたのは、オータムクラシックでも言っていたように勝たなきゃいけないからです。ただ、自分がこの曲で表現したいことは絶対に譲れないなと思って……。大変ではあったけど、4回転トーループからの連続ジャンプを少しずらして後半に入れ、そのうえでジャンプ以外の要素も後半にすべて入れるという構成にしました」

 ジョニー・ウイアの演技を見て印象が強かったもののひとつに、彼のジャンプの「流れるようなランディングの美しさがあった」と羽生は以前話していた。だからこそ、このプログラムでは曲調が緩やかな前半のうちに力みのない、柔らかな流れのあるジャンプを決めて、後半の曲が盛り上がるところをスピンとステップで自分の感情を表現したいという意図がある。

 羽生は「やっぱりジャンプが終わると自分も気持ちをより入れることができますし、ある意味解放されるところはある。そうやって自分の気持ちを解放して、スピンやステップをやりたいという意識がすごくあります」と説明する。この日の練習でも意識していたのが、力みのない軽やかで美しいジャンプだったのだろう。

 さらに羽生は、フリーのジャンプ構成の変更についても口にした。オータムクラシックでは4回転ループの後に4回転トーループを入れ、後半最初の4回転サルコウに3回転トーループを付ける連続ジャンプにしていたが、今大会のプログラムプランは、ふたつ目のジャンプを単発の4回転サルコウにして、後半に入って最初のジャンプを単発の4回転トーループにしている。

 そして、最後3回のジャンプには、4回転トーループ+トリプルアクセルと3回転フリップ+3回転トーループ、トリプルアクセル+1Eu+3回転サルコウと連続ジャンプを並べてきた。これもやはり勝つための戦略であるとともに、自分が今できる最高の構成にしたいという気持ちの表れだ。

「やっぱり、2回転を一本も跳ばなくてもよくなったというところは大きかったですね。もちろん練習の段階でたいへんなところは何カ所もあったけど、そこはしっかりクリアできたので不安なくできると思います。3回転フリップ+3回転トーループはジュニア以来だと思います。ルッツはまだ足にかかる負担がちょっと大きいのでそれを考慮してフリップにして、最後の3本のジャンプの中に4回転を入れつつ、3回転+3回転も入れました。なおかつトリプルアクセルを2回入れたいという欲張りな考えもあったので……。だったら、4回転トーループの後にトリプルアクセルを入れるしかないなと思ったんです」

 オータムクラシック後、技術的にも安定してきたのでプログラムの通し練習をしっかりやってきたという羽生。また、レベルを落としてしまったスピンやステップも、「構成を変えて、かなり練習をしてきましたし、変えたプログラム構成に見合う体力作りもしてきました」とGPシリーズ初戦に意気込む。

 納得のいかない演技だったからこそ、より難度の高いプログラム構成にして自分のモチベーションも高める。それはこれまで何度も見せてきた、羽生結弦らしさでもある。この大会でまた、彼の新たな意地を見られそうだ。(折山淑美)



羽生「空回り」もオーサー氏「背負うもの軽く」(20181102 読売新聞)

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第3戦、フィンランド大会は2日、ヘルシンキで開幕。平昌(ピョンチャン)五輪で2連覇を達成した男子の羽生結弦(ANA)は今季のGP初戦に向け、「楽しみ」と自信をのぞかせた。

 1日の公式練習では、ショートプログラム(SP)の曲「秋によせて」に合わせて迫真のステップを披露。ジャンプでは転倒する場面もあったが、笑顔で、うなずくような仕草を何度も見せ、「ジャンプはちょっと空回りしたかな。でも、今日やるべきこと、感じるべきことは感じられた」と手応えをにじませた。

 指導するブライアン・オーサー氏は「五輪までは重いものを背負っていたが、それが軽くなった」と話し、羽生も「楽しみながら滑りたい」と語ってきた。それでも、競技者として勝負にこだわる姿勢は変わらない。9月のオータムクラシック(カナダ)から、SPは4回転―3回転の連続ジャンプを基礎点が1・1倍になる後半に入れ、フリーも最後に3本の連続ジャンプを跳ぶなど「勝つため」の構成に変えたことを明かした。

 フィンランドはジュニア時代、初めて出場した国際大会の舞台といい、「また、新たなスタートを切れたらいい」と力を込めた。男子のSPは3日、フリーは4日に行われる。(ヘルシンキ 岡田浩幸)




今日の公式練習。現地さんより。ありがとうございます!







羽生 順調な仕上がり 公式練習で4回転トーループ―トリプルアクセルも2本成功 (20181102 スポニチ)

 フィギュアスケートのGPシリーズ第3戦、フィンランド大会の公式練習が2日、ヘルシンキで行われ、3日に男子ショートプログラム(SP)を控える羽生結弦(23=ANA)らが参加した。

 1番手でフリーの曲をかけて練習した羽生は序盤の4回転ループでミス。前日から4回転ループに苦戦していたが、練習後半にはきっちり修正して3本着氷した。成功すれば世界初となる4回転トーループ―トリプルアクセル(3回転半)も2本成功。精力的にジャンプを跳んで、感覚を確認した。

 今大会では9月のオータム・クラシックからSP、フリーともにジャンプの構成などを変更し、より得点を稼げる攻撃的な構成で挑む予定。今季GP初戦に向けて、まずは順調な仕上がりをアピールした。







参加してます。よろしければ、ポチっと応援お願いします♪

フィギュアスケートランキング

関連記事

テーマ : フィギュアスケート - ジャンル : スポーツ

2018/11/02 21:50 | GPS(2018-2019)COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

羽生選手、攻撃的構成に変更 & 今朝のニュース動画3本

羽生結弦、攻撃的構成 後半に連続ジャンプ3本!「勝たなきゃ意味ないんで」(20181102 スポーツ報知)

 【ヘルシンキ(フィンランド)1日=高木恵】フィギュアスケートGPシリーズ第3戦、フィンランド大会は2日にヘルシンキアイスホールで開幕する。男子五輪連覇の羽生結弦(23)=ANA=は1日、公式練習に参加。ショートプログラム(SP)、フリーともに、勝利にこだわった攻撃的な構成に変えてきた。2010年NHK杯のGPデビューから昨年まで8年連続で優勝を逃しているGP初戦で、今季はスタートダッシュを決める。

 今季初戦のオータム・クラシックから、羽生が勝つための構成に変えてきた。

 今季から新ルールが採用され、1・1倍の後半のジャンプはフリーで最後の3つ、SPで最後の1つとなった。オータム・クラシックではSPのジャンプはすべて前半だったが、4回転―3回転の連続トウループを後半に組み込んだ。

 「オータムの時にも言いましたけど、勝たなきゃ意味ないんで」。力強く言い切った。

 SP「秋によせて」の世界を曲調にあわせて表現しようとした時、ステップ、スピンが後半に集まり、ジャンプが前半になった。今回は勝つための変更。「そのうえで、自分が表現したいことは譲れない」。音楽をアレンジし直し、振り付けにも手を加えた。より進化した「秋によせて」を披露する。

 フリーは最後の3本をすべて連続ジャンプにするという、高難度の構成に。オータム・クラシックで失敗した、世界初の4回転トウループ―トリプルアクセルの連続技にも挑む。「やっと技術的にも安定してきた。通しの練習をしっかりやってきた」。練習でも好調な滑りを見せた。

 GPファイナルを13年から4連覇している羽生だが、GP初戦は得意ではない。2010年NHK杯のGPデビューから昨年まで8年連続で優勝を逃している。「楽しみ。せっかくフィンランドで試合があるので。初の国際大会もフィンランドだった。またいいスタートが切れたらいい」

 ヘルシンキで行われた17年世界選手権では、SP5位から大逆転で優勝。げんのいい地で、初のGP初戦Vを決める。



羽生「4回転を入れつつ、3回転3回転も入れつつ、アクセルも2回入れたいという欲張りな…」(20181102 スポーツ報知)

 フィギュアスケートGPシリーズ第3戦、フィンランド大会は2日にヘルシンキアイスホールで開幕する。男子五輪連覇の羽生結弦(23)=ANA=は1日、公式練習に参加。9月のオータム・クラシックからショートプログラム(SP)、フリー共に構成の難易度を上げた。

 今季から新ルールが採用され、1・1倍の後半のジャンプはフリーで最後の3つ、SPで最後の1つとなった。SP「秋によせて」はオータム・クラシックでは前半だった最後の4回転―3回転の連続トウループを後半に持ってきた。オータム・クラシックでは「最初の方に、曲調にあわせたジャンプを跳んで、その後に盛り上がるところでスピンとステップをやりたいという意図があった」という。

 平昌五輪以来となった右足首故障からの復帰戦は優勝を飾るも、不満が残る内容だった。約1か月の間、プログラムの難易度を上げながら、完成度にもこだわり滑り込んできた。「オータムでも言っていたと思うんですけど、やっぱり勝たなきゃ意味がないので。ただ、その勝たなきゃ意味ないのうえに、やっぱり自分の表現したいことは絶対譲れないなっていうふうに思ったので、大変ではあったんですけれども、後半に4回転を入れつつ、ジャンプ以外の構成も全部後半に入れてということをしています」。

 フリー「Origin」の7つのジャンプは4回転ループ、4回転サルコー、3回転ループ、4回転トウループを跳び、後半に4回転トウループ―3回転半(トリプルアクセル)、フリップ―トウループの連続3回転、トリプルアクセル―オイラー―3回転サルコー。羽生はこの構成に行き着いた経緯について「4回転を入れつつ、3回転3回転も入れつつ、アクセルも2回入れたいという欲張りなことを考えてしまったら、4回転トウループの後にアクセルを入れるしかないかなってなっちゃって(笑い)」と話した。

 今季から演技時間が30秒短い4分になった。要素が凝縮された分、終盤の体の負担は大きいなか、ラスト3本に高難度の連続ジャンプを集めた。「後半にダブルジャンプを組まなくていいというところは大きかったですし、もちろん、練習の段階で大変だったところも何個かあったんですけど、そこはしっかりクリアできたので、不安なくできると思います」と自信をのぞかせた。

 フリップ―トウループの連続ジャンプは「たぶんジュニア以来だと思います。7年ぶりとか」。フリップをルッツにする選択肢もあったが、昨季痛めた右足を考慮した。1日の練習では、4回転トウループ―トリプルアクセルを決め、世界初の試合での大技成功に期待を持たせた。「今日でやるべきこと、今感じるべき事は感じられたと思うので、いい練習だったと思います」。3日のSPで、羽生のGPシリーズが幕を開ける。



4回転を入れつつ、3回転3回転も入れつつ、アクセルも2回入れたいという欲張りなことを考えてしまったら、4回転トウループの後にアクセルを入れるしかないかなってなっちゃって(笑い)・・・ジャンプの基礎点を下げて、GOE幅を広げる質重視のルール改正をうけて、安全策のジャンプ構成にする選手が多い中、「難しいことをしても、質がよければいいんでしょ? 簡単なことしたってつまんないでしょ? 簡単なことして質がいいの当たり前でしょ?」とばかりに、どこまでも欲張りな羽生結弦です。しばらく穏やかモードでしたが、メラメラモードの羽生結弦本格始動。やはり、羽生結弦はこうでなくては(笑)

今朝の情報番組をいくつか。
「おはよう朝日です」(関西ローカル)、「めざましテレビ」、「羽鳥慎一モーニングショー」。
動画あげてませんが、やはり関西ローカルの「おはようコールABC」でも短い尺ですが、とりあげていました。「モーニングショー」の動画は、他の情報番組では未出の衣装試着の部分を。







私が、今日の午前中に捕獲した中では、テレ朝系列以外では「めざましテレビ」だけでした。
「とくダネ」「バイキング」「グッディ」が、総力あげて「羽生結弦国民栄誉賞授与反対キャンペーン」を展開しているときも、「めざましテレビ」には、そういった動きがありませんでした。キャスターやコメンテーターが意見を挟まず、淡々とニュースを流す形式の情報番組なので、少し他の3番組とは趣が違いますが。それでも、グランプリシリーズは他局で放送する試合ですし、ショートやフリーの結果ならともかく、公式練習まで流す義理は本来ありません。NHK杯に出場しないせいか(笑)、NHKまで公式練習は完全スルーしてますからね。その中では、以前から、結弦くんを上げることもないけど、特別に下げることもない・・・という中立的なスタンスをとってるという意味で、「めざましテレビ」は、フジテレビの中では、まだ一番良識的かなと思ってます。


参加してます。よろしければ、ポチっと応援お願いします♪

フィギュアスケートランキング

関連記事

テーマ : フィギュアスケート - ジャンル : スポーツ

2018/11/02 11:40 | GPS(2018-2019)COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

羽生選手SPは9番滑走、「勝つ」構成に変更へ & 初日公式練習情報

羽生結弦SPは9番滑走 3日午後8時56分登場予定(20181101 スポーツ報知)

 フィギュアスケートGPシリーズ第3戦、フィンランド大会は2日にヘルシンキアイスホールで開幕する。3日の男子ショートプログラム(SP)の滑走順抽選が1日に行われ、五輪連覇の羽生結弦(23)=ANA=は9番滑走に決まった。日本時間20時56分登場予定。

 中国の金博洋は7番(20時42分)、田中刑事(23)=倉敷芸術科学大大学院=は8番(20時49分)、ロシアのコリャダは最終滑走の11番(21時10分)。



羽生、SPは最終組4番手で滑走 今季GP初戦フィンランド大会(20181101 スポニチ)

 フィギュアスケートのGPシリーズ第3戦、フィンランド大会(2日開幕)の男子ショートプログラム(SP)滑走順の抽選が1日、ヘルシンキの会場内で行われ、今季GP初戦の羽生結弦(23=ANA)は9番滑走(最終組4番手)となった。公式練習前に抽選に参加した羽生は同学年の田中刑事(倉敷倉敷芸術科学大大学院)と談笑し、リラックスムードだった。

 最終組の滑走順はブレジナ(チェコ)が1番(全体6番)、金博洋(中国)が2番(同7番)、田中が3番(同8番)、羽生が4番(同9番)、ビチェンコ(イスラエル)が5番(同10番)、コリャダ(ロシア)が6番(同11番)。男子SPは3日、同フリーは4日に行われる。



3日(土) 男子SP 滑走時間(第2グループ)

20:35 ブレジナ
20:42 ボーヤン
20:49 田中刑事
20:56 羽生結弦
21:03 ビチェンコ
21:10 コリヤダ



羽生、「勝つ」構成に変更へ フィギュアGP第3戦きょう開幕(20181102 共同通信)

 【ヘルシンキ共同】フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第3戦、フィンランド大会は2日、ヘルシンキで開幕する。1日に公式練習が始まり、男子で五輪2連覇の羽生結弦(ANA)は「勝たなきゃ意味がない」と話し、演技構成や振り付けに手を加えたことを明らかにした。

 9月のオータム・クラシックでショートプログラム(SP)は後半のステップなどを際立たせるためジャンプは全て前半だったが、最後の4回転―3回転の連続トーループを基礎点が1.1倍となる後半に組み込む。フリーも連続ジャンプを全て基礎点で1.1倍になる最後に入れるという。



羽生結弦 本番会場で初練習「勝たないと意味がないので」(20181101 スポニチ)

 フィギュアスケートのGPシリーズ第3戦、フィンランド大会(2日開幕)の公式練習が1日、ヘルシンキで始まり、今季GP初戦の羽生結弦(23=ANA)は本番会場で初練習した。

 前日にヘルシンキ入りした羽生は時折笑顔を見せながら、4回転トーループからのトリプルアクセル(3回転半)や4回転―3回転の連続トーループなどを入念に確認した。9月のオータム・クラシックは優勝したものの、スピンやジャンプでミスが相次ぎ不本意な内容に終わった。この5週間は十分な練習を積み「いい練習ができました。技術的に安定してきたので、通しの練習をしっかりしてきました」と仕上がりに自信を示した。

 ショートプログラムは3日に行われる。オータムクラシックでは3つのジャンプをすべて前半に組み込んでいたが、今回は4回転―3回転の連続トーループを得点が1・1倍になる後半に組み込む。より勝負にこだわった演技構成に変更し「オータム・クラシックの時に言った通り、勝たないと意味がないので」と力強く語った。









オトナル、曲かけフルバージョン(weiboより)
→ https://m.weibo.cn/status/4301658433936418?#&video


20181101GPS007.jpg


ショートのコンビネーション、やはり後半に変更してきましたね。最初にコンビネーションをもってくるならともかく、リカバリーできない最後にコンビをもってくるのに、ボーナスポイントがつかない前半ではもったいないような気がしていたので、これは納得です。

ジャッキーさんの言うとおり、「勝ち」にきた羽生結弦のメラメラモードが復活。でも、公式練習ではとてもリラックスして楽しげだと。勝負師の顔を維持しつつも、かつての重圧から少し解放されて純粋にスケートを楽しめるようになった・・・今、とても理想的な状態なのではないかなと思います。


参加してます。よろしければ、ポチっと応援お願いします♪

フィギュアスケートランキング

関連記事

テーマ : フィギュアスケート - ジャンル : スポーツ

2018/11/02 08:00 | GPS(2018-2019)COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

 | BLOG TOP |